2021年09月21日

◆アフガニスタンでも情報戦争はネット

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)9月14日(火曜日)弐
通巻第7051号  

異口同音「わたしは死んでいない。フェイクに気をつけろ」
  アフガニスタンでも情報戦争はネット、SNS時代に

 バラダールが死んだ。
 この噂はインドで広がった。タリバンの暫定政権で副首相になったバラ
ダール、本当は首相になるはずだったのに内部の権力闘争に敗れた。その
後、内ゲバは銃撃戦となりバラダールは殺されたというニュースがネット
を賑わした。
 
 インドから北上しパキスタンのSNS網でも流れたタリバン副首相死亡
説は、9月13日にバラダール自身がヴィデオに登場し、否定した。
「わたしは生きているし、地方を旅行していた。死亡説は悪質なフェイク
だ」と述べた。記者会見ではなく、居場所も特定されないヴィデオだか
ら、怪しむ向きもある。

 一方、「アフガニスタン政府大統領代行」はパンジシールにいる。
 ガニ前大統領が国外逃亡を図ったため、旧憲法に従ってルホラ・サレー
副大統領が「大統領代行」を名乗って、パンジシール渓谷に潜み、タリバ
ンと交戦中である。
 旧北部同盟の戦闘部隊は健在で、タリバンは制圧を急ぐが、ソ連も米国
も落とせなかった難所だから、パンジシールは旧政府軍の最後の砦である。

 そのサレー死亡説も流れた。
これもフェイクらしく、駐タジキスタン・アフガン大使のザヒール・アク
バルは「サレー副大統領はパンジシールで生きている。タリバンと闘って
いる。またタリバンの発表でサレーの自宅から650万ドル相当の金塊が
見つかったという報道もフェイクだ」と発表した。
 フェイク情報が飛び交うアフガニスタン、その情報戦の高度化も刮目す
べきだろう。
    ☆▽□☆◎み☆◎□☆や□▽◎☆ざ▽◎□☆き◎☆◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★アンディ・チャンのアメリカ通信★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

呆けのバイデン、腹黒ハリス
@@@@@@@@@@@@@@

 惨憺たるアフガン総退却が終わったのが8月31日で、ニューヨークのツ
インタワーがテロの自爆攻撃で崩落した911の20周年記念日の式典が昨
日終わったところである。アメリカはアルカイーダ、タリバン、ISISと20
年も戦って「栄誉ある撤退」をするかと思ったらバイデンの総退却で「国
家でもないテロ」と20年戦った相手に降参した。
数千人のアメリカ国民と850億ドルの武器弾薬を置き去りにして退却した
バイデンの責任は重い。アメリカ国民を置き去りにしたのは「万死に値す
る」罪だ。
 ところがバイデンは得意げにアフガン撤退を「賢明な決断だった」と述
べ、あまつさえ「ノルマンディ上陸にも勝る撤退作戦だった」と自慢した
のである。
明らかに頭の具合がおかしい。しかも日増しに募るアフガン退却の批判を
逸らすため、「大統領命令で連邦政府職員全体にワクチン注射」を発表した。
バイデンは「オレは大統領だ、オレのいうことを聞け」と威張っている。
既に各州でバイデンを憲法違反で告訴する動きが出ている。国民の関心を
逸らすつもりで新たな危機を作ったのだ。
 バイデンは就任以来、大統領命令で危機を作り出し、危機の責任を躱す
ため話題を転じて新しい危機を作り出してきた。国境問題危機、未成年者
収容危機、中国の派遣進出と米国批判、ワクチン政策の失敗、BLMと
Antifaの暴動と犯罪の大幅な増加、失業率とインフレとホームレス、3.5
兆ドル予算と税収政策、Critical Race Theory(白人自虐論)、アフガン
総退却、ワクチン強制命令……。

 バイデンは度重なる危機について一度も改善策を考えず、嘘を連発する
けれど自責や詫び言葉を述べたことは一度もない。
これは一体どういうことなのか。バイデンが鉄面皮で恥知らずとしても度
が過ぎる。彼はどうして恥を感じないのか?なぜ間違いを直さず責任を負
わないのか?
なぜ謝罪しないのか?
側近や黒幕はどこまで彼を庇うことができるか?。
 バイデンの傲慢さと鉄面皮な言動は一部はボケかアルツハイマーの兆候
で、一部は呆けバイデンを操っている側近と黒幕の見えすいた嘘(救助
策)である。自分が犯した過失はすぐ忘れる。危機を迎えても翌日には忘
れてしまう。失敗が多すぎて日常茶飯事になると失敗しても謝らないし側
近も慣れて見逃してくれる。
側近は呆けのバイデンが失言しないようにテレプロンプターの原稿を準備
し、メモを彼のポケットに入れておく。記者会見ではあらかじめ記者(サ
クラ)の質問を聞いて答えをバイデンに教えておく。質問記者の名前と順
番をメモに書いておく。
 これらはみんなが見聞していることである。要するにボケだからすぐに
忘れるし自責の念もない。これがアメリカの大統領なのだ。ところが呆け
のバイデンは自分がまだ大丈夫で「偉大なる大統領」を見せつけようとし
て出しゃばり、失敗を国民に見せつけるのである。

 ところで本来なら大統領を補佐するのが副大統領の責務だと思うが、カ
マラ・ハリス副大統領はこれまで一度もバイデンの手助けをしたことがな
いばかりか、バイデンに関わりを持ちたくないと言った態度が明らかであ
る。ハリスは就任以来いつも話題にならないように行動して無能と罵られ
てきた。
 ハリスはバイデン大統領を補佐しないしバイデンの指示も無視してい
る。バイデンが国境解放と違法入国者歓迎政策で批判され、慌ててハリス
を国境問題解決の主任に任命したが、ハリスは 何もしなかった。
 メディアに批判されて一度だけグアテマラを訪問したが結果はゼロだっ
た。ハリスは一度も国境を視察していないと言われ、一度だけテキサスの
国境を訪問したが移民収容所を視察せず半日でワシントンに戻った。つま
り努めてバイデンを無視しているのである。
 バイデンに任命されても何もしない。バイデン政権が発足してから犯罪
事件の増加やコロナ感染増加、ワクチン政策危機、国境問題に関与せず発
言もしない。
アフガンの総退却が起き、ISIS-Kのミサイル攻撃で13名の兵士が死亡した
時はシンガポールとベトナムを訪問して風波を避けた。

彼女はバイデンが何をしても知らぬ存ぜぬで一切関与しない。彼女はバイ
デンの失敗を喜び、自分の出番を待っているのだ。彼女は無能ではなく腹
黒いだけである。腹黒ハリスを副大統領に選んだのはバイデンの自業自得だ。
 彼女は無能ではなくバイデンの弾劾辞職を待っているのである。アフガ
ンの総退却でバイデンの人気は下落して39%となり弾劾の動きが活発に
なった。だがハリスの人気は35%でバイデンよりも低い。バイデンを罷免
して腹黒ハリスが大統領になってもアメリカは良くならない。
 バイデン弾劾は始まったばかりである。アフガンに取り残されたアメリ
カ国民が人質になって身の代金を要求される可能性、グアンタナモ監獄に
入れられたタリバンの釈放要求、タリバンに贈呈した850億ドルの最新武
器の追及、アメリカ国内で起きるタリバンテロ。国内問題も山積してい
る。バイデンは辞職しないと頑張っているけれども弾劾は目前に迫っている。
        
 (アンディ・チャン氏は在米評論家)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆     
  ■読者の声 ■READERS‘OPINIONS ■どくしゃのこえ■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1))昨日の宮崎氏の書評で、「夥しい予防接種を受けなけれ
ばならなかった。「黄熱病、コレラ、A型肝炎、デング熱、マラリア、狂
犬病など。日本では馴染みがないようなアフリカ特有の疫病が存在するか
らだ」との記載がありました。
もう一つアフリカ特有の予防接種に「寄生虫駆除」があります。日本でも
70年ほど前までは、日本人の殆どが寄生虫を体内に飼っておりました。北
朝鮮の兵士からも相当な量の寄生虫が出てきました。
腸の中でおとなしく共存している分には、あまり被害はないが、脳や目に
まで入ると、危険であり、メクラにもなる。
 そこで活躍していたのが、日本人が開発した例のイベルメクチンで、過
去30年間、後進国で億単位の被害者、患者を救ってきた。その安全性、副
作用もなく、間違って多量に服用しても被害はなく、しかも大変非常に安い。
 最近のアフリカを例にとれば、北と南の国々はなぜかイベルメクチンを
使用せず、患者死者数が多いが、中部の国々では使用したため、死者はほ
ぼゼロになっている。
予防にもなるし、治療にも良い。長期の治験、人体実験で安全性は保障さ
れている。まさに完璧な武漢菌のために「天が人類を救うために授けた」
ようである。
それを世界中の殆どの政府が、「馬や犬の寄生虫駆除」と言う人心を惑わ
す嘘の報道をする。政府も医師会も、国民の命を犠牲にして憚らない、と
いう不思議な恐ろしい非医学的、非科学的、非合理的な全体主義的な時代
になってしまった。
なぜ?と理由は不明であるが、まずはとりあえず自己防衛。
  以前にも投稿しましたが、御参考まで。最近のデルタ株では病状が早
く進むので、「早期の治療」がより一層決め手になります。
下記の資料を印刷して、医者に見せる。ゴチャごちゃいって何もせんけれ
ば、他の医者に行く。良心・医師倫理のある医師もいるはず。
1. 予防的に使う。
https://covid19criticalcare.com/wp-content/uploads/2021/03
/FLCCC_Alliance-I-MASKplus-Protocol-日本語Japanese.pdf
2. 初期の感染。医師の為の情報。
https://covid19criticalcare.com/wp-content/uploads/2021/06/FLCCC-
Alliance-MATHplus-Protocol-日本語-Japanese.pdf
3。長引いた場合の処方。
https://covid19criticalcare.com/wp-content/uploads/2021/07/FLCCC_Alliance-I-RECOVER-Post-COVID19-Protocol
-日本語-Japanese.pdf
4。原文、https://covid19criticalcare.com
(在米のKM生)

2021年09月20日

◆移ろう世論とどう向き合う

                 【阿比留瑠比の極言御免】

 16日で菅義偉内閣の発足から1年を迎える中で、菅首相が出馬しない自
民党総裁選ですでに白熱の戦いが繰り広げられている。次の権力者は誰
か。政治家もマスコミも、関心事は次期政権の担い手に移っているが、そ
の光景にむなしさを覚える。

 「私の自業自得ですよ」

 菅首相は退陣表明後、周囲にこう語った。1年余の短命政権に終わる理
由はいくつか挙げられるにしても、結局は新型コロナウイルスへの不満と
不安のはけ口にされ、人気が低下していることに尽きよう。

