2019年10月31日

◆「黄砂アレルギー」に注意

毛馬 一三

花粉症歴の経験が全く無い筆者にとって、軽い風邪症状の一種かなと思って、余り気にも止めていなかった。

ところがとんでもない。次第に喉の違和感が痛みを伴うようになり、咳も痰も出るようになった。

そこで、慌てて近くの内科診療所に飛び込んだ。内科医は喉の症状を見た途端、「炎症がひどいですね」という。「原因は?」と訊いたら、「飛来してくる黄砂の黴によるものと思われます。花粉症ではありません」と教えてくれた。

同医師によると、黄砂によるいろんな健康被害で訪れる患者が、急増しているという。同医院から、

・抗生物質―フロモックス錠100mg(毎食後1錠・3日間分)
・咳を鎮める薬―メジコン錠15mg(毎食後2錠・7日分)
・痰や膿を薄めて、痰や鼻汁を出しやすくする薬―ムコダイン錠500mg(毎食後1錠・7日分)
・胃薬―セルベックスカプセル50mg(毎食後1カプセル・7日分)薬を貰った。

だが、マスクを付けて外出を余儀なくさせられた1週間が過ぎても喉の炎症と咳、痰共に治まる気配が無い。再診の結果、まだ喉の炎症は完治してないと診断され、改めて下記の薬を貰った。

・咳を鎮める薬―メジコン錠15mg(毎食後2錠・7日分)
・痰や膿を薄めて、出しやすくする薬―クリアナール錠200mg(毎食後1錠・7日間分)
・炎症を抑えて腫れや痛みを和らげる薬―ダーゼン5mg錠(毎食後1錠・7日分)
・SPトローチ0.2mg(28錠・1日4回)
・アズノールうがい液4%(5ml・1日4回)

2度目の薬を飲んだり、うがいを励行したところ、数日が経過してやっと喉の痛みや違和感がなくなり、咳と痰も出なくなった。

喉にこのような強度な症状が出たのは初めてのことだ。しかも気にはなっていた飛来の「黄砂」によるものだ。

今強烈になっている中国の大気汚染と原因が重なっているらしく、中国から飛来する「黄砂と大気汚染」が、日本に被害をなすりつけているのだ。気象庁も「中国で黄砂が急激に発生してる」と指摘している。日本が被害者になるのか。無性に腹が立つ。

話は後先になるが、<黄砂(こうさ)とは、中国を中心とした東アジア内陸部の砂漠または乾燥地域の砂塵が、強風を伴う砂嵐などによって上空に巻き上げられ、春を中心に東アジアなどの広範囲に飛来し、地上に降り注ぐ気象現象。あるいは、この現象を起こす砂自体のこと>である。

細かい砂の粒子や、粒子に付着した物質、黄砂とともに飛来する化学物質などにより、さまざまな健康被害が生じる。

即ち、咳、痰、喘息、鼻水、痒みといった呼吸器官への被害や、目や耳への被害が目立つ。黄砂が多い日には、花粉症、喘息、アトピーなどのアレルギー疾患の悪化が見られる。>という。 
参考―フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

花粉症で悩まされるだけでなく、黄砂アレルギーで健康被害を煩わされるのでは、堪ったものではない。

ところが肝腎の黄砂による呼吸器官への被害が、増えていることにはあまり知られていないようだ。

黄砂の飛来が顕著な九州や関西では、既にこの被害が出て問題化しているが、全国にも広がるだろう。

黄砂の飛来が予測される時は、TVの「天気予報」で早めに知らせてほしい。

しかも喉などに異常を感じたら、医療機関で診察を早めに受けられることをお勧めしたい。(了  再掲)     


2019年10月30日

◆世界では大きなイベントがあった

宮崎 正弘


令和元年(2019)10月28日(月曜日)通巻第6253号  

日本では報道されなかったが、世界では大きなイベントがあった
ロシアはアフリカ会議、北京は軍人スポーツ國際大会、インドネシアでは

シリア北部でISの指導者バグダディが自爆した。カリフォルニアでは未
曽有の山火事が続き、カタロニアでは独立運動の抗議活動が暴力化している。
 
10月23日からソチにおいて、プーチン大統領は「ロシア・アフリカ会
議」を開催し、シシ(エジプト大統領)ら元首クラス43名(加えて副大
統領クラスが11名)が参加、熾烈な巻き返しぶりを示した。

アフリカに猛烈に食い込んだ中国を脅威視している欧米は、梃子入れに懸
命だが、投資額が追いついていない。その上、とくに欧州各国(英国、ド
イツ、仏蘭西、ベルギー、スペイン、伊太利亜)は、かつてこの地を植民
地支配したため、反西欧の思想に直面する。コンゴ、ルアンダなどでは新
人の中国が内政干渉せず、人権も言わないので、すごく相性が合うからだ。

米国はアフリカの梃子入れを図るが、それほどの熱意もなく遅れており、
そこで日本が米国に押されたかのように、アフリカへの大々的な梃子入れ
を行ってきた。日本主導のアフリカ開発会議(TICAD)は第七回目の
大会を2019年8月に横浜で開催し、53ヶ国参加のうち、42ヶ国の
元首クラスが来日した。

こうした動きを横目に中東での影響力を回復し、シリア、トルコを梃子に
米国へ挑戦したプーチンは、ここでアフリカへの再接近を試みる。外交の
転換である。

同じ頃、習近平が久々の笑顔で式典にあらわれた。世界軍人スポーツ大会
が北京で開催されたのだが、軍人チームを派遣したのがロシア、北朝鮮。
そして韓国。西側からはアメリカ、インドが主力だった。スポーツを通じ
ての軍事大国との交流を始めた中国の狙いは奈辺にあるのか

ついでジャカルタである。

ジョコ大統領の再選、大統領就任式は10月20日だった。後ろ盾のメガ
ワティがでんとひかえる中、式典にはシンガポール首相、ブルネイ国王、
カンボジアの独裁者にくわえて、ここに来日直前の王岐山の姿があったの
だ。王岐山は天皇陛下との会見時と晩餐会に人民服であらわれた。ジャカ
ルターバンドン間の新幹線を日本から横取りしておきながら、完成とされ
た2019年にまだ殆ど進んでいない。インドネシアは中国に大きく失望
しているが、それにもめげずに、中国はインドネシアへ熱烈接近を続行し
ていることは注目を置いておく必要がある。

  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
10 年に亘った研究と取材の結晶。中国の大プロパガンダ作戦の実態と挫折
パンダ・ハガーの退場の切っ掛けは「ブーバー報告」。その原典が本書だ。

  ♪
何清漣、福島香織訳『中国の大プロパガンダ ――おそるべき大外宣の実
態』(扶桑社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

オバマ時代まで米国の対中政策を操った「パンダ・ハガー」(愛中派)ら
が敗れ去った。替わって「ドラゴン・スレーター」(龍処刑人)が、米国
の対中国交の主導役となった。

このトランプの対中外交転換に強い影響力を持ったのは「フーバー・レ
ポート」(詳細は本書参照)だった。

その原典とも言えるのが、本書の前身レポートである。

何清漣女史は在米のジャーナリストとして数多い作品を書かれている。し
かも主要な作品の殆どは日本語訳されている。
チャイナ・ウォッチャーのみならず、一般読者の興味をぐいと掴んで放さ
ない魅力とは、彼女の情報分析の冷徹で慧眼な視点が、所謂「ジャーナリ
スト」的でありながらも、独自の研究に裏打ちされているからだろう。

予言的性質を帯び、読み出したら最後まで一気に読んでしまわなければ納
まらないほどのダイナミックな筆力がある。

福島さんの翻訳もそれに輪をかけてダイナミックだ。

中国は2009年から、450億人民元(8000億円強)もの天文学的
巨費を投じて、対外宣伝作戦をはじめた。

なにしろ「中国にとって報道とはプロパガンダのことだ」。

世界各地で展開した政治宣伝作戦の詳細は、米国を例にしてみると、
NY42丁目のタイムズスクエアの電子広告板(液晶ビジョン)を借り上
げ、米国の新聞に『チャイナ・ディー』(英語版の人民日報のような宣伝
紙)の折り込みを入れ、あるいは紙面に挿入させるという大胆な手法で、
米国にチャイナロビィを形成し、多彩で幅広い領域へと、プロパガンダ作
戦を拡大した。この侵略的な宣伝戦争をペンス副大統領は演説で指摘した
(18年10月4日)。 

新聞記者、学者、政治家の籠絡も派手に展開された。有力な大学には北京
語を教えるとした孔子学院をつくった。

議会人にはあご足つき、ときに美女付きの招待旅行を次々と繰り返し、他
方、シリコンバレーなどでは高給で釣って優秀な人材をスカウトし、中国
のハイテク向上に役立てた。

何も対応策を採らず、指をくわえて見ていたのは歴代政権だったが、クリ
ントンとオバマ政権幹部もまた中国マネーで薄汚く籠絡されていた。

ロスアンジェルスタイムズは怪しげな華僑の資力によって買収された。こ
の手法は香港と台湾でも、あらかたの新聞、ラジオ、テレビ、出版社が中
国の資力によって陥落した。

