2019年11月26日

◆木津川だより 高麗寺跡 B

白井繁夫


飛鳥時代に創建されたと云われている古代寺院の「高麗寺跡こまでら跡」について、@では寺名が「高麗寺:こまでら」となった由来や時代の背景について、高麗寺跡Aでは発掘調査の出土品の中で、出土遺物の数量などが多くて年代を文様などから比較的に区分しやすい瓦(軒丸瓦.軒平瓦)から高麗寺について記述しました。

今回Bでは、昭和13年の第T期発掘調査の結果、国の史跡と認定された高麗寺跡の伽藍配置や瓦以外の出土品を精査して、V期調査まで(平成22年の第10次発掘調査まで)の間に確認された概要を下述します。

★高麗寺の創建は7世紀初頭、伽藍整備は7世紀後半、伽藍配置は法起寺式
  
 主要堂塔が東に仏舎利を祀る塔、西に本尊仏を祀る金堂を並置して、それを囲む回廊
が北の講堂、南で中門に接続している様式(南北回廊200尺:59.4m、東西201尺:
59.7mのほぼ正方形)
 高麗寺の伽藍配置は川原寺式から変化して法起寺式へと移行の初例と思われます。

★南門.中門.金堂が南面して一直線に並び、講堂の基壇が荘厳で特異な伽藍配置

川原寺式伽藍配置から法起寺式への変化の途上か?(添付の「各寺院の伽藍配置」参照)
高麗寺は西金堂の正面が南面し中門.南門と直線状に並びます。川原寺は北講堂.中金堂.中門.南大門は一直線状ですが西金堂は正面が東塔に対面しています。

(仏舎利を納めた塔より仏像を祀る金堂を重視する考え方か?
飛鳥時代から天平時代へと伽藍配置が変化する過程の先駆けではと思われます。)

高麗寺の講堂の基壇は三層構造の豪華さで、丁度川原寺の中金堂と同じ位置にあります。
高麗寺の初期設計時には講堂の場所に中金堂を予定していたのか?と思われるほど
基壇は荘厳な造りでした。
  
飛鳥時代、高麗寺が創建された時期には七堂伽藍を完備した寺院は飛鳥寺が国内では
唯一の寺院でした。その他の寺は一.二堂程度の草堂段階?(捨宅寺院?)であったと考えられています。

★高麗寺の南門の屋根には鴟尾があり、最古の築地塀が原形の状態で検出されました。

  南門跡は桁行20尺(5.94m)x 梁間12尺(3.56m)、屋根は切妻造りで鴟尾を
置いた八脚門、南門に接続する築地塀が南辺築地跡から原形を留めた、極めて良好な
状態で検出されました。

7世紀に築地塀が構築された例はいまだ検出されていません。8世紀の奈良時代になって  寺院の外画施設とする築地塀が一般的に用いられるようになったのです。

高麗寺の築地塀は7世紀後半のものであり、検出遺物は国内最古の出土物の例です。
白鳳時代の築地塀が残っていた事だけでも極めて珍しいのに、ラッキーにも壊れ方が建物の内側で原形を留めていたことです。

 (飛鳥寺南辺、川原寺南辺、東辺にも築地塀の存在説がありますが、現在も出土例は有りません。)

★高麗寺の終焉時期の推測

  文献上では廃絶が不明の寺院ですが、出土遺物の中から、平安時代の土器である灰釉陶器が見つかりました。この陶器から平安時代の末期頃(12世紀末から13世紀初)まで存続していたのではないかと云われています。

天武天皇は壬申の乱で功績のあった狛氏一族の氏寺の創建を認め、白鳳時代から奈良時代にかけて全盛期を迎えた高麗寺の状況ですが、聖武天皇が高麗寺の東方約3kmの瓶原(みかのはら)に恭仁宮を造営して、恭仁京(木津川市)へ遷都した頃(天平12年)、木津川の船上から見える高麗寺は南門の屋根には鴟尾が在り、当時は珍しい築地塀越に東塔が聳え西の輝く金堂など、当時の人々はこの大寺院を畏敬の念で仰ぎ見たことと思われます。

参考資料: 山城町史  本文篇  山城町
   南山城の寺院.都城 第106回 埋蔵文化財セミナー資料 京都府教育委員会
   木津川市埋蔵文化財調査報告書 第3.第4.第8集   木津川市教育委員会


2019年11月25日

◆返還前に出生の香港人340万には

宮崎 正弘


令和元年(2019)11月22日(金曜日)弐通巻第6281号 

英国総選挙目前に、香港居住者のBNO保持者に十全のシチズンシップを
  返還前に出生の香港人340万には英国旅券が付与されていが。

 12月12日は英国の総選挙。ジョンソン率いる保守党が労働党を大きく
リードしていると言われるが、BREXITいがいの争点に「香港人の
BNOパスポート保持者に英国の市民権をあたえよう」という動きに急速
に浮上し、選挙争点の一つとなった。

6月以来の香港の民主化運動で、香港の若者は米国の「香港民主人権法」
の制定を呼びかけたが、英国政界には何も期待していないかのようだた。
政界はBREXIT一色で総選挙を展開するのかと思いきや、保守党の有
力議員が突如、「BNOは間違い、法改正し、抑圧されている香港の人々
の救済の手を」と呼びかけをはじめ、有力議員が署名した。

第三党の「自民党」も積極賛成であり、選挙の争点が香港の動きを一方に
見据えて、多様化していることが分かる。
また米国議会が「香港民主人権法」を成立したインパクトが大きい。

 1997年香港返還前に出生した人を対象に、英国はBNO
(BRITISH NATIONAL OVERSEA)という旅券を与えている。

このBNOは、英国での居住、就労は認められておらず、単なるトレベルド
キュメント、すなわちB級旅券だ。
 正式の市民としては扱われず、便宜的な旅行の利便性を付与しただけで
は、340万香港市民が二級の二重国籍という複雑な仕組みを作っていただ
けなのである。
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1988回】                 
 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(6)
上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

   △
 宮崎滔天の「異文化体験」は続く。
 いよいよ小雨の汕頭を出港するのだが、波が中々に高い。そこで「支那
人中嘔吐を催すあり、用意の竹筒に糞を垂るゝあり、居乍ら小便をやるあ
り、阿片を吹ふあり、彼や是や打雜りて一種言ふ可からざるの惡臭をモグ
ルが如し」。そこで滔天も頭がクラクラしたのだろう。
「迚もたまらず甲板に出で見れば、幾百の御連中は雨にぬれつゝ糞小便の
中に身を?へて足蹈む場もなし」。

 かくて「嗚呼、彼等の豚尾漢たる所以豈に唯其尾のみならんや」。じ
つは甲板上の各所に「此處不可小便」、厠に「諸位人客等、如欲到此大便
者、祇用草紙、不可用竹枝仔以鎭寒水空、如有違者有辱、?此告知」と注
意喚起の貼紙をしているが、一向に守られない。いわば糞小便の垂れ流し
状態だった。

 そこで宮崎は悟った。「(彼らと)同舟せんものは醜美無差別、糞味
噌一躰の平等界に悟入せるものに非ざれば、生等の如き凡夫では到底出來
ず。去れど人間と云ふものは中々死なぬものに候」。
 我慢に我慢を重ねた2日程が過ぎると突然やって来た船長から「此處に
居つて病氣しては惡き故、支那人の通行を遮斷して座を設け置」いたから
と声を掛けられた。そこで「(日本人)一同元氣付き荷物を運んで直に船
長室の傍に居直り漸く談笑高吟の境に入り申候」ということになる。
  一安心といったところだが、落ち着けば落ち着いたで暇を持てますこ
とになる。そこで一同のうちの1人は「彼等を相手に日本語を?へなどし
て船中の無聊を遣」ったそうだ。(以上、『宮崎滔天全集 第五巻』昭和
52年 平凡社)

