2019年07月22日

◆1960年チリ地震津波

渡部 亮次郎

昭和35(1960)年5月24日未明、突然、契約タクシーにたたき起こされ
た。津波がきて大被害が出ている、至急、局へ」というNHKからの伝言。
地震も無いのに、津波とは、何事かい。

NHKに記者として採用され、仙台中央放送局に着任して間もなく1年。そろ
そろ東北管内のどこかのローカル局への転勤が噂に上っていた。局から歩
いても5分ぐらいの民家の6畳間に下宿していた。

5月24日未明に最大で6メートルの津波が三陸海岸沿岸を中心に襲来し、
142名が死亡したのだった。岩手県大船渡市では53人、宮城県では志津川
町(現・南三陸町)では41人が死んだが、それらがはっきりするのは数日
経ってからのこと。

私は単身、録音機を持って女川町(おながわまち)に派遣されることにな
り局の車で向かった。途中、国鉄塩釜駅の前を通りかかったら、跨線橋の
上に漁船が載っていた。津波はこんな高さにまで
達したのか。

後で聞けば、前夜、塩釜には同僚のカメラマンが別の取材に訪れて
1泊。だが、津波と聞いても暗くて何も分からず、全く撮影しなかった。
この男は、これが祟って出世できないまま、60前に死んだ。

女川に着いたが、時折、津波がまた、やってきたという声がして人々は海
を横目に高台に逃げる。

そのどよめきを録音しながら私も逃げる。その繰り返し。録音機は空回り
して、何も録音されてなかった。2,3日経って赤痢が集団発生。その原
稿を電話で送る私も発症していた。大館通信員時代についで半生、2度目
の赤痢だった。


チリ地震は表面波マグニチュード(Ms)8.5、モーメントマグニチュード
(Mw)9・5と有史以来観測された中で最大規模の巨大地震である。最大震
度は気象庁震度階級では震度6相当とされている。

1960年5月22日15時11分20秒(現地時間。日本時間では5月23日4時11分20
秒)、チリのヴァルディヴィア近海を震源として発生した地震である。地
震後、日本を含めた環太平洋全域に津波が襲来し、大きな被害をもたらした。

まず前震がM7.5で始まりM7クラスの地震が5〜6回続いた後、本震がMs8ク
ラスで発生した。また余震もM7クラスであったために首都のサンティアゴ
始め、全土が壊滅状態になった。

地震による直接的な犠牲者は1743名。負傷者は667名。

この地震によりアタカマ海溝が盛り上がり、海岸沿いの山脈が2・7m沈み込
むという大規模な地殻変動も確認された。また有感地震が半径約1,000km
という広範囲にわたって観測された。

史上初の地球自由振動の観測に成功し、アメリカでの観測で発生した地震
波は地球を3周した事が確認された。

尚、本震発生から15分後に約18mの津波がチリ沿岸部を襲い、約15時間後
にはハワイ諸島を襲った。ハワイ島のヒロ湾では10.5mの津波を観測し、
61名が死亡した。

各地の津波到達時間日本では地震による津波の被害が大きかった。地震発
生から約22時間半後の五月24日未明に最大で6メートルの津波が三陸海岸
沿岸を中心に襲来し、142名が死亡した。

津波による被害が大きかった岩手県大船渡市では53名、宮城県志津川町
(現・南三陸町)では41名、北海道浜中町霧多布では11名が死亡。

この浜中町では8年前の1952年の十勝沖地震でも津波被害を受けており、2
度目の市街地壊滅。街の中心でもある霧多布村がこのチリ地震津波により
土砂が流出し北海道本島より切り離され島と化した。

現在は陸継きだった所に2つ橋が架けられており、北海道本島と行き来が
出来る。1つは耐震橋、もう1つは予備橋で橋が津波で流出する恐れがある
ためと避難経路を2路確保するためである。

また、同じく度重なる津波被害を受けた田老町(現・宮古市)では高さ10
メートルの巨大防潮堤が功を奏して人的被害は皆無であった。

この田老町の防災の取り組みを取り入れ浜中町に防潮堤が建設される。北
海道の防潮堤については後の北海道南西沖地震でも津波による人的被害の
甚大な奥尻島などでも建設された。

地球の反対側から突然やってきた津波(遠隔地津波)に対する認識が甘
かった事が指摘され以後、気象庁は日本国外で発生した海洋型巨大地震に
対してもハワイの太平洋津波警報センターなどと連携を取るなどして津波
警報・注意報を出すようになった。

あれから丁度50年後、チリ中部沖で2010年2月27日3時34分(現地夏時間;
6時34分 UTC)に地震が発生した。1900年以降、チリでは1960年5月のチリ
地震に次ぐ規模、世界でも5番目の規模の地震となった。

日本では、2月28日午前8時30分に気象庁が会見を開き、かつてのチリ地震
で最大6mもの大津波を受けて甚大な被害を受けた歴史的経緯もあり、大津
波警報を三陸沖に発表するといった内容を伝えた。

時間は、「午前9時を過ぎればいつでも発表できるようにする」として、
当初の予定を大幅に前倒しすることも示唆した。しかし人的被害は全く無
かった。海苔ひびや牡蠣いかだの被害は大きかった。
気象庁は同日の会見で、津波の予測が過大であったとし、警報・注意報が
長引いたことを謝罪した。ただし最悪のケースを想定したもので、判断ミ
スはなかったとした。2010・5・24

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

◆選挙を前に激化する、朝日の安倍批判

櫻井よしこ


7月4日、参議院議員選挙が公示され、世の中は選挙一色だ。その中で「朝
日新聞」の反安倍報道が際立っている。7日の1面に政治部次長、松田京平
氏の署名入りの記事が載った。「『嘲笑する政治』続けるのか」と題して
安倍晋三首相を次のように批判した。

「(安倍晋三首相は)民主党政権の失敗と比較して野党を揶揄、こき下ろ
す。身内で固まってあざ笑う―。自分が相手より上位にあり、見下し、排
除する意識がにじむ」、「『嘲笑する政治』が6年半、まかり通ってき
た」、「このまま『嘲笑の政治』が続くなら、民主主義は機能しない」、
という内容だ。

安倍憎しの感情がメラメラと燃えているようだ。しかし現実を見れば、国
民の多くが民主党政権の3年余りを「悪夢」と感じているのではないか。
首相が「身内で固まってあざ笑」っているわけではない。その証拠に、政
権を失った後、民主党の支持率は下がる一方だった。だからこそ、2017年
10月の衆議院議員選挙を前に、遂に全員が小池百合子氏の下に逃げ込もう
とした。しかし排除されて、立憲民主党が生れ、紆余曲折を経て国民民主
党も生れた。

