2019年12月24日

◆芸人が主張する覚悟

久保田 康文

【耳目の門】石井聡 ほんこんさんに聞く 芸人が主張する覚悟 

 年末スペシャルというわけではないが、今回は趣向を変えてみた。
ABCテレビ(大阪市)のニュース情報番組「教えて!NEWSライブ 
正義のミカタ」(土曜午前9時半)にパネリストとして出演中のお笑い芸
人、ほんこんさんが人気だという。直接、話を聞いてきた。

 −−番組での政治に関する発言が注目されています。

 こういう番組に出ることになり、もっと自分で勉強せなあかんと思いま
した。最初はスタッフから、こういう感じでとカンペも出されたが、徐々
になくなりました。でも、まちごうたことを言うてはいけない。二択なら
こっちやろうな、あるいは「分かりかねます」という言い方も意識してす
るようになりました。

 −−国政では野党に厳しい発言が目立ちます。

 昔から「平和」とか「平等」とかが大事だと思っていたので、むしろ共
産とか社会とかそっちから入ったんです。金権政治の自民党に代わり、民
主党政権ができたときは、良かったと思った。純粋にそう思って旧民主に
入れたのに、3年でああいう結果になった。いろいろ言うばっかりで何も
できてないやん。それなら、金に汚くても結果を出せる自民党政権の方が
よいと考えてます。

 −−東京では放送できないような、はっきりした物言いが受けているよ
うです。

 どんな兼ね合いがあるのか、東京は気にしすぎですよね。気取ってんの
かな、怖がってんのかな。日本の中心なんやから、本当はそっちで発信し
てもらったらいいのに。

 −−日韓関係の議論はいつも白熱します。

 韓国側のゲストの人たちとは仲良しですが、事実関係が異なる、つじつ
まが合わないことも言われますからね。日本から入ったフッ化水素を横流
しした経緯を提出せい、いやもう出したとか、さかのぼって調べて、照ら
し合わせる作業が必要ですね。

 情報収集は評論家、専門家のコメントを見たり、ネットに上がった産経
さんの記事も読んだりします。飲みに行った場所で、在日の方から生の声
も聞きます。でも生の声を一人聞いたからといって、それを全員の声のよ
うにいうのはいけません。

 −−日韓請求権協定については、自ら調べて臨んだとか。

 ある程度、賢い中学生なら分かります。1965年に日韓基本条約を政
府間で調印したことは、歴史の事実として写真もあるしサインもある。な
ぜそれがほごにされるのか理解できない。日本が個人請求はちゃんとしま
しょうと言うたのに、いや全部政府にくださいと向こうは言った。にもか
かわらず、自分の国民に対して何もしてこなかった。

 日本は竹島問題や尖閣の問題も抱えています。日本の野党は領土問題に
まったく無頓着なんですかね。この国を明け渡してもよいと思っているの
か。香港の民主化運動に対しても、アメリカは香港人権法を通している。
何で日本の国会は何もやらんのか。桜がどうとか議論してるけど。

 −−政界から接触はありませんか。

 もうそろそろかとも思ったけど、まったく来ないです(笑)。出馬など
考えていませんけど、どうしてこんな議員がいるのか、という問題意識は
言うようになりました。

 −−シベリア抑留を経験したお父さんを尊敬していると聞きました。

 最前線の激しい戦闘は経験してないでしょうが、おやじは捕虜でパッと
連れていかれて、寒さで奥歯が無くなって帰ってきました。「ぎょうさん
人が死んでいきよったで」とよく聞かされました。

 放任主義で、吉本に行くというときも「あ、そうか」というくらいでし
た。根底には若い時に捕虜に行って、やりたいこともやれなかったという
気持ちがあったんですかね。だから、僕の考えの中にも戦争のない世の中
にしたいというのがあんのかな。

 −−この国を愛すると普通に口にしていますね。

 ぼくはサッカー好きだから、あれはインターナショナルなもので、愛国
心出してないやつはいてません。国じゃなくて、地域でもいい。もっと言
うたら地球。宇宙人が攻めてきたら戦争なくなるかな。

 愛国心とか愛国という言葉を使ったら、右翼団体みたいに言われる。祝
日に日章旗掲げてる家の方ってステキじゃないですか。戦後教育が間違っ
ていた部分があったんちゃいます。



 国を守り、平和を保てなければ、お笑いもできなくなる。ほんこんさん
の考えの基本はシンプルかつ強固だ。多様な意見が存在することの大切さ
を認め、選択肢を与えようともしている。
 SNS上では芸能人が政治について発言すると、主張への反論の前に
「芸人のくせに」と水をかけられる。タレントのローラさんが辺野古署名
を呼び掛けたときは「モデルのくせに」と罵声を浴びた。自由な言論空間
を閉ざす無益な行為からは脱したい。



【プロフィル】ほんこん(HONKON)

 昭和38年生まれ、大阪市東淀川区出身。吉本興業所属。バラエティー
番組や劇場での活動のほか、情報番組のパネリストを務める。時事問題に
ついて自分の考えをまとめた著書「日本のミカタ ボク、この国のことを
愛してるだけやで!」(ワニブックス)も話題。趣味はサーフィン。

松本市 久保田 康文さん採録 

◆加齢疾病連発に悩まされた夏

石岡 荘十


今日書こう、明日こそはと思いながら、胸や背中を孫の手で掻くのに忙し
くて今日に至ってしまった。何の話か。すでに畏友毛馬一三氏が本誌で報
告しているように帯状疱疹“事件”の経緯についてである。

夏は、典型的な加齢疾病といわれる病につぎつぎと襲われ、悪戦苦闘した
3ヶ月だった。この間、私を襲ったのは帯状疱疹。発症から3ヶ月、やっと
終息にこぎつけたと思ったら今度は、加齢黄班変性といわれる眼球の疾病
である。これについては今なお加療の真っ只中であり、別稿で報告したい。

帯状疱疹の兆しが現れたのは6月の末のことだった。「夏バテ」というの
は夏だけの症状だと思われがちだが、気候の変化が激しい梅雨時や初夏に
も起こりやすい。

気温の乱高下に老体がついていけず、何もする気がしない。全身がともか
くけだるい。にもかかわらず梅雨明けの7月、以前からの約束もあって、
猛暑の中、秩父盆地のど真ん中にあるゴルフ場に出陣。疲労困憊、這うよ
うにして帰宅した。完全に体力を消耗していた。これが祟った。

思い返すと、その数日前すでに左胸の皮膚に違和感があり肋骨のあたりに
ピリピリ感があった。間もなく胸から左肩甲骨下にかけて赤い斑点がぽつ
ぽつ。ゴルフの後から左側の神経に沿って激痛が走るようになった。