 南洋行きの汕頭発便がこうだったということは、おそらく厦門発も大
同小異といったところだろう。

 上塚に依れば、厦門と出稼ぎ先の南洋の間には「移民輸送を目的とせ
る汽船會社すくなからず」。たとえば「Lin Chin Tsong & Co.」社は「英
國籍支那人の經營」で、厦門とシンガポール間を専門に運行されている。
往路は苦力に加え、「海峽殖民地在住支那人の需要する茶、紙、綿糸、刻
煙草、紙傘、支那酒、製烟等雜多なる本國品を搭載す」。

 厦門から南洋に職を求めて出稼ぎする人数は「年々十萬を數へ、其の
歸來するもの又七八萬ありとせらる」。このように「南洋との交通煩繁な
るが故に往航少くとも七八百多きは千二三百を算し常に盛況を呈しつゝあ
り」。「復航には新嘉坡よりの歸來客及蘭貢米其他南洋寄港地より香港揚
げの荷物を積來す」。

 福建・広東と南洋を結ぶ航路事情に基づいて、上塚は(1)「北支那
(大連、天津、青島)方面と南支那殊に福州、厦門方面とを結ぶ日本人經
營の航路なきこと」。(2)「福州厦門間を結ぶべき日本船なきこと」。
(3)基隆福州間及上海又は厦門間を結ぶ日本船の航海數餘りに少なきこ
と」。(4)南支那南洋線に於て尚日本船の割込むべき餘地あること」。
(5)「各航路とも相當の利潤を収め得べきこと」――と主張する。

 結局、他国で他国が経営する船舶を利用することは「不便にして且不
愉快なる」ものであるだけでなく、「民族發展及貿易の伸長に少からざる
障害たるべきは今更茲に論ずる迄もなし」。
かくして「今や我船舶界も講和問題の影響を受けて稍もすれば船腹の過剩
を患へんとするに際し、吾人は當局及當業者が速かに當方面に注目せん事
を希望して止まざるなり」。

 ベルサイユ講和会議後の船舶不況を乗り切るためにも、日本企業は中
国南部沿海をハブとし北の満洲から南の南洋に伸びる航路に商機を求めよ
――ということだろう。
 
            
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声   どくしゃのこえ  READERSOPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)地政学の太宗マッキンダーはあらゆる組織は国家も含め
ゴーイング・コンサーンであり、組織誕生以来の構成員の願望・意志・努
力・実行などの集積(習慣)が総体としての意志や行動様式を有すること
になり、その動的存在を「前提」として社会は動いていると述べています。
これから敷衍すれば国家の誕生以来、数えきれないほどの多くの日本人
と、無限ともいえる日本人の願い・意志・努力・犠牲などの集積体の上
に、それを前提として現在の我々日本人は生を与えられ、人生を送ってい
ると言えるのです。
しかし現実はどうでしょうか。
昨今の新聞記事を見ていると、何事も今生きている日本人のみの判断だけ
で多くの事案の是非が議論されています。例えば天皇の継承(男系・女系
などの)問題や、大嘗祭の形式など政治と宗教の分離問題などの是非は全
て先の敗戦の結果『偶々』制定された『暫定憲法』や法律に沿った議論ば
かりで、そこには日本をここまで創ってきた数千年間に及ぶ『無限』の願
望・意志・努力・実行・犠牲・示唆などの『民意』は含まれていないとい
うか、ほとんど軽視・無視されています。
つまり戦後のせいぜい”瞬間的・刹那的“100年間程度の短い期間に、現
在たまたま、ここに生を育んでいる限られた日本人の目前の便宜だけに判
断を委ねているのです。これを“刹那・独裁的民主主義と評するのは言い
すぎでしょうか。

今でも我々日本人は家族が亡くなれば丁重に弔い、亡き人の意志・願
望・努力・犠牲・遺言などを大切に守るべきとする心情を大切に守ってい
ます。
其れであるのに国家となると、その安全と繁栄を営々と築いてきた国民の
“意志・願望・努力・犠牲・示唆”等を軽視・無視し、現在の『民意』か
ら、もう亡くなったからといって、除外しているのはいかにも理不尽であ
ると思わざるをえません。
つまり天皇制の在り方や、昔から多くの人達に大切に守られてきた日本の
習慣や伝統・文化を、たまたま現在存在する人達の刹那的判断で国柄を毀
損することは、先人達の民意を踏みにじっているともいえるのです。私た
ちは今の”民意“にこれら先人たちの民意も合流・合体・されるべきで、こ
れが人間の本姓を踏まえた民主主義の姿であり、所謂保守主義の原点と言
えるはずです。
 今上天皇陛下はしばしば「日本国憲法に則り」とお言葉を発せられます
が、今の憲法も長い歴史のほんの一瞬の間の『制約』であり、天皇制の真
価は極めて長期間、先祖代々の日本人が望ましいと感じ、それが護られて
きたそのこと自体にあります。即ち、それは先人の願望・意志・努力が悠
久の時を重ねて凝縮・堆積したものであり、現行の日本国憲法内で語れる
ようなことではないのです。

ギリシャで誕生し、欧米で「成長」した民主主義の欠点は此処にあると
おもいます。それは先人・祖先の民意を含有していない、時間軸を伴わな
い民主主義に劣化してきたと云う事です。
これはひょっとすると、民主主義とは誕生時は先人の想いや経験・そして
努力と犠牲に照らし合わせて生まれたものであるにも係わらず、それが現
在生きている人たちの刹那的・便宜的判断によって徐々に変質させられて
しまった結果であり、これをポピュリズムと言うのかも知れません。
以上の私見に「我々は過去の意見に捉われるのではなく、次世代の人達の
為に白紙の状態から今を判断すべき」と批判的な人もおられることでしょ
う。これには論理矛盾があるようです。なぜならそのような意見をお持ち
の人たちが亡くなった時点で、そのような意見を含め、その人が社会や国
家の為に相応の貢献をされ、立派なご意見を遺しておられたとしても、そ
れらは全て過去のモノとして”ゼロ“評価されてもかまわないと、自己否定
していることになるからです。
  我々日本人はこれ等「刹那的民主主義」から脱極し、『先人参加型』
の「永代型民主主義」に立ち返るべきだと思います。
(SSA生)

 ♪
(読者の声2)細菌戦とは何か
 11月20日付けの産経紙によると、日本が支那事変中細菌戦をやったとい
う。途方もない話であり、あり得ない。新聞社までプロパガンダに騙され
ている。産経は社員の近代史教育を徹底する必要がある。もし中共に迎合
しているとしたら読者を裏切ることになる。編集長は引責問題だ。
 細菌戦とは何か論理的に知っておこう。

1.BC兵器である。禁止されている。

2.研究の必要:相手が使う可能性があるので米国まで研究してきた。最
大の保有国は共産国でソ連、中共、北朝鮮といわれている。ソ連が廃棄し
た巨大施設は有名。

3.実戦使用:自軍が被害を受ける自殺行為になるので不可能である。

4.歴史:独ソ戦争中、独軍野営地で奇病野兎病が一時流行した。これは
ソ連の細菌攻撃とみられる。

5.731部隊とは:ただの給水部隊だ。水中の細菌を濾過して除去する優
秀な石井式濾過器が有名。自動車に搭載して運搬して使った。大陸の河川
は細菌に汚染されているので、支那事変、ノモンハン、南方作戦で活躍し
水に飢えた将兵に喜ばれた。森村らの反日宣伝本に騙されてはならない。