民主党政権時代の「悪夢」の再来は嫌だと、国民が骨身に沁みて感じてい
るからこそ、その後複数回の選挙で自民党が国民の支持を受け続けたので
ある。にも拘わらず、この6年半が安倍政権がただ民主党を「嘲笑する政
治」であったとすれば、国民が安倍氏を支持するはずもない。朝日の余り
に曲がった見方こそ国民の意思を「嘲笑」するもので、傲慢さを示している。

どんな時でも選挙は国政の行方を決める重要事だが、今月21日の参院選挙
には特別の重要さがつきまとう。結果によって、首相に期待されている憲
法改正が可能になるか、或いは先延ばしで事実上、改憲不能に陥るかが決
まるからだ。

憲法以外にも、経済、年金、北朝鮮と拉致、皇室など重要な問題が山積し
ている。これらの課題、とりわけ憲法改正に安倍首相が着手するのが朝日
新聞はいやなのであろう。それが常軌を逸した安倍首相批判につながって
いると見てよいだろう。7月3日の「天声人語」はその凄まじい一例だ。

首相を犬にたとえる

同欄で天声人語子は「あくびは伝染する」と書く。「米国が中国に仕掛け
た貿易戦争さながら、日本政府が韓国への輸出規制に乗り出した」とつな
げている。「韓国側にも問題がある」としながらも、安倍政権の措置は
「筋違い」だと切って捨て、次の下品な批判を展開する。

「ちなみに人のあくびは犬にも伝染するらしい。忠誠を尽くす飼い主から
とくに影響を受けやすいとの研究結果がある。日本政府の場合は、こちら
に近いか」

安倍政権、つまり安倍首相を犬にたとえるのか。こんな非礼は誰に対して
も許されない。だが、朝日は、首相にはどんな下品な批判でも許されると
思っているのであろう。この感覚こそ、「自分が相手より上位にあり、見
下」す視線ではないか。

右の非礼な天声人語と同じ日、朝日は「対韓輸出規制『報復』を即時撤回
せよ」という社説を掲げた。そこにはこう書かれている。

「近年の米国と中国が振りかざす愚行に、日本も加わるのか。自由貿易の
原則をねじ曲げる措置は即時撤回すべきである」

朝日社説子は、韓国への「輸出規制強化」をかつて中国が尖閣問題を巡っ
てレアアースの輸出を止めた事例や、トランプ政権が安全保障を理由に鉄
鋼などの関税を上げた事例と同列に置いて、安倍首相の措置を非難するの
である。

順序が後先になったが、経済産業省が「輸出管理を適切に実施する観点か
ら、大韓民国向けの輸出について厳格な制度の運用を行」うと発表したの
が7月1日だ。➀韓国をこれまで「ホワイト国」と見做してきたが、そのリ
ストから韓国を外す手続きを始める。➁4日からフッ化ポリイミド、レジ
スト、フッ化水素の3品目を包括輸出許可制度の対象外とし、個別の輸出
審査を行う、とした。

世耕弘成経済産業大臣は7月1日、右の措置の理由として「輸出管理で不適
切な事案が発生した」ことを挙げたが、「不適切な事案」の内容について
は「守秘義務」があるとし具体的説明を行わなかった。

経産省の発表は直ちに多方面から反応を引きおこした。その中のひとつに
中部大学特任教授細川昌彦氏(元経産省貿易管理部長)の解説がある。氏
はこれは「輸出規制発動」ではなく、04年から韓国を優遇して簡略化して
いた手続きを03年までの普通の手続きに戻すだけだと説明した。本来は契
約毎に個別の許可が必要だが、輸出管理の点で信頼できる国であると見做
されると「ホワイト国」に指定されて輸出手続きが簡略化される。その場
合、3年間有効な包括許可をとることが可能で、いつでも輸出できるとい
うものだ。

理不尽な政府批判

安倍首相も繰り返し述べている。

「輸出禁止ということではありません。徴用工(朝鮮人戦時労働者)問題
とも関係ありません。これまで韓国に認めていた優遇策を元にもどしただ
けです。EU諸国は元々韓国をホワイト国にはしておらず、わが国はEU
と同様の政策を韓国に対してとるということです」

こう強調した首相も、世耕氏が会見で語った「不適切な事案」について、
7日時点ではまだ説明していない。

他方細川氏は、韓国に輸出した先述の品目が北朝鮮に横流しされる事例が
頻繁に起きている、むしろ常態化していると明言する(7月7日「日曜報道
THE PRIME」)。

軍事目的にも転用される先述の物質が北朝鮮に横流しされているのであれ
ば、韓国をホワイト国リストから外すのは当然だ。また再度強調したいの
は、今回の措置が包括許可から個別許可に戻したにすぎないという点だ。
朝日は3日の社説で、中国のレアアース禁輸と較べたが、その比較自体が
的外れだ。

朝日の社説のもうひとつの間違いは、同措置を朝鮮人戦時労働者問題に対
する日本政府の報復だと見做していることだ。今回の措置はいわゆる徴用
工問題とは何ら関係がない。従って朝日が言う安倍政権が「政治の対立を
経済の交流にまで持ち込」んだという非難は当たらない。「外交当局の高
官協議で打開の模索を急ぐべきである」という主張も、的外れだ。第一、
日本側は徴用工問題で話し合いを呼びかけ続けたが、韓国側が応じないの
である。

朝日の理不尽な政府批判は、安倍自民党の勝利は改憲につながると見て阻
止する為であり、朝日の偏ったイデオロギーの産物にすぎないということ
だろう。

『週刊新潮』 2019年7月18日号 日本ルネッサンス 第860回


◆「あたる」前に必ず「かする」

石岡 荘十


旧聞に属すが、ベテラン俳優若林豪さんが2008年3月5日、倒れた。若林さんは小林幸子特別公演「天勝物語」で小林扮する天勝の師匠松旭斎天一役で、名古屋市の御園座に出演していた。

しかし、若林さんの体調は思わしくなく、「セリフもよく入っていなかった」という。この日も昼の部に出演したが、本番を終了直後に病院に向かった。医師の診察を受けて手術が行われた。
 
病名「慢性硬膜下血腫」というのは、脳の血管が切れて脳を覆っている硬膜とその下の脳との隙間に血(血腫)が貯まる病気で、血腫が脳を圧迫する病気だ。

病名は違うが同じ脳疾患で、脳の血管がつまったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなる「脳卒中」で倒れることを、昔から業界では「あたる」といい、一過性の前ぶれを「かする」という。

