2018年10月08日

◆華国鋒は毛沢東の息子

渡部 亮次郎


死んだ元党主席の華国鋒。忽然と現れた彼、華国鋒は毛沢東の庶子
だった。

思い起こせば、日中平和友好条約の締結・調印のため北京を訪れていた日
本の外務大臣園田直は1978年8月12日午後5時36分から6時まで人民大会堂
で華国鋒主席と会見、私も秘書官として立ち会ったが。印象に残る言葉は
皆無だった。

むしろ影が薄かった。<後の政権内部の権力争いで故・トウ小平氏に負
け、1980年に首相を、翌年には党主席と軍のトップを退任、事実上政権か
ら退く>ことを予感させた。

【大紀元日本8月23日】中国の華国鋒・元党主席が2008年8月20日午後零時
50分、病気のため北京で死去した。死因は伝えられていない。享年87。中
国当局の官製メディア「新華社」が報じた。華元党主席は政権から退いた
後、離党届を提出していたと伝えられた。

華元党主席は、1949年の中国共産党政権確立後、故毛沢東国家主席に「忠
実な部下」として認められ、湖南省第一書記、副首相と地位を高めた。
1976年、死去した周恩来・元首相の後任として首相に就任、故毛国家主席
から後継者に指名され、1976年9月に共産党主席、軍のトップにも就任し
た。>

このような「ヘリコプター」出世について中国は1度も正式に認めた事は
無いが、当代随一の中国ウオッチャーたる日本人宮崎正弘氏は「華国鋒は
毛沢東の庶子」と断定する。

1920年代、湖南省で農民運動を展開していた毛沢東が「姚」という女性に
産ませた。戸籍上は「蘇祷」と名乗った」と断定している。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成20年(2008年)8月18日(月
曜日)通巻第2293号)

後の政権内部の権力争いで故・トウ小平氏に負け、1980年に首相を、翌年
には党主席と軍のトップを退任、事実上政権から退いた。

香港誌「争鳴」の2001年報道によると、華元党主席は1998年の第9回全人
大会議で2つの議案を提出した。

全人代常務委員会に対し、@憲法の職権を公正に履行、政府機構と幹部の
腐敗を監督A中央政府の高級幹部およびその家族の財産を公開の2点を求め
た。結局、その議案は取り上げられることがなかった。

翌99年から、同氏はすべての中央会議を健康上の理由で欠席するようにな
り、07年10月の第17回党大会には特別代表として姿を見せたのが最後だった。
C:\Documents and Settings\Owner\My Documents\大紀元時報−日本華国
鋒.htm
 
また、同誌によると、2001年9月中旬、華元党主席は最高指導部に離党届
を提出した。1ヶ月後に開かれた特別会議で、離党の理由について、「今
日の共産党は昔の国民党とどこが違うのか」と幹部の汚職などに強い怒り
を示した。

その言葉の背景には、1940年代、中国共産党が内戦で「反腐敗、反専制」
のスローガンを掲げて国民党から政権を奪取した経緯がある。

その席で、華元党主席は最後の党費として、5万元(約80万円)を納め、
「貧困で、医療治療が必要とする党員のために使ってほしい」という言葉
を添えたという。

当時の報道によると、同年には計87人の共産党幹部が脱党を宣言、政治局
の元委員、国務院元委員、将軍なども含まれている。当局は「脱党の連鎖
反応を起こさないため、できるだけ慰留する」との方針で説得を続けたよ
うだが、結果は不明だという。2008・10・23(再掲)

◆中国が世界各地で仕掛ける「債務の罠」

櫻井よしこ


「中国が世界各地で仕掛ける「債務の罠」 「第二のスリランカ」阻止へ
の正念場だ」

広域経済圏構想「一帯一路」を推進して、世界に覇権を打ち立てるという
中国の思惑が、またひとつ崩れ去るのか。日本や米国、インドやオースト
ラリアは中国の横暴な世界戦略に修正を加えることができるのか。

インド洋に浮かぶリゾートの島国、モルディブで9月23日、大統領選挙が
行われ、親中派のアブドラ・ヤミーン氏が敗北した。野党統一候補のイブ
ラヒム・モハメド・ソリ氏が58%の得票で勝利したことで、これまでの親
中路線が修正される可能性が生まれた。それ自体、歓迎すべきことだが、
多くの困難が待ち受けているだろう。

前政権のヤミーン氏は2013年の大統領就任以降、いち早く一帯一路構想に
賛同し、積極的に中国マネーを導入した。無謀なインフラ工事を進め、ヤ
ミーン氏自身も腐敗の極みにあり、現時点で中国に対するモルディブの債
務は20億ドルに上る。IMF(国際通貨基金)の統計では同国GDP(国
内総生産)は四五億ドルで、対中債務はGDPの実に45%を占めている。

モルディブが、「債務の罠」にはまったのは明らかで、モルディブ国民が
今回の選挙で親中派を排除した最大の理由である。実は彼らの危機意識
は、モルディブ同様、一帯一路の要衝にあたり、債務の罠にはまってし
まったスリランカの事例によって高まった。

スリランカでも、親中派政権が巨額の中国マネーを導入し、ハンバントタ
港の大規模整備を進めた。国民は膨れ上がる債務と6.8%の高金利のもた
らす悲劇を直感し、親中派を退けた。

新政権は追加の開発を凍結したが、中国が損害賠償を要求すると窮地に
陥った。どうあがいてもスリランカには賠償金の支払いも債務の返済も無
理だ。足下を見た中国は、それまでの微笑みをかなぐり捨ててハンバント
タ港の99年間のリース権を要求した。

こうしてスリランカ政府は、事実上、半永久的に港を中国に奪われてし
まった。この間の経緯をじっと見ていたのがモルディブ国民だった。

港や戦略的に重要な拠点を奪われているのは、スリランカだけではない。
オーストラリアも同様である。

同国の北に位置するダーウィン港は米海軍が定期的に寄港する軍港であ
る。そこに隣接する広大な土地の99年間のリース権を、オーストラリアは
なんと中国に許してしまったのだ。15年、中国が支払ったのはわずか約
460億円である。オーストラリア政府はこの取引を阻止せず、アメリカの
オバマ政権(当時)は事後になるまでこの件について知らされていなかった。

独占的権利を得た中国は、米海軍が拠点とするこの軍港の大規模拡張計画
を発表済みだ。今年5月、アメリカは太平洋軍を「インド・太平洋軍」と
改称したが、インド洋に睨みをきかせようとするアメリカに中国は堂々と
挑んでいるのである。

