2021年06月12日

◆クリミア併合、西側の制裁以後、

宮崎 正弘 


令和三年(2021)6月8日(火曜日)弐
通巻第6940号  

 ロシアの非ドル政策はどこまで進捗しているのか
  クリミア併合、西側の制裁以後、ルーブルは紙くずに近いが。。。。

 現在、ロシアの対外債務総額は4537億ドル強で十年来もっとも低い
という。
 一方、ロシアの外貨準備は5610億ドルあるとされ、次の内訳だという。

 ロシアの外貨準備の詳細
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ユーロ   1660億ドル
 ゴールド  1280
 ドル    1250
 人民元    680
 英ポンド   330
 他      400
             (数字はいずれも『モスクワタイムズ』に資
料から)

 ロシアはクリミア併合以後、西側の経済制裁に直面し、在米ドル資産凍
結などの措置を受けているが、石油、ガスの輸出を背景に貿易は順調で、
2020年の貿易総額は6875億ドルに達している。

 プーチンは報復としてドル基軸決済体制からの脱却を目指すようにな
り、(1)ドルの比率を減らし(2)貿易決済を他の通貨に切り替え
(3)SWIFTからの離脱も視野にいれるとした。

 シリアノフ財務相は、いずれ外貨準備の通貨比率を人民元に重点を置く
とした。因みに中露貿易は、ドル決済をユーロに大幅に切り替えている。

 ロシアの貿易決済でドルは2013年に80%だった。2020年六月
の統計で48%に激減していたことが分かった。そして金保有を劇的に増
やしている。

 ロシア通貨ルーブルは低迷し続けており、2021年6月7日時点でも
為替レートは、1ドル=73ルーブル(1ルーブルは日本円で、1円50
銭)。
ソ連崩壊と共にルーブルは紙くずとなって闇ドルが黄金期を迎えたが、
10万ルーブル札などを発行しても追いつけず、1998年に千分の一と
いうデノミを実行した。

2001年から新札に切り替わり、2014年にロシアは「変動相場制」
に移行してきた。
冷戦時代、1ルーブルは240円(闇市場で60円)だった。ソ連崩壊と
ともに暴落がはじまり、筆者はこの頃、頻繁にモスクワへ行っていたが、
行くたびにルーブルは60円、1円、最後は0円12銭だった。どこでも
ルーブルよりドルの支払いを要求された。
   ◎☆◎◎み☆◎□☆や□◎◎☆ざ◎◎□☆き◎☆◎◎   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
 ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆     
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 孔子学院をどうにかしようとやっと日本も動き始めたとい
うのは遅まきながら素晴らしいことです。
 一方で、最近耳にしたことですが、東京電力が原子力専門の中国人を
雇ったということですが本当なら大変なことですね。何か情報があればメ
ルマガで取り上げていただければ嬉しいです。
(一読者より)


(編集部より)東電関係のどなたか、ご教示下さい。



  ♪
(読者の声2)一年半前に、「白井健康元気村」というブログに、「池上
本門寺と近代朝鮮」という連載を7回やりました。
その三回目は国士、「岡本柳之助」でした。いわゆる「閔妃暗殺」事件に
彼も関わっていたわけです。
 私はこのたび、あまり使われていない資料を偶然発見しました。手元に
ある『高宗・閔妃』(木村幹著 ミネルヴァ書房)にもありません。
 事件当時に京城にいた朝日新聞特派員の西河鬼城の証言です。
 朝日新聞の記者が書いているんだから、嘘ではないでしょう。
 日本政府が弱腰でなければ、李周会も処刑されずに済んだのです。
 山野に捨てられるように処分された李周会の遺骸は、昭和の時代に入る
と頭山満や内田良平の手によってねんごろに弔われました。
 以下に追加記事を載せています。
閔妃殺害事件で田中秀雄氏が新資料を発見! - 白井健康元気村 (goo.ne.jp)
https://blog.goo.ne.jp/46141105315genkigooid/e/04a843fc9d096c5b76fe25af042103e5
(田中秀雄)



  ♪
(読者の声3)脱炭炭素社会を主張するっていったいどのような論理なの
だろうか?
 私は炭素と酸素の関係は下記のようなことだと認識していますが、これ
からすると「炭素が増えれば植物が増え、地球上に酸素を増やすことにな
り、地球環境を守る」という
バランスを求める自然な道筋ができると思うのです。
それなのになぜ「脱炭素社会へ」って騒ぐのだろう? どなたか教えてく
ださい。
(1)地球はそもそも炭素が豊富にあったので生命体が生まれた。
(2)植物は炭素を得て、酸素を生み出す。
(3)この酸素が植物から大量に生産され、地球が酸素を得て動物が生れた。
(4)しかし酸素があまりに多すぎ、23億年前にはすべての動物を死滅
させたこともあった。(今の人間でにとっても酸素過多の状況は危険であ
る。特に出産時)
(5)植物はその生育の為に炭素が必用であり、炭素が多い程植物は増
え、緑一杯の地球になる。
(6)地球が炭素不足に陥ると植物の生育を妨げ、深刻な食糧難を招く
(70億人もの人間を存在せしめているのは炭素のお蔭だ)。

今からわずか15〜20年ほど前の話しですが、「化石エネルギーは
30年で枯渇する=CO2問題は存在しない」という主張が研究機関や学者
の一致した予測でした。
これに対しマスコミは頻繁に警鐘を鳴らし、多くの企業は化石エネルギー
の確保に必死に取り組みました。
総合商社は、エネルギー事業に弱い商社は敗者扱いになり株価も低迷する
ことから、目の色を変えて石油・天然ガス・石炭の権益確保に走り、それ
を大手銀行は積極的に支援しました。そう言えば増え続ける個人金融資産
を化石エネルギーファンドに振り向けてはどうかという提案もありました。
それがどうでしょう?!
今では化石エネルギーを使う企業や事業にはカネを貸しません! と恥ず
かしげもなく銀行は公言し、マスコミは20年前の自分たちの化石燃料確
保を叫んでいた報道に口を噤んでいます。
そのうちまた逆風が吹きだすような気がします。
(SSA生)


(宮崎正弘のコメント)逆風が吹き始めるでしょうね。まもなく。

2021年06月11日

◆インド太平洋をめぐる中国包囲網

加瀬 英明

 
 トランプ前大統領は粗暴な発言が多いといって、反トランプの大手メ
ディアからさん
ざん批判されたが、バイデン大統領のほうが口を開くともっと荒い言葉が
飛び出してく
る。

 バイデン大統領は就任後、中国の習近平主席を「サッグ(thug、盗賊、
暴漢)」、ロ
シアのプーチン大統領を「キラー(人殺し)」と国際儀礼を無視して呼ん
だ。バイデン
大統領は温和なイメージがあったが、中国が傍若無人に振る舞うのに我慢
できないのだ
ろう。

 バイデン大統領は4月末に就任百日目を迎えて、議会で恒例の施政方針
演説を行い、
中国と対決する姿勢を鮮明にして、「われわれがインド太平洋に強力な軍
事力を維持す
るのは、中国と紛争を戦うためではない。避けるためだ」と述べた。

 習近平主席にとって、これは誤算だった。

 習主席は3月に講話を行い、中国政府の公式ウェブサイトに掲載された
が、「東
(方)が興隆しており、西(方)が衰退しつつある」と述べている。中国
に強面(こわ
もて)をとっていたトランプ政権が再選に失敗し、アメリカが混乱に陥っ
たのを見て、
胸を脹(ふく)らませたのだった。

 この7月に、英海軍の最新鋭の空母『クイーン・エリザベス』が、オラ
ンダのフリ
ゲート艦などによって護られて、佐世保港に入る。英空母群が戦闘体系を
とって極東に
姿を現すのは、朝鮮戦争以来のことだ。