つまり「あたる」前に必ず「かする」前兆がある。

したがってこの段階で、“適切な”治療を受けていれば、頭蓋骨を開くというような恐ろしい経験をしなくとも済むかもしれないのだ。

新聞やテレビの報道を総合すると、座長の小林幸子さんは、「2日ほど前、若林さんが小林の楽屋に顔を出し、セリフが引っかかっちゃってゴメンネと謝りに来た。その時は、『長いセリフで大変でしょう』ってお話しはしました。
それが、まさかこの前兆だったと思うと言葉もありません」と話したという。テレビの芸能ニュースでは「右肩がなんとなく下がっているような気がした」と語っている。

このやり取りから判断すると、当時68歳の本人も54歳の座長もいい年、つまり心臓疾患や脳疾患の“適齢期”だというのに、これが重大な病気の前ぶれだと判断する知識をまったく持ち合わせていなかったようだ。

したがって、舞台を降りてでも病院に行くという発想には行き着かなかった。

「舞台に穴を開けられないと頑張ったのでは」と有名な仲間の芸能人が若林さんの芸人根性を褒めたつもりで感想を洩らしていたが、バカ丸出しだ。

もし「あるいは---」と感じながら、無理を通そうとしていたのなら、この年代にとって残った人生で何が一番大切なことか、プライオリティー、つまり優先順位について発想の転換が出来ていなかったということだろう。

変な言い方だが、ポックリいければまだいい方で、160万人以上が半身マヒや言語障害という後遺症で苦しんでいる。

本人だけではない。家族が、大きな負担を強いられることを考えると、「自分に限って---」などという根拠のない楽観は捨て去った方がいい。

救いは、心臓も脳も「あたる」前に「かする」、つまり前兆があるということだ。

その脳疾患の前兆は、
・ 片方の手足がしびれる
・ 持っているものをポロリと落とす、
・ 思っていることが言葉に出てこない、
・ ろれつがまわらなくなる
などなどだ。

心臓の血管(冠動脈)が狭くなる狭心症、完全に塞がる心筋梗塞も高齢者に多い疾患だが、よくよく思い出すとほとんどの人にその前兆がある。

血圧が高い、胸が痛くなったり、なんとなく重苦しい感じがしたりするが15分かそこらで治まるので、「ああよかった」とやり過ごす。

人によっては左の奥歯が痛くなったりうずいたりすることもあるが、このように心臓から遠いところに違和感を覚える人もいる。

これを専門的には「放散痛」というが、大概の人はこれが心筋梗塞の前兆であることに気づかない。

こんなときには、バカにせず、24時間緊急対応をしてくれる専門の医師と検査体制の整った病院へ行って診察を受けることが大切だ。
 
私は、10数年前からかすった段階で診察を受け、診察券を確保して、これを外出のときも肌身はなさず携帯して歩いている。

そのくらいの心掛けがなければ、attackでよしんば一命をとりとめても、半身不随では快適な老後は過ごせない。

よくよく振りかえると、ほとんどの高齢にかすって経験があるはずだ。「ああ---」と思った以上に多くの高齢者が、膝を叩くに違いない。

2019年07月21日

◆中国の金融危機が爆発する危険性大

宮崎 正弘


令和元年(2019)7月20日(土曜日)参 通巻第6149号  

 8月2日、中国の金融危機が爆発する危険性大
  中民投、5億ドル(540億円)の償還期限。手元現金ゼロ

中国民営投資集団(略称「中民投」)の債務危機については年初来、金融
界では常識となっていた。

いつデフォルトをやらかすか。債権者は固唾をのんで見守ってきた。実際
に2月初旬に返済期限のきた486億円の社債を償還出来ず、社債市場では
ジャンク債扱いだった。

中民投は2014年に中国の大手金融機関やファンドなど59社が出資し、不動
産投資、保険、ベンチャー、通信等「将来性のある」企業に投資してき
た。その資金は3%台の金利で、社債を発行してまかなった。しかし「社
債」とはすなわち借金である。

中民投資の社債残高は8634億円。このうちの540億円が8月2日に償還を
迎える。手元資金ゼロ、中国政府は、この金融投資集団を民間企業と見て
おり、救済義務はないとしているが、さて、もしデフォルトをやらかすと
社債市場にパニックが起こり、銀行に取り付け騒ぎが起こり、民衆に不安
心理が攪拌して行くだろう。

内蒙古省が拠点の「包商銀行」の事実上の倒産に対して中国政府は国家管
理として、事実上救済した。

もし同行を潰していれば、不良債権過多の銀行や信用組合が中国に400数
行あるため一気に金融危機の爆発を迎えるところだった。

これに関連するか、どうか。習近平は7月15日から2日間の日程で突如、
内蒙古視察に赴いた。劉?副首相、許基亮軍事副主席らが同席したが、北
戴河会議の直前でもあり、チベット、新彊ウィグル自治区の叛乱が続発す
る中、少数民族の弾圧がうまくいっているのか、反政府活動の芽があれ
ば、早急に摘めとする檄を飛ばしたとされる。
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌6147号、ロシア製ミサイル迎撃システムS−300をト
ルコが導入したという記事ですが、文中ではS−400となっています。ど
ちらが正しいのでしょうか?(GH生、横須賀)

(宮崎正弘のコメント)うっかりでした。S−400です。S−300は旧型で
す。空輸していますね。おかしいです。

なぜなら中国向けのS−400は船舶で運送中に北極海あたりで嵐に遭遇し
て座礁、全部が破損したというニュースがありましたから、この空輸とい
う特別な輸送方法に、むしろ中国は不信感を抱いたと思います。


◆「風立ちぬ」の命日

渡部 亮次郎


5月28日。名作「風立ちぬ」の作者。20世紀の業病(号病)肺結核をモ
チーフにし、肺結核に倒れた堀辰雄の命日である。1953(昭和28)年のこ
とだった。

「風立ちぬ」という松田聖子のアルバムもあるが「立ちぬ」という感傷的
な語感を借りただけで、堀の作品とは無関係である。

堀 辰雄(ほり たつお)のことを知ったのは中学生の頃で、兄が読んでい
たのを勝手に読んだのかも知れない。死去した時は既に高校2年生。関心
は別のところに変わり、その死は知らなかった。

堀 辰雄は 明治37(1904)年12月28日、東京市麹町区平河町(現在は東京
都千代田区)で生まれた。 最終学歴は東京帝国大学国文科。

東京府立三中から第一高等学校へ入学。入学とともに神西清と知り合い、
終生の友人となる。

高校在学中に室生犀星や芥川龍之介とも知る。一方で、関東大震災の際に
母を失うという経験もあり、その後の彼の文学を形作ったのがこの期間で
あったといえる。

東京帝国大学文学部国文科入学後、中野重治や窪川鶴次郎たちと知り合う
かたわら、小林秀雄や永井龍男らの同人誌にも関係し、プロレタリア文学
派と芸術派という、昭和文学を代表する流れの両方とのつながりをもった。