ダーウィンからインドネシアの南側を北西に進むとスリランカに行きつ
く。インドの鼻先に位置する同国のハンバントタ港については前述したと
おりだ。

ハンバントタから南西に下がった所に、今回、中国に反旗を翻したモル
ディブがあり、さらに西に進めば紅海の入り口にジブチがある。ジブチに
は、中国が初めて海外に築いた軍事基地がある。

ジブチに対しても中国はすでに債務の罠を仕込んでいる。同国のGDPは
20億ドルとされるが、そこに中国はアフリカ最大規模の自由貿易区を、35
億ドルかけて建設したのだ。

ジブチの辿るであろう運命はすでに明らかだ。世界各地で進行中のこの悪
魔のような債務の罠に絡めとられた国々をどのようにして助けていくのか
が問われている。とりわけ日米豪印はモルディブを第二のスリランカにし
ないために最大限の協力をしなければならない。まさに正念場である。

『週刊ダイヤモンド』 2018年10月6日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1250
            

◆名所旧跡だより 園城寺(大津市)A

                                   石田 岳彦


金堂の西側、一段高くなったところに霊鐘堂という小さなお堂があり、横には「弁慶の引き摺り鐘」との案内板が立っていました。中には梵鐘が1つ安置されていて、その側面の一部に擦った痕が残っています。青銅製の鐘が擦れるわけですから、かなりの力が加わったということでしょう。

この鐘については、かの武蔵坊弁慶に関わる伝説があります。


すなわち、源義経の家来になる前、弁慶は比叡山延暦寺で僧兵をしていましたが、ある時、三井寺に攻め込んで、この梵鐘を奪い、延暦寺まで引き摺って帰った際にこの痕が付いたとのこと。


なお、何故、延暦寺に持って行かれた鐘が三井寺に戻っているかというと、延暦寺に連れて行かれた梵鐘が、三井寺に帰りたがって、まともな音を出さなかったので、怒った弁慶が山下まで投げ下ろしたとか・・・。


ちなみに「弁慶の引き摺り鐘まんじゅう」という鐘型の饅頭(名前は違いますが、和歌山の道成寺でも売っていましたね。)が、境内の茶屋や付近の土産物屋で売っていて、甘党の私は来る度に買っています。


霊鐘堂の隣は一切経蔵という、その名のとおり一切経を納めた建物で、回転式の経庫が見た目に面白いです。これを回すとお経を読んだのと同様の功徳があるとかないとか。

南に向かうと唐院と呼ばれるエリアで、三重塔の他に円珍を祀る大師堂、伝法潅頂という儀式を行う潅頂堂があり、大師堂には2体の円珍像と1体の不動明王像が並んでいて、円珍像2体は国宝指定です。


3体の像の中央に祀られている円珍像は「中尊大師」と呼ばれ、上記のように国宝に指定されていて、普段は非公開ですが、毎年10月29日の円珍の命日の法要の後、一般公開されます。


大津地方裁判所での修習生時代、10月29日の昼休みにタクシーを使って、拝みに来たことも、今となっては、よい思い出です。


もう1体の円珍像(国宝)は円珍の遺骨が納められており、「お骨大師」と呼ばれています。この像と不動明王立像(重要文化財。三井寺にあり、「黄不動」の名で有名な国宝の画像を立体化したものです。)は残念ながら、原則として公開の機会はありません(それをいうと中尊大師も原則非公開なのですが、年に1回、定期的に見る機会があるというだけ、ましなのですね)。


三井寺にはこの他にも数多くの質の高い寺宝がありますが、宗教的理由に加え、三井寺に自前の宝物館が無いこともあり、残念ながら、それらの寺宝を見る機会は限られています(同様のことは、同じ大津市内の石山寺にもいえますね。)。


そういう意味では、平成20年から21年に大阪、福岡、東京を回った三井寺展は千載一遇・・・というのはさすがに大げさですが、10年から15年に一度くらいの好機でした。


この展覧会の最大の売りは、国宝に指定された4体の秘仏(「中尊大師」、「お骨大師」、「黄不動(画像)」、「新羅善神像」)の特別公開で、うち中尊大師像を除く3体は十数年ぶりの公開です(他に上記の大師堂の不動明王像等も展示されました)。


展覧会の開催が発表されるや、インターネット上の仏像関係の掲示板が狂騒状態に陥ったのも無理からぬことでした。十数年から20年くらいの周期でこの手の特別展が行われているようなので(保証はできかねますが)見損なった方は気長にお待ちください。


唐院を出て、高台にある観音堂に向かうと途中に勧学院という塔頭があります(三井寺にはこの他にも光浄院等、幾つかの塔頭が存在します。)。

 
三井寺は桜の季節には夜間に境内を無料開放することがあり、私も2回ほど出かけましたが、その際、この勧学院の書院(国宝)が特別公開されていました(こっちは有料でした)。


昼間公開している寺院が、期間を限定して、夜間も特別に公開するというケースは京都市の清水寺、青蓮院等、けっこうありますが、昼間でさえ基本的に公開していない寺院が、夜間だけ特別公開するというのはかなり珍しいケースでしょう(もっとも、普段でも3名以上で予約すれば、拝観可能なようですが)。


日本庭園の中に鮮やかな絵の書かれた紙製の灯篭(中身は電灯です。火事が怖いですので。)がなかなかに幻想的だったと憶えています。


境内の南西のはずれの高台に観音堂と幾つかの建物があり、観音堂は西国三十三番観音霊場の1つです。


西国三十三番観音霊場はその名のとおり観音菩薩様を祀る霊場33箇所を集めたものですが、中にはこの三井寺観音堂のように本堂(金堂)以外の脇役(?)のお堂が入っていることもあります(他に興福寺南円堂、醍醐寺准胝堂)。


この観音堂のある高台からは昔は琵琶湖がよく見えたようですが、近年、大津港の周辺に大型ビルが建てられ、景観が損なわれました。


もっとも、そうまでして建てたビルがテナントの撤退等で上手くいっていないようで、お役所主導の開発の失敗例になっています。


やはり、「この事業が上手くいかなかったら、会社がつぶれるかもしれない。潰れなくても、俺は会社に居辛くなるかもしれない。」という緊張感がないと事業とは上手くいかないのでしょうか。


