2019年05月19日

◆昭和天皇が戦後占領下で発した詔勅の意味を

                          櫻井よしこ


「昭和天皇が戦後占領下で発した詔勅の意味を汲みとることが令和時代の
課題だ」

御代替わりと長い休日で沢山の本を読んだ。その1冊、『昭和天皇 二つ
の「独白録」』(東野真著、NHK出版)は1997年6月放送の「NHKス
ペシャル」を基にした作品だ。NHKの報じる歴史物にはおよそいつも独
特の偏りと臭気を感じるが、約20年前に出版された本書も例外ではない。
それでも考えさせられる著作だった。

「昭和天皇独白録」といえば、90年12月号の「文藝春秋」のスクープを思
い浮かべる。東野氏は他にも「独白録」が書かれていたことを明らかに
し、その作成は東京裁判において天皇無罪を確定させるための対策だった
とする。

そうした動きの背景には、昭和天皇に対する厳しい米国世論があった。45
年6月のギャラップ世論調査では「処刑せよ」が33%、「裁判にかけろ」
が17%、「終身刑」が11%、「追放」が9%で、70%が強い敵愾心を抱い
ていた。東京裁判終了後も厳しい感情は消えず、50年3月の同世論調査で
は、「天皇を戦犯として裁くべし」が53%だった。

皇室を潰し、国柄を断ち切ってしまいかねない米国国民の激しい対日感情
をどのように回避し得るのか、先人たちが重ねた苦労は測りしれない。

国民統合の中心に天皇を戴く形を辛うじて守ったとはいえ、日本の国柄と
はほど遠い現行憲法を受け入れるなど、先人たちは苦渋の選択をした。し
かも、占領下で日本に強要された無理難題の真実は、厳しい検閲制度ゆえ
に国民は知るべくもなかった。

こうした戦後体制をどう考えるか、昭和天皇のお言葉が東野氏の著書に出
てくる。それは「昭和天皇独白録」をほとんど一人で速記してまとめた内
記部長、後に侍従長を務めた稲田周一の備忘録中のお言葉だ。

46年8月14日、終戦記念日を前に陛下が首相ら閣僚を前に、述べられた以
下の件である。

「戦争に負けたのはまことに申訳ない。しかし、日本が負けたのは今度丈
ではない。昔、朝鮮に兵を出して白村江の一戦で一敗地に塗(まみ)れた
ので、半島から兵をひいた。そこで色々改新が行われた。之が日本の文化
の発展に大きな転機となった。このことを考えると、此の際日本の進むべ
き道も自らわかると思う」

昭和天皇が胸に描いた「此の際日本の進むべき道」は、右のお言葉の約8
か月前に発せられた詔勅に示されているのではないか。占領下で迎えた新
年の詔勅を昭和天皇は以下のように始められた。

「ここに新年を迎える。顧みれば明治天皇 明治の初国是として五箇条の
御誓文を下し給えり」

その後に昭和天皇は五箇条の御誓文全文を続けられた。後年、この件につ
いて、五箇条の御誓文を国民に伝えるのが詔勅の「一番の目的」だった、
「民主主義を採用したのは、明治大帝の思し召しである」「民主主義とい
うものは決して輸入のものではないということを示す必要が大いにあっ
た」と語られている。

民主主義は米国からの輸入ではない、五箇条の御誓文に示されているよう
に、明治以来日本が高々と掲げた価値観である。国民は祖国を信頼し、自
信を持ってよいのだと仰ったのだ。敗戦したからといって、祖国を恥じる
必要はないとのお考えでもあろう。

憲法は国柄を表現するもので、国の基いである。昭和天皇や先人たちは、
前述のように他に選ぶ道もなく木に竹を接いだような現行憲法を受け入れ
た。私たちは70年以上、その一文字も改正できずにきた。日本はまるで米
国に魂を抜かれた操り人形のようではないか。令和の時代の課題は、昭和
天皇が発せられた占領下における詔勅の意味を真摯に汲みとることだろ
う。それが憲法改正だということはもはや説明の必要もないだろう。

『週刊ダイヤモンド』 2019年5月18日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1279 

◆心筋梗塞は予知できる

石岡 荘十


まず、死因について。

私の父親も死因は「心不全」とされていたが、長い間、この死亡診断書に何の疑問も感じなかった。しかし、よく考えてみれば「心不全」というのは単に「心臓が動かなくなった」という意味であるから、病気の「結果」そのものであり、死のトリガー、「原因」ではない。

<最初は背中が痛いと言われたと報じられていた。亡くなった後では容易に心筋梗塞だったとは解らないのではないか。誰でも経験して学習し教訓に出来る病ではないので、発症した場合の対処は困難だろう>、これこそが「死因」となった心筋梗塞を疑わせる症状だ。

私も大動脈弁がうまく開閉しなくなり、10数年前人工の弁に置き換える手術を受けているが、そこに至る症状として<背中が痛い>を何年にもわたって、何度も経験している。

心臓の血流が途絶えると、背中が重苦しくなる。痛いと感じる人もいる。この苦しさは、血流が滞った程度(狭心症)の場合は、15分程度で回復する。不整脈のひとつ心房細動の時もそうだ。