1930(昭和5)年に『聖家族』で文壇デビュー。 このころから肺結核を
病み、軽井沢に療養することも多く、そこを舞台にした作品を多くのこし
たことにもつながっていく。

1934年、矢野綾子と婚約するが、彼女も肺を病んでいたために、翌年、
八ヶ岳山麓の富士見高原療養所にふたりで入院する。しかし、綾子はその
冬に死去。この体験が、堀の代表作として知られる『風立ちぬ』の題材と
なった。

この『風立ちぬ』では、ポール・ヴァレリーの『海辺の墓地』を引用して
いる。このころから折口信夫から日本の古典文学の手ほどきを受ける。

王朝文学に題材を得た『かげろふの日記』のような作品や、『大和路・信
濃路』(1943年)のような随想的文章を書き始める。また、現代の女性の
姿を描くことにも挑戦し、『菜穂子』(1941年)のような、既婚女性の家
庭の中での自立を描く作品にも才能を発揮した。

戦時下の不安な時代に、時流に安易に迎合しない堀の作風は、後進の世代
の中にも多くの支持を得た。また、堀自身も後進の面倒をよく見ており、
立原道造、中村真一郎、福永武彦らが弟子のような存在として知られている。

戦争末期からは症状も重くなり、戦後はほとんど作品の発表もできずに、
信濃追分で闘病生活を送った。

代表作「風立ちぬ」は1936(昭和11)年から執筆、『改造』などに分載さ
れたのち38年4月野田(のだ)書房より刊行。

「風立ちぬ、いざ生きめやも」とバレリーの詩句の引用をもって始め、リ
ルケの『鎮魂歌(レクイエム)』をエピローグに置く。

高原療養所とそこから山一つ隔てた「K村」とを舞台に、婚約者節子の病
床に寄り添い、やがて彼女に先だたれていく「私」が、死にさらされた自
分たちの生の意味と幸福の証(あかし)とを模索し、ついにそれらについ
ての確信を得ていく過程を描く。

婚約者矢野綾子の死という自らの痛切な体験を、詩情あふれることばのな
かで昇華し永遠の生の思想を訴えかけてくる点において、堀文学の代表的
名作となっている。
昭和28( 195年5月28日信濃追分(現・長野県北佐久郡軽井沢町)で死去
(満48歳没)2010・5・26
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


◆選挙を前に激化する、朝日の安倍批判 

   櫻井よしこ


7月4日、参議院議員選挙が公示され、世の中は選挙一色だ。その中で「朝
日新聞」の反安倍報道が際立っている。7日の1面に政治部次長、松田京平
氏の署名入りの記事が載った。「『嘲笑する政治』続けるのか」と題して
安倍晋三首相を次のように批判した。

「(安倍晋三首相は)民主党政権の失敗と比較して野党を揶揄、こき下ろ
す。身内で固まってあざ笑う―。自分が相手より上位にあり、見下し、排
除する意識がにじむ」、「『嘲笑する政治』が6年半、まかり通ってき
た」、「このまま『嘲笑の政治』が続くなら、民主主義は機能しない」、
という内容だ。

安倍憎しの感情がメラメラと燃えているようだ。しかし現実を見れば、国
民の多くが民主党政権の3年余りを「悪夢」と感じているのではないか。
首相が「身内で固まってあざ笑」っているわけではない。その証拠に、政
権を失った後、民主党の支持率は下がる一方だった。だからこそ、2017年
10月の衆議院議員選挙を前に、遂に全員が小池百合子氏の下に逃げ込もう
とした。しかし排除されて、立憲民主党が生れ、紆余曲折を経て国民民主
党も生れた。

民主党政権時代の「悪夢」の再来は厭だと、国民が骨身に沁みて感じてい
るからこそ、その後複数回の選挙で自民党が国民の支持を受け続けたので
ある。にも拘わらず、この6年半が安倍政権がただ民主党を「嘲笑する政
治」であったとすれば、国民が安倍氏を支持するはずもない。朝日の余り
に曲がった見方こそ国民の意思を「嘲笑」するもので、傲慢さを示している。

どんな時でも選挙は国政の行方を決める重要事だが、今月21日の参院選挙
には特別の重要さがつきまとう。結果によって、首相に期待されている憲
法改正が可能になるか、或いは先延ばしで事実上、改憲不能に陥るかが決
まるからだ。

憲法以外にも、経済、年金、北朝鮮と拉致、皇室など重要な問題が山積し
ている。これらの課題、とりわけ憲法改正に安倍首相が着手するのが朝日
新聞はいやなのであろう。それが常軌を逸した安倍首相批判につながって
いると見てよいだろう。7月3日の「天声人語」はその凄まじい一例だ。

首相を犬にたとえる

同欄で天声人語子は「あくびは伝染する」と書く。「米国が中国に仕掛け
た貿易戦争さながら、日本政府が韓国への輸出規制に乗り出した」とつな
げている。「韓国側にも問題がある」としながらも、安倍政権の措置は
「筋違い」だと切って捨て、次の下品な批判を展開する。

「ちなみに人のあくびは犬にも伝染するらしい。忠誠を尽くす飼い主から
とくに影響を受けやすいとの研究結果がある。日本政府の場合は、こちら
に近いか」

安倍政権、つまり安倍首相を犬にたとえるのか。こんな非礼は誰に対して
も許されない。だが、朝日は、首相にはどんな下品な批判でも許されると
思っているのであろう。この感覚こそ、「自分が相手より上位にあり、見
下」す視線ではないか。

右の非礼な天声人語と同じ日、朝日は「対韓輸出規制『報復』を即時撤回
せよ」という社説を掲げた。そこにはこう書かれている。

「近年の米国と中国が振りかざす愚行に、日本も加わるのか。自由貿易の
原則をねじ曲げる措置は即時撤回すべきである」

朝日社説子は、韓国への「輸出規制強化」をかつて中国が尖閣問題を巡っ
てレアアースの輸出を止めた事例や、トランプ政権が安全保障を理由に鉄
鋼などの関税を上げた事例と同列に置いて、安倍首相の措置を非難するの
である。

順序が後先になったが、経済産業省が「輸出管理を適切に実施する観点か
ら、大韓民国向けの輸出について厳格な制度の運用を行」うと発表したの
が7月1日だ。➀韓国をこれまで「ホワイト国」と見做してきたが、そのリ
ストから韓国を外す手続きを始める。➁4日からフッ化ポリイミド、レジ
スト、フッ化水素の3品目を包括輸出許可制度の対象外とし、個別の輸出
審査を行う、とした。

世耕弘成経済産業大臣は7月1日、右の措置の理由として「輸出管理で不適
切な事案が発生した」ことを挙げたが、「不適切な事案」の内容について
は「守秘義務」があるとし具体的説明を行わなかった。

