2019年04月26日

◆奈良木津川だより 高麗寺跡 B

白井繁夫

飛鳥時代に創建されたと云われている古代寺院の「高麗寺跡こまでら跡」について、@では寺名が「高麗寺:こまでら」となった由来や時代の背景について、高麗寺跡Aでは発掘調査の出土品の中で、出土遺物の数量などが多くて年代を文様などから比較的に区分しやすい瓦(軒丸瓦.軒平瓦)から高麗寺について記述しました。

今回Bでは、昭和13年の第T期発掘調査の結果、国の史跡と認定された高麗寺跡の伽藍配置や瓦以外の出土品を精査して、V期調査まで(平成22年の第10次発掘調査まで)の間に確認された概要を下述します。

★高麗寺の創建は7世紀初頭、伽藍整備は7世紀後半、伽藍配置は法起寺式
  
 主要堂塔が東に仏舎利を祀る塔、西に本尊仏を祀る金堂を並置して、それを囲む回廊
が北の講堂、南で中門に接続している様式(南北回廊200尺:59.4m、東西201尺:
59.7mのほぼ正方形)
 高麗寺の伽藍配置は川原寺式から変化して法起寺式へと移行の初例と思われます。

★南門.中門.金堂が南面して一直線に並び、講堂の基壇が荘厳で特異な伽藍配置

川原寺式伽藍配置から法起寺式への変化の途上か?(添付の「各寺院の伽藍配置」参照)
高麗寺は西金堂の正面が南面し中門.南門と直線状に並びます。川原寺は北講堂.中金堂.中門.南大門は一直線状ですが西金堂は正面が東塔に対面しています。

(仏舎利を納めた塔より仏像を祀る金堂を重視する考え方か?
飛鳥時代から天平時代へと伽藍配置が変化する過程の先駆けではと思われます。)

高麗寺の講堂の基壇は三層構造の豪華さで、丁度川原寺の中金堂と同じ位置にあります。
高麗寺の初期設計時には講堂の場所に中金堂を予定していたのか?と思われるほど
基壇は荘厳な造りでした。
  
飛鳥時代、高麗寺が創建された時期には七堂伽藍を完備した寺院は飛鳥寺が国内では
唯一の寺院でした。その他の寺は一.二堂程度の草堂段階?(捨宅寺院?)であったと考えられています。

★高麗寺の南門の屋根には鴟尾があり、最古の築地塀が原形の状態で検出されました。

  南門跡は桁行20尺(5.94m)x 梁間12尺(3.56m)、屋根は切妻造りで鴟尾を
置いた八脚門、南門に接続する築地塀が南辺築地跡から原形を留めた、極めて良好な
状態で検出されました。

7世紀に築地塀が構築された例はいまだ検出されていません。8世紀の奈良時代になって  寺院の外画施設とする築地塀が一般的に用いられるようになったのです。

高麗寺の築地塀は7世紀後半のものであり、検出遺物は国内最古の出土物の例です。
白鳳時代の築地塀が残っていた事だけでも極めて珍しいのに、ラッキーにも壊れ方が建物の内側で原形を留めていたことです。

 (飛鳥寺南辺、川原寺南辺、東辺にも築地塀の存在説がありますが、現在も出土例は有りません。)

★高麗寺の終焉時期の推測

 文献上では廃絶が不明の寺院ですが、出土遺物の中から、平安時代の土器である灰釉陶器が見つかりました。この陶器から平安時代の末期頃(12世紀末から13世紀初)まで存続していたのではないかと云われています。

天武天皇は壬申の乱で功績のあった狛氏一族の氏寺の創建を認め、白鳳時代から奈良時代にかけて全盛期を迎えた高麗寺の状況ですが、聖武天皇が高麗寺の東方約3kmの瓶原(みかのはら)に恭仁宮を造営して、恭仁京(木津川市)へ遷都した頃(天平12年)、木津川の船上から見える高麗寺は南門の屋根には鴟尾が在り、当時は珍しい築地塀越に東塔が聳え西の輝く金堂など、当時の人々はこの大寺院を畏敬の念で仰ぎ見たことと思われます。

参考資料: 山城町史  本文篇  山城町
   南山城の寺院.都城 第106回 埋蔵文化財セミナー資料 京都府教育委員会
   木津川市埋蔵文化財調査報告書 第3.第4.第8集   木津川市教育委員会


2019年04月25日

◆パキスタンで未曾有の「軍人」テロ

宮崎 正弘


平成31年(2019)4月19日(金曜日)弐 通巻第6050号 

パキスタンで未曾有の「軍人」テロ、海軍と沿岸警備隊員を狙い
 落下傘部隊の制服は偽装か。14名を殺害。軍内の抗争、それとも?

パキスタンのパロチスタン地方。この地ではパキスタンからの独立を主張
し、これまでも頻発したテロはグアダール港開発の中国人を標的としてきた。

州都クエッタでは誘拐殺人。中国人のいる工事現場へのテロ攻撃など、こ
のため中国主導のCPEC(中国パキスタン経済回廊)プロジェクトは遅
延箇所がいくつか出ている。

4月12日にはクエッタの野菜市場で爆弾テロが発生し、20人が爆死、ほか
に50人が重軽傷を負った。同地区はハザラ人が多い地区として知られる。

4月18日午前0時過ぎ、カラチからグアダールへ向かうバスが、オルマラ
地区へさしかかったところ、落下傘部隊の制服を着込んだ男たち15人ない
し20人があらわれ、6台のバスに停止を命じた。

乗客のパスポート、IDカードのチェックがあって乗客は選別され、14人
が殺害された。東社の殆どは頭部を撃たれた。2人が負傷しながらも逃げ
出しが、国境警備隊員も銃撃戦で死亡した。

パキスタンの有力紙『ドーン』紙や『アルジャジーラ』英語版によれば、
落下傘部隊の制服を偽装したテロリストは、乗客のなかから、パキスタン
海軍兵士ならびに沿岸警備隊を選別していたという。

現場はカラチからグアダール港へいたる653キロの国道で、アラビア湾に
面した沿岸の幹線道路である。

標的が中国人から軍人に変化した。その理由は何か?

パキスタンの軍のなかで抗争が起きているのか、それともバロチスタン警
備と独立運動活動かの間に恨みが深まっていたのか? 