 『クイーン・エリザベス』は、英海軍と米海兵隊のF35Bステルス攻撃
機を搭載して
おり、太平洋で海外自衛隊と合同訓練を行うことが予定されている。

 4月に、英政府が「統合安全保障指針」を発表したが、世界戦略の中心
が日本に至る
インド太平洋へ移ったと述べている。

 3月に海上自衛隊の補給艦が米駆逐艦とフランスのフリゲート艦によっ
て護衛され
て、航行する練習が行われた。この夏にドイツ、ベルギー、フランスも海
軍艦艇を日本
近海に派遣する。陸上自衛隊とフランス陸軍部隊が、日本本土で共同訓練
することも予
定されている。

 日本はいまから83年前に、対米英蘭(オランダ)戦争に突入したが、
「ABCD包
囲網」によって石油の供給を絶たれたからだった。開戦前から、日本の新
聞に「ABC
D(米、英、チャイナ、ダッチ〈オランダ〉)包囲網」という言葉がさか
んに踊ってい
た。

 習主席の中国が勝手に振舞うのを受けて、バイデン政権の米国をはじめ
とする民主諸
国の堪忍袋の緒が切れて、中国を抑え込むために結束するようになった。

 いまやA(米、濠)、B(英、ベルギー)、C(カナダ)、D(オラン
ダ)、F
(仏)、G(独)、I(印)、J(日)のAからJまでの包囲網が、中国
を檻に閉じ込
めようとしている。

 4月に菅バイデン首脳会談が行われたが、日米にとって「台湾海峡の平
和と安全が重
要」と強調したのが、目玉となった。政府はこれまで台湾がまるで存在し
ないように軽
視してきたから、ショック療法となった。

 AからJまでの“中国封じ込めの長城”を前にして、習主席は身動きでき
なくなっ
た。

 3月に中国は台湾に嫌がらせして、台湾産パイナップルの輸入を停止し
たものの、中
国は台湾に依存している半導体の輸入を停めなかった。台湾は世界最大の
半導体供給国
であり、中国は宇宙ステーションをつくれても、半導体も、半導体の工作
機械も国産で
きない。

 中国は人口14億人、経済規模を示すGDPは日本の上で世界2位だ
が、一人当たり
購買力(世銀統計)では、ブラジルの北にある世界85番目の貧困国のス
リナムの17
25ドルに次いで1680ドルで、南アメリカ共和国の北にあるボツワナ
と並んでい
る。

 中国政府も14億人のうち、地方に住む6億人の一人当たり収入が月額
1000元
(155ドル)しかないと、発表している。中国は張子(はりこ)の虎だ。
恐れるにたり
ない。

*****************
このメールアドレスは返信出来ません。なにかある場合は、info@kase-
hideaki.co.jp
へ ご連絡下さい。
機密情報に関する注意事項:このE-mailは、発信者が意図した受信者のみ
が利用するこ
とを意図したものです。万が一、貴殿がこのE-mailの発信者が意図した受
信者でない場
合には、直ちに送信者 info@kase-hideaki.co.jp へ連絡とこのE-mail
を破棄願いま
す。
*****************

◆なぜ韓国は「うつ病」ワースト1位に落ちたのか

勝又 壽良


国民の36.8%が苦悩、反日激化の一因に?
2021年6月8日ニュース


韓国の「うつ病」患者数がOECD加盟国でワースト1位を記録していたこと
が分かった。韓国国民の36.8%が苦しんでいる。その背景を読み解けば、
反日にこだわる理由も見えてくる。(『勝又壽良の経済時評』勝又壽良)

【関連】なぜ人権にうるさい韓国がウイグル問題に触れぬ?二番煎じの米
韓会談で文在寅は窮地に立つ=勝又壽良

プロフィール:勝又壽良(かつまた ひさよし)
元『週刊東洋経済』編集長。静岡県出身。横浜市立大学商学部卒。経済学
博士。1961年4月、東洋経済新報社編集局入社。週刊東洋経済編集長、取
締役編集局長、主幹を経て退社。東海大学教養学部教授、教養学部長を歴
任して独立

反日の材料を四六時中も探し続ける韓国
日韓関係に平穏な時期は来るのか。

徴用工問題・慰安婦問題だけが日韓対立の火種ではない。最近は、竹島問
題をめぐって東京五輪ホームページの掲示問題で、韓国は東京五輪不参加
をちらつかせている。文政権で首相を経験した2人が、東京五輪ホーム
ページから竹島を完全に削除しなければ、韓国は不参加にすべきであると
主張している。

韓国は、東京五輪の日本ゴルフ代表チームが、旭日旗を連想させるデザイ
ンのユニフォームを公開したことも問題視している。日本ゴルフ協会の
ホームページには、東京五輪日本代表のユニフォームの写真が掲示され
た。それによると、「右斜め45度の赤・ピンクのストライプ」が含まれて
いたことで、旭日旗を連想させると言うのだ。


韓国では、大袈裟に言えば四六時中、日本を監視している感じだ。日本に
おいて何か、韓国に関わりのありそうなことが起こると、即時に反応して
「反日運動」を始めるのである。

「対話」ができない
日本がいくら説明しても聞く耳を持たないで、一方的な日本批判を展開す
る。これは、一種の「リテラシー欠如」の表れである。リテラシーとは、
「知識・能力」と理解されているが、相互にコミュニケーションする能力
である。「対話能力」と言ってもよい。

韓国進歩派は、日本にだけ心を閉ざして、「対話拒否」をしているわけで
ない。国内でも、反対派との間にリテラシー欠如に陥っている。いわゆ
る、「敵・味方」論に立っているのだ。味方陣営だけと話をして、敵側陣
営との対話を絶っている。

これは、政治上だけで済まない点が深刻である。個人レベルでも多くの悩
みを抱えながら、それを受け入れる雰囲気が社会に存在しないのだ。

韓国芸能人の自殺が相次ぐ背景
韓国芸能人の自殺がよく報じられている。心ない投書が、心に大きなダ
メージを与えて悲劇をもたらすものである。実は、こういうケースが特異
なものでなく、個人生活全般に広がっている。

それには、次のような背景がある。先ず、ここから話をしておきたい。

韓国では、同じ苗字が多くて、日本人にはすぐに氏名を覚えきれないほど
だ。これは、韓国が宗族社会という出自をもっている結果である。同じ姓
の人と結婚しないのは、同じ宗族内の結婚を避けるという習慣を守ってい
るもの。同じ宗族内では、相互扶助は当たり前だ。贈賄事件が頻発したの
は、宗族社会のもたれ合いを象徴している。反面で、他の宗族と敵対関係
に立ってきた。それだけ、生存競争が厳しかったという証拠であろう。


これは、中国の宗族制を継承した結果である。他の宗族との間では、「械
闘」(かいとう)と言われる武力闘争を起してまで争ってきた。つい2〜3
年前、この械闘が起って当局が両宗族を罰したというニュースがあった。

韓国でも、底流でこうした宗族間の対立があるので、欧米流のオープンな
市民社会になれず、個人の孤立が起こって現在に至っている。

Next: なぜ韓国で「うつ病」が続出?コロナ禍でさらに状況は悪化した


◆ウィグル族の人口比が過半数を切る

宮崎 正弘

 
令和三年(2021)6月8日(火曜日)
通巻第6939号  <前日発行>

 新彊ウィグル自治区でウィグル族の人口比が過半数を切るのは時間の問題
2019年に辛うじてウィグル族の人口比は50・1%だったが

 ドイツの「アドルアン・ゼンズ研究所」が衝撃の報告書をだした。
新彊ウィグル自治区でウィグル族の人口比が過半数を切るのは時間の問題
であり、2019年に辛うじてウィグル族の人口比は50・1%だった
が、その後の強制収容所やジェノサイドで過半を割り込んだようである。