経産省の発表は直ちに多方面から反応を引きおこした。その中のひとつに
中部大学特任教授細川昌彦氏(元経産省貿易管理部長)の解説がある。氏
はこれは「輸出規制発動」ではなく、04年から韓国を優遇して簡略化して
いた手続きを03年までの普通の手続きに戻すだけだと説明した。本来は契
約毎に個別の許可が必要だが、輸出管理の点で信頼できる国であると見做
されると「ホワイト国」に指定されて輸出手続きが簡略化される。その場
合、3年間有効な包括許可をとることが可能で、いつでも輸出できるとい
うものだ。

理不尽な政府批判

安倍首相も繰り返し述べている。

「輸出禁止ということではありません。徴用工(朝鮮人戦時労働者)問題
とも関係ありません。これまで韓国に認めていた優遇策を元にもどしただ
けです。EU諸国は元々韓国をホワイト国にはしておらず、わが国はEU
と同様の政策を韓国に対してとるということです」

こう強調した首相も、世耕氏が会見で語った「不適切な事案」について、
7日時点ではまだ説明していない。

他方細川氏は、韓国に輸出した先述の品目が北朝鮮に横流しされる事例が
頻繁に起きている、むしろ常態化していると明言する(7月7日「日曜報道
THE PRIME」)。

軍事目的にも転用される先述の物質が北朝鮮に横流しされているのであれ
ば、韓国をホワイト国リストから外すのは当然だ。また再度強調したいの
は、今回の措置が包括許可から個別許可に戻したにすぎないという点だ。
朝日は3日の社説で、中国のレアアース禁輸と較べたが、その比較自体が
的外れだ。

朝日の社説のもうひとつの間違いは、同措置を朝鮮人戦時労働者問題に対
する日本政府の報復だと見做していることだ。今回の措置はいわゆる徴用
工問題とは何ら関係がない。従って朝日が言う安倍政権が「政治の対立を
経済の交流にまで持ち込」んだという非難は当たらない。「外交当局の高
官協議で打開の模索を急ぐべきである」という主張も、的外れだ。第一、
日本側は徴用工問題で話し合いを呼びかけ続けたが、韓国側が応じないの
である。

朝日の理不尽な政府批判は、安倍自民党の勝利は改憲につながると見て阻
止する為であり、朝日の偏ったイデオロギーの産物にすぎないということ
だろう。

『週刊新潮』 2019年7月18日号日本ルネッサンス 第860回

◆リハビリって、再び生きること

向市 眞知 (ソーシャルワーカー)


「リハビリ」という用語は訳さなくてもよいくらい、日本語になってしまいました。しかし、この用語がとてもくせものです。皆がこの用語の前向きなところにごまかされ、便利に安易に使ってしまいます。


医師は最後の医療としてリハビリにのぞみをつなげる言い方をします。家族は家にもどるためにはリハビリを頑張ってほしいと期待をかけます。患者様もリハビリを頑張れば元どおりになれると思います。リハビリとは「再び生きる」という用語と聞きました。この概念で考えるととても幅広い概念です。


病院にはリハビリテーション科があり、そのスタッフには理学療法士、作業療法士、言語聴覚訓練士という、国家資格をもった専門技師がそろっています。身体機能回復訓練に携わるスタッフです。医師が「リハビリ」という用語を使う場合にはこのようなリハビリテーション科のスタッフによる訓練をさすだけではなく、「再び生きる」心構えをもちましょう、という意味を含んでいる場合が多いのです。


しかし、患者様、家族様のほうは、リハビリは療法士がするものと思い込んでいるケースが多いように思います。よく言われるのに「リハビリが少ない」、「リハビリをしてもらえない」というクレームがあります。療法士がするものだけがリハビリなら、診療報酬上点数がとれるのは一日20分から180分です。


「リハビリを受けさせたいから入院させてほしい」とよく言われますが、一日の何分の1かの時間のリハビリだけで「再び生きる」道のりを前に進むことはむずかしいものです。あとの時間をベッドに寝ているだけでは何の意味もありません。「リハビリのために入院している」というだけの安心感の意味しかありません。


いくら日本一の理学療法士の訓練をうけたといっても、患者本人が「リハビリをする(再び生きる)」心構えになっていなければ、空振りに終わってしまいます。マヒした身体に対して、拘縮してしまわないように理学療法士が外から力を加え訓練をすることはできます。でも、訓練が終わって身体を動かさなければもとのもくあみです。


しかし、言語訓練はそうはいきません。本人が声を出そう、話そうとしなければ訓練になりません。「絶対話すものか!」と口をつぐんでいる患者様に訓練は意味をなしません。まずは声を出してみよう、話してみようという気持ちになるように心理的にリラックスしてもらうことから訓練を始められると聞きました。


このことからわかるように、リハビリは本人次第なのです。そしてやはりリハビリも療法士と患者様の協同作業です。療法士さんの訓練の20分が終われば、患者様自らがもう一度リハビリのメニューをくりかえしてやってみることや、家族が面会時間に療法士に家族ができるリハビリを教えてもらい、リハビリの協力をしてみるなど、何倍にもふくらませていくことがリハビリの道のりなのです。


療法士さんまかせにしないこと、繰り返しやっていくこと、退院しても療法士さんがいなくてもリハビリ、再び生きる道のりは続いていること、それを実行するのは自分であることを忘れないでいてほしいと願っています。


2006年4月の診療報酬改定で更にこの認識が重要になってきています。療法士による機能回復訓練が継続してうけられる回数の上限が疾病により90日〜180日と定められました。これ以上の日数の訓練を続けても保険点数がつかないことになりました。医療機関は保険がきかなくなればリハビリを打ち切らざるをえません。

患者様も10割自費で料金を支払ってまでリハビリを続けることはできないでしょう。リハビリは入院の中でしかできないものではなく、退院しても自宅でもリハビリを続けていくいきごみが大切です。

2019年07月20日

◆「権現様はまだ生きていらっしゃるの?」

加瀬英明


令和の御代が明けた。

平成の最後の統一地方選挙中に広島に応援に行った帰りの航空便で、ス
チュワーデスに読むものを頼んだら、『週刊朝日』をくれた。

すると、新しい元号の『令和』は、命令、指令、令状の令であって、“安
倍一強”の傲りを示していると腐(くさ)していた。

私は令和から、令日、令人、令節とか、美徳や、善行を意味する令徳、ほ
まれの令聞、よい評判の令望などを連想していたので、きっと版元の新聞
社の雑誌担当者の令夫人が、夫を四六時中、小突き回すので、令の字に恨
みがあるのだろうと思って、身につまされた。