バロチスタンは英国がかつてにパキスタンに編入した経緯があり、住民は
独立を叫んでおり、英国に亡命している国王が居る。治安は悪く、タリバ
ンの秘密基地は、国際的テロリスト集団の根拠地にもなっていると言わ
れ、中国のプロジェクト現場はパキスタン軍が警備をしている。

インド、パキスタンのメディアはトップニュースにしているが、日本のメ
ディアはまだ一行も報道もない。

     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIE 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1万年にわたる縄文時代、草創期から前期、中期、後期にかけての変化
土偶のデザインの変化が意味する創造力の深さ、工芸の巧緻さ

   ♪
江坂輝彌『日本の土偶』(講談社学術文庫)
@@@@@@@@@@@@@@@@

30年前の名書が学術文庫に入った。本書は縄文土偶を、じつに300点を超
える図版を用いて、1万年以上前の日本人の生活や祈り、食事、その文化
を考察している。学者だけに推理も想像もなく、淡々と客観的事実だけを
列記し、それとなく推理小説のような解釈をした梅原猛らを言外に批判し
ている。

夥しい縄文遺跡の発見と、出土した土偶、こうした縄文土偶は草創期から
製作されていたことが近年の縄文考古学でひろく認定され、しかも縄文土
偶は世界的な考古学者、美術史家の関心を集めている。

「土偶を作ったのは私たち同様近代的な人間だった」。そして「縄文人が
抽象的思考や表現、そして言語能力を私たちと共有し、また私たちと同じ
ように精巧な職人技や奇抜さを評価していた」(セインズベリーの序文)

評者(宮崎)は中学時代の歴史教科書で、静岡の登呂遺跡が日本で最古の
遺跡と教わった。

それが固定観念のように脳裏にこびりついて離れず、高校時代に無銭旅行
であちこち旅をしたときにわざわざ登呂へ見学に行った。近くの小・中学
は遠足のコース、遠くからも観光バスを仕立てて、もの凄い人出があっ
た。連日、登呂遺跡は超満員で周囲にはお土産や、レストラン、駐車場が
足りないと悲鳴を挙げていた。

過日、新幹線を静岡で降りて、登呂遺跡を再訪してみた。

じつに半世紀以上前に来てから歳月は流れてしまった。驚いたのはレスト
ランも土産店も閉鎖され、そもそも見学者がほとんど居ない。駐車場はが
ら空き、寂れ果てているではないか。

地元のタクシーの運転手が言う。

「あれから縄文遺跡があちこちに発見されて、登呂遺跡は弥生式時代でも
あって、『新しい』遺跡。いまじゃ、駐車場はいつもあいている」

本書は、縄文遺跡を全国に訪ねた専門家が、出土した土偶を中心に、装身
具や祭器などを分析し、その用途に思いを馳せながら、考察を深める。

一覧できる羅列形式なので、ロマンを期待する向きには、文章に綾もな
く、ひたすら淡々と事実が並び、土偶やアクセサリーの出土場所、発見日
時、発見者、出土したときに状態と形状、寸法などを克明に紹介している。

1万年にわたった縄文時代は草創期から前期、中期、後期に別れるが、そ
の期間の移行に伴っての変化が土偶のデザインにあらわれた。その変化が
意味することは縄文人の創造力の深さ、工芸の巧緻さである。

さて評者にとって本書を読んでの大発見は、次の箇所だ。評者は歴史学者
でも考古学者でもないから、素人の発想から注目したのである。
江坂氏はこう書いている。

「1940年頃、奈良県橿原神宮外苑、現在の橿原公苑地区の遺跡の発掘調査
に(亀岡遺跡の遮光土偶の影響を受けた)多数の土偶が出土した」(191p)
多くは破損していたが、出土品のなかには「耳の位置に小円孔のある土
偶」が含まれており、縄文後期のものと認定される(211p)。

装飾品はペンダント、腕輪、イヤリング。つまり縄文女性はピアスをして
いたのである。

このさりげない文章には重要な意味がある。

橿原神宮と言えば、神武天皇が即位した神社であり、畝傍山麓にあって同
敷地内には神武天皇陵、綏靖天皇陵がある。

すなわち『古事記』によると、神武天皇の即位は紀元前660年であり、
世界史的にいえば同時代にはバビロニア帝国が築かれたネブカドネザル大
帝の時代に重なる。日本史では縄文後期から弥生時代の重複期にあたる。

林房雄が『天皇の起源』のなかで述べたように、天皇の原型が縄文中期に
成立したという仮説は、神武以前の統治者たち、集落の長、そして地方の
豪族の長を統一していった王、大王、スメラミコトと変貌した統治者が神
武以前にも何代も続いていたことを傍証することにも繋がっている。
       

◆ドゥテルテ比大統領が示す中国への怒り

櫻井よしこ


「ドゥテルテ比大統領が示す中国への怒り 国際社会で共に対処する発想
こそ重要だ」

フィリピンのドゥテルテ大統領が4月4日、自国が領有する南シナ海の島周
辺に数百隻の中国船が押し寄せているとして、中国に強い不快感を表した。

「パグアサ島に手を出すな。手を引かない場合、自爆任務を担う部隊を送
り込むことも辞さない」と、当然のことだが、領土に関しては一歩も引か
ない構えを示した。

パグアサ島は南シナ海のスプラトリー諸島の一部で、フィリピンが領有す
る9つの島の内、最大の島だ。住民はおよそ100人である。

今年2月4日、国防大臣のロレンザーナ氏は、同島の港湾施設の改良工事が
進行中だと発表した。空港の滑走路などが老朽化しており、早急に修理が
必要で、資材搬入に港の整備が必要だという。同計画は前年末には完成予
定だったが、中国の不当介入で進行は遅れ、現在も未完成だ。

中国はどのように介入してきたのか、ロレンザーナ氏が昨年11月に語って
いる。

「フィリピン駐在中国大使がパグアサ島の港の整備計画中止を要求
(urged)してきました」

フィリピン政府が自国領の島を整備するのに、中国が口を挟むべき理由な
どない。だが、中国は以前から露骨に介入し続けている。2017年8月、
フィリピン漁民が同島の砂州に休憩用の小屋を建てたとき、中国側は小艦
隊を派遣して島を取り囲んだ。100隻近い漁船も押し寄せた。フィリピン
政府は米沿岸警備隊から譲り受けたハミルトン級の艦船を派遣した。

シンクタンク「アジア海洋透明化構想(AMTI)」によると、パグアサ
島に押し寄せた中国漁船はすべて中国海洋軍への所属を示す旗を立ててい
た。さらに注目点は、漁船の大半がGPS(全地球測位システム、中国の
GPSは「北斗」)を搭載していなかったことだ。約100隻の漁船の内、
「北斗」搭載は一隻だけだった。残りの小型漁船は何を期待されているのか。

シンクタンク「国家基本問題研究所」研究員で東海大学教授の山田吉彦氏
は語る。

「中国政府は彼らを、パグアサ島に置き去りにするということでしょう。
漁民たちにはその島の住人となって、中国政府の次の指令を待つことが求
められていると思います」

漁民の中には軍人も当然交じっている。彼らはいざという時には立ち上
がって中国軍と一緒に島を奪う。彼らの常套手段だ。

中国は南シナ海を派手に埋めたてて国際社会の反発を招いたが、派手な立
ち回りの陰で、パグアサ島のように、国際社会が余り注目しない、目立た
ない島々でも確実に侵略の手を広げている。まさにその点で憂慮すべき事
態が起きていると、AMTIが警告する。