にもかかわらず、まだ帯状疱疹とは気がつかず、市販のかゆみ止め軟膏
(レスタミン)を塗ったり、サロンパスの湿布を患部に張ったりして凌ご
うと試みていた。無知は恐ろしい。

そうこうしているうちに、赤い斑点は水ぶくれとなり、夜はベッドの上で
転々。背中を孫の手で掻きまくったものだから水ぶくれが破れ、かさぶた
へと変わったがかゆみと痛みは治まらなかった。

遂にたまらず、行きつけの病院の皮膚科に駆け込んだのはゴルフから3週
間を過ぎていた。

「帯状疱疹です。ずいぶん我慢強い方ですねぇ。もうかさぶたになり始め
ていますから、ペインクリニックに行きなさい」という。

帯状疱疹は、幼児に経験した水ぼうそうのウイルスが原因だ。ウイルスは
長い間体内の神経節に潜んでいて、加齢(50歳代〜70歳代)やストレス、
過労などが引き金となってウイルスに対する免疫力が低下すると、潜んで
いたウイルスが再び活動を始める。ウイルスは神経を伝わって皮膚に達
し、帯状疱疹として発症するとされている。

東京女子医大の統計によると、発疹する部位は、一番多いのが私のケー
ス。上肢〜胸背部(31.2%)、次いで腹背部(19.6%)、そして怖いのは
頭部〜顔面(17.6%)などとなっており、高校の友人が右顔面に発症。何
年か前のことだが、今でも顔面の筋肉がこわばっている。

最悪、失明をしたケースも報告されている。頚部〜上肢にも発症する。い
ずれの場合も体の左右どちらか一方に現れるのが特徴だ。

発症してすぐ気づき、すぐ適切な治療を受けた場合でも3週間は皮膚の痛
みや痒みが続く。痛みがやや治まってからも神経の痛みは容易に治まらな
い。数年間、痛みが消えなかったと言う症例もある厄介な加齢疾病である。

まして、私のケースは、初期治療のタイミングを逸した。その祟りで、い
まだにときどき、肋間や背中にピリピリと痛みが走る。

さて治療法である。皮膚科では坑ヘルペスウイルス薬を処方する。ウイル
スの増殖を抑える飲み薬で初期の痛みや痒みを抑える効果があるが、私は
そのチャンスを逃し、我慢強く無為に苦しんだ。

ペインクリニックでは、飲み薬と塗り薬を処方される。

【飲み薬】、

・鎮痛剤リリカプセル:今年4月、保健が適用されることとなった帯状疱
疹の最新特効薬だ。

・セレコックス:リリカカプセルが効かない場合に飲む頓服錠剤。炎症に
よる腫れや痛みを和らげる。
・メチコバール:末梢神経のしびれ、麻痺、痛みを改善する。

【塗り薬】、

・強力レスタミンコーチゾンコーワ(軟膏)

ペインクリニックでの治療5週間。月初旬にくすりの処方が終わった。発
症から3ヶ月の闘病であった。この間体力をつけようと金に糸目をつけず
美食に走った結果、太ってしまった。

毛馬一三氏が先日レポートしたとおりで、初動がこの病気治療の決め手で
ある。他山の石とされたい。



2019年12月23日

◆「日米韓」を「日米台」同盟に

          加瀬 英明


 日本を守る4 
 
中国と米国を中心とする海洋諸国同盟が、アフリカの岸を洗うインド洋か
ら日本まで、インド太平洋圏の覇権をめぐって、激しい鍔迫(つばぜ)り
合いを演じている。

 どっちが、勝つことになるのだろうか。テクノロジー、軍事力、資力よ
り以上に、戦略を構築する力が軍配をあげることとなろう。

 ここでも、習近平主席は重大なハンデキャップを負っている。

 習主席は中華人民共和国の玉座について以来、大海軍の建設に取り組ん
できた。いまではアフリカ大陸とアラビア半島に挟まれた、紅海の出入り
口のジプチにまで海軍基地を持つようになった。

 秦の始皇帝が紀元前2世紀に中国大陸を統一して、中華帝国が地上に現
われてから、中国が大海軍を持つのははじめてだ。

 中国は戦略的な発想を行う能力がない。2000年以上にわたって、地
上で自分だけが優れているという中華思想によって触まれているために、
他国と対等な関係を結ぶ能力を欠いており、同盟国を持つことができない。

 手前勝手な華夷思想によって、中国と野蛮な夷(えびす)に、世界を2
つに分けてきた。中国は海に背を向けた文明だ。

 習主席のもとで、中国は海洋勢力となろうとして、大海軍の建設を急い
でいるが、海軍力によって、海洋勢力となることはできない。

 それに対して、米国は海洋諸国と結んで、中国を孤立させている。

 かつて大陸勢力であったロシア、ドイツ帝国が大海軍を誇ったが、海洋
勢力に敵わなかった。中国はその轍(てつ)を踏みつつある。

 中国は中華思想という歴史の檻(おり)から、抜け出せない。

 中国は来年11月の大統領選挙で、トランプ大統領が再選に失敗するの
を願っている。

 米国は経済が快調だ。民主党は議会でトランプ大統領を弾劾している
が、共和党が多数を占める上院で否決されるから、嫌がらせにすぎない。

 だが、米国は民主国家だ。民主党のリベラルな牙城であるニューヨーク
州、カリフォルニア州と、フロリダ州が最大の選挙人数を持っているか
ら、万一、一過性の人気によって“小池百合子現象”が起こって、オバマ政
権のような民主党政権が誕生するかもしれない。

 海洋同盟諸国の弱い鎖が、日本、韓国、台湾だ。韓国は信頼できない。
日米韓同盟を、日米台同盟にかえるべきだ。

◆三年以内にICもソフトウェアも

宮崎 正弘
 

令和元年(2019)12月21日(土曜日)通巻6315号   

 「三年以内にICもソフトウェアも中国の自製とせよ」
   海亀派も帰国するし、北京政府は開発補助に290億ドルを投下
 
 米中貿易戦争は、関税レベルの話で、いずれ妥協が成立する。すでにト
ランプ政権は12月15日発動予定だった第四次高関税適応を見送り、中国も
かなりの点で妥協した。次に始まるのはハイテク戦争である。

 米中貿易戦争は双方に高関税の悪影響、痛みがでたが、問題はこの結果
である。
世界のサプライチェーンが激変したのだ。中国が世界の工場であり、部品
が台湾、日本、韓国から輸出され、完成品が中国から欧米へ輸出された。
この構図が激変し、中国の通信機器、基地局は米国、豪、NZから締め出
された。サプライチェーンの再構築に向かい、たとえばインテルは主力工
場をイスラエルへ移転し、サムソンはベトナムへ移転した。