 中国政府は厳格に規制した来た「一人っ子政策」をやめ、二人の子供ま
で認めたが、出生率は減った。さらに3人目もOKとしたが、中国国民の
90%が不同意だったことも衝撃だった。

 前掲のドイツ研究所は、2017年から2019年までにウィグル族は
48・9%減り、一方で漢族の人口比は8・14%から25%の増加率を
示したという。
 この趨勢が続けば、現在ウィグル族1314万 vs 947万漢族の
比率は逆転するだろうし、2030年にウィグル族の人口は860万人か
ら1050万人になるだろう、と予測する。

 長期に亘るウィグル族減少政策が、人口比の逆転を生み、中国共産党の
統治はよりしやすくなるということである。

 すでに労働力の移転は、ウィグル族の労働適齢期の若者らが大量に都会
へ、それも沿岸部へ出稼ぎにでたこと、とくに女性は勤務先で漢族の男性
と結婚を強制されていること、裏では不妊手術や、あるいは漢族男性の
ウィグル女性強姦が行われ、ウィグル人の出生率に劇的な変化をもたらし
ていることなどが原因である。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評  BOOKREVIEW 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「第三次世界大戦」はすでに始まっているゾ
  中国のサイレント・インベーションに速く目ざめよ 

   ♪
山岡鉄秀『VS.中国(バーサス・チャイナ)』(ハート出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ソ連の世界制覇の野望は分かりやすかった。露骨な軍事介入だから目に
見えたのだ。

レーガン政権はスターウォーズを仕掛け、ソ連経済を壊滅に導いた。東
西冷戦はソ連の敗北と消滅で終わり、全体主義はそこで死んだはずだった。

どっこい、「ゾンビ」の中国共産党は狡猾な手段で生きのびたばかり
か、ますますその侵略性の牙を研いでいる。
これは西側の油断だったのか?

中国のそれがわかりにくいのは『目に見えない』戦術で静かに、黙って
他国を侵略しているからである。

当該被侵略国が気がつかない裡に、たいへんな状態になっているのである。

メディアが買収され、議員がハニートラップか金銭で転び、言語空間は
SNSが戦場と化した。この有りようが「認識戦争」
(COGNITIVE WARFARE)であるということを日本人の大
半は認識できていない。
静かなる侵略にいち早く覚醒したのはオーストラリアだった。

モリソン政権は明確にアンチ中国の路線に舵を切った。副題にあるよう
に、「第三次世界大戦はすでに始まっている」のである。

日本は迅速に行動しなければ間に合わない状況になっている。 

さて本書のなかでいくつもの重要な指摘と最新情報があるが、北海道な
どを買い占める中国資本を放置しておくのは国家安全保障上、危険極まり
ない。ところが法律を作ろうとすると骨抜き案にするか、葬る動きを見せ
るのが公明党であるという。具体的には管政権が取り組んだ『重要土地等
調査法案』である。

法案の名称の通り、『調査』するだけで、報告義務はあっても罰則がない。

たとえ自衛隊の隣の土地を買われても、この取引を中止させたり、過去に
溯って、反古にすることは出来ないというおよそザルのような法律案だ。

まったく意味のない法案であり、このような骨抜きをやっているのが、自
民党内の親中派と公明党である。

狙われているのは北海道、沖縄だけではなく、山岡氏は「山中湖と富士
山麓周辺の土地」がおかしなことになっているとして、その実態、とくに
日本側の推進派の面妖な動きを抉っている。知事や政治家が絡んでいるのだ。

左傾が問題となった「日本学術会議」にしても、『中国科学技術協会と
覚え書きを交わしているそうですが、日本の技術がどんどん流出している
ことは間違いありません』(184p)

面妖なのは日本学術会議だけではなく、日中植林事業もそうで、会計が
極めつきに不明瞭な実態が明るみにでている。

スパイ天国であり、ユル褌であり、学校はGHQと日教組で汚染されて
おり、何事も私的利益が優先し、国家安全保障になにほどの関心もない国
民が多数派。武士が不在となって馬鹿の集団となった国!

逆に中国から言えば、これほど御しやすく、洗脳しやすい国はないだろう
なぁ。
未曾有の危機に警鐘を乱打する書である。
            
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【知道中国 2236回】        
 ──英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港118)

        ▽
香港での収入源の1つだった第一日文の思い出を。

日本語教育専門の夜学校だった第一日文は、金曜日から土曜日までの夕
方の6時から8時過ぎまで。前後2クラスに分けて教えていた。学生は1日お
きで週3日通っていたから、1か月では4週間×3コマで12コマ。これを1年
続けることになる。

「あいうえお」の発音から始まる最初の1年間が初級班。初級班を修了 す
ると2年目で中級班。中級班の1年が終わり所定の成績を収めると高級班 へ。

もちろん初級班は学生数が多く、程度が上がるほどに受講生の数は少 な
くなる。1日4教室で前後クラスだから、毎日8クラスが開講されてい た。

これを3人の専任教師と5、6人の日本人アルバイトで回すことにな る。
学生数が最も多かったのは1974年前後で、たしか300人に数人足りな い程
度ではなかったか。

第一日文は当時の香港で最大規模の日本語学校だった。

3年間通い高級班の課程を修了すると卒業となるが、3年間も続けると第
一日文通いが習慣になってしまったり、あるいは日本語をさらに学びたい
からと高級班に居座り続ける学生もいた。そういった学生のなかで最も熱
心で成績バツグンだった学生が、現在、香港の日本語教育界の重鎮として
活躍している李澤森第一日文校長だ。

学生は年齢で言うと中学生から老人まで。職業も種々雑多だった。日本
人の海外旅行がブームになり、多くの日本人観光客が香港に押し寄せ始め
た頃でもあり、やはり日本人観光客相手の土産物屋の店員が多かったようだ。

だが、中には将来的には日本の大学に留学し日本研究を目指すからと通っ
て来ていた大学生や、上海時代に覚えた日本語を忘れたくないからと若者
と席を並べる上海人の老人もいた。父親に連れられ通った日本料理屋のざ
るソバの味が忘れられないと語る時の、彼の楽し気な顔を今でも思い出す。

所謂「日本学ブーム」が起こり、香港の大学でも日本研究コースが本格
始動し、日本のサブカルチャーが東南アジア一帯に浸透し、永田町やら霞
が関が「クール・ジャパン」などと浮かれまくる遥か以前の話だ。

あの当時、日本政府も国策として海外での日本理解を進め、日本ファン拡
大を目指して日本語教育を本格展開していたらどうだっただろうか。

日本経済が日の出の勢いの成長を見せ、海外からの羨望の眼差しが日本
に注がれていた頃が日本語教育拡大のための──ということは海外に日本と
日本人を理解させるうえでの絶好機だったと思う。

だが、なぜか政府として無自覚に時を過ごしてしまい、その絶好機を失っ
てしまったと痛感する。上っ調子な国際化と英語教育偏重の泥沼に自分か
ら転がり込む前に為すべきことを為さなかったツケが、いま回ってきてい
るように痛感する。

閑話休題。 型にはまったような授業は面白くない。そこで自分なりに
工夫をしてみた。

高級班には三島事件後に父親から送ってもらった三島由紀夫『蘭陵王』
の一節を何回か読み聞かせた後で書き取りを。中級班には中学1年生レベ
ルの簡単な応用問題を解かせた。

たとえば「子供に鉛筆を分けるのに、1人に4本づつ分けると8本余り、1
人に5本づつ分けると2本不足する。子供は何人いて、鉛筆は何本あります
か」という問題を何回か読んで聞かせ、次に書き取らせる。

