2021年06月18日

◆ベネット政権はすぐ頓挫するだろう

宮崎 正弘

 
令和三年(2021)6月15日(火曜日)
通巻第6948号  <前日発行>

 極右と極左が連立、イスラエルのベネット政権はすぐ頓挫するだろう
  バイデンは直ちに祝意。ネタニヤフは「すぐに戻ってくる」と宣言した

 6月13日のイスラエル国会(クネセトは定員120)。 60vs59。野党八
党が野合してベネット政権の信任が可決された。一 人が棄権した。
 新政権は「シナゴーグを燃やせ」と公言しているアラブ政党と、どちら
つかずの中立的な政党、宗教政党などの「大々的野合」である。
 日本で言うと非自民の全党が野合し、そこに公明党が加わった類推すれ
ば良いだろう。しかも首相にはミニ政党の党首があるのだ。

 ユダヤ人入植の拡大やオーソドックス(ユダヤ原理主義)への免税、兵
役免除などの優遇措置継続か反対かで、連立の八党はそれぞれ立場がまっ
たく異なる。この点では、相手の反対を無視して政治信念を突き進んだネ
タニヤフ政権は、外交、国防政策では一定していた。

 新首相になるナフタリ・ベネットは右派政党「ヤミナ」を率いる。49
歳。外相になるのはセイール・ラビドで、『二年後に首相交代』という約
束がある。
 バイデン米大統領はすぐさま祝意を表明し、ベネットと電話会談。また
ラピドは、ブリンケン国務長官と電話して「ネタニヤフの外交路線は変え
ない」と発言した。

 イスラエルの主要紙『ハーレツ』は、「早い時期に連立の矛盾が吹き出
すだろう。政策の一致がなにも望めないからだ」と書いた。

 過去二年間に四回も選挙をやっても、第一党がせいぜい35議席くらい
しか取れないのがイスラエル政治の特色であり、今回の野党の野合は、よ
うするに「ネタニヤフ降ろし」の只の一点で合意したのだから政局の安定
は望むべくもない。
 
米紙『ニューヨークタイムズ』は「イスラエル王(ネタニヤフ)の退場」
と比喩し、論説には「この政変は首相を替えたのではなく、不動だったユ
ダヤ人国家の骨格を変更する歴史的な事件だ」とする論評もあった。
 
 ネタニヤフは退任に当たって、「イランとの取引で妥協してはならず、
ベネットは知識がなく、経験もなく、危ない政権であり、この弱い立場の
新政権誕生を喜んでいるのは、イランだ」とし、「わたしは早い時期にカ
ムバックする。神がそれを早めてくれるだろう」と自信を示した。

ナタニヤフ時代の12年間、「インティファーダを抑え込み、ハイテク経
済は成長を遂げ、先の11日間のガザのハマスとの紛争に勝利した。新政
権にそれが出来るか」と言外に含ませた。
    ◎☆◎◎み☆◎□☆や□◎◎☆ざ◎◎□☆き  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆     
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 宮崎先生の「宮崎正弘の国際情勢解題」は今では私の教科
書で読むのが楽しみです。
 今回の投稿で気になる読者の声を見ましたが、在米46年の当地に墓まで
造り、骨を埋める覚悟の人間から今回の「KKの留学問題に限定して述べま
したが、KKの周囲には、あまりにも品性が低い問題点が満杯です。との投
降に疑問があります。「M子さまとの婚約は、速やかに取り消されるべき
だと考えます。」
これは優越感のエゴだと感じて、読者の品位を感じる投稿だと感じています。
 KKが留学先のアメリカに永住してアメリカで弁護士をすれば、このレベ
ルでのアメリカの弁護士は沢山いますので、何も注釈を入れて、どうのこ
うのと言う様な人間が居る狭い日本を離れて、アメリカに二人で永住して
気楽にアメリカに住めばよいと感じます。
 今ではバツイチのワイフを娶り、今ではカリフォルニア州のサンタ・
バーバラに住む元王室の御曹司も居ますが、娘が6年ほど住んでいたので
良い所に住んだと感じています。
 二人が子育てにも最適で気候も良く、LAの奥座敷に長く住まわれて、気
軽な生活を過ごされることを見守りたいと思います。(桑港老亀)

  ♪
(読者の声2)G7で東京五輪開催に賛同を得たため、どうやら五輪強行
の雲行きですね。コロナ変異種が日本に集中しますから第五次感染が広が
り、どうしようもなくなるでしょう。国民の七割が五輪開催に反対してい
るにもかかわらず、です。
 永田町と霞ヶ関は中止すれば1・8兆円の損害となるなどと言ってます
が、何を唐変木なことをのたまわっているのでしょうか。
 第三次予算編成が73兆円の真水と喧伝されていますが、社会保障を除
けば30兆円しかない一般予算という制約がありました。
いま、判明しているのは一律給付金に13兆円を使い、持続か給付金が 4・
2兆円、家賃支援に2兆円。GOTOに2・7兆円、デジタル支援が 2・8兆
円、国土強靱化に1兆円。予備費が異様な高さで10兆円となっ て、なん
だか利権構造的じゃないですか。
 国民全員への給付金がまずは先決。73兆円なら、5回出来るし、消費
税ゼロとすれば、五年続けられる。
 仁?天皇の教訓を思い出せよ、管首相。(怒りの鉄拳)

   ♪
(読者の声3)日中平和友好条約やモスクワ五輪ボイコットが大きな問題
だった70年代から80年代に掛けて数度に亘って首相、外相の特別顧問等
を務めた人物が、オリンピックの国際的な意義や現在の都政や国政そして
2022年の北京冬季五輪ボイコット問題等に関して語ってくださいます。貴
重な機会ですので多くの方々のご参加をお待ち申し上げております。
      記
とき   7月8日(木)午後6時〜8時分(受付5時30分〜)
ところ  憲政記念館 会議室
講師   加瀬英明氏(外交評論家、元首相特別顧問)
演題   五輪の国際的な意義。国政。北京冬季五輪ボイコット
参加費  2000円 (当日受付にてお支払いください。)
定員   30名(席の間隔をあけております。マスクの着用をお願いし ま
す。)
共催   一般財団法人尾崎行雄記念財団
主題   グローバル・イッシューズ総合研究所
【要予約】以下のフォームより必ず事前にお申込ください
https://ozakiyukio.jp/information/2021.html#0610



  ♪
(読者の声4)フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどが世界一を
競って超高性能のスーパー・スポーツカーを手作りで少数作り、一台一億
円から2億円という高価な値段で販売している。性能を全てに優先するの
で、冷暖房、ラジオなどの無駄な贅沢品は一切排除されている。
そんな過酷な競争において、ゼロから時速100キロまでの時間が2秒をき
れない。ところがテスラが1.99秒の車を3日前に披露し、週に1000台ほど
の大量生産にはいる。最高速度320km/h、1020馬力、620km走行距離。し
かも価格は1/10から1/20。外装は極めて地味で大人しく、普通の4ド
ア、五人乗り、内部は静かな高級車の快適性を備えており、しかも100万
円追加すると、運転手もおまけに付いてくる。
毎日の予定表を見せてやれば、現在地を認知し、混雑状況を調べ最適な道
順で目的地に黙っていても「以心伝心」的に運んでくれる。(AI自動運転
とは24/7, 365日専属の最高の運転手を雇うのと同様で、8時間勤務x3
名、つまり年間2000万円以上の価値がある。)。「モデルS」は9年前発売
され、世界の自動車報道紙が、「世界1」と絶賛した。その新型である。

 もちろんEVであるが、このモーターは毎分2万回転するが、動く部品は
一つ。ガソリンエンジンは数百の部品が高熱、高速で凌ぎあい、上がった
り下がったりの無理な不合理な動きをするので、劣化、修理、維持、保全
が必須であるが、EV車はその必要がない。
 米国内の建坪・最大の建物はボーイングの工場であるが、これを抜き、
今工事中のテキサス、テスラの工場になる。他の自動車工場が4年かかる
ところをテスラは1年で作るという。大規模の鋳物を使うことによって数
十の部品を一つに。これにより、数十のロボットを解雇。
 この新車発売の意味とは、世界の全ての自動車メーカー、「物作り」が
完璧にテスラに負けた、という厳然たる事実である。
トヨタさん達にとっては迷惑な恐ろしい話であるが、消費者にとっては、
かつて超金持ちだけが得られた特別な楽しみと便利さを享受できる。100
年ほど前には音楽は金持ちが「生演奏」でしか聴けなかったが、今では誰
でも安くいつでもどこでも楽しめる。
それは進歩、善。言い忘れたが、急速に発進する際、動物が獲物に飛びか
かる前に頭を下げ地につけるような仕草をするという。それは物理的に必
要だと。
https://www.tesla.com/models
(KM生)

2021年06月17日

◆バイデンは危機の創造者だ

Andy Chang


AC通信 No.846 (2021/06/14)
アメリカは本当に大変なことになっている。さまざまな社会問題がすでに
問題ではなく危機になっている。それはみんな「バイデンの創り出した危機」である。なぜ「バイデン
の危機」と呼ぶのか。バイデンがいくつも危機を作り出すからである。バイデンは危機を作り出しても
危機を認めず責任を負わない。
国民の危機意識を逸らすため新しい危機を製造する。