 日本もファーウェイ、ZTEの基地局は不使用とし、台湾は事実上の半
導体輸出に支障が出始めたため、中国との合弁で切り抜けようとしてい
る。台湾のTSMCからは三千人のエンジニアが中国にスカウトされた。

 トランプ政権は当初のEL(つまり「ブラックリスト」)にファーウェ
イ、ZTEなどを載せたが、追加でセンスタイム、メグビル、ハイクビ
ジョンを加えた。監視カメラ、顔識別などのハイテク企業がウィグル族弾
圧に使われていることが排撃の理由とされた。さらに検閲の技術をもつ
ティクトク、パイトダンスなどもブラックリストに加える。AI、5Gの
開発企業だからだ。

 とはいえ、5Gの根幹は米国の技術であるうえ、OSはグーグルのアン
ドロイド、MSのウィンドウズなどであり、独自のOSを中国が確立する
には、一からのやり直しとなるだろう。「非アメリカ化」のスローガンこ
そ勇ましいが、早期の達成は可能なのか?

 中国は「三年以内にICもソフトウェアも中国の自製とせよ」との大号
令、シリコンバレーや全米の大学、ラボに留学、もしくは研修中だった留
学生、研修生たちが、ヴィザ延長が出来ず大挙して中国に帰国した。

 この海亀派が確保出来るから、北京政府は開発補助に290億ドルを投下
する。とはいえ、OSや半導体のほかに、いったい2000から3000ある
とされる部品のすべてを中国が自製することは、おそらく不可能である。

 
 ▲南太平洋の16の島嶼国家が中国の海底ケーブルの拠点に狙われた

 次のターゲットは「海底ケーブル」に移行した。
 現在、光ファイバー網は世界中に拡がり、複線化も進んでいるが、既存
の通信ルートはシンガポールと東京、ロスアンジェルスが環太平洋の中継
ならびに発信拠点である。
 この分野にも中国が殴り込みをかけ、南太平洋の島嶼国家を経由する海
底ケーブルの埋設プロジェクトを遂行中である。

 現在、南太平洋に敷設された海底ケーブル網は支線を含めて23路線(全
世界で378路線)。拠点化されるのはパプアニューギニアとフィジーである。
 携帯電話のユーザーは南太平洋の16の島嶼国家を併せても150万し
かいない。通信ケーブルが貧弱なため、例えば、トンガでは台風被害で海
底ケーブルの一部が破壊され、二ケ月もの間、電話が通じなかった。
テニアンでは2018年10月の台風被害で、三ヶ月以上もネット通信、
携帯電話が不通となった。だからこそ中国は「環太平洋全域をつなぐ光
ファイバーの海底ケーブル」設置を当該諸国にも呼びかけるのだ。

 スパイ通信に転用されることを警戒し、対抗措置をうちだしたのは豪と
NZだった。
 2018年にはソロモン諸島、パプアニューギニアに繋がる海底ケーブ
ルの入札から中国を外し、19年春には豪首相が地域を訪問して援助を決
めた。直帰の入札でも、パプアニューギニアからバヌアツへの海底ケーブ
ル工事から中国企業を除外した。

しかしめげない中国、巨額の政治資金(という名前の賄賂)を迂回路から
投下して、表看板は「一帯一路」、ホンネは当該国を借金地獄に陥れて担
保権を行使するという例の戦術を武器に、猛烈なアプローチを続けている。
      ○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 書評 しょひょう 
BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
チャイナはナチス、だからチャイナチ。その帝国崩壊の未来が透視できた
  米英同盟と中国共産党の「最終決戦」が静かに着実に始まっている

   ♪
河添恵子『世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 チャイナはナチスというのは香港の若者達が作ったポスター
『CHAINAZI』に象徴されている。五星紅旗にハーケンクロイスを
重ねるという卓越したデザインはまたたくまに世界のジャーナリズムが伝
えた。かくいう評者(宮崎)の最新作も題名を「チャイナチ」とした。
 ナチスとの近似は臓器狩り、少数民族への過酷な弾圧をみても、近似し
ているどころか、ナチスを超えている。
ヒトラーもビックリのおぞましき習近平の独裁である。
 評者とは共著もある河添女史は中国留学組。天津と大連で語学留学の傍
ら多くの中国人と付き合い、その交遊の体験と、失望が、著作の原体験と
なった。
 ブレジンスキーがカーター元大統領らと訪中し、「G2」(世界を米中
で分け合う)をぶち挙げたときが米中蜜月のピークだった。直後から米中
関係にひび割れが生じ、G2は、みごとな徒花となった。
 読者諸兄はご存じだったろうか? ヒラリーは国務省のパソコンを使わ
ず、自宅にサーバーを設置して、秘密通信を自分のパソコンでやってお
り、しかも、国務省の機密が中国にすべて読まれていたことを!
あまつさえオバマは最初、とぼけていたが、じつはヒラリーとは暗号名で
通信していたのだ。
 オバマ政権の中国とのずぶずぶで乱れた、薄汚れた関係をぶち壊すには
トランプの登場を待たねばならなかった。米国が崩壊するところだったのだ。
 日本も遅ればせながら、比喩として「価値観外交」を唱った。つまり自
由と民主主義の価値観を共有しない国とは距離を置くという意思表明であ
り、安倍政権の「一帯一路への協力」というのは、「質の高いプロジェク
トに関して」という付帯事項が付いている。
 トランプ政権は対中タカ派が勢揃いして、本格的に北京とコトを構えて
いることはペンス副大統領の演説が証明している。
多くは語るまい。
すべての経過は読者諸兄がご存じの事柄、本書は、そうした展開の裏にあ
る、米国の政策決定の舞台裏、人脈。これに対応する中国共産党動きを緻
密に追求しているポイントに大きな特徴がある。
 トランプ政権にとっての世界秩序はキッシンジャー的世界からの離脱を
目指していることであり、台湾は半導体工場であって西側ハイテクの核
心、だから米国は鮮明に台湾防衛を謳ったのだ。習近平の進める世紀のプ
ロジェクトとかの、「一帯一路」など「東インド会社の猿真似」だと河添
女史は総括するのである。