結婚は1国2制度だから、難しい。イギリスの大詩人のバイロンが、長編
風刺詩『ドン・ジュアン』のなかで、「人生という芝居の第1幕は恋愛と
いう喜劇、第2幕は結婚という悲劇」と指摘しているが、きっと人生は悲
喜劇なのだろう。だから人生は面白い。

機窓の外には、どこまでも青い空がひろがっていた。

私は鳥を飼ったことがないが、小鳥は美しくみえる黄金の籠のなかに住み
たいと願い、籠のなかに閉じ込められてしまった鳥は、大空をまた自由に
飛びまわりたいと、絶望に駆られるにちがいない。

フランスの諺に、「結婚の鎖は重い」というものがある。「だから3人で
運ばなければならない」と続いている。女房に秘密で恋人をもたねばなら
ないという、勧めだ。

平成が終わった。私は平成の30年間を、日本の周辺が風雲急を告げている
のに、アメリカによって押し付けられた欠陥憲法を、1行すら改められな
かったことによって、記憶しよう。

最高法規であるべき憲法の前文は、日本語として文法が目茶苦茶だ。どう
して国語審議会が目を瞑(つむ)ってきたのか。

この不真面目(ちゃらんぽらん)な憲法を真面目に解釈する法律学者たち
が、「専守防衛」とか、「必要最小限度の防衛力」とか、泥酔して錯乱し
たとしか思えないが、意味不明に解釈して国民の目を覆っている。

戦後の日本の金科玉条となっている「専守防衛」という言葉は、意味が
まったくないので、英語や、ヨーロッパ諸語に訳することができない。

そこで諸外国民を理解させるためには、来年、野球が東京オリンピックの
種目入りしたのを好機として、日本の選手がバッターボックスに立つ時に
は、バットを持たせないことにしよう。「専守」だから、日本チームに攻
撃となる打球を禁じる。

きっと、全世界が日本国憲法の崇高な精神に打たれて、感動しよう。

妻か夫が重い病いにかかったら、病院に「必要最小限度」の医療を施すよ
うに、頼もう。だが、いったい「必要最小限度」の医療なぞ、あるものだ
ろうか? それなら「必要最小限度」の国防も、あるはずがない。

妻か愛人に「これからは、必要最小限度の愛情を濯ごう」といったら、
「あほ! ふざけるな!」と一喝されて、たちまち張り飛ばされてしまおう。

こんなことを、毎日のように口角沫(あわ)を飛ばして議論している国会
は、精神科重症患者病棟という看板を掛けるべきだ。

日本国憲法の精神は、互いに「公正と信義」に委ねるべき夫婦のあいだ
か、愛人関係のなかに留めたい。

現行憲法は「平和憲法」の愛称によって罷り通っているが、「アメリカの
平和」のために強要したもので、占領軍総司令部が日本政府に「これを呑
まないと、天皇の一身の安全を保障できない」といって、英文の原案を手
渡してから、1年3ヶ月後に公布された。

大日本帝国憲法を全面的に書き改めたものだから、もし日本国民の手で改
正したのだったら、まさか、1年3ヶ月で公布できなかったろう。

アメリカ軍の施政下で現行憲法が施行されてから、今年で72年の歳月が流
れている。

いったい、どうして日本が独立国であることを頭から否定している、憲法
ととうてい呼べない憲法を、こんなに長いあいだ崇めてきたのだろうか。

占領軍が日本国民を洗脳して、東京裁判史観を植えつけたからだと説明さ
れるが、日本国民はそんなに愚かなのだろうか。

平成3年は、江戸開府400年に当たった。

日光東照宮が「江戸研究学会」を記念事業として立ちあげたが、私は江戸
時代は庶民が世界のなかでもっとも恵まれていた時代だったと書いたり、
講演してきたので、求められて会長を引き受けた。

江戸時代は平和がずっと続いて、庶民が豊かな生活を営み、絢爛たる文化
を創り出した。

だが、300年近く続いた平和は、明治以後の日本にとって呪いともなった。

徳川時代の日本は徳川家による支配を持続することが目的だったために、
新しい政治思想や、能力主義をいっさい斥けて、血筋と年功序列による硬
直した体制を墨守した。明治維新は徳川体制を根底からつくり直したか
ら、才気ある人々が国を導いたが、日清、日露戦争に勝つと、過剰な自信
の自家中毒を患うようになって、江戸時代へ戻ってしまった。

先の対米戦争で、日本はボロ負けした。政界から陸海軍まで、年功序列に
よった。帝国の興亡がかった真珠湾攻撃、ミッドウェー作戦の司令官は南
雲中将で、砲術の権威だったが、航空戦について無知だった。

江戸時代の武士は儒教漬けにされたのに、孫子の心髄の「兵は詭道也」
(敵を騙すこと)は、学ばなかった。武士道は精神修養の哲学に退化して
しまい、勝つことではなく、「死ぬ」ことに価値が与えられた。

高度経済成長による経済大国化は、日露戦争の勝利に似ていた。日本国憲
法がいつの間にか、権現様の祖法になってしまった。


◆カンボジアのコッコン港

宮崎 正弘


令和元年(2019)7月20日(土曜日)弐 通巻第6148号  

カンボジアのコッコン港、中国へ99年のリースをフンセンは認めていた
  中国海軍は「アジアのジブチ」化、軍港が究極の狙い

 欧州宇宙局がカンボジア上空の写真を公開したのは春先だった。

 驚くなから、タイとの国境=コッコンの海岸線に沿って、すでに3800
メートルの滑走路が出来上がっているではないか。

西側メディアが追跡取材の結果、この土地を含む240平方キロメートルが
すでに99年のリースで中国の「天津連合開発集団」と契約されていた。

いつぞやの手口。ウクライナから購入の空母はマカオに浮かべてカジノホ
テルにすると言っていたっけ。

ニカラグア運河は香港のデベロッパーが開発すると名乗りを上げていた。

いずれも契約主体は実態のないペーパーカンバニーに近いもので、カンボ
ジアのコックン開発の主契約社である「天津連合開発集団」をサウスチャ
イナモーニングポストが調べてみると、女性一人が受付にいるだけで、何
も知らない幽霊会社らしいという(同紙、2019年7月19日)。

嘗てカンボジア援助は日本がトップだった。

2017年に中国が逆転し、対カンボジア援助の36%が中国からとなった。カ
ンボジアへの外国人観光客はアンコールワットのあるシェムリアップに集
中しており、年間620万人。観光収入がGDPの13%である。

中国はコッコンのインフラ整備と「観光開発」を目的に、工業団地、国際
空港、大学、病院、一大リゾートにゴルフコースを持ちかけ、インフラを
支える発電所建設、港湾にはクルーズ船の基地など薔薇色の青写真。

どうやら軍港化の目的地を中国は深海であるコッコンに変更した。

最初はシアヌークビル港の開発だった。プノンペンの西200キロの海岸に
拓けたシアヌークビルは、中国の進出以前から欧米ツーリストが海水浴リ
ゾートとし目を付け、ここに中国人がどっと入ってきて、カジノホテルを
乱立させた。いまでは重慶のヤクザを中心に数万の不法滞在者がおり、一
気に治安が悪化した。


 ▲深海のコッコン港のほうがシアヌークビルより環境がよい?