香港の出版界の実情と言えば4分の3の出版社が中国資本となり、中国共産
党批判の書籍は書店には並んでいない。辻々の屋台で売っているという有
様なのである。評者(宮崎)、今月初頭にも、銅鑼湾書店はどうなった
か?見に行ったのだが、シャッターが降りて鍵がかかったままだった。

かつては良心的と言われた『星島日報』や『明報』もじわりと真綿で首を
絞められるように代理人を通じて中国資本が入り、論調が変わってしまった。

しかし「これら新聞(『大公報』を含めて)の香港に於ける信用度はきわ
めて低く」(160p)、香港の人々からまったく信用されていない。
「親共メディアは読む人などいない」(188p)。

▲シンクタンクも学者もカネに弱かった

ワシントンの「Kストリート」というのは、ロンドンにあった「軍艦街」
とは異なって、政治ロビィストとシンクタンクの集中地区である。(ロン
ドンの「軍艦街」は政府批判を吠えるような論調の新聞社が並んでいた時
代に、そう愛称された)。

このKストリートの保守系シンクタンクにも中国資金がぶち込まれた。
中国は、「委託研究」とかの名目で、あらかたのシンクタンクに法外な研
究費を資金提供し、事実上、研究員を間接買収し、中国贔屓の提言を作成
させたのだ。

Kストリートがワシントンの政策決定を動かし、ウォールストリートが米
国経済を動かし、メインストリートが、米国の支配層を領導する図式があ
るからだ。Kストリートの保守的なシンクタンクですら一時期の中国批判
色は希釈される始末だった。

2015年までの米国は、取り憑かれたようにチャイナ礼賛が続いてい
た。いったい何事が起きているのか、訝った人も多かっただろう。
何清漣女史はこう指摘期する。

「ワシントンのシンクタンクが外国政府から大量の資金提供を受け、ロビ
イ機構に成り下がっており、米国官僚にその国に有利な政策を推進させて
いた」(264p)。

 中国の米国メディアへの浸透、ロビイストたちの籠絡、そのうえアカデ
ミズムの世界への乱入があった。

こうした「紅色浸透」によって、オバマ政権下では「G2」が叫ばれた。
ズビグニュー・ブレジンスキー(学者、カーター政権で大統領安全保障担
当補佐官)やロバート・ゼーリック(元世銀総裁)が声高に提唱し、「世
界を米中で分かち合う」などと中国高官らは高らかに言い放っていた。
中国の「紅色浸透」は映画界にもおよび、嘗てさかんだった反中映画は鳴
りを潜めた。かわりに南京大虐殺があったとする反日映画。出版界でも
「レイプオブナンキン」というフェイク文書が老舗ペンギンブックスから
出されたばかりか、いまも売れているのは、組織買いである。

日本ではどうかと言えば、中国は別にカネを使わなくても、日本人の政治
家も新聞記者も、尻尾をふってやってきた。このチャイナの傲慢はいつま
で続くのか、懸念が拡がった。

直近にも評者(宮崎)が香港へ行ってたいそう驚いたことがある。

黎智英の『リンゴ日報』以外、自由主義に立脚する新聞は香港にないが、
中国礼賛の『文わい報』など、新聞スタンドで、まったく売れていないの
だ! 

『リンゴ日報』は飛ぶような売れ行きと比較して、これはどういうことか
と思っていると、早朝七時。辻々におばさん達がたって『文ワイ報』を無
料で配りだしたではないか!

つまり大量の買い上げによって成り立っているのだ。

これは台湾でもほぼ同じである。

嘗て国民党の宣伝ビラとまで言われた『連合法』も『中国時報』もダミー
を経由して中国から資本が入っている。台湾のテレビ、ラジオもそうである。

かくなると、香港と台湾ではどうやって真実を知っているのかと言えば近
年猛烈な勢いで発達したSNSであり、とくに若者たちは新聞をまったく
読まず、SNSで正確な、客観的情報を入手している。

米国の状況に戻ると、トランプの登場によって、こうした紅色浸透の作戦
は、転覆した。百八十度、その効果がひっくり返し、メディアは反中国、
アカデミズムでもキッシンジャーもエズラ・ボーゲルも孤立し、パンダ・
ハガーから転向したピルスベリーが代表するドラゴン・スレーターが世論
をリードするようになった。

本書は、この10年の中国の作戦の軌跡を振りかえりながらも、克明に大胆
に中国の赤い野望を暴露している。本書、日本の外務省のみならず官庁、
商社マン、マスコミ関係者には必読である。
                 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ   読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)通巻第6252号の巻頭記事にある有名ハンドバッグメー
カー名の原語に近い表記は「ルイビュトン」ではなく「ルイヴュイトン」
です。

巷間では「ルイビトン」「ルイヴィトン」などと呼称されていますが…。
些末なこととは思いますが、気になりましたので投稿します。
(元仏語教師)

  ♪
(読者の声2)英国で39人の中国人の凍死遺体。貴誌で続報を知りまし
たが、これって、中国の経済大国というイメージを根底から破壊した悲惨
な出来事ではありませんか。日本のメディアはなぜ詳しく報じないのです
か?(JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)中国の官製メディアの反応たるや、「西側は偽善
である。ヒューマニズムを理解していない。管理のずさんな英国は責任を
取れ」などと、凄いですね。この責任転嫁、いつものように中国共産党は
得意な論理のすり替え!

英国のメディアの主眼は人身売買の犯罪シンジケートの解明に置かれてい
ます。米国のメディアは関心がない点で日本と同じでしょうか。

熱心に伝えているのは台湾、香港、シンガポールの華僑系メディアという
図式です。

経済大国の実態とは凄まじい所得格差であり、貧困層が数億人!
     

◆「わが祖国」スメタナ

渡部亮次郎


元気の出ない時に聞く曲はスメタナの「我が祖国」だ。ポロン、ポロンと
珍しくハープの演奏から始まる交響詩組曲である。私のクラシック教室に
は先生がいないから、ここ20年ぐらい、手に入るだけのCDをやたら聴いて
好きな曲を探す。スメタナはそうした1人である。

ベドルジハ・スメタナSmetana,Bedrich (1824〜1884)はチェコの作曲
家。幼いころから音楽への才能を示し,ピアノと作曲を学ぶ。1848年フラ
ンスの2月革命がチェコにも及び,プラハで急進派が蜂起したときそれに
参加,革命軍のための行進曲や《自由の歌》を書いた。

革命が鎮圧された後は,リストの援助を得てプラハに音楽学校を開設。56
年から5年間はスウェーデンのイェーテボリ市の音楽協会〈ハーモニー協
会〉の指揮者を務めた。

61年帰国ののちは,再び大きな盛上がりをみせていたチェコの民族運動の
音楽的スポークスマンとして大活躍を始め,チェコ人のための国民劇場完
成までの仮劇場のために,《チェコのブランデンブルク人》(1863)や《ダリ
ボル》(1867)のようなナショナリズムを鼓吹した愛国的なオペラを作曲した。

また,理想化されたチェコの農村の姿をミュージカル?コメディ風に描い
た《売られた花嫁》(1866。1870改訂)の大成功によって,仮劇場の首席指揮
者の地位も手中に収めた。

しかし74年,50歳のときに聴覚を失い,晩年はチェコ北部のヤブケニツェ
村に隠とんし,肉体的?精神的状態の悪化と戦いながら作曲に専念。祖国
の風物と民族を賛美した6曲から成る交響詩組曲《わが祖国》(1879。

その第2曲《モルダウ》はとくに親しまれている)や自叙伝的な2つの弦楽四
重奏曲,《第1番わが生涯より》(1876)と《第2番ニ短調》(1883)を完成したの
ち,プラハの精神病院で狂死した。

作品にはなお合唱曲と歌曲,多数のピアノ曲などもあるが,〈ボヘミア楽
派〉といわれるチェコの国民楽派の創始者であり,ロシアのムソルグス
キーやフランスのベルリオーズと並んで,音楽におけるリアリズムのあり
方を後世に示した先駆者の一1人でもあった。 佐川 吉男

参考:世界大百科事典(C)株式会社日立システムアンドサービスより。


また
http://www.kk.iij4u.or.jp/~takuya/vltava.htm  に拠ると、

スメタナは同じチェコ出身で後輩格であるドヴォルジャークと共に、土地
に根ざした作風を持つ、いわゆる「チェコ国民楽派」として有名な作曲家
である。

ヨーロッパ各地で研鑚を積みつつも、やはり自らが生まれ育ったチェコの
ことが忘れられず、帰国後「ヴィシュフラド(高い城)」「モルダウ」
「シャールカ」「ボヘミアの森と草原にて」「ターボル」「ブラニーク」
という一連の交響詩を次々と世に出し、祖国への熱い思いを託した。

この6曲は1882年11月、この順番で連作交響詩「我が祖国」としてプラハ
にて初演され、大好評を博した。

以来この曲はチェコ国民の愛国心を象徴する傑作として、現在チェコで毎
年行われている「プラハの春音楽祭」の初日は決まってチェコ・フィル
ハーモニーにより「我が祖国」全曲が演奏される等、スメタナの生涯をか
けた愛国心はたくさんのチェコ国民に受け継がれているという。

この「モルダウ」はその連作交響詩の2曲目で、しばしば単独でも演奏さ
れる。幸いなことに作曲者自身により、ここは何を描写しているのか具体
的な注釈が残っており、曲を初めて聴く人でも容易にその場面を想像できる。