私が何度も経験したが、それ以上自覚症状が長く、30分とか続くのは血管(冠動脈)が完全に詰まっている(心筋梗塞)だと考えた方がいい。ほっておけば死に至る。

胸が痛くなるという症状だと、「心臓がおかしいのではないか」と分かりやすいが、心筋梗塞になると左の奥歯がうずいたり痛くなったり、肩が凝ったりすることもある。歯医者や整形外科に駆け込む人もいるが、これは心筋梗塞の症状のひとつなのである。

歯医者で鎮痛剤をもらって「一丁上がり」となるが、じつは心筋梗塞の症状だ。こういうのを「放散痛」という。

不幸にして、こんな知識がなく死んでしまった後、患者を解剖すると死因が心筋梗塞であったことは明らかになる。

<発症した場合の対処は困難だろう>といっておられるが、心臓疾患の9割は、対処の仕方を誤らなければ、決して「死に至る病」ではないのである。

本誌常連の前田正晶さんが書いておられる記事が見事にそのポイントを突いている。
その要点をまとめると、

<失神するほどの、激痛と胸部に圧迫感があった。自分で119番に電話して症状を説明していた>

<放っておけば治るとかとは思ったが、何故かこれは「一過性の痛みではない」と判断した>

<救急患者を受付けてくれる大病院が多いこと、救急車が搬送してくれた先が国立国際医療センターだったこと、最も偉い先生が日曜日の当直だった>

<心筋梗塞に対応する準備が整っていたのだった。処置も素早かった>

<その判断が正しかったと後で解るのだが、私の場合は幸運の連続だった>

つまり、前田さまのケースは<幸運が重なった>結果であり、誰でもがこううまくいくわけではない。

年間の死者5千人を切る交通事故死にあの大騒ぎで安全運動を展開している。なのに、心臓疾患で年間15万人以上が死ぬ。なぜか。前田さんのような幸運の女神の恩寵に浴する人はそんなに多くない、それだけ啓蒙が行きわたっていないということだ。

<時間との争いであるなどとは知る由もないだろう。知識は皆無だった>とおっしゃるが、そんな人に幸運が訪れることは滅多にない。

この歳になったら、天下国家の危機を憂うる高邁な論議をする前に、わが身の危機管理に少しのエネルギーを注ぐべきだというのが私からのアドバイスだ。心臓病は<誰でも経験して学習し教訓に出来る病>なのである。 再掲

2019年05月18日

◆1ドル=7人民元を中国は死守できるか?

宮崎 正弘


令和元年(2019)5月17日(金曜日)通巻第6082号 

人民元為替レート、1ドル=7人民元を中国は死守できるか?
保有米国債を売却すれば、かえって中国の首を絞めることになる

国際金融市場において、米中貿易戦争の険悪化で深刻な懸念が拡がっている。
 
第一の懸念とは中国人民銀行(中央銀行)は、人民元為替レート、1ド
ル=7人民元をいつまで死守できるか? という問題である。

第二は習近平が面子にかけてどぎつい報復にでた場合の最悪のシナリオ
は、中国が保有する米国債券を売却するのではないかとする懸念である。

米中貿易戦争が第三幕(3000」億ドル分にも25%の課税)に移行するや、
上海の株式市場は下落を演じたが、人民元も対ドル相場を下落させ、1ド
ル=6・9人民元となった(韓国ウォンはもっと下落した)。逆に安定感
のある日本円は上昇した。

中国にとって、為替の死守線は1ドル=7人民元であり、これを割り込む
と、下落は底なしになって1ドル=8人民元を割りこむことになるだろう。

中国人民銀行はしずかに香港での対策を講じた。3ヶ月物と1年物の短期
債券を100億元(1700億円)発行して、香港の通貨市場に介入し、人民元
を買い支えたのだ。なんとしても、人民元の下落を防ぐ狙いがある。

またASEAN諸国は1997年のアジア通貨危機の二の舞を演じかねないと
して、中国の金融当局の出方を注目している。
 
中国は最後の報復手段だとして、保有米国債を売却すれば、かえって中国
の首を絞めることになることを、金融界は承知している。しかしながら、
あの「やけくそプーさん」こと習近平が何をしでかすか分からないだけ
に、警戒を怠らないのである。

米国債(米国の赤字国債総額は22兆ドル)は5月12日統計で、中国が依然
首位の1兆1230億ドル、日本が1兆420億ドルを保有している。
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

地図に無かったチベット仏教の聖地を探検した日本人学者がいる
 再び外国人立ち入り禁止の機密対象地になり、立ち入り出来ない秘境

              ♪
川田進『天空の聖域 東チベット宗教都市への旅』(集広舎)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

驚きに満ち満ちたカラーグラビアが冒頭をふんだんに飾る。

凄い、こんな聖域、これほどの秘境が地球上にあったとは! しかも中国
の地図には出ていなかった場所だ。

過去に現地へ入った日本人は数人もいないうえ、中国旅行ガイドブックに
はもちろん出ていない。むろん評者も西寧あたりまでは行ったが、その奥
地に踏み込んだことはなかった。地図に記載がなかったからだ。

この「聖域」は四川省の西側、中国の「異界」とされ、妖怪がでて、怖い
ところという政治宣伝がなされたため誰も近付こうとしなかった謂われが
附帯しているという。

あなたは知っていましたか? 聖域「ラルンガイ」を?
 
