2021年02月25日

◆雀庵の「中共崩壊へのシナリオ(159」

“シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red Gables/258(2021/2/23/火】1960年(昭和35年)2月23
日は第126代徳仁天皇誕生日。60年安保で騒がしかったが、戦後復興が一
応終わり、高度経済成長へ号砲が鳴った年と言える。陛下は61歳、経済大
国への道を我らと共に体感してきた。

ちっぽけな日本は先人の努力で確かに経済大国になった。物質的に「いい
国」になったのだが、「国柄」とか「国家の品格」という面では劣化した
ような感じがする。近衛兵だった父はやがて経済成長の波に乗って蓄財蓄
妾美酒美食という我が世の春を満喫し、家族にも「いい暮らし」をもたら
してくれたが、時々「戦前は今はなくなってしまった人間のつながりが
あったなあ」とこぼしていたものだ。


それは向田邦子の「あ・うん」の世界だろう。つつましい生活ながら人情
や触れ合い、桃源郷のような落ち着き、穏やかさ、素朴な満足感があっ
た。それは先祖伝来の日本人の精神であり、暮らしであり、秩序だったろ
う。戦後の我々は「もっとも良きもの」を失ってきたのではないか。「い
い国」とは何だろう。ちょっと考えてみた。


「いい国ランキング」とかはよく見る。北欧4か国は常に上位にあるが、
「それなら我が国も北欧をモデルに頑張ろう」という声はほとんど聞いた
ことがない。北欧のイメージはいいが、実際どうなのかは小生を含めて
皆、ほとんど知らないのではないか。気になっていたのでネットで調べると――


北欧カルチャーを発信する「北欧ラボ」2016/6/12「フィンランド人が調
査した日本人は北欧に対してどのようなイメージを抱いているの?」から。


<2016年6月9日、フィンランド大使館で、フィンランドのヘルシンキ・ア
アルト大学の教授とトゥルク大学の博士、東京大学の特任教授のフィンラ
ンド人3名による「フィンランド・スウェーデン・デンマークに対して日
本人が持つイメージ」調査報告会が開催された。


調査は4月4日から5月4日までの1カ月間、各3カ国の大使館からの発信で協
力を募り、1350‐1637人の日本人が調査に参加した。参加構成比:女性
75.1%、男性24.9%。


◆フィンランド、スウェーデン、デンマークと聞いて思いつくものは?


<フィンランド>多数意見:サンタクロース、ムーミン、オーロラ、マリ
メッコ、フィヨルド、サウナ、シベリウス、森、湖、アラビア、イイッタ
ラ、アルヴァ・アアルト


その他:白夜、カレワラ、デザイン、トナカイ、冬戦争、キシリトール、
教育、寒い冬、ノキア、白樺、フィンランデイア、キミ・ライコネン、
フィスカルス村、へヴィメタル、雪


<スウェーデン>多数意見:ノーベル賞、スウェーデン王室、ボルボ、
サーブ、イケア、ダーラナホース、リサ・ラーソン、ABBA、スウェーデン
国旗、福祉の国、the Cardigans、デザイン


その他:魔女の宅急便、長靴下のピッピ、寒い冬、自然、教育、美男美
女、サッカー、性の自由、移民、家具


<デンマーク>多数意見:人魚姫、ロイヤルコペンハーゲン、チボリ、
ヴァイキング、コペンハーゲン、レゴ、酪農業、家具、ルイス・ポールセ
ン、デンマーク王室、TIGER、デンマーク国旗、サッカー


その他:日常用品、椅子、移民、おとぎ話、チョコレート、パン、オープ
ンサンド、城、島、物価が高い、テーブルウェア、風車


さらにアンケート調査によると、日本人が北欧3カ国に持つイメージを良
くしている事柄は、特にクオリィテイ・オブ・ライフ、教育のレベル、つ
いでテクノロジー、福祉。1年以内にその国へ旅行に行く可能性がある、
または非常に可能性が高いとそれぞれの国に対して答えているパーセン
テージはフィンランド50%、スウェーデン33%、デンマーク22%で、安全
性、良い景色、観光地が評価されている。


3カ国のうち、最も良いイメージがあったのがフィンランドで、教育レベ
ルと好感が持て信頼できる国民性が評価された。また、実際に各国を訪問
したことがある回答者の方が、訪問経験のない回答者よりも良いイメージ
を持っていた。回答者で、渡航経験があった割合は、フィンランドが
50%、スウェーデン28%、デンマーク24%>


旅行先としてとても魅力があるのはいいが、そういう国が世界の「国家モ
デル」になるかどうかは別だ。美人=いい奥さんとはならない。清濁
色々、悲喜こもごも、各国のリアルを見ていこう(外務省、WIKIなどか
ら)。まずは一番人気のフィンランドから。


◆フィンランド共和国(Republic of Finland)面積:33.8万平方キロメー
トル(日本よりやや小さい)、人口:551万人(小生の暮らす川崎市は154
万、隣の横浜市は375万、計529万)、首都:ヘルシンキ(64万人、船橋市
と同じ)、言語:フィンランド語、スウェーデン語(全人口の約
5.2%)、宗教:キリスト教(福音ルーテル派、正教会)


政体:共和制、元首:サウリ・ニーニスト大統領、議会:一院制(任期4
年)200議席、政府:首相サンナ・マリン(社会民主党)、外相ペッカ・
ハーヴィスト(グリーン)、失業率:7.5%(2018年)


WIKIから:中立的外交の裏では、外交・安全保障やエネルギー政策を巡り
東西の綱引きが行われている。国内には原子力発電所があり、オンカロ処
分場が2020年代に開設されれば世界初の使用済み核燃料の最終処分場となる。


情報産業も政治と関係しており、公職経歴者が民間企業の幹部になる例と
して、エスコ・アホという首相経験者がノキア取締役を務めているような
ことがある。


人口や経済規模は小さいが、1人当たりGDPなどを見ると豊かで自由な民主
主義国として知られている。フィンランドは2014年のOECDレビューにおい
て「世界でもっとも競争力が高く、かつ市民が生活に満足している国のひ
とつである」と報告された。


フィンランドは収入、雇用と所得、住居、ワークライフバランス、保健状
態、教育と技能、社会的結びつき、市民契約、環境の質、個人の安全、主
観的幸福の各評価において、すべての点でOECD加盟国平均を上回っている。


第2次世界大戦ではソ連と対抗するためにナチス・ドイツやイタリア王国
などの枢軸国側について戦い、一時は領土を回復した。その後、ソ連軍の
反攻によって押し戻され、1944年にソ連と休戦し、休戦の条件として国内
駐留ドイツ軍を駆逐するために戦った(ラップランド戦争)。


日本や独伊と同様に敗戦国になったものの、フィンランド軍はソ連軍に大
損害を与えて進撃を遅らせ、ナチス・ドイツ降伏前に休戦へ漕ぎ着けた。
このため、バルト三国のようにソ連へ併合されたり、ソ連に占領された東
ヨーロッパ諸国のように完全な衛星国化や社会主義化をされたりすること
なく、現在に至っている。



戦後はソ連の影響下に置かれ、ソ連の意向によりアメリカのマーシャル・
プランを受けられず、北大西洋条約機構(NATO)にもECにも加盟しなかっ
た。自由民主政体を維持し資本主義経済圏に属するかたわら、外交・国防
の面では共産圏に近かったが、ワルシャワ条約機構には加盟しなかった。


この微妙な舵取りのもと、現在に至るまで独立と平和を維持した。ソビエ
ト連邦の崩壊後には西側陣営に接近し、1994年にはEU加盟に合意。2000年
には欧州共通通貨ユーロを北欧諸国の中で初めて自国通貨として導入した。


2010年代にクリミア・東部ウクライナ紛争などでロシアの脅威が高まった
ため、西側への接近を加速している。2017年にはスウェーデンとともにイ
ギリス主導でNATOや国際連合に協力する合同派遣軍への参加を決めた。


内政面においては先進的な北欧型の福祉国家という印象が強いが、戦後は
敗戦国の地位にもあって賠償金などの支払もあり、国政面での労働者の権
利拡充は後回しされ、コーポラティズム(労組・財界・政界が一体となっ
た協同組合的)社会であった。その後は急速に福祉国家建設へと邁進して
いく。


また、世界でもっとも政治家による汚職の少ない国のひとつとも評価され
ている。2008年の民間活動団体「トランスペアレンシー・インターナショ
ナル」による政治の腐敗認識指数調査では、2004年まで(世界でもっとも
汚職が少ない国)1位だったが、2009年時点では6位に転落している。


第2次世界大戦後、共産化せず資本主義体制を維持したまま、ソビエト連
邦の軍事勢力圏に入ったため、外交のみならず国内的にもソビエト批判を
タブーとする空気に支配される状況が続き、これを「フィンランド化」と
呼んだ。そのため、「フィンランド外交とは、西側にあまり尻を出しすぎ
ぬほどに、ロシアに頭を下げることである」との風刺が生まれるほどで
あった。


しかしながら、その立場を逆手に取り、全欧安全保障協力会議の発足を主
導し、欧州東西貿易の窓口として栄え、国民の生活水準は世界一のレベル
になった。


現在ではNATOには参加することなく、北欧理事会を中心とする北欧主義
(Nordicism)、EUを中心とする欧州への参加、国連を中心とする世界秩
序の構築が国是となっている。(以上)


フィンランドで失業したナデシコの話、 2020/4/21「北欧での失業体験談
と心境 ゆるゆるダイアリー 北欧情報」から。


<3月頭からレイオフになりました。会社の業績悪化に伴い“一時的に解
雇”になること。業績が回復すれば復職の可能性あり。日本ではあまり聞
かないけど、欧米では業績悪化に伴うレイオフや解雇はわりと良くある
話。コロナウイルスの影響で何百万人とレイオフになっている。


会社の業績悪化は知っていたし、前々から完全解雇になる同僚がいっぱい
いた。いつか自分もなるだろうと思っていた。新卒で入った会社でそれな
りの熱意を持って仕事をしていたから、会社の業績悪化はもちろん悲し
かった。業績悪化に伴い、毎月のように給料の支払いが遅れてしんどかっ
た。仕事の意欲がどうしても低下し、働くのがストレスに変わった。


レイオフ半年前くらいから失業したらどうしよう、将来どうしようと心配
してしんどかった。レイオフになってみるとすっきり。レイオフを通達さ
れた時に、一番に感じたのは安堵だった。諸々のストレスから解放される
と思った。自分から辞めると失業保険が出ないので、生活のために中々踏
ん切りつかなかった。


最終的に、レイオフ前の最後の給料すら振り込まれず、給料未払いとして
申請した。労働環境が良いと言われる北欧でも、給料遅延・給料未払いが
ある、と勉強になった。頑張って働いてきたのに、最後の給料すら入らな
かったってことに本当に怒っている。支払われるべき給料が支払われず、
申請書を準備したり労力を使い、未払い分の支払いはおそらく半年後。はあ。


この機会に日本に帰ろうと考えたこともあった。けれど、今はまだフィン
ランドでやりたいことがある。そして仕事でしんどい時、彼氏や友達も親
身になって慰めてくれて、フィンランドという異国の地で私は自分の居場
所があると思った。特に、彼氏のサポートが大きかった。仕事でしんどく
て夜泣くこともしばしばだったけど、優しく慰め続けてくれて、サポート
を続けてくれて諸々の手続きも手伝ってくれた。感謝しきれない。


始まったばかりの失業生活は、新型コロナウイルスの影響で自粛生活に
なってしまった。でも家で、進学に向けて勉強したり、良い求人があれば
応募したり、読書したりマイペースに心穏やかに過ごせるようになった。
自粛生活、悪くないです。ゆっくりして、元気になれた>


コロナ自粛で勉強・・・フィンランドも新規感染者数は減ってきたようだ
が、中共コロリは無差別爆撃で、容赦しない。撫子ジャパン、加油!