以下その必見ポイント(?)を順を追って記す。

○「モルダウの最初の源流」
水源地はチェコ西部の山の奥深くである。2本のフルートにより雪が溶け
てやがて流れとなる様子が表されている。繊細なハープのハーモニクスと
ヴァイオリンのピチカートは、あちこちで陽の光に当たってきらめく水の
しずくである。

○「モルダウの第2の源流」
さきの源流(フルート)にやや温度差のある別の流れ(クラリネット)が
合流し、少しだけ水に温かさが加わる。こうして徐々に楽器の数が増え、
水が集まり、河の流れが出来上がってくる。ここでオーボエを伴った弦楽
器により、最も有名なモルダウ河の主題が提示される。

○「森〜狩り」
流れは森の中に入り、ホルンのシグナルとともに馬に乗った勇壮な狩人が
横切る。角笛の音が森のあちこちにこだまする。牧場のカウベルも時折聞
こえ、弦楽器による河の流れは絶え間なく続く。

○「村の婚礼」
拍子は6/8拍子から2/4拍子に変わり、森を抜けると少し視界が開け、村の
集落が見えて来る。今日は村の若者の結婚式。教会から出てきた若い2人
を、村人たちの陽気なフォークダンスが迎え、祝福するヨーデルの歌声が
響く。

○「月の光〜水の精の踊り」
結婚式の夜も更け、あたりは静けさを取り戻す。ファゴットとオーボエの
先導により水の精が登場し、フルートとクラリネットが冒頭と同じような
無窮動を繰り返しつつ楽しげに浮遊する。弦楽器群によりまた水量が徐々
に増え、さきのモルダウ河の主題が再現される。

○「聖ヨハネの急流」
突如として傾斜が急になり、水の勢いが速くなる。岩にぶつかり、激しい
水しぶきを上げる様子がリアルに描写されている。

○「モルダウの力強い流れ」
曲はホ短調からホ長調に転調し、モルダウ河はプラハ市内に入る。オーケ
ストラ全体によりこの「モルダウ河のテーマ」が賛歌として力強く歌われる。

○「ヴィシュフラド(高い城)の主題」
かくてプラハ市内にある歴史的な古城、ヴィシュフラド(高い城)に挨拶
する。ここは前作である交響詩「ヴィシュフラド(高い城)」(「我が祖
国」第1曲)のテーマが回帰する瞬間でもあり、本来ならば全曲を連続演
奏した時に効果が得られるように作られており、プラハ市内を抜けてなお
果てしなく続く流れを見送りつつ、フェードアウトされて曲は締めくくら
れている。

この「モルダウ」の作曲に着手した頃、スメタナは耳の病が悪化し、あの
ベートーヴェンと同様に聴覚を失ってしまった。したがってこの「モルダ
ウ」以降、スメタナ自身は自分の作品を音として聴いていない。

スメタナは1884年に世を去り、自らの作品で歌い上げたモルダウ河とヴィ
シュフラドのすぐ近くの墓地に静かに眠っている。と書かれているが狂死
とはあまりに可哀想だ。2007?06?08


◆文在寅打倒なるか、保守のデモが街を埋めた

櫻井よしこ


10月3日、平穏な年なら韓国は国民こぞって「開天節」を祝っていただろ
う。開天節は朝鮮の神話に出てくる檀君即位の日、韓国の建国記念日だ。
だが、今年のこの日、首都ソウルは文在寅政権に反対する保守派の怒りで
埋まった。

インターネット配信の「言論テレビ」でデモの映像を紹介しながら、朝鮮
問題専門家の西岡力氏がデモの参加人数を面積を基に計算すれば約50万人
になると説明した。

デモに関しては往々にして過大な数字が発表されるが、誇張ではなく、正
味50万人がデモに参加したことの意味は大きい。

「2017年3月1日、保守派勢力が当時の大統領、朴槿恵氏に対する弾劾に反
対してデモをしました。光化門からソウル市庁前、南大門まで人が一杯に
なり、その時はやはり面積比で30万人とされました。今回は南大門からさ
らにソウル駅までの大通りが人で埋まっています。50万人説には信頼性が
あると思います」

と西岡氏。

朴前大統領擁護の保守派デモより、はるかに多い人々が街に繰り出したの
だ。他方、産経新聞ソウル支局の黒田勝弘氏は、朴氏を辞任に追いやった
左翼勢力主導の「ロウソクデモ」よりも今回の人数が多かったと報じている。

2年前の左右のデモを超える人々が、いま、反文在寅の旗を立ててデモを
しているのである。「言論テレビ」で「統一日報」論説主幹の洪?氏が説
明した。

「主催、参加団体は多様でした。キリスト教の牧師、YouTubeなどのメ
ディアや言論機関、大学の教授たち、これまで文政権と連携してきた弁護
士、会計士などまでが?国法相の辞任を求めて、文批判を強めました」

今回のデモは、或いは、韓国世論が大きく変化する予兆ではないのか。普
通の人の姿も目立った。キリスト教会の動員力のせいか、若い男女や主婦
も少なくなかった。

多くの脱北者も座り込んだ

彼らを突き動かしている要因のひとつが香港だという。750万の香港人
が、14億人を擁する中国共産党と戦っている。その気迫に韓国人は目を醒
まされたと洪氏は指摘する。

香港以前に、全世界は、中国共産党が中国本土で国民からあらゆる自由を
奪い取るのを見詰めている。宗教弾圧はとりわけ厳しく、キリスト教徒も
無慈悲な迫害の対象だ。

だが、文氏も?氏も韓国民の中国共産党支配に対する危機感には鈍感であ
る。むしろ中国共産党に近づくかのように、社会主義革命路線をひた走
る。一般の国民が、そのような彼らに国政を委ねることへの危機感を抱き
始めた。それが、10月3日の大規模デモだ。

キリスト教徒に加えて、デモに参加した海兵隊予備役官らも注目を集めた
という。

「彼らは皆、文政権への抗議の意味を込めて剃髪したのです。坊主頭の屈
強な男たちの一群ですから、目立つでしょう」

と洪氏。

大学の教授たちも1万人以上が「正義と真実」を求めて抗議声明に署名
し、デモに合流した。

YouTuberの若者たちはデモの現場で大手メディアに抗議した。西岡氏の説
明だ。

「10.3デモの取材に大手テレビ局のKBSが来ていたのです。大手テレビ
は本当に左傾化しています。保守の言動どころか存在さえ報じません。で
すから若者たちは大型放送車の窓に『本当のことを報道しろ』と書いたプ
ラカードを貼り付けたのです。暴力も破壊もありませんでしたが、KBS
の記者たちには痛烈なメッセージになったでしょう」

10.3デモは、史上最大規模のデモでありながら、香港のような激しい暴力
沙汰は起きなかった。事前に各団体が注意事項を呼びかけたからだ。武器
と誤解されるようなものは一切身につけないこと、台風の影響で雨が懸念
されるため、雨合羽を持参すること、但し、傘は武器と見做されかねない
として禁止した。

「体力のある者は徹夜でデモをして、そのまま青瓦台の前に座り込む。
従って、寝袋と腹ごしらえの食糧を持参するようにという通達も出ました」

と洪氏。

6月から青瓦台前で一人で座り込みをしてきた全光?牧師が指導して、3日
夜、1000人単位の人々が青瓦台前で夜をすごした。週末になっても人数は
減らず、座り込みが続いている。多くの脱北者も一緒に座り込んだ。彼ら
は人間を人間として扱わない北朝鮮から命がけで脱北した。それなのに、
韓国はいま、北朝鮮に同調しようとしている。彼らはそれだけは決して許
せないのである。

政治運動と関わったことのない多様な人々が街に繰り出したのは、文政権
の所業が「臨界値を超えた」からだと洪氏は強調する。

反日が支柱

社会の中間層に属する「大人しい人たち」までもが行動を起こしたことを
どう解釈すべきか。明らかに暫く前とは様子が違う。それを向こう側から
息を詰めるようにして、逆転劇を恐れつつ見詰めているのが文氏と?氏で
はないか。娘の不正入学、不正論文、妻の金銭疑惑、その背後の黒幕であ
る?氏本人は暴力革命を信奉するレーニン主義者である。?氏を罷免すれ
ば、文氏への評価は好転するかもしれないが、文氏はそうはしない。ここ
で退けば彼の革命の夢は潰れてしまうことを知っているのだ。

この段階でも文氏にはまだ4割弱の支持がある。理由は主として二つ、第
一の理由を洪氏が説明した。

「共産主義への盲信から目が覚めることは、自分の頭で考える力がどれだ
けあるかということに直結します。文氏支持の左翼たちは盲信が深いため
に、自分の目で見て自分の頭で考えることがなかなかできないのです」

第二の理由を西岡氏が熱を込めて語った。金日成の主体思想を奉ずる人々
が今日まで存在し続けているのは、マルクス・レーニン主義に依拠するか
らではなく、反日民族主義に依拠しているからだという。

金日成の「偉大さ」は「日本と戦った」ことによるが、韓国の主流派は残
虐な日本と手を組んだ。その汚れた親日派が親米派になり、反共派になっ
て韓国を支配した。世界で社会主義が衰退しても関係ない、親日派を倒せ
ば韓国は再生する。そのように信ずる人々は、日本が悪いと言っている間
は大丈夫なのだ。反日が支柱である限り、社会主義や共産主義がすたれて
も、彼らは倒れない。