余談はさておき、三井寺の境内は狭すぎず、広すぎず、通常であれば、のんびり歩いても1時間半あれば、一周できるはずです(少し離れたところに国宝の新羅善神堂がありますが)。


拝観が終わったら、ついでに琵琶湖を観光するのはどうでしょうか。


ミシガンやビアンカといった観光船に乗り込む手もありますが(私は長いこと色物扱いしていましたが、友人たちとガヤガヤと話しながら乗る分には案外楽しいです)、湖風に吹かれながら、湖畔の散策路(大津港の東側は特によく整備されています)を歩くのもよい感じです。      (終)

2018年10月07日

◆国家自立の気概、憲法修正で示せ

加瀬 英明


北朝鮮危機が日本の上に重くのしかかるもとで、北朝鮮によって捕われて
いる拉致被害者を一刻も早く救い出すことが、悲願となっている。

それなのに、その糸口を掴むことさえ、まだできないでいる。

横田めぐみさんが北朝鮮の工作員によって攫われて、北朝鮮に拉致された
のは、1977年11月15日のことだった。すでに41年もの時が、流 れてい
る。同じ時期に、他の多くの日本国民が同じように日本国内から拉 致さ
れて、北朝鮮に捕われたままでいる。

いったい、拉致被害者は誰の被害を蒙っているのだろうか?

これは、テレビも新聞も、誰もいわないことだが、拉致被害者は“平和 憲
法”と呼ばれる日本国憲法の被害者である。なぜ、それをいう者がいな い
のか。

もし、日本が1952年に対日講和条約によって独立を回復してから、 数年
以内に現行憲法を改正して、それぞれ日本の人口、GDP(国内総生
産)が、ともに半分しかない、イギリスか、フランス程度の軍備を整えて
いたとすれば、みすぼらしい小国にしかすぎない北朝鮮によって、多くの
日本国民が日本の国土から、拉致されるようなことはありえなかった。

イギリスも、フランスも、国土と国民を守るために、核ミサイルを搭載
した潜水艦や、航空母艦を保有している。もちろん、イギリスもフランス
も全世界から、平和国家として認められている。

いったい、多くの自国民が隣国によって拉致されても、傍観するほかな
い国を、「平和国家」と呼ぶことができるものだろうか?

アメリカは日本が占領下で主権を奪われていた時に、アメリカの平和を
守るために、日本人の精神の非武装化と、日本の物理的な武装解除を企て
て、占領下にある国の基本法を変更することを禁じた国際法を踏み躙っ
て、現行憲法を押しつけたのだった。そのために、占領軍は日本国民が、
この憲法を自主的に制定したという嘘を強要して、体裁を繕(つくろ)った。

現行憲法は多くの日本国民によって、“平和憲法”と誤まって呼ばれてい
るが、日本の平和ではなく、“アメリカの平和”をはかったものである。

現行の「日本国憲法」は、アメリカが対日占領を始めた1年2ヶ月12
日後の翌年の1946年11月に公布され、その翌年5月に施行された。

ところが、その僅か4年1ヶ月後に、まだ日本は占領下にあったが、朝
鮮戦争が勃発したために、アメリカは日本を“丸腰”にしてしまったことを
悔いて、慌てて警察予備隊という、疑似的な“軍隊”を創設することを、命
じた。

自衛隊、疑似国家の疑似軍隊で良いのか

占領軍が強いた「日本国憲法」の耐用期限は、4年1ヶ月しかなかった
のだ。今日、私たちは耐用年数が、68年も前に切れている自転車か、自
動車に、毎日乗っているようなものであって、危険きわまりない。

この「日本国憲法」でさえ、第1條で「国民が主権者」であることを
謳って、規定している。

主権者ということは、日本国民が日本の所有主であることを意味してい
る。それなのに、「日本国憲法」が「戦力の保持」を禁じているために、
日本国民は今日に至るまで、自らの手で国を守ることを拒んでる。

自分の所有物を守ろうとしないのでは、とうてい主権者といえない。主
権者のいない国家は、国家に価しない。

今日の日本は、疑似国家でしかない。このような国家のありかたは、軍
隊ではないとされている自衛隊に、双生児のようによく似ている。 

先の大戦が終わってから、多くの日本国民が現実を直視することを、避
けるようになった。敗戦までの日本が邪しまな国家であったという、ゆわ
ゆる東京裁判史観が、多くの国民によって信じられ、自虐史観にとらわれ
ている。

産経新聞のソウル駐在客員論説委員として、韓国における生活が長い、
黒田勝弘氏が今日の韓国について、「韓国民の反日感情というのは、日本
による朝鮮半島支配が終わった後、日本においては戦後、彼らにおいて
は、いわゆる解放後に形成されたものである」(『それでも私はあきらめ
ない』黒田福美著、あとがき、WAC株式会社)と、述べている。

日本の朝日新聞社をはじめとする、偏向左翼による自虐的な「反日」
も、敗戦後に形成されたものだから、韓国を笑うことができない。

また夏が巡ってきた。今年は異常な猛暑が続いたが、8月になると先の
大戦の敗戦を回顧することが、年中行事となっている。

だが、対米戦争と敗戦は、日本が自ら招いたものではなかった。

これは、歴史的事実である。日本政府と軍部は開戦の直前まで、戦争を
避けようとして、ひたむきな努力を傾けた。アメリカも日本と同じよう
に、真剣に平和を求めているはずだと誤って信じたために、ルーズベルト
政権が仕掛けた罠に嵌ったのだった。

もし、異論がある読者がおいでになったら、拙著『大東亜戦争で日本は
いかに世界を変えたか』(KKベストセラーズ)、私が編者となった『日
米戦争を起こしたのは誰か・フーバー大統領回顧録を論ず』(勉誠出版)
を、お読みいただきたい。

今年は、アメリカの対日占領が終わってから、66年以上が過ぎている。

日本の惨状、いつまで米国のせいにするのか

それなのに、多くの保守派の人々が、アメリカの占領政策のお蔭で、日
本国民が自立心を失なったといって、アメリカを批判する。

これらの人々は、これから10年、20年、いや、30年、40年たっ ても、ア
メリカの占領政策によって、日本の国民精神が歪められてしまっ たと、
アメリカのせいにし続けるのだろうか?