隣町の文教堂書店で「北欧、福祉、フィンランド」をキーワードに2時間
かけて本棚を探したが、1冊も見つからなかった。この前まで「福祉は北
欧に学ぼう」とかはよく聞くフレーズだったが、どうなっているのだろ
う。帰宅後にアマゾンで検索すると――


「物語 北欧の歴史ーモデル国家の生成」1993年、「情報社会と福祉国
家ーフィンランド・モデル」2005年、「フィンランド福祉国家の形成−社
会サービスと地方分権改革」2006年、「地方自治体と高齢者福祉・教育福
祉の政策課題ー日本とフィンランド」2012年*、「北欧福祉国家は持続可
能か:多元性と政策協調のゆくえ」2017年、「転機にたつフィンランド福
祉国家 −高齢者福祉の変化と地方財政調整制度の改革」2019年*・・・


*は横山純一・北海学園大学法学部政治学科教授の著書だが、タイトルを
見る限り「高福祉=財政逼迫」の問題を挙げているようだ。低成長の時代
にあっては大盤振る舞いはできる分けはないから、政府も財界も「福祉の
抑制、合理化」にシフトしており、今さら「福祉」をテーマにしたところ
で無視されるのは当たり前。つまり出版社も売れない本を出さない、だか
ら書店には福祉マンセイ系の本は皆無となるわけだ。


頼みもしないのに勝手に電波をばらまきカネを巻き上げるという“俺様の
NHK”から。


<2019/5/29「『世界一幸せな国』フィンランドが直面する『福祉の取り
合い』国際部・佐藤真莉子記者


世界の国や地域の「幸福度」をランキングにした国連の報告書で、2年連
続1位となったフィンランド。 子育てや医療への手厚い補助、無償教育な
どの「高福祉・高負担」の社会のしくみがその「幸せ」を支えてきた。と
ころがここ数年、移民や難民との間で「福祉のとりあい」を指摘する声が
上がっている。


フィンランドは移民・難民に対する手厚い支援を実現させるため、自分た
ちの国の規模に見合った人数を計画的に受け入れてきた。ところが近年、
国民と移民・難民との間であつれきが深刻化している。


引き金となったのが景気の悪化だ。2008年の経済危機で悪化した景気がな
かなか回復しないなか、国民の間で移民や難民と「仕事の取り合い」が生
じているという認識が広まったのだ。


加えて、急速に浸透したのが「福祉の取り合い」という考え方だ。高い税
金を納めているからこそ受けられるはずの「高福祉」。しかし移民や難民
は、一度滞在許可がおりれば、国民と同等の生活保護、医療、教育を受け
られる。「福祉の取り合い」は移民や難民が「高福祉」に“ただ乗り”して
いるという不公平感に基づくもので、シリアの内戦などに伴う移民・難民
の流入が急増するなか、こうした議論は活発になった。


ことし4月中旬に行われた総選挙では、移民の規制を訴える右派の「フィ
ン人党」が、改選前の2倍以上の議席を獲得する躍進をみせて第2党となっ
た。「福祉の取り合い」を声高に叫ぶことで支持を集めてきた政党だ。


一方で、フィンランドが日本と同様に直面しているのが、少子高齢化によ
る労働力不足だ。2017年には、高度人材に特化した移民の受け入れを開
始。医師などに加え、プログラミングや起業など、フィンランドが力を入
れている分野の活性化につながる人材に来てもらおうというのが狙いだ。


ここに来て気づくのが、フィンランドではあくまでも人道的な理由での受
け入れが先行し、移民を「労働力」として見なすようになったのは最近に
なってからだということだ。だからこそ移民や難民はフィンランドに住め
ば、住民と同じような高福祉を受けられるだろうと期待し、政府として
も、彼らが社会の一員としてうまく統合できるよう手厚い支援をしてきた。


しかし財政がひっ迫するなか、高い理想に支えられた今の移民政策は持続
可能なのか。“世界一幸せな国”の移民政策は正念場を迎えている>


高い税金→ 高福祉→ 労働意欲低下→ 独身でも困らない→ 結婚・子育て忌避
→ 人口減→ 移民受入れ拡大→ 財政逼迫→ 高い税金→ ・・・これを「負のス
パイラル」と言うのだろう。


恐らくこれは北欧諸国に共通しており、皆、国家の健康回復のために苦し
んでいるはずだ。EU、英国はその轍を踏まないだろうが、重篤のポリコレ
病に罹っている米国民主党≒アカ政権は喜々として時代遅れの高福祉政策
を進めるに違いない。


問題:自滅に向かう米国に国家の安全を託すおめでたい国がありました。
その国は、1)ドボン、2)ジャポン、3)バカボン、4)ジャムパン、5)
ジャパン、6)パンパン。全部正解みたいだ。

目安箱:ishiifam@minos.ocn.ne.jp

◆国民の命と経済が犠牲に

津田 慶治


菅総理「五輪絶対開催」は最悪の判断ミスだ

森会長の失言だけにあらず。東京五輪の開催が「絶望的」なワケ
東京五輪中止の尻拭いに国民の血税?保険金500億円“焼け石に水”の土壇場

多くの国民から東京五輪に関して中止や延期を求める声が上がる中、G7首
脳オンライン会議でその開催の決意を示した菅首相。予定通りならばあと
5ヶ月で開会式を迎えることとなりますが、一般国民へのワクチン接種の
目処も立たぬ中、果たして開催は可能なのでしょうか。今回のメルマガ
『国際戦略コラム有料版』では著者で日本国際戦略問題研究所長の津田慶
治さんが、大会を日程通りに行うための条件を検討。さらに、東京五輪を
「コロナに打ち勝った証」とするための意外な案を提示しています。


ワクチン敗戦で五輪を開催する条件は?

G7首脳会議で菅首相は五輪を開催するというが、それまでにワクチン確保
のめどもなく、どうすれば五輪を開催できるのかを検討しよう。

前回、五輪開催をあきらめて、選挙に負けないようにした方がよいのでは
ないかと言ったが、逆に菅首相は、五輪を開催するとG7首脳会議で宣言した。

【関連】五輪中止と菅辞任。自民党に残された選挙で大敗しない唯一の手段


それなら、五輪を開催できる条件を検討しようと思う。

現時点で、7月までに国民全員分のコロナワクチンの確保が不可能になっ
ていることが明確化している。五輪開催までに医療従事者のワクチン接種
ができるが、65歳以上の人の少数にワクチン接種が行える程度の状況に
なっている。

2月の実績を見ると、ファイザー製は、週に20万人分が確保できる程度で
あり、月80万人分であり、6月までに400万人分が確保できる程度である。
医療従事者400万人分が確保できる程度だ。

アストラゼネカ製のワクチンは、全量日本で生産するというので、このワ
クチン生産量で日本の運命が決まる。6月末までにどれだけの生産ができ
るかですが、初期からフル生産はできないので、どれだけ立ち上がりが急
峻にできるかにかかる。

そのワクチンは、4月から供給できるというが、初期には大量生産ができ
るはずがなく、週20万人分とすると、月80万人分で6月までに240万人分と
なり、65歳以上の3,000万人分には、足りない。やっても3ヶ月で1,000万
人分でしょうから、1/3分の確保である。もう少し多くなる可能性はある
が、全員には届かないはず。

ということで、残念ながら、ワクチン接種ができない状態で、五輪を開催
することになる。

菅首相は、東京五輪は、「コロナに打ち勝った証」「安心安全な大会にす
る」として行うというが、残念ながら、コロナ感染流行中での開催となる。

この状態で五輪を行うことになることをまず、前提として、どうすれば、
五輪を行えるかの条件を探るしかない。「無理が通れば、道理引っ込む」
であり、大きな犠牲を覚悟した方がよい。


五輪の試合は無観客で行うことであり、聖火リレーも観客なしで行うしか
ないか、声を出さない条件で観客を少し入れるかでしょうね。3月から始
まるので、島根県丸山達也知事が言うように聖火リレーを中止して、車で
聖火を運ぶ手もあると思う。


◆「L字維持」から「K字回復」

宮崎 正弘

 
令和三年(2021)2月21日(日曜日)
通巻第6806号 

 「L字維持」から「K字回復」などとはしゃいでいる場合か
   中国のV字回復は人為的詐術だが、米国経済は「α」じゃないのか

 日本経済は「K字回復」だそうな。「K」は、一直線に下落したあと、
一部が猛烈に回復、残りは不況の真っ直中という乖離現象を意味する新記
号とか。経済学者もヒマだなぁ。田村秀男氏は、日本株回復を「レ型」と
して、株式暴落懸念を警告する(産経、2月20日)。
 中国が豪語している「V字回復」はGDP水増しの人為的詐術だが、米
国経済は「α」じゃないのか。「α」を混沌の意味でここでは遣っている
が。。。。

 さて話は北米大陸へ飛んで、カナダのバンクーバーはシドニーやNY、
ロンドンと並んで大規模なチャイナタウンがある。香港からの移民が主力だ。

旧チャイナタウンはバンクーバー市内のど真ん中にあるが、いまやシャッ
ター通り、新移民は分散して暮らし、いまでは高級住宅地にも進出してい
る。中華レストランの夥しいこと!

