2017年10月31日

◆トランプ大統領見誤ってはならない 

   加瀬 英明

トランプ大統領のアメリカを見誤ってはならない

私はこのままゆけば、トランプ大統領が2020年に再選される可能性が、高
いと思う。 

日本ではトランプ大統領のもとで、アメリカが解体しかねないとか、弾劾
されてじきに罷免されようという議論が、さかんだ。今日のアメリカにつ
いてまったく無知な見方が、大手を振って罷り通っている。

アメリカで国を2つに割って、壮絶なカルチャー・ウォア――文化戦争と訳
すべき戦いが繰り広げられている。毛沢東のもとで行われた「文化大革
命」に匹敵するものだといえよう。

大混乱だ。伝統的なアメリカを融解させようとする、ニューヨーク、カリ
フォルニア州を中心とする急進(リベラル)勢力と、「ミドル・アメリカ」
と呼ばれるアメリカ中西部諸州を中心とする旧守勢力が戦っている。

ヒラリー・クリントン支持は何か

急進(リベラル)勢力は昨年の大統領選挙でヒラリー・クリントン候補をあ
げて支持した、知的エリートに従う市民層、大手新聞・テレビ、グローバ
リゼーションを追求する大企業などだが、“台風の目”は、LBGTQや、
男女差、人種、不法移民などに対する、いっさいの差別を排除し、自己主
張を何よりも尊ぶ「アイデンティティー・ポリティクス」である。

LBGTはレズビアン、バイセクシュアル、ゲイ、トランスセクシュアル
の頭文字で、日本でも知られているが、“Q”はqueer(クイアー)で、
LBGTの総称でもあったが、このあいだまでは変態、変人を意味する罵
り言葉だった。ところが、いまでは真当な言葉とされている。

「私はクイアーだ(アイム・クイアー)」と胸を張って、いえるようになっ
ている。もし、そういわれたら、敬意をこめた表情をして、頷かねばなら
ない。

ニューヨークや、カリフォルニア州などの幼稚園や小学校では、入園、入
校する児童に「男の子として扱われたいの、女の子として扱われたいの」
と、たずねなければならない。

昨秋、『ニューヨーク・タイムズ』紙の一面に「ミスター、ミセス、ミス
は性差別に当たるから、Mxと呼ばなければならない」という、大きな記
事が載った。
 

私はその直後に、アメリカ大使館の女性の公使と夕食会で同席した時に、
「Mxはどう発音するんですか」と質したところ、そんなことも知らない
のかという、冷い眼差しをして、「ミックス」と教えてくれた。

1960年代から「チェアマン」(議長)「マンカインド」(人類)は女性差
別だから、「チェアパーソン」「ヒューマンカインド」と言い替える“言
葉狩り”が始まったが、民主党のオバマ政権のもとで、いっそう酷くなった。


トイレの男女別を無くした

オバマ大統領は政権最後の年に、「自分が信じる性別に従って」、男女の
トイレのいずれを使ってもよいという、大統領令を発した。大統領令は法
律だが、さすがにいくつかの州が憲法違反として、連邦最高裁に提訴した。

私が昨年ワシントンを訪れた時に、レストランの中に、トイレの男女別の
表示を撤去した店があった。もっとも、今年6月に戻ったところ、トラン
プ政権のもとで男女の別が再び取りつけられていた。

進歩(リベラル)勢力は、自分たちが「正常(セイン)」で、「ミドル・アメ
リカ」の州民をはじめとする旧守勢力が「未開(バックワード)」だとか、
「知的発達障害(リターテッド)」を患っているとみて、蔑(さげす)んでいる。

LBGTQの権利を主張する運動は、かなり前から始まっていた。アメリ
カのネットで「セックス・アンド・ジェンダー」を取り出すと、性別が
LBGTだけではなく、さらに63に細分化されることが分かる。

「ジェンダー」は日本語にないが、「文化・社会的な役割としての性」を
意味している。長いリストを読んでゆくと、肉体的特徴から性の嗜好まで
分かれ、それぞれ尊重しなければならない。

SNSも自己主張に充ちているために、人々の細分化をいっそう促している。


8月に首都ワシントンの隣のバージニア州シャーロットビルで、州当局の
決定に従って、南北戦争の南部の英雄ロバート・リー将軍の銅像を撤去し
ようとしたところ、撤去に反対する旧守派市民と、急進派(リベラル)市民
が衝突する騒ぎになった。反対派に白人至上主義のKKK(クークラクス
クラン)や、ナチスの鉤十字旗(スワスチカ)を掲げた者がいた。

「アンティファ」と称する過激派

トランプ大統領が双方の暴力行為を非難したところ、アメリカの大手新
聞・テレビが「白人至上主義者」を擁護したといって、こき下ろしたが、
公正を欠いていた。


急進派(リベラル)のなかに「アンティファ」(アンチ・ファシストの略)
と称する、黒い覆面に黒装束の過激派がいて、投石や暴行を働いた。アン
ティファは大統領選挙中も、トランプ大統領就任式に当たっても、映像に
登場していた。

南部諸州では、南部連合旗の掲揚を禁じ、銅像の撤去、公共の場所、施設
名を変えることが進んでいるが、南部だけに限られない。

ニューヨーク・マンハッタンのセントラル公園(パーク)に建つ、クリスト
ファ・コロンブス像の撤去を求める運動や、全米で10月第2週の月曜日が
「コロンブス・デイ」として祝日とされてきたが、「コロンブスがアメリ
カを発見した」というのは、白人至上主義だとして廃止するところが、相
次いでいる。

名門プリンストン大学では、第1次大戦時のウィルソン大統領が白人至上
主義者だったといって、ウィルソン研究所(センター)を改名しようという
運動が進んでいる。このような例は、枚挙に遑(いとま)がない。

ワシントン大統領も、『独立宣言』を起草した、3代目大統領のジェ
ファーソンも、アメリカの「建国の父(ファウンディング・ファーザー
ズ)」のほぼ全員が奴隷所有主だったことから、首都の名からすべて改め
なければならなくなってしまう。このまま「歴史浄化(ピューリフィケー
ション・オブ・ヒストリー)」が進めば、アメリカが解体してしまおう。

もっとも、アメリカのどの世論調査をとっても、歴史上の人物の銅像を撤
去したり、街路、公園、施設、市町村などの名を変えるのに対する反対
が、半数を超えている。アメリカの建国そのものを、否定するものだ。


私は1950年代にアメリカで学んだが、アメリカ人はジョークを好む“笑い
の民”だったのに、このところ「アイデンティティー・ポリティクス」が
暴威を振っているために、何であれ、笑いの対象にできなくなったため
に、笑いが失われるようになっている。