これでは、韓国が35年にわたった日韓併合時代が終わってから、すで
に73年もたったというのに、日本統治を非難することに没頭して、自立
することができずにいるのと、まったく変わりがないではないか。日本が
いつの間にか、“第2の韓国”となってしまったのだ。

8月に、防衛省が28年ぶりに、自衛官の採用年齢の上限を、今年10月から
6歳引き上げて、32歳にすることを発表した。少子化によって、 応募者
が減少しているからだというが、いま、はじまったことではない。 陸上
自衛隊の定員が15万人と定められているのに、2万人が欠員となっ てい
て、13万人しかいない。

少子化のために、全国で定員に届かない大学が多いが、このような大学
の学生の質は、当然低い。自衛隊員のなかには、優秀な隊員が少なくない
が、定員を満たすことができないために、全体の質と士気が低い。

海上自衛隊も護衛艦が、定員に満たない人数で、出航している。

東日本大震災では、予備自衛官に招集をかけたが、1パーセント以下し
か招集に応じなかった。即応予備自衛官も招集に応じた者は、半分以下
だった。

そのうえ、若者が自衛隊に応募しないために、自衛隊は世界のなかで、
もっとも高齢化した軍隊となっている。旧軍では陸軍の中隊長は20代
だったのに、陸上自衛隊では40代末か、50歳が珍しくない。

予算がないので、必要な装備も足りない。

これも、憲法に自衛隊の存在が書かれていないからだ。

 国防意識回復のため憲法に自衛隊明記を

国民が国防意識を回復するために、1日も早く憲法第9条に自衛隊を保
有することを、書き加えなければならない。

これは全面的に改定するのではないから、「憲法改正」というより、
「憲法修正」と呼ぶべきだ。

「親中」「媚中」が、戦後の日本の歩みを大きく狂わせた。

1972年に田中角栄内閣のもとで、日中国交正常化性急に行われた時 に、
私は『文藝春秋』『諸君』の誌上で、中国は信頼できないといって、 強
く反対した。日本が、日中国交正常化を煽り立てる新聞世論によって、
押し流されていた。

いま、もはや「日中友好」を唱える声がきかれなくなったというのに、
「子々孫々に至る日中友好」を叫んでいた大新聞から、反省の声がきかれ
ない。

そのかたわら、いまだに議憲派が国論を2分する力を持っている。

憲政民主党は“憲法解釈”による、「専守防衛」を堅持すべきことを主張
しているが、敵軍が日本国土に上陸するか、航空機、ミサイルが国土の上
に飛来するまで、迎え撃ってはならないと説いているから、大戦末期に
「一億総特攻」「本土決戦」を呼号した、狂信的な旧軍将官の再来でしか
ない。

だが、枝野幸男氏をはじめとする議憲派が、そこまで常規を逸している
はずがない。

議憲派は、どのような状況のもとでも、アメリカ軍が「子々孫々」に至
るまで、日本をしっかりと守ってくれると信じて、疑わないのだろう。

日本国憲法は、アメリカ軍の保護なしに、成り立たない。

議憲主義は自立心を捨てて、アメリカへの甘えを表わしたものでしかな
い。「日本国憲法」は独立国としての誇りと、自立心を捨てた国民でなけ
れば、憲法として戴くことができない欠陥法だ。

議憲派は、“媚米派”である。中国であれ、アメリカであれ、外国に媚び
るのは、恥しい。媚びるほど、卑しいことはない。

このままでは、国家の存在を危うくする。 

◆トリエステ港を狙う中国

宮崎 正弘


平成30年(2018年)10月4日(木曜日)弐 通巻第5846号  

 ピレウスの次はイタリアのトリエステ港を狙う中国
  イタリア首相府。「一寸の土地も中国には売り渡さない」

旧ユーゴスラビアの北端は、いまスロベニア(首都はリュブリナ)。冷戦
時代は、この国境に高い「壁」が築かれ、西側と遮断されていた。

北西のノヴァゴリッツァの目の前がイタリア、いまは自由に行き来でき
る。筆者も三年ほど前に行ったが、イタリア側とハイウェイが繋がり、イ
タリアのほうから物価の安いスロベニアのスーパーに買い物に来ている
(拙著『日本が全体主義に陥る日――旧ソ連、衛星圏30ヶ国の真実』、ビジ
ネス社を参照)。

そのスロベニアに突き刺さるようにアドリア海の内湾に入り込んだイタリ
アの港がトリエステである。この地は古代ローマ時代から軍事要衝だった。

欧州で11番目の規模(コンテナの扱い量)の港は、アドリア海からヨー
ロッパ大陸を?ぐ。この港から欧州製品が世界各地へ輸出されている。観
光地ヴェニスの対岸である。

中国が大規模な投資、インフラ建設を呼びかけているのが、このトリエス
テ港だ。

ギリシアのピレウスに比べると小規模とはいえ、ターミナルの拡張、倉庫
の拡大と物流アクセスの複線化などのインフラを整備すれば、コンテナ扱
い量を飛躍させることができると中国が提案したという。

たしかに、ギリシアのピレウスは欧州への玄関であり、コンテナの年間取
り扱い糧は、375万TEU(20トンコンテナが一単位)。一方のトリエス
テは73万TEUだ。

しかし、ピレウスの管理運営権は、ギリシアの財政難、IMF救済の大騒
ぎに紛れて、2016年に中国のCOSCOが30億ドルで買収した。以後、不
正書類や輸入量の誤魔化しばかりか、不法移民がコンテナ輸送されていた
ことも発覚した。
 
イタリアのメディアが騒ぎ出した。

「中国がピレウス港を買収したように、トリエステ港は中国に奪われるの
ではないか」

「スリランカの例にあるように、将来軍事基地となるのでは」

「NATOと対立を煽る結果にならないか」

楽天的なイタリア人から、こういう悲観的見通しが先にでることは珍しい
が、すでにフィレンツェの隣町プラトーが、いつの間にか気がつけば中国
人に乗っ取られてしまったように、現実に中国の経済的進出の脅威を経験
しているからだ。

ジョルデティ官房長官が会見して曰く。

「われわれはギリシアではない(破産していない)。イタリアの土地は一
寸たりともチーノ(中国)には売り渡さない」。

さらに付け加えた。「ピレウスからバルカン半島を北上し、ベオグラード
からブタペストへ中国は鉄道を建設しているが、基本的なルートの誤断
だ。トリエステからだと、欧州の中枢へ繋げる」