であれば、韓国再生のためには反日の間違いを正さなければならない。そ
のことを韓国の保守派はようやく悟った。それがベストセラー、『反日種
族主義』を書いた李栄薫教授であり、弟子の李宇衍教授らだというのだ。
ストンと納得のいく分析である。彼らと連帯していくのが日本の正しい道
である。

『週刊新潮』 2019年10月17日号 日本ルネッサンス 第872回

◆蕪村公園横の「毛馬の閘門」

石田 岳彦


阪急千里線の柴島駅(本筋から思い切り離れますが「柴島」を初見で「くにじま」と読める人がどれだけいるでしょうか。)から天神橋筋六丁目駅へ向かい、淀川にかかる鉄橋を渡る際、左側奥、淀川大堰の向こう側に大きな「水門」が見えますが、その水門には「毛馬こうもん」と白抜きで大きく書かれています。

「こうもん」を漢字で書くと「閘門」です(ちなみに「毛馬」は地名で「けま」と呼びます)。

最近は警察署にも建物の壁に「けいさつ」と平仮名で大きく書いているところがありますが、「閘門」と書いても読めない人が多いので、「こうもん」と平仮名で書いているのでしょうか。

もっとも、警察署と違い、読みだけ知ったところで何をやっている施設かは分からないと思いますが。

それはさておき、阪急千里線を通勤経路にしている私にとって、毛馬の閘門は見慣れた存在でしたが、近くにまで行く機会はありませんでした。

平成20年春、毛馬の閘門が国の重要文化財に指定されることになったというニュースを聞いた私は、これをよい機会と毛馬の閘門に行ってみました。我ながらミーハーです。

毛馬の閘門に行くには、天神橋筋六丁目駅(阪急千里線、地下鉄堺筋線・谷町線)から北上し、淀川にかかる長柄橋の南詰めから河川敷に出て、更に5分ほど東へ歩きます。

河川敷は公園になっていて、堤防上には歩道も整備されていて、歩いていて楽しい道ですが、天神橋筋六丁目駅からは20分以上の歩きになり、大阪市内ということを考えると交通の便の悪い場所といえるでしょう(私がなかなか行く気になれなかった理由もこれです。)。
 
現地に設けられていた説明板によると、閘門というのは、水位の異なる川、運河等の間で船を行き来させるため、両側に水門を設けた水路で、毛馬の閘門の場合、大川(低)と淀川(高)との間の高低差を調整して船を通すために建造されたものです。

淀川から大川に入る場合、まず、水路内の水位を淀川に合わせたうえ、淀川側の水門のみを開けて船を水路に入れたうえで閉じ、水路内の水を抜いて、水面の高さを大川と同水位に下げた後、大川側の水門を開けて船を通過させるという仕組みになっています。

逆に大川から淀川に行く場合には、大川側から水路に船を入れたうえ、水を補充して水路面を淀川と同水位にまで上げてから、淀川側の水門を開放することになります。

なお、そもそも隣り合っている2つの川の水面に何故、極端な高低差があるかといえば、本来の淀川の流れは大川の方で、現在の淀川のうち毛馬よりも河口側の部分(新淀川)は明治時代に治水上の必要で人工的に作られたためだそうです。

ちなみに現在の毛馬の閘門は3代目で、私が毎朝見かけている「毛馬こうもん」もこの3代目にあたります。今回、重要文化財に指定されたのは、初代と2代目(今は船溜になっているそうです)で、このうち初代の閘門は、3代目のすぐ近くに見学用として整備されていました。

初代閘門の水門は2つの扉が観音開きになる方式で(なお、現役の3代目の閘門は門扉が上下して開閉するシャッター方式だそうです。)、現在は半開きの状態で固定されています。最近になって塗りなおされているようで、水色の大きな扉が鮮やかです。

北側の淀川側の水門は、近くにある堤防から一段低いところにあり、階段で下まで降りることもできますが、降りたところに柵が設けられていて、その先の水門をくぐることはできません。

もっとも、南側にある大川側の水門(淀川側に比べてかなり小型です)は開放されていて、そちら側から(旧)水路(当然のことながら現在では水路に水は流されていません。)の中に入ることができ、更に進んで淀川側の水門をくぐることもできます。北側の柵はいったい何のためでしょうか。

水路の中央に見学用の通路が設けられていて、その両側は何故か芝生になっていました。先ほどの柵といい、「こうもん」のペイントといい、この芝生といい、大阪市はよく分からないことに、金と手間を使います。

水路といっても船が通り抜けることができるだけのスペースですから、幅もそれなりにあり、スペース自体はちょっとした広場並みです。両側の側壁はレンガ造りになっていて、ところどころに鎖が取り付けられています。係船環と呼ばれる船を繋ぐためのものだそうです。水路に水を注入または排出するときに船が動かないようにするためでしょうか。

近くには初代閘門の付属施設として建設された洗堰(水が堰の上を越えて流れるタイプの堰)も残っています。淀川(新淀川)から大川に流れ込む水の量を調節するためのものだそうです。なかなかシックなデザインですね。

大阪市やその近郊にお住まいの方であれば、天気のよい休日にでも、広々とした淀川の河川敷や与謝蕪村公園の横を歩きつつ、ちょっと「毛馬の閘門」に寄ってみられるのも悪くないでしょう。(終)


2019年10月29日

◆世界では大きなイベントがあった

宮崎 正弘


令和元年(2019)10月28日(月曜日)通巻第6253号  

日本では報道されなかったが、世界では大きなイベントがあった
ロシアはアフリカ会議、北京は軍人スポーツ國際大会、インドネシアでは

シリア北部でISの指導者バグダディが自爆した。カリフォルニアでは未
曽有の山火事が続き、カタロニアでは独立運動の抗議活動が暴力化している。
 
10月23日からソチにおいて、プーチン大統領は「ロシア・アフリカ会
議」を開催し、シシ(エジプト大統領)ら元首クラス43名(加えて副大
統領クラスが11名)が参加、熾烈な巻き返しぶりを示した。

アフリカに猛烈に食い込んだ中国を脅威視している欧米は、梃子入れに懸
命だが、投資額が追いついていない。その上、とくに欧州各国(英国、ド
イツ、仏蘭西、ベルギー、スペイン、伊太利亜)は、かつてこの地を植民
地支配したため、反西欧の思想に直面する。コンゴ、ルアンダなどでは新
人の中国が内政干渉せず、人権も言わないので、すごく相性が合うからだ。

米国はアフリカの梃子入れを図るが、それほどの熱意もなく遅れており、
そこで日本が米国に押されたかのように、アフリカへの大々的な梃子入れ
を行ってきた。日本主導のアフリカ開発会議(TICAD)は七回目の
大会を2019年8月に横浜で開催し、53ヶ国参加のうち、42ヶ国の
元首クラスが来日した。

こうした動きを横目に中東での影響力を回復し、シリア、トルコを梃子に
米国へ挑戦したプーチンは、ここでアフリカへの再接近を試みる。外交の
転換である。

同じ頃、習近平が久々の笑顔で式典にあらわれた。世界軍人スポーツ大会
が北京で開催されたのだが、軍人チームを派遣したのがロシア、北朝鮮。
そして韓国。西側からはアメリカ、インドが主力だった。スポーツを通じ
ての軍事大国との交流を始めた中国の狙いは奈辺にあるのか

ついでジャカルタである。

ジョコ大統領の再選、大統領就任式は10月20日だった。後ろ盾のメガ
ワティがでんとひかえる中、式典にはシンガポール首相、ブルネイ国王、
カンボジアの独裁者にくわえて、ここに来日直前の王岐山の姿があったの
だ。王岐山は天皇陛下との会見時と晩餐会に人民服であらわれた。ジャカ
ルターバンドン間の新幹線を日本から横取りしておきながら、完成とされ
た2019年にまだ殆ど進んでいない。インドネシアは中国に大きく失望
しているが、それにもめげずに、中国はインドネシアへ熱烈接近を続行し
ていることは注目を置いておく必要がある。

  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
10 年に亘った研究と取材の結晶。中国の大プロパガンダ作戦の実態と挫折
パンダ・ハガーの退場の切っ掛けは「ブーバー報告」。その原典が本書だ。

  ♪
何清漣、福島香織訳『中国の大プロパガンダ ――おそるべき大外宣の実
態』(扶桑社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

オバマ時代まで米国の対中政策を操った「パンダ・ハガー」(愛中派)ら
が敗れ去った。替わって「ドラゴン・スレーター」(龍処刑人)が、米国
の対中国交の主導役となった。

このトランプの対中外交転換に強い影響力を持ったのは「フーバー・レ
ポート」(詳細は本書参照)だった。

その原典とも言えるのが、本書の前身レポートである。

何清漣女史は在米のジャーナリストとして数多い作品を書かれている。し
かも主要な作品の殆どは日本語訳されている。
チャイナ・ウォッチャーのみならず、一般読者の興味をぐいと掴んで放さ
ない魅力とは、彼女の情報分析の冷徹で慧眼な視点が、所謂「ジャーナリ
スト」的でありながらも、独自の研究に裏打ちされているからだろう。