誰か学生を指 名して黒板に書かせる。聞き取りの答合わせが済むと、次
に問題を解かせ る。2人ほど学生を指名し、黒板に計算式を書かせ、答え
に至る経緯を説 明させる。もちろん日本語で。

問題の日本語を正しく理解できないと正解に至らない。だから一石二
鳥。そこが狙い目だった。学生からは好評だったと記憶している・・・が。

さて初級班だが「誰々は誰々が〜〜です」の構文を教えた折のこと、永
田町でポスト佐藤をめぐって激しく展開されていた「角福戦争」を利用さ
せてもらうことにした。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読 者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 6月4日の日本から台湾へのワクチン空輸に続き、6日にはア
メリカの上院議員3名が台湾訪問し75万回分のワクチン提供を表明。わず
か3時間の滞在とはいえC-17輸送機で韓国から台北の松山空港ですから中
国に対する大きなプレッシャーとなるでしょう。
C-17の台北到着から出発まで画像多めの台湾サイトから。
https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=949731
https://onl.tw/FkU5fjQ

日米台の見事な連携プレーですが、今週末にはG7サミット、7月1日は中
国共産党創立100周年記念日、7月23日は本来の創立記念日でこちらはオリ
ンピック開会式と重なっている。なので日中の政治バランスは圧倒的に日
本が有利。台湾では安倍前総理の訪台を望む声もでているようですが、省
庁の局長級や政府の閣僚級が訪台しても中国は何もいえないでしょうね。
(PB生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)大型輸送機C-17の機体に「米国空軍」とあります
ね。軍用機で米国上院議員が台湾にはいったというのも、象徴的です。

    ♪
(読者の声2)コロナ禍で、主要国の経済政策はすっかりMMT型になって
しまいました。ところで
1.月刊誌HANADA7月号で田村秀男氏は以下のように書いています。

「中国は流入するドルに応じて人民元を発行し、高度経済成長を遂げて
きた。ドルの調達源は対外貿易黒字と外部からの対中投融資だが、最近で
は投融資の比重が格段に高まっている。

日米欧の投資家による国際金融市場香港経 由の対中証券投資が急増して
おり、20年では中国の対外負債増加額一兆 ドルあまりのうち約五割が株
式と債券投資による。

習政権は確保した外部 資金を使って対外投資資産を八千五百億ドル増や
した。対外負債、資産、 さらに証券投資とも過去最大の増加額である。

言い換えると、北京のコロ ナ大災厄に乗じた対外膨張加速は、ウォール
街主体の金融資本による対中 投融資なくしてはありえない。習政権を追
い込むためには、ウォール街を 抑えるしかない。日本は声をあげるべき
だ」。

2.また同誌「蒟蒻問答」で堤堯氏は以下のように言っています。
 「ニクソン・ショック以来のアメリカは国債(借金の証文)を乱発。他
国からの資金でファイナンスしなきや財政を維持できない。米国債を保有
した国は、これが目減りするのを嫌ってドルを買い支える。

マイケル・ハドソン は、「米国債本位制」と名付けた。ハーマン・カー
ンは「わがアメリカ は、史上
どの帝国もなし得なかった壮大なペデンを上手くやってのけた」といっ
た。米国債本位制のカラクリに絡め取られて、米国債保有額で日中が首位
を争っている
が、米国債の約定に、「アメリカに敵対する国が保有する米国債は無効化
できる」とする条文がある。「敵対するなら借金を払わないぞ」という意
味だ。米国債はFRBのコンピュータのなかに数字として存在しているだ
けだ。だからコンピュータの「削除」キーをポンと押せば、中国が保有す
る米国債が消えてなくなる。事情は日本についても同じだ。一兆ドル以上
がボタン一つで消し飛ぶんだから、恐ろしい話しゃないか」。

3.月刊誌VOICE 6月号で養老孟司氏はこう書いています。
「経済の分野に目を向けても、理論と現実が適応していない状況が散見さ
れます。これまで人類はカネを物神化してきましたが、経済はモノではな
く情報そのものです。話題を集めたMMTはその典型で、MMT論者がい
うにはカネは債務と債権の記録です。たとえばあなたが銀行から1000
万円を借りたとすると、その金額分の情報が発生したことになる。流通さ
えしていれば、そこに価値の裏付けは必要ない。泡銭という言葉かおりま
すが、まさしく現代経済の本質を表しています。

  以上の1や2と3は全く前提が違っていることが判ります。
1と2は「貨幣・通貨額イコール価値」であり、3は「貨幣・通貨はイ
コールではなく、通貨・貨幣は価値を生み出す酵素・触媒・道具・情報と
なった」と言っているのです。この違いが旧来の経済学とニクソン・
ショック以降の経済学の違いを生みだし、通貨と同一視されている「債
務」はもはや「(マイナスの)価値」を示していないという経済理論に変
わりつつあるのです。
MMTが「主流になった」大きな背景は、ニクソン・ショック後はもはや
「おカネ(お札)そのものと価値はイコールではなくなったのだ」(=王
様は見た通り裸じゃないか!)という事実が定着してきたからでしょう。
なぜなら、アメリカがドルをジャンジャン印刷して、社会に「供給」して
いるのと同様に、それを「支えている」日中の通貨だって、どんどん印刷
された「紙にすぎないお札」であるのは明白で、実質的には価値を必ずし
も帯同していない通貨同士の往来に過ぎず、価値つまり富の往来ではない
のです。価値と通貨を同一視することは「裸の王様が服を着ている」と
言っているようなことなのです。
(SSA生)

 
(宮崎正弘のコメント)よくお読みになって、簡潔なダイジェスト、たい
へん有益でした。読書家に感謝です。


  ♪
(読者の声3)「YE生様」の質問;我国を代表する良識派の読者諸賢にお
尋ねしたい;「いったいどうやって投票したらいいのか困り果てておりま
す」読者を代表して解答いたします。
 「組織の根本的な仕組み」そして、文化を変えない限り、解決できな
い。日本の場合、その主犯人は「日本弱体化、非日本化」を目的とし公布
された昭和憲法。故に、国体の崩壊が止まらない。
  この計画に全知全霊を込めて参加し、利益を得てきているのが文科省
とNHK。この二つを廃棄せねば、何の改善も始まらない。
国体の根元は、不動産でも科学技術、繁栄でもなく、国民の歴史・文化・
知識に基づく価値観に由来する。加瀬英名氏も繰り返し、この二つを槍玉
に揚げておられる。
 占領下、NHKはGHQの命令で「真相はかうだ」と毎晩ラジオで嘘の歴史を
流し飢えた絶望的な全国民を洗脳した。
もちろん朝日も同様で、GHQの家来として効果的に働き、今だにそのクセ
が抜けない。占領が終わった時点で、彼らは「すみません、大嘘をつきま
した。」と懺悔し、全員腹を切るべきであったが、今だに「真相」を否定
していない。
東大法学者は「8月革命説」という理屈で、昭和憲法を肯定するが、占領
下7年間に、毎日少しずつ、なんの反論も許さず、GHQによる静かなる非暴
力洗脳「革命」があった、のは事実である。
その革命に寄与した指導者たちが戦後の日本を運営して、彼らの子孫が日
本の政治・教育・報道を堅持「世襲」している。
 彼ら「売国奴」が日本を支配し続ける限り、日本の未来は無い。
まず文科省、NHKをぶっ壊す、べき。莫大な岩盤な権力を持つように見え
るが、実は国民の支持なしには存在できず、世論が変われば、意外と脆く
崩壊する、と思ふ。
今こそ、「百姓一揆」人民による請願運動。つまり米国占領政策からの独
立を図る秋がきた。
「危機」とは危険と機会。武漢菌危機を理由に、行動あるのみ。待ってい
ても誰も日本を助けてくれない。
(KM生)