ロスアンジェルスのダウンタウン、日本人町「リトル東京」が栄えていた
頃、ニューオータニホテルも紀伊国屋もあって、数十軒もの日本料亭に銀
座並みのバーもあった。
いまでは半分がコリアンタウン化し、残っているのはじつは旧世代(二
世、三世)の老人ホームか、ケアセンターである。リベラル過激派の多い
日系三世、四世のJACLオフィスも、このリトル東京地区にある。

 バンクーバー市内にも、チャイナタウンで暮らし、ケアセンター入りし
た移民二世、三世らが後期高齢者となった。
 問題は、このケアセンターでおきた。

或る老人ホームで、111名の入居者中、99名がコロナに感染、くわえ
て72名のスタッフの感染し、44名が死んだ」(サウスチャイナモーニ
ングポスト、2月20日)。

 中国本土でも、ワクチン接種に対して「チャンスが来ても打たない」と
する懐疑論が拡がり、もっとも国際情報に敏感な上海に加えて浙江省の複
数の工場を調査したところ、じつに25%が明確に「ワクチンを打たな
い」と回答した。つまり中国製ワクチンを中国人が信用していない。

 米国は武漢コロナ元凶となった中国が作成した報告書を拒否した。

まったく信用できないシロモノというわけで、親中派のバイデンは「戦略
的忍耐」とオバマ時代の標語を復活させたが、EU諸国に対して「中国と
は長い戦いになるので、その準備を」と呼びかけた。

フランスは南シナ海に戦艦を派遣した。「これは日米豪印のクワッドへの
協力強化の表れである」とした。

感染者数がへりつつあり、景気回復の未来が視野にはいってはきたが、世
界の混沌は当面おさまらないだろう。

      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読 者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「つくる会CH」は、2月11日にスタートしまして、毎日
新しい情報を発信しています。
 <緊急特番>「従軍慰安婦」削除要請、目下省が再び「セロ回答」!破
綻した論理を徹底論破する鼎談、が発信されました。
 是非ご覧ください。 
https://www.youtube.com/watch?v=3hVTepsceko
    (「史実を世界に発信する会」 茂木弘道)


(宮崎正弘)拝見しました。まだ見ている人が少ないようですが、もっと
普及させたいものです。



  ♪
(読者の声2)前号に寄稿された田中秀雄様へ。拙稿、ご笑覧深謝致します。
大観園調査につきましては、香港留学以前の1968,69年当時、佐藤慎一郎
先生から何回かお話を伺う機会がありました。
実態調査の難しさと共に大観園を軸とする人々の生活実態の凄まじさもお
話し戴き、香港での生活につき助言まで賜った次第です。
その際、「報告書に纏めた」とのことでしたので、なんとか入手できない
ものかと探していましたところ、香港から戻った1977、78年頃に日
参していた駒込の東洋文庫で『(極秘)大觀園の解剖 漢民族社會實態調
査第一編』(治安部分室 昭和16年)を手にする機会があり、早速コピー
し、香港で経験した「現代の大観園」とでも言うべき「尖沙咀の重慶大
廈」「香港島北角の五洲大廈」を振り返り、佐藤先生のお話を思い出しな
がら読み進めた次第です。
なお「佐藤慎一郎著、伊達宗義解説」と記された原書房版(復刻)は現在
では入手困難。原本が国会図書館デジタルコレクションに入っているのは
嬉しい限りです。
(樋泉克夫)


(宮崎正弘のコメント)「大観園」といえば、上海郊外にある、宏大な中
国庭園。バス停も「大観園」でしたね。バスで上海の都心から2時間半ほ
どかかりました。ナルホド、日本庭園の美からは程遠い、グロテスクな印
象。日本の大観苑(「苑」は一字違い)は、有名な中華レストランですが。
 それから最後の節にある伊達宗義先生ですが、宇和島・伊達家の菩提
寺、護国寺が近いので、先日もお墓参りに行きました。伊達政宗十六代末
裔の宗義先生も拓殖大学教授でしたが、弟の伊達政之さんともどもお世話
になりました。



  ♪
(読者の声3)貴誌の非常に重要な記事。私の感想、感慨をお伝えします。
 それは、EVブームへの批判です。加藤康子(こうこ)氏とのインタ
ビューの記事です。
氏は「「環境」が金融商品化して今の騒ぎを作っていることが大問題で
す。いかに産業を強くするかという産業政策をしていたけれど、今はいか
にお金を流通させ、投機をいかに呼び込むかという政策をやっています
ね。それに乗ると国民が最後はワーッと、それこそレミング現象みたいな
こと(集団で自殺)になる可能性があるわけです。日本の自動車産業はこ
のままEV推進政策に取り込まれると危険です』(後略)
 
これを言った加藤康子さんが、国文学科を出た方であると知って驚きま
した。国文科を出た方が、こういうことを論じることが出来るのは、よほ
ど人脈に恵まれ、ご本人も知的感性に恵まれたのでしょう。

学問的に言う と、エネルギー問題を論じるには、少なくとも基礎とし
て、熱力学の基礎 を知る必要があり、そこでは、エントロピーとかエン
タルピーといった用 語を知ることになると思いますが、これは文系の方
の多くにとって、未知 の世界だと思います。

私の大学での専門は内燃機関でしたが、2001年に長年いたアメリカ
で、サラリーマンを引退する決意をし、日米の知人に挨拶状を出した際、
「内燃機関を専門とした私が、世紀の変わり目にサラリーマンを引退する
のは感慨深い。次の世紀は、水素他の非石油燃料の時代になるのだろう」
と書きましたが、思ったほど早くは、そこまで変わっておりません。

菅首相は、あまり良く知らずに2050年に、炭素ニュートラルの社会に
すると言っていますが、あまり内容を知らずに自動車は全部EVになると誤
解しているのではないでしょうか。

私は、同窓会の縁で、かつて日産がノートという完全電気自動車を発表す
る前に乗せてもらったことがありますが、私のコメントは、航続距離の少
なさに販路が限定されるのではないかということでした。

総合的な環境負荷は、単に自動車の走行時の環境負荷だけではなく、その
駆動機関やエネルギー源を生産するとき、発電するとき、廃棄するとき、
それぞれの環境負荷を総合したものでなければなりません。

また経済的にも、テスラのような高価な車は、誰でも買えるものではあり
ません。うっかり乗せられて、国民の多数がEVに走ると、上に書きてある
ようにレミングのような集団自殺になるのではないかと警鐘を鳴らしたい
と思います。(関野通夫)


(宮崎正弘のコメント)加藤康子さんは「青嵐会」の暴れん坊だった加藤
六月氏の長女、現在の加藤勝信・官房長官は、妹さんのご亭主です。



  ♪
(読者の声4)2月13日のことです。早朝、私はいつも通り千葉県松戸
市の香取神社に向かって朝の散歩をしていた。神社近くで、急にサイレン
が鳴った。

近所の人が、「家事だ。そこで煙があがっている」と叫ぶ。いつもの通り
の道路から私道の奥を見ると、古いアパートから黒い煙があがっている。
まず、救急車がきた。担架を引いて火元に走る。

続いて消防車がきた。消火栓の前に止まり、ゆっくり作業している。その
内、火柱があがった。いよいよ燃え盛る。それなのに、何とちんたらちん
たらやっているのだ。消防ホースの設置に手間取っているのか。私は野次
馬根性で、火がどんどん燃え盛るのを、歯ぎしりをして見ているだけだ。

その時、担架に乗った90代らしき女性が運ばれたて来た。

その後、一斉に放水が始まった。我が家の2階から見ると、3時間後の
9:30頃、昇る煙がようやくなくなった。

火元の女性は、独り暮らしで不自由な体に、朝食の仕度をしていたのか。
火を消そうとしたができない。119番通報するだけで精一杯のようだっ
たのか。真っ先に来たのは消防車ではなく、救急車だったことが、漸く理
解できた。年寄りの一人暮らしは危ない。願わくばオール電化が望ましい
ものです。(斎藤周吾)


(宮崎正弘のコメント)松戸市にも香取神社があるのですね。初めて知り
ました。祭神は、もちろんフツヌシですよね。

総本山は香取市の香取神宮。JR佐原からタクシーで行くしかないです
が、参道で驚いたのは、出店のテントのデザインが「鬼滅の刃」でした。
いかにも、香取神宮にふさわしい風景でしたが。

 このことは今月号の『正論』にも拙論があります。

2021年02月24日

◆【変見自在】朝日の他人こと

高山 正之
 

 新聞社の社長はだいたい新聞記者上がりがなる。

 そうでないのに産経新聞の鹿内(しかない)信隆がいた。台湾の知識人を
皆殺しにした蔣介石を褒め称え、「南京大虐殺はあった」と語らせた『蒋
介石秘録』まで出した。

 その点、記者上がりは社会の木鐸意識がある分、彼よりはかなりましだ。

 90年代末に朝日の社長になった箱島信一も経済部出身で、まあまともな
方の一人だった。

 彼が就任して2カ月。いつものように自社の新聞を開いて仰天した。

 一面トップに東京高検の検事長、則定衡(のりさだまもる)が銀座のクラ
ブホステスと2度も公費で浮気出張したこと、彼女を身籠らせて知り合い
の業者に処置させたことなどが書かれていた。