 
自由競争が建国の精神だ

この脇で、民主党は新しいリーダーも、理念も打ち出せず、2020年の 大
統領選挙をどのように戦えるのか、見当がつかない。

民主党ではクリントン候補を脅した、サンダース上院議員によって代表さ
れる、貧富の格差をなくそうと訴える社会主義が、力を持つようになって
いる。経済的平等を求めることは羨望から発しており、建国の精神である
自由競争に基く市場経済を、否定するものだ。

トランプ大統領は連邦議会と衝突しているが、旧守派の国民は議会を共和
党の幹部議員を含めて、リベラルだとみて喝采している。

たしかに、トランプ大統領は口が軽く、衝動的であるために、自分自身が
最大の敵となっている。それでも、アメリカの伝統社会の守護神となって
いる。

 本年6月、62%が中流階級以上だと回答

アメリカでは、トランプ政権発足後、自分を中流階級としてみる者が急増
している。


レーマン・ショック前の2006年のギァロップ調査では、国民の60%が中流
かそれ以上と答え、38%が労働者階級とみていたのに対して、2015年には
51%が中流以上、48%が労働者階級と答えていた。

今年6月には、62%が中流以上だと答えている。トランプ政権のもとで経
済の行方を楽観する者が増えている。

 リベラル派市民のなかに経済が上向いていると感じている者が多いもの
の、「未開明な」トランプを評価することが、絶対的なタブーとなってい
るために、トランプに対する支持に結びつかない。

 民主党と急進派(リベラル)は、自ら墓穴を掘っている。

◆欧州ジャーナリズムは習近平を称賛したが

宮崎 正弘

<平成29年(2017)10月31日(火曜日)通巻第5496号>  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 〜欧州ジャーナリズムは習近平を称賛したが?
  歴史家のニアル・ファーガソンが明確に反論

 ハーバード大学教授、歴史家として世界的に著名なニアル・ファーガソ
ンが『サウスチャイナ・モーニングポスト』(10月30日)に寄稿して、欧
州メディアの習近平礼賛に疑問を呈した。

 英『エコノミスト』誌は書いた。

 「習近平は世界一のパワーを手にした。世界の覇権を達成する長期的戦
略を掲げ、鉄の拳でそれをなそうとしている。ダボス会議では、あたかも
自由貿易の旗手の如く振る舞った」

 英紙ファイナンシャルタイムズも吠えた。

「習近平は類いまれな政治家の才能を発揮して、彼の路線は中国共産党を
席巻した」

18世紀から19世紀にかけて西側の中国認識は「不潔、アヘン、腐敗、文化
後退」だった。その認識を中国人がいまの米国に対して抱くようになっ
た」と書き出したのがニアル・ファーガソンである。

「西側メディアは3つのことを見落としている。第1に『習近平思想』とい
うが、それを煎じ詰めると中華民族の復興、偉大な る発展ということで
しかない。

第2に権力基盤を固めた等とする分析があるが、最高意思決定機関のメン
バーは胡錦涛派がふたり、江沢民派が一人、無派閥が一人という構成では
ないか。派閥均衡人事は権力基盤を固めていない。

第3に経済政策は殆ど明示されておらず、あるいは習が目的としているこ
とは『毛沢東2・0』ではないのか?」

ニアル・ファーガソンはどちらかと言えばリベラル派だが、冷静である。
             
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 韓国人に日本侮蔑をやめて国際的常識に還れと説くのは
  アーミッシュやオーソドックス・ジューに生き方を変えろと説得する
ようなもの

  ♪
加瀬英明『小池百合子氏は流行神だったのか』(勉誠出版)


実に痛快な評論集である。

加瀬英明氏のエッセイはいつも楽しい。深刻な問題をさらりとユーモアを
交えて、楽天的な解決策を提示する。憂鬱な議論が嘘のように、濃霧が
さっと晴れるような気分を味わえる稀有の文章家である。

本書のタイトルは小池劇場だが、表面的な現象に触れているのは3ページ
程度で、もっと深く、その背景にある日本人の宗教心、歴史観に言及して
ゆく手法が鮮やかである。

そもそも日本は北朝鮮の核ミサイルの脅威を目の前にして、「もりかけ問
答」に明け暮れるという体たらくは、何が原因なのだろうか?
 
加瀬英明氏はこう言われる。
 
「護憲派が信仰する平和主義は、精神が何よりも尊いとする精神主義で
あって、精神が日本の平和を護ってくれるというものだ。北朝鮮も、中国
も、この崇高な精神を理解してくれるはずだから、日本を害することがな
いと、確信しているのだろう」

一時的狂信と言うべきかも知れないが、やはり「伊勢詣で」や「いいじゃ
ないか運動」のように、一過性の流行現象であり、60年安保も流行神
だったのだ。

「国会を取りまいていた、時には10万人をこえたデモ隊は、改定された日
米安保条約が発効すると、潮が引いたように姿を消した。まるで、嘘のよ
うだった」。

そこで当時、加瀬氏は『文藝春秋』に寄稿して次のように書いた。
 
「『悪霊どもはその人から出て、豚に入った。豚の群れはいきなり崖を駈
け下って、湖に入り溺れ死んだ』という『新約聖書』の一節を引用した。

私は60年安保の体験から、日本における左翼運動は風俗にしか過ぎない
と、確信するようになった。お祭りのような一過性のデモは、日本の国民
性に適っているが、思想がイデオロギーとして根付くことがない」。
 
案の定、小池劇場は流行神のように終息した。

また韓国の病的な、出鱈目な歴史観に関しても次のように言われる。

韓国の日本侮辱、滅茶苦茶な日本非難の合唱も、腹が立って仕方がないと
いう誇り高き日本人が多いが、あれは韓国人の歴史的な宿痾、長きにわた
るDNAであり、哀れとおもって接したほうが良いというのが加瀬氏の持
論である。

「アメリカにキリスト教の一派のアーミッシュの共同体があるが、電気も電
話も自動車も、いっさいの機械の使用だけでなく、聖書以外の読書、賛美
歌以外の音楽を禁じている。(中略)アーミッシュや、オーソドックス・
ジューに、生き方を変えるように求めるものだろうか? 韓国人もそうだ
と、思うほかはない」(77p)
 圧迫された感じのあるもやもやした靄が去った。
           
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆書評 しょひょう BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