6.中共の宣伝:支那事変に正当性がないので、被害者偽装の宣伝戦にし
ている。南京大虐殺がよい例だ。物証皆無の出鱈目だ。手垢が付いたので
新たに作ろうとしている。

7.ペスト患者の写真:これは1905年ロシア統治下の満洲で発生したペス
トの死者の写真だ。日本は関係ない。何でも使う中共の手口は理解しただ
ろう。騙されてはならない。


◆弾劾調査が一段落し、魔女狩り裁判は 

            Andy Chang


弾劾調査が一段落し、魔女狩り裁判はクイドプロクオ(Quid Pro Quo)
からクオバディス(Quo Vadis)、何処へどのように発展するだろうか。

シフ委員長の弾劾質問は2週間で12人ほどを公開喚問して終わりと
なった模様である。この2週間で喚問に応じた12人の証人はすべてシ
フ委員長が喚問した証人で、共和党側が要求した証人はすべて拒否さ
れた。しかもシフ委員長は共和党側の反対尋問をストップし、禁止す
るなど完全な独裁だった。弾劾調査が一段落し、魔女狩り裁判はクイ
ドプロクオ(Quid Pro Quo)からクオバディス(Quo Vadis)、何処へど
のように発展するだろうか。

サーカスが終わり、シフ委員長はトランプ弾劾案を作成して国会の司
法委員会に提出し、同委員会が下院で票決を取り、下院が弾劾に同意
すれば弾劾案を上院に提出する。上院は下院の提出した弾劾案を取り
上げて最高裁の裁判長を出席させた「大統領罷免裁判」となる。但し
最高裁判事は判決を下さず、上院議員が陪審員となって投票で決める。
共和党優勢の上院はトランプ罷免に反対だが、裁判でシフ議員と密告
者、バイデン父子を証人喚問できるので民主党に不利となる。

シフ委員長の弾劾諮問は誰が見ても独裁裁判だった。12人の証人はみ
なシフ委員長の特選、オバマ時代の外交官で反トランプ、しかも共和
党側が要求した証人は全部拒否され、諮問会では共和党委員の質問も
却下とかストップ、禁止など独裁がひどすぎた。被告のトランプ大統
領の弁護士の参加も拒否された。

それにも拘らず共和党委員の反対尋問で見返り要求の証言が覆された。
公開質問の結果は次のようだった:

(1)証言の全てでトランプの「見返り要求」の直接証拠がなく、反
対尋問の答えはすべて又聞き、個人の感想、政治的見解だった。

(2)証人全部がトランプに反対意見を持っていると明らかにしたが、
トランプ有罪の証拠を上げられなかった。反対尋問でトランプは有罪
かと聞かれて有罪と言えなかった。

(3)シフ委員長は密告者の名前とシフ委員長の関係に関する質問を
全て拒否し、密告者に関する質問一切を禁止した。告発は密告者が直
接聞き知った情報ではなく「他人からの又聞き」だった。

(4)Quid Pro Quo(見返り要求)は罪でないと言われてBribe(贈賄)
と言い換え、贈賄の証拠はないとわかってCorruption(汚職)とトラ
ンプの犯罪を次々と言い換えた。つまり犯罪証拠は薄弱だった。

(5)シフ委員長は共和党が要求したハンター・バイデンの証人喚問
を禁止した。バイデン副大統領がウクライナ総統に見返り要求をした
と自慢した証拠があるのに証人たちはバイデンの見返り要求を「知ら
なかった」と証言した。全員がバイデンの罪を庇ったのである。

(6)証人たちは揃ってジュリアーニ大統領顧問がウクライナを訪問
してバイデンの汚職調査を要求したと批判した。

(7)証人たちは2016年頃にウクライナ、欧州に居た外交官だったに
も拘らず、2016年の選挙でウクライナがヒラリー支持し、トランプの
選挙を妨害した事実を否定した。2016年の選挙でウクライナがヒラリ
ー支持だった証拠はたくさんあるが、認めればオバマのDeep Stateが
外国政府に選挙介入を要求した事実が明らかになる。

9月に始まったトランプ弾劾調査で「反トランプの黒幕」がDeep State
であることがハッキリした。「密告者の告発」が不利となった途端にイ
ンピーチ(罷免)からQuid Pro Quo(クイドプロクオ)から次々と贈
賄(Bribe)、汚職(Corruption)と言い換えたのである。

真っ先にペロシ議長が理由を換えたらたちまち民主党の国会議員が口を揃
えて言う。

そうすると同じ日に左翼メディアのCNN、MSNBC、CBSの解説者たちが一
斉にテレビで鸚鵡のようにトランプの罪を歌うのである。つまりDeep
Stateが黒幕で民主党議員やテレビに秘密指令を出していたのである。

クイドプロクオからクオバディス、何処へ行く?

密告者の告発は又聞きだったしシフが関与していた。密告者とシフの
関係を隠して弾劾調査をした。公開調査が終わったらシフ委員長がト
ランプ弾劾案を作成してこれを国会の司法委員会に提出し、下院の投
票で218票過半数なら上院に大統領弾劾案を提出する。

クイドプロクオは罪にならない、贈賄は見当違いだし、権力乱用、汚
職も理由にならない。このあとシフ委員長はボルトン元大統領顧問を
証人喚問してボルトンとジュリアーニの不仲を利用してトランプの罪
を聞き出すかもしれない。下院の投票では共和党は全員反対だから民
主党が218票を取れるかどうかも不明である。民間の弾劾反対も増え
た。Newsmaxの発表では国民のトランプ罷免に賛成が44%から41%に
下がり、反対が51%から53%になったと報じた。魔女狩りとサーカス
は民主党のトランプ罷免に逆効果だった。

トランプ大統領はFoxnewsの対談で、上院が罷免裁判をやって欲しい
と述べた。シフ委員長の弾劾調査はトランプの参与をシャットアウト
したが上院で裁判になればトランプは被告として反論尋問ができる。
トランプは「裁判になれば真っ先にシフを宣誓喚問する」と述べた。

裁判でシフ議員の過去三年の数々の嘘を詰問すればトランプ無罪でシ
フ有罪だろう。匿名の密告者を証人に喚問するのも被告の権利である。
バイデン父子も喚問してバイデンの「見返り要求」を正式に調査でき
る。つまり上院の裁判でDeep Stateの反トランプ陰謀を暴くことが出
来る。裁判が長引けば民主党の候補者選びはバイデン不利で大混乱と
なる。上院の罷免裁判は民主党に不利である。

at 10:35 | Comment(0) | Andy Chang

◆「味の素」発明は108年前

渡部亮次郎


「味の素」に特許権が降りたのは108年前の7月25日だった。経済産業省特
許庁は発明した東大教授池田菊苗(いけだ きくなえ)を日本の十大発明
家の1人として顕彰している。

また、食品添加物として広く普及し日本のみならず世界の人々の食生活を
豊かにした、と言っているが、昭和20年代の東北や北海道には味の素は無
かった。昆布があり過ぎたからでもあるまいが。

発明した池田菊苗は、元治元年(1864)京都に生まれた。明治22年東京帝
国大学理科大学化学科を卒業し、明治32年から2年間、ドイツに留学した。

帰国後、明治34年に東京帝国大学教授に就任した。彼は、専門の物理化学
の研究を行うとともに日本人の生活の改善と社会の進歩に直結するような
応用研究に関心を持ち様々の研究を行ったが、この中に昆布の「うまみ」
の研究があった。

彼は、昆布のうまみの成分を解明すれば調味料として工業的に生産できる
のではないかと考え、研究を続けた結果、うまみの成分が「グルタミン酸
ソーダ」であることを突き止めた。