 高検検事長と言えば次は検事総長にもなろうかというポストだ。

 その不行跡には目を剝くが、箱島が仰天したのはそっちではなく、記事
の書き出し部分にあった。

 そこには「今日発売予定の月刊誌『噂の真相』によると」とあった。

 出たばかりの、それも「現代のカストリ誌」風に言われる雑誌の記事を
そのまま載せるとは一体どういう料簡か。朝日の名が泣くと青筋3本も立
てた。

 岡留安則の名誉のために言えば「噂の真相」は並みの雑誌じゃあない。

 彼の取材に付き合ったことがある。銀座のお店に入るとママも女の子も
寄ってくる。

 他愛ないあんな話こんな話を聞いて小一時間で次の店に行く。

 そこもわっと女の子が寄ってくる。

 彼はそんなネタを掘り下げ、裏を取っていく。大方は各ページの欄外1
行記事として載る。

 そうやって数多のネタを掘っていけば、ときに則定みたいな金脈にもぶ
つかる。裏を取るのに1年かかるネタもあった。

 それにネタ元がバレればお店を潰しかねない。そこまで店にも女の子に
も信用され、愛される岡留を羨ましく思ったものだ。

 箱島も思いは同じだったと思う。カストリ誌をただコピペするなど論外
だ。ネタは自分の足で取ってこいと発破をかけた。

 ただ朝日の記者の9割9分は取材無精だ。歩くことも裏を取ることもな
い。それでコピペが駄目なら尤もらしく作るしかない。

 かくて本田雅和は「安倍晋三と中川昭一がNHKに圧力をかけて慰安婦
番組の内容を改変させた」という話を作り上げた。

 NHKは赤い。魚心で平仄(ひょうそく)を合わせると思ったものだが、
本田の話には穴が多すぎた。NHKも見捨てて全否定に回った。

 箱島は朝日が飼い慣らしてきた学者を急ぎ搔き集め、第三者が一人もい
ない第三者委員会を設置。捏造の原因は悪意でなく、本田の取材不足と結
論させた。ほんの微罪にした。

 ホットする暇はなかった。今度は長野支局の西山某記者と本社政治部の
曽我豪次長が「田中康夫と亀井静香が長野県下で会談を持ち新党立ち上げ
を話し合った」と報じた

 これも取材をしないで書いた偽り記事だった。朝日は支局員だけを解雇
にして幕引きをした。

 箱島は一時の怒りで記者に自力取材を求めたことを深く悔いた。

 取材に不慣れな者への無理強いが記事捏造を生んだのなら、それを防ぐ
にはコピペ容認しかなかった。涙の決断だった。

 先日の朝日の社説は「菅首相 人ごとではない」の見出しで、東北新社
に勤める首相の息子が所管の総務省役人を接待したことを取り上げていた。

 「息子はもう別人格」と逃げる首相を厳しく糾弾するのはいいが、ただ
糾弾ネタがすべて「週刊文春によると」だった。

 社説も週刊誌コピペとは笑えるが、もう一つ。

 箱島が捏造記事でクビなったあとの秋山耿太郎時代。彼の息子が大麻現
行犯で捕まった。

 秋山は「息子は別人格」と傲然言い放って辞任も謝罪もしなかった。

 「他人(ひと)ごとではない」とはこっちが言いたい。



出典:『週刊新潮』 令和3年(2021)2月25日号

    【変見自在】朝日の他人ごと

著者:高山 正之
『週刊新潮』 令和3年2月25日号


松本市 久保田 康文さん採録 

◆総務省汚職事件に発展か

新恭(あらたきょう)


疑惑の菅首相長男に忖度するマスコミの及び腰

消えた4820万円。菅首相「総裁選に官房機密費を流用」説

週刊文春の報道により明らかとなった、菅首相の長男による総務省高級官
僚への接待疑惑。監督省庁への忖度が働いているのかテレビ報道は切れ味
を欠きますが、この疑惑は今後、どのような展開を見せるのでしょうか。
今回のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では元全国紙社会部記者
の新 恭さんが、改めて当案件のこれまでの流れや、菅首相の国会での答
弁等を紹介。その上で、この疑惑が汚職事件へ発展する可能性を示唆して
います。


父の威光をバックに菅正剛氏が接待攻勢

国会で連日取り上げられてきたものといえば、新型コロナ対策、森喜朗氏
の女性蔑視発言などの問題だが、もうひとつ、テレビでは通り一遍の報道
しかなく、いっこうに目立っていない重大事がある。

菅首相の長男、菅正剛氏がらみの官僚接待疑惑だ。スター・チャンネルな
ど衛星放送を運営する会社の部長として、放送行政にかかわる総務省の幹
部官僚たちを高級料亭などで接待漬けにしてきた。

週刊文春が詳細にわたって報じたのが問題の発端だが、テレビの報道が控
えめな気がしてならない。総務省の放送行政にかかわるトップ官僚が当事
者ゆえなのだろうか。


菅正剛氏は、菅首相が第一次安倍政権で総務大臣になった2006年、大臣秘
書官にとりたてられた。文春の記事を読むと、大学卒業後、バンドマンと
してうだつが上がらず、ぶらぶらしていた長男を菅氏が見かねて秘書にし
た、というイメージだ。そこのところは多少、執筆者のバイアスがかかっ
ているかもしれない。

ただ、25歳の若造ながら総務大臣の息子で、しかも秘書官という肩書を持
つ正剛氏が総務省官僚に一目置かれる存在だったことは間違いないだろ
う。政治的能力はイマイチだったらしく、2008年、正剛氏は、映画製作や
衛星放送事業などをいとなむ東北新社に就職した。

菅首相は国会答弁で「コネ入社でない」と強調している。むろん、大臣秘
書官時代に正剛氏が自分で人脈をつくった可能性もなくはない。

文春の記事では、菅義偉氏が正剛氏の将来を案じ、東北新社の創業者にし
て同郷秋田出身の植村伴次郎氏(故人)に「鞄持ち」として預けたとされ
ている。いささか臭い筋立てだが、当たらずといえども遠からず、か。

それから13年を経た現在、菅正剛氏の東北新社における肩書は表向き、メ
ディア事業部趣味・エンタメコミュニティ統括部長だが、実際には「総務
省幹部らの接待要員」として重宝されているという。

東北新社はグループ売上650億円で、そのうち衛星放送事業は150億円。ス
ター・チャンネル、ファミリー劇場、クラシカ・ジャパンなど多数の専門
チャンネルが、3つの子会社により運営されている。

総務省の組織のうち、放送行政を担当しているのが情報流通行政局だ。い
ま菅内閣で広報官をつとめ、総理会見を取り仕切っている山田真貴子氏の
古巣である。

2018年4月6日、東北新社が9割近い株を保有し、正剛氏も取締役をつとめ
ている株式会社「囲碁・将棋チャンネル」が「東経110度CS放送に係る衛
星基幹放送の業務」に認定されたさい、情報流通行政局長は山田氏だった。

山田氏は安倍政権下の2013年から15年まで広報担当の首相秘書官を務めた
あと、出身官庁である総務省に移ったが、菅首相が内閣発足とともに呼び
戻した能吏である。よほど菅首相に気に入られているのだろう。


昨年10月26日放送の「ニュースウオッチ9」に菅首相が生出演したさい、
有馬キャスターが日本学術会議の任命拒否問題について質問したのに対
し、山田氏がすぐさま反応。NHKの原聖樹政治部長に「総理、怒っていま
すよ…あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う」などと電話で
威嚇したことが一時、有馬キャスターの降板とからめて話題になった。放
送行政の元締めだった経歴ゆえの高飛車な行動といえよう。


国家公務員倫理法違反のみならず、贈収賄の疑いも

◆リーマン・ショックが近い

宮崎 正弘

 
令和三年(2021)2月20日(土曜日)
通巻第6805号 

ダンスを皆が踊っているときに抜け出すわけには行かない
リーマン・ショックが近いことをブラザーたちは知覚していた。

 リーマン・ブラザースが破綻する一年前にベア・スターンズが事実上倒
産していた。JP・モルガンが、静かにベア・スターンズを買収したの
で、危機は深刻に認識されなかった。しかし、無茶苦茶な貸し出しを続け
てきたサブプライムローンがいずれ大爆発を起こすだろうと警鐘を鳴らす
エコノミストも大勢いた。

 リーマン・ショックをいまさら解説する必要はないが、「百年に一度」
の金融危機と言われ、時のFRB議長だったベン・バーナンキは「ヘリコ
プター・ベン」の異名を取ったように金融緩和を強引に牽引する一方で、
米国金融界の大再編が起こった。この激越なTUNAMIは日本にも深甚
は悪影響を及ぼし、日本の証券、銀行が再編された

後日、リーマン・ブラザーズの幹部が語った。
「皆がパーティに集まって、ダンスを踊っているときに抜け出すわけには
行かない」と。

EVが大躍進を遂げて、自動車産業界はなにか「リーマン・ダンス」を
踊っているのではないのか。EVは走行距離が短く、大型車両には不向き
なうえ、スピードも出ないことは誰もが知っている。そのうえ電気消費が
二倍になるが発電の手当が伴っていない。充電スタンドも決定的に不足し
ている。

斯界では「株価をつり上げる情報操作が目的」とか「補助金を予算化する
ため」とかの説も出回っている。

先週、ビットコインが5万ドルを突破したが、直接の原因はテスラが15
億ドルを投資したことが判明したからだ。しかしビットコインは環境社会
企業統治という企業トップの重点的目標からは乖離している。
テスラ率いるイーロン・マスクは市場の特性を巧妙に掴んでの冒険主義の
暴走が見られ、いずれ信長のように高転びに転ぶことにならないか。



 ここで、次の記事を参考にかかげたい。というのも、この加藤康子氏へ
のインタビューはたいへん重要なことを発言しており、その重要部分を抄
録する。(「未来ネット・メルマガ」、2月19日号)。

▲脱炭素政策は素材産業を日本から追い出す政策、

 (加藤康子)環境と労働に優しくすると社会コストが高くつきます。電
力や労働規制、環境規制、税金などの社会コストが高い。マーケットは大
きくない。そういう悪条件下で製造業が頑張り続けるのは大変です。
 今のまま工場が全部外国に出ていったら、政策を一歩間違えれば日本は
本当に借金まみれの貧しい国になってしまう。いったん海外に行ったら日
本に戻すのは至難の技です現地で再投資をしたほうが効率がよい場合が多
いからです

カーボンニュートラル(脱炭素)政策は素材産業を日本から追い出す政
策、絶対に避けなくてはいけない。
 今の日本政府が地球環境を救いたいなら、まずすべきは中国の製造業を
分散させることであって、日本じゃない。

CO2の排出は、中国とインドが主な問題ですから。
 製造業にとって社会インフラ面のコストは人と土地と電力と水です。こ
のうち日本で競争力があるのは水だけです。あとはいろんな規制があって
日本で生産するのは諸外国に比べてものすごくコストがかかる。
だから企業は、固定資産税をタダにしますよ、電力を安くしますよ、と誘
致政策をしいた街に行くわけです。利益は電力や水などの総合的なコスト
を引いた後のものだから。