税金で養ってもらっている筈の地方公務員が国家に反逆し、自治体を破
壊する

なぜ公務員がこうも優遇されるのかは「自治労」という伏魔殿の存在だ

  ♪
森口朗『自治労の正体』(扶桑社新書)
@@@@@@@@@@@@@@

 自治労という伏魔殿がある。革マル派や中核派が拠点にするとも言わ
れ、首長を巻き込んで自治体を支配している。闇政治の黒幕である。なん
と、80万人の地方公務員が、この自治労に加盟している。
 本書は誰も書かなかった巨大な組織の実態、その暗黒の闇に迫る。
 「保守政党であるはずの自民党も、彼ら左翼が跋扈する状態を野放しに
しています。日本は共産党が国会の議席を有する、先進国としては珍しい
国です。

また、2017年10月の総選挙まで野党第1党であった民進党 には、共産党
よりも暴力的な新左翼と呼ばれた人たちの末裔もいます。 (中略)共産
主義国家・中国では政府がチベット人やウィグル人を弾圧 し、北朝鮮で
は金正恩政権が核とミサイルを開発し世界を恫喝しているの に、なぜ日
本の国会議員はこれらの国に堂々とモノを言えないのでしょ う。そこに
も自治労は大きく関与しています」。

当にその通りで、ミサイルの脅威より、「もりかけ問題」を捏造して 安
倍政権つぶしに狂奔していた朝日新聞と同様に自治労は悪質である。
 著者はこうも言う。
 「日本は平和な国だと言う人がいますが、我が国は韓国に竹島を奪わ
れ、中国の警察権力である海警の船舶は尖閣諸島付近に侵入し、北朝鮮に
拉致された同胞は帰ってきません。これらは全て、日本国に対する主権侵
害です」。

つまり自治労に巣くう暴力革命を志向する活動家らの状態を放置すれ
ば、いずれ日本にも全体主義の独裁政治に転落すると警告を発している。

独裁の狂気は毛沢東とスターリン、その毛沢東を狙うのが習近平。ス
ターリンにいまもあこがれているのが自治労の活動家の中核組織である。
 スターリンの独裁を思い出す、として著者は次の点をあげる。

「個人崇拝はマルクス、レーニンによって戒められていたにもかかわら
ず、レーニンの死後、党と国家の指導者となったスターリンは、自らを対
象とした個人崇拝を許すどころか奨励し、党生活や社会主義建設に重大な
障害をもたらした」(61p)。

習近平も「個人崇拝」を奨励し、党規約などに「習近平思想」を書き込
ませた。スターリンと行動パターンが酷似する。

スターリンは第17回党大会(1934)で選出された「中央委 員、同候補139
人のうち、70%にあたる98人が処刑された。(中 略)代議員全体を見て
も、1966人のうち1108人が同様の運命をたどった。

習近平が粛清した公務員、党員は10万を超えるが、さすがにスターリ ン
時代とは異なり、処刑には到っていないが、刑務所内での突然死は続発
している。

その後、中ソは決裂し、対立するが、この間隙を衝いてスターリンの個
人崇拝に似たことをやってのけたのが北朝鮮だった。

 その全体主義の走狗となって日本で暴れまくる極左の中核に自治労の活
動家が多く紛れ込んでいるという実態が、本書を通じて浮かび上がる。

◆パワフルな政治家が不在

宮崎 正弘


〜平成29年(2017)10月30日(月曜日)
        通巻第5494号 〜 

 こんどのトップセブン、パワフルな政治家が不在
  習近平ファシズム体制が顕現したのではないのか。

 10月25日、南アフリカの首都プレトリアに筆者は滞在していた。

ホテルの部屋でテレビを入れると、北京からの中継番組があり、中国共産
党政治局常務委員のメンバー、つまり新執行部7名が雛壇に並んでいた。
南アは午前六時、北京時間は正午。習近平をクローズアップした画面の次
は長々と記者席である。

何故? 記者団を映し出すのか? 知っている顔を捜すが、えっ。産経も
BBCもいない(帰国後、北京の気に入らないメディアは記者会見に出席
できなかったことを知った)。

それより、習のほかの6人のメンバーは誰々か、画面を五分ほど睨んでい
ると、七名全員の顔がようやく映りだされ、習の隣が李克強、ついで意外
にも三番手が栗戦書。四番目が実力者の王洋、そして趙楽際、韓正、王こ
寧とでてきた。

予想通りである。

小誌は10月22日の時点で下記のように書いている。

「サウスチャイナモーニングポスト、博訊新聞などが一斉に報じ始めた。
党大会開催中にもかかわらず、ほぼ次期執行部人事は「確定」したと分析
している。それらによれば期待の新星、胡春華、陳敏爾はそろって常務委
員会入りを果たせず、また王岐山の勇退はほぼ本決まりという。

習近平、李克強に加えての5人とは栗戦書、王洋、趙楽際、韓正、王コ寧
だという。となると栗、趙、王は習近平派。王洋だけが団派。韓正は上海
派。三派鼎立のバランスを維持したかに見せながらも、習派を確実に多数
派としていることに留意すべきだろう」。

この中で政治力があると思われるのは王洋くらいで、あとは一癖もふた癖
もありそうだが、政治的パワーは目立たない政治家ばかりではないか。

党大会で「習思想」を認めさせたように、これは習近平ファシズム体制の
構築に他ならず、政治局の新しい顔ぶれをみると、習近平派が10人。残り
8人が辛うじて共青団と上海派。注目は外務大臣経験の国務委員、楊潔
チ、女婿の孫春蘭が入ってくらいだろう。

むろん、後継者をトップに添えず、政治局員として留任の胡春華と、3段
跳びを噂された陳敏爾のふたりも、政治局常務委員会入りは見送りとなった。

習近平派圧勝の図式となった。
            
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  【知道中国 1647回】      
――「支那の國はまだ夢を見て居る」(小林3)
  小林愛雄『支那印象記』(敬文堂 明治44年)

           ▽
  欧米人は「無限の勢力をこの荒野に張らうとして、切りに樣々の企畫
をめぐらす」。これに対し日本人は「100や200の金を後生大事に蓄へ、學
生と同じ月8圓の飯を食つて」日を過ごす。これでは、どちらが「支那人
の冷笑を買」うかは明らかだろう。

どうも日本人は「學生と同じ月8圓の飯を食」うこと、言い換えるなら現
地人と同じ目線に立つことを“是”とする傾向が強い。いわば上から目線の
欧米人に対するに同じ目線の日本人という構図である。圧倒的物量によっ
て相手をねじ伏せてしまう欧米とは対照的に、日本人は彼らと同列に振る
舞うことで仲間になりたがるが、それが却って相手に軽んじられるのである。

「冷笑を買」うとは相手に舐められることであり、「支那人の冷笑を買」
うとは彼らに軽んじられること。であればこそ、ここで考えるべきは「支
那人の冷笑を買」うのは日本人でこそあれ、決して欧米人ではないという
ことではないか。