評者(宮崎)も本書を手にするまで、まったく知らなかった。

ラサのポタラ宮殿やセラ寺ほか、青海省の西寧郊外に拡がる宏大なチベッ
ト寺院、塔爾寺も一日がかりで見学したことがあるが、ラルンガイは高度
4千メートルの山稜に忽然と拓けている宗教都市だった。
 
成都から直通バスで18時間、乗換バスだと36時間かかる遠隔地、というよ
り山岳の悪路をのろのろと走行するのだから、それくらいはかかるだろう。

本書にある概略図で確認すると、西寧から西へ向かい、玉樹の手前を南下
して、そこから迷路のような悪路を辿るルートのようである(現在、外国
人の立ち入りは禁止されている)。

創設者はジグメ・プンツォという「ニンマ派」の高僧であり、しかも何故
か漢語の伝記がでている。プンツォ師は2004年に入寂されたが、後継ラマ
を見つけるなと遺言したという。

当時、数千はあるかと思われる学舎らしき建物が僧坊だった。巨大な寺院
の回りに、小粒の住居が山にへばり付くように並んでいる風景は神々しく
もあり、逆に或る意味で雑然としている。

1万人を超える学僧が住み着いて、天空の聖地ともいえるコミュニティを
形成していた。尼僧もおり、バザールが開かれて、ちかくの農民や行商が
売りに来る。山の中腹には大仏塔が輝き、やまの頂上からは巨大なタンカ
を敷き詰める網が張られていた写真も残っている。

葬儀は鳥葬だった。

著者の川田氏は大阪工業大学の教授。なぜ工学部の先生が、この聖域に惹
かれたのか、これまでに六回の視察をしているという。

「ラルンガルは現実世界とつながっているにもかかわらず、長年、中国の
地図や仏教関係書に載ることはなかった」という著者が最初に、この聖域
に足を踏み入れたのが2001年だった。

爾来6回、定点観測のために訪問してきた。
長田教授はこう書く。

 「(初回の訪問時)脳天を割られたような衝撃に襲われた。学僧たちの
住居である僧坊数百戸がことごとく破壊され、基礎と土壁が露わになり、
まるで空襲語の残骸と化していた」。

その後、墓場のような情景につづいたのは「すり鉢状の谷の三方を僧坊群
が埋め尽くす姿が眼前に現れると、再び私の脳天に一撃が加えられ、一瞬
言葉を失った」

江沢民の仏教弾圧によって寺院と僧坊群は破壊され、そのあと地震が襲っ
た。そして現在までに何が起きたかは明らかではない。
 
シュガルでホータンでモスクが破壊されたように、ラルンガルは中国共産
党の標榜する「改造計画」によってまったく新しい「観光用宗教地区」と
なりそうな雰囲気であるというのだが、外国人は誰も近付くことさえ出来
ないため、真相は闇のまま。

それにしても、シャングリラ(理想郷)から地獄に落とされたのか、ラル
ンガルの現況はおおいに気になるところである。 
    

◆昭和天皇が戦後占領下で発した詔勅の意味

櫻井よしこ


昭和天皇が戦後占領下で発した詔勅の意味を汲みとることが令和時代の課
題だ」

御代替わりと長い休日で沢山の本を読んだ。その1冊、『昭和天皇 二つ
の「独白録」』(東野真著、NHK出版)は1997年6月放送の「NHKス
ペシャル」を基にした作品だ。NHKの報じる歴史物にはおよそいつも独
特の偏りと臭気を感じるが、約20年前に出版された本書も例外ではない。
それでも考えさせられる著作だった。

「昭和天皇独白録」といえば、90年12月号の「文藝春秋」のスクープを思
い浮かべる。東野氏は他にも「独白録」が書かれていたことを明らかに
し、その作成は東京裁判において天皇無罪を確定させるための対策だった
とする。

そうした動きの背景には、昭和天皇に対する厳しい米国世論があった。45
年6月のギャラップ世論調査では「処刑せよ」が33%、「裁判にかけろ」
が17%、「終身刑」が11%、「追放」が9%で、70%が強い敵愾心を抱い
ていた。東京裁判終了後も厳しい感情は消えず、50年3月の同世論調査で
は、「天皇を戦犯として裁くべし」が53%だった。

皇室を潰し、国柄を断ち切ってしまいかねない米国国民の激しい対日感情
をどのように回避し得るのか、先人たちが重ねた苦労は測りしれない。

国民統合の中心に天皇を戴く形を辛うじて守ったとはいえ、日本の国柄と
はほど遠い現行憲法を受け入れるなど、先人たちは苦渋の選択をした。し
かも、占領下で日本に強要された無理難題の真実は、厳しい検閲制度ゆえ
に国民は知るべくもなかった。

こうした戦後体制をどう考えるか、昭和天皇のお言葉が東野氏の著書に出
てくる。それは「昭和天皇独白録」をほとんど一人で速記してまとめた内
記部長、後に侍従長を務めた稲田周一の備忘録中のお言葉だ。

46年8月14日、終戦記念日を前に陛下が首相ら閣僚を前に、述べられた以
下の件である。

「戦争に負けたのはまことに申訳ない。しかし、日本が負けたのは今度丈
ではない。昔、朝鮮に兵を出して白村江の一戦で一敗地に塗(まみ)れた
ので、半島から兵をひいた。そこで色々改新が行われた。之が日本の文化
の発展に大きな転機となった。このことを考えると、此の際日本の進むべ
き道も自らわかると思う」