 衆院選を間近に控えた自民党議員らは「新しい選挙の顔」を求めたので
ある。それでは国民の人気、政治家を選ぶ基準とは何だろうか。一瞬で移
ろう世論に振り回されるのは、仕方がないことなのか。


民主党政権1カ月で


 試みに平成21年10月、民主党政権の鳩山由紀夫内閣が発足して1カ月の
時点での産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査
結果を振り返ってみたい。このときの鳩山内閣の支持率は60・9%(不支
持率は20・7%)で、その後わずか7カ月ちょっとで迷走の果てに鳩山首
相が退陣に追い込まれるとは、想像し難い数字だった。

 140人を超える民主党新人議員には期待できるかとの質問に、「そう
思う」との回答も66・3%に上り、「思わない」の17・2%を大きく上
回っていた。当時、小沢一郎幹事長にちなみ「小沢チルドレン」と呼ばれ
た彼らが、散り散りバラバラになっていくのは周知の通りである。

 今の首相にふさわしいのはとの設問の回答は、@鳩山氏(28・7%)A舛
添要一元厚生労働相(9・7%)B岡田克也外相(8・2%)C菅直人財務
相(5・5%)D小沢氏(4・4%)―の順で、12年前のことがはるか遠い
昔のような気分になる。国民の評価もあっというまに変わる。

 この年3月には、文芸春秋4月号が「これが日本最強内閣だ 識者33
名&政治記者84名アンケート」という特集記事を掲載していた。識者が選
ぶ「夢の最強内閣」の顔ぶれをみると、ジャーナリストの田原総一朗氏は
環境相に辻本清美現立憲民主党副代表、同じく大谷昭宏氏は官房長官に田
原氏、農林水産相に田中真紀子元外相を挙げていた。

 経済アナリストの森永卓郎氏は、防衛相に福島瑞穂社民党党首だとして
いたが、もはや基準も理由も本気なのかも分からない。

 一方、政治記者が首相候補として示したのは、小沢氏と岡田氏がそれぞ
れ19票の同率トップだった。彼らは今も、自分の目は正しかったと思うだ
ろうか。

政策は二の次

 気になるのは、現在の自民党総裁選でも、どの候補が国民に人気がある
かの話題性ばかりが問われ、どの候補がどんな人物でどんな政策を実行し
たいのかは、二の次に扱われているように映ることである。議員もマスコ
ミも、世論ばかりに目をとられていないか。

 第1次安倍晋三政権が終わって約3か月後、安倍首相と雑談をしてい
て、世論を操ったかに見えた小泉純一郎元首相の話題になった。安倍氏は
こう言った。

 「小泉さんは世論について、あまりたいした重みのあるものと思ってい
ない。だから田中氏を外相にしたり、(若かった)私を幹事長に抜擢
(ばってき)したのだろう。しかし、同時に世論を突き動かしてきた」

 世論に冷め、どこか突き放していたからこそ、うまく利用できたのでは
ないか―。政治は所詮そんなものだと、思いたくはないのだが。

(産経新聞論説委員兼政治部編集委員)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
松本市 久保田 康文 
【産経ニュース】 採録


━━━━━━━━━━━━━━━━


◆世の中に絶えてカープのなかりせば
馬場 伯明

昨夜(2021/9/16〈木〉)は平日にもかかわらず、プロ野球セリーグの試
合がなかった。カープは今夜も雨で中止となった(2021/9/17)。気持ち
がほっとなった。ゆったりと酒を飲むことができた。なぜか私が「推して
いる」カープの勝ち負けの心配をする必要がなかったからである。

平安時代の在原業平の有名な花の歌(短歌)がある(1)。百人一首には
別の《千早ぶる神代もきかず龍田川・・・》が選定されているが、この歌
(1)は千年のときを越えて私たち(歌の)素人の心に深く迫って来る。
意味もわかりやすい。もじり歌を(2)に書く。

(1)世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし 在原業平
(2) 世の中に絶えて(A)のなかりせば(B)の心はのどけからまし 

Aにはいろいろな語句を入れることができる。何を入れてもそれなりに
「歌」になってしまうからおもしろい。たとえば、Aに「仕事」、Bに
「俺」とする。「仕事」もときにはおもしろいが、なければ気楽で「♪俺
(!)の心はのどけからまし」であろう。Bは春夏秋冬どれでも可。

また、Aは好きだがなかなか思い通りにならない「ゴルフ」でもいいし、
嫌いな「あいつ」や「片想いの相手」でもいい。最近であれば、Aは「マ
スク」かな(笑)。マスクってとにかく鬱陶しい。こんなものはすぐ外し
たいけれども、「三密」とか何とか言って周りがうるさいので、私はやむ
なく鼻と口を覆っている。

しかし、表題にもどれば、何と言っても(1)の歌を思い浮かべるたび
に、(2)のAでは、いつも「カープ」が心に蘇ってくる。とくにこの3年
間は(なぜか)カープの低迷が続いているのでなおさらである。

世の中に絶えてカープのなかりせば俺の心はのどけからまし 馬場

カープなどなくなってしまえばいい。「カープ、なかりせば(!)」あれ
これ悩むこともなくなるのだ。ところが、実際に、カープが世の中からな
くなってしまったら大変だ。それは困る。カープはすでに人生の大きな部
分を占めている。勝ち負けがあってもカープを「肴」に酒を飲み盛りあが
る楽しみが消えてしまう。

カープファンはつらいな。悩みが多い。それは、前後から右顧左眄し、斜
めに紆余曲折し、勝てばうれしく負ければ悲し。悲しくても大声で歌う
カープの応援歌「それ行け、カープ〜若き鯉たち〜」。悲喜交々で、玉石
混淆の喜怒哀楽劇場がつづく。 

私は65年以上のカープファンである。カープはこんな古女房だから、今さ
ら捨てるのも可哀そうであり、捨てるわけにもいかず、逆に、高齢になる
私も捨てられるのは嫌だ。「♪どうすりゃいいのさ、思案橋〜〜」。

かつて、「弱い巨人は置いていく(2017/7/16.本誌」と余裕を持って巨
人ファンを揶揄し挑発したこともあった。今カープのあの栄光のセリーグ
三連覇は夢の彼方へ消えてしまった。三連覇中のカープと、今のカープと
どこが違うのだろうか。当時からの選手もいるのに。

さて、ここで、視点を変えて考えてみよう。昔、勤務した工場の現場で、
伝統的な管理手法であるQC(Quality Control)やQA(Quality 
Assurance)と併せ活用したものが「IS、IS NOT(法)」だ。これは、ア
メリカのKepnerとTregoeという2人の学者により考えられた問題解決法
「KT法」のプロセスのステップで、問題分析と原因究明の手法である。

(1)「IS(イズ)」:問題のあるものと(2)「IS NOT(イズノット)
」:問題のなかったものの双方を比較して相違点を洗い出し、もっとも可
能性が高いと思われる相違点を解析し比較して真の原因を突き止め、生産
性や安全の向上などに生かしたのである。

では、「IS、IS NOT」をカープの場合に適用してみよう。
(1)「IS」を今(2021)のカープとし、(2)「IS NOT」をセ三連覇中の
カープとし多面的に分析する。横軸に(1)と(2)を置き、縦軸に、比較
する項目を列記する。KT法の定番では、確認項目を3W1H、つまり、What・
When・Where・Howからそれぞれマトリックス分析をする。

そこで、マトリックス(表)を作成しカープの現状(問題あり)と三連覇
のカープ(問題なし)を対置し比較分析してみた。ただ、このプロセスを
詳しく書けば本稿のページ数が激増するので、省略し、とりあえず、
「IS、IS NOT」からの(私の)結論だけを提示する。

打線(打率・本塁打数、打点)には差異はあるがまずまず。守備もそこそ
こだ。先発投手も個々にはばらつきがあるがいいときもあり、抑えの新人
栗林投手もいい。判定された重要な「相違点」を列記する。

(1) 優秀外人の採用と起用(投手:先発、野手:スラッガー)。今と
なってはジョンソン投手やエルドレッドの豪打が懐かしい。
(2) 小さな野球の重視(盗塁・セーフティバント・スクイズ・進塁打・
全力疾走・・・)。なぜ、ここ一発のチャンスでスクイズをしないのか。
(3) 監督の指揮(詳しい項目は省略する)
(4) 球団・チーム一体となった勝利への執念。最も重要である。

「KT法やIS、IS NOT(法)」は有効である。しかし、思えば、ないものを
憂えてもしょうがない。私は一ファンに過ぎない。私がやっているわけで
はなく、他人の(!)選手らが現場で「野球を」やっている。それでも、
カープには、上の指摘の一つでも参考にしてもらえばうれしい。そして、
2021年の最後の反攻と2022年の栄光へ備えてもらいたい。

いろいろ、PCの前でぼやきの駄文を連ねていたら、あらあら〜〜、遠方の
盟友である「カープ女子」のN子さんからメールが入った。落ち込む私に
とって、こんなにうれしく楽しいことはない。

「有朋自遠方来 不亦楽 」(朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからず
や)「論語・学而第一」より。太古の昔からの人生の真理である。
   
長くなるがメールを転載する。ご照覧ください。

《勝てないカープは本当に悩ましい!贔屓の大瀬良や森下が勝てず最下
位。誠也が6試合連続ホームランを打ったかと思えば、9打席ノーヒット。
4連敗!馬場さんと同じように、試合のない日は心穏やかですが、「世の
中に絶えてカープのなかりせば・・・」、ほんとになくなったら、それ
は、やっぱり困リます。

私にとり最早生活の一部「カープ 命!(笑)」。最近はなかなか勝てな
いので違う楽しみ方をしています。スカパーは試合開始から試合終了まで
全試合放送があり、カープの試合を録画して勝ち試合を翌日のんびり観直
します。でも・・・負けたら即消去します(笑)。

今日も台風の影響で試合中止(2021/9/17)。巨人:ヤクルト戦をちらっ
と観ました。どちらを応援?どっちでもいい!馬場さん、正随(*1)楽し
みですね〜(N子)》。(転載終わり)。

(*1)正随優弥(しょうずいゆうや)1996広島市生まれ、2018ドラフト6
位。外野手、亜細亜大卒、2021/9/15の中日戦、逆転スリーランを打つ。
(「正随」という選手は、カープファン以外には誰も知らないかも・・)。

盟友っていいなあ。長年の仕事仲間であってもこのように共感できる人は
なかなかいない。朋友(とも)よ、今年のカープは死に体だけど、来年は
亦(また)生き返ろう。

カープ球団は、工場生産ライン等の「KT法やIS、IS NOT(法)」も真剣に
研究し、その成果を野球の現場に適用し生かしてほしい。カープファン
は、カープのセリーグ三連覇の再現・継続と日本一をひたすら祈念してい
る。(2021.9.18 千葉市在住)