予言的性質を帯び、読み出したら最後まで一気に読んでしまわなければ納
まらないほどのダイナミックな筆力がある。

福島さんの翻訳もそれに輪をかけてダイナミックだ。

中国は2009年から、450億人民元(8000億円強)もの天文学的
巨費を投じて、対外宣伝作戦をはじめた。

なにしろ「中国にとって報道とはプロパガンダのことだ」。

世界各地で展開した政治宣伝作戦の詳細は、米国を例にしてみると、
NY42丁目のタイムズスクエアの電子広告板(液晶ビジョン)を借り上
げ、米国の新聞に『チャイナ・ディー』(英語版の人民日報のような宣伝
紙)の折り込みを入れ、あるいは紙面に挿入させるという大胆な手法で、
米国にチャイナロビィを形成し、多彩で幅広い領域へと、プロパガンダ作
戦を拡大した。この侵略的な宣伝戦争をペンス副大統領は演説で指摘した
(18年10月4日)。 

新聞記者、学者、政治家の籠絡も派手に展開された。有力な大学には北京
語を教えるとした孔子学院をつくった。

議会人にはあご足つき、ときに美女付きの招待旅行を次々と繰り返し、他
方、シリコンバレーなどでは高給で釣って優秀な人材をスカウトし、中国
のハイテク向上に役立てた。

何も対応策を採らず、指をくわえて見ていたのは歴代政権だったが、クリ
ントンとオバマ政権幹部もまた中国マネーで薄汚く籠絡されていた。

ロスアンジェルスタイムズは怪しげな華僑の資力によって買収された。こ
の手法は香港と台湾でも、あらかたの新聞、ラジオ、テレビ、出版社が中
国の資力によって陥落した。

香港の出版界の実情と言えば4分の3の出版社が中国資本となり、中国共産
党批判の書籍は書店には並んでいない。辻々の屋台で売っているという有
様なのである。評者(宮崎)、今月初頭にも、銅鑼湾書店はどうなった
か?見に行ったのだが、シャッターが降りて鍵がかかったままだった。

かつては良心的と言われた『星島日報』や『明報』もじわりと真綿で首を
絞められるように代理人を通じて中国資本が入り、論調が変わってしまった。

しかし「これら新聞(『大公報』を含めて)の香港に於ける信用度はきわ
めて低く」(160p)、香港の人々からまったく信用されていない。
「親共メディアは読む人などいない」(188p)。

▲シンクタンクも学者もカネに弱かった

ワシントンの「Kストリート」というのは、ロンドンにあった「軍艦街」
とは異なって、政治ロビィストとシンクタンクの集中地区である。(ロン
ドンの「軍艦街」は政府批判を吠えるような論調の新聞社が並んでいた時
代に、そう愛称された)。

このKストリートの保守系シンクタンクにも中国資金がぶち込まれた。
中国は、「委託研究」とかの名目で、あらかたのシンクタンクに法外な研
究費を資金提供し、事実上、研究員を間接買収し、中国贔屓の提言を作成
させたのだ。

Kストリートがワシントンの政策決定を動かし、ウォールストリートが米
国経済を動かし、メインストリートが、米国の支配層を領導する図式があ
るからだ。Kストリートの保守的なシンクタンクですら一時期の中国批判
色は希釈される始末だった。

2015年までの米国は、取り憑かれたようにチャイナ礼賛が続いてい
た。いったい何事が起きているのか、訝った人も多かっただろう。
何清漣女史はこう指摘期する。

「ワシントンのシンクタンクが外国政府から大量の資金提供を受け、ロビ
イ機構に成り下がっており、米国官僚にその国に有利な政策を推進させて
いた」(264p)。

 中国の米国メディアへの浸透、ロビイストたちの籠絡、そのうえアカデ
ミズムの世界への乱入があった。

こうした「紅色浸透」によって、オバマ政権下では「G2」が叫ばれた。
ズビグニュー・ブレジンスキー(学者、カーター政権で大統領安全保障担
当補佐官)やロバート・ゼーリック(元世銀総裁)が声高に提唱し、「世
界を米中で分かち合う」などと中国高官らは高らかに言い放っていた。
中国の「紅色浸透」は映画界にもおよび、嘗てさかんだった反中映画は鳴
りを潜めた。かわりに南京大虐殺があったとする反日映画。出版界でも
「レイプオブナンキン」というフェイク文書が老舗ペンギンブックスから
出されたばかりか、いまも売れているのは、組織買いである。

日本ではどうかと言えば、中国は別にカネを使わなくても、日本人の政治
家も新聞記者も、尻尾をふってやってきた。このチャイナの傲慢はいつま
で続くのか、懸念が拡がった。

直近にも評者(宮崎)が香港へ行ってたいそう驚いたことがある。

黎智英の『リンゴ日報』以外、自由主義に立脚する新聞は香港にないが、
中国礼賛の『文わい報』など、新聞スタンドで、まったく売れていないの
だ! 

『リンゴ日報』は飛ぶような売れ行きと比較して、これはどういうことか
と思っていると、早朝七時。辻々におばさん達がたって『文ワイ報』を無
料で配りだしたではないか!

つまり大量の買い上げによって成り立っているのだ。

これは台湾でもほぼ同じである。

嘗て国民党の宣伝ビラとまで言われた『連合法』も『中国時報』もダミー
を経由して中国から資本が入っている。台湾のテレビ、ラジオもそうである。

かくなると、香港と台湾ではどうやって真実を知っているのかと言えば近
年猛烈な勢いで発達したSNSであり、とくに若者たちは新聞をまったく
読まず、SNSで正確な、客観的情報を入手している。

米国の状況に戻ると、トランプの登場によって、こうした紅色浸透の作戦
は、転覆した。百八十度、その効果がひっくり返し、メディアは反中国、
アカデミズムでもキッシンジャーもエズラ・ボーゲルも孤立し、パンダ・
ハガーから転向したピルスベリーが代表するドラゴン・スレーターが世論
をリードするようになった。

本書は、この10年の中国の作戦の軌跡を振りかえりながらも、克明に大胆
に中国の赤い野望を暴露している。本書、日本の外務省のみならず官庁、
商社マン、マスコミ関係者には必読である。
                 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ   読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)通巻第6252号の巻頭記事にある有名ハンドバッグメー
カー名の原語に近い表記は「ルイビュトン」ではなく「ルイヴュイトン」
です。

巷間では「ルイビトン」「ルイヴィトン」などと呼称されていますが…。
些末なこととは思いますが、気になりましたので投稿します。
(元仏語教師)

  ♪
(読者の声2)英国で39人の中国人の凍死遺体。貴誌で続報を知りまし
たが、これって、中国の経済大国というイメージを根底から破壊した悲惨
な出来事ではありませんか。日本のメディアはなぜ詳しく報じないのです
か?(JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)中国の官製メディアの反応たるや、「西側は偽善
である。ヒューマニズムを理解していない。管理のずさんな英国は責任を
取れ」などと、凄いですね。この責任転嫁、いつものように中国共産党は
得意な論理のすり替え!

英国のメディアの主眼は人身売買の犯罪シンジケートの解明に置かれてい
ます。米国のメディアは関心がない点で日本と同じでしょうか。

熱心に伝えているのは台湾、香港、シンガポールの華僑系メディアという
図式です。

経済大国の実態とは凄まじい所得格差であり、貧困層が数億人!
     

◆「風立ちぬ」の命日

渡部 亮次郎


5月28日。名作「風立ちぬ」の作者。20世紀の業病(号病)肺結核をモ
チーフにし、肺結核に倒れた堀辰雄の命日である。今から61年前、
1953(昭和28)年のことだった。

「風立ちぬ」という松田聖子のアルバムもあるが「立ちぬ」という感傷的
な語感を借りただけで、堀の作品とは無関係である。

堀 辰雄(ほり たつお)のことを知ったのは中学生の頃で、兄が読んでい
たのを勝手に読んだのかも知れない。死去した時は既に高校2年生。関心
は別のところに変わり、その死は知らなかった。

堀 辰雄は 明治37(1904)年12月28日、東京市麹町区平河町(現在は東京
都千代田区)で生まれた。 最終学歴は東京帝国大学国文科。

東京府立三中から第一高等学校へ入学。入学とともに神西清と知り合い、
終生の友人となる。

高校在学中に室生犀星や芥川龍之介とも知る。一方で、関東大震災の際に
母を失うという経験もあり、その後の彼の文学を形作ったのがこの期間で
あったといえる。

東京帝国大学文学部国文科入学後、中野重治や窪川鶴次郎たちと知り合う
かたわら、小林秀雄や永井龍男らの同人誌にも関係し、プロレタリア文学
派と芸術派という、昭和文学を代表する流れの両方とのつながりをもった。

1930(昭和5)年に『聖家族』で文壇デビュー。 このころから肺結核を
病み、軽井沢に療養することも多く、そこを舞台にした作品を多くのこし
たことにもつながっていく。

1934年、矢野綾子と婚約するが、彼女も肺を病んでいたために、翌年、
八ヶ岳山麓の富士見高原療養所にふたりで入院する。しかし、綾子はその
冬に死去。この体験が、堀の代表作として知られる『風立ちぬ』の題材と
なった。