昭和天皇が胸に描いた「此の際日本の進むべき道」は、右のお言葉の約8
か月前に発せられた詔勅に示されているのではないか。占領下で迎えた新
年の詔勅を昭和天皇は以下のように始められた。

「ここに新年を迎える。顧みれば明治天皇 明治の初国是として五箇条の
御誓文を下し給えり」

その後に昭和天皇は五箇条の御誓文全文を続けられた。後年、この件につ
いて、五箇条の御誓文を国民に伝えるのが詔勅の「一番の目的」だった、
「民主主義を採用したのは、明治大帝の思し召しである」「民主主義とい
うものは決して輸入のものではないということを示す必要が大いにあっ
た」と語られている。

民主主義は米国からの輸入ではない、五箇条の御誓文に示されているよう
に、明治以来日本が高々と掲げた価値観である。国民は祖国を信頼し、自
信を持ってよいのだと仰ったのだ。敗戦したからといって、祖国を恥じる
必要はないとのお考えでもあろう。

憲法は国柄を表現するもので、国の基いである。昭和天皇や先人たちは、
前述のように他に選ぶ道もなく木に竹を接いだような現行憲法を受け入れ
た。私たちは70年以上、その一文字も改正できずにきた。日本はまるで米
国に魂を抜かれた操り人形のようではないか。令和の時代の課題は、昭和
天皇が発せられた占領下における詔勅の意味を真摯に汲みとることだろ
う。それが憲法改正だということはもはや説明の必要もないだろう。

『週刊ダイヤモンド』 2019年5月18日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1279

◆「黄砂アレルギー」に注意

毛馬 一三

花粉症歴の経験が全く無い筆者にとって、軽い風邪症状の一種かなと思って、余り気にも止めていなかった。

ところがとんでもない。次第に喉の違和感が痛みを伴うようになり、咳も痰も出るようになった。

そこで、慌てて近くの内科診療所に飛び込んだ。内科医は喉の症状を見た途端、「炎症がひどいですね」という。「原因は?」と訊いたら、「飛来してくる黄砂の黴によるものと思われます。花粉症ではありません」と教えてくれた。

同医師によると、黄砂によるいろんな健康被害で訪れる患者が、急増しているという。同医院から、

・抗生物質―フロモックス錠100mg(毎食後1錠・3日間分)
・咳を鎮める薬―メジコン錠15mg(毎食後2錠・7日分)
・痰や膿を薄めて、痰や鼻汁を出しやすくする薬―ムコダイン錠500mg(毎食後1錠・7日分)
・胃薬―セルベックスカプセル50mg(毎食後1カプセル・7日分)薬を貰った。

だが、マスクを付けて外出を余儀なくさせられた1週間が過ぎても喉の炎症と咳、痰共に治まる気配が無い。再診の結果、まだ喉の炎症は完治してないと診断され、改めて下記の薬を貰った。

・咳を鎮める薬―メジコン錠15mg(毎食後2錠・7日分)
・痰や膿を薄めて、出しやすくする薬―クリアナール錠200mg(毎食後1錠・7日間分)
・炎症を抑えて腫れや痛みを和らげる薬―ダーゼン5mg錠(毎食後1錠・7日分)
・SPトローチ0.2mg(28錠・1日4回)
・アズノールうがい液4%(5ml・1日4回)

2度目の薬を飲んだり、うがいを励行したところ、数日が経過してやっと喉の痛みや違和感がなくなり、咳と痰も出なくなった。

喉にこのような強度な症状が出たのは初めてのことだ。しかも気にはなっていた飛来の「黄砂」によるものだ。

今強烈になっている中国の大気汚染と原因が重なっているらしく、中国から飛来する「黄砂と大気汚染」が、日本に被害をなすりつけているのだ。気象庁も「中国で黄砂が急激に発生してる」と指摘している。日本が被害者になるのか。無性に腹が立つ。

話は後先になるが、<黄砂(こうさ)とは、中国を中心とした東アジア内陸部の砂漠または乾燥地域の砂塵が、強風を伴う砂嵐などによって上空に巻き上げられ、春を中心に東アジアなどの広範囲に飛来し、地上に降り注ぐ気象現象。あるいは、この現象を起こす砂自体のこと>である。

細かい砂の粒子や、粒子に付着した物質、黄砂とともに飛来する化学物質などにより、さまざまな健康被害が生じる。

即ち、咳、痰、喘息、鼻水、痒みといった呼吸器官への被害や、目や耳への被害が目立つ。黄砂が多い日には、花粉症、喘息、アトピーなどのアレルギー疾患の悪化が見られる。>という。 
参考―フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

花粉症で悩まされるだけでなく、黄砂アレルギーで健康被害を煩わされるのでは、堪ったものではない。

ところが肝腎の黄砂による呼吸器官への被害が、増えていることにはあまり知られていないようだ。

黄砂の飛来が顕著な九州や関西では、既にこの被害が出て問題化しているが、全国にも広がるだろう。

黄砂の飛来が予測される時は、TVの「天気予報」で早めに知らせてほしい。

しかも喉などに異常を感じたら、医療機関で診察を早めに受けられることをお勧めしたい。(了  再掲)     