投資は歓迎、買収なら拒否というのがイタリアの姿勢だ。

◆中国が世界各地で仕掛ける「債務の罠」

櫻井よしこ


中国が世界各地で仕掛ける「債務の罠」 「第2のスリランカ」阻止への
正念場だ 」

広域経済圏構想「一帯一路」を推進して、世界に覇権を打ち立てるという
中国の思惑が、またひとつ崩れ去るのか。日本や米国、インドやオースト
ラリアは中国の横暴な世界戦略に修正を加えることができるのか。

インド洋に浮かぶリゾートの島国、モルディブで9月23日、大統領選挙が
行われ、親中派のアブドラ・ヤミーン氏が敗北した。野党統一候補のイブ
ラヒム・モハメド・ソリ氏が58%の得票で勝利したことで、これまでの親
中路線が修正される可能性が生まれた。それ自体、歓迎すべきことだが、
多くの困難が待ち受けているだろう。

前政権のヤミーン氏は2013年の大統領就任以降、いち早く一帯一路構想に
賛同し、積極的に中国マネーを導入した。無謀なインフラ工事を進め、ヤ
ミーン氏自身も腐敗の極みにあり、現時点で中国に対するモルディブの債
務は20億ドルに上る。IMF(国際通貨基金)の統計では同国の
GDP(国内総生産)は四五億ドルで、対中債務はGDPの実に45%を占
めている。

モルディブが、「債務の罠」にはまったのは明らかで、モルディブ国民が
今回の選挙で親中派を排除した最大の理由である。実は彼らの危機意識
は、モルディブ同様、一帯一路の要衝にあたり、債務の罠にはまってし
まったスリランカの事例によって高まった。

スリランカでも、親中派政権が巨額の中国マネーを導入し、ハンバントタ
港の大規模整備を進めた。国民は膨れ上がる債務と6.8%の高金利のもた
らす悲劇を直感し、親中派を退けた。

新政権は追加の開発を凍結したが、中国が損害賠償を要求すると窮地に
陥った。どうあがいてもスリランカには賠償金の支払いも債務の返済も無
理だ。足下を見た中国は、それまでの微笑みをかなぐり捨ててハンバント
タ港の99年間のリース権を要求した。

こうしてスリランカ政府は、事実上、半永久的に港を中国に奪われてし
まった。この間の経緯をじっと見ていたのがモルディブ国民だった。

港や戦略的に重要な拠点を奪われているのは、スリランカだけではない。
オーストラリアも同様である。

同国の北に位置するダーウィン港は米海軍が定期的に寄港する軍港であ
る。そこに隣接する広大な土地の99年間のリース権を、オーストラリアは
なんと中国に許してしまったのだ。15年、中国が支払ったのはわずか約
460億円である。オーストラリア政府はこの取引を阻止せず、アメリカの
オバマ政権(当時)は事後になるまでこの件について知らされていなかった。

独占的権利を得た中国は、米海軍が拠点とするこの軍港の大規模拡張計画
を発表済みだ。今年5月、アメリカは太平洋軍を「インド・太平洋軍」と
改称したが、インド洋に睨みをきかせようとするアメリカに中国は堂々と
挑んでいるのである。

ダーウィンからインドネシアの南側を北西に進むとスリランカに行きつ
く。インドの鼻先に位置する同国のハンバントタ港については前述したと
おりだ。

ハンバントタから南西に下がった所に、今回、中国に反旗を翻したモル
ディブがあり、さらに西に進めば紅海の入り口にジブチがある。ジブチに
は、中国が初めて海外に築いた軍事基地がある。

ジブチに対しても中国はすでに債務の罠を仕込んでいる。同国のGDPは
20億ドルとされるが、そこに中国はアフリカ最大規模の自由貿易区を、35
億ドルかけて建設したのだ。

ジブチの辿るであろう運命はすでに明らかだ。世界各地で進行中のこの悪
魔のような債務の罠に絡めとられた国々をどのようにして助けていくのか
が問われている。とりわけ日米豪印はモルディブを第二のスリランカにし
ないために最大限の協力をしなければならない。まさに正念場である。
『週刊ダイヤモンド』 2018年10月6日号

新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1250

◆名所旧跡 園城寺(大津市) @

石田 岳彦


私は現在、大阪で弁護士をやっていますが、司法修習生のときは大津で1年4月にわたり実務修習を受けていました(司法修習が2年間の時代の話です。今は修習期間が1年ですので色々とスケジュールがタイトのようですね。)。


その間、三井寺(通称です)こと長等山園城寺(ながらさん・おんじょうじ)には何回も行く機会があり、弁護士になってからも2年に1回くらいの頻度で訪れています。


三井寺は、壬申の乱で破れ自殺した大友皇子の霊を慰めるためにその息子の大友与多王が建立したという寺院・・・が、すっかり荒れ果てていたのを、平安時代前期に円珍が再興したというお寺です。


素直に円珍が建てた時点をスタートにすればよいような気がしますが。大友与多王なんて、ほとんど誰も知りませんし。


ちなみに、私が大津地方裁判所で実務修習していた際に聞いた話では、以前、三井寺が民事訴訟の当事者になった際、境内の土地所有権を主張するにあたり、壬申の乱後の大友与多王のくだりから説き起こしたそうです。


民事訴訟法の原則上、極めて正しい態度なのですが、スケールが大き過ぎるせいか、思わず笑えてきます。


智証大師・円珍は、唐に留学し、天台宗の座主(トップ)になった僧侶です。後年、延暦寺内の派閥争いが激化して、円珍の流れを汲む僧侶たちが山を降り、三井寺に移って天台宗寺門派を築くにあたり、その祖として仰がれるようになりました。

 

この派閥争いは、端的にいうと、日本天台宗の開祖である最澄亡き後の延暦寺の座主を巡る派閥争いで、一般的には円仁(第3代座主。円珍に先立ち唐に留学。慈惠大師。)派と円珍派との争いと言われることが多いようです。


もっとも、派閥抗争自体は最澄の死後早々、円仁や円珍が座主になる以前に既に生じており、しかも、円仁、円珍とも派閥抗争には批判的だったそうですので、「円仁派」、「円珍派」という呼称は両大師にとって極めて心外なものに違いありません。なお、円仁派を山門派、円珍派を寺門派と呼ぶこともあります。


その後、三井寺は比叡山延暦寺から何度も焼き討ちにあっていて、安土桃山時代には何故か(いまだに理由がよく分からないそうです)豊臣秀吉の逆鱗に触れ、いったん廃寺になるという苦難の歴史をたどっています。