南シナ海の北部にあるパラセル諸島のボンベイ礁に中国が新たなプラット
ホームを建てた。灯台しかなかった島に、27メートル×12メートルのプ
ラットホームが海面から一定の高さの所に造られ、124平方メートルの太
陽光パネルが設置された。隣に航空機用のレーダーアンテナを保護する屋
根も見てとれる。建造物の下部構造は、衛星情報では判断できない。

AMTIの専門家はこれを次のように分析した。ボンベイ礁はパラセル諸
島とスプラトリー諸島間の航行路の要衝に当たるため、ここにレーダーを
設置して行き交う船の情報すべてを得ることが目的と思われる。比較的小
型の設備で十分に機能するため、インテリジェンスの視点では非常に重要
な役割を果たし得る。目立たない形で、中国は情報戦における対米優位を
確立できる。国際社会の非難の的になる派手な大規模工事から隠密行動へ
と、中国は戦術転換をしたとの分析だ。

ドゥテルテ大統領の怒りを共有して、共に対処する発想こそ重要だ。

『週刊ダイヤモンド』 2019年4月20日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1276

◆「支那」は次官通達で禁止

渡部 亮次郎
       

私のメルマガ「頂門の一針」に読者から投書があった。

<渡辺はま子のヒットソングを挙げると、まず昭和15年の東宝映画「蘇州
夜曲」の主題歌「支那の夜」でしょうが、「ウィキペディア」でも「支
那」という言葉は使いたくないのでしょうか。

「渡辺はま子」の検索では出てきませんね。「支那の夜」で検索すると出
てきますが。

私は、子供の頃、父がこの歌が好きでよくレコードを聞いておりましたの
で、しっかりと記憶しております。

戦後「支那」という言葉がタブーになりましたので、「支那の夜」を聞く
機会がなくなってしまい残念に思っておりました。

渡辺はま子が亡くなった夜かそのあくる夜か、NHKで渡辺はま子の追悼番
組がありましたが「支那の夜」は最後まで放送してくれませんでした。
(剛)>

NHKは「ラジオ深夜便」で09・7・6にも「日本の歌・こころの歌」で渡辺は
ま子を特集したが、「支那の夜」には一言も触れなかった。支那(しな)
と言いたくないのである。

支那事変の始まったのは小生の生後1年の1937年。事変など知らずに育
ち、対米戦争では田圃の中で艦載機に狙われて草むらに隠れた。

長じて特派員として北京に飛んだが、すでに「支那」でなく中華人民共和
国になっており、爾来「支那」に無関心で来た。大方もそうであろう。

「ウィキペディア」は
<支那(しな)は、中国または「中国の一部」を指して用いられる、王朝
や政権の変遷を越えた、国号としても使用可能な、固有名詞の通時的な呼
称。本来、差別用語ではないが、何らかの圧力などにより、差別語とみな
される場合が殆どである>と説明している。

詳しく調べてみると「何らかの圧力」とは、敗戦と共に加えられた「中華
民国」からの「圧力」だった。

大東亜戦争で日本の敗戦後は戦勝国陣営である中華民国政府からの呼称を
めぐり「支那」を使うなという圧力がかかった。これを承けて日本外務省
は1946(昭和21)年に事務次官通達により日本の公務員、公的な出版物に
「支那」呼称は禁止され、その代わりに「中国」の呼称が一般化されるよ
うになった。マスコミもこれに準じた。

現代の日本で「中華人民共和国」を指しての「支那」、「支那人」という
言葉は半ば死語と化しており、一般的には中国、中国人という呼称に取っ
て代わられている。

学術用語や「支那そば」は「中華そば」という言い換え語がすでに一般化
している。また、「沖縄そば」を支那そばと呼称していた時期もあるが、
これも今日ではほとんど使われない。

「東シナ海」等の、国家のことではなく地域のことを指す場合や「支那事
変」などの歴史用語として用いられている場合はある。

中国では、世界の中に中国を客観的に位置づける場合に「支那」の呼称が
学者の間で広く永く使われていた。早くから異文化に学んだ仏教徒の間で
は特にその傾向が顕著である。

また清の末期(19世紀末―1911年)の中で、漢人共和主義革命家たちが、
自分たちの樹立する共和国の国号や、自分たちの国家に対する王朝や政権
の変遷をこえた通時的な呼称を模索した際に、自称のひとつとして用いら
れた一時期がある。

日本では、伝統的に漢人の国家に対し「唐」や「漢」の文字を用いて「か
ら、とう、もろこし」等と読んできた。明治政府が清朝と国交を結んでか
らは、国号を「清国」、その国民を「清国人」と呼称した。

支那という言葉は、インドの仏教が中国に伝来するときに、経典の中にあ
る中国を表す梵語「チーナ・スターナ」を当時の中国人の訳経僧が「支
那」と漢字で音写したことによる。「支那」のほか、「震旦」「真丹」
「振丹」「至那」「脂那」「支英」等がある。

日本においては、江戸時代初期より、世界の中に中国を位置づける場合に
「支那」の呼称が学者の間で広く使われていた。これは中国における古来
の「支那」用法と全く差がない。江戸後期には「支那」と同じく梵語から
取ったChinaなどの訳語としても定着した。

日本人が中国人の事を支那人と呼ぶようになったのは江戸時代中期以降、
それまで「唐人」などと呼んでいた清国人を「支那人」と呼ぶべきとする
主張が起こり、清国人自身も自らのことを「支那人」と称した事に因む。

戦前・戦中は中国人を日本人に敵対する存在として、「鬼畜米英」など
と同様に、「支那」が差別的ニュアンスと共に使用される場合もあった
が、「支那」自体が差別語であったわけではない。

しかし、戦後、中国人・台湾人が差別的ニュアンスとともに使われること
もあったことへの反撥を表明するようになってからは、差別語であるとい
う感覚が生じた。2009・07・16

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

◆奈良木津川だより 高麗寺跡 A

白井繁夫


「史跡 高麗寺(こまでら)跡」は木津川の右岸の棚田の中(山城町上狛)で、建物がないためか、観光客も少なく、飛鳥時代に創建された国内最古の仏教寺院「飛鳥寺」と同笵の瓦が出土した国の史跡の古代寺院跡と思われずに千年の時が経って来たのです。

この高麗寺跡の第T期発掘調査(昭和13年)から第V期(平成22年度の第10次発掘調査)までの調査で出土した遺物や伽藍跡から皆様と高麗寺の建立の様子や歴史を観て行こうと思います。