 とくに著者が重視するポイントは英国のリベンジだという。
香港返還で苦杯を味わった英国は、歴史的には情報の王国。つまり情報操
作、諜報活動に秀でている。しかもファイブアイズ(FIVE 
EYES)という固い絆で、MI5,MI6は米国、豪、NZ、カナダと
結ばれ、日本も准メンバーの扱いを受けるようになった。
 英国は二重スパイの伝統があり、英国が中国に近付くのは、それなりの
諜報活動の一環として捉えるべきだと河添女史は明言する。このあたり、
類書にはない分析だ。
 移民三世のゲイリー・ロックは中国系アメリカ人として最初のホップは
ワシントン州知事(西海岸のワシントン州は「中国の飛び地」といわれ
る)、ついでオバマ政権下で商務長官にステップ、中国大使がジャンプの
着地点だったが、ここで王立軍の亡命お膳立てに失敗したあげく、中国ス
パイのハニー・トラップにみごとに引っかかって「辞任した」。
その理由を「家族と過ごす時間が欲しい」なんちゃって、じつは帰国後、
離婚協議をひそかに始めていたのだ。ジャンプのつもりだったが、「ドボ
ン」になった。

 ここで知られざる事実が、もう一つ、本書から飛び出した。
 ロック元大使の妻、マナリーの父方の祖母、じつは孫文の正室だった魯
慕貞であり、二人の間には三人の子供がいる。後に孫文は宋慶齢と結婚す
る。慶齢の妹、美齢は蒋介石と結婚する。
 孫文は革命家を気取り、世界を集金して歩いたが、あつめた革命資金の
殆どを贅沢とおんなに使った。革命資金として流れたのは10%前後しか
なかったという。世界一のミツグ君は、言うまでもない日本である。
 トランプの登板前までアメリカを支配した影の集団は『ディープステー
ツ』を呼ばれる。重要なことはそのディープステーツが中国のハイテク優
位を壊滅させる路線に転換したことなのである。
 かくして『世界は「習近平中国」の崩壊を望んでいる』というタイトル
になったが、はたして「望まない」人々は、中国共産党と心中して果てる
か、それとも(すでに子女も資産も移し、国勢も取得してある)海外へ逃
げるか?

◆【変見自在】豪州人の癖 

             高山 正之
 

日本人嫌いの九州大准教授ショーン・オドワイアが「シンガポールのシン
ドラー篠崎護」を英字紙で紹介していた。

篠崎某とは明治生まれの九州人で、結構けったいな人生を歩んでいる。

流行りの社会主義に染まって高校を追われ、大学も中退して同盟通信の記
者になった。あの頃の記者は安っぽかったらしい。

支那で記事を書いていたら外務省嘱託に任用されてベルリンに赴任した。
外交官も安っぽかった。

彼は任地で鴎外みたいに女性問題を起こしシンガポールに左遷される。

オドワイアによれば、そこでも外人女に言い寄って歩き、それで英軍の機
密を探っていたと疑われて3年半の実刑を食いチャンギー刑務所に入れら
れた。

たまたまその時期、日本は英米に宣戦布告し、間もなく監獄の中にも砲声
が聞こえてきた。

昭和17年2月シンガポールは落ち、スパイ篠崎は刑期半ばで出所できた。

彼は警備隊司令部付きになるが、ここであの敵性華人狩りが始まる。

マレー半島の華人は悪者ぞろいだった。彼らは英国人の手先になってプラ
ンテーションを仕切り、マレー人に阿片を売ってぼろ儲けしていた。

戦争が始まると彼らは当然のように英国側につく。抗日ゲリラ部隊を組織
して日本軍の背後から襲ってきたと朝日新聞従軍記者酒井寅吉が書いている。

シンガポールでも、ジョン・ダレー中佐がお尋ね者扱いだった共産系華人
4000人を集めて部隊を編成した。女性や服役中の共産ゲリラも含まれ
ていた。

それが「ダレーのならず者部隊」あるいは「ダルフォース」と呼ばれるゲ
リラ部隊だった。

武装は銃と手榴弾。軍服を着ない、いわゆる便衣隊で目印は首に巻いた黄
色いバンダナだった。

旅団規模のゲリラ部隊は上陸日本軍の周辺に出没し、134人が戦死し
160人余が捕まっている。

残りはバンダナを捨てて街のどこかに隠れた。

阿片を商い蒋介石を援助してきた華僑や、半島でテロを仕掛けた抗日ゲリ
ラの残党も、同様に善良な華人の仮面をかぶって市民の海に紛れ込んで
いった。

日本軍はこうした敵性華人や卑劣なゲリラ兵の割り出しにかかった。

ダルフォースの残党ら数百人が捕えられて国際法規に従って処理された。
女ゲリラの存在は知りながら目こぼしされた。

篠崎はこのとき華人の分別を担当した。蒋介石と通じていた怪しげな華僑
もいたが、日本側に協力する条件で善良な市民であることを示す「安居
証」を出してやった。

華人の知り合いに頼まれれば憲兵隊本部にまで出向いて拘束中の若者を釈
放させたこともあった。

この限りではまだ篠崎はまだまともだった。

ただオドワイアが篠崎をシンドラーに擬したのは彼が無記名の「安居証」
を千単位で乱発していたことを指している。それが卑劣なゲリラたちに
渡っていた可能性は限りなく高い。

篠崎は戦争という現実を理解できずに、その場その場でいい顔をしたがる
無責任男に見えてくる。

それは措いて、オドワイアは先の戦争を語りながらダルフォースや華人ゲ
リラは一切触れようとしない。

華人はみな無辜のユダヤ人風に描いて、日本軍をナチス同然と断じる。

彼は太地町のイルカ漁でも白人動物保護団体にくっついて日本を誹謗した。

日本で教鞭をとりながら偽りと偏見に満ちた侮日をずっと語り続ける。

で、出自を調べたら豪州の出身だった。不思議なことに彼らは人種偏見が
強く日本嫌いで嘘つきが多い。

南京大虐殺を創作したティンパーリ、売春婦を「性奴隷」と訳したG・
ヒックス、英文毎日で日本人を腐したライアン・コネル。

古くは日本の人種平等案をウッドロー・ウイルソンと組んで葬り去ったビ
リー・ヒューズもそうだ。

そんな国からわざわざいかがわしい先生を呼ぶこともあるまいに。

出典:『週刊新潮』令和元年(2019)12月26日号

    【変見自在】豪州人の癖 著者:高山 正之

◆健康百話・「治療」の前にまず「予防」

向市 眞知 

医療が「治療」をおこなうだけでなく、「治療」の前に「予防」を、そしてそのあとに「社会復帰」という概念を位置づけるようになってだいぶ経ちました。 そのため医療は、在宅生活にも意識を向けるようになりました。

今では入院患に対して「退院に向けて心配なことはありませんか?」と、医療の側から患者の療養生活にまで援助を行なう時代になりました。

 定年後奥さんと2人暮らしをしておられた人が、脳梗塞で倒れ入院してこられた時の例です。この患者は、集中治療室で管理をうけて意識も回復し、幸い10日後一般病棟に移ることができました。ですが、「一命をとりとめた」とホッとしたその瞬間、「これからどうなるのだろうか?」という今後の心配に奥さんはとらわれたのです。