バイデン就任以来の出来事を時間的に書くと、国境の塀を解放、未成年者
の越境を歓迎、違法越境者の
増加、麻薬密輸の増加、BLMとAntifaの暴動を放置、黒人の白人差別を容
認、白人の原罪意識を推進、
CRT(白人の人種差別犯罪論)の教育と推薦、警察力の削減と犯罪の増
加、大型バラまき予算、企業増
税と赤字予算の天文学的増加、法と秩序のない国家、……。バイデンのホワ
イトハウス、国会、司法も
バイデンに同調し、メディアはバイデン支持で危機を報道せず国民を騙し
続けている。これがアメリカの
現状だが、特に民主党州では顕著である。

1. 国境の塀と違法入国者の増加

バイデンは就任すると真っ先にトランプの政策に反対するため、国境の塀
の工事をストップし、違法移
民を歓迎するとしたため、未成年者もテロリストも犯罪者も越境入国でき
るようになった。報道による
と違法入国者の数は20年来最多の危機を迎えている。違法入国者の増加と
麻薬密輸、犯罪者の密入国が
増え、国境警察は未成年者を収容することで忙殺され、麻薬や犯罪者の取
り締まりに手が回らない。

未成年者は収容所はイワシの缶詰にようなひどい環境で違法入国した子供
達が生活している。バイデン
もハリスも国境の違法入国や収容所を視察したことが一度もない。メディ
アも国境問題を報道しない。
Foxnewsは何回も違法入国の状況を報道したが、未成年者の収監所はマヨ
ルカ国土安全部長官が禁止し
ているので内部の悲惨な状況を報道することができない。これがバイデン
の「人道的理由」で未成年者
を収容した結果である。

2.BLM とAntifaの犯罪増加、黒人の白人差別

黒人がBLMを叫んだら警察は何もできない。偽金を使用して捕まった麻薬
常習犯の黒人、フロイドが逮
捕された際に死亡した事件で黒人暴動が各地で起き、Antifaグループが加
わって街頭で放火、店舗を破壊
し掠奪の限りを尽くしても警察は放任したままである。フロイドの死で警
察が有罪判決を受けたほかに
フロイドの家族は7400万ドルの慰謝金をミネアポリス議会から受け取っ
た。これが契機となって今では
黒人が警察に射殺されれば善悪に関わりなく裁判でいくらかの慰謝金を取
ろうとするケースが増えた。

黒人が暴行、掠奪で逮捕されて起訴されても裁判官が簡単に放免する。だ
から犯罪者が増える一方であ
る。各都市でBLMの暴動や街頭で放火しても警察は無力である。バイデン
は黒人擁護を繰り返し、あま
つさえ「アメリカの大殺人事件はすべて白人優越主義者の犯罪だ」と何度
も講演した。バイデンが白人
原罪意識を吹聴すれば黒人がのさばるのは当然である。確かにアメリカに
は奴隷制度もあったし黒人を
差別する社会でもあったが、今では黒人が白人を差別する「黒白逆差別」
となったのである。

前の記事にも書いたがバイデン政権の教育部長は小学校にCRT(白人の人
種差別犯罪論)を学生の教育
に取り入れることを推進した。このため今ではアメリカ各地で反対運動が
起き、テキサスやフロリダ州
ではCRTを学校教育に取り入れることを禁止した。問題は学校教育だけで
なく、全米で「黒人を雇用し
白人は雇用しない」と宣言する会社が増加しつつある。黒人の入学を優先
し白人学生は後回しにする大
学も増えている。黒白逆差別も人種差別である。バイデンは人種差別を推
進しているのだ。

3.大型予算とばら撒き補助金、基本建設など

バイデンがインフラ(基本的建設)予算として2.2兆ドルを発表した。
これに対し共和党側は5500億ド
ルの予算を発表した。それでバイデンは予算を1.9兆ドルに下げ、共和
党側は9500億ドルまで上げたが
双方の違いは2倍である。共和党のインフラ予算はの建設には交通、橋梁
や道路などである。バイデンの
予算は余計に学校や病院の建設、サヨクが尻推しをしている風力やソー
ラー発電なども含む。サンダース
議員はインフラ建設に貧民補助金なども加えているが、これでは金がいく
らあっても足りない。

5月の雇用増加は55.6万人で失業率は5.6%まで下がったとバイデン
が得意に発表したが、同じ5月の
企業求人数は940万人だった。バイデン政権が失業者に失業手当を払うた
め働く意欲を失った人が増え
た、しかも企業に必要な人材がいない。企業の示す月給と失業者の要求額
との違いが原因であるとされ
ている。サヨク政権が失業者に補助金を与えるから就職意欲が低下し、企
業が月給を上げることでイン
フレとなる。

4.警察の無力化、法と秩序の空洞化

アメリカの黒人運動が盛んになりバイデンが黒人をチヤホヤするため警察
は無力化するだけでなく地方
政府も警察を重視せず警察の経費を削減するとしが増えた。政府は警察を
保護しないため全国の警察の
数が従来の半分以下となった。各地で無法地帯が増えたにも拘らず政府は
法と秩序(Law and Order)を
重視しない。バイデンやサンダースなどサヨク政治家は補助金をばら撒い
たら暴動を鎮静化できると主張
している。法と秩序を維持できない都市が増えているのにバイデンは無法
化しつつある国家の危機を解決
する意欲がない。

バイデンはアメリカの危機を無視し、責任を取らない、解決する意欲もな
い。「アメリカの危機は国境
問題でも移民問題でも犯罪増加、インフレでもない、アメリカの危機は地
球温暖化である」と主張し
た。現存する諸問題を解決せず新しい別の問題を掲げて国民の危機意識を
逸らすつもりである。

国民はいつまでバイデンの危機を我慢する必要があるのか。2024年まであ
と3年半もある。


=======  AC 通信  =====   AC通信   =====
AC通信は転載自由です。
マグマグAC通信の配信登録は http://www.mag2.com/m/0001690065.html

          
at 07:45 | Comment(0) | Andy Chang

◆フォースターニング

北野 幸伯


ざっくりいうと、「歴史は80年ごとに繰り返している」と
いう内容。これ、トランプさんの首席戦略官だったバノンさんが「バイブ
ルがわりに読んでいる」という話がひろまって、ベストセラーになりました。


歴史は、80年ごとに繰り返しているのでしょうか?
たしかにそう思えるできごともあります。


たとえば、2008年の「アメリカ発100年に1度の大不況」。
誰もが、「1929年の世界恐慌の再来だ!」と思いました。

(80年前ではなく、79年前ですが。)

第2次大戦がはじまったのは、1939年。

その79年後の2018年、ペンス演説から、「米中覇権戦争」
がはじまりました。


2020年初、私は、「安倍総理は今年やめるかもしれない」
と話しました。

大した根拠はなく、「79年前の1941年に、近衛文麿が首相
をやめたから」です。

ところが、驚いたことに、安倍さんは体調不良で突然辞職
してしまいました。

ざっくり書きましたが、「80年(あるいは79年)ごとに歴
史が繰り返しているかも」という事象はたくさんあります


もちろん、「ぴったり繰り返している」わけではありませ
ん。たとえば1941年12月、日本は真珠湾攻撃をしました。
それから79年後の2020年、日本は真珠湾攻撃に匹敵するこ
とをしていません。

2021年は、真珠湾攻撃80年目ですが、今年もそれに匹敵す
るできごとは起きそうにありません。
(起きないことを願います。)

▼80年ぶりの「大西洋憲章」

最近、「歴史はまさに80年周期で繰り返す」というできご
とがありました。
「歴史的」といえるできごとだと思います。

「大西洋憲章」からちょうど80年後に、米英の首脳が


【新大西洋憲章】

で合意したのです。

<米英が「新大西洋憲章」 80年前にならい、連帯を強調
朝日新聞DIGITAL 6/12(土) 8:30配信

訪英中のバイデン米大統領は10日、ジョンソン英首相と
首脳会談に臨み、民主主義や安全保障など幅広い分野で
協力関係を深める


「新大西洋憲章」に合意した。

新型コロナウイルスや中国の台頭などを前に、11日に
開幕した主要7カ国首脳会議(G7サミット)を通じて両
国が結束して取り組む姿勢を鮮明にした。


「80年前、チャーチル首相とルーズベルト大統領が大
西洋憲章に署名した。当時の課題にともに取り組むことを約束するもの
だった」。

会談後、バイデン氏は新憲章のモデルとなった1941年
の合意を振り返り、


「今世紀の課題に対応するため、大西洋憲章をアップデ
ートした」と新たな合意の意義を語った。>



▼「大西洋憲章」とは?

80年前の「大西洋憲章」とは何でしょうか?
「大西洋憲章」が発表されたのは1941年8月14日です。

ここで、アメリカとイギリスは、

「第2次大戦【 後 】の目標」を提示しました。

この時は、まだ真珠湾攻撃の前で、米英の敵は「ナチスド
イツ」です。ルーズベルトとチャーチルは、何に同意したのでしょうか?

1. アメリカとイギリスは領土拡大を求めないこと

2. 領土の変更は、関係国の国民の意思に反して領土を変
更しないこと

3. 全ての人民が民族自決の権利を有すること

4. 貿易障壁を引き下げること

5. 全ての人によりよい経済・社会状況を確保するために
世界的に協力すること

6. 恐怖と欠乏からの自由の必要性

7. 海洋の自由の必要性

8. 侵略国の軍縮と戦後の共同軍縮を行うこと。


ずいぶん「理想主義的な内容」であることがわかるでしょ
う。これは、ナチスドイツの「悪」に対抗するため。
つまり、米英は「善の勢力である」と。



▼「新大西洋憲章」の内容は?