2019年05月17日

◆人民元為替レート、1ドル=7人民元

宮崎 正弘


令和元年(2019)5月17日(金曜日)通巻第6082号 

人民元為替レート、1ドル=7人民元を中国は死守できるか?
  保有米国債を売却すれば、かえって中国の首を絞めることになる

国際金融市場において、米中貿易戦争の険悪化で深刻な懸念が拡がっている。
 
第一の懸念とは中国人民銀行(中央銀行)は、人民元為替レート、1ド
ル=7人民元をいつまで死守できるか? という問題である。

第二は習近平が面子にかけてどぎつい報復にでた場合の最悪のシナリオ
は、中国が保有する米国債券を売却するのではないかとする懸念である。

米中貿易戦争が第三幕(3000億ドル分にも25%の課税)に移行するや、上
海の株式市場は下落を演じたが、人民元も対ドル相場を下落させ、1ド
ル=6・9人民元となった(韓国ウォンはもっと下落した)。逆に安定感
のある日本円は上昇した。

中国にとって、為替の死守線は1ドル=7人民元であり、これを割り込む
と、下落は底なしになって1ドル=8人民元を割りこむことになるだろう。

中国人民銀行はしずかに香港での対策を講じた。3ヶ月物と1年物の短期
債券を100億元(1700億円)発行して、香港の通貨市場に介入し、人民元
を買い支えたのだ。なんとしても、人民元の下落を防ぐ狙いがある。

またASEAN諸国は1997年のアジア通貨危機の二の舞を演じかねないと
して、中国の金融当局の出方を注目している。
 
中国は最後の報復手段だとして、保有米国債を売却すれば、かえって中国
の首を絞めることになることを、金融界は承知している。しかしながら、
あの「やけくそプーさん」こと習近平が何をしでかすか分からないだけ
に、警戒を怠らないのである。

米国債(米国の赤字国債総額は22兆ドル)は5月12統計で、中国が依然首
位の1兆1230億ドル、日本が1兆420億ドルを保有している。
     ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆書評 しょひょう 
BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIE 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
地図になかったチベット仏教の聖地を探検した日本人学者がいる
 再び外国人立ち入り禁止の機密対象地になり、立ち入り出来ない秘境

   ♪
川田進『天空の聖域 東チベット宗教都市への旅』(集広舎)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

驚きに満ち満ちたカラーグラビアが冒頭をふんだんに飾る。
 
凄い、こんな聖域、これほどの秘境が地球上にあったとは! しかも中国
の地図には出ていなかった場所だ。

過去に現地へ入った日本人は数人もいないうえ、中国旅行ガイドブックに
はもちろん出ていない。むろん評者も西寧あたりまでは行ったが、その奥
地に踏み込んだことはなかった。地図に記載がなかったからだ。

この「聖域」の場所は四川省の西側、中国の「異界」とされ、妖怪がで
て、怖いところという政治宣伝がなされたため誰も近付こうとしなかった
謂われが附帯しているという。

あなたは知っていましたか? 聖域「ラルンガイ」を?

評者(宮崎)も本書を手にするまで、まったく知らなかった。

ラサのポタラ宮殿やセラ寺ほか、青海省の西寧郊外に拡がる宏大なチベッ
ト寺院、塔爾寺も一日がかりで見学したことがあるが、ラルンガイは高度
4千メートルの山稜に忽然と拓けている宗教都市だった。

成都から直通バスで18時間、乗換バスだと36時間かかる遠隔地、というよ
り山岳の悪路をのろのろと走行するのだから、それくらいはかかるだろう。

本書にある概略図で確認すると、西寧から西へ向かい、玉樹の手前を南下
して、そこから迷路のような悪路を辿るルートのようである(現在、外国
人の立ち入りは禁止されている)。

創設者はジグメ・プンツォという「ニンマ派」の高僧であり、しかも何故
か漢語の伝記がでている。プンツォ師は2004年に入寂されたが、後継ラマ
を見つけるなと遺言したという。

当時、数千はあるかと思われる学舎らしき建物が僧坊だった。巨大な寺院
の回りに、小粒の住居が山にへばり付くように並んでいる風景は神々しく
もあり、逆に或る意味で雑然としている。

1万人を超える学僧が住み着いて、天空の聖地ともいえるコミュニティを
形成していた。尼僧もおり、バザールが開かれて、ちかくの農民や行商が
売りに来る。山の中腹には大仏塔が輝き、やまの頂上からは巨大なタンカ
を敷き詰める網が張られていた写真も残っている。

葬儀は鳥葬だった。

著者の川田氏は大阪工業大学の教授。なぜ工学部の先生が、この聖域に惹
かれたのか、これまでに6回の視察をしているという。

「ラルンガルは現実世界とつながっているにもかかわらず、長年、中国の
地図や仏教関係書に載ることはなかった」という著者が最初に、この聖域
に足を踏み入れたのが2001年だった。

爾来6回、定点観測のために訪問してきた。
長田教授はこう書く。

「(初回の訪問時)脳天を割られたような衝撃に襲われた。学僧たちの住
居である僧坊数百戸がことごとく破壊され、基礎と土壁が露わになり、ま
るで空襲語の残骸と化していた」。

その後、墓場のような情景につづいたのは「すり鉢状の谷の三方を僧坊群
が埋め尽くす姿が眼前に現れると、再び私の脳天に一撃が加えられ、一瞬
言葉を失った」

江沢民の仏教弾圧によって寺院と僧坊群は破壊され、そのあと地震が襲っ
た。そして現在までに何が起きたかは明らかではない。

カシュガルでホータンでモスクが破壊されたように、ラルンガルは中国共
産党の標榜する「改造計画」によってまったく新しい「観光用宗教地区」
となりそうな雰囲気であるというのだが、外国人は誰も近付くことさえ出
来ないため、真相は闇のまま。