 ▲製造業は心臓の部分を輸入に頼った瞬間から没落が始まる

 (加藤康子)これはEV(電気自動車)と共通ですが、製造業は心臓の部
分、船なら主機、車ならエンジン、これを海外からの輸入に頼った瞬間
に、その産業は没落が始まります。
 日本は今まで優れたエンジンを20年、30年、40年かけてイノベーション
を起こしてきましたし、今や世界に冠たる自動車製造大国をつくってきま
したが、それがモーターと電池になると別のビジネスモデルに変えられて
しまう。

そもそも100%EVにするということ自体はありえません。
電池の産業廃棄物をご存知ですか? 全然、環境にエコじゃない。なのに
それをエコと言い切って進めること自体が、ある意味すごいと思う。ペテ
ンですよ、本当に。
 
電池の廃棄物の毒性はすごいですから。イタイイタイ病みたいな公害をま
た引き起こすつもりなのかと。
有害物質がものすごく出る。電池は基本的に有害だと思わなきゃいけない
のです。だって有害物質に依存した物なのだから。
 
リチウムイオン電池をつくるために、コバルト、ニッケル、リチウムなど
の資源が必要ですが、コンゴのコバルトは資源もあと数十年といわれてい
ます。レアメタルは経済安保を考えると中国に依存するのはとても危険です。

 ▲EV政策は重工業を弱体化させ日本の経済を丸裸にする謀かも

「(加藤康子) 「環境」が金融商品化して今の騒ぎを作っていることが
大問題です。
いかに産業を強くするかという産業政策をしていたのだけど、今はいかに
お金を流通させるか、投機をいかに呼び込むかという政策をやっています
ね。それに乗ると国民が最後はワーッと、それこそレミング現象みたいな
こと(集団で自殺)になる可能性があるわけです。
 日本の自動車産業はこのままEV推進政策に取り込まれると危険です。
カーボンプライシングでEVへの補助金を捻出しようと考えているのでしょ
うが、税金の無駄遣いでしょう。日本が強かった内燃機関から、中国や韓
国が強い電池産業に自動車産業の産業構造を切り替えるという話ですから。
 EV推進政策は重工業を弱体化させて日本の経済をストリップアウトし、
国際競争力のある日本の自動車産業を弱体化させます。
  カーボンニュートラルは、結局日本の素材産業を中国に追い出してし
まう話ですよ。日本で鋼板が作れなくなります。国の予算をかけて、何兆
円産業を日本から追い出す。そんなことして本当にいいのか!と誰も大き
な声を上げないのが、本当に大問題。

(加藤康子(かとう こうこ)プロフィール:産業遺産情報センター長。
慶応大学文学部卒。米ハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学
院)で都市経済学修士課程(MCRP)修了。一般財団法人「産業遺産国
民会議」専務理事。2015年7月から19年7月まで内閣官房参与を務
め、「明治日本の産業革命遺産」(長崎など8県)の世界文化遺産登録に
尽力した。著書に『産業遺産「地域と市民の歴史」への旅』(日本経済新
聞出版)他。
………………………………………………………………
★『明治日本から令和へ』加藤康子(zakzak by 夕刊フジ)
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210202/dom2102020001-n1.html 
   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【知道中国 2200回】           
 ──英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港82)
 
        ▽
 一方、寧陽会館からの書簡では、30個の骨箱に収めて託送した105柱の
遺骨を「転交香港台山商会、俾得運入寧城義荘」、つまり香港に住む台山
県出身商人で組織した台山商会に移した上で、寧陽会館が故郷に造成した
「先友」のための共同墓地の寧城義荘に埋葬するよう依頼している。
この書簡の日付は特定できそうにないが、1918年から1925年の間と見られる。

 以上の2つの書簡から、肇慶総会館にせよ寧陽会館にせよ、当時すでに
香港で活動する支部なりの関連組織を持ち、サンフランシスコ=香港=故
郷を結んだ運棺ネットワークが機能していたことが読み取れる。
このネットワークが棺や骨箱だけではなく、じつはヒト・モノ・カネを運
んでいた。その中にアブナイモノが含まれていたとしても不思議ではない。

では、託送された棺なり骨箱を引き取る遺族が現れない場合はどう処理
するのか。そこまで心配することもないとは思うが、ここまで調べた以上
は、その先を知りたくなるのが人情、いや「業」というものだろう。

 1927年2月28日付けの東華三院から出された金山寧陽餘慶堂宛の書簡
は、1年前にアメリカの定期船で託送されてきた「先友骸骨九十七箱」は5
月22日に東華義荘に安着し保管しているが引き取りに現われない遺族がま
だ多数いる

今回、遺骨を収めている布袋が劣化し破れてしまったことから遺骨が散乱
してしまい、どれが誰の遺骨か判明しない。遺族が引き取ることを望んで
も渡せない──と綴った後、次のように小言を添えた。

 「竊かに思うに此の先友は身を異邦に喪う。貴堂列翁の骸骨を?拾する
を経て付返す。理さに宜しく運び故里に帰し、俾みて首邱を正すべし。
今、竟に此れらの骨殖は零乱するに因り、認め領ける能わず。諸々の情理
を揆れば、心に於いて殊に不安有り。別埠の付来する骨殖を査らかにする
に、具毎に白の鉄箱を用いて貯好め、外面に加えるに木箱を用い、先友の
姓名、籍貫を木箱の外面に書写し(以下、略)」。

 つまり願い通りに故郷の土に還してやりたいと苦労して収集した遺骨な
のに、ぞんざいに扱うから処理に難儀をするんですよ。袋は腐り破れ骨が
交じり合ってし
まい、どれが誰のものやら判らない。人情において忍びないではありませ
んか。「別埠」──サンフランシスコ以外の都市を指すのだろう──にある華
僑組織から送られるてくる遺骨は白の鉄箱に収められ、さらにそれを木箱
で覆い

箱の表面には死者の名前と還るべき故郷の地名まで書かれていますよ。だ
から今後は布袋なんぞに放り込まないで、「別埠」のように手厚く丁寧に
処理してくださいよ。イイカゲンにしてくださいよ。今後は梱包をシッカ
リ頼みます、ということだろう。

 北米であれ中南米であれ、各地の華僑組織と東華三院との間でやりとり
された書簡をみる限り、「入土為安」までの一連の作業は、以上に示した
サンフランシスコからの場合と同じような処理がなされている。

 最後に面白い例を1つ挙げておく。それは横浜中華会館理事長孔雲生か
らの書簡で、日付は「中華民国拾六年十月二十七日」というから1927年10
月27日になる。

 その文面によれば(a)横浜中華会館前董事・譚玉階の棺を今年の冬季に
香港宛に託送するので東華義荘で保管を願いたい。(b)子息の譚理平が神
戸から香港に向かうので蝦苟艇を雇い、棺を故郷の高明県に運搬し葬って
もらいたい。(c)費用につき返信願いたい──と求めたが、東華医院からの
返事がない。譚理平からは「東華医院からの返事はどうなっているんだ」
と何回も言って来るが、曖昧な返事しかできない。そうこうしているうち
に棺を船積みする日が近づく。はたして当方の希望は叶うのか。
返信次第では今回の措置は中止せざるをえないかもしれない。そこで「専
候玉回」と返信を求めるのであった。
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読 者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(読者の声1)貴誌前号「この『デジタル通貨』はフェイスブックが『リ
ブロ』を提唱し、主要国の反対で流れたが、あたらしく『ディエム』の発
行計画に改めた。BISの調査報告では、日米欧の中央銀行は導入に慎重
だが、新興国のカンボジアは『バコン』を発行した」(引用止め)

定義がカオス化しているので書きます。
通貨とは法定通用力を持つ貨幣のことです。電子マネーは3種類ありま
す。前払い、即時払い、後払い。それぞれ、paypay他、デビットカード、
クレジットカードです。最初のは各フィンテック企業がやっていますが、
規模はあくまでも微々たるもの。ずば抜けて多いのはクレジットカードで
す。したがって便利であって副作用はありません。

 五万ドル越えたビットコイン他はブロックチェーンの暗号資産です。定
義上、通貨の範疇には入りません。ビットコインと基軸通貨ドルの為替市
場などありません。
 デジタル通貨とはシナのような全体主義国家や、カンボジア、パナマの
ような小国でのみ可能です。

マイナンバーにこれほど抵抗感がある個人情報保護に厳しい通常の国家で
は不可能です。オーエルの言ったように『1984年』的な全体主義国家に変
容しない限りは。
なぜなら、デジタル通貨とは人民全員が中銀に口座保有することを意味す
るからです。現在、日本では銀行以外は日銀口座を持てません。なお、
フィンテックは日銀口座を持っていません。

人民全員が中銀口座を持てば、政府中銀は人民が何に金を使ったか、すべ
てわかることになります。そこでは量子コンピューターが使われる。
既に日本財務省は官庁用語「調査する」で「デジタル通貨はやらない」と
断言済みです。
一方、グーグルなどは国家を超越した権力へ成長しましたが、国家を越え
た暗号資産をさらに強力なパワーとなるために、やりたくて仕方ないよう
です。
シナではスマホでデジタル通貨を扱えない高齢者向けに、カードを発行す
るようです。10年後の世界が大変化しているのは間違いない(Z生、逗子)


(宮崎正弘)複雑怪奇な金融状況地図ですが、明快に定義しなおしていた
だき、有り難う御座います。

   ♪
(読者の声2)貴誌連載中の樋泉克夫先生のコラムは現在、華僑として外
国に死んだ中国人が死んだら故郷に帰りたいと、棺を香港経由で運びこむ
話ですが、似た話を聞いています。

 嘗て日本の統治により治安が確立した満洲には、多くの漢民族がやって
来ました。地の利から山東省が多かったようです。苦力も多かった。
 ハルビンの中国人街はフ─ジャデンと言いましたが、そこには大観園と
いう「三不官」(政府、警察、軍も手を出せない、アンタッチャブル地
帯)の一帯がありました。時々、その大観園からは、素っ裸の干からびた
阿片患者の死体が路傍に放り出される。ここは売春宿でもあり、阿片窟で
もあるのです。「魔窟」と呼ばれていました。