           
━━━━━━━━━━━━━━━


◆「次のリーダー」選択の行方

☆高市氏の支持“急拡大”政策・理念の一貫性で突出 河野氏と出馬表明会
見の動画再生回数でも大差 自民総裁選きょう告示「次のリーダー」選択
の行方 2021.9.17 夕刊フジ【zakzak】ニュース


 自民党総裁選は17日午前に告示され、岸田文雄前政調会長(64)、
高市早苗前総務相(60)、河野太郎行革担当相(58)、野田聖子幹事
長代行(61)の4氏が立候補を届け出る。党内7派閥のうち6派閥が事
実上の自主投票となる。前哨戦では、世論調査で人気のあった河野氏が
「持論封印」や「パワハラ問題」などで伸び悩む一方、政策や理念を明確
な言葉で訴える高市氏への支持が拡大しているようだ。日本の「次のリー
ダー」は、新型コロナウイルス対策や経済成長、中国や北朝鮮の軍事的脅
威など、国内外の難題に立ち向かう能力と覚悟が求められる。投開票は
29日。自民党の選択が注目される。

 「コロナ禍の中、国民の命と生活を守り、経済を活性化する為の具体的
な政策を示し、日本の主権は守り抜くとの確固たる決意と、国家観を力強
く示した高市早苗候補を支持いたします。世界が注目しています。皆さま
宜しくお願い申し上げます」

 安倍晋三前首相は16日夜、こうしたツイートを、高市氏の出馬会見の
写真とともに発信した。これまで、出身の細田派幹部を通じて「高市支
持」を伝えていたが、ついに前面に出てきた。

 高市氏は、これまで総裁選に出馬経験がないため序盤戦の世論調査で
は、岸田氏や河野氏に大きくリードされていた。

 ところが、「日本を守る責任と未来を開く覚悟を持って、立候補を表明
します」と語り始めた8日の出馬会見は、安全保障政策やコロナ対策、経
済強靱(きょうじん)化、外交、福祉、憲法など、約1時間50分、圧倒
的な政策力と気迫を披露した。途中、怒号まがいの質問もあったが、落ち
着いて対処し、炎上もなかった。

党内でも、「高市氏の政策知識と説明能力には驚いた。あれなら、野党の
国会追及にも対応できる」などと評価が一気に高まった。

 高市陣営が14日、国会内で開いた「選挙対策本部立ち上げ集会」に
は、何と国会議員71人(本人39人、代理32人)が参加した。

 読売新聞が17日朝刊一面で報じた「国会議員の支持動向調査」による
と、岸田氏と河野氏が約2割、高市氏が約15%の支持を得て競い合って
いた。高市氏の急伸ぶりが伝わった。

 これに対し、河野氏は、知名度のある石破茂元幹事長と、小泉進次郎環
境相の支持を得て、爆発的な支持拡大を狙っていたが、どうも伸び悩んで
いるようだ。

 動画配信サイト「ユーチューブ」にアップされた、高市氏と河野氏の出
馬表明会見の動画(FNNプライムオンライン)を見ても、再生回数に大
きな差が見られる。

 高市氏の会見(8日配信)は17日午前7時時点で、254万4392
回に達し、「高い評価」が6万3122、「低い評価」が4239。

 一方、河野氏の会見(10日配信)は24万990回と高市氏の10分
の1以下で、「高い評価」が1509、「低い評価」が1万5119と、
圧倒的に不評だった。

 河野氏が総裁選出馬にあたり、持論とされる「脱原発」や「女系天皇容
認」を封印したことや、外相や防衛相経験があるのに外交・安全保障政策
に具体性がなかったことが影響したのか。

さらに、河野氏は15日に生出演したワイドショーで、コメンテーターの
杉村太蔵元衆院議員から「河野さんは役人を怒鳴るでしょ? 自分の立場
弱い人をガンガンガンガン責め立てるでしょ? 鋭い言葉で。これは一番
心配していることなんです」と懸案の「パワハラ問題」を追及された

 麻生太郎政権時代や安倍政権時代に「後ろから鉄砲」を撃ちまくった石
破氏が「河野支持」に回ったことが、支持拡大のブレーキになっていると
の見方もある。

 河野陣営が16日、都内のホテルで開いた「必勝を期す会」には、石破
氏や進次郎氏や国会議員57人(本人28人、代理29人)が参加した。

 このほか、岸田氏は、足元の岸田派を固め、格差是正や中間層への手厚
い分配を重視し「令和版所得倍増計画」を掲げる。記者団に「勝利を確信
している。今まで以上に訴えのボルテージを上げたい」と語った。

 野田氏は16日、党本部で出馬を明言した際、「これまで主役になれな
かった女性や子供、高齢者、障害者が社会の中で生きていける、生きる価
値があるのだという保守の政治を自民党の中で作り上げたい」と述べた。

■安積明子氏「河野氏は準備不足」

 総裁選は、国会議員票の383票と「地方票」と呼ばれる党員・党友票
の383票の計766票を争う。過半数を獲得した候補がいなければ、上
位2人が国会議員票と47都道府県連に1票ずつの合計430票による決
選投票で当選者を決める。

 総裁選での「高市氏の支持拡大」「河野氏の伸び悩み」をどう見るか。

 政治ジャーナリストの安積明子氏は「河野氏は結局、世論の人気頼み
で、明らかに準備不足だった。出馬会見でも持ち味の勢いはなかった。週
刊誌の『パワハラ』報道では脇の甘さも露呈した。ふわっとした人気は
あっても、党員票にすべてが反映されるとは限らない。周囲も気が付き始
めたようだ」と語った。

 そのうえで、「高市氏はずっと、政策づくりを深堀りしてきた。こうし
た下地が周囲にも理解されて、伸びてきたようだ。ここにきて、さらに
『総裁選に勝つ』との思いを強めている。各派閥は『自主投票』だが、あ
る程度は各候補に割り振るはずだ。一気に国会議員票が増えるとは思われ
ないが、どれだけ伸ばすか、注目したい」と語っている

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
松本市 久保田 康文 
夕刊フジ【zakzak】ニュース 採録

2021年09月19日

◆河野氏支持は真の保守か

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】 2021.9.16

岸田文雄、河野太郎、高市早苗の3氏が立候補を表明した自民党総裁選で
節操を欠く事象が起きている。世論調査で高い支持率を誇る河野氏に当選
3回生以下の衆院議員が群がっているのだ。ここでは彼らを都合上、年齢
に関わりなく「若手議員」と呼ぶ。彼らに問う。河野氏支持の理由は何
か、と。

彼らの多くは安倍晋三前首相に寄せられた保守層および保守中間層の強い
支持ゆえに当選した。安倍氏は野党時代を含め6回の国政選挙で圧勝し平
成29年の衆院選では284議席を獲得。その結果生まれたのが彼ら若手議
員だ。その数は現在126人、党所属の衆院議員の4割超だ。

彼らは多くはいまだ自身の政治基盤に自信が持てないでいる。落選の可能
性がないとはいえない。そのため党の顔に人気者を据えて自らの足らざる
ところを補ってもらおうとの思惑が透けてみえる。

政治家の真価はその有する価値観にある。政治信条・政策こそ政治家の命
だ。同じ視点に立てば安倍政権への保守層。保守的無党派層の支持で当選
したと言ってよい若手議員らが河野氏支持に走るのは節操を欠くのではな
いか。後述のように河野氏の政策は保守とは程遠い。総裁選を前に自民党
への保守層の支持を揺るぎないものにした安倍氏の主な政策を思い出したい。

▽日本の国土、国民を守るために、自衛隊を強くする。憲法に自衛隊を書
き込み憲法改正に着手する。▽日本の国柄を成す皇室を尊崇し、国民の幸
福を祈り続けてくださる皇室を、これからも本来の形のまま守るため男系
男子による皇位継承をゆるがせにしない▽国民生活を支える経済を活性化
する。経済・産業の基盤であるエネルギーの安定供給のため、再生可能エ
ネルギー、原子力発電、火力発電の最善の組み合わせを図る。

これら重要事項における安倍自民党の考え方を保守層が支持した結果、選
挙の度に自民党は圧勝した。それゆえに当選した議員諸氏はその先の政策
についての従来の自民党の考え方を大事にする義務があるといえる。政策
を横に置いて、人気の度合い次第で旗印を変えるような行動は、有権者へ
の背信である。

 3氏に改めて問うべき第1の点は国防だ。中国の脅威が強大化し、わが
国を取り巻く安全保障環境が急速に悪化する中で、国防の危機に対処する
覚悟はあるのか。

 最も明確なのが高市氏だ。氏は経済安全保障への取り組み強化に加え、
迅速な敵基地攻撃能力の構築を主張する。岸田氏も敵基地攻撃能力を「有
力な選択肢」と捉える。一方、河野氏は「弾道ミサイルの移動式発射台を
見つけて破壊するのは困難」として、日米同盟に基づく抑止力全体の向上
で対応するとする。これでは曖昧すぎて分からない。具体的に説明すべきだ。

 「価値観」守ってこその自民

 そもそも河野氏の国防に対する考え方には根本的な問題がある。氏が防
衛省だったときに地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショ
ア」をめぐり問題が起きた。同装備は北朝鮮、中国によるミサイル攻撃に
備えるものだ。その装備計画を、河野氏はいきなり中止した。迎撃ミサイ
ル発射後にミサイルから切り離されるブースターが自衛隊施設内を超えて
民家に落ちる危険性があるという理由だ。

 北朝鮮や中国のミサイルに核や生物兵器が搭載されない保証はなく、そ
の場合、数十万人単位の人命が失われかねない。河野氏はその重大な危険
を、ブースターの民有地落下の危険と同列に並べ、代替案も示さず独断的
判断でやめさせた。保守層はこの無責任な決断を受け入れない。そんな河
野氏を若手議員は信じられるか。

 経済、国民生活、産業の基盤としてのエネルギーを大切にしながらも他
のエネルギー源、とりわけ原子力を活用しなければ電力の安定的供給など
不可能だ。エネルギー政策で最も明確なのが岸田氏で、安全確保を前提に
原発再稼働を支持する。使用済み核燃料を再処理して繰り返して使う「核
燃料サイクル」の維持も支持している。

 他方、河野氏の原発論には二枚舌の疑いがある。長年原発ゼロ論者とし
て鳴らしてきた氏は東京電力福島第1原発事故の後、超党派議員連盟「原
発ゼロ・再エネ100の会」(「原発ゼロの会」から今年6月に改称)を
設立。立憲民主党の近藤昭一氏と並んで共同代表に就いた。