それにしても、シャングリラ(理想郷)から地獄に落とされたのか、ラル
ンガルの現況はおおいに気になるところである。 
    

◆「尖閣」から遁走の売国政権

渡部 亮次郎

<尖閣ビデオは非公開、「日中」再悪化を懸念

政府・与党は7日、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の様子を海上保
安庁が撮影したビデオについて、公開に応じない方針を固めた。

公開すれば日中両国で相互批判が再燃し、4日の日中首脳会談を機に改善
の兆しが出てきた日中関係が再び悪化しかねないとの判断からだ。

国会がビデオ提出を求める議決をした場合などは、予算委員会など関連委
員会の「秘密会」への提出とし、限定的な開示にとどめたい考えだ。

衆院予算委員会は7日開いた理事懇談会に法務省の小川敏夫法務副大臣ら
を呼び、ビデオの扱いについて協議した。法務省側は「中国人船長を起訴
するか否かの結論が出ていない段階で、捜査資料を出したケースは今まで
ない」と説明し、現時点での国会提出に難色を示した。与党側も慎重な姿
勢を示した。> 読売新聞 10月8日(金)5時14分配信

この答弁からして反日だ。あわてて釈放した船長を起訴する自信もハラも
無いくせに「起訴するか否かの結論が出ていない段階で、捜査資料を出し
たケースは今までない」とは誤魔化しもいい加減にしろ、だ。

今度の尖閣問題について菅首相には国家的見地にたった戦略がまるでな
い。背負っているのが日本という国家の運命であり、その誇りであるとい
う責任感がまるでない。

7日、偶然、取材できたところによると、最初、菅首相の訪米中、仙谷官
房長官は、困り抜いた挙句、民間人の手づるで元中国政府高官に接触。

そのルートで、ASEM会場での「偶然」の温首相との会談設営に成功した。
これが「改善の兆し」なんだそうだ。

その結果、菅首相と仙谷官房長官は「これ以上もめさせない」で一致。問
題のヴィデオの非公開の方針を決めたしまった。言うなれば「尖閣」を手
放す結果を招くかも知れないが、菅政権維持のためには、日中関係を穏便
に保つこと、止む無しと決めたのである。

これは明らかな「売国行為」である。或いは「偶然」会談をセットした
「根回し」の際、ここまで約束させられた疑いも濃厚だ。「今は書かない
で欲しい」というのが、7日取材の中国側の態度だったことからの推測だ。

尖閣諸島が日本固有の領土、東シナ海に領土問題が存在しない事は
様々な資料からも歴然たる事実である。たとえばジャーナリストの水間政
憲氏が「週刊ポスト」(10月15日号)で明らかにした1960年4月に北京市地図
出版社発行の「世界地図集」では尖閣諸島は日本の領土として日本名の
「魚釣島」「尖閣群島」と表記されている。

水間氏によれば、その12年後の1972年発行の同じ北京市地図出版社の地図
ではいきなり自国領として「釣魚島」「赤尾嶼)とか書き変えてある。

更に驚くべき事に中国は「清」時代の地図の改竄まで行なっているのだ。
「目的のためには、どんな手段も正当化してしまうのだ」(水間氏)。

1960年4月に北京市地図出版社発行の「世界地図集」は日本外務省中国課が
現在も所蔵しているはず。それなのに、中国と対等に向き合うのが厭だと
ばかり、遁走した菅首相。さっさと総辞職すべきだ。
私は中国人にされたくない。2010・10・8

◆玉城沖縄県知事の中国おもねり外交

櫻井よしこ


少しばかり古い話だが、沖縄県知事の玉城デニー氏が4月18日、沖縄県を
「一帯一路」の中で「活用してほしい」と、中国副首相の胡春華氏に要請
したそうだ。

一帯一路構想は中国式の世界制覇計画である。手段を選ばないその手法は
世界の非難の対象となっており、日本政府も米国政府も強い警戒心を抱い
ている。

安倍首相は日本も一帯一路に協力していこうと言ったが、前提として各プ
ロジェクトについて透明性、開放性、経済性、対象国の財政健全性が担保
されなければならないとした。右の4条件が満たされるなら、日本企業が
プロジェクトに参入してはならない理由はなくなる。だが、現実には中国
がこれらの条件を満たすのは至難の業であろう。

日本政府はこのように中国に対する慎重な構えを崩していない。玉城氏の
中国副首相への要請は、日本政府が国家戦略として厳しい条件をつけて一
帯一路を警戒しているときに、直接外国政府に働きかけることで自国政府
の外交方針に逆行するものだ。

知事として言語道断ではないか。この件は全国紙では報道されなかった
が、沖縄の新聞が取り上げた。私の手元にある「八重山日報」と「琉球新
報」が4月27日に玉城氏の定例会見を報じたのだ。中国政府への働きかけ
は、同会見で玉城氏自身が披露したものだ。

両紙の報道によると、玉城氏は4月16日から19日まで、河野洋平氏が会長
を務める日本国際貿易促進協会訪中団の一員として訪中した。18日に胡副
首相と面談し、まず、「中国政府の提唱する広域経済圏構想『一帯一路』
に関する日本の出入り口として沖縄を活用してほしい」と要請した。胡氏
は直ちに「賛同」したそうだ。