 
これまた、理由がよく分かっていませんが、死の直前の秀吉から再興許可をもらい、現在の建物の大半は、その後の安土桃山時代末期から江戸時代にかけて建てられたものです(一部、伏見城や御所から移築したものもあるとのこと)。

 
京阪電鉄の石山坂本線(大津市内の石山と坂本を結ぶ線という意味です。どうでもよい話ですが、しばしば、観光客から「いしやまざか・ほんせん」と誤読されます。)に三井寺駅がありますが、三井寺までは駅から10分近く歩きます。途中の道が平らなのが救いです。


同じ石山坂本線の石山寺駅からも石山寺へは10分以上歩きますので、京阪電鉄はネーミングを反省して欲しいところです。「三井寺口」、「石山寺口」あたりが相当でしょう。


JR大津駅からは更に離れているので、足の弱い方はJR大津駅又は京阪の浜大津駅(三井寺駅は小さな駅ですので、タクシー乗り場はありません。)からタクシーを使うことをお勧めします。


三井寺の境内へは幾つか入り口がありますが、私はできるだけ、正門である大門(重要文化財)から入ることにしています(駐車場、土産物屋もこちらにあります)。


別の寺にあった室町時代に建てられた楼門を家康が寄進したものだそうで、大寺にふさわしい立派なものです。


大門をくぐり、拝観料を払って、まっすぐに進んで階段を登ると金堂(国宝)と鐘楼が見えてきます。


大門が東向きなのに対し、金堂は南側を向いているため、大門から歩いてくると、金堂は横向きになっていて、正面の入り口へは左側に回りこむ必要があります。


金堂は南向きに建てるのが普通なので、本来、正門も南向きに立てるべきなのですが、三井寺の場合、南側が丘陵になっているため、東側(琵琶湖側)に正門(大門)を建てることになったのでしょう。


金堂の中は、本尊の祀られている内陣の四方を外陣が取り囲む構造となっており、参拝者は外陣に並ぶ様々な仏像を拝みながら一周することになります。個人的には円空の彫った数体の善女竜王像がお気に入りです。


なお、内陣にいらっしゃるご本尊は弥勒菩薩ですが、秘仏になっていて、見ることができません。こちらは絶対秘仏といわれ、一般人が見る機会はありません。


善光寺(長野市)のご本尊のようなインパクトのある縁起も無く、文化財にも指定されていないので(文化庁のお役人も見せてもらえないですので)、失礼ながら、参拝客にとって存在感が限りなく薄いです。三井寺のご本尊がどの仏様かと聞かれて、参拝経験のある人でもおそらく9割は答えられないでしょう。


金堂を出て、鐘楼へと向かいます。いわゆる「近江八景」の「三井の晩鐘」です。「近江八景」は、その名のとおり近江国(現在の滋賀県)の代表的な風景を8つ集めたもので、中国湖南省の瀟湘八景に因んで江戸初期のころに、とある貴族に選ばれたとか。


他の7つは「石山の秋月」、「瀬田の夕照」、「矢橋の帰帆」、「粟津の晴嵐」、「比良の暮雪」、「唐松の夜雨」、「堅田の落雁」とされています。滋賀県に住んでいたころはしばしば耳にしました。


もっとも、瀟湘八景に合わせて8つ揃えたものですし、現在では都市化による環境の変化もありますので(「比良の暮雪」以外は現在、それなりに市街地です。)、現地に行ってがっかりという場所も少なくありません。

「三井の晩鐘」はまだ往時の姿をよく残している方です。


本堂の正面に向かって左側に回りこむと小さなお堂を見つけることができます。閼伽井屋(あかいや)といって、井戸というより、泉を囲むお堂です。この湧き水が3代の天皇の産湯に使われたのが「三井寺(御井寺)」の名前の由来になったとのこと。静かにしていると、ゴポゴポという水の湧く音も聞こえます。


閼伽井屋の正面には龍の彫刻が取り付けられていて、江戸初期の名工・左甚五郎の作といわれているそうです(この手の話は言った者の勝ちです。)。日光東照宮の眠り猫を作った人ですね。


竜が度々、琵琶湖に遊びに行くので、眼に釘を打って、動けなくしたとのこと。確かに釘が打たれています。

2018年10月06日

◆イタリアのトリエステ港を狙う中国

宮崎 正弘


平30年(2018年)10月4日(木曜日)弐 通巻第5846号  

 ピレウスの次はイタリアのトリエステ港を狙う中国
  イタリア首相府。「一寸の土地も中国には売り渡さない」

旧ユーゴスラビアの北端は、いまスロベニア(首都はリュブリナ)。冷戦
時代は、この国境に高い「壁」が築かれ、西側と遮断されていた。

北西のノヴァゴリッツァの目の前がイタリア、いまは自由に行き来でき
る。筆者も三年ほど前に行ったが、イタリア側とハイウェイが繋がり、イ
タリアのほうから物価の安いスロベニアのスーパーに買い物に来ている
(拙著『日本が全体主義に陥る日――旧ソ連、衛星圏30ヶ国の真実』、ビジ
ネス社を参照)。

そのスロベニアに突き刺さるようにアドリア海の内湾に入り込んだイタリ
アの港がトリエステである。この地は古代ローマ時代から軍事要衝だった。

欧州で11番目の規模(コンテナの扱い量)の港は、アドリア海からヨー
ロッパ大陸を?ぐ。この港から欧州製品が世界各地へ輸出されている。観
光地ヴェニスの対岸である。

中国が大規模な投資、インフラ建設を呼びかけているのが、このトリエス
テ港だ。

ギリシアのピレウスに比べると小規模とはいえ、ターミナルの拡張、倉庫
の拡大と物流アクセスの複線化などのインフラを整備すれば、コンテナ扱
い量を飛躍させることができると中国が提案したという。

たしかに、ギリシアのピレウスは欧州への玄関であり、コンテナの年間取
り扱い糧は、375万TEU(20トンコンテナが一単位)。一方のトリエス
テは73万TEUだ。

しかし、ピレウスの管理運営権は、ギリシアの財政難、IMF救済の大騒
ぎに紛れて、2016年に中国のCOSCOが30億ドルで買収した。以後、不
正書類や輸入量の誤魔化しばかりか、不法移民がコンテナ輸送されていた
ことも発覚した。
 