  ♪
(読者の声4)先日の貴誌で、SSA様による、孤独死について仏教界の遅
れに義憤を感ぜられた動機の投稿が印象的でした。私はフランス、イタリ
アが欧州で遺品整理、管理の博物館の制度を開始し、それがドイツにおよ
び、さらに他の欧州諸国へ拡大していると、ドイツからの指摘を投稿しま
した。
 下記に一昨日、日経電子版で、我が国の一端を知るに及びました。有料
記事のため、全文を引用できませんが、ご参考に投稿させて下さい。
遺書・自筆遺言書を法務局や公証役場で制度化する仕組みが昨年できたと
あります。問題はそれに基づく、書類・遺品を保管する資料センターや博
物館の類のハコモノがまだ存在しないのではないかと思います。従来な
ら、お寺の檀家用の庫に遺品等が貯蔵されていたのでしょうか。それがシ
ステム化されてないまま、時代が変遷してきたとみます。
 引用開始:「広がる自筆遺言 保管制度で手軽に、支援グッズも
続々」。社会・くらし(2021年6月5日 11:11 [有料会員限定]
 「自筆遺言書を作成する人が増えている。法務局が自筆遺言書を保管す
る制度を昨年夏に始めたことで紛失や改ざんの可能性が低くなり、新型コ
ロナウイルスによる健康不安も重なってニーズが高まった。スマートフォ
ンのアプリやガイド本付き用紙セットなど、作成を手助けするサービスや
商品も続々と生まれている。
「死後に妻に苦労をかけたくない。遺言書一枚あるだけで安心だ」。新潟
県の自営業、高橋正芳さん(42)は遺言書に預金...」 
この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

◆身 辺 雑 記

渡部亮次郎 わたなべりょうじろう。

大学卒業後、記者としてNHK入り、仙台、盛岡局勤務の後東京の政治部
へ。河野一郎を担当。大阪でデスクをしたのち退職、外務大臣秘書官。そ
の後、社団法人の理事長18年。現在は年金生活者。メルマガ「頂門の一
針」主宰者
 
秋田県生まれ1936年1月13日85歳だ。どこといって故障個所は無いから100
位までは生きるだろう。兄は81で死んだ。肺炎。姉は91で。県立秋田高校
の同年生にもかなり の死亡者。

私の手相は長生きを示している。遺伝的にも母親は98まで生きたし。


--
渡部 亮次郎

2021年06月10日

◆ウイルスの起源とアメリカの関係

Andy Chang


AC 論説No.845 

アメリカはこれまでウイルスの起源が中国の武漢研究所から流出したこと
を否定してきたが、二週間前に
Wall Street Journalが武漢市で2019年10月に三人の研究者が体調
を悪くして入院したことを報道
したあとNYタイムスもこの報道に続き、ようやくウイルスの起源が中国で
あることを調査する動きが出
てきた。

2020年4月にトランプ大統領がコロナ疫病が中国から出たらしいと発表し
たが、ウイルス対応の最高責
任者であるDr. Fauciが極力これを否定し、メディアも中国起源説をトラ
ンプの陰謀論だと攻撃して否定
した。同じ時期にポンペオ国務長官もウイルスの発源地は中国であると主
張していたがDr.Faici は国防部
の調査を否定した。Judicial Watch誌が情報公開要求で3000通あまりの
Dr. Fauciと関連者のメールを
取得した結果、Fauciのさまざまな嘘が明らかになりつつある。

ウイルスの発源地はどこか、Fauciはなぜ中国起源説を否定しのか、アメ
リカは武漢のウイルス研究に資
金を提供していたか、なぜアメリカは中国起源説を否定するのかなど疑問
はたくさんある。この問題に
ついてユーチューブにも幾つかの詳しい研究がある。真相解明には長い時
間がかかるとおもうが、今回
は私が調べた事情と感想を書いてみる。

*1 アメリカはオバマ時代から中国とウイルスの共同研究をしていた。

アメリカはオバマ時代から中国の武漢研究所と合作してコロナウイルスの
研究をしてきた。6月4日の
New York PostのSamuel Chamberlainの記事によると、中国の武漢研究所
は2014年から2020年に停
止されるまで、多額の研究資金を得ていた。2014年に133.595ド
ル、2015年に139.015ド
ル、2016年ー2018年の3年間はそれぞれ159.122ドル、2018年に
76.301ドルである。これ
らの研究費はNIHが支給したのではなく、アメリカのEcoHealth Alliance
と社を経て武漢に渡された。
研究の目的は「蝙蝠コロナウイルスの危険性についての研究
(Understanding the Risk of Bat
Coronavirus)」である。

*2 研究目的は2002年のSARSに起因する

2002年に起きたSARSの疫病伝染はその発生源が中国の武漢で、蝙蝠が感染
したウイルスが人体に感染
して呼吸器障害を起こした病気である。それゆえ動物が感染するウイルス
が人体にも感染する可能性を
研究する必要があり、その発源地である武漢研究所と合作するのは自然の
成り行きだったと思われる。
SARSが発生した2002年のあと、世界各国の医学研究者は蝙蝠のウイルスの
変形が人類に感染する可能
性があり、SARSのウイルスは「蝙蝠が起源で、人間の呼吸器に危害を及ぼ
す」ことを知っていた。

このウイルスが人体に感染を及ぼすなら生物兵器として使う可能性もある
のではないか。
アメリカはなぜ中国と合作してこんな危険な研究を進めたのか。
アメリカの医学や軍の研究所も動物のウイルスが人体に感染を及ぼす可能
性を研究していたと思われる。
但しアメリカの生物兵器研究は攻撃兵器としてではなく防御のために研究
していたと思われる。

このウイルスの正式の呼称はSARS-CoV-2で、Covid-19と言う名前は疫病の
病名である。
中国がこのウイルスを生物兵器として研究した可能性はあっても証拠はな
い。そしてSARS-CoV-2は武
漢研究所の意外な事故で流出したのか、または中国が生物兵器として攻撃
したのかも不明、確かめるこ
とはできない。どちらも中国が認めるはずがない。

Foxnewsによるとオバマは2014年に中国と合作してこの研究をするのは危
険だと警告したと言う。
Fauciが研究所の主任だった国家アレルギー研究所(NIAID)は、オバマが
ストップした武漢に対する研究
費をFauciがアメリカのEcoHealth Alliance社を経由して武漢研究所に渡
したと言う。報道によると
EcoHealth Allianceは2014年から2019年の間に総額375万ドルを取得して
いた。Fauciはこれらの経
緯について詳しく国民に説明するべきである。

*3 ウイルスの起源説に対する疑問

報道によると武漢研究所は2019年夏に「人の肺機能組織を移植されたヒト
化マウスを使ってSARS-
CoV-2が人体に及ぼす研究」をしていた。しかも研究に携わった23人の
研究者のうち11人は中国の人
民解放軍の研究者だったと言う。報道ではこの研究を行った直後の2019年
10月に武漢で3人の研究者が
体調を悪くして入院したと言う。本当ならこの研究の際に誤って3人が感
染した可能性が考えられる。

つまり以下のことがわかる:
中国の解放軍は武漢研究所とともにCoV-2の生物兵器関連の研究をしていた。
研究の目的はヒト化マウスを使ってウイルスが人体の肺機能に及ぼす効果
であった。
研究に先立って武漢研究所はSRAS-SoV-2を所有していた。
このウイルスが人為的に作られたのか、或いは自然に変型したのかは不明
である。
自然型でも人為型でも、解放軍がウイルスを使ってアメリカを攻撃した疑
いがある。