この『風立ちぬ』では、ポール・ヴァレリーの『海辺の墓地』を引用して
いる。このころから折口信夫から日本の古典文学の手ほどきを受ける。

王朝文学に題材を得た『かげろふの日記』のような作品や、『大和路・信
濃路』(1943年)のような随想的文章を書き始める。また、現代の女性の
姿を描くことにも挑戦し、『菜穂子』(1941年)のような、既婚女性の家
庭の中での自立を描く作品にも才能を発揮した。

戦時下の不安な時代に、時流に安易に迎合しない堀の作風は、後進の世代
の中にも多くの支持を得た。また、堀自身も後進の面倒をよく見ており、
立原道造、中村真一郎、福永武彦などが弟子のような存在として知られて
いる。

戦争末期からは症状も重くなり、戦後はほとんど作品の発表もできずに、
信濃追分で闘病生活を送った。

代表作「風立ちぬ」は1936(昭和11)年から執筆、『改造』などに分載さ
れたのち38年4月野田(のだ)書房より刊行。

「風立ちぬ、いざ生きめやも」とバレリーの詩句の引用をもって始め、リ
ルケの『鎮魂歌(レクイエム)』をエピローグに置く。

高原療養所とそこから山一つ隔てた「K村」とを舞台に、婚約者節子の病
床に寄り添い、やがて彼女に先だたれていく「私」が、死にさらされた自
分たちの生の意味と幸福の証(あかし)とを模索し、ついにそれらについ
ての確信を得ていく過程を描く。

婚約者矢野綾子の死という自らの痛切な体験を、詩情あふれることばのな
かで昇華し永遠の生の思想を訴えかけてくる点において、堀文学の代表的
名作となっている。
昭和28( 195年5月28日信濃追分(現・長野県北佐久郡軽井沢町)で死去
(満48歳没)2010・5・26
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


◆文在寅打倒なるか、保守のデモが街を埋めた

櫻井よしこ


10月3日、平穏な年なら韓国は国民こぞって「開天節」を祝っていただろ
う。開天節は朝鮮の神話に出てくる檀君即位の日、韓国の建国記念日だ。
だが、今年のこの日、首都ソウルは文在寅政権に反対する保守派の怒りで
埋まった。

インターネット配信の「言論テレビ」でデモの映像を紹介しながら、朝鮮
問題専門家の西岡力氏がデモの参加人数を面積を基に計算すれば約50万人
になると説明した。

デモに関しては往々にして過大な数字が発表されるが、誇張ではなく、正
味50万人がデモに参加したことの意味は大きい。

「2017年3月1日、保守派勢力が当時の大統領、朴槿恵氏に対する弾劾に反
対してデモをしました。光化門からソウル市庁前、南大門まで人が一杯に
なり、その時はやはり面積比で30万人とされました。今回は南大門からさ
らにソウル駅までの大通りが人で埋まっています。50万人説には信頼性が
あると思います」

と西岡氏。

朴前大統領擁護の保守派デモより、はるかに多い人々が街に繰り出したの
だ。他方、産経新聞ソウル支局の黒田勝弘氏は、朴氏を辞任に追いやった
左翼勢力主導の「ロウソクデモ」よりも今回の人数が多かったと報じている。

2年前の左右のデモを超える人々が、いま、反文在寅の旗を立ててデモを
しているのである。「言論テレビ」で「統一日報」論説主幹の洪熒氏が説
明した。

「主催、参加団体は多様でした。キリスト教の牧師、YouTubeなどのメ
ディアや言論機関、大学の教授たち、これまで文政権と連携してきた弁護
士、会計士などまでが゙国法相の辞任を求めて、文批判を強めました」

今回のデモは、或いは、韓国世論が大きく変化する予兆ではないのか。普
通の人の姿も目立った。キリスト教会の動員力のせいか、若い男女や主婦
も少なくなかった。

多くの脱北者も座り込んだ

彼らを突き動かしている要因のひとつが香港だという。750万の香港人
が、14億人を擁する中国共産党と戦っている。その気迫に韓国人は目を醒
まされたと洪氏は指摘する。

香港以前に、全世界は、中国共産党が中国本土で国民からあらゆる自由を
奪い取るのを見詰めている。宗教弾圧はとりわけ厳しく、キリスト教徒も
無慈悲な迫害の対象だ。

だが、文氏も゙氏も韓国民の中国共産党支配に対する危機感には鈍感であ
る。むしろ中国共産党に近づくかのように、社会主義革命路線をひた走
る。一般の国民が、そのような彼らに国政を委ねることへの危機感を抱き
始めた。それが、10月3日の大規模デモだ。

キリスト教徒に加えて、デモに参加した海兵隊予備役官らも注目を集めた
という。

「彼らは皆、文政権への抗議の意味を込めて剃髪したのです。坊主頭の屈
強な男たちの一群ですから、目立つでしょう」

と洪氏。

大学の教授たちも1万人以上が「正義と真実」を求めて抗議声明に署名
し、デモに合流した。

YouTuberの若者たちはデモの現場で大手メディアに抗議した。西岡氏の説
明だ。

「10.3デモの取材に大手テレビ局のKBSが来ていたのです。大手テレビ
は本当に左傾化しています。保守の言動どころか存在さえ報じません。で
すから若者たちは大型放送車の窓に『本当のことを報道しろ』と書いたプ
ラカードを貼り付けたのです。暴力も破壊もありませんでしたが、KBS
の記者たちには痛烈なメッセージになったでしょう」

10.3デモは、史上最大規模のデモでありながら、香港のような激しい暴力
沙汰は起きなかった。事前に各団体が注意事項を呼びかけたからだ。武器
と誤解されるようなものは一切身につけないこと、台風の影響で雨が懸念
されるため、雨合羽を持参すること、但し、傘は武器と見做されかねない
として禁止した。

「体力のある者は徹夜でデモをして、そのまま青瓦台の前に座り込む。
従って、寝袋と腹ごしらえの食糧を持参するようにという通達も出ました」

と洪氏。

6月から青瓦台前で一人で座り込みをしてきた全光T牧師が指導して、3日
夜、1000人単位の人々が青瓦台前で夜をすごした。週末になっても人数は
減らず、座り込みが続いている。多くの脱北者も一緒に座り込んだ。彼ら
は人間を人間として扱わない北朝鮮から命がけで脱北した。それなのに、
韓国はいま、北朝鮮に同調しようとしている。彼らはそれだけは決して許
せないのである。

政治運動と関わったことのない多様な人々が街に繰り出したのは、文政権
の所業が「臨界値を超えた」からだと洪氏は強調する。

反日が支柱

社会の中間層に属する「大人しい人たち」までもが行動を起こしたことを
どう解釈すべきか。明らかに暫く前とは様子が違う。それを向こう側から
息を詰めるようにして、逆転劇を恐れつつ見詰めているのが文氏ど氏で
はないか。娘の不正入学、不正論文、妻の金銭疑惑、その背後の黒幕であ
る゙氏本人は暴力革命を信奉するレーニン主義者である。゙氏を罷免すれ
ば、文氏への評価は好転するかもしれないが、文氏はそうはしない。ここ
で退けば彼の革命の夢は潰れてしまうことを知っているのだ。

この段階でも文氏にはまだ4割弱の支持がある。理由は主として二つ、第
一の理由を洪氏が説明した。

「共産主義への盲信から目が覚めることは、自分の頭で考える力がどれだ
けあるかということに直結します。文氏支持の左翼たちは盲信が深いため
に、自分の目で見て自分の頭で考えることがなかなかできないのです」

第二の理由を西岡氏が熱を込めて語った。金日成の主体思想を奉ずる人々
が今日まで存在し続けているのは、マルクス・レーニン主義に依拠するか
らではなく、反日民族主義に依拠しているからだという。

金日成の「偉大さ」は「日本と戦った」ことによるが、韓国の主流派は残
虐な日本と手を組んだ。その汚れた親日派が親米派になり、反共派になっ
て韓国を支配した。世界で社会主義が衰退しても関係ない、親日派を倒せ
ば韓国は再生する。そのように信ずる人々は、日本が悪いと言っている間
は大丈夫なのだ。反日が支柱である限り、社会主義や共産主義がすたれて
も、彼らは倒れない。

であれば、韓国再生のためには反日の間違いを正さなければならない。そ
のことを韓国の保守派はようやく悟った。それがベストセラー、『反日種
族主義』を書いた李栄薫教授であり、弟子の李宇衍教授らだというのだ。
ストンと納得のいく分析である。彼らと連帯していくのが日本の正しい道
である。

『週刊新潮』 2019年10月17日号 日本ルネッサンス 第872回

◆春日局は光秀重臣の娘

毛馬 一三



春日局(かすが の つぼね)は、本名斎藤福(さいとう ふく)と云い、江戸幕府の3代将軍・徳川家光の乳母。「春日局」との名は、朝廷から賜った称号である。
ところが、福の父は本能寺の変で織田信長を暗殺した、明智光秀の重臣・斎藤利三で、福はその娘だった。
斎藤利三は捕えられ斬首されたが、そんな本能寺の変の主役の娘・福をどうして江戸幕府の大奥に招き入れ、大奥の頭の「春日局」にまで優遇したのだろうか。「謎」の一つだ。