「どこまで回復できるのだろうか?」「家に連れて帰れるのだろうか?」「このままでは私ひとりでは介護できない」「入院費はどのくらいかかるのだろうか?」と不安なことが次々と表れてきます。

病院では、医師や看護師、ソーシャルワーカーが、「退院後のくらしについて心配はありますか?」と、家族にたずねて、退院計画を一緒に立てるシステムをとっています。 「右半身マヒは残りますが、杖歩行ができるようリハビリを頑張ってください」と担当医が回復のゴールについて説明します。

でもこれだけの話だけではこれからの生活をイメージすることはできません。
「お風呂は入れるのかしら?」
「トイレは1人で行けるかしら?」
「食事は1人で食べられるのかしら?」
「階段は登れるのかしら?」など、わからないことだらけです。考えれば考えるほど、家族はパニックになってしまい「こんな状態では連れて帰れない」と逃げ出したくなってしまいます。

そこで退院調整担当者が、患者や家族と相談することになります。時々、「早く退院させようとしているのではないか」と、家族の方から勘違いされることがありますが、全くそんなことはありません。

自宅のお風呂の構造、トイレまでの距離、玄関段差などを聞き、リハビリテーションの計画に取り入れますし、手すりをつけたり段差解消をしたり、住宅改修も考えてゆけば、身体にマヒがあっても自立した生活が可能になるからです。

もちろん、家族の体調や希望も無視できないことです。たとえば奥さんが腰痛の場合や、息子さんと同居していても仕事があり、昼間は「独居」ということもあるからです。
 
家族から得た情報も含め、病院の関係者でカンファレンスを開きます。そして、リハビリテーション計画と看護計画を立てることになります。早期の計画・立案は入院治療の有効活用の第一歩です。

お風呂の入り方、衣服の着脱練習、食事の工夫、介助方法の工夫が、訓練士、看護師、栄養士により実施されることになります。スタッフがバラバラにかかわるのではなく、目標をきめて、その目標に向けて協同でかかわることが有効です。

かなり早い時期から、退院に向けてのお話をすすめて行くことになりますが、退院計画は早期に立てる必要があることを理解していただけたと思います。また、退院計画は一方的に病院側が決めるものではありません。患者の希望の「どこでどのように暮らしたいか」を基本に、病院側が「療養プラン」をアレンジしていくことになります。

退院計画は病院側と患者側との協同で立案するものです。その意味で病院に話しても仕方ないとか、病院では聞いてもらえないと早合点せずに、ご自宅の生活の様子やご希望を病院にお話し下さることが適切な計画を立てる一助となると思います。病院にある相談室やソーシャルワーカーをご利用されるのが一番話しやすい方法です。                         (完)              
       大阪厚生年金病院 前ソーシャルワーカー

2019年12月22日

◆先端技術こそ米中攻防のカギ

加瀬 英明


日本を守る3 先端技術こそ米中攻防のカギ

 いま、世界の将来を賭けて、中国対米国を中心とする海洋同盟諸国が、
インド太平洋圏の争奪戦を繰りひろげている。

 陸の神と海の神々による、壮大な戦いだ。

いったい、どちらに勝ち目があるのだろうか?日本はその最前線にある。

 トランプ政権は、ハイテクノロジーの供給を絶つことによって、中国を
締めあげようとしている。

 米国は1991年に、ソ連を解体に追い込んで、ノックアウトした。こ
れは、ソ連への先端技術を遮断したココム(対共産圏輸出統制委員会)に
よるものだった。

 トランプ政権にとって、米中関税貿易戦争は入り口でしかない。米国の
中国による南シナ海の7つの人工島や、ヨーロッパまで至る「一帯一路」
戦略に対するカウンターブローも、軍拡競争も、決定打とはならない。先
端技術こそ、勝敗の鍵を握っている。

 習主席は北京の天安門広場や、モンゴルの草原で大軍事パレードを閲兵
して、自己満足に浸っている。兵士や、戦車や、ミサイルは、作り物の京
劇の舞台装置のようだ。

 習近平主席に、まったく勝ち目がない。

 中国経済は米国に寄生してきた。習主席が米国が超大国として力を衰え
させたと誤算したのは、大失策だった。威勢よく「五千年の偉大な中華文
明の復興」「中国の夢」を呼号していたのに、ドル収入が筋力となってい
たから、足腰がふらつくようになった。

 習主席は巨額を投じて、本格的な外洋海軍の建設を強行してきた。昨年
11月に、中国にとって最初の国産空母が、台湾海峡を抜けた。ロシアが
廃棄した空母を、スクラップと偽って購入して空母にしたから、2隻保有
しているが、金繰りが苦しくなったために、国産2号艦の建造を延期して
いる。

 習主席は2013年に、中国の最高権力者となった。もし習主席がその
時、私にアドバイスを求めていたら、こういっただろう。

「大海軍を建設するのは、核ミサイルの大部隊と同じように、まったくの
無駄遣いです。太平洋諸国に嫌われるだけのことです。そのカネを、日本
や太平洋諸国に気前よく投資して、バラまきなさい。日本も太平洋諸国が
みな『中国大好き! ニーハオ!』と合唱して、中華圏に取り込まれてゆ
くはずです」

 習主席は狡智に長けているから、国内の権力闘争の勝者となった。だ
が、対外的には愚かだ。無謀だから、何をするか分からない。



◆米国下院、弾劾を可決したが

                         宮崎 正弘


令和元年(2019)12月20日(金曜日)通巻6313号   <前日発行>

(速報)
 米国下院、弾劾を可決したが、民主党内に造反議員
  共和党もひとりが造反し、弾劾に賛成票


 下院でトランプ弾劾に「反対」した民主党議員はコーリン・ビーターソ
ン(ミネソタ州)とヴァン・ドリュー(ニュージャージー州選出)。
 棄権票はチュルシ・ガバード(ハワイ)、ロン・カインド(ワイオミン
グ)、そしてディビッド・スコット(ジョージア州選出)議員だった。
 
 なかでもチュルシ・ガバード(女性)に注目が集まった。少数民族を前
面にたてた彼女は予備選緒線で大統領候補に名乗りを上げ、トランプ批判
で、そこそこの資金を集めたからだ。

 他方、共和党で弾劾に賛成票を投じたのが一人いて、シャステエン・ア
マシュ議員(ミシガン州選出)だった。
           ◎◎◎
 

 米国NDAA(国防権限法)により、7380億ドルの国防予算が成立
  台湾防衛と宇宙軍の創設拡充を本格化させたトランプ政権
****************************************