*4 Dr. Fauciとサヨク民主党に対する疑問

Dr. Fauciはトランプ大統領からウイルス対策の責任者に任命されたにも
拘らず、疫病が発生した2020年
4月にはトランプのウイルス中国起源説に反対し、メディアを使って中国
の関与を否認し続けた。責任者
でありながらマスクの着用を否定した。トランプのワクチン開発令に疑問
を呈し、治療薬の開発を推進
せずHydrochloroquineに否定的だった。コロナ疫病の発生した初期のうち
に治療薬の開発が進んでいれ
ば死者の数も少なかったはずだ。

サヨク民主党もFauciと同じくウイルスの起源や治療薬の開発に否定的
だった。サヨク民主党は選挙に勝
つためウイルス関連の事項をトランプ攻撃に利用した。Fauci や民主党が
ウイルス中国起源説の調査に否
定的だったのは調査が進めばアメリカの関与と責任が問われることになる
からと思われる。

Covid-19 の疫病が人類に与えた被害は計り知れないほど甚大である。最
高責任者のFauci やサヨク民主
党が政治的な原因でウイルス対策を怠り、選挙のためトランプ攻撃に利用
した罪は非常に重い。
中国の責任は否定できないが、アメリカの責任も否定できない。

=======  AC 通信  =====   AC通信   =====
AC通信は転載自由です。
マグマグAC通信の配信登録は http://www.mag2.com/m/0001690065.html


at 08:33 | Comment(0) | Andy Chang

◆雀庵の「常在戦場/29 老人は戦老を目指す」

“シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red Gables/315(2021/6/8/火】散歩の楽しみは「発見」だ
ろう。最近の大発見は2002年に閉園した「向ヶ丘遊園」跡地をフェンス越
しながら垣間見える南北縦断路を発見したことだ。と言っても人が擦れ違
うのがやっとの小道だけれど。


藤子・F・不二雄ミュージアムの左側にある狭い坂を上ると先細りで行き
止まり、さらに鬱蒼とした木々に覆われた幅1mの階段を「ここで襲われ
たら草生す屍だなあ」なんて不安な気分で登ると、日傘を差したお嬢さん
に出会った。キツネかタヌキ? ここは地元住民用のムジナの通り道、近
道なのだ!


ここからは緩やかな下りになるが、同志諸君、20年も放置された立入禁止
の山、そこがどうなるか、もうここはほとんど原生林! 野生の王国! 
静寂の中を小鳥たちが歌っている! 気分はすっかり縄文人。


この跡地は小田急の所有で、半分近くは川崎市に譲ったか寄贈したが、そ
れでも16万2700平米、400メートル四方、東京ドーム(4万6755平米)3.5
個分の広さだ。小田急は当初はマンションなどを造る予定だったが、地元
の声に応えてこれを白紙撤回、今は自然を活かした「温浴施設・商業施
設・キャンプ場」を建設するらしい。


しかし、そんな施設はちっとも珍しくない。大体、隣は森林公園、生田緑
地、近隣にはよみうりランド。こどもの国(陸軍跡地)はナント1000メー
トル四方、多摩動物公園もある。ちょっと足を伸ばせ丹沢山系の高尾山、
奥多摩、御岳山、雲取山・・・


しかし、我が地元一帯にはこれほど広大で野趣満点の原生林のようなとこ
ろはないのだから、その植生を活かして「縄文の森」というコンセプトで
原生林保護と教育の場にしてはどうか、と思う。みんな縄文時代風の服に
着替えて遊びながら学ぶ、学びながら遊ぶ。縄文料理、縄文饅頭、縄文家
屋、土器や弓、布の作り方などなどテーマは尽きない。


♪ボクの名前はジョー、キミの名前はモン、二人合わせてジョーモンだ、
キミとボクとでジョーモンだ・・・頂上には大きな池やプールもあったか
らマス釣りや水遊びもできるだろう。


住民が資金を募って、かつ小田急や川崎市の協力もあれば「ジョーモンラ
ンド(縄文の森)」は実現しまいか。小田急の英断を期待したい。


と、まあ、散歩は刺激になる。刺激→ 好奇心→ 脳ミソ活性→ 散歩→ 刺激→
ということで、ボケ防止にも効くのではないか。国立長寿医療研究セン
ター・西田裕紀子先生の「高齢期における知能の加齢変化」からツマミ食い。


<知能の最も大きな分類は「結晶性知能」と「流動性知能」であるという
説がある。結晶性知能は、個人が長年にわたる経験、教育や学習などから
獲得していく知能であり、言語能力、理解力、洞察力などを含む。20歳以
降も上昇し、高齢になっても維持されやすい。


一方、流動性知能は、新しい環境に適応するために、新しい情報を獲得
し、それを処理し、操作していく知能であり、処理のスピード、直感力、
法則を発見する能力などを含んでいる。10歳代後半から20歳代前半にピー
クを迎えた後は低下の一途を辿る。


高齢期では日々、好奇心を高く暮らすことも、知能を高く保つために効果
的である。新しい経験に開かれていて、好奇心が高いという「経験への開
放性」の高さが、高齢期における結晶性知能を高く保つことと関連する。


日々の生活において、散歩しながら草花を調べたり、めずらしい野菜作り
に挑戦したり、住んでいる土地の歴史を調べてみたり・・・。高齢になって
こそ、好奇心旺盛に過ごし、興味や関心を広げたり掘り下げたりすること
もまた、結晶性知能、さらには知的な能力全体をよりよく保つことにつな
がりそうである>


好奇心をもって積極的、能動的に体、脳みそを刺激するのはいいよ、受動
的にTVやスマホをボーっと見ていると劣化するよ、ということだな。


医学新聞「Medical Tribune」2017/8/1によると、スコットランド生まれ
の子ども(11歳)でIQが高かった人の68年間の追跡調査では、死亡リスク
は呼吸器疾患−28%、冠状動脈性心疾患−25%、脳卒中−24%、けが
−19%、喫煙関連のがん−18%、消化器疾患−18%、認知症−16%だった
という。


IQが高いということは概ね出自がいいとか、学歴が高い、頭脳労働、管理
職という“上層階級”で、健康管理にも恵まれているだろうから、リスクが
低くなるのは自然かもしれない。しかし、30%近い差があるというのは
ちょっと驚きだ。長生きすればいいというわけではないが、知的好奇心と
か学問、教養、適度な運動は長寿のためにはプラスなのだろう。


長生きは結構なことだが、ヂヂイはその長生きの目的、目標を持った方が
いいと思う。子育ては終えた、食うには困らない、毎日が日曜日で時間は
ある、まだ知力、体力は残っている・・・ブラブラしているだけではもっ
たいない、のではないか。余計なお世話だが・・・


小村寿太郎外相は日露講和条約(1905年8月)に不満な国民が起こした日
比谷焼討事件について、「国民の士気盛んなるものあり、国家の前途また
洋々たり」、当時の国民に“大国ロシア何するものぞ”という意気、覇気、
元気があったので対ロ外交ができたと評した。国民にとっては不満だった
ろうが、ぎりぎりの線での妥協だった。


国民にこれくらいの勢いがないと政治家は惰弱になり、まともな外交がで
きずに国益、国家の品格を損なうことになりはしまいか。三島が頭にき
て、やがて絶望したのはそういうことだろう。全国で1か月もくすぶって
いたという日比谷焼討的なショック療法がないと、大和民族の荒ぶる魂は
覚醒しないのではないか。