<福は父斎藤利三の所領のあった丹後国の黒井城下館(興禅寺)で生まれる。丹波は明智光秀の所領であり、利三は重臣として丹波国内に、光秀から領地を与えられていた。
光秀の居城を守護するため、福知山城近郊の要衝である黒井城を与えられ、氷上群全域を守護していたものと思われる。福は、黒井城の平常時の住居である下館(現興禅寺)で生まれたとされている。

こうして福は、城主の姫として、幼少期をすごした。
その後、父は光秀に従い、ともに本能寺の変で織田信長を討つが、羽柴秀吉に山崎の戦いで敗戦し、帰城後に坂本城下の近江国堅田で捕らえられて斬首され、他の兄弟も落ち武者となって各地を流浪していたと考えられている。

そうなって福は、母方の実家の稲葉家に引取られ、成人するまで美濃の清水城で過ごしたとみられ、母方の親戚に当たる「三条西公国」に養育された。これによって、公家の素養である書道・歌道・香道等の教養を身につけることができた。>ウイキペディア
このような歴史背景から見て行くと、明智光秀の重臣だった父親の血を惹く実の娘が、江戸幕府に召し上げられて、「春日局」となるとは、首を傾げたくなる訳だ。

大阪堺の歴史家によると、徳川家康は本能寺の変の前に、織田信長を訪ね酒杯を頂きながら戦況を交わしている。明智光秀はこの酒杯のお世話を担務したが、段取りを信長に嫌悪されて過激の叱責を受け、信長側近の地位を剥奪された。
そこで信長を将来の身を絶望恨み、本能寺の変を決意したという。

ここで重要なことだが、重臣斎藤利三を遣って、徳川家康に信長暗殺を秘かに伝え、本能寺の変に突入したのだそうだ。そして徳川家康には、無事に京都から大阪を経て、堺まで逃げ込む方策を告げたのだという。

密告通り、京都で「変」が起こったことを知った家康は、迎えに駆けつけてきた斎藤利三の強力家来に誘導されて方策通り、堺に向けて脱出。そのあと伊賀の多数の忍者に擁護されながら、本拠城の三河城に苦労して辿りついたという。
この行動は、恰も本能寺の変とは「無縁」であり、むしろ「被害者」たる姿勢を世間に見せ付ける行動を敢えて披露したように見える。堺にはそれを裏付ける資料もが少々あるというのだ。

つまり、家康にとって、斎藤利三は命の恩人ということになる。秀吉にとってもゆるせない反乱重臣の一人斎藤利三こそ、家康にとっては恩返しをしなければならない重要人物であることは間違いないことになる。つまり、「福」は紛れもない命の恩人の娘だったのだ(歴史家)。
ところが、もう一つの見方もある。「謎」の二つ目である。

つまり、家康がすみやかに京都を脱出出来たのは、家康と光秀の間で、信長を暗殺する方策を事前から立案し合っていたものではないか。その脱出方策の実行を斎藤利三に任せ、家康の身の安全と、信長後任の詰めまでも、申し合わせていたのではないかと云う見方もある。つまり、家康こそ「暗殺首謀者」だとの見方だ。

方策は見事に成功した。ところが斎藤利三は斬首された。となれば上記と同様、家康は、紛れもない命の恩人の娘だった「福」に、父親の恩を返してやることを考えたに間違いないと考えられる。

さて、<福は、将軍家の乳母へあがるため、夫の正成と離婚する形をとった。慶長9年(1604年)に2代将軍・徳川秀忠の嫡子・竹千代(後の家光)の乳母に正式に任命される。このとき選考にあたり、福の家柄及び公家の教養と、夫・正成の戦功が評価されたといわれている。
家光の将軍就任に伴い、「将軍様御局」として大御台所・江の下で大奥の公務を取り仕切るようになる。寛永3年(1626年)の江の没後からは、家光の側室探しに尽力し、万や、楽、夏などの女性たちを次々と奥入りさせた。

また将軍の権威を背景に老中をも上回る実質的な権力を握る。
寛永6年(1629年)には、家光のほうそう治癒祈願のため伊勢神宮に参拝し、そのまま10月には上洛して御所への昇殿を図る。
しかし、武家である斎藤家の娘の身分のままでは御所に昇殿するための資格を欠くため、血族であり(福は三条西公条の玄孫になる)、育ての親でもある三条西公国の養女になろうとしたが、既に他界していたため、やむをえずその息子・三条西公条と猶妹の縁組をし、公卿三条西家(藤原氏)の娘となり参内する資格を得ている。

そして三条西 藤原福子として同年10月10日、後水尾天皇や中宮和子に拝謁、従三位の位階と「春日局」の名号及び天酌御盃をも賜るのである。

その後、寛永9年(1632年)7月20日の再上洛の際に従二位に昇叙し、緋袴着用の許しを得て、再度天酌御盃も賜わる。よって二位局とも称され、同じ従二位の平時子や北条政子に比定する位階となる。
寛永11年に正勝に先立たれ、幼少の孫正則を養育、後に兄の斎藤俊宗が後見人を務めた。寛永12年には家光の上意で義理の曾孫の堀田正敏を養子に迎えた。

寛永20年(1643年)9月14日に死去、享年64。辞世の句は「西に入る 月を誘い 法をへて 今日ぞ火宅を逃れけるかな」。法号は麟祥院殿仁淵了義尼大姉。墓所は東京都文京区の麟祥院、神奈川県小田原市の紹太寺にある〉。  ウイデペディア。
このように「福」の奇跡的な生涯を見て行くと、上記に<武家である斎藤家の娘の身分のままでは御所に昇殿するための資格を欠くため>とあって、これを秘匿した工作がはっきりしてくる。「謎」の一つは解けそうだ。

しかも、素晴らしい殿中での政治的画策の実現を図る、「福」の明晰な頭脳が分かる。

しかし、家康と明智光秀が共謀者同士だったかの、二つ目の「謎」は分からない。
                                        
この「春日局」の生涯には、誠に興味が深い。      以上

2019年10月28日

◆雀庵の「清弱体、台湾狙う英米そして日本」

“シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red Gables/39(2019/10/23)】津軽・下北半島巡りの帰
路、東京へ向かう高速深夜バスから外を眺めていた。「東北自動車道はす
べて山の中である」と言ってよい。道の両側はスギ、ヒノキなど針葉樹の
高木、その多くは多分、戦後に換金性があるとして植林奨励されたものの
1980年あたりから輸入材に圧されて放置されたもので、広葉樹はとても少
ない。1時間も見ていれば飽きる、眠くなる。

トイレストップで2時間後に見ても針葉樹だらけ。まるで未開地、冬にな
れば雪だらけになるのだろう。如何せん、この地を開拓する方策はないも
のかと、茫然と眺めるばかりだった。

薄明の中で大きな川を渡ると景色が一気に開けた。利根川で、それを越
えると埼玉県、懐かしい人家、生活の匂いがどんどん増えてくる。「あ
あ、夜明けだ、文明だ!」とホッとした。下山で最後の尾根を越えてベー
スキャンプが見えてきた時の感動はきっとこんなだろうなと思う。

緑を求めてたまに山林を散策するのは素敵だが、そこで暮らすとなれば
都会人は1年で逃げ出すだろう。北国の冬は耐えられまい。秋田の人は
「冬は温かいところへ旅行したり、出稼ぎしたり、息抜きする。その間、
雪の下で農地は活力を取り戻し、熟成するのよ。これが雪国の生活」とニ
コニコしていたっけ。

司馬遼は「出稼ぎはキャッシュを稼ぐためで、国に帰れば衣食住に困るど
ころか豊かなものだ」と書いていた。今は出稼ぎは激減したが、若者の人
口減で老人でも地元でバイト先があるのだろう。農家が農閑期に海外旅行
へ出かけるのは当たり前で、JA系の農協観光は売上ランキング11位だ
(2018年)。農家が日本の初期、1970〜80年代の海外旅行市場をリードし
てきたと言える。

東北の人は農家の後継ぎがいない、若者は出ていくばかりだと嘆くが、
別に困っているわけではないようだ。

一方で、日本海気候の豪雪地帯、92%が山という岐阜県の飛騨高山に生
まれ育った友は「一度でも太平洋岸に暮らしたら、もう戻れない」と言っ
ていた。彼の兄も千葉暮らしで、高山の両親は亡くなったが、実家は無住
で今頃は朽ち果てているだろう。彼はバブル時代に高山のゴルフ場会員権
を400万円で買ったが、2回ほどプレーしただけ。「今は50万円くらいじゃ
ないか」という。サルやタヌキはゴルフはしないし・・・

雪国から都市へ出た若者は盆と正月に故郷へ帰るだけになり、両親が亡
くなればせいぜい「墓仕舞い」で行って、それで故郷との縁はまず切れ
る。故郷を思い出すのは「東京○○県人会/同窓会」くらいになるのだろう。

「それは時代の流れでどうしようもない、農業も俺の代で終わりよ」と
ヂヂババは諦観しているのだろうが、小生は一歩でも二歩でも、たとえ
這ってでも前へ進みたい、天が「前へ!」とハッパをかけているんだもん。

小生が、今の日本人が、後藤新平のようにフロンティアの東北開拓、近
代化を進めなければ50年、100年たっても「東北は山の中」のままであ
る。「何とかしなければ過疎化で後退しかねない」、この危機感は昔から
あるが、有名なのは以下である。