これを主要成分とする調味料の製造方法を発明し、特許権を得た(特許第
14805号、明治41(1908)年7月25日。我が母の生まれし年なり。今から108
年前)。

「グルタミン酸ソーダ」は、彼の働きかけによって商品化され、調味料と
して広く売り出された。このグルタミン酸ソーダは、品質が安定しており
食物に独特のうまみを与えるため、食品添加物として広く普及し日本人の
食生活を豊かにした。

これが今日の「味の素」である。工業化をどこにさせるか。熟慮の結果、
池田が依頼した先は鈴木三郎助。味の素株式会社の創設者である。

また、海外にも調味料として広く受け入れられた。彼は、大正12年に東京
帝国大学を退官した後もグルタミン酸ソーダ製造技術の完成に熱意を注
ぎ、主として甜菜糖の廃液を原料としたグルタミン酸ソーダの製造法の研
究に従事した。昭和11年(1936)没。

ところで「味の素」株式会社の事である。

<味の素[株] あじのもと 〈味の素〉で知られる総合食品化学会社。2代
目鈴木三郎助とその家族によって1888年創業された鈴木製薬所が前身。

神奈川県葉山で,ヨード製造を家内工業で行っていたが,化学薬品にも手
を広げ1907年合資会社鈴木製薬所に改組(1912年鈴木商店)。

東大教授池田菊苗が08年に取得したグルタミン酸調味料製造法の特許の工
業化を依頼された鈴木は,新化学調味料の製造に取り組み,同年11月〈味
の素〉の名で売り出した。

しかし当初はまったく売れず,軌道に乗るまでに10年近い年月を要した。
大正の末からは順調に伸び,海外へも輸出されるようになった。

35年宝製油(株)を設立(1944合併),味の素の原料となるダイズ油の製造を
開始。第2次大戦後,46年2月社名を現社名に変更,50年に原料・製品の統
制撤廃後は,急速に生産水準を回復,52年には戦前水準に戻った。

その後,グルタミン酸ソーダの製法転換(植物タンパク分解法から発酵法
へ)に協和鍋酵工業に続き成功(1959製造開始)。これに伴い油脂関連部門
を拡大,この部門でも大手になった。

また,多角化を進め,総合食品化学会社への脱皮に成功した。とくに加工
食品部門の拡大が著しく,61年にスープ,63年コーンフレーク,68年マヨ
ネーズ,70年マーガリン,調理済み冷凍食品と,相次いで新分野に進出した。

73年にはゼネラル・フーズ社と提携し味の素ゼネラルフーヅを設立,イン
スタントコーヒー等にも進出。最近では,飲料・乳製品部門,加工食品部
門が調味料部門を上回る。

さらに海外進出の面では,戦後も1958年にフィリピンで味の素の生産を開
始したのを最初に,欧米,東南アジアを中心に進出しており,海外売上高
比率は連結ベースで2割に達する。

また近年は発酵技術を生かして,医薬品分野への進出に力を入れてい
る。>世界大百科事典  2008・07・27

◆奈良木津川だより 高麗寺跡 A

白井繁夫

「史跡 高麗寺(こまでら)跡」は木津川の右岸の棚田の中(山城町上狛)で、建物がないためか、観光客も少なく、飛鳥時代に創建された国内最古の仏教寺院「飛鳥寺」と同笵の瓦が出土した国の史跡の古代寺院跡と思われずに千年の時が経って来たのです。

この高麗寺跡の第T期発掘調査(昭和13年)から第V期(平成22年度の第10次発掘調査)までの調査で出土した遺物や伽藍跡から皆様と高麗寺の建立の様子や歴史を観て行こうと思います。

高麗寺は渡来氏族の狛氏の氏寺として7世紀初(610年頃)には存在していただろうが、出土遺物などから、12世紀末から13世紀初期ごろに消滅したと推察されています。

高麗寺跡の出土遺物には金銅製の破風(はふ)拝み金具、円盤等の建造物の装飾金具、南
門の屋根の鴟尾や最古の築地塀などがあり、更に各時代を現す文様の瓦や三層基壇の講堂など高麗寺の伽藍は驚嘆するような荘厳さで、文明の先端を行く寺院と推察されます。

最初に年代を調べるために、高麗寺の出土遺物で数量が多くて比較的に年代を決めやすい文様瓦(軒丸瓦.軒平瓦)を中心に4期に分けた瓦から始めます。

T期の瓦 飛鳥時代の瓦(軒丸瓦:十葉素弁蓮華文じゅうようそべんれんげもん)
   
  日本最古の寺院「飛鳥寺」の創建時の瓦と同じ型で作られている。京都府下では当然
  最古の瓦ですが、高麗寺から4点しか出土していません。(飛鳥時代に瓦葺の建物が確実に存在していたのか?堂宇は萱葺だったのか?)

U期の瓦 白鳳時代の瓦(軒丸瓦:八葉複弁ふくべん蓮華文、軒平瓦:重弧じゅうこ文)
     川原寺式の瓦と同笵でもあり出土量が圧倒的に多種大量です。

  川原寺式の瓦:古代瓦では最も文様が華麗で日本各地に普及した。地域文化の指標にもなった瓦ですが、高麗寺の瓦は原初的な川原寺創建時と同じ型の瓦から始まり、さらに発展した瓦など多種類が出土しています。(高麗寺は660年頃本格的に造営された伽藍建築の寺院となったのです。)

(川原寺は天智天皇が母(斉明天皇)の冥福を祈るため建立した寺で、飛鳥4大寺の一つ、
 壬申の乱で勝利した天武天皇が崇敬していた寺院であり、天武天皇に味方した各地の豪
族に恩賜として瓦の使用許可が与えられました。山城国では南山城に集中しており、地方では尾張、美濃、伊勢などが特に多い。)

南山城:木津川市の古代寺院では高麗寺と蟹満寺が有名です。
(前代の古墳時代:各豪族は氏族の権威の象徴として大古墳を築きましたが、飛鳥時代以降は氏族の権威となるモニュメントが大寺院の建立に変化しました。)

壬申の乱では渡来氏族の狛氏一族が大海人皇子に味方して大変貢献したため、高麗寺が
最初に川原寺の創建時の瓦(同笵瓦)の使用許可を得たのです。その後、川原寺式瓦は
高麗寺を核として南山城の3郡にも広がりました。

「蟹満寺:国宝の白鳳仏が有名」から川原寺式瓦の破片が出土したことから、白鳳時代
末期(7世紀末から8世紀初)に創建されたと云われているのです。
蟹満寺は前代に平尾城山古墳.稲荷山古墳を築いた豪族の後裔氏族が建立したのでは?と云われています。

V期の瓦 奈良時代の瓦(軒丸瓦:蓮華文、軒平瓦:均整唐草文)平城宮式瓦や「中臣」
   と文字がある平瓦、恭仁宮式軒瓦など恭仁京造営時に製造した瓦も出土しました
が多種少量のため、高麗寺の修理用として八世紀に使用した瓦と思われます。

W期の瓦 平安時代前期の瓦(軒丸瓦:蓮華文、軒平瓦:唐草文)修理用に高麗寺独特の瓦が少量作られた。(この時代以降の瓦は出土していないので、高麗寺の大伽藍は平安時代以降修理など出来ずに荒廃にまかされたか? 法蓮寺の棟札では金堂などが室町時代まで存在していたようですが?)