中国にとっては、これほど観光客で混み合うと秘密の工事が出来なくな
る。だからシアヌークビルの北220キロ。まったく未開発で象の公園があ
るコックンに目的地を移した。地図帳をひらくと、タイとの国境の町、目
の前が海である。

間違いなく中国の狙いはコックンの軍港化であると睨んだインドは、世界
に警告を発し、ワシントンではペンス副大統領が注目した。

「コックンプロジェクトはリゾートではなく軍港だ」と、米国はスリラン
カのハンバントタ港、パキスタンのグアダール港、ジブチの前例をあげた。

4月のシンガポール「シャングリラ対話」に参加した魏鳳和国防相は、
「あり得ない。考えてもいない」と言下に否定し、フンセン首相も「あく
まで商業活用です」と軍事目的を否定した。

しかし、彼らが否定すればするほどに、中国の軍事戦略の一環として、表
向き「シルクロード構想に一環だ」という綺麗事を取り繕いながら着々と
軍事的野心の具体化に歩を進めているのである。 
     

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)藤原正彦氏は、移民が急増しているスウェーデンの実態に
ついて、「低賃金でほとんど税金を納めない人々のための健康保険や失業
保険による財政逼迫、言葉を話せない青少年を大量に引き受ける教育現場
の混乱、治安の悪化や国内労働者の賃金低下」などが進んでいると述べて
いる(月刊文春8月号)。

スウェーデンは、人口が1000万に満たず(2013年で991万人)、人口密度
は20人/km2に過ぎないが、ヨーロッパには、人口1731万人(2019年)、人
口密度では417人/km2の、オランダという国がある。このオランダで、画
家のヴィンセント・ヴァン・ゴッホの甥の孫、映画監督テオ・ヴァン・
ゴッホ氏がイスラム過激派に惨殺されたのは、2004年11月2日、もう15年
も前のことであった。

この時の、オランダ社会の反応については、あるサイトが、下記のように
述べている。
https://akaitaro.com/text/vangohho.html

「事件後オランダ社会はショックと恐怖に包まれた。オランダは周知の通
り多文化社会、多極共存型社会を標榜し、人種差別や政治的暴力が起こる
余地はないとアナウンスしてきたからだ。

オランダ国内ではカトリック、プロテスタントなどの複数の宗派が存在
し、各宗派が「文化の柱/列柱」を構成し、それぞれが十分な文化的自立
性を保持できる構造があるといわれていたのだ。

しかしフォルトゥインの暗殺があり、そしてテオ・ファン・ゴッホの暗殺
が起きた。オランダにおけるこの信念はただの幻想であると思い知らされ
た格好だ。」
 
「多文化社会、多極共存型社会」などというのは、異人種が増加して、そ
の比率が高まってくると、簡単に具現化できるようなものではないはずで
ある。しかも困るのは、移民の大多数が善良な人々だとしても、その中の
ごく少数が、過激、異常な行動に走ると、結局は社会全体をゆるがす大き
な問題となるということであろう。

私は、大阪市中心部(現中央区)の出身で、出身小学校は明治5年創立、
150年近い歴史を持つ伝統校で、統合された結果、作家の山崎豊子氏は広
義では先輩となっている。その母校の児童の4割程度が外国籍だと聞いた
のは、もう5年以上も前のことである。

船場のイトはんが通った名門校の後進である小学校で、在籍児童の多数が
外国籍児童となりつつあるという驚くべき事態が、我が国でも既に進行し
ているのである。

既に、健康保険も外国人によって蚕食されていると聞く。生活保護につい
てもしかりであろうし、移民の単純労働者が増加すれば失業保険もどんど
ん食われていくことだろう。
 
いったい、わが国民は、財政難が進む中で、このような事態を甘受するつ
もりなのか? 藤原正彦氏は、スウェーデンの実情について「治安の悪化
や国内労働者の賃金低下は予測したものの甘かった。最大の思い違いは、
移民が移住先の文化や伝統、そして価値観にいずれ同化するだろうと思っ
たことだった」と述べる(月刊文春8月号)。
 
異民族への対応力、親和力、共存適性が、欧米に比べて勝るとは思えない
我が国で、移民が急増していけば、社会の混乱は恐るべきものになる可能
性があろう。(椿本祐弘)


(宮崎正弘のコメント)正史の『三国志』では、高句麗は「人々の性格は
せっかちで荒っぽく、略奪を好む」「男女の風俗は淫らである」と記述し
ていますが、日本人に関しては「倭人の風俗には節度がある」「家屋には
まじきり(部屋)がある」「倭人の葬式には、棺はあるが、郭はない。土
をもりあげて墓を造る」「父子、男女の差別はない」(註「郭」は「木」
扁)。

つまり「儒教の伝統においては、葬式をきちんと行うかどうかは、民族の
文明度をはかる重要な物差し」であって、「明らかに日本を称賛している
ことになる」(石平『なぜ中国は日本に憧れ続けているのか』、SB新書)

「日本女性はつつましやかで、焼き餅を焼かない。追いはぎやこそ泥が無
く、争いごとも少ない」と三国志には書かれています。中国から見て日本
は理想郷です。

『随書』では日本の「人々の性質は素朴であり正直であり、雅びやかでさ
えある」となって、石平氏に拠れば「中華文明で相手の湖とを『雅風あ
り』と評価するのは、まさに最高の讃辞」だといいます。

日本に留学した魯迅は、目覚めて近代文学の画期生を学び、秋となると和
服に日本刀、清王朝の迷妄に立ち向かった女性革命家として活躍したが日
本留学組でした。

改革開放後、中国人がびっくり驚き憧れ模範としたのが「おしん」。現代
中国において、表面的には反日教育、ところがかなりの中国の若者には
「精日」(精神的には日本人)が夥しくなっています。

年間600万近くが来日する中国人の若者の行動をみていると、そのことは
よく理解できます。かれらは日本でのびのびと闊達に、中国では味わえな
かった自由を享受し、日本料理に舌鼓を打ちながら、日本文化のいごこち
の良さに震えている。だから日本人になりたのでしょう。

ですが、この日本の「優位」は崩れ始めました。

   ♪
(読者の声2)以下は産経新聞の電子版ですが、アニメの拡がりぶりを同
時に伝えています。

 (引用開始)「台湾の蔡英文総統は日本時間18日深夜、「京都アニメー
ション」スタジオの放火火災について「外遊先で放火殺人事件の消息を知
り、驚くと共に心を痛めています」と短文投稿サイト「ツイッター」に見
舞いの言葉を日本語で書き込んだ。