かく考えると、清末以降の日本朝野の対応――亡国の清国にテコ入れし、
共に立って欧米の侵略からアジアを守ろうとしたアジア主義的行動の是非
を再検討すべきだと思う。これを敷衍するなら、頭山満に代表される大ア
ジア主義から石橋湛山が主張した小日本主義に至るまで、およそ20世紀前
半の日本に見られた日本の生き方、日本の世界に対する処し方を徹底して
再検討すべき時期に、いまは立ち至っていると痛感する。些か遅きに失し
た嫌いがなきにしもあらずではあるが。

小林の旅を急ぐ。

南京の街や名勝古跡を廻り管理のいい加減さを目にした小林は、「斯うい
ふ處を見ても凡ての調子が善く云へば大よう、惡く云へば間抜けである。
がせゝこましい島國から見ると何もかもが羨ましいほど大國の襟度があ
る」と綴る。たしかに「せゝこましい島國から見ると」「間抜けである」。

だが「大国」であるかどうか、さらには「襟度」があるかどうかは別とし
て、あれほどのだだっ広い国にあれほどの人口(それも抜け目なく一筋縄
ではいかない)である。「大よう」に構えない限りやってはいけないだろ
う。ここで付言するが、「大よう」とはテキトウ、あるいはイイカゲンの
別の表現だと理解願いたい。

阿片の香に包まれて過ごした7日間の南京滞在を切り上げて長江を遡る
旅に発つ朝、「朝飯は洋務局の食事で濟ませた」が、その朝食は洋務局
(外務省)の玄関で煮炊きしたものだった。「外務省の玄關が御料理の調
進、このやうな善い國が世界の何處にあらうか」と、小林は「をかし味を
禁ずることは出來なかった」。加えて前夜にボーイに与えておいたチップ
の「効果は忽ち現はれて」、「コニャック、葡萄酒が卓上に並ぶ」。だが
客に一杯薦めるだけで、「殘りは、客が去ると直ぐボーイが飲んで仕舞
ふ」。それも隠れて飲むのではなく、あたかも「個人の權利でもあるかの
やうに公然と」。

それだけではない。「最も面白く感じたのは」、昨夜の大宴会の後の大食
堂を覗いてみると、「數十人のボーイが主人と同じ食卓に、同じ食器で殘
のものを食つて居たことである」。ここから小林は考えた。実は「主從の
別」というものは「時の前後にあるばかり」ではなかろうか、と。

かくて「この一事を見ても支那學は、もう既に廢滅して用をなさない事を
知るのであ」った。そう、当時、既に我が「支那學」はバーチャルな中国
世界を語りこそすれ、現実の中国理解には用をなさなくなっていたのである。

これまた香港留学時。レストランの特等席でコックはじめ従業員が揃って
豪華な料理に箸を動かしていた。彼らの食事が終わらない限り開店とはな
らないのである。料理が食べ残されれば、チャーハンなどは客が箸をつけ
た部分のみを捨て、残りを別の皿に取り分けて従業員が食べていたっけ。
ケチではない。“中国の特色”を秘めた合理性・・・かな!
《QED》

◆北朝鮮危機の先に待ち受ける悪夢の筋書き

櫻井よしこ

「中国支配の朝鮮半島へ守り方問われる日本」

朝鮮半島問題でいつも深い示唆を与えてくれる「統一日報」論説主幹の洪
熒(ホン・ヒョン)氏がこのところ頻りに繰り返す。

「韓国も北朝鮮もレジームチェンジが必要だ」と。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がその国民を幸せにせず、周辺諸国に重
大な危機をもたらしていることから考えれば、北朝鮮のレジームチェンジ
に多くの反対はないのではないか。では、韓国の文在寅政権の場合はどう
か。洪氏が語る。

「文氏では大韓民国は消滅します。韓米同盟もなくなります。結果とし
て、朝鮮半島は中国が握る。そんな世界にしないために、レジームチェン
ジが必要なのです」

北朝鮮有事が目前に迫っている。11月中旬以降は何が起きても驚かない。
明らかなのは、トランプ米大統領が金氏の斬首作戦をひとつの柱として軍
事作戦の準備を進めつつあることだ。

軍事攻撃よりも話し合い路線での解決を目指しているティラーソン国務長
官は10月15日、「最初の爆弾が落とされるまで外交交渉を諦めない」と
語った。交渉にかける熱意と共に、軍事行動に出るというトランプ大統領
の決定は動かないことを強く示唆した言葉だった。

ティラーソン氏の努力が奏効して、最後の最後で金氏が核を放棄すれば軍
事攻撃は回避できる。だがそうでない場合、洪氏の懸念が実現しかねない。

朝鮮半島問題の専門家で国家基本問題研究所の西岡力氏が説明した。

「米国の北朝鮮攻撃は海軍と空軍による攻撃に限定されると思われます。
トランプ大統領は決して米陸軍を投入しない。米軍も韓国の陸軍で北朝鮮
は十分、片づけられると見ています。問題は文大統領です。彼が出動を拒
否する可能性があります」

文氏の政治姿勢は徹底した親北朝鮮である。国連安全保障理事会は9月11
日、全会一致で対北朝鮮でこれまでになく強い経済制裁を採決した。だ
が、10日後の21日、文政権は北朝鮮に計800万ドル(約8億9000万円)を支
援すると発表して顰蹙を買った。文氏の真の祖国は韓国ではなく北朝鮮で
はないかと思わせる。

そんな文氏であれば、対北朝鮮軍事攻撃の下命を拒否するかもしれない。
西岡氏が続けた。

「その場合は中国の人民解放軍が進軍します。米国が金氏を殺害し、核関
連施設も含めて北朝鮮の軍事施設の殆どを破壊したあと、中国が北朝鮮に
展開する。そしてそこを支配する。悪夢のような現実に私たちは向き合う
ことになるかもしれません」

中国が支配する北朝鮮も悪夢だが、もうひとつの悪夢も考えられる。文氏
が北朝鮮への進軍を拒否すれば、米韓同盟は破棄される。米軍は韓国から
撤退する。北朝鮮的体質の朝鮮半島を中国が取り、これから幾世紀も日本
と敵対する朝鮮半島が生まれるのだ。北朝鮮の核の危機の先に、新たな、
もっと深刻な危機が待ち受けていると考えなければならない。

北朝鮮有事で、わが国が最優先すべきは、拉致被害者の救出である。自衛
隊が救出に出動しなければならないのは勿論だ。それだけでなく、本来な
ら、日本の未来を見据えて自由と民主主義の価値観を共有する米韓両国と
共に、自衛隊も戦うのがよい。しかし、韓国がおかしくなり、米軍は地上
戦に消極的だ。おまけに当欄でも指摘してきたように、自衛隊は憲法で縛
られていて拉致被害者救出さえ儘ならない。いずれにしても米韓両国軍と
共に戦うことは不可能だ。