高麗寺を軒瓦から観た場合、飛鳥時代(610年頃)萱葺の堂?が創建され、白鳳時代、
川原寺式に準じた七堂伽藍の本格的寺院の造営(7世紀後半)が施工され、法起寺式伽
藍建築へ繋がって行きました。

奈良時代(8世紀)に聖武天皇が恭仁京(木津川市)へ遷都(740年)して都城の造営
時には高麗寺も独特の瓦を作り、他寺院にも供給しました。

しかし、平安時代初期の修理用の瓦の出土が最後でそれ以降の瓦の出土は有りません。
瓦から調べた高麗寺の創建時期の推測や隆盛時代は分りますが、歴史(終焉)は何世紀
か判断は困難です。

瓦以外の出土遺物や伽藍跡の発掘調査、昭和13年の第T期からV期(平成22年の10
次調査)まで、から高麗寺の概要を視ようと思います。(つづく)

参考資料:山城町史 本文篇 山城町、
南山城の寺院.都城 京理セミナー資料No.0106−327
史跡 高麗寺跡 第10次発掘調査概報 木津川市教育委員会

2019年11月24日

◆パンダ・ハガーたちが北京に集合

宮崎 正弘


令和元年(2019)11月23日(土曜日)通巻6283号

パンダ・ハガーたちが北京に集合。中国劣勢の捲土重来を期して?
キッシンジャーに、ポールソン、しかし「言い出しっぺ」ブルームバーグ
は欠席

11月22日は「良い夫婦の日」。それにちなんで「良い米中関係の復活」?

国際経済フォーラムはブルームバーグが提唱し、中国の国際交流センター
と共催。習近平に経済閣僚の劉鶴、外務担当の楊潔ち、王毅、中央銀行前
総裁の周小川らが中国側の顔。対して世界の銀行家、エコノミスト、閣僚
経験者が集ったが、なんといってもパンダ・ハガーの代表者はキッシン
ジャー元国務長官だった。

その隣にヘンリー・ポールソン元財務長官。日本からも川口順子元外相が
出席した。人民大会堂で開かれた国際フォーラムは、米中関係の在り方、
貿易戦争、BRI(一帯一路)などを議題とした。

このイベントの言い出しっぺはマイケル・ブルームバーグである。

ブルームバーグは大金持ち、経済ニュース専門メディアのブルームバーク
を創設し、共和党から民主党へ鞍替えし、トランプ批判の急先鋒でもある。

しかし米国内の世論は確固たる「反中」。米中貿易戦争で下手な妥協をゆ
るさないとする強い空気に押され、なにしろブルームバーは、「後出し
ジャンケン」で、大統領選挙に挑むわけだから、のそのそと北京に出向く
わけにはいかないのである。

すでにブルームバーグは予備選の緒戦となる州に登録を済ませ、スー
パー・チューズディではテキサス州とカリフォルニア州が加わる。つまり
3月3日にほぼ態勢がきまる政治日程に変更となったため、出遅れの回復
は望む薄だろう。

かくしてパンダ・ハガーの大集結も気勢の上がらないものとなった。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
謹告 愛読者の皆様へメルマガ「登録の切り替え」をお願いしております
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 登録の切り替えをお願いしております
 @@@@@@@@@@@@@@@@@
小誌の配信サーバーの業務終了に伴い、Melma!版はまもなく発信を終了し
ます。
配信が「まぐまぐ!」に切り替わります。これを機に小誌の題号も「宮崎
正弘の国際情勢解題」となります。
(1)登録を新しくやり直してください。
配信申し込みはこちら
https://www.mag2.com/m/0001689840.html?l=ivu076c88e
 (2)「まぐまぐ」への登録完了後、「メルマ」の解除はこちら
  http://melma.com/backnumber_45206/
以上で手続きは終わりです
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1989回】             
 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(7)
上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

           ▽

上塚の足は?南(安徽省南部)から?北(江西省北部)に転じた。
 
内陸の河は往々にして底が浅い。そこで船に繋げた曳き綱を「拉索的」と
呼ばれる人足が曳いて遡行する。年老いた拉索的の振る舞いから中国人の
生き方に思いを致す。

「老拉索的は三度の食事以外には、朝から晩迄陸に上つて檣の頂上に結び
付けた長い曳綱を以て船を牽く」。「可笑しからうが、悲しからうが、俺
は綱さへ牽けばそれでよいと云ふ風である。彼は考へるでもなし、悲しむ
でもなし全く牛馬の如くに動くのみである。強ひて樂しみを求めたら三度
の食後に吸ふ煙草位であらう」。月給はスズメの涙ほど。「何の爲めに生
きて居るか解らない、支那の下級者には常に此の種の者を見受ける」。

たしかに「何の爲めに生きて居るか解らない」。だが、彼らはそれなりに
生きている。

ここで久々に林語堂の『中国=文化と思想』(講談社学術文庫 1999年)を。

「中国人は遊んでいるときのほうが、真面目なことをしているときよりも
遥かに愛すべき人間であるように感じる。中国人は政治上はでたらめであ
り、社会上は幼稚である。しかし余暇の時間には非常に聡明で、理知的で
ある。そして中国人はたっぷりある暇を潰す楽しみをもっているのだ」。

かくして中国人は「十分な余暇さえあれば、中国人は何でも試みる」とい
うのだが、その試みを林語堂は書き出す。煩を厭わず書き連ねてみたい。

「蟹を食べ、お茶を飲み、名泉の水を味わい、京劇をうなり、凧を揚げ、
蹴羽根で遊び、闘鶏を眺め、麻雀卓を囲み、博打をやり、衣類を質に入
れ、なぞなぞをし、花に水をやり、野菜を作り、果樹を育て、囲碁を打
ち、小鳥を飼い、人参を煎じ、入浴を楽しみ、昼寝を死、子供の相手にな
り、お喋りに興じ、食べたり飲んだり、拳をしたり、手相を占ったり、手
品をしたり、書道をしたり、芝居を見物し、銅鑼や太鼓を叩き、笛を吹
き、怪談話を語り、漬物を漬け、胡桃を手の中で回し、鷹を放し、鳩を飼
い、廟を参詣し、山に登り、ボートの試合を眺め、闘牛を見物し、媚薬を
飲み、阿片を吸い、町をぶらつき、飛行機を眺め、日本人を罵倒し、白人
に好奇の目を向け、西瓜の種を齧り、政治を論じ、お経を読み、深呼吸を
行い、座禅を組み、法会を催し、香を焚き、蟋蟀を捕まえ、ワンタンを食
べ、盆栽を世話し、お祝いを贈り、叩頭をし、子供を産み、高鼾を立てる」。

林語堂に依れば、中国人は常日頃ここの挙げた60種程で暇潰しを試して
いることになるが、改めて数えると43番目に「日本人を罵倒する」が『ラ
ンク・イン』している。

どうやら「日本人を罵倒する」ことは、「たっぷりある暇を潰す楽しみ」
の1つらしい。

?南の東北部に位置する寧国府でのことだ。

この街を囲む城郭も構造は雄大だが、「此處も同じく、其の一部局を除い
ては甚だしく荒廢に歸して居る」。半世紀昔の太平天国の乱によって破壊
されたものだ。そんな街とはいえ師範学校があり女学校があり「福音(メ
ソヂスト派)經營の?南中學がある。何れも百餘名の生徒を収容し、新式
の?育を授けて居る。佛人經營の天主堂は、城の西南隅、一段高き所白壁
嚴として城下を俯瞰して居る」。かくして「歐米人の平和的施設は思つた
以上に手が廣まつて居る」。

安徽の野を西へ西へと進」む。汗でシャツを濡らしながら歩いていると、
「佛蘭西人と覺ゆる天主?の牧師が二人、馬を走らせて吾等を追越し
た」。上塚らを怪訝な目で向ける2人を見て、「此の未開な、不便な土地
に分け入つて、一意神の?を説く彼等の宗?的犠牲心に心動かされずに居
られ無い」。かくて「ローマンカトリツクの眞?な法服が、丘の彼方に消
え失せる迄見送る」のであった。