 同連盟の公式ブログには河野氏は今、「休会中」とあるが、氏の活動基
盤のひとつである同議連はメンバー構成からみて立民が主導し、共産党と
社民党が支えている。

 河野氏はそうした活動を表に出さず、「安全が確認された原発は当面は
再稼働していくことが現実的だ」(9月10日、出馬表明記者会見)と述
べ、保守的な自民支持層に近づこうとする。

 氏の言葉を額面どうりに受け取れないのは、「核燃料サイクルは一日も
早くやめるべきだ」という発言もあるからだ。この発言は、中核的施設で
ある青森県六ケ所村の再処理施設をやめるという意味だ。

 再処理をやめれば各原発から生まれる使用済み燃料の行き場がなくな
り、原発を受け入れている自治体は猛反発する。結果として、原発の再稼
働を許さない流れが生まれ、原発は全て止められる。

 河野発言は手を変えた原発廃止論である。口では安全性確保と原発再稼
働を言いながら原発ゼロに向けて巧妙に仕掛けている。このような言説を
弄することは「嘘をつく」ことである。自民党支持者に嘘をついているの
でなければ、河野氏は原発をエネルギー源の確固たる柱に位置付けると明
言せよ。

 皇室についても最も正統な保守は高市氏である。わが国の深い歴史と国
柄に沿う形で男系男子による皇位継承を明言し、いまや細い1本の線とな
りつつある皇統の系譜を守り支える具体策として旧宮家の皇籍復帰を提唱
した。岸田氏は女系天皇は選択肢に入れるべきではないと語るが、その先
は不明瞭だ。河野氏は8日、記者団に「男系で続いているのが日本の天皇
の一つのあり方だ」と述べたが、女系天皇を排除はしていない。

 石破茂元幹事長は15日、総裁選不出馬とともに河野氏支持を表明した。
石破氏が河野氏を支えることになれば、河野氏の政策はさらに、本来の自
民党政策の逆を行くことになるだろう。本当にそれでよいのか。

 大激変する国際情勢の下ではわが国の命運は基本的にわが国の力で守ら
なければならない。国益実現には国柄を踏まえた力強い戦略、戦術がい
る。その核心を政策にし、安倍氏は掲げた。保守層と保守的中間層はそれ
を支えた。価値観を大事にしたからこそ、自民党は勝ち続けた。

 間近に迫った総裁選で自民党議員がそのことを忘れてどうするのだ。国
民は自民党の選択を見ている。選択いかんが今秋の衆院選、来年の参院選
に決定的な影響を及ぼす。政治家は信念、政策によって判断されることを
肝に銘じるときだろう。

産経新聞 令和3年9月16日 【櫻井よしこ 美しき勁(つよ)き国へ】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
松本市 久保田 康文 
【産経ニュース】採録

         
━━━━━━━━━━━━━━━━


◆誰が「国防の最高指揮官」に最適か
 
【有本香の以読制毒】
 北がミサイル2発発射、総裁候補3氏の「第一
声」比較 「言葉の力」火を見るより明らか 20219.17 【zakzak】ニュース


 防衛省は15日、北朝鮮が同日午後、日本海に短距離弾道ミサイル2発
を発射したと発表した。変則軌道で約750キロ飛行し、日本の排他的経
済水域(EEZ)の内側に落下したとみられる。北朝鮮は13日にも、新
型長距離巡航ミサイルを試射している。中国の軍事的覇権拡大に加えて、
日本にとって「安全保障上の深刻な脅威」といえる。自民党総裁選は17
日告示(29日投開票)を迎えるが、新総裁・新首相は「国防の最高指揮
官」となる。前哨戦でバトルを繰り広げる、岸田文雄前政調会長と、高市
早苗前総務相、河野太郎行革担当相の危機意識と覚悟はどうなのか。
ジャーナリストの有本香氏が分析した。


 総裁選は17日告示である。正式な出馬会見を行ったのは、岸田氏と高
市氏、河野氏の3人。「野田聖子幹事長代行も立候補か」と伝えられた
が、16日朝時点ではっきりしない。

 出馬会見を終えた3氏が目下メディア出演を盛んにしていたなか、北朝
鮮は15日午後、日本海に向けて弾道ミサイル2発を発射した。岸信夫防
衛相は同日夜、日本のEEZに落下したとの推定結果を明らかにした。

 幸い、海上の船舶にも被害はなかったが、国の安全を揺るがしかねない
一大事である。こうした時に、国内外にどんなメッセージ、第一声を発信
できるか−。これは国のトップ、政治家の資質を測る1つの物差しだ。
さっそく、総裁候補の3氏に当てはめてみたい。

 まず、元外相の岸田氏。自身のツイッターで次のように発信した。

 「本日、北朝鮮がまたもや弾道ミサイル2発を発射しました。政府によ
れば、今回のミサイルも変則的な飛翔(ひしょう)を行った可能性があり
ます。私が提唱しているように、我が国の平和と安定を守り抜くために
は、相手領域内でのミサイル阻止能力の真剣な検討も含め、ミサイル防衛
能力の強化が不可欠です」

 極めて抽象的、具体策を一切示していない。しかも、発信時刻は15日
午後6時58分。ツイートで引用したNHKの報道から6時間後の発信
は、SNS時代の今日、いかにも遅い。

 次に高市氏。岸田氏より早く、同5時前に記者に対し、次の発信をした。

 「日本だけでなく、国際社会全体の脅威だ。各国と連携して抗議してい
くと同時に、防衛大綱の見直しも含めてミサイルに対しての防衛力をつけ
ていかなければ、日本の国民の命も国土も守れない」

 防衛大綱の見直しにまで踏み込んだ言及は、勇気あるものと評価でき
る。高市氏は今日以前のメディア出演の際、たびたび「敵基地無力化」の
手法について具体的に語っている。

 河野氏は出演していたテレビ朝日の情報番組内でのコメントだったため
タイミングは最も早く、内容は次のとおりだった。

 「日本として情報収集能力と、日米同盟での抑止力を高めていくことが
必要(中略)そういう意味で、いろいろと自衛隊のこれからのあり方も装
備の面からしっかりと考えていく必要がある」

 1年前まで防衛相を務めていたにしては、ぼんやりとした発言だ。

 ここで思い起こされるのが、河野氏が防衛相だった昨年6月に突然表明
し、自民党「防衛族」ともギクシャクした、陸上配備型迎撃ミサイルシス
テム「イージス・アショア」の配備計画停止の一件だ。

 今般の北朝鮮のミサイルは、不規則な軌道を描くもので迎撃は困難とさ
れているが、かといってイージス・アショア計画停止とは無関係と切り離
すのは早計だ。むしろ首相を目指す河野氏はこの機を捉えて、今後のミサ
イル防衛のグランドデザインの一端でも示すべきである。

 あちこちから、「有本は高市贔屓(びいき)だ」とお叱りを受けるのを
承知の上であえて言えば、出馬会見においても、冒頭はっきりと、国の使
命は「国民の生命と財産」「領土、領海、領空、資源」「国家の主権と名
誉」を守り抜くことだと言い、「その使命を果たすために私のすべてをか
けて働くことを誓う」と宣言したのは高市氏だけだった。

 北朝鮮のミサイル、中国の脅威、ロシアも北の空を脅かし、韓国も敵対
行為を繰り返す現下、多くの国民が誰の言葉に力を感じるかは火を見るよ
り明らかだ。

 出馬会見で「日本の民主主義を守る」と言った岸田氏に謹んで申し上げ
たい。民主主義国では、言葉こそ政治家の命ではないですか。

 ■有本香(ありもと・かおり) ジャーナリスト。1962年、奈良市
生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌の編集長や企業広報を経て独立。
国際関係や、日本の政治をテーマに取材・執筆活動を行う。著書・共著に
『中国の「日本買収」計画』(ワック)、『「小池劇場」の真実』(幻冬
舎文庫)、『「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史』『「日本国
紀」の天皇論』(ともに産経新聞出版)など多数。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
松本市 久保田 康文 
夕刊フジ【zakzak】ニュース 採録
    

          

━━━━━━━━━━━━━━━


◆タリバン勝利、米軍撤退に触れず

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)9月13日(月曜日)弐
通巻第7049号  

アルカィーダのザワヒリがヴィデオで登場。911「20年」にあわせてはい
るが。。。
61分のメッセージだが、タリバン勝利、米軍撤退に触れず

 死んだと言われていたアルカィーダのザワヒリ(70歳)。
 ところがNY貿易センターテロ(911)のタイミングで突然、ヴィデ
オで登場し、やっぱり生きているようだとの観測が流れている。

ザワヒリのメッセージは61分に編集されており、2021年一月の事件
に言及しているが、米軍のアフガニスタン撤退、タリバン勝利に関してひ
とことも触れておらず、生きているとしても、録画は半年以上前に撮影さ
れたものと推定される。
ザワヒリには2500万ドルの懸賞金がかかっており、もし生存している
とすればアフガニスタンのどこかに潜伏しているのではないか。

 アルカイーダは首魁のビンラディンが、2011年5月1日にパキスタ
ンの潜伏先を米国特殊部隊によって殺害されて以後、ナンバー2のザワヒ
リが主導権をとってきたと専門家のあいだでは言われた。

 現実にアルカィーダは、その意味が「基地」だから(因みに中国語では
「基地組織」)、司令部構造は権力集中のピラミッド型ではなく、地域
別、国別に分化しており、中東各地からアフリカ、フィリピンなどにもア
ルカイーダをなのる武装過激派が存在し、競うかのようにテロ事件をおこ
す。げんに2013年にアルジェリアで起きたテロ事件で日本人十名が殺
害されたが、この実行部隊はアルカイーダのアルジェリア組織
[AQIM]だった。

 さてザワヒリはエジプトの裕福な家庭で育ちカイロ大学を卒業。専門は
医学で、医者として活躍していた。サダト大統領暗殺事件の容疑者として
拘束され、三年刑務所にいた。すっかり思想的な過激純化を完成し、アル
カィーダでは神学の理論的指導者である。
    ☆▽□☆◎み☆◎□☆や□▽◎☆ざ▽◎□☆き◎☆◎▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆     
  ■どくしゃのこえ ●読者の声 ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「ふわふわとした根拠でのワクチンパスポート導入への疑義
 ◆各国事情
 新型コロナは現在、ワクチンの普及により重症者が減った一方、感染力
が高いデルタ株の流行で第二フェーズに入った感がある。
 欧米中心に各国では、ワクチンパスポートの導入が図られており、フラ
ンス等では基本的にこれを提示しなければレストランでの食事が出来なく
なっている。米国でも鬩ぎ合いながらも各州で導入が進む州が出ている。
また、これに先んじて米軍や連邦政府ではワクチン接種が義務図けられつ
つある。(これらに於いて定期的な検査をワクチン接種の代替にする措置
もあるが、有料になったり禁止になったりして来ている)
 民間でも例えばCNNのような企業でワクチン未接種でのオフィス出勤者
が実際に解雇されているのに加え、バイデン政権は、 9月9日に従業員100
人以上の企業に対し、従業員のワクチン接種か毎週の検査を義務化する方
針を示した。
 日本でも経済活動再開のため、財界を含め各方面からワクチンパスポー
トの導入の声が上がって来ている。政府分科会は「ワクチン・検査パッ
ケージ」を提唱し、定期的な検査でもワクチンの代替可と考えているよう
だが、検査が無料とならなければ実質的なワクチン義務化と地続きになる
だろう。