<「日本列島改造論」は、田中角栄が自由民主党総裁選挙を翌月に控えた
1972年(昭和47年)6月11日に発表した政策綱領、およびそれを著した同
名の著書。略して列島改造論ともいった。

田中はこの「工業再配置と交通・情報通信の全国的ネットワークの形成を
テコにして、人とカネとものの流れを巨大都市から地方に逆流させる “地
方分散” を推進すること」を主旨とした事実上の政権公約を掲げて同年7
月の総裁選で勝利し、内閣総理大臣となった。

日本にとって、首都の過密と地方の過疎は、当時よりも一層深刻な問題
になっており、少なくとも田中が日本列島改造論を著したのは、こうした
状況への問題提起としての意味を持っていた。交通網の整備で様々な課題
が解決するという発想は、「土建業一辺倒だ」という批判もある。

地方から過密地(特に首都・東京)へ向かう交通網の整備は、大都市が
持つ資本・技術・人材・娯楽が、地方にも浸透しやすくなったことは事実
であるが、同時に地方の住民・人材・企業もまた大都市に流出しやすく
なったことで東京一極集中と地方過疎化をより促進してしまうということ
が起こった。

地方での駅や道路の建設も同様の事象が起こり、駅ナカ・駅前・郊外へ
のストロー効果を招き、中心市街地が衰退してしまった。田中が抱いてい
た理想の未来には不十分で程遠い結果であった。

新幹線や高速道路なども地方と東京を結ぶ路線がほとんどで、地方と地
方を結ぶ路線の建設は遅々として進まないのが現状であり、防災と減災の
バランス確保による国土強靭化も必要である。こうした道半ばの「均衡あ
る発展」を背景に、田中が目指した本来の日本列島再生を実現させるべき
だという論もある。

こうして田中が提唱した「工業再配置と交通の全国的ネットワークの形
成」は幻となったが、「情報通信の全国的ネットワークの形成」は田中に
よる報道機関への懐柔策もあり、日本電信電話公社によって回線が構築さ
れた後、1985年(昭和60年)に実施された公社の民営化に伴う通信自由化
(電気通信事業法施行)を契機として、民間ネットワーク事業者(日本電
信電話株式会社等の回線を利用する事業者を含む)の新電電参入が招来さ
れた。

続く1990年代の民放テレビ全国四波化やパーソナルコンピュータとイン
ターネットの世界的な普及が、これを確立させるに至ったのである>(WIKI)

素人の小生の思い付きでは、東北の脊柱である奥羽山脈(主に東側)を
上手に崩し、その土で高さ10m、1辺4?、面積16平方キロの巨大な台地
(水害に強い)をあちこちに造る。ピラミッドの上の三角錐がないような
感じ。山手線の内側の4分の1の広さだ。そして全天候対応のドーム型にする。

この植民地に産業、住民、公共施設を誘致する。経済特区として地代はな
し(貸与)、税は所得税のみ。気温が温暖に保たれていればか果樹や花卉
の栽培、畜産も可能だ。雇用があれば人は集まる。

高速道や高速鉄道へのアクセスがいいのは当然とし、東西、つまりに日本
海と太平洋を結ぶ高速道も何本か造る。

まずは「隗より始めよ」で、国会関係の機能、省庁などを移す。成田空港
に近い(1時間)茨木県筑波市あたりがいいか。精密機械は桐生市とか足
利市、食品関係は郡山市とか。

船橋や市川、大田区あたりの町工場の親父は「今さら引っ越せない」と
言うだろうが、工場建設など移転に伴う費用の多くは低利で融資するとな
れば「新天地でもう一勝負するか!」となるのじゃないか。

オフィス、工場、住宅、店舗、農地、学校、保育園、病院、そして遊
郭。新しき「令和の街」ができる。治水灌漑の最上の知恵はオランダに学
ぶといい。

新しい街づくりはいいものだが、新しい国造りは大体が血を伴う。血
降って国固まる、西郷先生曰く「焦土の中から国は生まれる」。

英国はブレグジットでEU帝国に風穴を開けようとしている。アリの一穴は
次々に堤を崩していくだろう。イタリアはフェラーリに乗ってまず「いち
抜けた」、ギリシャ、スペインも逃げるね、捨て台詞は「借金なんて貸し
た方が悪い!」。オーストリア、ハンガリーは「メルケルと心中なんてや
なこった」。フランスも動揺して離脱派と残留派が衝突して糞尿バラマキ
合戦になる。ドイツはAfD対アカモドキで殴り合い、分裂するしかないだ
ろう。

1800年代の世界の覇者は大英帝国だった。当時、清国は世界最大最強の
国、「眠れる獅子」と思われていたから誰もちょっかい出さなかった。英
国は冒険心、イタズラ心、早い者勝ちの開拓精神が旺盛で、この獅子に
ちょっかいを出した。「アヘン戦争」(1840〜42年)である。

英が勝ったことよりも、大帝国の清が実は見掛け倒しのただの着ぐるみ、
虎の皮をかぶった豚、脅せばいくらでも金を出す国だと世界の列強、ゴロ
ツキに知らしめたことがケチのつき始めになったことは清朝にとって痛手
だった。

<英国は1841年9月27日には台湾北部の基隆港に近づき、砲台の兵舎一棟
を吹き飛ばした。威力偵察だったろうが、砲台が応戦すると反転しようと
した英艦は不覚にも座礁、そこに台湾守備隊の大小艦船が殺到した。英艦
の乗員270人のうち英兵10人、インド兵23人を殺し、インド兵133人を捕虜
にし、砲十数門を捕獲した。

連戦連敗のアヘン戦争における台湾での勝利である。道光帝は喜び、台
湾守備隊総司令の兆蛍(ようえい、兆は女偏)は勲章を賜った。

第2回戦は同年10月19日、第3回戦は翌1842年3月5日には中部の彰化沖に
接近した英艦1隻に多数の偽装漁船を近づけて座礁させ、敵兵数十人を殺
し、英兵19人、インド兵30人、漢人5人を捕虜にし、砲10門を奪った。

兆蛍の防備強化の賜物だが、その後の8月13日、戦意高揚と称して多くの
捕虜を処刑した。その16日後の8月29日には英と清が停戦し南京条約が結
ばれた。香港割譲、広州、厦門、福州、寧波、上海の開港、賠償金支払
い、捕虜の相互交換が定められた>(喜安幸夫「台湾の歴史」)

当時は戦時国際法が普及してはいなかったが、「捕虜は殺さない」のが
暗黙のルールだったろう。このために英雄だった兆蛍は北京に護送され、
官職、栄誉のすべてを剥奪され、追放されてしまった。

「アヘン売りのやくざ」英国の完勝だ。他人の縄張りにちょっかいを出
す、脅す、反発したら報復する、「済みません、ご免なさいで済むと思う
のかよ、のう、俺は寛容やが、血の気の多い若いもんの抑えが効かんで、
のう、誠意を示したれや」。帝国主義は国家を挙げてゴロツキ、海賊、山
賊、匪賊になって獲物を美味しくいただくことである。

弱肉強食、今はアステカ文明、マヤ文明、インカ文明のように皆殺し、
絶滅、ジェノサイドはないが、借金漬けにする、宗教対立を煽る、格差拡
大で貧困層を奴隷状態に置く、独裁政治を支援するなどにより弱小国を併
呑するようになったが、本質的にはシマ、ナワバリをめぐる戦いだ。

「外交は血を流さない戦争、戦争は血を流す外交」。西郷先生も毛沢東
も同じことを言っていた。覚悟、備えがない国、民族は餌食になる。

10月22日は天皇陛下の「即位礼正殿の儀」。昭和天皇が必死で護持した立
憲君主制は国家がまとまりやすいというメリットはある。民主主義は国論
が二分されて二進も三進もならずに漂流するリスクが大きい。

立憲君主制、天皇・皇帝・王政・皇室制度を世界が学び、国柄に合った
制度を採用すれば世界はより良くなるのではないか。国家、国境を嫌う人
には向かないが・・・

「正殿の儀」は昼あたりから雨が止んでよかったが、愛子様のお姿がな
かったような気がする。お元気だろうか。


今朝は素晴らしい秋晴れでめずらしく心身爽快、台風難民の持ち込んだ荷
物を1F倉庫に収納し、家中はかなりすっきりした。発狂亭“天皇陛下万
歳!”雀庵の病棟日記から。

【措置入院 精神病棟の日々(156)2017/1/18】産経「英、EU強硬離脱
 英国民の反移民尊重 不満根強く 市場より主権回復優先」。


アカの他人からアーダコーダ命令されるのはコリゴリ、「君は君、僕は
僕、結婚ではなく友達で行きましょう」ということだ。EUの未来は「そし
てメルケラー総統の第四帝国が残った」となるだろう。もう少し長生きし
て最後を見たいものだ。

曽野綾子先生「高齢者『75歳から』提案 元気な限り働くのは当然」、
曰く「聖書は、働く意欲を持たない人は食べる資格がないと戒めてい
る」。足腰が動く限りは炊事、洗濯、孫や病人の世話などをやっていこ
う。体力は落ちるばかりだが、できることはあり、家族の役に立つのはい
いことだ。(つづく)2019/10/23