高麗寺は渡来氏族の狛氏の氏寺として7世紀初(610年頃)には存在していただろうが、出土遺物などから、12世紀末から13世紀初期ごろに消滅したと推察されています。

高麗寺跡の出土遺物には金銅製の破風(はふ)拝み金具、円盤等の建造物の装飾金具、南
門の屋根の鴟尾や最古の築地塀などがあり、更に各時代を現す文様の瓦や三層基壇の講堂など高麗寺の伽藍は驚嘆するような荘厳さで、文明の先端を行く寺院と推察されます。

最初に年代を調べるために、高麗寺の出土遺物で数量が多くて比較的に年代を決めやすい文様瓦(軒丸瓦.軒平瓦)を中心に4期に分けた瓦から始めます。

T期の瓦 飛鳥時代の瓦(軒丸瓦:十葉素弁蓮華文じゅうようそべんれんげもん)
   
  日本最古の寺院「飛鳥寺」の創建時の瓦と同じ型で作られている。京都府下では当然
  最古の瓦ですが、高麗寺から4点しか出土していません。(飛鳥時代に瓦葺の建物が確実に存在していたのか?堂宇は萱葺だったのか?)

U期の瓦 白鳳時代の瓦(軒丸瓦:八葉複弁ふくべん蓮華文、軒平瓦:重弧じゅうこ文)
     川原寺式の瓦と同笵でもあり出土量が圧倒的に多種大量です。

  川原寺式の瓦:古代瓦では最も文様が華麗で日本各地に普及した。地域文化の指標にもなった瓦ですが、高麗寺の瓦は原初的な川原寺創建時と同じ型の瓦から始まり、さらに発展した瓦など多種類が出土しています。(高麗寺は660年頃本格的に造営された伽藍建築の寺院となったのです。)

(川原寺は天智天皇が母(斉明天皇)の冥福を祈るため建立した寺で、飛鳥4大寺の一つ、
 壬申の乱で勝利した天武天皇が崇敬していた寺院であり、天武天皇に味方した各地の豪
族に恩賜として瓦の使用許可が与えられました。山城国では南山城に集中しており、地方では尾張、美濃、伊勢などが特に多い。)

南山城:木津川市の古代寺院では高麗寺と蟹満寺が有名です。
(前代の古墳時代:各豪族は氏族の権威の象徴として大古墳を築きましたが、飛鳥時代以降は氏族の権威となるモニュメントが大寺院の建立に変化しました。)

壬申の乱では渡来氏族の狛氏一族が大海人皇子に味方して大変貢献したため、高麗寺が
最初に川原寺の創建時の瓦(同笵瓦)の使用許可を得たのです。その後、川原寺式瓦は
高麗寺を核として南山城の3郡にも広がりました。

「蟹満寺:国宝の白鳳仏が有名」から川原寺式瓦の破片が出土したことから、白鳳時代
末期(7世紀末から8世紀初)に創建されたと云われているのです。
蟹満寺は前代に平尾城山古墳.稲荷山古墳を築いた豪族の後裔氏族が建立したのでは?と云われています。

V期の瓦 奈良時代の瓦(軒丸瓦:蓮華文、軒平瓦:均整唐草文)平城宮式瓦や「中臣」
   と文字がある平瓦、恭仁宮式軒瓦など恭仁京造営時に製造した瓦も出土しました
が多種少量のため、高麗寺の修理用として八世紀に使用した瓦と思われます。

W期の瓦 平安時代前期の瓦(軒丸瓦:蓮華文、軒平瓦:唐草文)修理用に高麗寺独特の瓦が少量作られた。(この時代以降の瓦は出土していないので、高麗寺の大伽藍は平安時代以降修理など出来ずに荒廃にまかされたか? 法蓮寺の棟札では金堂などが室町時代まで存在していたようですが?)

高麗寺を軒瓦から観た場合、飛鳥時代(610年頃)萱葺の堂?が創建され、白鳳時代、
川原寺式に準じた七堂伽藍の本格的寺院の造営(7世紀後半)が施工され、法起寺式伽
藍建築へ繋がって行きました。

奈良時代(8世紀)に聖武天皇が恭仁京(木津川市)へ遷都(740年)して都城の造営
時には高麗寺も独特の瓦を作り、他寺院にも供給しました。

しかし、平安時代初期の修理用の瓦の出土が最後でそれ以降の瓦の出土は有りません。
瓦から調べた高麗寺の創建時期の推測や隆盛時代は分りますが、歴史(終焉)は何世紀
か判断は困難です。

瓦以外の出土遺物や伽藍跡の発掘調査、昭和13年の第T期からV期(平成22年の10
次調査)まで、から高麗寺の概要を視ようと思います。(つづく)

参考資料:山城町史 本文篇 山城町、
南山城の寺院.都城 京理セミナー資料No.0106−327
史跡 高麗寺跡 第10次発掘調査概報 木津川市教育委員会

2019年04月24日

◆花房晴美室内楽シリーズin上野

        馬場 伯明


2019.4.18(木)19:00〜上野の東京文化会館小ホールでコンサートが
あった。「花房晴美室内楽シリーズ:パリ・音楽のアトリエ〈第16集 ピ
アノ、西洋と日本の笛〉」だ。満席だった。

私は花房晴美氏を近くで見たことはあるが話したことはない。受付で貰っ
た「プログラムノート」から紹介する。(以下「花房さん」の呼称でお許
しいただきたい)。

《 華麗な演奏が魅力の、日本を代表するピアニストの一人。国際的にも
高く評価されている。桐朋学園高校を首席で卒業後、パリ国立音楽院で学
ぶ。エリーザベト王妃国際コンクール他、数々の国際コンクールに入賞。
国内でのリサイタルの他、NHK交響楽団をはじめとする日本の主要オーケ
ストラとの共演も数多い。CDも数多くリリース、最新CDは「フランス室内
楽作品集〜花房晴美 ライブ・シリーズV」で、レコード藝術、朝日新聞等
で高い評価を受ける。

国外の活動も活発で、2011年1月にはニューヨーク カーネギー・ホールで
ニューヨークデビュー公演を行ない、2013年3月にはマイケル・シンメル
芸術センター(ニューヨーク)にて、「西村朗:ピアノ協奏曲〈シャーマ
ン〉」をアメリカで初演し、大きな話題を呼んだ。2010年からシリーズ:
「パリ 音楽のアトリエ」をスタートさせ第17集を2019年11月15日に予定
している》。

まずお断りしておきたい。私は音楽についてはまったくの素人である。
かつて本誌に「音痴とカラオケ(2005.6.28)」を書き、とくにリズム音
痴であることの悲哀を告白した。もっと昔の大学時代、学園祭の教養部ク
ラス等対抗合唱コンクールがあり、指揮をしたバイオリニスト(京響コン
サートマスター)の同級生のM君から「馬場君、口を開け動かしてもいい
が、声は出さないでね!」と頼まれた。