憂国ヂヂイが2万人で日比谷で集会・デモをし、国会議事堂を取り巻けば
多少は目覚めるか? 築地あたりに乗り込んで暴れるヂヂイもいそうだか
ら「火つけはダメ!」と教えておく必要がある。アカが紛れ込んで悪さを
する可能性も否定できない。ヂヂイは興奮して脳卒中で倒れたりするから
医療チームや、パクられたヂヂイを支援するチームも必要だ。このあたり
のノウハウはイベント屋をしていたヂヂイが精通しているだろう。


人民戦線のような「愛国戦線」、即ち、小異を捨てて大同につくという連
合体と、その司令塔がまずは必要だ。象徴的なトップ、誰もが納得できる
“看板”があればいいが・・・そのうち見つかるだろう。時代が人材を生む。


日本での大デモは1970年の安保騒動(主要都市合計で130万人)がフィ
ナーレ(壮大なるゼロ!)だったから、“怒り心頭”の本物の大デモンスト
レーションは半世紀ぶりになるか。


<国家は物理的攻撃によってのみ滅びるものではない。精神的頽廃によっ
ても国家は滅びる。物理的な敗北はやがて復興することも可能であろう。
しかしながら精神的亡国の状況からの復興ほど困難を極めることはない。


特攻の生みの親とされ、自身も終戦と同時に切腹して特攻隊に続いた大西
瀧治郎中将は記者の質問にこう答えた。


「日本は恐らく物理的に敗北を喫するであろう。しかし、精神的な亡国の
憂き目にだけは遭わせたくない。青年たちが国難に殉じていかに戦ったか
という歴史を記憶する限り、日本と日本人は滅びない」>(岩田温著「日
本人の歴史哲学」)


「後に続くを信ず」・・・如何にせん、紅顔の青年は厚顔のヂヂイになっ
てしまった。老いたりとは言え、最初で最後の滅私奉公、ここで奮起せね
ばご先祖様に合わせる顔がない。

スローガンは「打倒!中共・習近平!」、万国の戦老ヂヂイ、団結せよ!
 小生も歴史の大転換に立ち会い、参画し、行動し、時代の空気と波を体
感したいなあ。このままでは未練が残る、死に切れん・・・ハハン、老人
の長生き願望はそういうことか。複雑な気分ではあるね。

目安箱:ishiifam@minos.ocn.ne.jp
https://blog.goo.ne.jp/annegoftotopapa4646
メルマガID 0001690154「必殺クロスカウン

◆香港の六四集会は禁止

宮崎 正弘

 
令和三年(2021)6月5日(土曜日)弐
通巻第6937号 

 香港の六四集会は禁止、市内は厳戒態勢でも蝋燭デモ
  台湾では「自由広場」で集会とパネル展示、蔡総統が声明文

 香港のビクトリア広場で予定されていた「六四三二」(天安門事件
1989年6月4日から32周年)集会は禁止され、警官3000名が動 員されて、
自由への発言を徹底的に封じ込めた。それでも公園付近には自発的に集
まった市民らは、スマホの照明で合図しながら無言の行進を行った。

 学者の呉仁華は「89年の民主化要求デモと集会は全土400ケ所で大 きく
展開され、北京の集会には百万人が集結して気勢を挙げた。 (1989年)6
月3日から4日未明にかかて、25万人の軍隊が動員さ れ、2000名の無辜の
民が虐殺された。その後の手入れで二万人が逮捕 され、一万人が死刑に
処せられた」と語った。数字は呉氏らの独自の調査 に基づくとされた。

 台湾では「香港の危機は明日の台湾の危機」という認識が拡がってお
り、土砂降りとなったが、台北市内の自由広場では集会が開かれ、テレビ
は一斉に六四特集。
 また同広場ではパネル展示も行われて「人権、民主、抗議全体主義政
治」のポスターが随処に貼られた。

 蔡英文相当はツィッターで、「台湾は世界に開かれた自由、民主の国家
であり、この断固たる信念の元、いかなる風圧や弾圧があろうとも、私た
ちの永遠の課題として守り抜こう」と訴えた。
 アメリカでも華人らが集まり集会や講演会が開催された。王丹らは前日
までに講演会を開催した。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■あの天安門事件から32年、芥川賞作家、楊逸氏に訊く特別番組
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
6月4日は、あの天安門事件から32年です。哈爾浜出身の芥川賞作
家、楊逸氏をお招きして現在の中国の情勢を訊きました。特別番組です。

https://www.youtube.com/watch?v=0UmO9O25jR8

楊逸女史は哈爾浜で過酷な運命に弄ばれ、下放され、辛酸をなめた。日本
にやってきて、様々な仕事をこなしながら日本語をマスター、外国人が
日本語で書いた小説で、文学界新人賞、そして芥川賞に輝き、その後は
『我が敵、習近平』などを発表してきた。
 出演は楊逸、浅野久美、宮崎正弘の三氏。
    (日本文化チャンネル桜)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読
者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(読者の声1) 我国を代表する良識派の読者諸賢にお尋ねしたいことがご
ざいます。
 1年半に及ぶコロナ禍で日本国民がみんな抱えているのだと思います。
なんか、うまく言い表せないのですが、もやもやした感覚です。疫病自体
は仕方ないのですが、なぜかこの国ではすべてがしっくり来ないのです。
 政治力、外交力、軍事力などには最初から誰も期待していなかったので
いいのですけけれど、経済も科学も医療も化けの皮がはがれてしまいました。
 いいところがまったくないうえに、先が見えない閉塞感とで、鬱憤が溜
まりに溜まって発散機会がなくなっているから、自粛警察、マスク警察、
店員を怒鳴りつけるおじさんが大量発生。

こういうときこそ、ビジョナリーな指導者が求められるのに、場末の魚
市場で3日くらい放置されていた鰯のような目つきの人物が1億人を乗せ
た船の舵を取っていることも乗客の船酔いを助長しています。

上の者には 媚びへつらうのに弱い相手には意地悪な庶務係長が定年で用
務員として再 雇用されているような爺さんが首相という現実に、もうこ
りゃだめだとま すます先行きに光明が持てないばかり。

昔なら首を狙う一騎当千が何人もいたのに、骨も牙も抜かれ与野党そ
ろって万骨枯れている惨状。衆参合計800人近くもいるのに投票したい者
が皆無。

国民新党や日本のこころなど小粒でも気骨のあった政党が消えたいま、
いったい自己の参政権をどのように行使すべきか、真剣に思い悩んでおり
ます。

自民党に投じれば、竹中平蔵、アトキンソン、女系天皇論者を重用して
いる現政権への信任票と見做されてしまうし、もちろん野党など論外、
いったいどうやって投票したらいいのか困り果てております。(東京都、
YE生)


  ♪
(読者の声2)貴誌令和三年(2021)6月5日(土曜日。前日発行
分)『(中国語のネット)では習近平を「XITLER」(シットラー)
を名づけ、「無駄な努力」と一刀両断の意見が多い』とあります。
 意味深な面白い表現ですね。

王様か奴隷の観念しかない中国は、戦狼外交が通用しないと思えば、逆
朝貢になるようです。追い詰められれば、多民族ゆえに、必ず足を引っ張
る者が現れ、易姓革命がおきるからです。

私は、韓国は、ハン(飯)は、ハン(怨)にまさると、以前から言って
います。朴槿恵元大統領は一千年日本を怨むと言いましたが、三日食せざ
れば、親日になります。韓国も、中国の小中華思想です。

その点、単一国家(アイヌも日本人)の日本は、『座して滅びるより
は』と真珠湾攻撃に奔った。多民族国家のアメリカでは、ABCD包囲網
と中国で泥沼に陥っている日本が、たかが石油とくず鉄ほしさに、対米戦
争を仕掛けるとは夢想だにしなかったのでしょう。いざとなれば、日本は
特攻する、恐い民族のようです。(斎藤周吾)