では【新大西洋憲章】の内容は?
ここでも8項目の目標が掲げられています。


1、民主主義と開かれた社会の原則と制度を守る

2、国際協力を維持する制度、法律、規範を強化し、適応させる

3、主権、領土保全紛争解決の原則のために団結し続ける

4、科学技術における各国の革新的な優位性を活用し、保護する

5、サイバー脅威に対するものを含め、集団安全保障と国際的安定を維持
するという共通の責任を確認する

そしてNATO防衛のための核抑止力を宣言する

6、包括的で、公正で、気候に優しく、持続可能な、ルールに基づく経済
を構築し続ける

7、すべての国際行動において気候変動を優先すること

8、健康システムを強化し、健康保護を推進するために協力し続けること
を約束する

これを見ると、三つのテーマがあることがわかります。

1〜5は、中国と関係がある。
6、7は気候変動。
8はパンデミック。


1〜5をもう少しわかりやすくしてみましょう。


1、民主主義と開かれた社会の原則と制度を
(中国などの独裁国家から)守る


2、国際協力を維持する制度、法律、規範を強化し、適応させる

(中国は、国際法、国際規範を守っていないたとえば、「南シナ海は、全
部中国のもの」と勝手に決めてしまった


3、主権、領土保全、紛争解決の原則のために団結し続ける

(中国は、南シナ海、東シナ海、インド国境などで、他国の領土、領海を
侵害し、紛争を引き起こしている。)


4、科学技術における各国の革新的な優位性を活用し、保護する(中国
は、他国の最先端技術を盗んでいる。)


5、サイバー脅威に対するものを含め、集団安全保障と国際的安
定を維持するという共通の責任を確認する

(中国は、他国をサイバー攻撃する。)

「大西洋憲章」のターゲットは、ナチスドイツでした。

「新大西洋憲章」のターゲットは、中国です。


「大西洋憲章」は、ナチスドイツと戦っているイギリスが、アメリカと
「対独戦」に引き入れようとしたのです。
「新大西洋憲章」では、中国と戦っているアメリカが、
イギリスを「対中戦」に引き入れようとしている。
そして、うまくいったのでしょう。バイデンは、イギリスを引き入れ、G7
サミットで、日本、欧州、カナダを味方につけ、プーチンとの会談で、で
きれば中ロを分断したい。


(ルーズベルトとチャーチルは、ナチスドイツに勝つため
に、スターリンを味方につけた。
プーチンを味方につけることは、できるでしょうか。)
バイデンは、同盟戦略により、着々と「反中包囲網」を築
いています。

日本も迷うことなく、アメリカ側につき、

「日本に沖縄の領有権はない!」と宣言している中国の横
暴を止めましょう。

ここさえブレなければ、菅総理は、いい意味で歴史に名を
残せます。
          
at 07:42 | Comment(0) | 北野幸伯

◆謎の国のパイプラインは

宮崎 正弘

 
令和三年(2021)6月14日(月曜日)
通巻第6947号  

トルクメニスタンが中国からの借入金を「完済した」と宣言
  謎の国のパイプラインは年間300億立方のガスを中国に輸送

 トルクメニスタンという謎の国、「中央アジアの北朝鮮」とも云われ
る。ともかく不気味な国家なのだが、実際に行ってみると、「明るい独裁
国家」。イスラム教スンニ派だが、通俗宗教で、アルコールは飲めます!

 人口は600万人足らず、国土面積は日本の1・3倍。観光の売りは「地獄の
門」と言って、砂漠のど真ん中に大きな穴、溶岩がぐつぐつ沸騰している
が、噴火をしない。廻りにテントを張って、かなりモノ好きな観光客が世
界からやってくる(筆者のその一人だったが)。

 6月12日、ベルディムハメドフ大統領は唐突に会見し、「中国からの借入
金は完済しました」と明らかにした。返済額や金利に関してもコメントは
なかった。

 2009年から、営業を開始したのは鳴り物入りのプロジェクト「西気東
輸」で、年間300億立方メートルの天然ガスを中国の上海までパイプライ
ンで輸送する。トルクメニスタン東部から、途中のウズベキスタン、カザ
フスタンに通過料を支払い、新彊ウィグル自治区へ入ると、中国国内で分
岐され、最終的には上海に届く。

 中国上海銀行の資料によれば、同行は2011年時点でトルクメニスタ
ンへ81億ドルを貸し付けたとしている。
 明らかになっている数字はこれだけである。

 しかし、このガス輸出だけでトルクメニスタンの国庫には年間65億ド
ルの歳入があるとされ、この独裁国、経常収支が黒字なのである。

 トルクメニスタンは、1990年代初頭に、ソ連の頸城から解放されて独
立、すぐさま「永世中立国」を宣言したのは絶対にソ連とは協調しない
し、新生ロシアとなっても距離をおく姿勢を内外に明らかにした。ロシア
への恨みは固執的である。

だから最大のガス輸入国である中国とも親密な姿勢を取らず、「上海シッ
クス」にはオブザーバーで二度ほど参加しただけ。中国としても扱いにく
い国であることに変わりはない。

 ニヤゾフ前大統領の独裁は、突然の死でおわり、後継となったのが現在
のベルディムハメドフ大統領、すでに権力の座について14年の歳月が流
れた。まさに光陰矢のごとし、だ。


 ▼「言論の自由」「結社の自由」など、あるはずがないが。

 大統領主催の閣議をテレビで見たことがある。まったく北朝鮮と同じ
で、閣僚は大統領とは目をあわせないように汗をかきながら必死でメモを
取っている。ときどきお追従笑い。
 しかも偶然だが、筆者はこのベルディムハメドフ大統領を目撃したこと
がある。グルジア(現在のジョージア)のトビリシで、目抜き通りにある
豪華ホテルに黒塗りのリムジンが数台とまっていて、トルクメニスタンの
国旗があった。玄関で待機して見ていると屈強なボディガード達に囲まれ
て、大統領がリムジンに乗り込んだ。

 日本との関係改善には意外に前向きであり、ベルディムハメドフ大統領
の訪日は即位の礼を含めて四回。日本からの首相訪問は2015年に安倍
晋三首相が首都のアシュガバード入りした。援助国としても、米国に次い
で、日本はドイツを抜いて、二位である。

それはアシュがバードを走っているクルマの90%がトヨダのランクルで
あることを目撃すると分かる。此の国の国土の85%は砂漠なのだ。首都
の目抜き通りは輝くように大理石のビル群。ところが入居テナントもない
様子である

 ニヤゾフ前大統領の金ぴかの像が立っていて、右手に持つ書籍も輝いて
いる。ガイドに「あれはコルランだよね」と聞くと「NO」。あれはニヤ
ゾフ大統領の著作『聖なる書』です、と答えたのには面食らった。ちなみ
にこのニヤゾフ前大統領の著作は日本語にも訳されている。
 さて借金を完済したという独裁国家、つぎに何をやらかすか。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読 者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)明日(6月15日)の午後四時から「宮崎正弘の『生』インタ
ビュー」、未来ネットで生放送、ゲストは評論家の門田隆将氏です。
6月15日 1600−1640 対談。2分のCMののち、視聴者からの質問にお答
えするコーナーが1700まで。(未来ネット、旧「林原チャンネル」)

  ♪
(読者の声2)産経新聞の意見広告に二面ぶち抜きで台湾有志からの「日
本よワクチン有り難う」の感謝広告がでました。
https://www.sankei.com/article/20210613-KMKLKJWFKZIIZE3UBHQCMFPXCU/
 なにか、込み上げてくるものがありますね。
  (JJセブン)
  ♪
(読者の声3)英国のコーンウオールで開催された今回のG7は、主要国
の経済政策がすっかりMMT型になってしまいまったことを裏書しているよ
うです。
合意事項は「一帯一路に対抗するインフラ支援、経済回復に向けた積極的
な財政出動、ワクチン10億回分を途上国に提供」などいずれも、旧来の
常識では大型資金がかかわってくる案件であり、今までの「主要国会議」
の報道なら、その資金負担がどこの国にかぶさってくるかについての首脳
間同士の「駆け引き」が注目の的でした。
ところが今回は、どこの国もその点についてはとてもアッサリとしたもの
に感じました。あたかもスルーしているかのようです。なぜでしょう?
 私はその背景として、主要国の首脳たちの共通認識には、既に「お金は
印刷されれば簡単に用意できる」という「MMT的財政論」がすっかり定着
してしまっていたことにあるのだと思います。
 一方、この様子を見て中国は「G7の首脳もやっと中国の通貨・財政政
策のカラクリを理解し、われわれをマネするようになったな」と受け取
り、苦虫を潰していることでしょう。
なぜならば(そのカラクリを私は2020.11.25.通巻6712号をのべましたが)
「中国は『世界中の人間は、価値と通貨をイコールだと思い込んでくれて
いる』ことに気付き、その『弱点)』を突く諸策を以って自国の経済シス
テムの中に巧みに組み、成功せてきたから」なのです。
この中国が味わってきた「うまみ」がようやく白日の下にさらされると共
に、旧来の貨幣論が書き換えられたことが露呈されたことが、今回のG7の
「意義」の一つだと思います。(SSA生)


(宮崎正弘のコメント)「B3B」がアメリカの主導したスローガンでし
た。バイデンが虚ろな目をしながら繰り返していました。
BACK BUILD BETTER(これで3B)と言葉の駄洒落で終
わらないように、あとからレトリック並べてのお祭りと批判がおきないよ
うな実質を伴って欲しいものです。