かといって中国に朝鮮半島を奪われてよいのか。何もしない、できない国
のままで、これからの日本を守れるのか。自ら努力しなければ守れないの
である。そのことを問うていたのが今回の選挙だ。
『週刊ダイヤモンド』 2017年10月28日
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1204 

◆相続税の申告と納税

川原 敏明 (弁護士)

  相続税の申告と納税について、簡単にお話します。

  相続税については、相続開始のあったことを知った日の翌日から10
 か月以内に申告を行い、納税も行わなければなりません。

  申告書の提出先は、被相続人が死亡時に住んでいたところを管轄する
 税務署です。相続人の方の最寄りの税務署のように、どの税務署でもい
 いわけではありません。

  では、相続人間で遺産分割ができず、紛争が長期化している場合は、
 どうなるのでしょうか。

  遺産分割の調停事件などの場合、解決まで1年以上時間がかかること
 もあり、「相続開始のあったことを知った日の翌日から10か月以内」
 には話がまとまっていない可能性があります。

  その場合、どうするのかというと、法定相続分または包括遺贈の割合
 どおりに遺産を取得したものとして、一応期限内に申告・納税をします。
 その後、遺産分割が無事成立した場合、遺産分割から4か月以内に、更
 正の請求をすることにより、還付を受けることができます。

  逆に、はじめに納めた税金が不足する場合は、遺産分割から10か月
 以内に修正申告を行い、追加納税をします。

  私たちは、遺産分割の問題で、相続人にどういう割合で遺産が分けら
 れるかに関心がいきがちですが、実際、ご依頼いただいた相続人の方の
 手元にどれだけ遺産を残すことができるか、税金の仕組みも考慮に入れ
 つつ、取り組んでいます。

遺産分割にかかわる相続税の修正申告や還付手続など、相続税につい
 てお悩みの際は、いつでも当事務所までご相談ください。


530-0047 大阪市北区西天満2丁目10番2号 幸田ビル8階  
弁護士法人 川原総合法律事務所      
弁護士 川 原 俊 明 





2017年10月30日

◆「措置入院」精神病棟の日々(70)

                  “シーチン”修一 2.0


精神科外来でカウンセリングを受け、その後に医者の問診を受けるのだ
が、実にすっきり、さっぱりする。スカッとさわやか、コカ・コーラのよ
うな気分。下世話に言えば、Man, I made me a noble shit!

PC翻訳では「人、私は私に不活性のクソを作りました!」、小生の訳では
「いやー、すごいクソが出たぜ!(さっぱりした! 見る?)」。

PCよりは原文の意を汲んだ訳だと思うが・・・名訳か迷訳か、はたまた誤
訳か超訳か、ま、意見の分かれるところだろうな。米国大使館、豪州ビク
トリア州政府は小生の訳を大層気に入ってくれていたが、ビジネス文書や
テクニカルレポートの翻訳ではないから、これでOKというわけだ。

アル中だった小生は〇〇中毒とか依存症への関心が高く、今は堀口大學訳
でジャン・コクトーの「阿片」を読んでいるが(コクトーは阿片中毒で2
回入院している)、まったく恐れ入るほどの名訳だ。これくらいのレベル
になると歴史に名を刻むが、小生はわが家の墓碑に「俗名 修一」と刻ま
れるだけだろう、それもどうなるかは分からないが、何しろわが一族の
“恥部”だで。

仏壇には愛犬の骨壺が安置されているが、小生の骨壺に愛犬の骨も入れて
納骨するように先日頼んだら、「そのつもり」とのことで一安心だ。犬は
死んでも愛され、小生は「クソヂヂイ」と罵倒されるのだ(本の間とか引
き出しの裏、畳の下とかに家族が喜怒哀楽を催すだろう各種メッセージを
仕掛けるつもり。大いに楽しみだ)。

話を戻すと、精神科のDr.はこう嘆くそうだ、「患者はすっきりしていい
だろうが、カウンセラーと医者はまるで便所だ・・・」。小生はただのう
つ病だが、躁うつ病の場合、躁状態では悪口雑言、罵詈罵倒が凄まじい患
者もいるそうだ。「若い看護師だと大きな心理的ダメージを受けてしまう
こともある」とか。

そういう悪性の患者も吠え終わると「ああ、すっきりした!」という気分
になるらしいが、罵倒されまくった方はたまらないわな、糞尿やゲロを頭
から浴びせられた気分になるのだろう。ベテランの看護師などは心で「キ
チ〇イが何言ってやがる」とパンチをかわすのだが、言葉や動作で反撃し
たらクビになりかねないから大変だ。

診察を終えて隣の調剤薬局へ行ったら、「大人の発達障害」というパンフ
があり、読んでみると小生は「自閉スペクトラム症」のケがあるのかもし
れない(会話苦手、忖度力ゼロ、嗜好に強いこだわり)。

発達障害で有名なのは「ADHD」で、モーツァルト、ベンジャミン・フラン
クリン、エジソン、アインシュタイン、信長、龍馬もADHDではなかったか
とパンフにはあった。

天才とキチ〇イは紙一重というのは結構な真実かもしれない。この世は
「紙一重」が実に多い。

気違い、間違い、場違い、勘違い、筋違い、読み違い、夢か夢想か妄想
か、当たれば天才、外れたら狂人、真か嘘か、正論か邪論/捏造/でっち上
げか、

自信か虚勢か、誠実か不実か、作戦か謀略か、芸術か狂気か、進歩か後退
か、創造か破壊か、改革か革命か、保守か固陋か、正義か悪か、投資か浪
費か、名君か暴君か、名案か迷妄か、救国か売国か・・・

結局は「終わり良ければ総て良し」みたいだが、晩節を汚すと「ろくでも
ない奴」とすべてが否定されたりする。否定か肯定か、拒絶か受容か、ど
ちらに転んでも「それなりに面白い人生だったんじゃない? まあバカ
だったけどね」というお墨付きは得られそうな発狂亭雀庵の病棟日記から。

【2016/12/29】*保育園児9人散歩、中庭の喫煙所では15人ほどのスモー
カーがプカリプカリ。世は事もなし。冬休みで作業療法もなし。ひたすら
読書と物書きだけだ。

【12/30】*11:30、娘2人来。Kと家庭内別居する方向で検討、準備して
もらうことになった。たまたま同じ船に乗っているだけ、同じマンション
に住んでいるだけ・・・多分これがお互いのために一番いいのではないか?