2021年06月09日

◆引き返せない枝野氏の共産傾倒ぶり

阿比留 瑠比
 

政界なんだかなあ 引き返せない枝野氏の共産傾倒ぶり 産経新聞論説委
員・政治部編集委員 

もう引き返せない地点、戻れない場所を表す「ポイント・オブ・ノー・リ
ターン」という英語表現がある。立憲民主党の枝野幸男代表が五月二十日
に出版した政権構想といえる著書『枝野ビジョン 支え合う日本』(文春
新書)を紹介する同日付読売新聞朝刊の記事を読み、久しぶりにこの言葉
が頭に浮かんだ。

枝野氏が同書の中で、政府が進める米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)
の名護市辺野古への移設中止を掲げたという部分についてである。記事は
こう指摘していた。

《しかし、枝野氏も閣僚を務めた民主党政権は「最低でも県外移設」を掲
げたものの、代替案が見つからずに再び辺野古移設に回帰し、県の反発を
さらに強めた経緯がある。与党からはかねて、「民主党政権が現実性のな
い県外移設を持ち出したために移設がさらに難しくなったのに、全く反省
していない」(自民党幹部)と冷ややかな声が出ている》

枝野氏も当然、当初は「(移設先の)腹案がある」と強弁していた当時の
鳩山由紀夫首相が、七転八倒しながら代替案を模索した揚げ句にとうとう
見つけられず、それが退陣につながったことをはっきり記憶しているはず
である。
鳩山氏は、国民から「腹案とはムー大陸のことだろうか」と呆れられ、米
国の著名コラムニストには「ルーピー(くるくるパー)」との不名誉なあ
だ名をつけられた。

冒頭、「ポイント・オブ・ノー・リターン」を引っ張り出したのは当時、
外交評論家の岡本行夫氏が月刊文芸春秋(二〇一〇年五月号)に書いた論
文『ねじれた方程式「普天間返還」をすべて解く』に、この言葉を用いた
こんなくだりがあったことから連想した。

《県外に移設先を見つけることは、現実には容易ではない。県外移設を主
張した人々は、普天間飛行場だけを切り取ってどこにでも移せると思った
のではないか。普天間のヘリコプター部隊は沖縄に駐留する海兵隊の足だ
から、本隊から切り離すことはできない。移すのなら一万人の海兵隊員、
キャンプハンセン、キャンプシュワブ、北部訓練場、瑞慶覧の施設群の全
てを一緒にだ。そんな場所が簡単に見つからないことは、誰でもわかる話だ》

《それなのに、根拠の薄い過剰期待を与えられ、県民感情はポイント・オ
ブ・ノー・リターンを過ぎてしまった。時間が経つとともに県内移設に対
する沖縄県民の反感は強くなり、いまや「県内移設」を求めることは難し
くなってしまった。

引用が長くなったが、要は枝野氏は完全に舵を切り、実現不可能なことを
堂々と公約する、戻れない「あっち側」に行ってしまったのだなと感じた
のだった。
「立憲共産党」という揶揄

政策面でも、国会対策面でも共産党にぴったりと歩調を合わせ、現実と向
き合い、格闘する考えをなくしたのだろう。このところ、この辺野古移設
反対をはじめ、東京五輪・パラリンピック開催中止などさまざまな政策で
共産党と協調する場面が目立つ。それがあまりにも露骨なので、「立憲共
産党」と揶揄されるほどである。

共産党との連携を深め、次期衆院選をはじめとする国政選挙、地方選挙で
支援と協力を得続けたいということだろうが、それはつまり、もう政権を
本気で目指す気はないということを意味する。

国民は、欧米諸国に比べ全体主義や共産主義への警戒心は薄いものの、破
壊活動防止法の調査対象団体である共産党に政権を預けようとはしないだ
ろう。コロナ禍にあることを除けば、国民はおおむね現在の社会体制を肯
定している。
また、共産党の志位和夫委員長は五月十五日の東京都内の講演で、立憲民
主党と次期衆院選で協力するには、自身が提唱する「野党連合政権」樹立
に合意するのが条件だと強調している。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
松本市 久保田 康文 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


◆なぜコロナ人工説が急浮上?

吉田 繁治


米国メディアからFacebookまでが転向した
              本当の理由

コロナ人工説が先月5月から急に再浮上しました。Facebookまでも検閲を
解き、日本のメディアも徐々に報じはじめています。この急転換の発端と
今後に予想される動きを解説します。(『ビジネス知識源プレミアム』吉
田繁治)


「コロナ人工説」が再浮上した発端
先月5月頃から急に、新型コロナの起源をめぐって、流れの転換が起こっ
ています。きっかけは上院公聴会での、ファウチ博士に対するランド・
ポール議員の追求でした。

ファウチ博士は、20年ぐらい大統領医療補佐官を務めている人物です。新
型コロナのウイルスはコウモリ由来であり、自然に発生したものだと強く
主張していました(米国立アレルギー感染症研究所所長)。

ファウチ博士は、古くから自分の研究所で、ウイルスの機能獲得実験をし
ていました。RNAの遺伝子を組み変えて、感染力を高め、動物に接種して
感染させ、ワクチンや医薬の開発をする基礎研究です。

政府(オバマ大統領)は、「この実験は危険すぎる」として米国内での実
験を禁じました。あきらめきれなかったファウチ博士は、ウイルスの株を
武漢研究所に移管し、民間団体を通じて60万ドルの研究費を渡していま
す。米政府も数百万ドルの研究費を出して武漢での研究を支援したので
す。中国が、当初、新型コロナのウイルスは米軍発と言っていたのは、こ
のことでしょう。



この疑惑を、ランド・ポール議員が公聴会で追及したのです。米国の公聴
会では、宣誓証言を求められ、虚偽の答弁をすれば禁錮3年の刑事罰にな
ります。

ファウチ博士と研究所を検察が捜査すべきだという声が上がり、追い込ま
れたファウチ博士は、「新型コロナウイルスが自然由来であることは確か
だ、とは言えなくなった」と、それまでの主張と立場を180度変えました。

ここから、怒涛の流れが起こったのです。

ファウチ博士は、90日以内に辞任すると言われます。移管された新型コロ
ナウイルスが武漢研究所で作られ、生物兵器として世界に対して使われた
のなら、博士は第一級の国家反逆罪に問われます。これは私の推測です
が、検察の捜査がされないうちにポストを降りるという判断でしょう。

武漢研究所は人民解放軍のウイルス研究施設です。生物兵器と解毒のワク
チンや医薬の研究を、同時に行っていると言われています。古来、細菌と
ウイルスの研究は、国民の健康のためというのが表向きです。生物兵器と
して、国家が開発実験していたものです。貧者の核兵器といわれていたも
のです。

米政府とCIAは、イラクにもこの疑惑をかぶせて、イラク戦争を起こしま
した(2003年)。中国の研究施設は、ぜんぶが中国共産党(CCP)の指揮
下にあります。

もし新型コロナウイルスが人工のものなら、生物兵器として研究された可
能性が高いでしょう。

米国メディアが報じていること
19年11月頃に武漢で発生したとされる新型コロナは、起源・症状・ワクチ
ンを含めて、「検証」の数値で定かになっていないことが多すぎます。


ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたのは、2012年4月に中国南西
部の廃坑(銅山)で3人が死亡しそのときに新型コロナウイルスに類似し
たウイルスをコウモリの糞から武漢研究所が発見していたということです
(5月26日)

中国側はこれを否定しています。そのウイルスを人工的に変異させ、感染
力を強化させたものが新型コロナウイルスかもしれないとの報道です。

Next: なぜ世界が急に「人工説」に傾いた?当初は無視された論文の中身
        

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。