  ♪
(読者の声4)貴誌6月10日付通巻第6943号「読者の声」で、小生は、KK
のLaw School 留学について、最初の1年をLL.M(法学修士)課程で過ご
し、2年次からJD(Juris Doctor)課程に編入したというのは奇妙な修
学過程であること。米国のLaw SchoolのJDコースでは、1年次で、契約
法、不法行為法、刑法などの基礎科目についてソクラテス・メソッドに
よって厳しく鍛えることになっており、1年次が最もハードだとされてい
ること。
 したがって、KKは、JD課程の中核(法律解釈学の基礎)については
十分に習得しているとは言えないこと、この過程を経ていないKKは、真
のJD学位取得者とは看做されないのではないか、と述べました。
 これにさらに疑問点を付加すると、そもそもJDコースに入学するために
はLaw School Admission Test (LSAT)の受験が必須とされていますが、
KKはこれを受験していないと思われます。
 近年では、日本人にも、NY州弁護士資格を有する弁護士、企業人は多い
のですが、NY州では、LLMコースを修了すれば受験資格が得られるので、
LLMコースに1年間在籍して修了してからBar Examを受けた方がほとんどで
あると思います。

JDコースでは、終了に3年間を要する上に、特に1年次における厳しいソク
ラテス・メソッドによる授業に対応していくことは、通常の英語力では困
難であるためであると考えられます。
 日本でLLB(法学士)を取得していないKKが、いきなりLLM(法学修士)
課程に入学を許可されたことも疑問ですが(一橋大学の修士号を取得して
いた?ことが評価された?)、LLMコースを修了できたのなら、なぜ、そ
の時点で、Bar Examを受けなかったのかと言う点も疑問です。
 高額な費用を1年でも節減するよう努めるのは当然のはずです。

 以上のように、留学に関してだけでも、数多くの不審点があります。そ
の費用貸付けをした(?)というO法律事務所は、KKの雇用、留学費用の
貸付を含む事情について説明責任があるのではないでしょうか。
 実は、たまたま、このO法律事務所に所属する弁護士の中に、小生が過
去に関わった人物が在籍していることを発見して、少し驚きました。
その人物は、優秀だとはとても言えない能力で、また、かなり左翼的思想
の持主だと私には思えます。このような人物を採用するようでは、この事
務所のレベル、品格を信用できないと私には思えます。
 今回は、KKの留学問題に限定して述べましたが、KKの周囲には、あまり
にも品性が低い問題点が満杯です。
 M子さまとの婚約は、速やかに取り消されるべきだと考えます。(椿本
祐弘)

◆氾濫するカタカナ語

前田 正晶


(何故カタカナ語にするのだろう)

有識者や所謂専門家の方々の中にはカタカナ語と言うべきか、英語の単語
をそのまま使われる方が多いことと、テレビに登場する無知蒙昧なるタレ
ントや芸人たちがこれ見よがしにカタカナ語を使っているのを何時も苦々
しい思いで聞いて(見て?)いる。

最近カタカナ語の話題を採り上げることが多くなったが、今回もその線で
押していこうと思う。何時も「カタカナ語にする必然性がない」と批判す
るが、その心は「何でチャンと日本語で表現すべき事を、無批判におかし
なカタカナ語で代用しようとするのか」と怒り狂っているのだ。

*イメージ・アップ:

「イメージ」=imageは「レベル・アップ」も同類だ。プログレッシブ和
英辞典には”to improve the image“という句の例文まで出してくれいる。
「イメージ・ダウン」の例文として”harm/damage/lower the image”を挙
げてくれている。チャンとした日本語にしたら「〜についての見方、観
念、概念を改善する」となり、「イメージ・ダウン」であれば「傷付け
る、低下させる」とでもすれば良いか。



ここにはもう一つも問題点があって「カタカナ語では前置詞か副詞である
upとdownをまるで『上がる』と『下がる』の動詞のように使っているこ
と」なのだ。どうしてこうなったかの歴史的考察など出来ないが、どうも
単語として覚えさせる教育の好ましくない成果だと疑っている。


*オーナー(オナー):

広辞苑には「ゴルフでテイーショットを先に打つ権利またはそれを持つ
人」とある、英語ではhonorとなっている単語のことである。これはロー
マ字読みしている弊害の例として採り上げた。如何なる辞書を見ても、英
語の世界にいて聞いた限りでも「オーナー」でも「オナー」でもなく
「アーナー」なのだ。一歩譲っても「アナー」だ。面白いことは電子辞書
のOxfordではhonorは出てこないで、honourと掲載されていること。現に
この「ワード」ではhonourには赤線が引かれてしまった。



余談だが、厚生労働省の英語表記では”Labour”となっているのだ。こんな
所にも我が国でQueen’s Englishに過剰としか思えない敬意を払っている
ことが出ている。勿論、「ワード」は赤線を引いてくれている。アメリカ
の英語ではlaborだ。



*キャンパスライフ:

これが果たして英語であるかどうか最後まで迷ったので、検索に頼った。
英語として通用するという見解が多かったが、あるアメリカ人の英語教師
は「”universityかcollege life”とすべきだが、college lifeの方が普通
だ」としていた。私は何の意識もなく”one of my college friends was
〜.”などと言っていた。そのうちにアメリカ人に問い合わせてみようと思
う。だが、最近は獲得形質に過ぎない英語で文章を書いて「何て下手くそ
なんだ」と自己嫌悪に陥るのが嫌で、なるべく英文を書くことから遠ざか
るようになった。情けない!



*クライアント:

誤ったカタカナ表記だ。この過ちを犯すのは、ある程度以上の学識経験者
であるのが悲しい。と言うのは、客先乃至は取引先とのことを語るのは専
門家が多いという意味。如何なる辞書を見ても「クライアント」となる発
音記号の記載などない。また、私は滅多にこのような堅苦しい言葉を聞い
たことがなかったが、native speakerの発音でも「クライアント」と聞こ
えたことなどなかった。単純に製造業者の失敗作だったか。



*チームメイト:

“teammate”のことだが、これも「本当の英語か」と迷っている。即ち「後
でアメリカに照会してみよう」という一つだ。訳語には「テイームの仲
間」というのがあったが、混合の合成語だ。そこで、生まれて初めてteam
を引いてみると「チーム、選手団、組」とあった。どうやら”hotel“と同
様にそのままカタカナ表記してしまったようだ。



*パーテーション:

一太郎では「パーティションの誤り」といきなり訂正が出てきた。私の嘆
きは「partitionが何で『パーテーション』のような珍奇な発音やカタカ
ナ表記になってしまうのか」の一点である。我が国の英語教育では躊躇わ
ずにtwoを「ツー」と発音し表記するので、それに従って”ti“をまともに
発音するか表記することを避けたのかと思っている。私は英語教育の欠陥
だと思っている。



*リピーター:

これも酷い造語で悲しくなる。新しいカタカナ語を創造する能力には敬意
を表したくなるときもある。だが、広範な単語の知識を活かして英語では
ない言葉を創り出してそれを広めてしまうのには、呆れ且つ嘆いてい
る。”repeat“には「繰り返して言う、同じ事を繰り返す、用いる、再放送
する」等の意味はあるが、「再度訪問する」か「繰り返して訪れる」のよ
うな意味はない。でも、何でも語尾に”er”さえ付ければ「〜する人」にな
るのも知っていたらしく「リピーター」を創り上げたのだろう。何と言っ
て批評したら良いか解らない。



恐らく「常連客になる」という日本語が最も近いと思う。それなら
ば”regular customer“が適切かと思う。私は在職中に、今はDeltaになっ
てしまったノースウエストの常連客だったが、ボーデイングパス」に
は”frequent flyer (traveler?)”と表示されていた。これの応用編には
frequenterというのがあるし、フランス語系にclienteleというのがあっ
て、これには「常連」の意味があるようだ。

なお、ジーニアス英和によれば、repeaterには「常習犯」との意味もあれ
ば、アメリカでは「落第生」をも意味するとある。新しいカタカナ語を創
造する前には辞書くらいは見て貰いたいものだ。

at 07:36 | Comment(0) | 前田正晶

2021年06月16日

◆【日曜に書く】香港で禁じられるガンジー

論説委員・藤本欣也

 
2021.6.13

 先日、香港について講演をする機会があった。2019年の反香港政
府・反中国共産党デモに参加した若者たちや、香港国家安全維持法(国安
法)施行後の現状に関し、香港での取材をもとに話をした。

 講演後の質疑応答で、大学生からこんな質問を受けた。

「デモに行く子供に親は反対しなかったのでしょうか?」

 逮捕されれば一生を棒に振るかもしれないデモ。親子の葛藤はなかった
のか―。日本の若者が疑問を抱くのも当然だろう。講演当日は答える時間
がなかったので、少し紹介したい。
デモの悲劇

 たとえば、19年のデモ当時28歳の女性A。デモでは最前線に立ち、
仲間が火炎瓶を投げるのを手助けした。しかし家族はみんな政府支持派。
ある日、口論の末に母が激高して言った。

「お前が暴徒になるなんて! いっそ捕まればいいのよ、自分のせいなん
だから!」

 Aも生まれて初めて、母を汚い言葉でののしると、弟に言われた。「家
を出ていけよ…」

 Aは家を離れた。その後、外国に逃れることを決めたが、家族には「留
学する」と噓をついた。永遠の別れになるかもしれないと心の中で思いな
がら。

 当時17歳の男子高校生Bも、デモへの参加を家族に猛反対されたが、
何度も前線で警察と対峙(たいじ)した。母は中国本土生まれ。いつも言
い争いになった。

「中国を愛する気持ちは同じだよ。でも中国共産党を愛する気にはなれな
い。愛国と愛党は違うんだ」。何度言っても、母に分かってもらえなかった。

 ある日、Bは警察に逮捕されてしまう。それが、母の密告によるものだ
と知ったとき、「自分は何もかも失った」と絶望した。保釈後しばらく
は、死ぬことばかり考えていたという。