イタリアのメディアが騒ぎ出した。

「中国がピレウス港を買収したように、トリエステ港は中国に奪われるの
ではないか」

「スリランカの例にあるように、将来軍事基地となるのでは」

「NATOと対立を煽る結果にならないか」

 楽天的なイタリア人から、こういう悲観的見通しが先にでることは珍し
いが、すでにフィレンツェの隣町プラトーが、いつの間にか気がつけば中
国人に乗っ取られてしまったように、現実に中国の経済的進出の脅威を経
験しているからだ。

ジョルデティ官房長官が会見して曰く。

「われわれはギリシアではない(破産していない)。イタリアの土地は一
寸たりともチーノ(中国)には売り渡さない」。

さらに付け加えた。「ピレウスからバルカン半島を北上し、ベオグラード
からブタペストへ中国は鉄道を建設しているが、基本的なルートの誤断
だ。トリエステからだと、欧州の中枢へ繋げる」

投資は歓迎、買収なら拒否というのがイタリアの姿勢だ。

◆拉致解決、安倍対北外交で団結せよ

櫻井よしこ


インターネットで配信する「言論テレビ」を始めて6年になった。毎週金
曜日の夜9時から、原則として1時間の番組を2本ずつ放送している。9月21
日は6周年記念の2時間特別番組で拉致問題を取り上げた。

横田めぐみさんが13歳で拉致されて今年で41年、お母さんの早紀江さんが
語った。

「1977年11月15日、朝、普段どおりしっかり食事して、牛乳も飲んで、本
当に元気に出かけました。いつものお友達が迎えにきて『きたきた! 
行ってきます!』と飛んでいったのが最後です」

11月の新潟は日暮れも早い。暗くなっても帰らないめぐみさん。ありとあ
らゆる場所を探した。懐中電灯をかざしてまっ暗な海辺も歩いた。恐怖で
足がふるえる中を、めぐみちゃんめぐみちゃんと叫び続けた。突然、煙の
ように消えてしまった一人娘。母は、誰もいなくなった昼間、畳を掻きむ
しって泣いた。海に身を投げて死んでしまいたいと思った。

そうして19年が過ぎた1996年、元共産党議員秘書の兵本達吉氏から、北朝
鮮にいると伝えられた。

「生きている! 1、2年で帰ってくる!と、なぜか思いました。でも朝日
放送の石高健次さんが、相手は難しい国だから、少なくとも数年はかかる
と言いました」

数年どころか、それから22年が過ぎた。めぐみさんの拉致からは実に41年
が過ぎ、彼女はもうすぐ54歳になる。御両親も同じだけ年を重ね、父の滋
さんは85歳になった。

「一時期、体調を崩しましたが、主人はいま頑張っています。私も新潟に
いたときのように泣き虫ではいられません。毎日、戦いと祈りの中で今日
までやってきました。国民をさらわれて41年間も取り返せない。日本がこ
んな国ではいけないのです」

拉致というテロ

早紀江さんは、国民を救えない日本国に対して、なぜ、救えないのかと問
う。国民の心をひとつにして、安倍晋三首相の下に力を結集して救出して
ほしいと切望する。朝鮮問題の専門家、西岡力氏が指摘した。

拉致問題を巡っていま膠着状態に陥っているかに見えるが、それはすべて
織り込み済みだ、と。安倍首相もトランプ大統領も、北朝鮮に対してこち
ら側の要求を全然降ろしていないから交渉が動かないだけで、動揺しては
ならないと強調する。

「これまでの日本のやり方では、北朝鮮との話し合いが進まないと、その
こと自体が問題だとして、日本側が要求を降ろしてきたのです。交渉の厳
しさに耐えられず、まず日本が譲歩する。すると北朝鮮が少し反応する。
それが何らかの進展であるかのように考える。しかし、それは全く何の解
決にもつながってこなかった。大事なことは、こちら側の要求は一切、降
ろさないことです」

めぐみさんの弟の拓也さんが語る。

「家族会として度々訪米し、拉致について訴えてきました。アーミテージ
元国務副長官にお会いしたとき、どんな解決を望むのか、北朝鮮に決めさ
せるのではなく、日本のあなた方が決めることだと言われました」

国民の命を守ることが政府の責任だという原則を米国は守り続ける。拉致
問題の解決、被害者をどのような形で取り戻すかは、日本人が決めて、そ
れを拉致というテロを犯した北朝鮮に要求すべきだとの指摘は真っ当だ。
拓也氏は、米政府中枢における拉致問題についての理解が急速に広がり、
深まっていると感じている。

「何度も訪米して活動してきた中で一番辛かったのは、拉致問題を毎回最
初から説明しなければならず、そうしてさえ何分の一もわかってもらえな
い時期が続いたことでした。けれど昨年9月には、殆んどの方が本質的課
題を理解していました。国家安全保障会議のアジア上級部長、ポッティン
ジャー氏は、私が話し始めるより先にこう言ってくれました。めぐみさん
をはじめ北朝鮮が死亡と宣言した8人は生きているんでしょ、横田さん御
夫妻の娘に会いたいという気持ちはトランプ大統領が娘さんや奥さんを愛
しているのと同じです、あなた方の辛い気持ちを必ず大統領に伝える、と
約束してくれたのです」

その後、9月19日、トランプ大統領は国連総会での演説で、めぐみさんの
事件に言及した。

「同盟国とはいえ、他国の一人の民間人のことを発信して下さった。世界
中が改めて認識し、北朝鮮には大きな圧力となりました」と拓也氏。

トランプ政権が後押しする中、安倍首相は最終的には自身が金正恩氏に会
い、拉致問題を解決する決意だ。日本が求める解決策は「拉致被害者全員
の即時一括帰国」しかない。

日朝議連

この目標に向かって日本は団結しなければならない。にも拘らず、アメリ
カ政府高官らが拉致に関していま何をすべきかを本質的に理解しているの
に比べて、日本国内には非常におかしな動きがある。日朝国交正常化推進
議員連盟(日朝議連)がその典型だ。西岡氏の指摘は深刻だ。

「日朝議連が6月に会合を開き、講師に朝鮮総連の機関紙、『朝鮮新報』
平壌支局長の金志永氏と田中均元外務審議官を招きました」

金氏は拉致問題は解決済みだと、田中氏は連絡事務所を設けて合同調査を
すべきだと、発言したそうだ。

「石破茂氏もこの会に出席しています。朝鮮総連の幹部達は足繁く、日本
の政治家の所に通って彼らの考えを吹き込んでいます。石破氏の自民党総
裁選挙の公約にも、彼らの主張が入っています」と西岡氏。