このままだとKはうつ病になりそうだから、抗うつ剤と精神安定剤を服用
するよう娘から言ってもらうようにした。医者やカウンセラーは「あなた
にとっては不本意かもしれないが、7:3とか6:4であなたが譲歩し、妥協
しないと上手くいかないよ」とアドバイスされているが、それでもKは受
け入れはしまい。

バックミラーしか見ない、前方は見ない、見えない、見たくないのかもし
れない。悲しいけれど夫婦関係は終わったのだと思う。

【12/31】*措置入院から丸2か月。精神的に改善?し、他罰的から自省、
自罰的になってきたし、体力も回復してきた。

「反省するなら猿でもできる」と家族の理解はあまり(多分ほとんど)得
られていないのは、「俺は俺、あなたはあなた、個人主義で行こう」とい
う小生の基本姿勢が変わっていないからだろう。居直っていると思われて
いるに違いない。

国体は護持する、それ以外は譲歩するにやぶさかではないということなの
だが、彼女たちにとっては「トンデモナイ!」ということなのだろう。

イワン・デニーソビッチは収容された当初は家のことをあれこれ考え悩ん
だが、「クヨクヨしたところでどうにもならない」と考えることを止める
ことで精神の安定を得た。小生もその方向で行くしかないかもしれない。

退院したらブログを再開するつもりだが、ペンネームは「蒼龍(竜)シー
チン2.0」でどうだろう。凶悪漫才コンビの習近平(Xi Jinping)とプー
チンを狂気の蒼龍「シーチン」が深く静かに潜航し一発必中、魚雷で仕留
める。

「シーチン」は新宿歌舞伎町チャイニーズバーのスリットが大きなチャイ
ナドレスが売りの支那人ホステスが名付けてくれた愛称で、以来コード
ネームでもある。彼女は素直な娘で、「仕事は真剣勝負だ、パンツなんて
はいてくるな!」と「適切」な教育的指導をしたら速攻でパンツを脱いで
きた。支那人にもまともな人はいるのである。

*8:30、誰にも相手にされなくなった“ナンミョー”がナースステーショ
ンで折伏しており、誰もが完璧に無視していた。

ホールにはいつも男10人、女30人ほどがいたが、今は年末年始で外泊する
人が多く、男6人、女12人のみ。小生を含めて引き取り拒否か不可の患者
ばっかり。

9:30〜9:50、朝の一服でスモーカーは中庭の喫煙所へ向かうが、すぐに
日陰になってしまうので皆、「禁煙」の看板のある日向の芝生で吸ってい
る。街ではノロが流行っているし、患者が風邪をひいても困るから職員は
見て見ぬ振り。結構なこと。

散歩へ行く幼児はたったの4人だけ。大晦日だなあと実感する。
(つづく)2017/10/28



◆政府高官が語る、北朝鮮有事近し

櫻井よしこ

米朝間の緊張は緩む気配がない。朝鮮半島有事が現実のものとなる日が極
めて近いことが読みとれる。政府中枢にいる人物が匿名で語った。

「米軍の攻撃は今年末から来年早々だと思います」

同じく匿名で自民党幹部も語った。

「米軍の攻撃は2日で完了すると、日本に伝わってきています」

別々に取材した両氏の証言は、アメリカの北朝鮮攻撃が近いこと、軍事攻
撃がないと断言できるのはドナルド・トランプ大統領が11月5日から日
本、韓国、中国を歴訪し、ベトナムのダナンでAPEC首脳会議に出席す
るなどして帰国する11月中旬までであるという点で一致した。

アメリカはそれまで外交交渉で、金正恩朝鮮労働党委員長が核兵器とミサ
イルを放棄するよう働きかける。アメリカの望む結果が得られない場合、
北朝鮮情勢は「未知の領域に入る」と、政府高官は断言する。つまり北朝
鮮有事は、早ければ11月半ば以降にもあり得るのだ。

アメリカでは、9月18日にジェームズ・マティス国防長官が、ソウルを無
傷のまま守りながら北朝鮮を攻撃できると断言した。トランプ大統領は10
月1日、北朝鮮との外交交渉に言及したレックス・ティラーソン国務長官
に対し、「小さなロケットマンとの交渉は時間の無駄だと伝えた」とツ
イートした。

他方日本では、9月8日、インターネット配信の「言論テレビ」で小野寺五
典防衛相が敵基地攻撃について詳しく語った。氏は自民党の弾道ミサイル
防衛に関する検討チームの座長として、敵基地攻撃に関する党の案をまと
めた。

「従前の専守防衛論は戦闘機や爆撃機が飛来して、或いは軍艦が近寄って
きて攻撃する、それに対して日本を守るというのが前提の議論でした。し
かし、自民党は弾道ミサイルを撃ち落とすことも専守防衛の一環だととら
えました」

核攻撃もあり得る

では一番撃ち落とし易いのはどの時点か。小野寺氏は語る。

「いま、日本が撃とうとしているのは、ミサイルが高く上がったあと落下
してくるところです。しかし、これはむしろ撃ちにくい。狙い易いのは、
ミサイル発射前か、発射後のブースト・フェーズ、ミサイルがグーッと上
がってくるところです。ゆっくり上がってきますから、ここが一番撃ち落
とし易いのです」

「日本に飛んでくるミサイルを食い止めるのが専守防衛で、たまたまそれ
が発射前には北朝鮮の領土にある。発射後はブースト・フェーズでは北朝
鮮の領空にある。これを落とすには、北朝鮮の領土に届く装備が必要にな
ります。このことを議論すべきだというのが自民党の考えです」(同)

相手から撃たれて犠牲が出てはじめて反撃が許されるのが専守防衛である
との解釈では到底、日本を守り切れない。実際に北朝鮮のミサイル攻撃、
核攻撃もあり得る中で、自民党の議論は現実的であり、評価したい。

但し、安倍首相は自民党が提言した能力や装備については、現在のとこ
ろ、保有は検討しないとしている。

他方、小野寺氏はこうも語った。

「相手に日本攻撃の意図が明々白々にあるとき、攻撃の手順に着手した段
階で、武力攻撃を受けたという事態認定をすれば、自衛隊に武力行使を下
令できる。これが、歴代内閣の考えです」

こうした中、いまアメリカでは「着手論」が議論されていると、前出の政
府高官が指摘した。

9月の段階でアメリカ世論の58%が北朝鮮への軍事行動を支持していた
が、米軍は伝統的に先制攻撃よりも、攻撃を受けて反撃する傾向が強い。
パールハーバーも、日本に先に攻撃させるように流れを作ったと、著名な
歴史学者、チャールズ・ビーアドも指摘している。