習主席の沖縄訪問を要請

中国の巨額融資を受けて借金返済が滞り、港や土地を奪われるリスクにつ
いて記者が問うたのに対して玉城氏は、「『情報収集しながら、どう関
わっていけるか模索していく』と積極姿勢を示」した(「琉球新報」)。

不安定さを増す安全保障環境や中国の軍事力強化に関して問われると、玉
城氏は「国際交流などで国家間の全体的なつながりを深化させるのは有益
だ」と答え、習近平国家主席の沖縄訪問を胡氏に要請したことも明らかに
した(「八重山日報」)。

玉城氏は自身の発言の意味を理解しているのかと、思わず疑った。何より
も氏は自身の役割をどうとらえているのか。知事に外交権が与えられてい
るはずもない。にも拘わらず、沖縄県を一帯一路に組み入れようと働きか
けるのは、知事の権限を超えるだけでなく、日本政府の外交政策に反して
いる。一帯一路構想の旗の下で、どのように危険なパワーゲームが展開さ
れているか、知事として危機感を持つべきであろうに、それが感じられない。

折しも5月2日、米国防総省が「中国の軍事・安全保障の動向に関する年次
報告書」を発表し、中国の一帯一路構想の危険性を警告した。

報告書の指摘の中に、日本に最も影響のある点として中国の台湾戦略の分
析がある。報告書は、中国人民解放軍の戦略の最重要点は台湾問題だと
し、中国は「平和的統一」を提唱しつつ、武力行使に備えて軍事力の増強
を着々と進めてきたと詳述している。

台湾海峡有事で中国が取り得る軍事行動としては「航空・海上封鎖」「サ
イバー攻撃や潜入工作活動などによる台湾指導部の失権・弱体化」「軍事
基地や政治中枢への限定的な精密爆撃」「台湾侵攻」などを列挙している。

台湾への軍事力行使を習近平氏は否定しない。国際社会の戦略専門家は中
国は必ず台湾奪取に動くと見ている。台湾が中国の手に落ちれば、次に危
ないのは沖縄である。だからこそ、沖縄県知事は本来、どの政治家より
も、一帯一路を最も警戒しなければならないはずだ。

奪取の方法は軍事力に限らない。国防総省が指摘するように、21世紀の戦
争ではサイバー、情報、経済が大きな鍵になる。その経済力でがんじがら
めにして奪うのが一帯一路であろう。

国防総省報告書は、一帯一路に関連する投資が中国の軍事的優位を生み出
す可能性について明確なメッセージも発信している。たとえば、中国が特
定の国に港を建設すれば、遠く離れたインド洋、地中海、大西洋に展開す
る中国海軍のための兵站をそれらの港に築くことになり、中国の世界制覇
の基盤が自ずとできていくという指摘である。

国防総省の指摘を受けるまでもなく、私たちはすでに多くの事例を体験し
ているはずだ。顕著な例を、中国初の海外軍事基地を置いたジブチに見る
ことができるだろう。

すべてが異常

ジブチはアデン湾と紅海を見渡す戦略的要衝だ。中国以外に米仏伊の軍事
基地があり、自衛隊の小規模な拠点もある。だが中国の軍事基地は他国の
それとは全く様相が異なる。

中国以外の国の基地はジブチ国際空港を囲むようにして位置しているが、
中国だけかなり離れた海岸近くに海兵隊基地を築いた。現地を視察した外
務副大臣の佐藤正久氏によれば、中国軍の基地は広く、構造的にまさに要
塞の趣きだそうだ。

その基地は、中国の資金で造られた港に隣接しており、中国海軍の軍艦に
加えて商船が出入りする。注目すべきは、この港まで鉄道が敷かれ、それ
が隣国のエチオピアまで伸びていることだ。一帯一路と軍事戦略が合体し
ているのである。

さらに驚くのは中国がジブチに建設したアフリカ最大規模の自由貿易区と
物流センターだ。建設費は35億ドル(約3850億円)、ジブチにとって如何
に深刻な債務であるかはジブチのGDPが20億ドル(約2200億円)だと知
れば十分であろう。これが中国の仕掛ける債務の罠なのである。スリラン
カはハンバントタ港を借金のカタに99年間、中国に差し出した。ジブチも
同様の運命を辿りかねない。

こうした事実を見れば、玉城氏が沖縄を一帯一路の拠点にしてほしいと中
国に要請したことは愚の極みである。氏は、中国の脅威に備える日米安保
体制の現状の見直しを求め、普天間飛行場の辺野古への移転などに反対す
る一方、中国の経済と軍事が一体化した測りしれない脅威に対しては、信
じ難いほど無防備である。尖閣諸島を核心的利益とする中国は同島周辺海
域に武装した中国艦船をおよそいつも投入している。しかし、この件につ
いて玉城氏が中国に抗議したとは寡聞にして知らない。

沖縄県知事の国防に対するこのような考え方を、沖縄のメディアも日本の
全国紙も批判するわけでもない。私にはこのすべてが異常に思えてならない。

『週刊新潮』 2019年5月16日号日本ルネッサンス 第851回

◆全国的にノロウイルスの猛威

毛馬 一三

抵抗力が弱い高齢者高齢者を中心にノロウイルスによる感染性胃腸炎が、全国的に猛威を振るっている。高齢者にとってはゆゆしきことだ。

ノロウイルスは、生ガキのような二枚貝にふくまれ、汚染された貝を食べたり、調理したりする際に感染するため、福祉施設などで集団感染する可能性が高いという。そこで、大阪厚生年金病院 看護部 看護ケア推進室 の柴谷涼子さん(感染管理認定看護師)に「ノロウイルスの入門と予防の仕方」について、下記のように記述してもらった。ご紹介したい。