 石破氏は東京と平壌に公的な連絡事務所の設置を公約に掲げた一方で、
こうも語っている。
「拉致問題の全面解決がなければ、何も進展しないというものからは脱
却しなければならない」

拓也氏が切り捨てた。

「このような宥和論はナンセンスであり、妨害工作でしかない」

北朝鮮は国民一人一人に番号を振って管理している恐怖社会だ。その国に
連絡事務所を設けて、北朝鮮と共に拉致問題を調査するなど、拓也氏の言
うとおりナンセンスだ。

拉致解決には、まだ大きな山場を少なくとも二つ踏み越えなければならな
い。まず、米朝間で北朝鮮の核ミサイルの廃棄を実現しなければならな
い。そのためには圧力をかけ続けることも必要だ。二つ目は日朝交渉であ
る。北朝鮮はまだ、日本の世論をだませると思っている。そんなふうに彼
らに思わせているのが、日朝議連をはじめとした動きである。日本人はも
う北朝鮮の嘘にはだまされない。日朝議連のような考え方を断固、排除
し、国民、政治家、政党が心をひとつにして、拉致被害者全員を一括して
取り戻す決意を固めるときだ。

『週刊新潮』 2018年10月4日号 日本ルネッサンス 第821回

◆「軍事同盟」で退陣した内閣

渡部 亮次郎


若い頃、NHK記者として4年間駐在した岩手県には、後に総理大臣になる
鈴木善幸(ぜんこう)のほか小沢佐重喜(さえき)、椎名悦三郎ら、錚々
たる政治家がいた。言うまでも無く佐重喜は小沢一郎の父、椎名は副総裁
として田中角栄の後継首相に三木武夫を推して大失敗した。

そうした中で目立つようで目立たなかった男が鈴木善幸だった。三陸沿岸
の漁民の出。はじめは日本社会党から代議士になったが、間違いに気付い
て保守党に鞍替え、とうとう自民党総裁、総理大臣になった。

だが日米安保条約の何たるかも知らずに過ごし、自民党内のバランスに
のっていただけだったので総理大臣にまつり上げられたものの、「能力不
足」を晒して途中退陣した。

日本大百科全書(小学館)にはこう書かれている。

<国内では自民党の絶対多数を背景に、軍事力増強、実質的な靖国(やす
くに)神社公式参拝、参議院の比例代表制導入、人事院勧告凍結を実現し
た>。

鈴木善幸内閣]は1980(昭和55)年7月成立した。前任の大平正芳が総選挙
中、糖尿病の合併症たる心筋梗塞で急死したところ、「闇将軍」といわれ
て評判の悪かった田中角栄が裏で動いて、突如、鈴木善幸を後任として指
名した。私はその現場に居合わせた。

昭和55(1980)年6月12日未明、大平が死んだ。それに先立って、ホテルに
いた私に園田直(当時は無役)から電話。「大平さんが亡くなったらしい、
調べてくれ」で確認。弔問の為、虎ノ門病院で落ち合う。

彼も当時、糖尿病が悪化。減量の為服用していた利尿剤が効き過ぎてゲッ
ソリしていたので、マスコミの目を引いたことを覚えている。

病室から出てきた園田。車に乗ると「ナベしゃん、これからどうした方が
いいかな」。すかさず「目白へ行きましょう」「そうだワシもそう考えて
いた」。

角栄は先に弔問から戻っていたが、客は園田がその朝は初めてだった。約
1時間して出てきた園田。車中「善幸に決まった」と。「それは妥当なと
ころでしょう。大平派の後継者でもあるし」と私。

大平の死で有権者の同情は自民党に集まって総選挙は、大勝。分裂寸前
だった自民党を結束させ、抗争なしで鈴木政権は成立したのだった。

<「増税なき財政再建」を公約とし、1981年3月には臨時行政調査会を設
置し行政改革を最大の課題とした>。(同)

9月になって厚生大臣齋藤邦吉の不正献金がばれて辞職。その後任に園田
が推されたのは、多分に角栄の押しがあったと思われた。

<1981年1月鈴木首相が東南アジア諸国を歴訪、5月には日米首脳会談を開
き日米「同盟関係」を明記し、西側陣営の一員としてアメリカの対ソ戦略
に協力していく姿勢を明らかにした>。

しかし鈴木首相は首脳会談では、そんなことは話題にならなかったと一旦
は否定。共同声明から軍事同盟云々を消そうとした。日米の首脳が会談す
るという事は要するに日米安保体制を確認し、軍事同盟を再確認する事だ
という外交上の初歩的知識に首相は欠けていたのだ。

この混乱で鈴木首相は党内で孤立感を深めた。同一派閥であった外相伊東
正義が辞任した後を埋めるのに、厚生大臣のピンチヒッターだった園田を
またピンチヒッターにした。

しかし、園田は糖尿病が悪化。外遊しても飛行機から車まで歩けない場面
がしばしばとなった。マニラではとうとう日米首脳会談の共同声明なんて
どうでもいい軽い問題でしかない、といった趣旨の問題発言をして政権の
足を引っ張った。

事後になって鈴木は日米首脳会談について「オレは踊り(外交)の素人なん
だから、手ぶり身振りの最後まで教えないと踊れないよ。教えない外務省
が悪い」といった。外務省側は「初歩知識をお教えするのは失礼に当る
か、と」。

政治における知識や情報の扱い方はビジネスの世界とまるで異なる。ビジ
ネス界は「儲け」で一丸となっているが、政治の世界では役人と政治家の
間に抗争が隠されていたり、遠慮がはさまれたりして要は単純ではない。

しかし1982年6月2兆円以上の歳入欠陥が明らかとなって「増税なき財政再
建」は破綻し、行政改革も自民党・官僚の抵抗で後退を余儀なくされた。

さらに日米経済摩擦、日韓経済協力、教科書記述に対するアジア各国から
の批判といった難問を適切に処理できず、内外ともに手詰まりの状態のな
か、1982年10月12日突如退陣を表明した。

鈴木政治は難問を先送りにして解決を図るといった消極的姿勢を特徴とし
ていた。また党幹事長に二階堂進を起用するなど田中角栄の影響力を強く
受け「角影内閣」との異名をとった。>
日本大百科全書(小学館) (文中敬称略) 2010・4・4