 もちろん、親子でデモに参加するケースもある。「母はデモに反対です
が、父は参加しています」と話す学生もいた。
受け継がれる記憶

 デモ現場で会った若者たちに「以前、他のデモに参加したことは?」と
聞くと、「デモではありませんが、子供のころ、親に連れられてロウソク
集会に参加したことがあります」との答えがたびたび返ってきた。

 ロウソク集会とは、今月4日、香港警察が市内の公園を封鎖して開催を
阻止した、天安門事件の犠牲者追悼集会のことである。1989年、中国
当局が民主化運動を武力鎮圧した同事件の追悼集会が90年から毎年、香
港で行われてきたのだ。

 中国共産党は、香港当局を通じて追悼集会を廃止に追い込み、親から子
へ天安門事件の記憶≠ェ受け継がれることまでも阻もうとしている。だ
が、2019年の反政府・反中デモを経験した香港人にとって、中国が問
題視するような記憶は、もはや追悼集会だけではない。

 デモの攻防戦が街頭から大学に舞台を移していた19年11月のこと。
香港中文大で催涙弾1千発と火炎瓶200本が飛び交い、現地紙が「まる
で戦場のようだ」と報じた夜があった。

 翌日の構内には、焼け焦げた車が放置され、催涙弾やガラスの破片、が
れきや廃材が散乱していた。その横で学生らが一心不乱に火炎瓶を作って
いる。

 ある親子3人に出くわした。水筒を携え、遠足にでも行くかのような身
なりに驚いた。小学生の息子と娘を連れた父親のC(50)はこう言った。

「今の政府がどれだけひどいことをしているかを、子供たちに見せようと
思ったのです」
種はまかれた

 19年のデモを通して、Cの息子と娘のような体験をした子供は無数に
いるはずだ。彼ら彼女たちは今後、こうした記憶とどう向き合っていくの
だろう。

 中国に批判的な報道で知られる香港紙、蘋果(ひんか)日報は先月末、
天安門事件の関連記事でこんな香港の若者の声を伝えている。

「天安門事件によって香港には種がまかれ、(19年のデモとして)実を
結んだのです」。19年もまた、香港にたくさんの種がまかれたに違いない。

 報道によると、香港の公立図書館では最近、『市民的不服従の三巨人 
ガンジー、キング、マンデラ』という書名の本が撤去され、閲覧できなく
なった。政権転覆を禁じた国安法違反の疑いがあるというのである。

 インド独立の父のガンジー、米国のキング牧師、南アフリカのマンデラ
元大統領は非暴力不服従運動によって、時の権力に激しく抵抗した闘士た
ちだ。

 中国共産党が恐れているものは何か―がよく分かる。(ふじもと きんや)

松本市 久保田 康文 採録

◆雀庵の「常在戦場/33 対中有志連合をリードせよ」

“シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red Gables/319(2021/6/13/日】支那の伝統的な処世訓は
「上に政策あれば下に対策あり」だろう。習近平が己の妄想的「世界制覇
の夢」のために14億の民をがんじがらめにしようとやたらと法律を作って
いるが、その裏で民は「対策」を練っているに違いない。タフである。

ベトナムも実にタフだ。最強の米軍を叩き出し、最後に米軍ヘリがサイゴ
ンの米国大使館から大慌てで逃げる映像は実に感動的だった(1975/4
/30)。梅田邦夫・日本経済研究所上席研究主幹「こんなに違う中国とベ
トナム 日越関係さらに強化を」WEDGE 2021/5/10から。


<ベトナムの歴史は中国への「抵抗の歴史」であり、歴史上の英雄はほぼ
全員が中国との戦いに勝利した指導者である。

この半世紀の間にも、中国の侵略を3回経験している。1974年、79年、88
年である。中国は他国の影響力の及ばない「力の空白」が発生した地域に
触手を伸ばすことが好きであり、また、強力な後ろ盾のない相手に対して
は躊躇なく武力を使う。

歴史的背景もあって、ベトナムでは政府指導者のみならず、多くの国民が
強い「対中警戒感」と「国防意識」を有している。そして平時には友好関
係の維持に努めるものの、主権侵犯に対しては断固として戦うと明言し、
これまでも中国の武力攻撃に対しては行動で示してきている。2018年末に
ベトナム人の友人が私に次のように語った。

「中国の盛衰はベトナム自身の存亡に大きく影響する。中国が弱体化した
時にベトナムは平穏な時代を迎えるが、中国が強国になるとベトナムに災
いがやってくる。今や災いがくる時代になった。どの国においても、対外
政策は国内政策の延長でもある。中国におけるチベット、新疆ウイグルな
どの少数民族に対する同化対策と弾圧、また、国内の徹底した監視、“自
由”の弾圧など習近平支配下の中国は“全体主義国家”である。万が一にも
中国が覇権を有する世界になると、それは人類の不幸の始まりとなる」

昨年10月、菅義偉首相が就任後、初の外国訪問地としてベトナムを選んだ
理由の1つは、今やベトナムが安全保障上、日本にとって最も信頼できる
東アジアのパートナーになったことである。習近平体制の下、全体主義的
傾向を強める中国は、南シナ海や東シナ海において国際法を無視して拡張
主義的な動きを展開している。また、中国は嫌がらせや資金協力、ワクチ
ン提供等を通じASEANの分断工作も進めているが、ベトナムはASEAN10カ国
の中で対中警戒感を緩めず、厳しい対中姿勢を一貫して維持してきた唯一
の国である。

日越両国は、航行の自由、法の支配、紛争の平和的解決、米軍のプレゼン
スなどの戦略的利益を共有しており、「自然の同盟関係」にあるといえ
る。また、昨年10月時点で、日本で働く外国人労働者約172万人の内、ベ
トナム人は約44万人であり、中国人を抜いて初めて1位となった。ベトナ
ムの若者達が人口減少と労働力不足に苦しむ日本を支えてくれている。

更に歴史を振り返ると日本はベトナムに2度助けられている。1度目は13世
紀の「元寇」である。日本は「蒙古」の攻撃を2回受けたが、3回目はな
かった。蒙古は再攻撃の準備を整えていたが、ベトナムの抵抗が強くなっ
たことから、海軍を急遽南部へ派遣せざるを得なくなった。そして1288
年、現在のハイフォン近郊の入り江(白藤江)で、チャン・フン・ダオ将
軍の指揮の下、ベトナム軍が蒙古海軍をほぼ壊滅させた。その結果、3回
目の日本攻撃はなくなったのである。ベトナムでは同将軍は「救国の神」
として祀られている。

2度目は20世紀初頭の日露戦争時である。40隻からなる「バルチック艦
隊」は、日本海海戦に臨む前に最後の寄港地としてベトナム中部の「カム
ラン湾」に寄港した。ベトナム人が補給などでサボタージュを図るととも
に、燃料の石炭に泥を混ぜたことが、日本海海戦における日本勝利の一因
であったとも言われている。当時、ベトナムはフランスの植民地であった
が、独立運動が活発化しつつあった。

ベトナムは日本にとって歴史的な同盟国であり、国難を共に乗り越えた同
士である。現在ともに東シナ海と南シナ海で中国の脅威に対峙している。
中国は尖閣諸島だけでなく、沖縄も狙っているが、残念ながら日本国民の
危機意識や国防意識は非常に弱い。今こそ日本は対中警戒感と主権や領土
を守る覚悟をベトナムから学ぶべきだ>


知らなかったなあ、凄い頭脳だ。危機の時代には傑物が登場するという
が、本物の知性という感じ。梅田邦夫氏・・・何者か?

<1954/昭和29年3月生、日本の元外交官。1977/昭和52年10月京都大学法
学部在学中に外務公務員採用上級試験に合格する・・・外務省国際協力局
長を経て、2014/平成26年1月からブラジル駐箚特命全権大使、2016/平成
28年10月からベトナム駐箚特命全権大使を歴任した後、2020年に外務省を
退職>


外務省は加藤紘一/チャイナスクールや佐藤優みたいな胡散臭い変人奇人
狂人、あるいは太鼓持ちばかりと思っていたが、優秀な外交官も稀にいる
ようだ。外務省出身(現役?)みたいな草野徹氏(外交評論家)も実に切
れ味がいい。朝雲2021/6/10「米外交の変貌 今や世界が“弱さ”目撃」から。


<米国の現政権を見ていると、トランプ前政権の外交政策を骨抜きか、転
換することが最優先という軌跡が残っている。既に重要な影響も出てい
て、気掛かりである。

イスラエルと、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組
織ハマスの軍事衝突は5月10日から激化。やっと21日未明に停戦合意が発
効した。ハマスがテルアビブに4000発以上のロケット弾を浴びせている
間、米政府は攻撃を非難し、イスラエルの自衛権支持を表明はした。


しかし、緊密な関係にある同盟国(米)がトランプ前政権とは“本気度”が
違う。その実例が、国務省近東局のアマー副次官補(イスラエル・パレス
チナ問題担当)の現地派遣。戦争の瀬戸際に「アマー、who?」みたいな人
物を送ってどうするのだろう。

米ニュースを長期スパンで拾うと、同氏は何度か出てくる。同時多発テロ
の後、「イスラエルの占領に反対するパレスチナのインティファーダ(民
衆蜂起)に感激した」と述べた。その後「イスラエルは民族浄化政策を
取っている」とも批判した。これで中立・公平な和平仲介が可能だろうか?