◆<老人保健施設などでノロウイルスの集団発生が報じられておりますが、ノロウイルスについて正しくく理解し、ご自身も感染しないよう予防しましょう。

ノロウイルス感染症とは・・・
 ノロウイルスが人の小腸で増殖して引き起こされる急性胃腸炎です。
@カキや貝類を十分に加熱せず食べた場合
A生ガキや貝類で汚染された調理器具で調理した生野菜などを食べた場合
Bウイルスに感染したヒトの便や吐物に触れた手で調理をした場合・・・
などに感染する可能性があります。

◆症状
 年齢に関係なく感染は起こりますが、高齢者や抵抗力の弱ったヒトでは重症化する例もあります。嘔気・嘔吐・下痢が主症状です。
 腹痛、頭痛、発熱、悪寒、筋痛、咽頭痛などを伴うこともあります。 高齢者の場合、症状が出て、水分摂取ができなくなるとすぐに脱水症状を起す可能性がありますので、早めに病院の診察を受けて下さい。

◆予防
 生のカキや貝類は内部まで、十分に加熱してから食べるようにしましょう。
 カキの処理に使用したまな板などは、よく水洗いし、熱湯消毒をしてから使用しましょう。

 冬場はこのノロウイルスに限らず、様々な感染症が流行します。感染予防としてもっとも重要なのは、普段からの「手洗いやうがい」です。
 外から帰ったあとは必ず「手洗いとうがい」をする習慣をつけましょう。>
                       
( 参考文献;)
 1.国立感染症研究所 感染症情報センター感染症発生動向調査週報 感染症の話
 http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k04/k04_11.html
 2.大阪府食の安全推進科    http://www.pref.osaka.jp/shokuhin/noro/
 3.厚生労働省ノロウイルス食中毒の予防に関するQ&A
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/tobou/040204-1.html

2019年05月16日

◆習近平が「アジア文明対話」で基調講演

宮崎 正弘


令和元年(2019)5月16日(木曜日)弐 通巻第6080号 

習近平が「アジア文明対話」で基調講演。この「茶番劇」の評価は?
 「他文明を理解しあい、文明の共生が大切。BRIはそのためにも協力
する」だとか

5月15」日から北京では「アジア文明対話」(亜州文明対話大会)なる、
不思議な國際フォーラムが唐突に開催された。

冒頭に習近平が基調演説をおこなったのだが、抱腹絶倒の内容だった。

習近平はまず「一つの文明の価値観を他者に押しつけるのは、破滅的かつ
愚かである」と言った。これってアメリカのことを批判するつもりらしい
が、一方的価値観を押しつけてチベットなど他の文明を破壊しているのが
自分のことだと気がついていないのだ。

「平等でお互いが差違を理解し合い、文明どうしが共存するために相互理
解を深めることが必要である」とも言った。そして「人類は運命共同体」
だとも。(いったいウィグル弾圧、民族浄化、イスラム禁止、信徒の強制
収容所での洗脳はどうなるのか?)

また「女性地位の向上、貧困の是正のため中国はソフトパワーを発揮す
る。BRIはそのためにもアジア各国に寄与するのだ」と演説した。中国
軍の南シナ海での軍事的挑発はアジアに軍事的脅威を運び、従来の秩序を
破壊した中国の責任はどうするのか、と問いただしたくなる。

要するに米中貿易戦争を「文明の衝突」だとハンチントンを身勝手に解釈
しているのだが、その底の浅い文明論理解より、周囲の学者らがこの程度
の演説草稿しか書けず、文明論のレベルの低さには深刻に憂鬱となる。

このアジア文明対話には、なぜかギリシアのチプラス首相が招かれ、また
インドの有名な俳優が出席したが、ほかに著名な文明学者もおらず、何の
ためのフォーラムなのか、組織化も拙速かつ貧弱で、出席者から不満が噴
出した。

米中貿易戦争で関税を25」%もかけられた中国が直面しているのは未曾有
の「産業空洞化」だ。

時間の問題とされる「人民元大暴落」を目の前にして、党内からは習近平
の外交に賛意も上がらず、いや、党内の雰囲気はひたすら沈黙という、不
気味で激烈な批判に遭遇している。おそらく党内の誰もが、習近平は早く
やめろと望んでいるのである。

面子を失った習近平が国内の批判を回避し、国際的な画像を演出するため
に、予定にない基調報告になったのだ、と北京の雀たちは、首を傾げつつ
論じているそうな。ただしメディアは「貴重な演説だった」「中国の国際
的地位を確認できた」などと空虚な報道をしているが。。。

そう言えば、4月のBRI国際フォーラムも、習近平の晴れ舞台になるは
ずだった。

実相はと言えば、カネが欲しい元首クラス28ケ国、それこそプーチン、シ
シ、ナゼルバエフ、ルカシェンコ、ドウテルテらが出席したが、ついに具
体的な援助予算の額を示せず、参加者は深く失望した。同時に「嗚呼、中
国のドル払底はどうやら本物のようだ」と悟った気配が色濃く残ったよう
である。