 下院の弾劾騒ぎで肝腎な報道が脇に置かれた。12月18日、トランプ
大統領はNDAAによる国防予算が上院通過をまって直ちに署名した。米
国の新年度(2020)の国防予算は2・8%増の7380億ドル、史上
空前の巨額となった。

しかも大統領弾劾に血道をあげた下院で、「2020 国防権限法」には
賛成377 vs48(反対),上院は86 vs 8という圧倒的多数
が賛成し、いかに米国議会が超党派で、中国の軍事的脅威を前に敏感に
なっているかを物語る。

 他方、中国の国防予算は7・5%増の1686億ドル(実質はこの三
倍)。装備の近代化、AIによる武器の更新など、瞠目すべき軍の拡充ぶ
りが見られる。

 トランプNDAA予算の目玉は宇宙軍の創設と拡充、もう一つが台湾防
衛である。
 1月11日に迫った台湾総統選挙、中国の激しい妨害、ならびにSNS
を駆使したフェイク・ニュースなどの情報操作に対抗するとした。

 台湾への武器供与も拡充ぶりが顕著で、F16機を2023年に引きわ
たすほか、エイブラハム戦車新型を108両、ミサイル250基、部品な
ど3億ドルの追加契約をしている。
 台北にある事実上のアメリカ大使館は軍事要塞のごとくであり、海兵隊
が数十名待機していることも周知の事実。
この米国の篤い支援に台湾国民は安堵の声が聞こえるようになった。事
実、香港から海外逃亡組が急増しているが、なかでも台湾への移住をはた
した香港人がすでに千名を超えた。

 いまひとつの注目点は、国防権限法が在韓米軍に関して現行2万8500人
を下回る人数に削減することを禁じる条項が盛り込まれたことだ。
新兵器開発ではステルス戦闘機98機の調達費が93億ドル。くわえてジェラ
ルド・R・フォード級原子力空母とアーレイ・バーク級駆逐艦3隻、バー
ジニア級攻撃型原潜2隻を含む艦船計14隻の予算240億ドルが認められた。

    ○△□◇み◎○△□や○△□◇ざ◎○△□き△□◇◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 2002回】            
──「支那を亡すものは鴉片の害毒である」──上塚(20)
  上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

         ▽
 「雲南の路には山塞がある。緑林の徒が立籠つて行人を掠める」。しか
も村と村の間は離れている。だから「一度其の難に遭へば萬事休焉であ
る」。そこで「今迄氣にも掛け無かつた護兵も、今度丈は頼まねばなら
ぬ。頼む以上は、巡警では心元無い。訓練のある精兵で無ければ、役には
立たぬ。之れが叙州に於て、衞戍司令官胡若愚君に麾下の士を所望した所
以である」。

 ところが警護兵を頼んだはいいが、「餘りに大袈裟過ぎる、折角だ
が、三日間で辭る事にした」。そこで以後は巡警が護衛につくことになっ
たが、これがナサケナイ限り。「元来巡警察は、日本の警察官とは全く違
ふ。訓練の無ければ、學問も無い。殊に各縣共經費が無くて支給が惡いか
ら、被服調度、悉くひどい有樣である。ボロボロの官服を着て、草鞋を穿
き、荷物を擔ぎ乍ら往く樣は、とても元氣な緑林の徒を相手にする力量の
者では無い」。

 だが想像するに、緑林の徒にもなれないから、しみったれた格好して
巡警をしているのだ。ならば「元氣な緑林の徒を相手にする力量」なん
ぞ、最初から期待する方がムリです。
 ある宿でのこと。「高原の秋の夜は靜に落ちて、吹き込む風が冬の樣に
寒い。夕食後、爐を圍んで物語する」。と、「宿の主人は頻りと青島問題
を論じ、歐州戰爭に就て聞く」。こんな山間僻地にありながら、どこから
情報を得たのか。「訊ねると數冊の週刊新聞めきたるものを持つて來
た」。見ると「基督?家庭新聞(The chinese christian
Intelligenger)である」。これがなんと、今風の表現を使うならフェイ
ク・ニュースだった。

 「内容を檢すれば、緊要?務、戔言、?會新聞、世界時事等に分かち
て、一週間の事實を概報し、殊に緊要?務の部には、?島問題の不當を鳴
らし、排日、排日貨を公然と煽動して居る」。かくて上塚は「夫れを讀ん
で、是れ有る哉と膝を打つて叫ばざるを得なかつた」。

 上塚は疑心を持つ。
 「恐るべきは、布?の美名に隱れて野心を遂げんとする者の行ひであ
る。之を以て唯一の羅針盤とも仰ぐ(恐らくは之れ以外の印刷物は此の村
には來るまい)雲南山中の人々には、此の煽動の文字が如何に強く響くで
あらうか」。

 次いで慷慨する。
 「彼等は此れを村中の文字階級に廻讀し、廻讀されたる事柄は、無文字
階級に口傳せられ、遂に強い強い輿論となつて現れて來る。基督?國民の
煽動! 夫れは有り得べからざる事と信じて居たが、今は早や疑ふべくも
無い」。

 かくて告発することになる。
 「A church and Timely news paper pulisbedin Shanghai at 13
Peking Road(基督?家庭新聞毎日曜發行、一年購讀料一元二角)には、
明かに、憎むべき煽動の文字と?構の文字が滿されて居る」。

 怒りのままに、上塚は眠れない。
 「夜半孤り基督?國民の奸策を思ふて寝ねず」。

 ウソも100回言えば本当になるというが、たしかにそうだ。やはり「恐
るべきは、布?の美名に隱れて野心を遂げんとする者の行ひであ」り、
「憎むべき煽動の文字と?構の文字」であり「基督?國民の煽動」だ。で
あればこそ「基督?國民の奸策を思ふて寝」られないのも分る。悲憤慷
慨・切歯扼腕・立腹撃壌・怒髪衝天・・・真っ暗な天井を睨みつけながら
重ねたに違いない歯ぎしりの音が、100年ほどの時空を超えて聞こえてく
るようだ。

 だが、これが「布?の美名に隱れて野心を遂げんとする」西欧列強の
常套手段だろう。大アジア主義を掲げ西欧列強のアジア支配を難詰してい
るだけでは勝ち目はない。
《QED》
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆ 
 読者の声  READERS‘ OPINIONS    読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  ♪
(読者の声1)習近平を国賓として招待するという安倍内閣の方針に対
し、反対意見を持つ人はたいへん多い。反対デモや集会があれば参加した
いと思います。
   (AI生、さいたま市)