 一方、ワクチン自体の効果に関しては、学術的にはともかく少なくとも
各国政府は感染予防効果が期待されるとして接種キャンペーンを始めたも
のの、デルタ株の影響等により接種者のブレークスルー感染が増えたため
それが怪しくなって来ている。今では「ワクチンは主に発症予防効果や重
症予防効果のためのものだ」とし、ゴールポストがずらされた感もある。
 もちろん、未知の新型コロナと戦うために急遽作ったワクチンなので、
色々と状況変化が出て来るのは必然ではある。

◆感染予防効果は?
 ブレークスルー感染は増加しているものの、感染予防効果は落ちてはい
るが依然有意に残っているというのが、各国政府と主流の専門家の主張し
ている所である。しかし、ワクチンの発症予防効果や重症予防効果で発症
しなかった場合若しくは極軽症で済んだ場合には、そもそも医療機関に行
かず従って検査を受ける事は少ないだろうから、実際には自覚の無い感染
者はもっと多いのではないかと思われる。
 米国マサチューセッツ州7月上旬に同州バーンスタブル郡内で複数の大
規模な集会やイベントが開かれ、数千人の観光客が訪れた。その後に感染
者が469人確認されたため、CDCが調査したところ、74%にあたる346人
が、規定の回数のワクチン接種を終えていたことが判明したとの事であ
る。そういった包括的な調査を行えば、同様な結果が出るのではないか?
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210731-OYT1T50168/

 もしそうであるなら、ワクチンパスポートの導入意義は基本的には根本
から崩れる事となる。また、他者に感染させる二次感染防止効果を主張す
るなら、更に詳しい研究調査が必要であろう。
 感染予防効果の調査対象群の細かい内訳は、少なくとも通常のニュース
レベルでは報道される事が無いが、各国はワクチンパスポート導入議論の
前提として明示すべきである。
 「ワクチンのメリットは結局接種者個人に帰し、社会的な意義があると
すれば、それは重症化を防ぎ医療逼迫を避ける効果である」と実感から述
べる臨床医も出ている。そうであるなら、各国政府の率直なアナウンスが
望まれる。
 ワクチンは、抗体減少やウイルス変異で3回目のブースター接種が必要
とされつつあり、また特にm-RNAワクチンや、ウイルスベクターワクチン
等の最新遺伝子工学を用いたものは、短期の副反応に加え、長期的副作用
リスクが不明な上に、ウイルス耐性強毒化変異株の拡散を招く可能性もあ
り社会的にもリスクと隣り合わせである。
 イスラエルは既にブースター接種に踏み切り、今後も収束しない限り継
続的にワクチンを打ち続ける「ウイズ・ワクチン」に舵を切った感がある
が、そうであるなら人体がそれに耐えられるのかを含め実験的な取り組み
と言える。
 これらを鑑み、今後コロナ対策の切り札は、変異への対応力があり、少
なくとも遺伝子工学由来の副作用リスクは少ない治療薬へ移行する事とな
るだろうと筆者には思われる。
 ワクチンパスポート導入は、必然的に社会分断と前述のワクチン自体に
由来するリスクを伴う。であるなら、それを相応に上回る明確な感染予防
効果と二次感染予防効果のメリットが必要であり、ふわふわとした根拠で
国民を錯覚させたり誘導したりして進めるものであってはならないだろ
う。(佐藤鴻全)

   ♪
(読者の声2)最近のメディア調査では河野が総理候補の筆頭とされてい
るのを見て唖然です。国民大衆はお笑い番組の連続に思考回路が消滅して
いると思いました。
 習近平国家主席は先週、バカ番組の放送停止を指示したようですが、我
が日本にこれほどの統制力をもったリーダーは出現しないのでしようか?
(KM生、沖縄)

   ♪
(読者の声3)ウィリアム・ストラウス 、ニール・ハウ共著の「Fourth
Turning」(フォース・ターニング 第四の節目)1996年初版。世代毎に世
の中が変わる、それが繰り返される、という米国の歴史書。予想が当たっ
た、というので最近話題になっている。
著者によると、米国の「内部分断が危機的」に極端になっている、とい
う。英国を敵にまわした独立戦争も、実は内戦、つまり「安全と安定」を
求める親英派と、「独立と自由」こそすべてだという米国派の激しい内部
抗争であった。
南北戦争は紛れもない内戦。1929年に始まった世界大恐慌に始まる社会主
義的独裁政権、個人の自由を奪う政策も国内で激しい対立を生み出した。
そして今、2020年に始まる武漢菌を理由に大胆な規制、トランプ大統領の
不当な罷免、などによってすでに内戦が始まっている状態にある、という。
過去の例では、顕著な経済の縮小と反都市化が起こった。かつては、帰る
実家や親戚が田舎にあった。北京で失業した労働者も国に帰る。(余談に
なるが、1990年にソ連が崩壊し政府の機能も止まり、ルーブルも無価値に
なったが、普通の国民の生活はあまり影響を受けなかった。狭い住宅は国
営であり家賃も光熱費ももともとタダ。地下鉄もほぼ普通。店ではいつで
も品不足なので、自給自足、自家農園でお互いに賄っていた。)
 確かに便利で優雅な都会の施設がすべて閉鎖されていては、高い家賃を
払って住む理由がない。おまけに地方にいてもZOOMなどで会議ができる。
そこで都会から郊外へ地方へ、という大移動が始まり、地方都市の不動産
価格が高騰している。
いつ終わるのか知れない武漢菌問題も、個人の自由を大きく制限し、雇用
か自分の健康かの選択を迫られる。
これに輪をかけるのが、全世界の中央銀行が始めた同時進行中の「全ての
資産のバブル」と「歴史上最大の官民、個人の借金」で、必ず弾ける巨額
な金融危機問題が、手ぐすね引いて、待っている。
 大企業は必ず政府が救済してくれるが、中小企業、個人は自己責任で解
決せよ。周りには武漢菌で苦しみ、ろくな治療も受けられず、苦しみ死ん
でいく友人や家族がいる。インフレは公には5%で一時的、というが現実
にはとうに10-20%を超えている。
家賃、家のローンを払わなくて良い、という政府の命令も期限が切れる。
大量の浮浪者が街に溢れる。米国の人口は約3億、武器は6億丁ぐらいある
らしい。武器を扱える軍人も多い。
米国憲法、修正第2条は、鹿やウサギを銃で殺す権利だ、という狭い歪曲
した解釈をする学者もいるが、「自己防衛のために国の内部の専制政府を
倒す」国民の権利と理解する者も多い。つまり「武力による内戦は憲法で
保障」されているとも言える。
いや、権利どころか義務だ、と建国の父は言う。それが怖いから民主党は
機会があるたびに「刀狩り」をする。見かけの繁栄とは裏腹に、米国は深
く多方面で病んでいる。あるいは、見方を替えれば、今だに健全である。
例えれば、自ら高熱を出して自己の免疫を高め、内部のウイルスを殺す。
 かつての「英国病」という社会主義化による病気は女性首相サッチャー
氏が治療して立ち直った。早苗氏は若き頃、会う機会があって影響を受け
たと言っている。ヤマハの450のバイクを乗り回した、というから必要
な度胸もあるのだろう。
ヘヴィー・メタルのバンドをやっていたそうだ。つまり、反体制派を自認
している。(在米のKM生) 

2021年09月18日

◆【変見自在】老兵は漏らした

高山 正之


 マッカーサーが来る2日前、安全確認のための米陸軍先遣隊が厚木飛行
場に乗り込んできた。

 その一員フォビアン・バワーズ少佐は「みんな興奮し、びくついてい
た」と『マッカーサーの日本』(新潮文庫)で正直に語っている。

 それはそうだ。つい昨日まで米艦隊目がけて特攻を厭わなかった日本軍
将兵がこの厚木周辺だけでも10万人は潜んでいた。

 着陸した途端、万歳突撃をやらかさないと誰が言い切れるのか。

 彼らの心臓が喉まで飛び出していたのは一番機が追い風で着陸してきた
ことでもよく分かる。

 飛行機は向かい風でより大きい揚力が得られる。一番機は激しく着地
し、何度も跳ね上がり滑走路端でやっと止まった。

 できたらオーバーランして彼らの恐怖心を形で示してほしかった。

 若い連中がこの有り様だ。2日後に着いたマッカーサーは歳だし、蚤の
心臓と言われて久しい。

 彼は真珠湾の朝、日米開戦を知らされ、狼狽(うろた)えて半日自室に閉
じこもった。

 部下が台湾の日本軍基地攻撃を訴えても答えず。では、せめて虎の子の
重爆B17をここから退避させてはと進言しても無言だった。

 この重爆はすでに欧州戦線に投入され、最新鋭の独戦闘機にも落とされ
ず、逆に相手を撃墜するスーパー爆撃機ぶりを披露していた。

 だからこそ米国は真珠湾を囮にして日本に戦端を開かせ、米国民に参戦
を納得させることを思いついた。

 開戦後はこの落ちないB17で日本を叩いて「3カ月で抹殺する」(ノッ
クス海軍長官)はずだった。

 それが彼の対応遅れで日本機にみな燃やされた。
 大戦の構想は狂い、白人国家はみな植民地を失った。
 彼はそれでも格好をつけたがった。

 彼の乗機が厚木に着いたときもそうだ。側近の制止を振り切って一人タ
ラップの上に立ち、あのサングラスにコーンパイプを咥えたポーズを決めた。

 しかし、ここからがおかしい。彼はズボンのポケットに手を突っ込みも
ぞもぞし、タラップを急ぎ降りる。

 報道陣の前に立って例の「メルボンからの道は長かった」を語るが、そ
れは美文と長広舌の彼らしくもない、ごく短く散文的なものだった。

 敵前逃亡の不名誉を負わせた憎い日本をやっと倒した。それを示す最大
の見せ場なのに、彼はそそくさと立ち去った。

 なぜか。『写真でつづる戦後日本史』(共同通信社)に載った一葉の写
真がその辺を明らかにした。

 写真は宮谷長吉カメラマンがタラップを降りる元帥を左側から撮ったも
のだが、よく見ると左側股間が濡れ滲みで変色している。元帥は失禁して
いたのだ。

 これが世に出てから他に失禁写真がないか探し回り、或ることに気づいた。

 厚木のマッカーサー写真はすべてタラップの右側から撮られたものだった。

 だから彼の左内股の異変はみな写っていない。

 その不思議に答える話が「メディア展望」8月号にあった。筆者は共同
通信OBの沼田清氏。

 あの時の米側は「日本の写真斑も入れた」という。元帥の雄姿を翌日の
新聞に載せる気だった。

 ところが現場で小さな異変があった。「米軍が報道陣を急ぎタラップ右
側に移動させた」という。

 宮谷はそれを無視し、左側に居座って貴重な濡れ滲みを撮ったわけだ。

 勝手な推測だが、先遣隊の誰かがマッカーサーの失禁を目撃した。

 で、それを撮らせないように報道陣を移動させた。

 当然、宮谷の違反も見つかったはずだ。沼田氏は宮谷のネガを調べて元
帥がタラップを降りる前後の数コマが「なかった」と言う。検閲、没収さ
れたのだろう。

 米側は他の映像も徹夜で検閲したのだろう。翌日の新聞にタラップの元
帥の写真が掲載されなかったのはそのせいだ。

 あの滲み写真は奇跡的に検閲を逃れた一枚だった。

 絵柄は人を楽しくさせるとてもいいショットだ。

出典:『週刊新潮』令和3年(2021)9月23日号

    【変見自在】老兵は漏らした
    著者:高山 正之

高山正之氏の本紙連載が、文庫になりました。

『変見自在 習近平は日本語で脅す』(定価605円)絶賛発売中。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
松本市 久保田 康文 採録