ハマスのロケット弾の資金源はイラン。同国の狙いの一つは、イスラエル
が昨年、アラブ諸国と国交正常化に向け締結した「アブラハム合意」を破
壊することだ。同合意が、イランの狙う中東覇権を阻止する統一戦線にな
る可能性があるためで、多くのテロ組織に資金を提供し、地域の混乱を
図ってきた。


上院の共和党議員団が13日、政府に書簡で、復帰を目指している「イラン
核交渉」に関し、ハマスの資金源であることなどを挙げて、同国への経済
制裁を緩和しないよう迫った理由もそれである。


しかし、23日にABC−TVの報道番組「ザ・ウィーク」に出演したブリンケ
ン国務長官の“及び腰のほどには呆れた。


司会「イランがハマスに資金を出していると思うか? 出しているなら、
経済制裁は維持すべきか?」

ブリンケン長官「イランは多くの活動に関与している。過激集団への資金
供与やテロリズムの支援、中東を不安定にする活動をしている極めて危険
な代理人の支援、兵器の拡散などだ」


後生大事な「イラン核交渉」が弱みになって、イラン刺激を避けるため、
明々白々な事実を認められない。停戦発表の数時間後、パレスチナの政治
家でハマスの指導者ハニーヤは「資金、兵器、技術支援を続けてくれたイ
ランに感謝する」と表明した。当のハマスが事実を隠さないから、稽滑さ
が一層増してくるのだ>

世界秩序を破壊しようとする中共やイランに寄り添うような米民主党政
権。その民主党政権に「絶対、私を守ってよ、約束なんだからね!」とす
がる菅ジャパン。ジャポンと溺死しそうな・・・ベトナムとイスラエルか
ら軍事顧問団を派遣してもらい、「厄介な隣人の退治法」を学んではどう
か。

もっとも我がボンクラ議員は「隣国の不快感や警戒心を招きかねないし、
同盟国の米国との信頼関係を損なう恐れもあり、友党との調整もあり、拙
速を戒め、慎重な判断が必要で、まずは作業部会で十分な議論を踏まえる
ことが望ましい」とかで、あっという間に2、3年。その頃には中華人民共
和国東海省になっているだろう。

世界人口の20%、14億人という大市場に目が眩んでグズグズしていると、
取り返しのつかないことになる。蒋介石は(刺客を恐れたのだろう)毛沢
東の「共通の敵である日本を駆逐すべし」という人民戦線術=国共合作に
同意し、日本が米国に敗れると、毛沢東はスターリンの支援で日本の武器
を手に入れ、蒋介石を台湾へ追放、建国した。


蒋介石はボスの孫文同様に共産主義者の美味しそうな提案を受け入れたた
めに失敗した。蒋介石は日本が撤収した満洲を視察し、そこに世界の最先
端工業国家を見て「俺は何をしていたのか」とショックを受けたという。
「歴史に“if”はない」とは言うけれど、彼が日本との協調を進めた汪兆
銘・南京国民政府と手を組んで共産軍を潰していれば、今頃は立派な国家
になっていたろうに。


「いい予感はすべて外れる、悪い予感はよく当たる」と古人は言った。
「いくらなんでも自国経済を壊すようなバカなことはしまい」と世界の為
政者や財界人が習近平=毛沢東信者に油断していれば、その代償は凄まじ
いことになる。文化大革命で経済がガタガタになっても毛沢東は屁の河童
だった。毛沢東は「毛沢東主義」という自分の主義思想、地位と名誉が大
事であり、国民の安寧なんてどうでもいいのである。習近平はそれを目標
としているのだ。


毛沢東は「建国の父」となり、習近平は「興国の父」となり、永遠に歴史
に名を刻むことが習近平の夢なのだ。

遠くで雷鳴がゴロゴロしているが、こちらに来ることはないだろう、洗濯
物を取り入れなくても大丈夫だろう・・・とタイムセールに合わせて買い
物に出かけたら急にバリバリ! やがて激しい雷雨、慌てて傘を広げたら
横なぐりの強風と豪雨で傘は飛ぶは目は開いてもいられない、どうにか家
にたどり着いたが、洗濯物はビショビショ、ベランダの窓を開けておいた
ので雨が吹き込んで床もビショビショ、泣きたい気分で床を拭いていたら
子供がずぶ濡れで帰ってきて風呂場でシャワーを浴びせていると、「こち
らは防災川崎センターです、多摩川の水位が危険水域を越えました、直ち
に最寄りの小学校、中学校へ避難してください」、ああ、こんなずぶ濡れ
のまま避難できないし、ああ、必要なものをバッグに入れなくてはいけな
いし・・・あっ、ワンコがいない! 玄関開けっ放し! ちゃんと閉めな
さいって言ってるのに・・・あっ、子供・・・何してるの! 早く出てき
なさい、あっ、着替えを出さなくては・・・あっ、ワンコ、探さない
と・・・あっ、床下浸水! どうしよう、箪笥の下のものはテーブルの上
に避難させなくては・・・あっ、下駄箱の靴も! どうしよう、どうしよ
う、パパに電話しないと・・・あれっ? スマホ、私のスマホ、ない、ど
うしよう・・・


油断大敵、しっかり備えておかないと泣きを見る、パニックになる、右往
左往のダッチロール、やがて日本沈没。ビジネスを国防より上位に置く銭
ゲバが国を誤る。在中日系企業はせめて持ち株を目立たないように処分し
たり、他国への移転計画を準備しておくべきだ。

習近平は“暴君イワン雷帝中共バージョン”、ゴロゴロ、ピカピカと雲行き
は怪しくなってきた。文革2.0で14億の民を抑圧し、インド大平洋へ押し
出す機会を狙っている習近平が1日生きれば1日の禍。この期に及んでイル
カを豪州大使に検討しているらしい米国民主党≒アカは脳軟化症で当てに
はできない。日本が有志連合をリードして習近平を封じ込めるしかないだ
ろう。戦わずして逃げたら日本は永遠に“終わった国”になる。これは確かだ。

目安箱:ishiifam@minos.ocn.ne.jp
https://blog.goo.ne.jp/annegoftotopapa4646
メルマガID 0001690154「必殺クロスカウンター」

◆中国、ビットコインのギャング団

宮崎 正弘

 
令和三年(2021)6月11日(金曜日)
通巻第6944号  <前日発行>

 中国、ビットコインのギャング団1100名を逮捕
  闇決済市場を手入れ、ギャンブルの13%がビットコイン決済だった

 6月9日、中国公安部は全土のギャング団のアジトを手入れし、
1100名を逮捕するという大捕物劇があった。
 ビットコイン取引を当局が禁止したにもかかわらず闇世界におけるマ
ネーロンダリングがWeCHATを通じてネット上で暗号通貨で取引され
ていたのだ。

 ギャンブルサイトの決済の13%が、中国では暗号通貨を利用している
実態がうかびあがり、またビットコインなど暗号通貨を現金に交換する闇
市場では手数料が1・5%から5%が相場だという。

 ブラジルのJBSは世界最大の食肉加工企業だが、ハッカーの襲撃を受
け、流通システムが停止した。1100万ドルの身代金を支払っていたと
ウォールストリートジャーナル(6月10日)がすっぱ抜いた。

 さきのコロニアルパイプライン社も5億円近い身代金を支払っていた
が、FBIは半分を押収したと発表している。ダークサイドというハッ
カー集団の全容解明はまだだが、当局の捜査を逃れるために、すでに解散
したという説も流れている。

 中国人民銀行は「ビットコインの決済取引の停止」を発令し、中国国家
発展改編委員会は取引所を閉鎖した。
しかし「上に政策あれば下に対策あり」の中国人、当局の裏をかく行動を
続けてきた。暗号通貨の採掘には膨大な電力消費をともなうため比較的電
力に余裕がある内蒙古省などに取引所があったことは当局が把握していた。 
     ◎☆◎◎み☆◎□☆や□◎◎☆ざ◎◎□☆き 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■宮崎正弘の最新エッセイ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
バイデンの仕掛ける深謀遠慮
米軍、アフガニスタン撤退に隠された裏の意味
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8ebfdb77c0aa2a966576b0d677e7342b301aefc
          ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆     
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)生番組の予告です。好評「宮崎正弘の生インタビュー」(未
来ネット)。次回のゲストはジャーナリストの門田隆将氏です。
6月15日(火)16:00から生配信です。下記で予約登録ができます。
https://youtu.be/QCzIMd6rdUE
  (未来ネット、旧「林原チャンネル」)

  ♪
(読者の声2)韓国の光州市で解体中のビルが崩壊し路線バスを直撃とい
う惨事。5階建てのビルの解体でどうすれば道路側に倒れるのか不思議で
したが、動画ニュースを見て納得。
https://news.yahoo.co.jp/articles/121b4ffc5e2321f36a74abfb6d040102c5336739
 以前、上海の高層アパートが根本から倒壊したのと同じです。
韓国では一般の建物は基礎工事なしでいきなり建てると韓国の大学で研究
職をしていた女性のブログにあったのが嘘ではないとわかります。
 韓国の不思議といえば済州島で駐車中の警察パトカーが岸壁を突っ切り
小型漁船に突っ込む事故。
https://ninoq.hatenablog.com/entry/2021/06/09/040000
 いかにも韓国らしいほのぼの事故。韓国ではクルマを停めるときに。
「邪魔なときに押して動かせるように」ブレーキを掛けないのが普通だと
いう。
なにからなにまで想像を絶する国ですね。(PB生、千葉