(宮崎正弘のコメント)例によって大手メディアが書きませんから、知ら
ない方が多いかも知れません。かれらが戦術として使う「知らせない」作
戦でしょう。
すでに「頑張れ日本! 行動委員会」などが街宣とデモを毎週のように繰
り広げていますし、保守系団体の抗議集会も随時開催されます。詳しくは
「日本文化チャンネル桜」のHPなどで確認できます。

  ♪
(読者の声2)15歳のグレタちゃん、その2。
世界中の若者を駆り立てたこの少女は活動家というよりはどうやら映画の
「子役」として初めから配役され来年発表される映画の主役を演じる。
つまり朝日新聞、NHKが使う、「やらせ」の記事を書く代わりに、世の中
を掻き混ぜた。ノーベル賞をとった副大統領のアル・ゴア氏の「不都合な
真実」という映画も出たが、子供でも使い道によっては、わずかな予算で
短い期間で、相当な影響を製造できるという、諜報機関にとっては大変あ
りがたい実験を研究できた訳である。
かつては日本でも「羅生門」「七人の侍」など随分と日本文化の拡散に貢
献した映画が出来た。
最近では「万引き家族」が自虐的なダメな日本の宣伝をして褒められた。
         (KM生)
(宮崎正弘のコメント)女子供がでてきたら、その運動が行き詰まってい
る証拠でもあります。

  ♪
(読者の声3)数日前の日経の記事によれば、北海道のスキー・リゾート
地の外国企業による海外富裕層向けビジネスで生み出された雇用が、英語
を使いこなす外国人の季節労働者で埋まってしまうらしい。
近年特に顕著になった、日本の中の外国といわれるニセコ。英語や中国語
が飛び交うそうだ。

9月に出た基準地価の調査地点で全国で最高の上昇率を示したのが倶知安
町(スキーリゾート地のニセコの一角)とのこと。リゾート開発をしてい
る外国企業が現地従業員を選ぶのは外国人で日本人はほとんど雇われない由。
オーストラリア、シンガポール等英語圏の外国人が主なるスキー客なので
ホワイトカラーの仕事は英語が使える季節外国人労働者が雇われるらしい。

地元の日本人向け雇用は建設作業員などのブルーカラーとのこと。スキー
客でにぎわう地域とは対照的に倶知安町の中心街は人影がまばらでた中国
など外国資本に経済面で実効力を奪われてしまう、と記事は結ばれていた。
たまたま先週末をスキー・リゾートのもう一方の雄、白馬で過ごした。学
生時代(約60年近く前)毎年2月の試験が終わると新宿からアルプ
ス、、、号の夜行列車にのり信濃四谷駅(現白馬駅)へ向かい3月末まで
皿洗いのアルバイトをしながらスキーをおぼえた懐かしの地。暫くぶりの
白馬だったのでその変貌ぶりに驚いた。

ニセコ程ではないが今回滞在中に見聞きした今浦島的な驚き事情を列挙す
ると。オーストラリア、シンガポール、台湾、韓国からのスキー客多し。
同時に主にオーストラリア資本が多く参入。地元の古くからの民宿、ロッ
ジ、レストランを買い取り。レストラン等のメニューは英語版をそろえて
あるのが当たり前。タクシーの運転手さんに聞いてみると、スキーシーズ
ンだけでいえば、7割くらいが外国人。要に日本人のスキー客は少数派!
とのこと。

わずか二日の滞在期間であったが直接見た光景もそれを裏づけている。
ゴンドラに乗り昔から有名な兎平のゲレンデに立ってみると、聞こえてき
来るのは外国語が多い。イタリアンのストランで昼食をとっていたら外国
人の若いカップルが注文しようとしているのだが、店側の条件がうまく伝
わらない場面に出会った。

一人最低でも料理一品と飲み物を一杯註文をしてもらうのが店側の条件。
一言英語で説明をしてあげたら納得した。それがきっかけに話を聞いてみ
ると南米コロンビア人の男性とロシア人の女性カップル。
男性はFLY BOARDという新しいスポーツの世界チャンピオンとの
ことだったので記念に一緒に写真を撮らせてもらった。
あとでネットでしらべたら事実であった。オーストラリア人のロッジなり
ホテルは本国からスキー客を自分でプロモーションをして引きつれてくる
ので十分に営業が成り立っているよし。
白馬の地元の民宿のオーナーの息子さんたちは外に働きにでるほうが多い
らしく、オーストラリア等の外国資本から買い取りの話があると簡単に商
談が成立するらしい。

相場が上がる一方なので売る側の民宿のオーナーはよろこんでいるとのこ
と。温暖化のせいかどうか知らないが、雪が少なくなってきていて、雪質
もむかしから有名だったパウダースノウの質が落ちきている。
正月が目前のこの時点でしたの方のゲレンデは雪が全くないので地元の人
たちは心配していた。大きな地震等があった場合外国人オーナーはすぐに
いなくなってしまうので地元の人たち過疎化の心配をしている面もあると
のこと。
それにしても、新宿ー白馬間を特急あずさが直通で四時間弱で結ばれてい
るのは、隔世の感あり。
   (木内信胤の信徒の一人)

 ♪
(読者の声4)貴誌6312号の書評欄ですが、長谷川慶太郎の後継者が
早くも出現したのですか!オドロキです。
 実は我国は「人材の宝庫」?
   (東夷)

◆安倍政権 国の在り方変えた

阿比留瑠比

令和元年(2019)12月19日

連載300回

政治に関わるよしなし事を好き放題に記してきた拙コラム「極言御免」
は、今回で通算300回を迎えた。第二次安部晋三政権の発足からちょうど
100日となる平成25年4月4日にスタートしてほぼ週1回、6年8カ月以上も連
載が続いてきたのは、すべて読者諸兄のおかげです。

そこで今回は、憲政史上最長となった安倍政権のこれまでの仕事を、独断
と偏見で振り返りたい。安倍政権といえば、民主党政権時から株価を約3
倍に上げた経済政策アベノミクスや、2度にわたる消費税増税などに目が
向けられがちだ。

だが、むしろそれ以外の面、特に日本が生き残るための国際関係と安全保
障分野で、国の在り方を大きく変えてきたのではないか。

外交課題に次々対処


24年12月に発足した第2次安倍内閣は、25年12月に国家安全保障会議
(NSC)を設置した。省庁の縦割りを排し関係閣僚が「重要事項および
重大緊急事態への対処を審議する」もので、これにより日本の戦略的な意
思決定は迅速化した。

26年7月には集団的自衛権に関する「権利はあるが行使はできない」とい
うそれまでの倒錯した政治解釈を見直す閣議決定をし、27年9月に集団的
自衛権の限定行使を認めた安全保障関連法を成立させる。これにより、米
国に頼るばかりの片務的な日米同盟関係は、より対等に近づいた。今日の
緊張高まる北朝鮮情勢からみて、政府高官は「対米関係を思うとぎりぎり
間に合った」と胸をなで下ろす。