         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆雀庵の「常在戦場/84 キリスト教 vs イスラム教/上」    
“シーチン”修一 2.0

【Anne G. of Red Gables/364(2021/9/16/木】母を看取ってから隠居生活
になり早や9年、すっかり徒然草の日々だが、このところ宗教について妙
に関心が高まっているのは、イスラム過激派についてのニュースが多いこ
とにもよるだろう。

夕べは「もう秋みたい、彼岸花が咲き始めたよ、稲刈りの季節だけど十分
に雨が降ったのかなあ」なんてカミサンと話していたら雲行きが怪しく
なってしまった。

「古代のチグリス・ユーフラテス文明とかエジプト文明が消えたのは水不
足が原因みたいだ。農業とか放牧で緑が無くなり、木がなければ落ち葉な
んかで土壌が活性化するっていうサイクルがないからどん砂漠化しちゃ
う。エジプトなんかはピラミッドの材料の巨大な岩石を四角に割るために
火を利用したので、どんどん伐採し、結局砂漠になっちゃったらしい。シ
ルクロードのモンゴルとか新疆ウイグル自治区なんかが砂漠化したのも
“開発”とか自然破壊の影響じゃないか」

「そう言えば中村さんていうお医者さんがアフガニスタンの水不足対策で
灌漑事業をしていたのに殺されちゃったわ、まったくひどい話よ」

という話になった。小生は「アフガンは渡航制限が出ているはずだか
ら・・・危険なところに行くというのはどうかなあ、誘拐なんてあると日
本政府が過激派に身代金を出したり・・・イラクの三バカとか」

「でも中村さんは地元のために行っていたのよ、物見遊山じゃないわ」

「そうでなくても危険なところに行くというのはまずいだろう、良識がな
い。用水路を造ったり井戸なんかを掘っているようだけど、それは地元政
府がやることじゃないか・・・大体、幕末に来た医者のヘボンなんかは確
かに医療なんかで貢献したけれど結局キリスト教の布教のためだった。そ
ういうのは結構多いんじゃないか俺は嫌だな」

いささか険悪な雰囲気になったので、さっさと隠居部屋に逃げた。君子危
うきに近寄らず・・・小生は中村哲氏のことはあまり知らないがWIKIによ
ると―ー

<国内病院勤務の後、1984年、日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)か
ら派遣されてパキスタン北西辺境州の州都ペシャワールに赴任。以来、20
年以上にわたってハンセン病を中心とする医療活動に従事する。

パキスタン・アフガン地域で長く活動してきたが、パキスタンでは(政府
の圧力で?)活動の継続が困難になったとして、以後はアフガンに現地拠
点を移して活動を続けた。

1996年に医療功労賞を、03年にマグサイサイ賞を受賞。2004年には皇居に
招かれ、当時天皇であった明仁、皇后の美智子、皇女・紀宮清子内親王へ
アフガニスタンの現況報告を行った。2019年、アフガンのナンガルハル州
にて、武装勢力に銃撃され死去した>


Christian Press 2019.12.12にはこうある。

<中村哲さんの告別式が12月11日午後、福岡市の斎場で営まれ、日本バプ
テスト連盟・香住ケ丘バプテスト教会の名誉牧師、藤井健児さんが次のよ
うに弔辞を読んだ。

「中村さんがバプテスマ(洗礼)を受けたのは中学生3年生のとき。その
頃はもの書きを目指していましたが、やがて『人助けをしたい』と医師を
志すようになりました」>

中村氏はプロテスタント。上記のヘボン(ジェームス・ヘップバーン)も
プロテスタントのカルヴァン派(長老教会、長老派、プレスビテリアン)
で、同派はトランプ前大統領の熱烈な支持基盤である。

ヘボンは米国公使の親任状奉呈のため通訳官として明治天皇に拝謁したよ
うだ。「明治5年10月、日本に来た時から夢寐(むび)にも忘れず13年
間、時の来るのを待っていた『天皇へ聖書献納の件』がかなえられたこと
は大きな喜びであった。同年3月には日本基督公会が創立され、日本人信
徒によってキリスト教会が初めて設立されるようになった」(高谷道男著
「ヘボン」)。天皇家は代々キリスト教にも理解があるようだ。

ヘボンは日本に施療所(1861)、英語学校(1864)、和英辞典(1867)、
聖書和訳開始(1867〜)、新約聖書和訳完成(1880)、英和学校「築地大
学」(同)、旧約聖書翻訳(1882〜)、ヘボン式ローマ字(1886)、明治
学院内ヘボン館着工(1886〜)、旧約聖書和訳完成(1887)・・・

ヘボン式ローマ字だけが有名だが、それもキリスト教の広宣流布のため。
日本での彼の33年間は徹底的に有能な宣教師だったのだ。日本キリスト教
の始祖、大貢献者と言っていいだろう。1892年10月、77歳のヘボンは母国
へ帰る。送別会での挨拶の最後は日本語でこう結んだ。

「私の旅路はちっと永くなりました。78年の間、旅をして我が父の国へ赴
くのでござります。私は数日にしてお別れ致します。まことに33年の間、
この国にとどまって、日本の人を助けることに力を尽くしたことを神に感
謝します。ああ、私は本国へ帰ります。私の仕事は終わりました」


ヘボン夫妻は米国では病院経営で大成功していたのに私財をなげうち、子
供まで親に預けて日本での布教に努めた。理想に燃えたプロテスタントは
布教のためなら艱難辛苦をものともせずに己の命さえを投げ出す・・・

すごいなあとは思うが、多神教の日本で一神教の布教が果たして成功した
のかどうかは何とも言えない。Christian Today 2019/5/10から。

<東京基督教大学内に設置されている日本宣教リサーチ(JMR)は8日、日
本のキリスト教界の教勢統計などをまとめた「JMR調査レポート(2018
年版)」を発表した。

それによると、17年度の日本のキリスト教信者数の概数は105万人で、対
人口比で0.83%だった。信者数の概数自体に変化はなく、「2010年度以
降、カトリック、オーソドックス、プロテスタントとも減少傾向に陥って
いることには変わりはない」としている。

教派別では、カトリックが44万人(対人口比0.35%)、オーソドックスが
1万人(0.01%)、プロテスタントが60万人(0.47%)。教会数の概数は
それぞれ970、70、8000で、日本には約9040のキリスト教会が存在するこ
とになる。教師数(聖職者数)は約1万700人だった。

このうちプロテスタント(聖公会を含む)については、教団別の統計が出
ている。教会員数は、日本基督教団(16万7千人)が最も多く、2位が日
本聖公会(4万8千人)、3位が日本バプテスト連盟(3万4千人)、4位が日
本福音ルーテル教会(2万2千人)、5位が日本アッセンブリーズ・オブ・
ゴッド教団(1万2千人)だった。

プロテスタントの教団を11グループに分類した統計では、「改革・長老
系」を除いて、すべてのグループで教会員数が減少した。全体では約9200
人減少、礼拝者数も一部を除いたグループすべてで減少し、全体では約
3900人の減少。教会数も全体で57減少した。

世界の宗教人口については、『ブリタニカ国際年鑑』を基に1995年度と
2017年度の比較が行われている。この20年余りで、キリスト教人口は19億
3千万人から24億5千万人に増加したが(伸長率127%)、人口に占める割
合は33.7%から32.9%(伸長率97.7%)に減少した。

一方で、イスラム教人口は11億人から17億5千万人に増加し(伸長率
159.3%)、人口に占める割合も19.2%から23.6%(109.8)に増えた>

ヘボンらの努力で日本に和訳の新約聖書が登場してから140年、信者数が
105万人、対人口比で0.83%・・・八百万の神を尊ぶ多神教の日本ではキ
リスト教もその一つでしかない。日本国内ではマーケティングの余地はな
い、それなら海外で邪教のイスラム教に洗脳され、西洋文明に遅れて可哀
そうな人々を除染し、キリスト教の教えに導くのが神が我に課した使命で
ある・・・ヘボンのような人は今でもいるのだろう。

中村氏はアフガンの民のために尽力したのだろうが、イスラム教徒の一部
から見れば最大の敵である「キリスト教徒による広宣流布活動」と受け止
められた可能性はある。幕末の尊王攘夷運動はキリスト教国による清国の
蚕食を知ったことで燃え上がった。中村氏が襲撃されたのはそういう反発
を買ったからではないか。宗教ではなく「水利権」を巡る争いだったとい
う説もあるが、いずれにせよイスラム過激派にとって中村氏は“敵”と見做
されてしまった。彼らは仲間以外の人命なんてまったく気にしないのだろう。


一神教はスゴイというか、偏狭というか、多神教の小生には理解不能だ。
イスラム過激派はまるでマルクス教に洗脳されていた20歳の小生のよ
う・・・そう言えば50年前の今日、小生は捕縛された(天に救われ
た!?)。思い出すたびに「あの頃は脳みそが完全にいかれていた」「で
もそれがあったから今の自分があるし・・・」「あれは何だったのだろ
う」と複雑な気分になる。

「洗脳」「マインドコントロール」「私は正義病」・・・まったく恐ろし
いことである。連合赤軍のリンチ殺人を進めた森恒夫は初公判を前に1973
年元日、東京拘置所の独房で首吊り自殺した。遺書の「自己批判書」に12
名リンチ殺人の様子を記録していた。竹中労・平岡正明著「水滸伝 窮民
革命のための序説」から(被害者の名前は伏せる)。

<SR、除名処分を受けた某女性との関係、労務者時代からの怠け癖、大言
壮語、ルンペンプロレタリアート的な体質。死の間際に彼はこう叫んでい
る、「革命戦士になるために何でこんなことが必要なのか!