  ♪
(読者の声3)貴誌前号投書欄でKK問題が取り上げられ、疑惑の拡がり
が見られますが、週刊誌の報道にもあるように、国民は不信、というより
不満が噴出してきたのではないでしょうか。
 つまり国民は「KKが天皇になる?」というシナリオは受け入れがたい
と、風向きが「女系天皇」反対へ大きく変わりつつあると思います。
  (FH生、藤沢)

  ♪
(読者の声4)今回の武漢ウイルスとワクチンについて、毎日、医学書と
医学ニュースを追いけているものとして、意見を書かせていただきたく、
メールを差し上げました。
 もちろん、新しい経験ですから、わからないことだらけではあります
し、浅知恵ですので、早く収束してほしいという祈りのようなものですが。
 今回の武漢ウイルスは、私も最初は普通の風邪と思っておりましたが、
酸素吸入器と点滴を持って、自宅隔離の患者さんの家を、看護師さんが訪
問して、何とか入院させなければと電話をかけ続けている。ホテルの宴会
場にベッドを並べて、酸素吸入と点滴をしている現状はとても普通の風邪
とは言えないと思います。
 RNAは逆転写酵素がなければ、DNAには組み込まれないと理解しておりま
すが?
HIVなどは、それを自前で持っていると思います。ワクチンができるのが
早すぎるといわれますが、研究者が自分の研究の成果を見届けられること
はまれだといいます。機が熟しかけていたところへ、今回のウイルス。
「それ行け」ということで、少し見切り発車はあったかもしれませんが

人体実験と言われますが、人間生活なんて、すべてが人体実験のようなも
のですよね。そうじゃないと何も発展しないですし。私は役立たずなの
で、実験に使っていただけるなら、光栄です。
何千年も、もっと前からかもしれませんが、海の向こうに新天地があると
期待して、海流と風と、尽力だけで船で漕ぎ出す。それが延々と続いてい
るだけ。ただ自作の小さなレンズで微生物を見つけた時代と違って、研究
には膨大な資金が必要なので、国の威信をかけた予算を付けてもらうか、
資本家に出してもらうしかない。だから陰謀論が出てくるんでしょう。
話がそれますが、地球環境や健康のために、あれも禁止、これも禁止しよ
うって、地球も体も、使えば汚れたり擦り減ったりするのは当たり前なの
で、みんなが我慢して守りましょう、なんてしんどいですね! ワクチン
でも何でもいいから、早く収束させて、どんどん新しいことをやってほし
いと思います。(TT生)
  ♪
(読者の声5)貴誌前号、読者の声3(KM生)氏が指摘しておられたコロ
ナワクチン接種の「怪」とトランプ再選阻止クーデターについて、今読ん
でいるブログには2007年から2014年までさまざまな論が取り上げられてい
る。9.11のテロもモサドとCIA・米軍過激派のクーデターという説も紹介
している。
 ワクチンについてはエイズから鳥インフルエンザ、エボラ出血熱まで人
口削減計画の一環として取り上げていますが、アメリカは囚人や黒人を対
象に人体実験を平気で行ってきた国なのでコロナ騒動の元が米中合作だっ
たとしても驚きはない。
 世界支配構造についてもフェニキア〜ベネチア〜フランス〜英国と続く
支配層がメインでユダヤは下請けという説から、ユダヤがカトリックから
プロテスタント、イスラムまであらゆる組織に浸透し操っているという説
までさまざま紹介。いずれの説もオカルト・グノーシス主義や悪魔・ルシ
ファー崇拝がからんでくる。シンボリズムとしては逆五芒星が有名で、ヒ
ラリー・クリントンの大統領選挙の写真で星条旗が逆五芒星だったり、共
和党のシンボルが2003年から逆五芒星になっているのも有名。
9.11以降アメリカ乗っ取り完了の象徴かもしれない。

 宗教やオカルトで興味深かったのがフランスの黒いマリア信仰とモルモ
ン教について。
https://satehate.exblog.jp/15166812/
 欧州には180ヶ所以上に「黒い」マリア像を信仰する教会があり、バチ
カンはなぜマリアが黒いのか説明できないできた。黒いマリアは古代シュ
メール、エジプト、ギリシャの流れを汲むマリア信仰を偽装した悪魔信仰
だという。古代ギリシャのアルテミスがマリア信仰に変形、移行したとさ
れているが、アルテミスは古代ギリシア語のアルタモス=葬り殺害する意
味の言葉を語源にしているという。
 現在のキリスト教では外典・偽典とされる「マリア福音書」や「エノク
書」を取り上げ、『「エノク書」の教える所は「奴隷として人間を酷使し
た後、十分な富が蓄積された後には必要の無くなった大部分の人間等は皆
殺しにせよ。半分神である白人の一部だけをノアの箱船に残し、他の人間
等は殺害して良い。大部分の人間は殺して食べて良い家畜である。」
モルモン教によれば、このノアの箱船がイスラエルである』と紹介する。
モルモン教の建物にはいたるところ逆五芒星が見られることなど知らな
かったのですが、一夫多妻のカルトから始まったモルモン教やキリスト教
一般の奴隷を当たり前とする価値観には2千年以上の歴史があることがよ
くわかる。
 有色人種を奴隷にする物語といえば沼正三の「家畜人ヤプー」。中学か
高校の頃に読んだ記憶がありますが内容はすっかり忘れていました。のち
に石森章太郎が漫画化、2003年には江川達也が漫画化しています。そんな
江川版の漫画が LINEマンガで無料公開中。WEBでは第1話から5話まで公
開、それ以降はスマホアプリで公開です。日本人は黒人奴隷以下の家畜扱い。
https://manga.line.me/product/periodic?id=Z0001062
 5話まで読んだだけでも、会田雄次の「アーロン収容所」にでてくる白
人女性が日本人捕虜(会田)の前では裸でも平気だったというのが事実と
わかる。家畜の前に羞恥心などない。人種差別が当たり前だった時代の作
品だけに白人の本質を捉えている。サダム・フセインやカダフィ大佐に対
する仕打ちを見ても白人の残虐性は変わらない。
米中の狭間の日本、マフィアと山賊のどちらにつくかといえば、マフィア
のほうがまだ約束を守るだけマシといったところでしょうか。
  (PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)そういえば四半世紀ほど前だったか。沼正三を名
乗る陰気な人物(本物らしかった)と或る会で偶会した記憶が甦りまし
た。たいそうな陰険は印象を抱いたものです。

2021年06月15日

◆枝野氏 党首討論は苦手?

                【阿比留瑠比の極言御免】

 
令和3年6月10日

政権交代意欲も気迫伝わらず 首相に余裕



 物心ついたころから政治家を目指し、弁護士でもある立憲民主党の枝野
幸男代表はよく弁が立つといわれる。実際、国会でよどみなく持論を語る
姿はいかにも雄弁だが、ある自民党ベテラン議員は少し違った見方を示し
ている。

 「枝野氏は演説するのは好きだが、議論は好きじゃない。言い返され、
反論されるのは嫌う」

 確かに、衆院本会議の代表質問や衆院予算委員会で用意した質問をもと
に政府側を追及する際は生き生きとしてみえる。一方で、相手が逆質問し
てきたり、想定外の隠し玉をぶつけてきたりする党首討論は、苦手なのか
もしれない。

 枝野氏は平成30年5月の安倍晋三首相(当時)との党首討論後には、こ
んなセリフも吐いている。

 「党首討論制度は、ほとんど歴史的意味を終えた」

 もう党首討論はやりたくないと言わんばかりで、野党の代表らしからぬ
発言だったが、9日の菅義偉(スガヨシヒデ)首相との初の党首討論の姿も、ど
こか精彩を欠いていた

 政府対応称賛も

 「(新型コロナウイルス)ワクチン接種が進み、昨日は100万回を超
えてきた」「高齢者は7月中には接種完了する」「今月末には4千万回は
超える」「10月から11月にかけては必要な国民、希望する人、全てを終え
る」・・・。

 菅首相がたたみかけるようにワクチン接種の成果を語っても、枝野氏は
有効な反論はできず、それどころか政府対応を称賛せざるを得なかった」。

 「ワクチン接種は大変重要ですし、政府を挙げて頑張っておられること
については、ぜひさらに進めてもらいたい」

 ワクチン接種が当初の予定以上のスピードで進めば当然、東京五輪・パ
ラリンピック開催のリスクは減少する。五輪開催の是非についても、「そ
こまでして開催しなければならない理由は何か。国民の命より大事なもの
はない」と開催反対を明確に強調した共産党の志位和夫委員長に比べ、枝
野氏の言いぶりは次のように留保を残していた。

 「五輪を開催するのであれば、(新型コロナ)第5波に備えなければな
らない」

「首相は国民の命と健康を守るのは自分の責任で、その五輪開催の前提条
件が崩れたら行わないと言った。大変勇気ある、しかし当然の発言だ」


 答弁に「逃げ場」

 枝野氏は菅(カン)直人内閣の官房長官当時から、答弁にどちらともとれる
両義性を持たせて逃げ場をつくっておくのが特徴だった。弁護士でもある
から、言質をとらせないようにする癖は変わっていない。

 その枝野氏は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の教訓も踏ま
え、現政府でははっきりしない司令塔を構築すると主張し、こう政権交代
に意欲を示した。