青信号の前で1人だけ走りだされては困るというわけだ。私の(沈黙の)
参加によりクラスは見事に優勝した。混声合唱の女性パートはK女子大の
協力を得ていたが、ある女子学生から「優勝できよかったですね」と言わ
れ、喜怒哀楽の複雑な気分だったことを思い出す。

もう一つ。「いい音楽を聴けば眠くなる」。経験を書く。1970年大阪万博
でS・リヒテル(ソ連:当時)が初来日。当時私は倉敷市の製鉄所に勤務
していた。岡山市での公演に、友人のT君が8,000円の券を買ったが都合が
悪くなり4,000円で私に押し付けた。しかし、私は2時間演奏の半分は眠っ
ていた。つまり、単価は8,000円相当である(笑)。

だから、私には、このコンサートの「内容!」に立ち入り語る資格も評価
する能力もない。著名なピアニストである花房さんの演奏の形式的な紹介
と私的な感想を述べるだけである。当日は辛うじて睡魔に勝った。

まず、この夜のプログラムは、1.(楽器)ファゴットとピアノの共演。
ファゴット演奏はマティアス・ラッツ氏。スイス・ムーリのコンクールに
おけるファゴット部門の音楽監督、およびチューリッヒ芸術大学教授と。
2つの作品が演奏された。「フランセ:ファゴットとピアノのための2つの
小品」「サン・サーンス:ファゴット・ソナタ」。

ファゴットという楽器の単独演奏は初めて聴いた。長身のラッツ氏は長い
ファゴットを自由自在に操る。穏やかで澄み切った音色と、それを追いか
けるような花房さんのピアノの音がなじんでいた。

次は、アメリカ人のジョン・海山・ネプチューン氏。尺八奏者である。彼
も背が高く花房さんは大きく見上げるほど。日本をはじめ東南アジア、欧
米、豪などで演奏活動をしている。日本の代表的な尺八奏者の一人でもあ
り、千葉県鴨川市に住み、作曲、尺八の製作・改良も手がける、と。

演奏曲は、一柳彗(とし)氏の「尺八とピアノのための『ミラージュ』」
と海山氏の書き下ろしの「TIE TOGETHER」。「和洋楽器のこんなコラボも
あるんだ!」と私は正直驚いた。ピアノの高低音域の間を尺八の音が通り
抜け、響き合う。混然とした不思議な音が小ホールを満たした。

花房さんが190cmもありそうな大男の2人を紹介した。両手を広げた彼女の
姿は小さくは見えず、2人はお姫様のボディガード風に見えた。

花房さんのピアノの単独演奏はフランツ・リストの曲だった。一つは「二
つの伝説」。「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」と「波の上
を渡るパオラの聖フランチェスコ」。でも、仏教徒の私にはキリスト教の
宗教音楽や聖フランチェスコとやらの説教や法話のような解説がわかるは
ずもない。ただ、花房さんのピアノの音色は心地よいものであった。

リストの演奏のもう一つは「『超絶技巧練習曲』より第4番『マゼッ
パ』」。私は入口通路右手の席(自由席)だったので、身体全体の動きも
手元の指の動きもよく見えた。「目にもとまらぬ早業」とはこういうこと
を指すのだろう。超高速で寄せては返すアルペジオ。何という忙しさ。終
盤、天が落ちてくる心配(杞憂)をしなければならないような轟音であ
る。すごい〜〜〜。でも、この轟音はunder controlなのである。

花房さんは紅いドレスの裾をひらりと翻し椅子に掛ける。黒いアンダー
ウェア・タイツの奥が見えるかのような勢いだ。ドレスはふわりと宙を舞
い椅子を覆った。「さあ、弾きますよ!」。強い意思が漲る。花房さんの
「細腕繁盛記」だ。白い「細腕」から魔法の音が紡がれる。その技術と体
力・・・その能力に驚嘆する。その力はどのようにして蓄積されたのか。

演奏者は曲目が終わる毎にお辞儀をする。お辞儀と言えば思い出す。
2018.9.9三笠宮彬子妃殿下が、トルコのケマル・アタチュルク廟に献花さ
れた後の所作(お辞儀)がトルコ国内のweb siteで大きな反響となった。
「私たちの英雄にあんなに心のこもった敬礼をしてくれたプリンセス!」
「なんてエレガントで美しいのでしょう」と。

花房さんのお辞儀は彬子妃殿下のそれに勝るとも劣らないものであった。
でも、会場は撮影禁止だから、花房さんのお辞儀を見るためには現場へ行
くしかない(笑)。次の2019.11.15公演までお待ちください。

花房さんとともに歳を重ねてきたのであろう。ホールには年配の人が多
かった。たまたま私の横には若い女性が座った。休憩時間に話せば中国か
ら来ている揚琴奏者(Yang Qin Player)という。弦を叩いて鳴らす中国
の伝統的打弦楽器。尺八奏者ネプチューン・海山氏とは知己らしい。

ところで、「花房」って何だろう。「1. (花の)萼(がく)の異称。2.
総状をなして咲く花(広辞苑)」。枕草子にもある。「めでたきもの 唐
錦。飾り太刀。(中略)色あひよく、花ぶさ長く咲きたる藤の、松にかか
りたる」(第九十二段・能因本 枕草子全注釈 二 田中重太郎)。 

【通釈】「すばらしくてりっぱなもの。唐の錦。飾りを施した太刀。(中
略)色あいがよく、花房が長く咲いている藤(の花)が、松の枝にかかっ
ている風情(もすばらしい)」。

それでは、ここで、私の腰折れ(歌)を一つ。長崎県雲仙市の実家の小庭
には古い藤棚がある。

ふるさとの花房の藤咲きしとふ
縁に顕(た)ちくるたらちねの亡母(はは)

藤の花房は晴れやかで美しい。鳴りやまぬアンコールに応え花房さんがピ
アノの前で挨拶をした。身体は細いが見目麗しく洋風の艶やかな容姿であ
る。ところが、話しぶりは、少女のようにはにかみかわいらしい。

「(超絶技巧練習曲の)音の洪水(!)でしたので、ショパンを(笑)」
と。心が洗われるようなピアノの音色だった。そして、花房さんは、会場
の拍手に惜しまれつつ退出。コンサートは静かに幕を閉じた。

プログラムノートに《″巨匠ピアニスト名鑑のHの項に、クララ・ハスキ
ル、ウラディーミル・ホロヴィッツ(Horowitz 1903~1989)に並んで、い
ずれ花房晴美の名が刻まれるであろう″ハイファイステレオ誌》とあった。
1980年頃の(大胆な)記事らしいが、ぜひ、そうなってほしい。
(2019.4.21千葉市在住)