内閣支持率の下落を覚悟してつくった機密を漏らした公務員らへの罰則を
強める特定秘密保護法(25年12月成立)にしても、各国との情報共有の深
化と円滑化を進めるための法律で、日本の安全保障に直結する。

一方、日本と諸外国との軋轢(アツレキ)の種となっていた歴史問題にも手を
打った。

26年6月には、慰安婦募集の強制性を認め、世界に「性奴隷の国」だとの
イメージを広めた5年6月の河野洋平官房長官談話の作成過程の検証結果
を公表した。河野談話がいいかげんな根拠で、韓国に迎合して合作で作ら
れたことを白日の下にさらしたのである。

これが26年8月に、朝日新聞が自社の慰安婦報道の誤りを一部認める結果
にもつながる。安倍政権は、日本政府が公式に発信した河野談話自体の破
棄はしなかったが、少なくとも国内で河野談話は無力化した。

27年4月の米上下両院合同会議での日米の和解をテーマにした演説で、そ
れまで間欠泉のように提起されていた日米間の歴史問題もほとんで決着する。

第2次政権発足時には安部首相のことを当初、まるで危険な歴史修正主義
者であるかのように扱っていたオバマ米大統領(当時)も、28年5月には
米大統領として初めて被爆地・広島を訪れるなど、同盟関係はより強固に
なった。

また、27年8月の戦後70年の「安倍談話」は、「植民地支配と侵略」を謝
罪しながらも中身が曖昧な7年7月の村山富一首相談話を上書きした。安
倍談話の評価は分かれるが、欧米諸国によるアジアの植民地化の過程を描
いた上で、日露戦争が多くの非西洋の植民地の人々を勇気づけたことを指
摘するなど、それまでの政府文書にはない記述がちりばめられた。

慰安婦合意は失敗?

27年12月の韓国との間で慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をう
たった慰安婦合意も、韓国に事実上ほごにされたことをもって、失敗だと
見る向きがあるがそうだろうか。

安倍政権は当時から、韓国のことだからまた約束を破るかも知れないこと
も想定した上で、米国を「立会人」にしてテレビカメラの日韓両国の外相
が並んで合意を発表した。そしてさっさと10億円の拠出を済ませ、後はど
うなろうと韓国の国内問題であり責任だとの立場をとった。

こうした経緯があるからこそ現在、韓国側が問題の蒸し返しを謀ろうと、
韓国人が好む表現を使えば「道徳的優位」に立って韓国に強く対処できる
のである。

まだまだ書くことがあるが、紙幅が尽きた。もとろん安倍政権の施策に納
得できないものもあるが、少しずつ日本は正常化してきたように思う。あ
とは何としても憲法改正を実現してもらいたい。

(産経新聞論説委員兼政治部編集委員)

◆「納豆」好きになった理由

毛馬 一三


私の苦手な「納豆」が、骨粗鬆症の予防に効果があるという記事を読んだ。だったら、これからもっと早くから「納豆」を食べることに挑戦すべきだった。「納豆」好きな人にとっては滑稽な話に違いないが、それはこれから追々。


私は九州の筑後地方で幼少期を過ごした田舎育ち。日露戦争で活躍した日本旧陸軍「久留米師団」の軍事施設がわが家の近くにあったが、周辺全体が農村地帯だったので大東亜戦争が終ったあとも、米や野菜など食糧難に接した記憶はない。

しかし、有明海や博多湾からかけ離れていた所だけに「海の生魚」には縁がなく、塩漬けのサバなどをリヤカーに積んで売り歩く行商から「塩漬け海魚」を買い求め、焼き魚にして食べさせられたことが日常だったと、今でも思い出す。

ところが珍事がある。どうしたことかわが町には「納豆」の売る店も、行商も一切なかった。だから「納豆」を食することはなく、名前すら知らなかった。勿論、我が家が「納豆」を何かの因縁で食膳から避けたという話も聞いたこともない。

「納豆」に初めて出会ったのは、18歳の時東京に進学して、下宿先の食卓だった。「納豆」にネギ、わさび、醤油をいれてかき回しご飯の混ぜて食べるものだったが、異常なねばりによる味と、腐ったような異臭に思わず顔を背けた。以来、食することはなかった。


しかし、横浜生まれで「納豆」常食していた家内と結婚してから、健康のために食べようと説かれたことで、「納豆」に卵の黄身、ネギ、醤油、からしを混ぜて食べる食べ方でチャレンジさせられた。

ところが、その「味付き特別たれ納豆」の食べ方が意外に美味しかったことから、その「たれ」をかけた「納豆」だけを「おかず」として食べるようになった。

そんな折、骨粗鬆症などの予防に「納豆」などに効果があるという記事も読んだ。

同紙によると、

<納豆などに多く含まれる成分「ポリアミン」に骨量の減少を抑える効果があることを、金沢大医薬保健研究域薬学系の研究グループが、マウスなどによる実験で突き止めたという。

ポリアミンは老化抑制効果が注目されているが、骨への効果が判明したのは初めて。骨粗鬆症などに対する副作用が少ない予防、治療法の開発につながるとみられる。

金沢大医薬保健研究域薬学系の研究グループは、骨粗鬆症モデルのマウスと、関節リウマチモデルのラットにそれぞれ28日間、ポリアミンを混ぜた水を投与した。

骨粗鬆症モデルでは何も与えない場合、骨量が3〜4割減少したが、ポリアミンを投与したマウスはほとんど減少しなかった。関節リウマチモデルでは、何も与えない場合と比べ、骨や軟骨が破壊される量が3分の1程度に抑えられた。

さらに培養細胞実験で、破骨細胞にポリアミンを加えると、細胞の働きが抑制されることも確認した。
同研究グループは「ポリアミンは納豆など日本人になじみの深い食品で摂取でき、副作用も少ないとみられる。特定保健用食品や医薬品などの開発につながる」と話した>としている。

たしかに高齢の時期になってくると骨粗鬆症が原因で股関節を骨折し、寝たきりになったという話よく耳にする。

序ながら「骨粗鬆症」に触れておくと
<骨粗鬆症(osteoporosis)とは、骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状をいう。背中が曲がることに現れる骨の変形、骨性の痛み、さらに骨折の原因となる。
骨折は一般に強い外力が加わった場合に起こるが、骨粗鬆症においては、日常生活程度の負荷によって骨折を引き起こす。骨折による痛みや障害はもちろん、大腿骨や股関節の骨折はいわゆる高齢者の寝たきりにつながり、生活の質(QOL) を著しく低くする。> 出典:ウィキペディア