蔡氏は「京都アニメーションは台湾の多くの人にとって、青春の思い出で
もあります」とし、犠牲者の冥福と負傷者の早期回復を祈った。蔡氏は外
交関係のあるカリブ海諸国を歴訪中で、同日はセントルシアに滞在してい
た。台湾では「けいおん!」が2010年にアニメ専門チャンネルで放送され
るなどしている」(引用止め)。(JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)ポケモンが世界共通語となっていること、某大使
の孫が米国、カナダ、香港に分散し、言葉が違うのにポケモンで共通の会
話が成立するとか。

  ♪
(読者の声3)日韓の溝は深まるばかり、外務省も経産省に負けてなるもの
かと韓国側との会談では河野大臣が駐日韓国大使に猛抗議。しかもわざわ
ざメディアが入っている会談冒頭での出来事。韓国側の言い逃れは許さな
いという日本政府の意志がうかがえます。
https://www.fnn.jp/posts/00421061CX/201907191209_CX_CX
(1分27秒)
 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190719-00421096-fnn-int
(3分9秒)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=17&v=Y9DV71uBG_w
(18分23秒)

マスゴミに都合のいいような編集をされないようにノーカット版を公開。
韓国側が相も変わらず話題を逸らそうとすると河野外務大臣が一喝、この
映像は日韓だけではなく世界中で見られることを意識しての振る舞いですね。

そもそも韓国が「ホワイト国」となった経緯が怪しい。1970年代からの日
米貿易摩擦は繊維からテレビ、自動車、半導体とどんどん高度化。アメリ
カの産業も不動産も日本企業に買い漁られ、バブル期の1987年〜89年に外
務次官時代だった村田良平氏の著書を読むと本当に日米戦争がおこるかも
しれないと危惧している。

実際に日米経済戦争で日本は敗戦、半導体企業関係者の本では日本の半導
体は通産省によって潰されたとまでいう人もいる。

アメリカの圧力のすさまじさに韓国を鵜飼の鵜とすることでなんとか時間
稼ぎをしようとしたのかもしれません。

ところが2000年代にはいると「自民党をぶっ壊す」どころか「日本をぶっ
壊す」小泉政権が誕生、日本企業はアメリカのヘッジファンドの草刈場、
さらに民主党政権での超円高放置政策と蓮舫の「事業仕分け」で日本企業
は海外への移転を余儀なくされ、原発事故で電力供給の不安定な日本に対
し韓国は国が補助金で電力を安値で供給。背に腹はかえられない日本企業
の多くが韓国に進出という流れでした。

そんな不自然な海外移転組が国内回帰をしているのが今の状況。韓国の政
治リスクを考えると今が韓国撤退のラストチャンスなのでしょう。
  (PB生、千葉)

◆「葱」知らずで不合格

渡部 亮次郎


葱知らずで不合格は石原慎太郎の息子良純。家人のかじりついている民放
のクイズ番組で勝ち抜き、最終、「ネギ」を漢字で書けと言われて書けな
くて海外旅行をのがした。

そういいえば、まだ子供のころ笠置シヅ子の歌う「買い物ブギ」(作詞、
作曲服部良一)で「東京ねぎ」というフレーズがあって、ねぎに品種がい
ろいろあることを知らないものだから不思議に思っていた。

長じて大阪に左遷されたら関西では葱の白いところじゃ無しに青いところ
しか食べない。だから白い部分の長い葱は東京葱、と知った。

ネギ(葱)の英名はScallion。植物分類体系ではネギ科ネギ属。原産地は
中国西部・中央アジアとする植物。日本では食用などに栽培される。

ネギは「シボル」とも呼ばれ、古名は「き」という。別名の「ひともじぐ
さ」は「き」の一文字で表されるからとも、枝分れした形が「人」の字に
似ているからとも言う。

ネギの花は坊主頭を連想させるため「葱坊主」(ねぎぼうず)と呼ばれ
る。萌葱色(もえぎいろ)は葱の若芽のような黄色を帯びた緑色のことで
ある。

日本では古くから味噌汁、冷奴、蕎麦、うどんなどの薬味として用いられ
る他、鍋料理に欠かせない食材のひとつ。硫化アリルを成分とする特有の
辛味と匂いを持つ。

料理の脇役として扱われる事が一般的だが、青ネギはねぎ焼きなど、白ネ
ギはスープなどで主食材としても扱われる。ネギの茎は下にある根から上
1cmまでで、そこから上全部は葉である。だから食材に用いられる白い部
分も青い部分も全て葉である。

関西では陽に当てて作った若く細い青ネギ(葉葱)が好まれる。一方、関
東以北では成長とともに土を盛上げ陽に当てないようにして作った、風味
が強く太い白ネギ(長葱・根深葱)が好まれる。また秋田など東北地方で
は「曲がりねぎ」という栽培法もある。

関東と同様に土を盛上げながらある程度育てたら、一度抜いて横向きに植
え直し、植物の光に向かって伸びる性質を利用して曲げる。これは、地下
水位が高い土地で効率よく白葱をつくる方法だと言われる。ただし、栽培
に手間がかかるため、作付面積は減少している。

欧米ではチャイブ、リーキなどが栽培されている。

古くから薬効成分が含まれている植物と知られていた。痰や鼻水を押さえ
る作用があるようで、風邪をひいた時に、ネギをくるんだ手拭やガーゼな
どを首に巻くというものは有名な民間療法である。 お尻に刺しても効果
があると言われるが効果の程は不明である。

病虫害の予防効果を狙って、しばしばユウガオ、トマト、ナス、ホウレン
ソウなどの畑に混植される(→ コンパニオンプランツ)。

ネギの種類
<青葱>
九条葱(京野菜)
万能葱
谷田部ネギ
観音ネギ
ワケネギ(わけねぎ) 株分れ(分けつ)しながら成長する葉ねぎ

<白葱>
深谷ねぎ(埼玉県)
下仁田ネギ(太く短い)
ポロねぎ 地中海料理などで普通に使われるネギ。
曲がりねぎ(白葱)
一関曲がりねぎ(岩手県一関市)
仙台曲がりねぎ(宮城県仙台市)
横沢曲がりねぎ(秋田県大仙市)
阿久津曲りねぎ(福島県郡山市)

その他
越津ネギ 愛知県発祥。日本の東西の中間だけあり、根の部分も葉の部分
も丁度同じぐらいの長さで、白葱と青葱の中間にあたる。
徳田ねぎ 岐阜県特産。白葱と青葱の両方の特徴を持つ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2009・05・29