(追記)日経電子版「ビジュアル音楽堂」2016.4.16より抜粋する。
《・・・「日本では印象派をはじめフランス近代絵画がすごく人気なの
に、同時代のフランスの音楽はなぜあまり聴かれないのか。そんな疑問が
出発点です」。東京都心の花房さんの自宅。地下2階なのに陽光も取り込
める広々とした練習室で、彼女は“パリ・音楽のアトリエ”のシリーズ公演
を続ける理由を話し始めた。三方を鏡の壁に囲まれた西欧風の部屋にスタ
インウェイやヤマハのピアノが5台並ぶ。香水や壁掛けの絵画、食器や写
真などに彼女のフランス趣味が感じられる。・・・(池上輝彦)》

◆アサンジ逮捕の顛末は漫画的

宮崎 正弘


平成31年(2019)4月19日(金曜日)通巻第6049号  <前日発行>

一連のドタバタ、アサンジ逮捕の顛末は漫画的でさえある
裏切り者の末路なのに、アサンジ支持の左翼は抗議集会、ウィルス攻撃
 
ウィキリークスの創業者、少年時代からの天才的ハッカー、世界の情報漏
洩のセンター、婦女暴行常習犯、奇行愛好家、そして自由世界の機密を漏
らした裏切り行為の数々。世界にその悪名を轟かせたジュリアン・ポー
ル・アサンジが4月11日にロンドンで逮捕され、起訴された。

米国は国防総省、国家安全保障局などから機密情報を盗み出しウィキリー
クスに掲載したことを反逆罪と見なしており、いずれ身柄の引き渡しを英
国に要求すると見られる。

アサンジは2016年の大統領選挙のおりも民主党本部のコンピュータに忍び
込んで機密を盗んだとされ、げんにヒラリー・クリントンは「わたしがト
ランプに負けたのはアサンジの所為よ」と批判しているくらいだ。

また国防機密は米国内における協力者マニングという共犯者がすでに逮捕
され、服役しているため米司法省は主犯格のアサンジを法廷で裁くのは当
然としている。

アサンジがロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んで亡命を求めたの2012
年6月だった。

爾来7年、寛大なエクアドルは彼を大使館内に住まわせ、その大使館とい
う治外法権を活用したアサンジのスパイ行為を黙認した。アサンジ警護の
ためにエクアドル政府はおよそ6億5千万円、くわえて食費など大使館七
年間滞在中にアサンジに使われた金額はおよそ7億円に達する。エクアド
ルは貧困な国であり、この出費は納税者の税金でまかなわれる。

エクアドルは赤道直下という意味だが、政治的にも不思議のくに、でもあ
る。太平洋上はるか沖1000キロにはガラパゴスをかかえ、他方でバナナ、
カカオ、珈琲など輸出国としても知られるが、法定通貨は米ドルなのである。

首都はグアイキル。人口は1400万。ひとりあたりのGDPは6000ドル弱。
最大都市はキトだ。

これらの輸出に携わる商社、明治時代からの移民があって、ささやかな日
系社会もあるが、国民の主力は原住民とスペインの混血である。

アサンジは英国のエクアドル大使館をスパイ活動のセンター化し、施設内
では寄行を繰り返し、さんざんな悪態のうえ、エクアドル政府の機密を
ウィキリークスに漏らしていた。とくにモレノ大統領の私的会話やら、家
族の機密を漏らしたため、大統領側も激怒していた。

もともとエクアドル政府が、アサンジ亡命を受け入れたのは、反米という
政治イデオロギーからである。

コレア前大統領は反米政治家で、騒ぎを大きくしようと受け入れ指示を出
したとされる。その証拠に、現在、事実上ベルギーに亡命しているコレア
は「モレノ政権のアサンジ逮捕は自由言論への野蛮な挑戦だ」と反米意識
丸出しの非難声明を出している。

世界をかき荒らしたアサンジの直接の犯罪容疑は、2010年にスウェーデン
で四件の婦女暴行で訴えられ、裁判となり、保釈が認められたが、2012年
に保釈中の身でありながらスイスに亡命を申請し却下されたりした。

そこでロンドンのエクアドル大使館に逃げ込んだが、エクアドルはアサン
ジに市民権をあたえたばかりか、2017年には国籍も与えた。それほど厚遇
だった。今回の逮捕により、市民権剥奪、国籍取り消しも予定している。
なおスエーデンは告訴を取り下げている。


 ▲反米国家なのに通貨は米ドル、急速に親米外交に修正していた

温厚で福祉政策を推進するレーニン・モレノ(エクアドル大統領)を激怒
させたのは、限界を超えた悪行で、壁に汚物を塗りたくったり、警備員を
殴ったりのやりたい放題を、これ以上放置できなくなったからだとされる。

しかし実際は反米路線から大規模な軌道修正で、エクアドル外交を親米路
線に切り替えたことが基本の流れにある。

その前段階にエクアドルは、南米諸国家のALBA(ボリバル同盟)から
脱退し、ついでUNASUR(南米諸国連合)からも脱退。米国と急速に
関係修復に動き、ペンス副大統領が訪問したあたりから、米国は武器供与
を再開した。

そもそもモレアは、コレア政権十年の時代、副大統領であった。また1990
代に銃撃を受けて半身不随となり、車いす生活。世界でも珍しい車いす元
首として福祉予算を50倍にするなどノーベル平和賞推薦の動きがあったほ
どだった。


 ▲南米で親米路線は難しい選択なのだ

モレアはタイミングを選んだ。

南米諸国の中でエクアドルは孤立を避けたい。なにしろアサンジ保護は反
米諸国からは歓迎され、称賛されていたのだから。

しかし、南米諸国の団結は脆かった。

転機はベネズエラだった。原油価格暴落によって経済が立ちゆかなくなっ
たベネズエラは中国に救いを求めたが、ひややかにあしらわれた。インフ
レ率はついに280万倍、通貨は紙くず化し、国民の350万人がブラジ
ルとコロンビアに批判した。

資金枯渇のベネズエラはニカラグア支援が困難となり、このタイミングを
選ぶかのようにトランプ政権はニカラグア、ベネズエラ、キューバの三カ
国に対して規制強化と経済制裁を加えるとした。

このタイミングを見逃してはならない。モレアはアサンジ追放を決定した。

他方、アサンジ逮捕に抗議し、言論の自由の弾圧だなどと豪、スペインな
どでは極左グループが集会を開催したほか、ハッカーにとってアサンジは
英雄。逮捕直後からエクアドル政府にかけられたサイバー攻撃は4000万回
を超えた。