「私には危機を乗り切るため、命と暮らしを守るために機能する行政を取
り戻すビジョンと準備がある。日本は、戦後最大の危機にある」

 自身の新著『枝野ビジョン』で、「総理になる準備が整い、その覚悟が
できたと確信した」と書いたことを意識しての決めゼリフだろうが、これ
も旧民主党以来お得意のブーメラン芸がぴたりと決まっている。


 対策本部乱立を座視

 菅(かん)直人首相(当時)は大震災発生後、次々と内閣官房参与を任命
して15人に増やし、似たような対策本部をや会議を次々に立ち上げて「船
頭多くして船山に上る」状態をつくった。それを側近でありながら止めも
せずに座視していたのは、枝野氏自身である。

 政権を担う準備と覚悟を訴えても、その根拠と気迫が伝わらない。あま
り言葉を操ることが上手だといえない菅首相の方に、余裕が感じられた討
論だった。

(産経新聞論説委員兼政治部編集委員)

松本市 久保田 康文 採録

◆雀庵の「常在戦場/32 人民は軍に従えと言われても」

                   “シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red Gables/318(2021/6/12/土】先日「身尚平学」(身尚は
一文字、「とうへい学」=寝そべり学)という言葉が中国の若者文化を象
徴するキーワードとしてメディアでもさかんに取り上げられているという
話を紹介した。


が、ニューズウィーク日本版6/8のラージャオ(辣椒、王立銘、中国人風
刺漫画家。トウガラシ名でコラムニストとしても活躍)による「中国の若
者たちの間で、資本家への抵抗として急激に広がる『身尚平(タンピ
ン)』主義が見落としている重要な事実」によると、事はそう単純ではな
いようだ。以下、引用。



<王さんはごく普通の大学生だった。卒業後、大都会の会社に就職して食
費を切り詰め節約し、3年間でやっと5万元(85万円)をためた。しかし故
郷でも不動産価格は最低1平米当たり1万元(17万円)。しかも高騰し続け
ている。休まず毎日残業するほど働いても、給料では不動産に手が出な
い。マイホームを持てなければ結婚もできない。全ては自分と無縁。なら
「身尚平(タンピン)」するしかない──。


「身尚平」は中国で最もはやっているネット用語だ。何もせず横になって
寝るという意味だが、転じて全く努力せず、ただ最低限の生活を送ること
を指す。今の中国では王さんのような何千何万もの若者が「身尚平」主義
を選ぶ。彼らはどんなに努力しても運命を変えられず、将来に希望を見い
だせない。


「われわれは身尚平を選んだ。これ以上、資本家たちのために働かない。
何か間違ったことがある?」と、王さんたちは言う。普通の労働者は働け
ば働くだけ資本家に搾取される。「身尚平」こそ資本階級に抵抗できる有
効な手段だ、と彼らは考える。



「資本家に搾取される」──この言葉が社会主義中国に現れるのは不思議な
ことだ。共産党が1949年に新中国を建国したのは、資本家の搾取をなくす
ことが目的だった。72年間を経て、この世界一の社会主義強国の若者たち
は資本家に搾取され、「身尚平」でしか対抗できないと公言している。



しかし、王さんたちは「われわれは資本家らの企業のために残業や努力を
しない。しかし国家のためには何でもやる」とも言う。努力しても未来が
見えない、頑張っても自分の運命を変えられない。王さんたちはこれを体
制の責任とは思わず、資本家に搾取と貪欲の罪をかぶせる。「身尚平」を
選んだ中国人の若者の中には、ネット愛国者の「小粉紅」も少なくない。
彼らは欧米に対する中国政府の強硬な態度を賛美するが、目の前の現実に
はあまりにも無力で「身尚平」しか選べない。



そして王さんたちは一つ大事なことを忘れている。それは彼らが愛してい
る中国が社会主義公有制国家であることだ。土地と生産財は全て国に属す
る。つまり、この国を管理している政府こそ、最大の資本家なのだ>



ラージャオ氏の経歴は中共現代史みたいだ。「1973年、下放政策で上海か
ら新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海
に戻り、進学してデザインを学ぶ。2009年からネットで辛辣な風刺マンガ
を発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたとこ
ろ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断
念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住」



上記コラムでトウガラシのように刺激的だったのは、共産主義を目指すは
ずの中共政府が「最大最強の資本家」として君臨しているということ。そ
れ以下に大中小さらに泡沫零細企業の資本家が群をなしているわけだ。習
近平は「新時代の中国の特色ある社会主義」「社会主義市場経済」とか
言っているが、「共産主義統制経済以上、資本主義自由経済未満」という
“党高民低、開発独裁の発展途上国経済”というのが実態だろう。上流が美
味しい思いをし、下流は貧困に喘ぐイビツな国家。



発展途上国経済は「人件費の安さ」で外国資本を引き寄せるが、トウ小平
の偉さは「韜光養晦」(警戒されないように牙を隠して、内に力を蓄え
ろ)や「改革開放」(既得権に胡坐をかかずにチャレンジしろ)、「先富
論」(早い者勝ち、できる奴から儲けろ)と大胆な経済発展策を打ち出し
たことだ。これが支那人の伝統的な「蓄財蓄生美酒美食」願望に火をつけ
た。己が儲かれば寝食を忘れて奮闘努力する民族なのだ。「天に蔵を置
く」という清貧思想はゼロ。



トウ小平の貪欲刺激策によって中共の名目GDPは1980年の3030億ドルから
わずか30年の2010年には日本を追い抜いて6兆330億ドル、2021年(推計)
には16兆6420億ドル(IMF推計)、日本の3倍にもなった。



2012年に国家主席になった習近平はただの単純な毛沢東信者、紅衛兵にな
り損ねた中坊だから、「韜光養晦」なんていう海千山千のトウ小平の深謀
遠慮なんぞ「辛気臭い」と弊履の如くに捨ててしまった。江沢民=上海閥
や胡錦涛=共青団派は習近平を「ただの紅二代、ボンクラ、悪さはしない
だろう」と中共トップに据えてしまったのが大失敗だった。危険極まりな
い戦狼になって、今や中共は世界中から危険視、厄介者扱いされるまでに
なった。



中共軍サイト「軍網」によると国民はすべて軍の命令に従う法律が成立した。



<6月10日、第13回全人代常任委員会で、中華人民共和国軍の地位と権利
と利益の保護に関する法律が可決され、2021年8月1日から施行される習近
平国家主席令第86号が公布された。



軍人の地位と権利と利益の保護に関する法律は、習近平の新時代の中国の
特色ある社会主義思想を指導し、習近平の強大な軍隊の思想を徹底的に実
施し、軍隊の戦闘力の構築に奉仕することを基本目的とし、権利と義務の
統一、物質的保証と精神的インセンティブの組み合わせ、国家経済社会開
発との調和の原則に従い、軍人の地位、名誉の保護、待遇の保証、優遇措
置などの規範を定め、軍人が職務を遂行し、軍人が社会全体の尊敬される
職業となるよう促す。



国防と軍隊建設の重要な法律であり、軍人の地位と権利と利益の保護のた
めの基本的かつ包括的な法律である、云々>



支那では「良い鉄は釘にはならない」、つまり「兵士はゴロツキ」という
のが4000年の歴史で培われた評価である。民にとって兵士は厄介者でしか
ないから、心の底では軽蔑し、怪しんでいる。上記の法律では、人民は将
兵を侮辱したり軽侮したり逆らったり、命令を拒否すると厳罰を食らうこ
とになる。



ドライブしていたら兵士に車を止められ、「作戦のためにお前の車を徴発
する、降りろ!」と言われたらそうするしかない。まるで蒋介石率いるゴ
ロツキ国民党軍そっくり。元々、中共軍はゴロツキにもなれなかった乞食
部隊(3分の1は裸足、兵器がないので棍棒を担いでいた)だったから、健
軍100年でようやくゴロツキ部隊に進化するわけだ。中共ワンソイ、万
歳、加油!



有事の際には身尚平(タンピン、とうへい)の“隠遁青年”は勤労動員とか
徴兵されるのだろうか。逆らえば処罰され、強制労働で塹壕掘りをさせら
れたり。重機の免許でも取っておけば懲役も半分の期間で済むかもしれな
い。まあ、大卒の中華ヒッキーはプライドが高いから、汗を流す肉体労働
は嫌がるか。



ヒッキーでもイザ!となれば「国家のためには何でもやる」、その気概は
結構だが、蒋介石は兵士の逃亡を防ぐために顔に入れ墨をさせたという。
支那には奴隷の逃亡を防ぐために目を潰す伝統があったそうだから、入れ
墨なんて“なんてことない”のだろう。前線から逃げる、軍から離脱する、
その途次に民家を襲って三光(奪う、殺す、焼き尽くす)のが伝統で、だ
から人々は「兵士はゴロツキ」と4000年間、蔑んできたわけだ。習近平が
「将兵を尊敬しろ」と命じたところで「ただの紙切れ」、4000年の智慧が
消えるわけがない。



苛烈な法律で国家が強くなるか・・・民心が離れてむしろ短命になるだろ
う。清朝が300年続いたのは結構アバウトな治世だったからで、上は蓄財
に励み、下々の民もそれなりにのびのびしていたように思う。「元の濁り
の田沼ぞ恋しき」、習近平流の息苦しい「清流」に人民は耐えられまい。
汚辱に満ちた陋巷のヒッキー戦老ヂヂイは今日も中共包囲網の強化を期待
する。放火魔みたい。

目安箱:ishiifam@minos.ocn.ne.jp

https://blog.goo.ne.jp/annegoftotopapa4646

メルマガID 0001690154「必殺クロスカウンター」
             

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。