TK、中央委員会メンバー。同志に命令的な口調で喋る。KK(女)の死体を
殴ることを指示、TM(女)を縛るとき“〇〇にしたように股を開け”とのの
しったこと。女性蔑視、スターリン主義、小ブル・テロリズム。アイス
ピックで心臓部を突き刺し、ロープで絞首して死刑。

YJ、いわゆる“いい子”になろうとする、個人主義的傾向、高次な段階での
共産主義化の闘いの永続化と称して総括を回避しようとした。権力に投降
の恐れありと判定、ナイフで十回余り心臓部をえぐり、ロープで絞首して
も死にきれず、再びナイフをもって処刑・・・>

気分が悪くなる。追い詰められ、極限状態の中で疑心暗鬼になり、狂気の
粛清が続く、ボスの命令に従わなければ殺される・・・イスラム過激派の
兵士はどんな思いで戦場にいるのだろう。自分探しで過激派に接触する、
志願する、青春彷徨・・・そういう若者は珍しくないようで(小生もその
一人だが)、小生より15歳ほど若い知人の奥さんは「泣き虫アッコの中東
放浪記」とかいう本を書いていた。表紙の写真は機関銃を背に担いで笑顔
いっぱい・・・今はどうしているだろう。


いかに生きるか・・・何となく分かってくるとお迎えが来る。人類はそれ
を何百万年も繰り返してきた。「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じか
らず」と言うけれど、夏彦翁曰く「なーに、人間も同じだよ」。先が分か
らないから生きる、分かっていたら棄権する人ばっかり・・・夫婦お互い
に「嫌な奴だなあ、こんなんだったら一緒にならなかったのに・・・」、
まったく「知らぬが仏」、だから面白いのでもあるか。

難しいなあ、もうちょっと生きてみるか、なんてなったりして。笑うか自
嘲するか苦笑いするしかない? 人生は厄介なものだ。



━━━━━━━━━━━━━━━


◆「日本版『台湾関係法』を」提唱

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)9月13日(月曜日)
通巻第7048号  

  また一歩前進、アメリカの台湾代表部が「台湾」を
正式名称に     
台湾日本研究院が発足、「日本版『台湾関係法』を」提唱

 劇的にかわりつつある米台関係だが、バイデン大統領は一月の就任式に
駐米台湾代表の粛美琴を式典に招待し、名刺には「大使」と印刷しても問
題はなかった。日本もただちに台北にある事実上の大使館にあたるオフィ
ス代表を「大使」とした。
 
 ワシントンにある事実上の台湾大使館は「駐美国台北経済文化研究処」
という。
9月12日、台湾外交部は、この代表機関の名称が「台湾」となったことを
発表した。東京にある台湾代表部もいずれ近いうちに「駐日台湾文化経済
代表処」と『台北』から「台湾」に変更されるだろう。

 同日、台湾では「台日アカデミー」(台湾日本研究院)が発足した。代
表挨拶に立った郭国文は「いずれに日本も米国のような「台湾関係法」の
法律可決を自民党に望みたい」と演説した。

 日本の国会議員には恥知らずの親中派が多いが、安倍、岸ラインを基軸
に台湾大好き議員連盟の活躍も目立つようになっている。
 米台関係の劇的な変化とともに、日台関係の深化もすすんでいる。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム 
@@@@@@@@

 【知道中国 2274回】            
 ──英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港156)

      △
 第六劇場を常打ち小屋として京劇を演じていた童伶(こどもやくしゃ)
は、春秋戯劇学校の生徒たち。校舎は尖沙咀の宝勒巷(PRAT AVE)が漆咸
道(CHATHAM ROAD)にぶつかる少し手前の左側にあった。
古い低層ビルで、石造りの階段を上った先が入り口。その右手に春秋戯劇
学校の看板が掛けられていた。例の数学教授に連れられて行った猿料理の
店は、たしか宝勒巷を挟んで春秋戯劇学校の向かいの薄暗い路地の先だっ
たような。

 童伶の年齢は小学校低学年から中高生程度。中には20歳を過ぎたと思し
き薹が立った童伶も見られた。
日中は学校で稽古し、夜は第六劇場で舞台に立つ。常打ちだから、1年365
日休みなし。稽古に舞台の毎日だから、普通の子供たちのような勉強をす
る時間はないだろう。こんな疑問を、第六劇場で顔馴染みになった頃に学
校関係者に尋ねると、「ウチも学校だから」との返事。だが、どう考えて
もマトモに勉強している風には思えなかった。

 中には京劇役者になろうと望んで入学した者もいただろうが、彼らの多
くは生活苦から親が学校に預けたり、孤児だったり。その多くはハング
リーな生活環境にあった。芸で身を立てようというわけだ。

 その昔、舞台に立つのは役者の子弟、「科班」と呼ばれた役者養成所の
出身者、芝居好きの素人である「票友」から転じた者であった。
役者家庭出身の筆頭が京劇を世界に知らしめた梅蘭芳だが、この系統の役
者は票友出身者と同じように極めて少ない。19世紀末から20世紀半ばまで
の京劇の黄金期を彩った役者の多くは科班出身者である。

 京劇と日本の古典芸能──歌舞伎、能、狂言から落語など歌舞音曲の世界
──を対比して不思議に思うことは、日本では芸の伝承のために「名跡継
承」という制度があるが、中国にはそれに類する制度が見当たらないこと
である。
たとえば歌舞伎では市川團十郎の芸は家芸として市川宗家に伝わる。團十
郎の息子は團十郎の名跡と芸を継ぐ。そこで十一代目海老蔵は十三代目團
十郎を名乗るわけだ。落語でも柳家小さんや林家正蔵のように一族の血と
結びついた名跡がある。三遊亭圓歌の場合は血の繋がりはないが、先代
(三代目:歌奴)から当代(四代目:歌之介)へと芸が引き継がれている。

 中国の古典芸能の世界においては日本に見られる名跡という考えがない。
梅蘭芳のように世界的に知られた稀代の名優であっても「初代」ではない
から、とうぜん「二代目」以降も存在しない。息子の梅葆玖も父親と同じ
く「旦(おやま)」を演じたが、「二代目梅蘭芳」を名乗るわけではな
く、また名乗れない。いわば役者は誰もが初代で、その芸は一代限りなの
である。

 名跡を受け継ぐと言う発想がないから、日本の古典芸能の世界でみられ
るような一家が練り上げた芸を親から子へ、子から孫へと血と共に子々
孫々に伝えることも、見込みある部屋子を鍛え上げて芸養子として迎え家
芸の永続を目指すこともない。
落語のように一門の芸風を伝えるため、先代師匠の芸に最も近いと認めら
れた弟子が名跡を継ぐこともない。

 たとえば梅蘭芳に倣った芸風の役者を「梅派」と呼び、「流派」の2文
字で芸の系譜を表現することはあるが、あくまでも芸はその役者個人に限
られる。
これが中国の伝統芸における伝統と芸の「在り方」と捉えることができる
だろう。

 もっとも譚志道⇒譚◎培⇒譚小培⇒譚富英⇒譚元寿⇒譚孝曽⇒譚元岩のように
「生(たちやく)」の芸を1世紀半以上も継承している役者一族もある
が、極めつきの稀有な例だ。京劇の世界での譚一族の地位は歌舞伎界で言
うなら市川宗家に当たりそうだが、とはいえ譚志道から譚元岩まで、誰も
が初代であり、何代目を名乗ることはない。

 伝統芸と名跡──ここら辺りに〈生き方〉〈生きる姿〉〈生きる姿〉とし
ての文化の違いがありそうだが・・・と問題提起に止め、話を第六劇場と
春秋戯劇学校に戻したい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【知道中国 2275回】       
 ─英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港157)

  ▼
 春秋戯劇学校校長の粉菊花女史は、かつて立ち回りを主とする娘を演ず
る「刀馬旦」と呼ばれる役柄で上海の舞台に立っていた。当時は60代後半
ではなかったか。白髪交じりで、高齢女性の間で一般的だったオカッパ風
の髪型。背は高くはなく細身だった。江青によく似た顔つきで、いつも舞
台の袖辺りから童伶の演技に鋭い視線を投げ掛けていた。

童伶が演技をトチッたり、勝手な所作など見せると、演技中であっても
鋭く罵声を浴びせ、叱正した。その姿は法廷で金切り声を張り上げて弁明
に努める一方、自分を逮捕した共産党幹部──かつては毛沢東の臣下であ
り、毛沢東が死んだら手のひらを返すように江青を窮地に陥れた──を、悪
し様に罵っていた江青を連想させるに十分だった。

粉校長の怒りに童伶は竦んでしまい、演技は止まる。舞台のうえの共演
者たちも金縛りに遭ったように動きを止め、客席は戸惑い、息を呑む。小
屋全体にイヤ〜な雰囲気が流れるが、彼女は一向に気にする風を見せな
い。一瞬の後、演技はぎこちなく再開される。

だが、それで終わりではない。舞台が跳ねるや、恐怖の「打戯」が始ま
る。俗に「好戯還在後台(面白い出し物は楽屋で)」と言うが、しくじっ
た童伶を舞台に呼び戻し、目の前でおさらいをさせる。首、手、足、
腰・・・間違えたところを手にしたムチでピシリッ、バチッ。躊躇なしで
ある。物見高いは何とやら。
客が去り、明かりも消され暗くなった座席で見学させてもらうが、やはり
童伶が可哀想で気まずいかぎり。ならば即刻立ち去るべきだが、好奇心は
同情に勝る。打戯の一部始終をジックリと見させてもらったことも屡々。
舞台が始まる前の稽古でも打戯は見られたから、観客の目が気にならな
い学校では相当に激しく、容赦することなく打戯が行われていただろう。

 もちろん児童虐待と非難されても仕方がないが、当時は香港でも取り立
てて問題にはならなかった。むしろ粉校長からすれば、確かな芸を身につ
けることで童伶が明るい将来を招き寄せることになるはずだといった固い
信念で振るった“愛のムチ”に違いない。

後に『さらば、わが愛/覇王別妃』(1993年)の冒頭で科班の師匠から
の打戯に耐えかねた童伶が首つり自殺をするシーンを見た時、咄嗟に粉校
長の打戯を思い出したものだ。ついでだが、この映画の主人公が習芸に励
んだ科班のモデルが、清末から民国期の北京にあって多くの名優を輩出し
たことで知られる富連成(前身は喜連成)である。