「先制攻撃のイメージを避けたいアメリカが着手論を言い始めています。
これは自国への攻撃が明白になり、敵が攻撃の手順に着手したと判断した
とき、反撃が許されるという考えです。何を自国への攻撃と見るのかは、
その国の判断です」と、政府高官。

日本は北朝鮮有事にどう対処するのか、自民党で議論された敵基地攻撃を
可能にする装備などは予算措置をしているのかと質問すると、この人物は
明言した。

「北朝鮮のゴールは遠くないのです。この暮れにも、来年早々にもという
緊急事態です。先のことを考えて具体的に手当するような猶予はないのです」

安倍首相は今月22日の総選挙を国難突破の選挙だと宣言した。そのとおり
の展開になりつつある。北朝鮮に関するアメリカの狙いはこの国から核を
取り除くことだ。アメリカは恐らく金正恩氏の斬首作戦も決行するだろ
う。ここまでは明白だ。その後はどうなるのか。

拉致被害者を救出

まず、北朝鮮有事で日本は何を目指すのか。まっ先に横田めぐみさんをは
じめ拉致被害者を救出することだ。この件の担当は外務省だが、彼らの手
元に拉致被害者についての情報はない。アメリカにも恐らく、ない。

一人一人がどこにいるのかを把握することなしには、救出作戦は不可能で
ある。厳しい現実の中で、国民を救出することさえできない日本の現状を
如何にして変えていくか、私たちは日本国民の責任として考え、実行しな
ければならない。それは究極的には憲法改正につながるはずだ。

もう一点、日本が北朝鮮有事の先に見据えるべきは、中国の脅威である。

「中国は北朝鮮問題に世界の注意が集まるのを歓迎しているでしょう。し
かし、北朝鮮問題は中国問題なのです」と、高官氏。

中国はいま、ソマリア沖の海賊対策を名目に、インド洋からアラビア海に
かけての海洋調査を行っている。中国がアメリカの空母に対処するひとつ
の手段が潜水艦の活用である。71隻以上保有しており、それを世界の海に
潜航させてアメリカの動きを牽制するのである。

潜水艦の展開にはしかし、海の調査が欠かせない。海底の地形は無論、海
流、水温、塩分濃度などを季節要因も含めて把握しておかなければならな
い。それを中国は各国の眼前で堂々と行っているというのだ。

「彼らは日本周辺の海域でも同様の調査に余念がありません。日本もアメ
リカも、インドもオーストラリアも皆、中国の意図を読みとっています。
世界に覇権を打ち立てようと、一歩ずつ実行する中国の前で、日印米豪の
連携は着実に進んでいます」

22日の選挙は、小池百合子氏ら野党のいうモリカケ隠しなどという「しょ
ぼい」話ではない。北朝鮮危機、中国の脅威に軍事的にも対応し、国と国
民を守れる国になるための選挙なのだ。

『週刊新潮』 2017年10月26日  日本ルネッサンス 第775回

◆蕪村故郷・淀川神社に俳句献上いかが

                          毛馬 一三


今年3月解散した筆者主宰のNPO法人近畿フォーラム21と大阪毛馬の「淀川神社」との間で、共同して「蕪村顕彰活動」を、28年元旦から「蕪村神社を蕪村神社を軸に広めましょう!」と合意しました。

このことを朝日新聞が、「大阪版」に「蕪村故郷で一句いかが」として記事掲載をしたのです。

同記事を下記に掲載します。

 <江戸時代の俳人・与謝蕪村(1716〜83)が生まれた大阪市都島区毛馬町にある「淀川神社」が、2015年の元日から参拝者が詠んだ俳句の「献句」を始める。「春の海終日(ひねもす)のたりのたり哉(かな)」などの名句を残した地元の偉人について、16年の生誕300年に向けて広く関心を持ってもらおうとの試みだ。(中略)
 

「献句」を始める「淀川神社」の宮司の横路良さんは、「地元でも蕪村の故郷だと知らない人が多くなっている。蕪村と俳句に触れる機会を増やしたい」と考え、神社での献句を思い付いたという。

「菜の花や月は東に日は西に」の句と蕪村の自画像が描かれた縦約24a、横約6aの木製の絵巻を500円で販売。

裏面に自作を含む好きな句と願い事を書いて貰い、境内の絵馬掛けに1年間、かける。横呂さんは「蕪村の句にある土地の今を見て、思いを巡らせながら詠んでほしい」と話す。

献句は、1月1日午前0時からの歳旦祭への参加者から奉納がはじまる。
 
問い合わせは、「淀川神社・06・621・5980へ。横路良宮司 >。

序に、筆者も加筆。

<氏神「淀川神社」を「蕪村神社」として広めましょう。

「淀川神社」は、大阪市毛馬町にある「蕪村公園」のすぐ南側、城北通り道路を渡り、すぐ側にあります。

氏神様「淀川神社」は、元々「十五神社」と称して、平安朝初期または、それ以前に創立されています。同神社は、そのままの形で、当時から摂津の国東成郡友渕村字外島(現・友渕町337番地)に在りました。

また、同じ旧東成郡には明治まで、同じ氏神様で「八幡神社」も在りました。つまり蕪村地の旧東成郡には、2つの「氏子神社」があったのですが、「八幡神社」は明治43年に他神社と合祀し、無くなりました。

ところで江戸時代の俳人与謝蕪村は、享保元年(1716年−生誕日は不明)に、この摂津国東成郡の長閑な村で生まれました。

生家は、父は庄屋で、問屋、宿屋も営む北国屋吉兵衛。母は丹後与謝から奉公人として来た「げん」でした。母「げん」は、器量と気立てが良くて、吉兵衛に気に入られ、2人の間に男の子(寅―後の蕪村)が誕生したのです。

北国屋吉兵衛は、庄屋、問屋でしたから、国東成郡友渕村の農作業を先導して商売に精を出し、特に菜の花から採れる菜種油の生産と販売を幕府から奨励を受けて励んだため、多くの使用人を使って、裕福な暮らしをしていたと云われます。

「氏子」の北国屋吉兵衛の一家が、「淀川神社」に正月などに参拝したのは、間違いありません。蕪村も生誕して両親に抱かれてお参りしたでしょうし、両親を亡くし実家運営苦衷の厄払いの時も、淀川神社に参拝したことは想像に難くは在りません。

17・18歳の時、蕪村が江戸に出奔する時も、「安全祈願」のため2「氏子神社」に行ったでしょう。つまり蕪村(寅)と「神社」の関係は、当時の江戸時代の風習から考えると、氏子として当然深い繋がりを持っていたものだったと思われます。