 死体はしょうがないから、ハルビン市のゴミ収集車がやってきて、共同
墓地(万人抗)に身元不明者として埋葬されます。専売制度で阿片患者漸
減政策を取っていた満洲国政府は怖気づいていました。
何でこういうことが起きるのか、理由がわからない。
そこで調査に入ったのが中国語も達者な佐藤慎一郎先生でした。孫文の革
命運動で亡くなった山田良政の甥ですから、蒋介石の国民政府も知ってい
る人物。戦後、拓殖大学の名物教授として著名な先生です。
先生が調べると、死体は抛り棄てられるだけではない。干からびた遺体の
腹を開け、そこに阿片を詰め、死人の故郷である山東省に棺に入れて送っ
ていたということが判明しました。

漢民族の願いである故郷に土になりたい思いは、そのようなあくどい阿片
密輸にも利用されていたわけです。私はこの「魔窟」大観園の跡地を見に
行ったことがあります。今でも荒涼としていましたね。
(田中秀雄)


(宮崎正弘のコメント)佐藤慎一郎先生は中国史の研究家でもあって拓殖
大学海外事情研究所におられましたが、田中角栄の日中国交回復は拙速と
して、中国側の文献や文書の解釈を鮮明に展開され、田中外交を批判して
いたことを思い出しました。



  ♪
(読者の声3)三島由紀夫研究会事務局から二月と三月の「公開講座」の
お知らせです。
2月は井上隆史先生が「21世紀の三島由紀夫」を語る
     ============================
憂国忌の発起人一人。白百合女子大学教授の井上隆史先生による公開講座
「21世紀の三島由紀夫」が開催されます。
              記
日時   2月26日(金)18時開演(17時半開場)
場所   アルカディア市ヶ谷(私学会館)
講師   井上隆史先生(いのうえ たかし、文芸評論家、白百合女子大
教授)
演題   「21世紀の三島由紀夫」
講師略歴 昭和38年生。横浜市出身。東京大学文学部国分科卒。主な著
書に『「もう一つの日本」を求めて 三島由紀夫『豊饒の海』を読み直
す』(現代書館)、『暴流の人 三島由紀夫』(平凡社)など多数。
参加費  おひとり2千円(ただし会員と学生は1000円)。
@@@@@@

3月公開講座は三浦小太郎氏が講演

日時   3月26日(金)
場所   アルカディア市ヶ谷(私学会館)
講師   三浦小太郎氏
演題   未定
講師略歴 昭和35年生。評論家、アジア自由民主連帯協議会事務局長
     東京都生れ。獨協医科大中退。保守派の論客として諸方面で寄
稿、発言。
著書   「ドストエフスキーの戦争論『作家の日記』を読む」
参加費  おひとり2千円(ただし会員と学生は1000円)。
     (三島由紀夫研究会)


(読者の声4)隠し文学館「花ざかりの森」でよみがえる三島由紀夫展が
あります。
憂国忌発起人でもある杉田欣次氏が主催する隠し文学館花ざかりの森(富
山市)において「三島由紀夫の読書と創作の変遷 展」が、以下の通り富
山市で開催されますのでご紹介します。

2021年02月23日

◆見えてこない米国のインド太平洋戦略

櫻井 よしこ


トランプ、バイデン新旧米政権の国家安全保障問題担当大統領補佐官が、
党派を超えて対中政策で幅広く合意した。ジェイク・サリバン新大統領補
佐官は、正式に日米豪印4か国が構成する「自由で開かれたインド・太平
洋戦略」の軍事的枠組み(クアッド)が、米国の国防政策の基本であると
認めた。また、いくつかの前提を置いたうえでのことだが、ウイグル人、
香港、台湾への好戦的な恐喝に対して、米国は中国に対価を払わせる、そ
の準備を進めていることを、明確かつ継続的に伝えるとも語った。

一連の発言は1月29日に、米シンクタンク「米国平和研究所」のオンライ
ン対話でロバート・オブライエン前大統領補佐官を相手に発信された。両
氏はこれから先、幾世代にもわたって中国が最大の脅威だという点でも意
見の一致を見た。

ポンペオ前国務長官が、中国共産党政府のウイグル人弾圧を「ジェノサイ
ド」(民族大量虐殺)と認定したのが退任前日の1月19日だ。同日、民主
党の国務長官候補として上院の公聴会に臨んだブリンケン氏も財務長官候
補のイエレン氏も、ポンペオ氏の認定を受け入れた。

ブリンケン氏はさらに、中国共産党は新疆ウイグル自治区でウイグル人を
強制労働させており、強制労働による製品の輸入禁止に向けて米国はあら
ゆる対策を講ずると踏み込んだ。

公聴会でのブリンケン氏の発言は興味深く、米国東部のエリート家族の出
身である氏が人権に非常に強い拘りをもっていることがよくわかる。氏の
妻、エヴァン・ライアン氏は教育文化担当次官補である。伯父はベルギー
大使、父はハンガリー大使、母はハンガリーからの亡命者で、祖父はロシ
アからの亡命者だ。すでに亡くなっているブリンケン氏の継父はホロコー
ストの生存者だ。

彼はポーランドの収容所を脱出し、森に逃げた。戦車の音が迫ってきたと
き、見上げると戦車には星条旗がはためいていた。彼は必死に駆け寄り、
黒人のGIが彼を見つけた。彼はひざまずき、母に習った英単語3つを大
声で言った。「God Bless America」。GIは彼を引っ
張り上げ戦車に保護した。

中国批判の本気度

「これがわが一族です。わが家族の物語は、不完全ではあっても最善を尽
くし続ける米国の姿を世界に示すものです」と、ブリンケン氏は語った。

氏が家族の物語を語ったことからは、中国批判の本気度が伝わってくる。
人間を人間として遇さない中国共産党、中国式法解釈を国際法にとって替
わらせようとする独善的な習近平国家主席、力による外交の根拠となって
いる中華帝国主義の全てに対し、本気で憤っている。

バイデン政権の対中政策はこれら担当者の言葉を信ずる限り、非常に厳し
いものだ。しかし問題はここからだ。バイデン氏は武漢ウイルス、経済の
停滞、人種差別と社会の分断など国内問題に集中せざるを得ず、外交、安
全保障問題は自ら陣頭指揮するのではなくベテランに任せた。外交の目玉
としての環境問題はジョン・ケリー氏に、安全保障問題はカート・キャン
ベル氏に託した。

米国や日本、その他諸国が安全保障の危機に直面している元凶は中国だ。
彼らの横暴な振舞いが最も顕著なのは南シナ海、東シナ海、インド洋、太
平洋、つまり広い意味でのアジアである。そのアジア全域とほぼ同義のイ
ンド・太平洋地域における調整官に任命されたのがキャンベル氏だ。

ケリー氏もキャンベル氏も、他の閣僚たちより20歳ほども年長である。若
い閣僚たちがベテランを巧くコントロールできるのか。またベテラン達は
本当に機能するのか、疑問を抱く幾つかの理由がある。

キャンベル氏はヒラリー・クリントン国務長官に国務次官補として仕え
た。様々な意味で経験豊かな氏ではあるが、評価は米国でも二分されてい
る。批判する人々はキャンベル氏はビジネスマンだという。中国との利害
関係があるのではないかというニュアンスを伴った批判である。

もうひとつ、政策上の成果がないという点だ。ヒラリー氏とオバマ政権
は、米国の国防の軸足を中東からアジアに引き戻す「Pivot to Asia」
(アジア基軸への転換)を提唱した。同戦略の考案者がキャンベル氏だと
言われている。同戦略の特徴は中国の脅威を強調しはしたが、実際には具
体策を講じなかったことだ。言っていることは正しいが、言い放しで終わ
り、何ひとつ実行されなかった。

キャンベル氏ひとりの責任ではないが、オバマ政権と同じ有言不実行、口
ばかりの失敗の型に、再びバイデン政権で陥ることはないか。

キャンベル氏は2018年3・4月号の外交専門誌「フォーリン・アフェアー
ズ」に寄せた「中国収支 北京は如何に米国の期待を裏切ったか」で、米
国の中国に対する関与政策の誤りを指摘した。豊かになれば中国は米国の
ように民主的で開かれた国になると信じ、支援してきた長年の対中宥和策
への批判だった。

対中政策に不安

だが、キャンベル氏の批判よりずっと前にマイケル・ピルズベリー氏が中
国の正体を指摘し、氏の著書はベストセラーになった。17年1月にはトラ
ンプ政権が誕生し、同年12月には、中国を米国の脅威と見做す国防戦略も
発表済みだった。キャンベル氏はワシントンの風向きの変化を受けとめた
論文を書いただけか。

バイデン政権ではキャンベル氏がインド・太平洋全般の安全保障問題を
「調整」する。氏は1月12日に電子版フォーリン・アフェアーズに「米国
は如何にしてアジアの秩序を支えられるか」を寄稿した。

ヘンリー・キッシンジャー氏が若き日に、19世紀の欧州事情について書い
た論文を元に現在の米中関係の在り方を説いた内容だが、正直に言って参
考にならない。何よりも注目すべき点は、キャンベル調整官は「インド・
太平洋」を論じながら、一度も「自由で開かれたインド・太平洋」とは書
いていないことだ。

キャンベル氏は、調整官として国防総省、国務省を中心に省をまたぐ広い
視野で中国問題に取り組む立場にあるが、冒頭で紹介した新旧二人の安全
保障問題担当大統領補佐官が「自由で開かれたインド・太平洋」こそ米国
防政策の基本だとする立場とは対照的だ。これで大丈夫か。

「アジアに軸足を」との氏の政策提言は言葉だけに終わった。だがいま、
インド・太平洋調整官として、氏は政策提言さえも満足にできていないと
いうのは、言いすぎか。

キッシンジャー氏はその全収入の5%を中国から得ているそうだ。5%とい
う数字の正確さは私にはわからないが、中国とのビジネス上の関係が深い
ことは想像できる。そのような人物を尊敬しているとするキャンベル氏、
ひいてはキャンベル氏に依存するバイデン政権の対中政策に不安を抱く次
第である。

『週刊新潮』 2021年2月11日号
日本ルネッサンス 第937回

◆「コロナ太り」で140kg超え?

    浜田 和幸


北朝鮮・金正恩総書記の異常な体重


零下8度でコート着用は4人だけ。金正恩「人民第一主義」の虚しさ

米トランプ前大統領の電撃訪朝で注目を浴びたのも今は昔、「死亡説」が
出たり「総書記就任」が話題になるも、コロナ禍以降はめっきり存在感を
失いつつある北朝鮮の金正恩氏ですが、現在はどんな様子なのでしょう か?

メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』著者で 国際
政治経済学者の浜田和幸さんは、コロナ太りで体重が大幅に増えたと い
う正恩氏の現状を伝えるとともに、未だに秘密主義を通す北朝鮮の行く
末を案じています。

異常なコロナ太りか、金正恩の体重は140キロ越え

ぶっちゃけ、「コロナの感染者ゼロ」を標ぼうする北朝鮮であるが、そん
な宣伝文句は国際社会では誰も信じてはいないだろう。

今週、金正恩委員長の父親にあたる故金正日総書記の誕生日を祝う祝賀会
が平壌で開かれた。

祝賀会場に集まった労働党の幹部や選ばれた市民の代表らの間では、誰一
人としてマスクを着用していない。


もちろん、ソーシャル・ディスタンスなど、どこ吹く風といった具合で、
金正恩夫妻以外は皆が詰め合って座わり、拍手のために頻繁に立ち上がる
映像が紹介されていた。

世界の北朝鮮ウォチャーが注目したのは2点である。

第1が金正恩委員長の異常な太りぶり。

韓国の情報機関の分析によれば、現在の体重は140キロを優にオーバーし
ている。

ということは最近の数年で50キロ以上も太ったことになる。

まさに「コロナ太り」といっても過言ではないだろう。

「コロナウイルスの侵入を防ぐ」という名目で、中国との国境を封鎖した
ため、最大の貿易相手国との物流がほぼストップしてしまい、自然災害の
追い打ちもあり、北朝鮮では深刻な食糧不足が起きている模様だ。

国民の大半がやせ細る中、37歳の金正恩委員長だけが丸々と肥満体を誇示
しているわけで、多くの国民の心情を慮れば、父親の生誕祭で歌や踊りを
楽しんでいる姿は異常としか言いようがない。

既に亡くなった父親の金正日も建国の父である祖父の金日成も、共に心臓
病で亡くなったと見られており、3代目も同じ運命を猛スピードで追いか
けているに違いない。

第2の注目点は北朝鮮のファーストレディこと李雪主(リ・ソルジュ)の1
年ぶりの登場である。

昨年1月以降、公の場に姿を現さなかったため、健康不安説、新たな妊娠
説、はたまた夫婦間の不仲説などが飛び交ったものである。

それまで夫婦揃って白頭山に登ったり、白馬に跨って軽快に疾走するな
ど、元アイドル歌手的存在を内外にアピールしてきた。

そんなファーストレディがようやくカムバックしたわけだが、隣に座る夫
のパンパンに膨れた顔や体形との対照的な細身の姿が異様なコントラスト
を印象付けた。

2人の間には3人の子供がいるようだが、具体的な年齢も性別も一切、明ら
かにされていない。

「コロナ感染者ゼロ」をはじめ、あらゆる情報を隠し通そうとするのが北
朝鮮である。


ぶっちゃけ、いつまでこうした秘密主義が保たれるのだろうか?

image by: Christos S / Shutterstock.com


◆アフターコロナの経済地図

宮崎 正弘

 
令和三年(2021)2月19日(金曜日)
通巻第6804号 

 アフターコロナの経済地図が見えてきた
  EV、AI、IC、DX、ROBOTICSと横文字が並んだ。

コロナ禍が終わると、次の投資テーマがかなり明確に浮上している。話題
の中心はテスラ、日本電算、ファイザー、住友鉱山あたりだろうか。

一、 地球温暖化、「2050 脱炭素」を主要国が目指すとしているか
らには、EV 空気清浄装置、リサイクルなどの関連事業。とくに「EV
は今後五十年続くビジネスになる」(永守重信「日本電産」会長)。
また「水素ステーション」の建設も日本政府は前向きに対応し、2030
年までスタンド80万台、水素ステーション900ケ所を目標とする。
 EVはエアコンの付かない小型廉価版が50万円を切った。高給EVは
テスラが400万円以上と二極分化も激しいが、中国の「国策」による強
化推進であるため、上海汽車、BYD、広州汽車、長城汽車、吉利、
NIO、奇瑞、理想汽車などが一斉にEV生産に乗り出した。さらには
アップルもEVに乗り出す。

二、 DX(デジタル・トランスフォーメーション)とくれば、AI、半
導体、半導体設計・製造装置、有機ELなど新素材。 
 中国は日米欧から盗み出した技術で、飛躍的に生産を伸ばしたが、ほか
の先進国と異なるのは、すべてが軍事技術に直結していることだ。

三、サプライチェーン構造転換は設備投資を増強し、自動化が進むため、
ロボットはまだまだ飛躍するだろうし、運送の人手不足はドローンの改良
が必要になる。
トランプ前政権は高関税、ファーウェイ、テンセントなど中国企業の排
除、規制強化、ヴィザ条件の締め付け、中国企業のウォール街からの締め
出しなどで劇的な改編を見せてきたが、バイデン新政権は、これらの政策
を緩和して行く方向にある。

四、ワクチンは利益率が悪いので開発メーカーの株価は上昇休憩となった
が、医薬品開発が重要産業であることに変わりはない。

五、金価格が天井をつけたあとも高値圏で安定している。金備蓄を、日本
を除く主要国は増やしているが、民間では日本でも投資用に金が買われて
いる。
一方で、ビットコインに代表される暗号通貨の躍進と、デジタル人民元が
代弁する既存貨幣価値との関係がどうなるかで、変動関数が複雑化するだ
ろう。
この「デジタル通貨」はフェイスブックが「リブロ」を提唱し、主要国の
反対で流れたが、あたらしく「ディエム」の発行計画に改めた。
BISの調査報告では、日米欧の中央銀行は導入に慎重だが、新興国のカ
ンボジアは「バコン」を発行した。実験段階にあるのが中国とスウェーデ
ン(eクローネ)。研究が進んでいる段階にあるのが40ヶ国に及んでい
る。中国は北京冬季五輪での使用を想定し、実験を繰り返している。


 ▲コロナが終わらないと長期的展望は見通せないのだが。。。

 長期的予測は、未来学が大きく後退し、経済学的社会学による観察に注
目が集まってきた。
 とくにウォルター・シャイデル(スタンフォード大学教授)の書いた
『暴力と不平等の人類史───戦争・革命・崩壊・疫病』(東洋経済新報
社)が話題となっている。「平等」は「戦争」「革命」「崩壊」「疫病」 の4
つのファクターによる破壊の後にやってくるとする歴史法則的な仮説 で
ある。

 「戦争」は歴史を変え、『平等』という社会をもたらした。第二次大戦
後の日本は若者ら250万人が戦死し、都市は焼かれ、曠野となった。
GHQの農地改革と財閥解体で、富裕層が落剥した。戦争は軍需産業の栄
枯盛衰、軍事技術を民生に転換して、戦後日本は経済成長を遂げた。
 
「革命」は暴力を伴い、政敵を虐殺し、社会を無謀に残酷に変える。ス
ターリンは数千万を粛清した。毛沢東の「大躍進」と『文革』で、
6000万人以上が死亡した。貧富の階級が交替した。

 「国家の崩壊」は、アテネ、スパルタが戦争で疲弊したあと、ローマ帝
国が台頭し、やがて崩壊した。支配層が消滅し、搾取構造は終わり、生活
が向上した次期があった。

「疫病」はペロポネソス戦争から繰り返されてきたし、カミュが書いた
『ペスト』が象徴するように、世界的規模で数千万が死亡した。
 
 こんどのコロナは全世界で数百万人が死亡する。社会が大きく変わり、
投資対象が代わることに間違いはないだろう。

2021年02月22日

◆雀庵の「中共崩壊へのシナリオ(157」

“シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red Gables/256(2021/2/19/金】小生はキチ〇イで措置入院
歴があるから、どんな事件を起こしても「全然覚えていません」で押し通
せば心神耗弱、心神喪失で不起訴になる可能性が高いだろう。特権階級で
ある。が、このキチ〇イ優遇制度は廃止すべきだと思っている。記憶があ
ろうがなかろうが「やったことに対して償え」という厳罰主義だ。


一般犯罪は、例えば「喧嘩して殴ったら死んじゃった」というのか情状酌
量すべきだが、目的意識的に殺意をもった殺人は基本的に死刑判決が確定
したら速攻で処刑すべきだ。いつ処刑されるか分からないという不安で死
刑囚をいたぶるような遅延策は残酷(東京拘置所精神科医官を務めた作家
の加賀乙彦著「死刑囚の記録」、加賀は死刑反対論者)かつ税金の無駄。
ごく稀に無実の人がいるだろうが、天はきっと彼を癒すに違いない。そう
思うしかない。


裁判は被害者とその家族にすこぶる冷たい。それとは裏腹に犯罪者、容疑
者をまるで可哀そうなストレイシープのように扱っている。何十年も裁判
を続け、被害者と家族に辛い思いをさせている。これがモラルか。


死刑を免れた懲役囚はどんな仕事をしているのか。簡単な木工製品(折り
畳み式の椅子やテーブル、木箱、まな板、積み木)など安物が多い。一枚
板の重厚な家具もあるが、これは値段は張るし、安くておしゃれな集成材
を使った北欧産などと比べると“ちょっとなー”の感じ。


小生の名付け親である教育者の伯父は犯罪者の更生保護にも尽力していた
が、守秘義務から何も話は聞けなかった。上記のような付加価値の低い職
能では更生はとても難しいだろう。


4万人もの受刑者の中には優秀な脳ミソ、潜在能力を持っている人もいる
はずだ。彼らをハイテク技術者に育て、ICT開発など機密な職業に当たら
せたらどうか。外部から完全に閉鎖されている刑務所は恰好の機密ラボに
なる。自信をつけ、それなりの人材になれば刑を減免し、社会復帰も容易
になるのではないか。


<元・刑務官の坂本敏夫も1965年(昭和40年)頃、受刑者が一般の工場で
働く構外作業が廃止されたことを例に挙げ、「責任回避のために事故を起
こさないことが刑務官の目標となり、受刑者は技術を身につけることがで
きず、社会復帰ができなくなった」と指摘している>(WIKI)


「事故を起こさない」というのは大事だが、それが「社会復帰を阻害→再
犯率増加」と裏目に出ている面がある。前科者の小生はたまたま世間の情
けで堅気になれたが、塀の中の4万人も教導次第では有用な人材になると
信じたい。チャンスを与えよ。