◆ドゥテルテ比大統領が示す中国への怒り

櫻井よしこ


「ドゥテルテ比大統領が示す中国への怒り 国際社会で共に対処する発想
こそ重要だ」

フィリピンのドゥテルテ大統領が4月4日、自国が領有する南シナ海の島周
辺に数百隻の中国船が押し寄せているとして、中国に強い不快感を表した。

「パグアサ島に手を出すな。手を引かない場合、自爆任務を担う部隊を送
り込むことも辞さない」と、当然のことだが、領土に関しては一歩も引か
ない構えを示した。

パグアサ島は南シナ海のスプラトリー諸島の一部で、フィリピンが領有す
る9つの島の内、最大の島だ。住民はおよそ100人である。

今年2月4日、国防大臣のロレンザーナ氏は、同島の港湾施設の改良工事が
進行中だと発表した。空港の滑走路などが老朽化しており、早急に修理が
必要で、資材搬入に港の整備が必要だという。同計画は前年末には完成予
定だったが、中国の不当介入で進行は遅れ、現在も未完成だ。

中国はどのように介入してきたのか、ロレンザーナ氏が昨年11月に語って
いる。

「フィリピン駐在中国大使がパグアサ島の港の整備計画中止を要求
(urged)してきました」

フィリピン政府が自国領の島を整備するのに、中国が口を挟むべき理由な
どない。だが、中国は以前から露骨に介入し続けている。2017年8月、
フィリピン漁民が同島の砂州に休憩用の小屋を建てたとき、中国側は小艦
隊を派遣して島を取り囲んだ。100隻近い漁船も押し寄せた。フィリピン
政府は米沿岸警備隊から譲り受けたハミルトン級の艦船を派遣した。

シンクタンク「アジア海洋透明化構想(AMTI)」によると、パグアサ
島に押し寄せた中国漁船はすべて中国海洋軍への所属を示す旗を立ててい
た。さらに注目点は、漁船の大半がGPS(全地球測位システム、中国の
GPSは「北斗」)を搭載していなかったことだ。約100隻の漁船の内、
「北斗」搭載は一隻だけだった。残りの小型漁船は何を期待されているのか。

シンクタンク「国家基本問題研究所」研究員で東海大学教授の山田吉彦氏
は語る。

「中国政府は彼らを、パグアサ島に置き去りにするということでしょう。
漁民たちにはその島の住人となって、中国政府の次の指令を待つことが求
められていると思います」

漁民の中には軍人も当然交じっている。彼らはいざという時には立ち上
がって中国軍と一緒に島を奪う。彼らの常套手段だ。

中国は南シナ海を派手に埋めたてて国際社会の反発を招いたが、派手な立
ち回りの陰で、パグアサ島のように、国際社会が余り注目しない、目立た
ない島々でも確実に侵略の手を広げている。まさにその点で憂慮すべき事
態が起きていると、AMTIが警告する。

南シナ海の北部にあるパラセル諸島のボンベイ礁に中国が新たなプラット
ホームを建てた。灯台しかなかった島に、27メートル×12メートルのプ
ラットホームが海面から一定の高さの所に造られ、124平方メートルの太
陽光パネルが設置された。隣に航空機用のレーダーアンテナを保護する屋
根も見てとれる。建造物の下部構造は、衛星情報では判断できない。

AMTIの専門家はこれを次のように分析した。ボンベイ礁はパラセル諸
島とスプラトリー諸島間の航行路の要衝に当たるため、ここにレーダーを
設置して行き交う船の情報すべてを得ることが目的と思われる。比較的小
型の設備で十分に機能するため、インテリジェンスの視点では非常に重要
な役割を果たし得る。目立たない形で、中国は情報戦における対米優位を
確立できる。国際社会の非難の的になる派手な大規模工事から隠密行動へ
と、中国は戦術転換をしたとの分析だ。

ドゥテルテ大統領の怒りを共有して、共に対処する発想こそ重要だ。

『週刊ダイヤモンド』 2019年4月20日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1276

◆木津川だより 高麗寺跡 @ 

            白井繁夫


古代の仏教寺院「高麗寺(こまでら)」の創建は不明ですが、「高麗寺跡」の発掘調査から飛鳥時代に創建された日本最古の寺院「飛鳥寺(法興寺)」と同笵の軒丸瓦(十葉素弁蓮華文:じゅうようそべんれんげもん)が発掘されました。

飛鳥寺と同笵の瓦の出土は、この寺院跡「高麗寺跡」は蘇我氏創建の飛鳥寺(日本最古の本格的仏教寺院)と同時期頃の創建か?と歴史的な注目を集めました。

「高麗寺跡」は木津川市山城町上狛高麗、JR奈良線上狛駅より東へ約600m、木津川の右岸の棚田の中に位置しています。

「高麗寺跡」は昭和13年(1938)から本格的な発掘調査(第T期調査)が行われ、回廊に囲まれた主要な堂塔(塔跡、金堂跡、講堂跡)など含む伽藍の一部が75年前の昭和15年(1940)8月30日、国の史跡に認定されました。

(高麗寺は飛鳥時代に創建され白鳳時代に最盛期をむかえ平安時代の末期(12世紀)頃まで存続していた国内最古の寺院の一つ(京都府内では最古の寺院)と推察されています。)

「史跡高麗寺跡」の発掘調査はその後、第V期調査(平成22年度の第10次調査)まで実施され、平成22年史跡地の追加指定を受け、現在は20100m2の指定地です。調査内容については後述しますが、まず寺名(高麗寺)の「由来」からスタートします。

朝鮮半島と日本列島の九州は距離的にみると近畿と九州の数分の一であり、古代、5世紀の初めごろまではあまり強い国家意識を持たずに朝鮮半島南部の百済.新羅.加羅から渡来人が来ました。渡来氏族では漢氏(あやし)や秦氏(はたし)の氏族が優勢でした。

5世紀半ば過ぎからは北部の高句麗が強大化し南部の百済.新羅が戦場化し、戦火を逃れて日本列島に渡る人々が増加しました。

5世紀の後半は日本の古代国家形成にとって重要な時期であり、大王権力を拡大し、畿内政権を支える官司制の構成員として渡来人を採用し、彼等の文筆を持って官吏に執りたて、国家組織の整備や先進的技術の導入に役立てようとしました。

山城国への渡来人:秦氏は北部に多くの史跡を持ち、氏寺は京都の広隆寺(秦河勝が聖徳太子から下賜された仏像:弥勒菩薩半跏思惟像が有名です。)その他、商売の神様、稲荷神社(稲荷大社)、酒の神様、松尾神社(松尾大社)や嵐山の桂川周辺(大堰川)など。

山城国の南部では高句麗系の渡来氏族高麗(狛)氏が相楽.綴喜の南部2郡に集中しています。高麗寺は地名にもなっている高麗(狛)氏の氏寺です。しかし、南部以外でも有名な八坂神社の「祇園さん」(京都市東山区)は高句麗系渡来人の八坂氏の氏神です。