さらに進む。荷物運びの人足を1人連れただけで旅する天主教の牧師に出
会う。
             

(宮崎正弘のコメント)たしかに「日本を罵倒するのは中国人にとって娯
楽の一種」とは、NYタイムズも書いたことを思い出しました。出典は林
悟堂でしたか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)世の中、これほど知性が劣化し、兇悪化し、莫迦がはびこ
ることになったとはいえ、忠臣蔵を算盤でデフォルメするという映画
(「決算! 忠臣蔵」)の出現には驚きました。コミカルに描くこと自
体、大義に準じた義士らを莫迦にするにもほどがある。

怒りが湧いてくるのは、少数派なのでしょうか?(HG生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)『忠臣蔵』は日本人が涙する定番。12月14日
の討ち入り前に、毎年のように映画が作られました。

忠義という観点に絞り込んで戦前はもっと盛んに芝居に映画に小説にな
り、武士道精神の誉れとして賛美された。恐れをなしたGHQは、忠臣蔵
の上演を禁止しました。独立後、すぐに創られた映画も、最初の頃は大
義、忠誠などが主要テーマだったし、NHKの大河ドラマも、そうでした。

中味も解釈も酷くなったのは、むしろ近年でしょう。

しかし江戸時代から語られていないことがあります。

赤穂浪士はなぜ立ち上がったのか。保科正之に危険視された山鹿素行は、
赤穂藩お預けとなりました。山鹿素行は『中朝事実』を顕した尊皇の思想
家。その山鹿が赤穂藩で、講義をしていた。その思想的影響力が、藩士に
どれほどの影響力を持ったか、この重大な側面がちっとも重視されていな
いという歴史認識の欠陥があります。

◆「の」に賭けた初入閣

渡部亮次郎


建国記念「の」日が初めて施行された昭和42(1967)年2月11日。その時園
田直(すなお、故人)は衆院議員当選既に9回なのに未入閣で衆院副議長
のまま。しかも4日後に副議長に再選と言う椿事。

だが佐藤栄作首相は、園田の異能ぶりに感服していた。忘れずにこの年の
11月25日に行った第2次内閣の第1次改造で厚生大臣に抜擢した。園田は53
歳の初入閣だった。

「建国記念の日」と定められた2月11日は、かつて紀元節という祝日で
あった。

紀元節は、『日本書紀』が伝える神武天皇が即位した日に基づき、紀元の
始まりを祝う祝日として、1872年(明治5年)に制定された。

この紀元節は、1948年(昭和23年)(連合国による占領下)に制定された
「祝日に関する法律」附則2項で、「休日ニ關スル件」(昭和2年勅令第25
号)が廃止されたことに伴い、廃止された。

しかし独立を果たす1951(昭和26)年頃になると紀元節復活の動きが見ら
れ、1957年(昭和32年)2月13日には、自由民主党の衆院議員らによる議員
立法として、「建国記念日」制定に関する法案が提出された。

とはいえ、当時野党第1党の日本社会党が、この「建国記念日」の制定を
「戦前回帰、保守反動の最たるもの」と非難・反対したため成立しなかった。

1957年8月2日、神社本庁、生長の家、郷友会、不二歌道会、修養団、新日
本協議会などの右翼団体は紀元節奉祝会(会長:木村篤太郎)を結成して
推進を画策した。

しかし、その後9回、法案提出と廃案を繰り返しただけだった。これに目
を付けたのが1965(昭和40)年12月20日、第45代衆院副議長に選出された
熊本県天草選出の園田直だった。

社会党国対委員長石橋政嗣(まさし=長崎選出}と密かに手を組み、建国記
念「の」日にして「2月11日」を国会ではなく政令で定めるなら反対しない
と言う妥協案を創り上げた。

名称に「の」を挿入して「建国記念の日」とすることで、“建国されたと
いう事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるように修正したの
である。1966年(昭和41年)6月25日、「建国記念の日」を定める祝日法
改正案は成立した。

同改正法では、「建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛
する心を養う」と定め、同附則3項は「内閣総理大臣は、改正後の第二条
に規定する建国記念の日となる日を定める政令の制定の立案をしようとす
るときは、建国記念日審議会に諮問し、その答申を尊重してしなければな
らない」と定めた。

建国記念日審議会は、「粋人」菅原通済を会長に学識経験者等からなり、
総理府に設置された。約半年の審議を経て、委員9人中7人の賛成により、
「建国記念の日」の日付を「2月11日」とする答申が同年12月9日に提出さ
れた。

同日、「建国記念の日は、2月11日とする。」とした「建国記念の日とな
る日を定める政令」(昭和41年政令第376号)を公布、即日施行した。当
に「の」が自民、社会両党の妥協を成立させた。

また佐藤内閣にとっては実兄の岸信介内閣以来、歴代内閣の成しえなかっ
た事実上の紀元節復活を成し遂げたのであった。この「の」という奇策へ
の「回答」が園田の初入閣だったのである。

私はこうした経緯を当時NHK政治記者としてつぶさに取材。園田の頭の良
さにつくづく惚れた。彼が特攻隊生き残りである事も知って尊敬した。そ
うした事が後に私を外務大臣園田直の秘書官にした理由である。(文中敬
称略)2008・2・10

◆ウイグル人弾圧の"主犯"を国賓招待ってどうなの

北野幸伯

習近平の国賓訪日を中止すべき4つの理由、魂胆は「天皇の政治利用」

国際・中国 ロシアから見た「正義」 “反逆者”プーチンの挑戦


来春に予定されている習近平の「国賓訪日」に、反対の声が上がってい
る。佐藤正久前外務副大臣は11月11日、「香港問題」「邦人拘束問題」
「尖閣問題」「日本食品の輸入規制問題」を挙げ、「4つのトゲを抜かな
いと国賓というわけにはいかない」と述べた。40人の自民党議員が参加す
る「日本の尊厳と国益を護る会」(代表幹事・青山繁晴参議院議員)も、
同じ理由で反対を表明した。筆者も、習近平の国賓訪日に反対している。
なぜなら、中国は天皇を政治利用した過去があるからだ。(国際関係アナ
リスト 北野幸伯)

米中戦争の最中に中国に接近する日本

中国の習近平国家主席
ウイグル人を100万人も拘束し、香港では民主化デモを武力で弾圧する――
そんな国のトップと天皇陛下のツーショット写真が国際社会に与えるマイ
ナスイメージは計り知れない Photo:EPA/JIJI

 筆者が習近平の国賓訪日に反対する理由は4つある。

 1番目の理由は、中国への過度の接近が、同盟国である米国との関係を
破壊するからだ。日本人はほとんど意識していないが、世界は2018年から
「米中覇権戦争の時代」に突入している。トランプは2018年7月、8月、9
月と、連続して中国製品への関税を引き上げた。これで、世界は「米中貿
易戦争が始まった」と認識した。

 そして、同年10月、ペンス大統領がハドソン研究所で行った「反中演
説」後、「米中新冷戦」という用語が世界中で使われるようになった。

 問題は日本政府の動きだ。安倍首相は2015年4月、米国における議会演
説で、以下のように演説した。(太線筆者、以下同)

<米国国民を代表する皆様。
私たちの同盟を、「希望の同盟」と呼びましょう。
米国と日本、力を合わせ、世界をもっとはるかに良い場所にしていこう
ではありませんか。
 希望の同盟――。
 一緒でなら、きっとできます。>