米国民主党≒アカは100年前のレーニンそっくりだなあ、と思う。LGBT保護
など良かれと思ってやったことが「全部裏目に出る」というのは凄まじ
い。民主党≒アカは「自分が正義だ、最先端だ」とうぬぼれて過去を学ば
ないから「モスクワをLGBTの世界の都」にしたレーニンの轍を踏んでいる
ことに気付きもしない。そう言えば姪っ子が小さい頃、舌足らずでよく
歌っていた。


♪あなたを知ったその日から 恋の奴隷になりました 右と言われりゃ右
向いて とても幸せ あなた好みの あなた好みの 女になりたい


銭ゲバ民主党は恋の奴隷じゃなくてカネの奴隷だな。“私は正義”病膏肓、
インチキゲンチャーは民主党と一緒に墓穴に堕ちる。一般社団法人・世界
戦略総合研究所「レーニン主義の大失敗に学ぶ『LGBTの人権差別禁止条
例』がもたらす危機」2020-6-3から。



<1917年、ロシアの共産革命によって政権を掌握したレーニンを中心とす
る共産党/革命政府は多くの抵抗に遭遇した。その原因は家族、学校、教
会にあると考え、革命を成功させる為、家族の絆を弱め、教会を破壊し、
学校を革命の担い手に変えようとした。


レーニンは家族(制度)を「旧秩序の要塞・伝統文化の砦」とし、以下の
ような攻撃を行なった。


1)従来、法律婚の要件とされていた教会での結婚式を不要とし、役所で
の登録だけで婚姻の効力が生ずるものとした。

2)離婚の要件を緩和し、当事者合意の場合はもちろん、一方の請求だけ
でも裁判所はこれを認めることとした。


3)犯罪であった近親相姦、重婚、姦通を刑法から削除した。

4)堕胎は国立病院で認定された医師の所へ行けば可能となり、医師は希
望者には中絶手術に応じなければならないことになった。


5)子供たちは、親の権威よりも共産主義のほうが重要であり、親が反動
的態度に出たときは共産主義精神で弾劾せよ、と教えられた。

7)1926年には、「非登録婚」も「登録婚」と法的に変わらないとする新
法が制定された。


◆家族破壊政策によって何が起きたか:1934年頃になると、それが社会の
安定と国家の防衛を脅かすものと認識され始めた。すなわち、


1)堕胎と離婚の濫用(1934年の離婚率は37%)の結果、出生率が急減し
た。それは共産主義国家にとって労働力と兵力の確保を脅かすものとなった。


2)家族、親子関係が弱まった結果、少年非行が急増した。1935年には、
ソ連の新聞は愚連隊の増加に関する報道や非難で埋まった。彼らは勤労者
の住居に侵入し、掠奪し、破壊し、抵抗者は殺戮した。汽車のなかで猥襲
な歌を歌い続け、終わるまで乗客を降ろさなかった。学校は授業をさぼっ
た生徒たちに包囲され、先生は殴られ、女性たちは襲われた。



3)「性の自由化と女性の解放」という壮大なスローガンは、強者と乱暴
者を助け、弱者と内気な者を痛めつけることになった。何百万の少女たち
の生活がドン・ファン(プレイボーイ、女たらしの代名詞)に破壊され、
何百万の子どもたちが、両親の揃った家庭を知らないことになった。


◆スターリンのゆりもどし政策:1934年には、ソ連国家はこのような混乱
の対策に精力を消耗することに耐えられなくなった。それは戦争に直面し
ている国の、国力を破壊するものであった。


これを是正するためには、「社会の柱(Pillar of society) 」である家
族を再強化する以外に方法はなかった。かくしてスターリン政府は次のよ
うな措置をとった。


1)「結婚」の意義が再評価された。それは生涯の結合であって人生の
「最も厳粛な行事」であると教えられるようになった。家庭の強化は共産
主義の基本的モラルの一つとされた。「離婚は性的快楽のための権利では
ない」として、1935年には、結婚した翌日に離婚した男が強姦罪で起訴さ
れた。


2)離婚の制限を強化した。1935年には離婚歴が戸籍に登録され、女性が
男の30人目の妻となるようなケースを防止できるようにした。離婚費用も
3ルーブルだったのが1回目50ルーブル、2回目100ルーブル、3回目150ルー
ブルに引き上げられた。この結果、たとえばウクライナの離婚件数は、
1936年には前年の3分の1に減少した。


1944年には離婚はすべて裁判所の決定を要するとする法律が制定された。
十分な理由の立証が必要なうえに、離婚費用が2000ルーブルに引き上げら
れたから、ソ連は世界で最も離婚の難しい国になった。


3)この法律は、さらに1926年に導入された非登録婚の制度を廃止した。
登録婚だけが合法となり、嫡出子と非嫡出子の「ブルジョア的差別」も復
活した。婚外子とその母は扶助料も受けられなくなった。


4)堕胎の自由もなくなった。1935年から反中絶キャンペーンが始まり、
それがいかに母体に悪影響を及ぼすかを医学者たちがPRした。1936年には
1920年の法律が改正され、母体の生命と健康に危険のある場合及び重大な
遺伝上の問題がある場合を除いて人工中絶が禁止された。出産が奨励さ
れ、6人以上の多子家庭には特別手当が支給された。


5)親に対する反抗の奨励も修正された。親の権威が強調され、1935年に
は、「親に対する尊敬と孝行は青年共産主義者同盟(コムソモール)の道
徳の核心をなすものである」と新聞に報道された。


スターリンも1935年10月、自らチフリスに住む老母を訪ね、母親に対する
愛情と尊敬を示し、模範例として称揚された。 
 

このように、レーニン革命時の「家族制度崩壊政策による大惨事の歴史」
を学んだ結果が、現在のロシアに大いに教訓として刻まれているとみれま
す。東京オリンピックを性解放、家族制度崩壊に政治利用する勢力から、
この国を守らなければならないのではないでしょうか>


アカは性解放、家族制度崩壊どころか世界中を共産主義独裁にしたいの
だ。世界の破壊! 完全に邪教だ。


電通の作と言われる「戦略十訓」は経済と自社の発展のための消費煽り策
として「きっかけを投じろ、気安く買わせろ、混乱をつくり出せ、流行遅
れにさせろ、捨てさせろ」を掲げた。


一方で巷ではそれに反発し「嫌儲十訓」として「余計に使うな、簡単に買
うな、捨てるな、無駄使いするな、贈り物はするな、流行は無視しろ 」
と嗤った。


銭ゲバやアカに洗脳されると「平等に憑かれた人々」が跋扈し、未曽有の
荒廃をもたらす。フランスは血を血で洗う悲惨な数十年を過ごす羽目に
なった。性差による役割分担を「女性蔑視」と非難するのが流行ると、ま
るで競うようにして「そうだ、そうだ、女性蔑視は許さない!」と叫びだ
す。クチパク病、「平等に憑かれた人々」の群・・・やがてレーニンのロ
シアのように国体は崩れていく。


そういう危惧を抱く人々は多いだろう、と思いながら産経2.11号を見た
ら、もうビックリ。このままでは部数減を止められない、女の歓心を買わ
なければという危機感からか、それとも社内で不運をかこっていたリベラ
ル≒アカ勢力の逆襲か、「女性蔑視は許さない!」と一斉にわめき始めた
よう。自己保身で叫んだり黙ったり・・・醜い、愚か、「だからインテリ
はダメなんだ!」と罵倒した角栄は米国に殺されたという説は研究に値する。


小生の尊敬する桑原聡氏(産経文化部)の連載「モンテーニュとの対話
/95 平等という名の全体主義」から。氏は何となく老人性鬱で自殺をし
かねないみたいだから、敵を自信をもってロックオンし、反転攻勢した方
がいいですよ、元気が出ますよとアドバイスします。


<現代の常識に沿うように自分の価値観を修正できる器用な人もいるが、
公職にもなく権力も持たない私などは、腹の中はどうなんだ、疲れないの
かしらん、とゲスの勘繰りをしてしまう。なんだか世界全体が無理してい
るようだ・・・


何よりも気がかりなのは、この世界が「平等」を神にいただく全体主義に
傾きつつあるように感じられることだ。民主主義の定着した先進国におい
て「差別を許さない」と叫べば、大半の敵を撃破することができる。


森さんの発言に抗議する(姿から)不寛容な全体主義の足音が聞こえてこ
ないだろうか。誤解を恐れずに言えば、「平等」を過度に追求すれば、そ
の先にあるのは共産主義だろう。


ひさしぶりにモンテーニュに登場してもらおう。《人が新しい論拠をもっ
て私を追い詰めるとき、私の方ではこう考える。「私は今それに返答がで
きないけれども、やがて誰かがそれに答えてくれるであろう」と。まった
く、我々が言い破ることのできないすべての真らしいことを信ずるのは、
あまりにおめでた過ぎる》


現代の常識では「急進的平等主義」とカネこそが「真」なのかもしれな
い。だが、この世界に絶対などない。時間がたてばそれが「誤り」になる
可能性はいくらでもある。だからこそ社会改革は、伝統を踏まえながら、
すなわち古い価値観を持った人間の意見を「老害」と排除することなく、
しっかりと受け止めながら、ゆっくり進めてゆく以外に道はないはずだ。


森さん叩きに興じる人々は、あまりにおめでた過ぎる。そして危険だ>


モンテーニュは汚濁に満ちた世間、政界に愛想をつかして故郷に逼塞、持
病との格闘もあって心身ともに疲れ果て、苦しさから自殺も随分考えたよ
うだ。やがて諦観を脱したのか、人間、世間への観察に大いに興味を持っ
たのか、ジグザグするうちに「人間学」のような本「随想録」になった。
初版は1580年、400年以上前だが、人間の「本質」を語っているために古
さを全く感じさせない。


人間は基本的に「体験して教訓にする」から、動物同様にご先祖様の蓄積
された知恵や教訓、理性が子孫にあまり伝わらない。「女や男に気をつけ
ろ、一時的な感情ではなく理性的に見て判断しろ」という大変大事なこと
でもほとんど継承されていない。だからこそ「娯楽系読書よりも教学(教
養・学問)系読書が大事」と小生は思っているのだが、自分の子供にさえ
それを伝えられていない。


かくして戦争は続くのだろうが、これから始まるのは内戦と外戦が入り混
じる「アカ対シロ」の最終戦争になるかもしれない。まったくややこしい
時代である。

目安箱:ishiifam@minos.ocn.ne.jp