朝鮮半島からの渡来ルートは一般的には九州へ渡り、瀬戸内海を経て難波に来るルートを採りますが、高句麗から北西の季節風を利用して日本列島に渡るルートもありました。
古代の交通は主として水路を利用した結果、大和は木津川と深く関わりました。

木津川市は大阪市内から直径30kmの圏内です。

古代の水路の場合は、難波から淀川を遡上して八幡市(宇治川、木津川、桂川が合流)を経由する約60kmの道程です。別途、日本海の敦賀から近江の琵琶湖北岸に達し、水路で大津から宇治川経由木津に到着し、大和へ向うルートもありました。

『古事記』の仁徳天皇条、皇后石之日売命が天皇の浮気に嫉妬して難波高津宮から木津川の舟旅で出身地(大和の葛城)への途次の詩に「山代河:木津川」が詠まれています。

6世紀継体天皇が樟葉宮から弟国宮(おとくに)へ遷宮(518年)の頃、朝鮮諸国と畿内政権とは関係が緊張状態でした。
欽明天皇31年(570)条、高句麗の使節のため、南山城に高楲館(こまひのむろつみ)や相楽館(さがらかのむろつみ)を設けた。(木津川沿いに渡来人が多く居住していた。)

6世紀末、廃仏派の物部守屋が敗れ、用明天皇2年(587)、蘇我馬子が飛鳥寺(法興寺)の建立発願。飛鳥寺は日本最古の本格的仏教寺院であり、創建は6世紀末〜7世紀初、蘇我氏の氏寺、本尊は重文の飛鳥大仏(釈迦如来)です。

「高麗寺跡」の発掘調査から、南側土檀で仏舎利を祀る塔跡は東側、本尊仏を祀る金堂跡は西側、伽藍は南面しており、北側の土檀が講堂跡の伽藍配置です。

出土した瓦は年代の古い順から第1期は飛鳥寺と同笵の瓦、第2期は天武天皇が崇敬した寺、川原寺式瓦「種類.数量が最多」白鳳時代、第3期は平城宮式瓦、8世紀の修理、「多種.少量」、第4期は高麗寺独特の修理用瓦「少量」、平安時代前期と4時代の瓦でした。

出土品から高麗寺は新興勢力狛氏の氏寺として飛鳥時代(7世紀前半)に創建され、白鳳時代(7世紀後半)に本格的な造営が成されたが、都が平安京に遷都後は平安時代前期の修理が最後で12世紀末から13世紀初期まで高麗寺は存続していたと思われます。


<国の史跡「高麗寺跡」に付いては、新しい想いを込めて、新規に続編を掲載致します。
筆者の「木津川だより」にご関心を頂き、有り難う御座います。これからは以前の本編を、折を見て再掲させて頂きます。>

参考資料:山城町史 本文篇 山城町、
史跡 高麗寺跡 第V期(第8−10次発掘調査)発掘調査報告 木津川市教育委員会


2019年04月23日

◆「葱」知らずで不合格

渡部亮次郎


葱知らずで不合格は石原慎太郎の息子良純。家人のかじりついている民放
のクイズ番組で勝ち抜き、最終、「ネギ」を漢字で書けと言われて書けな
くて海外旅行をのがした。

そういいえば、まだ子供のころ笠置シヅ子の歌う「買い物ブギ」(作詞、
作曲服部良一)で「東京ねぎ」というフレーズがあって、ねぎに品種がい
ろいろあることを知らないものだから不思議に思っていた。

長じて大阪に左遷されたら関西では葱の白いところじゃ無しに青いところ
しか食べない。だから白い部分の長い葱は東京葱、と知った。

ネギ(葱)の英名はScallion。植物分類体系ではネギ科ネギ属。原産地は
中国西部・中央アジアとする植物。日本では食用などに栽培される。

ネギは「シボル」とも呼ばれ、古名は「き」という。別名の「ひともじぐ
さ」は「き」の一文字で表されるからとも、枝分れした形が「人」の字に
似ているからとも言う。

ネギの花は坊主頭を連想させるため「葱坊主」(ねぎぼうず)と呼ばれ
る。萌葱色(もえぎいろ)は葱の若芽のような黄色を帯びた緑色のことで
ある。

日本では古くから味噌汁、冷奴、蕎麦、うどんなどの薬味として用いられ
る他、鍋料理に欠かせない食材のひとつ。硫化アリルを成分とする特有の
辛味と匂いを持つ。

料理の脇役として扱われる事が一般的だが、青ネギはねぎ焼きなど、白ネ
ギはスープなどで主食材としても扱われる。ネギの茎は下にある根から上
1cmまでで、そこから上全部は葉である。だから食材に用いられる白い部
分も青い部分も全て葉である。

関西では陽に当てて作った若く細い青ネギ(葉葱)が好まれる。一方、関
東以北では成長とともに土を盛上げ陽に当てないようにして作った、風味
が強く太い白ネギ(長葱・根深葱)が好まれる。また秋田など東北地方で
は「曲がりねぎ」という栽培法もある。

関東と同様に土を盛上げながらある程度育てたら、一度抜いて横向きに植
え直し、植物の光に向かって伸びる性質を利用して曲げる。これは、地下
水位が高い土地で効率よく白葱をつくる方法だと言われる。ただし、栽培
に手間がかかるため、作付面積は減少している。

欧米ではチャイブ、リーキなどが栽培されている。

古くから薬効成分が含まれている植物と知られていた。痰や鼻水を押さえ
る作用があるようで、風邪をひいた時に、ネギをくるんだ手拭やガーゼな
どを首に巻くというものは有名な民間療法である。 お尻に刺しても効果
があると言われるが効果の程は不明である。

病虫害の予防効果を狙って、しばしばユウガオ、トマト、ナス、ホウレン
ソウなどの畑に混植される(→ コンパニオンプランツ)。

ネギの種類
<青葱>
九条葱(京野菜)
万能葱
谷田部ネギ
観音ネギ
ワケネギ(わけねぎ) 株分れ(分けつ)しながら成長する葉ねぎ

<白葱>
深谷ねぎ(埼玉県)
下仁田ネギ(太く短い)
ポロねぎ 地中海料理などで普通に使われるネギ。
曲がりねぎ(白葱)
一関曲がりねぎ(岩手県一関市)
仙台曲がりねぎ(宮城県仙台市)
横沢曲がりねぎ(秋田県大仙市)
阿久津曲りねぎ(福島県郡山市)

その他
越津ネギ 愛知県発祥。日本の東西の中間だけあり、根の部分も葉の部分
も丁度同じぐらいの長さで、白葱と青葱の中間にあたる。
徳田ねぎ 岐阜県特産。白葱と青葱の両方の特徴を持つ。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2009・05・29