 非常に感動的なスピーチで、結果、日米関係は劇的に改善された。しか
し、今となっては、「口だけ」と批判されても仕方ない状況になってい
る。というのも、米国が中国に「宣戦布告」した直後から、日中関係は
「劇的」といっていいほど改善されている。

 戦争の最中に、同盟国が敵国に接近する行為を一般的に何というだろ
う?そう、「裏切り」である。日本は中国に急接近することで、同盟国米
国を「裏切って」いるのだ。

 それで、米国の日本への態度も変わり始めた。トランプは、大統領就任
後封印していた「日米同盟破棄論」や「同盟不平等論」を、再び主張し始
めている

◆奈良木津川だより 高麗寺跡 @ 

                   白井繁夫


古代の仏教寺院「高麗寺(こまでら)」の創建は不明ですが、「高麗寺跡」の発掘調査から飛鳥時代に創建された日本最古の寺院「飛鳥寺(法興寺)」と同笵の軒丸瓦(十葉素弁蓮華文:じゅうようそべんれんげもん)が発掘されました。

飛鳥寺と同笵の瓦の出土は、この寺院跡「高麗寺跡」は蘇我氏創建の飛鳥寺(日本最古の本格的仏教寺院)と同時期頃の創建か?と歴史的な注目を集めました。

「高麗寺跡」は木津川市山城町上狛高麗、JR奈良線上狛駅より東へ約600m、木津川の右岸の棚田の中に位置しています。

「高麗寺跡」は昭和13年(1938)から本格的な発掘調査(第T期調査)が行われ、回廊に囲まれた主要な堂塔(塔跡、金堂跡、講堂跡)など含む伽藍の一部が75年前の昭和15年(1940)8月30日、国の史跡に認定されました。

(高麗寺は飛鳥時代に創建され白鳳時代に最盛期をむかえ平安時代の末期(12世紀)頃まで存続していた国内最古の寺院の一つ(京都府内では最古の寺院)と推察されています。)

「史跡高麗寺跡」の発掘調査はその後、第V期調査(平成22年度の第10次調査)まで実施され、平成22年史跡地の追加指定を受け、現在は20100m2の指定地です。調査内容については後述しますが、まず寺名(高麗寺)の「由来」からスタートします。

朝鮮半島と日本列島の九州は距離的にみると近畿と九州の数分の一であり、古代、5世紀の初めごろまではあまり強い国家意識を持たずに朝鮮半島南部の百済.新羅.加羅から渡来人が来ました。渡来氏族では漢氏(あやし)や秦氏(はたし)の氏族が優勢でした。

5世紀半ば過ぎからは北部の高句麗が強大化し南部の百済.新羅が戦場化し、戦火を逃れて日本列島に渡る人々が増加しました。

5世紀の後半は日本の古代国家形成にとって重要な時期であり、大王権力を拡大し、畿内政権を支える官司制の構成員として渡来人を採用し、彼等の文筆を持って官吏に執りたて、国家組織の整備や先進的技術の導入に役立てようとしました。

山城国への渡来人:秦氏は北部に多くの史跡を持ち、氏寺は京都の広隆寺(秦河勝が聖徳太子から下賜された仏像:弥勒菩薩半跏思惟像が有名です。)その他、商売の神様、稲荷神社(稲荷大社)、酒の神様、松尾神社(松尾大社)や嵐山の桂川周辺(大堰川)など。

山城国の南部では高句麗系の渡来氏族高麗(狛)氏が相楽.綴喜の南部2郡に集中しています。高麗寺は地名にもなっている高麗(狛)氏の氏寺です。しかし、南部以外でも有名な八坂神社の「祇園さん」(京都市東山区)は高句麗系渡来人の八坂氏の氏神です。

朝鮮半島からの渡来ルートは一般的には九州へ渡り、瀬戸内海を経て難波に来るルートを採りますが、高句麗から北西の季節風を利用して日本列島に渡るルートもありました。
古代の交通は主として水路を利用した結果、大和は木津川と深く関わりました。

木津川市は大阪市内から直径30kmの圏内です。

古代の水路の場合は、難波から淀川を遡上して八幡市(宇治川、木津川、桂川が合流)を経由する約60kmの道程です。別途、日本海の敦賀から近江の琵琶湖北岸に達し、水路で大津から宇治川経由木津に到着し、大和へ向うルートもありました。

『古事記』の仁徳天皇条、皇后石之日売命が天皇の浮気に嫉妬して難波高津宮から木津川の舟旅で出身地(大和の葛城)への途次の詩に「山代河:木津川」が詠まれています。

6世紀継体天皇が樟葉宮から弟国宮(おとくに)へ遷宮(518年)の頃、朝鮮諸国と畿内政権とは関係が緊張状態でした。
欽明天皇31年(570)条、高句麗の使節のため、南山城に高楲館(こまひのむろつみ)や相楽館(さがらかのむろつみ)を設けた。(木津川沿いに渡来人が多く居住していた。)

6世紀末、廃仏派の物部守屋が敗れ、用明天皇2年(587)、蘇我馬子が飛鳥寺(法興寺)の建立発願。飛鳥寺は日本最古の本格的仏教寺院であり、創建は6世紀末〜7世紀初、蘇我氏の氏寺、本尊は重文の飛鳥大仏(釈迦如来)です。

「高麗寺跡」の発掘調査から、南側土檀で仏舎利を祀る塔跡は東側、本尊仏を祀る金堂跡は西側、伽藍は南面しており、北側の土檀が講堂跡の伽藍配置です。

出土した瓦は年代の古い順から第1期は飛鳥寺と同笵の瓦、第2期は天武天皇が崇敬した寺、川原寺式瓦「種類.数量が最多」白鳳時代、第3期は平城宮式瓦、8世紀の修理、「多種.少量」、第4期は高麗寺独特の修理用瓦「少量」、平安時代前期と4時代の瓦でした。

出土品から高麗寺は新興勢力狛氏の氏寺として飛鳥時代(7世紀前半)に創建され、白鳳時代(7世紀後半)に本格的な造営が成されたが、都が平安京に遷都後は平安時代前期の修理が最後で12世紀末から13世紀初期まで高麗寺は存続していたと思われます。


<国の史跡「高麗寺跡」に付いては、新しい想いを込めて、新規に続編を掲載致します。
筆者の「木津川だより」にご関心を頂き、有り難う御座います。これからは以前の本編を、折を見て再掲させて頂きます。>

参考資料:山城町史 本文篇 山城町、
史跡 高麗寺跡 第V期(第8−10次発掘調査)発掘調査報告 木津川市教育委員会

    (再掲)
at 09:12 | Comment(0) | 白井繁夫

2019年11月23日

◆パンダ・ハガーたちが北京に集合

宮崎 正弘


令和元年(2019)11月23日(土曜日)通巻6283号

パンダ・ハガーたちが北京に集合。中国劣勢の捲土重来を期して?
キッシンジャーに、ポールソン、しかし「言い出しっぺ」ブルームバーグ
は欠席

11月22日は「良い夫婦の日」。それにちなんで「良い米中関係の復活」?