ところが、前述のようにもう1つの「八幡神社」は、明治43年に合祀して姿を消したので、蕪村生誕地近郊に現存する氏神様は、明治以来「淀川神社」だけになったのです。

つまり蕪村の願いを「祈願」として念引き継いでいるのは、「淀川神社」だけということになります>。

ところで3年前「淀川神社」宮司に就任された横路良さんが、蕪村顕彰と蕪村生誕300年記念行事を進めていた私たちNPO法人と、大阪俳人与謝蕪村名と蕪村生誕地が毛馬町であることを、「淀川神社」を一つの拠点として、後世に継承して行こうと話合いを進め、同じ気持ちに歓喜して合意したのです。

つまり、「淀川神社」を「蕪村神社」として全国・海外に広めて行こうと合意したわけです。

その「絵馬」は、神社境内の「絵馬掛け」に1年間奉納することになるのです。沢山の俳句愛好家が鑑賞しています。

どうか「淀川神社」を参拝されて、「絵馬」に「献句」されますようお勧めします。

末筆になりましたが、「淀川神社」には、近郊の住民のご支援を得て「蕪村銅像」を建立したことは、既にお知らせしていますので、どうか「蕪村銅像」を拝顔されながら、季節の変わるごとの「蕪村俳句」を種じゅ想いだしながら、「淀川神社」に、自信のある俳句を「絵馬」に書いて、神社に飾りだして下さいね。

2017年10月29日

◆相続税の申告と納税

川原 敏明 (弁護士)

  相続税の申告と納税について、簡単にお話します。

  相続税については、相続開始のあったことを知った日の翌日から10
 か月以内に申告を行い、納税も行わなければなりません。

  申告書の提出先は、被相続人が死亡時に住んでいたところを管轄する
 税務署です。相続人の方の最寄りの税務署のように、どの税務署でもい
 いわけではありません。

  では、相続人間で遺産分割ができず、紛争が長期化している場合は、
 どうなるのでしょうか。

  遺産分割の調停事件などの場合、解決まで1年以上時間がかかること
 もあり、「相続開始のあったことを知った日の翌日から10か月以内」
 には話がまとまっていない可能性があります。

  その場合、どうするのかというと、法定相続分または包括遺贈の割合
 どおりに遺産を取得したものとして、一応期限内に申告・納税をします。
 その後、遺産分割が無事成立した場合、遺産分割から4か月以内に、更
 正の請求をすることにより、還付を受けることができます。

  逆に、はじめに納めた税金が不足する場合は、遺産分割から10か月
 以内に修正申告を行い、追加納税をします。

  私たちは、遺産分割の問題で、相続人にどういう割合で遺産が分けら
 れるかに関心がいきがちですが、実際、ご依頼いただいた相続人の方の
 手元にどれだけ遺産を残すことができるか、税金の仕組みも考慮に入れ
 つつ、取り組んでいます。

遺産分割にかかわる相続税の修正申告や還付手続など、相続税につい
 てお悩みの際は、いつでも当事務所までご相談ください。


530-0047 大阪市北区西天満2丁目10番2号 幸田ビル8階  
弁護士法人 川原総合法律事務所      
弁護士 川 原 俊 明 





2017年10月27日

◆歳は足に来る

石岡 荘十


数十メートル歩くと左足がだるくなって歩行困難になる。で、数分立ち止まって休むとまた歩けるようにはなるが、またすぐだるくなる。


このような症状を専門的には「間欠性跛行」という。「跛行」はビッコを引くという意味だ。こうなった経緯については前回述べた。今回はその続編である。


先般、閉塞した足の大動脈にステントを入れる治療を受け、ビッコは解消し、元通り颯爽と歩けるようになった。


はじめ、「これはてっきり腰をやられた」思い込んで、近所の接骨院に駆け込んだら、「典型的な脊柱管狭窄症の症状だ」と断言する。つまり神経の管が腰のところで狭まっている疑いがあるとのことで、電気治療、針を数回やってもらったが、はかばかしくない。


血流が詰まる動脈硬化は典型的な加齢疾病だ。脳の血管が詰まれば脳梗塞になるし、心臓の血管(冠動脈)が狭くなると狭心症、詰まると心筋梗塞になる。私の場合は足にきたというわけである。

造影剤を使ったCTで診ると、左足付け根から動脈を15センチほど遡ったところで90パーセント狭窄していることが確認できた。左足へは最大、通常の7割ほどしか血が流れていない。これではビッコになるわけだ。

治療法は、脳梗塞や心臓梗塞と同じだ。血管の狭くなったところにカテーテルを挿し込んでフーセンで拡げるとか、バイパスを作るとか、etc。

8/23、心臓カテーテル室でカテーテル台に横になると、若くて美形の看護婦さんが何の躊躇もなくパラリとT字帯をはずし、左足の付け根周辺の陰毛を電気かみそりで刈る(剃毛という)。慣れたものだ。

局所麻酔の後、この治療では実績も多い腕利きの医師が、モニター画面を見ながらカテーテルを挿入。先端には、中心部に細くすぼめたバルーンを仕込んだステントがある。ステントはステンレスで出来た金網のチューブである。

これを狭窄部分まで持っていってバルーンを膨らますと、すぼめてあったステントの内径も同時に拡がって、狭窄した血管を見事に押し広げた。

ステントは内径8ミリ、長さ40ミリ。心筋梗塞の治療に使うステントは内径2ミリほどだから、それに較べると大型だ。治療時間は1時間ほど、治療費86万円、自己負担9万円ほどだった。

心筋梗塞でステントを使う治療法はよく知られているが、足の大動脈狭窄にステントを使うケースはまだそれほど多くない。

治療を受けた東京女子医大では、ステントを使った心筋梗塞治療が今年すでに数百件に上るのに対して、足に使った症例は筆者でまだ56件目だという。

下肢(足)へ行く動脈が詰まると、下肢が腐ってしまい、痛いだけでなく、命にかかわるケースもある。そうなると「命には代えられない」とやむを得ず下肢を切断しなければならなくなる。日本では毎年1万人以上が足を切断されているという報告もある。高齢化で症例は増えている。

足にもステントを入れるという治療法は、循環器内科ならどこでもやっているわけではない。リスクもある。医師の選択には慎重でありたい。

元京都大学心臓血管外科部長・米田正始(こめだまさし)医師を中心とする研究グループは新しい血管を作って下肢切断を救う「血管再生法」という試みを行なっていて、再生医学のひとつとして注目されている。が、成功症例はまだそれほど多くない。

「なんとなく足の先が冷たい」

これが、アラームだ。接骨院では治らない。歳は足にくる。専門の医師を選んで、治療を受ける必要がある。