国際経済フォーラムはブルームバーグが提唱し、中国の国際交流センター
と共催。習近平に経済閣僚の劉鶴、外務担当の楊潔ち、王毅、中央銀行前
総裁の周小川らが中国側の顔。対して世界の銀行家、エコノミスト、閣僚
経験者が集ったが、なんといってもパンダ・ハガーの代表者はキッシン
ジャー元国務長官だった。

その隣にヘンリー・ポールソン元財務長官。日本からも川口順子元外相が
出席した。人民大会堂で開かれた国際フォーラムは、米中関係の在り方、
貿易戦争、BRI(一帯一路)などを議題とした。

このイベントの言い出しっぺはマイケル・ブルームバーグである。

ブルームバーグは大金持ち、経済ニュース専門メディアのブルームバーク
を創設し、共和党から民主党へ鞍替えし、トランプ批判の急先鋒でもある。

しかし米国内の世論は確固たる「反中」。米中貿易戦争で下手な妥協をゆ
るさないとする強い空気に押され、なにしろブルームバーは、「後出し
ジャンケン」で、大統領選挙に挑むわけだから、のそのそと北京に出向く
わけにはいかないのである。

すでにブルームバーグは予備選の緒戦となる州に登録を済ませ、スー
パー・チューズディではテキサス州とカリフォルニア州が加わる。つまり
3月3日にほぼ態勢がきまる政治日程に変更となったため、出遅れの回復
は望む薄だろう。

かくしてパンダ・ハガーの大集結も気勢の上がらないものとなった。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
謹告 愛読者の皆様へメルマガ「登録の切り替え」をお願いしております
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 登録の切り替えをお願いしております
 @@@@@@@@@@@@@@@@@
小誌の配信サーバーの業務終了に伴い、Melma!版はまもなく発信を終了し
ます。
配信が「まぐまぐ!」に切り替わります。これを機に小誌の題号も「宮崎
正弘の国際情勢解題」となります。
(1)登録を新しくやり直してください。
配信申し込みはこちら
https://www.mag2.com/m/0001689840.html?l=ivu076c88e
 (2)「まぐまぐ」への登録完了後、「メルマ」の解除はこちら
  http://melma.com/backnumber_45206/
以上で手続きは終わりです
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1989回】             
 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(7)
上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

           ▽

上塚の足は?南(安徽省南部)から?北(江西省北部)に転じた。
 
内陸の河は往々にして底が浅い。そこで船に繋げた曳き綱を「拉索的」と
呼ばれる人足が曳いて遡行する。年老いた拉索的の振る舞いから中国人の
生き方に思いを致す。

「老拉索的は三度の食事以外には、朝から晩迄陸に上つて檣の頂上に結び
付けた長い曳綱を以て船を牽く」。「可笑しからうが、悲しからうが、俺
は綱さへ牽けばそれでよいと云ふ風である。彼は考へるでもなし、悲しむ
でもなし全く牛馬の如くに動くのみである。強ひて樂しみを求めたら三度
の食後に吸ふ煙草位であらう」。月給はスズメの涙ほど。「何の爲めに生
きて居るか解らない、支那の下級者には常に此の種の者を見受ける」。

たしかに「何の爲めに生きて居るか解らない」。だが、彼らはそれなりに
生きている。

ここで久々に林語堂の『中国=文化と思想』(講談社学術文庫 1999年)を。

「中国人は遊んでいるときのほうが、真面目なことをしているときよりも
遥かに愛すべき人間であるように感じる。中国人は政治上はでたらめであ
り、社会上は幼稚である。しかし余暇の時間には非常に聡明で、理知的で
ある。そして中国人はたっぷりある暇を潰す楽しみをもっているのだ」。

かくして中国人は「十分な余暇さえあれば、中国人は何でも試みる」とい
うのだが、その試みを林語堂は書き出す。煩を厭わず書き連ねてみたい。

「蟹を食べ、お茶を飲み、名泉の水を味わい、京劇をうなり、凧を揚げ、
蹴羽根で遊び、闘鶏を眺め、麻雀卓を囲み、博打をやり、衣類を質に入
れ、なぞなぞをし、花に水をやり、野菜を作り、果樹を育て、囲碁を打
ち、小鳥を飼い、人参を煎じ、入浴を楽しみ、昼寝を死、子供の相手にな
り、お喋りに興じ、食べたり飲んだり、拳をしたり、手相を占ったり、手
品をしたり、書道をしたり、芝居を見物し、銅鑼や太鼓を叩き、笛を吹
き、怪談話を語り、漬物を漬け、胡桃を手の中で回し、鷹を放し、鳩を飼
い、廟を参詣し、山に登り、ボートの試合を眺め、闘牛を見物し、媚薬を
飲み、阿片を吸い、町をぶらつき、飛行機を眺め、日本人を罵倒し、白人
に好奇の目を向け、西瓜の種を齧り、政治を論じ、お経を読み、深呼吸を
行い、座禅を組み、法会を催し、香を焚き、蟋蟀を捕まえ、ワンタンを食
べ、盆栽を世話し、お祝いを贈り、叩頭をし、子供を産み、高鼾を立てる」。

林語堂に依れば、中国人は常日頃ここの挙げた60種程で暇潰しを試してい
ることになるが、改めて数えると43番目に「日本人を罵倒する」が『ラン
ク・イン』している。

どうやら「日本人を罵倒する」ことは、「たっぷりある暇を潰す楽しみ」
の1つらしい。

?南の東北部に位置する寧国府でのことだ。

この街を囲む城郭も構造は雄大だが、「此處も同じく、其の一部局を除い
ては甚だしく荒廢に歸して居る」。半世紀昔の太平天国の乱によって破壊
されたものだ。そんな街とはいえ師範学校があり女学校があり「福音(メ
ソヂスト派)經營の?南中學がある。何れも百餘名の生徒を収容し、新式
の?育を授けて居る。佛人經營の天主堂は、城の西南隅、一段高き所白壁
嚴として城下を俯瞰して居る」。かくして「歐米人の平和的施設は思つた
以上に手が廣まつて居る」。

安徽の野を西へ西へと進」む。汗でシャツを濡らしながら歩いていると、
「佛蘭西人と覺ゆる天主?の牧師が二人、馬を走らせて吾等を追越し
た」。上塚らを怪訝な目で向ける2人を見て、「此の未開な、不便な土地
に分け入つて、一意神の?を説く彼等の宗?的犠牲心に心動かされずに居
られ無い」。かくて「ローマンカトリツクの眞?な法服が、丘の彼方に消
え失せる迄見送る」のであった。

さらに進む。荷物運びの人足を1人連れただけで旅する天主教の牧師に出
会う。
             

(宮崎正弘のコメント)たしかに「日本を罵倒するのは中国人にとって娯
楽の一種」とは、NYタイムズも書いたことを思い出しました。出典は林
悟堂でしたか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘OPINIONS 読者 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)世の中、これほど知性が劣化し、兇悪化し、莫迦がはびこ
ることになったとはいえ、忠臣蔵を算盤でデフォルメするという映画
(「決算! 忠臣蔵」)の出現には驚きました。コミカルに描くこと自
体、大義に準じた義士らを莫迦にするにもほどがある。

怒りが湧いてくるのは、少数派なのでしょうか?(HG生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)『忠臣蔵』は日本人が涙する定番。12月14日
の討ち入り前に、毎年のように映画が作られました。

忠義という観点に絞り込んで戦前はもっと盛んに芝居に映画に小説にな
り、武士道精神の誉れとして賛美された。恐れをなしたGHQは、忠臣蔵
の上演を禁止しました。独立後、すぐに創られた映画も、最初の頃は大
義、忠誠などが主要テーマだったし、NHKの大河ドラマも、そうでした。

中味も解釈も酷くなったのは、むしろ近年でしょう。

しかし江戸時代から語られていないことがあります。

赤穂浪士はなぜ立ち上がったのか。保科正之に危険視された山鹿素行は、
赤穂藩お預けとなりました。山鹿素行は『中朝事実』を顕した尊皇の思想
家。その山鹿が赤穂藩で、講義をしていた。その思想的影響力が、藩士に
どれほどの影響力を持ったか、この重大な側面がちっとも重視されていな
いという歴史認識の欠陥があります。