ついでのついで。香港映画『七小福』(1988年)は中国戯劇学院をモデ
ルにしたとされるが、同学院の童伶が公演する小屋が?園内に設定されて
いるところからして、あるいは中国戯劇学院は春秋戯劇学校を指している
のだろうか。当時、春秋戯劇学校と同じような戯劇学校が香港島にある
(あった)といった話を耳にしたことがあるから、両校は別なのかもしれ
ない。中国戯劇学院が閉校した後、春秋戯劇学校が第六劇場の公演を引き
継いだ。あるいは春秋戯学校の閉校の方が先立ったのか。

今となってはどうでもいいことだが、粉校長の隣に控え常に笑顔を絶や
さなかった小太りで桃割れ頭の李国祥さんなら、その辺の詳しい事情を
知っていたはず。とはいえ敢えて断るまでもなく枝葉末節。そう、どうで
もいいことではある。

打戯もまた習芸の道とはいうものの、余り気分のいいものではない。あ
る夜、打戯を見た後で気分転換に尖沙咀に戻り、厚福街の突き当たりの左
手にあった上海料理「三六九」へ。すると春秋戯劇学校で童伶の世話役
で、第六劇場で「検場(くろこ)」を努めている孫さんが一人で食事中
だった。
「先ほどは大変でしたね。お食事ですか」などと声を掛けながらポケット
を探ると、いつになく懐に余裕があった。そこで三六九の馴染みの年老い
た「?計(ボーイ)」にソッと、「あと一品とビール。勘定はこっち
で」。やがて孫さんが「どうもごちそうさま」。
ちょっとしたタニマチ気分。分不相応に優雅な一瞬だった。

  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■どくしゃのこえ ●読者の声 ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)御新著『中国の静かなる日本虐殺』(ビジネス社)を興味
深く拝読しました。とくに第6章「中国奥の院、権力闘争は陰湿苛烈」
は、習近平の独裁掌握過程を時系列に追って分析して、たいへん参考にな
りました。
やはり中国は政治、経済、社会をひっくるめて欧米や日本とはまったく異
質です。また陸続きの朝鮮半島も中国と同質で、しかも中国を模倣してい
るということを、改めて痛感しました。
日本人は中国や韓国のことを同文同種とか、一衣帯水など形容詞で親近性
を強調しますが、とんでもない錯覚です。大陸勢力と海洋勢力の対決が
云々されていますが、歴史的にも地政学的にも韓国は大陸勢力の末端で、
日本は海洋勢力の先端です。いまマスコミを賑わせている韓国の反日、日
本の嫌韓も必然といわざるをえません。
 習近平が皇帝になれるか、それとも中国共産党支配体制が百年以上つづ
くか、今後も宮崎さんの鋭利な分析を期待します。(TW生、ソウル)

  ♪
(読者の声2)<正統な皇統を死守しなければ、日本は 「日本」 でなく
なる!>
         記
とき  9月23日(木・秋分の日)13時(12時半受付開始)〜16
時20分
ところ 北区立「赤羽会館」 4階 大ホール  (アクセス 別添)


   (北区赤羽南1丁目13−1)(電話 
03−3901−8121(代表))
    JR「赤羽駅」東口下車 徒歩5分
   地下鉄 東京メ トロ 南北線「赤羽岩淵駅」下車 徒歩10分  
会費  研修会 1500円(ただし大学生・大学院生は500円、高校
生以下は無料)
プログラム
 (1)講演 講師: 赤尾由美氏 (皇統を守る会呼掛け人、アカオアル
ミ取締役会長)
       演題「死生観を取り戻そう」(13:20〜14:00) 
 (2)講演 講師: 新田 均氏 (皇學館大學 教授、神道學博士)
      演題「皇位継承について知っておくべきこと」
(14:00〜15:30)
 (3)質疑応答(両講師と葛城奈海会長)
特記  防疫要領等
1)聴講者は、お一人お一人マスクの着用をお願いいたします。
 2)聴講者は受付で、検温・消毒液使用のご協力をお願いいたします。
   (検温結果、37,5℃以上のお方は、聴講をご遠慮願います。)
 3)予約したお方を優先いたします。満席となり次第、ご入場は打ち切
らせていただきますので、予めご了承下さい。 
  <主催>  「皇統(父系男系)を守る国民連合の会」
<申込先> 小川 揚司  TEL090−4397−0908
MAIL  ogawa1123@kdr.biglobe.ne.jp

  ♪
(読者の声3)2021年9月11日は、20年回忌になった。燃える110階建のビ
ルから熱さに耐えられず飛び降りた数名の人がテレビに映り出された。
先週、満員の飛行機の外にしがみついてアフガンから脱出を図ろうとした
現地人が、力尽きて振り落とされて地上に転落する姿もテレビに流され
た。映像に
かすかに映る投下していく黒い点が、戦争被害者の終わりであるが、彼ら
はそのような恐ろしい刑罰を受ける犯罪人ではない。戦争は一握りの指導
者が、世論を操作し、戦争を正当化する。米国は1942年、真珠湾攻撃以
来、正式に戦争を始めていないが、2001年には国会でほぼ全員一致で戦争
決議をした。日本に対して、タリバンに対して、国民は団結し正義の戦争
を始めた。ヴィトナム以来、徴兵を避けるのが学生の団結した価値観で
あったが、2001年には志願が殺到した。萎んでいた愛国心が突然呼び戻さ
れた。
  隠された本当の歴史に明るい読者は、真珠湾攻撃はルーズベルト氏に
よって秘密裏に仕組まれた・日本が騙された・卑怯な「罠」だったと、ご
存知だろう。しかし、氏は裏の工作を隠蔽し、報道を操作し、英雄にな
る。そして日本は破壊され、原爆の人体実験にされた。戦後、醒めた頭が
戻って、本当の敵はシナとソ連だと気づく。氏の内閣にはソ連の工作員が
主要な地位に配置され、米国政府はソ連の「傀儡」であった。原爆の製造
秘密もソ連に送られていた。
  民主主義政府には、3権がそれぞれ独立し、権力が集中しない、異な
る意見が尊重され、論議され、衆議する、という暴走を防ぐ安全装置が機
能する、はずである。
さらに、第4権と言われる、「報道」が政権の「外部から独立した偏向の
ない」正しい真実と、公正な解析を国民に伝える、ハズになっている。言
うまでもなく、1942年、2001年、そして現在も、民主主義という理想的制
度、実験は不成功に終わっている。今だにシナやロシアは西欧、日本を操
作し、陰で嘲笑う。
  「公共放送」を自称するNHKはその誕生以来、その大切な任務を初め
から無視し、政府に迎合し、こともあろうに代々木の本社ビルに、「日本
を破壊すると公言するシナの支部」を匿っているほど腐敗している。日本
を救うためには、まず国民の頭を「虚偽の報道」脳を犯すウイルスから守
らればならない。
その病原菌を毎日発信する巨大な感染源、NHKをぶっ壊す。同様に、反日
本、非日本的な報道機関が日本に与えたつずけた被害額は数千兆円にもなる。
日本の本当の最大の敵は国内にある。早苗総理は、「必ずNHKを解体しま
す」と一言いうだけで簡単に実現する、と思ふ(在米のKM生) 

  ♪
(読者の声4)橋下某は「日本は中国依存しているから、一議員のときと
は違い、首相になったら靖国神社に行くのは控えるべきだ」と言っている。
一見、高市氏の信念を評価するふりをして、河野氏のような姿勢が当然だ
という。高市さんは米国・中共に説明して、自国のために亡くなった方を
慰霊するのは当然であり、参拝すると言明している。
高市さんは中共の人が会社に3人いたら、中共政府に縛られるから、徐々
に中共離れになっていくと説明。これに橋下氏は反論できなかった。橋下
氏は中共政府の代弁をして靖国参拝を潰そうとしているようだ。そのう
え、橋下某は戸籍廃止論者だ。こんなのがオピニオンリーダーの日本っ
て、まさに中国の代理人だらけだなぁ。
  (DH生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)大阪都構想のときから、都とは皇居のあるところ
ですよ、歴史認識が浅すぎるのではと批判してきた小生にとって、とくに
付け加えることはありません。

2021年09月17日

◆菅政権は「安倍の尻拭い」

矢口新

15課題をそのまま残して終焉へ。消費税撤廃こそが日本復活の切り札だ

菅政権にとっては、安倍政権が残した課題の尻拭いに奔走させられた1年
だった。解決していない課題はざっと15個あり、これらは次期政権が継承
せざるを得ない。前政権の膿を出しきり、日本経済を復活させるためには
「消費税0%」を実行できる強いリーダーが必要となる。(『相場はあな
たの夢をかなえる ー有料版ー』矢口新)

プロフィール:矢口新(やぐちあらた)
1954年和歌山県新宮市生まれ。早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒
業。アストリー&ピアス(東京)、野村證券(東京・ニューヨーク)、ソ
ロモン・ブラザーズ(東京)、スイス・ユニオン銀行(東京)、ノムラ・
バンク・インターナショナル(ロンドン)にて為替・債券ディーラー、機
関投資家セールスとして活躍。現役プロディーラー座右の書として支持さ
れ続けるベストセラー『実践・生き残りのディーリング』など著書多数。
安倍政権の「尻拭い」で終わった菅政権
菅義偉首相が自民党総裁選への不出馬を決めた。このことは日本の首相が
変わることを意味する。

「1年間、まさに新型コロナ対策を中心とする様々な、この国が抱える問
題に全力で取り組んできた」。首相は9月3日、党役員会で総裁選不出馬を
表明後、首相官邸で記者団にこう強調した。

最終局面で首相は小泉進次郎環境相と4日連続で会談したという。勇退を
進言したという小泉氏は涙ながらに、「批判ばかりだったが、1年間でこ
んなに仕事をして結果を出した政権はない」と述べた。

菅首相が全力で取り組み、出した結果とは、「世界に後れを取ってきた脱
炭素とデジタル行政を看板政策として前進させた」ことを意味するのだろ
うか?

あるいは「他の先進国に後れを取ってきたワクチン接種を前進させた」こ
とだろうか?

それとも「新型コロナ対策としてロックダウンなど経済を止めることを主
張する各地の知事たちと折り合いながら、オリンピック・パラリンピック
開催を含め、まがりなりにも経済を動かしてきた」ことだろうか?

とはいえ、国民がそれらの成果を評価せず、支持率が落ちたことが「勇
退」につながったことは否定できない。

しかし、「世界に後れを取ってきた」「他の先進国に後れを取ってきた」
「経済を止めた」「コロナ禍でのオリンピック・パラリンピック開催」
と、これまでの政権の尻拭いに終始した政権であったことも事実なのだ。

このことを、私は菅首相誕生時点から指摘してきた。拙著『日本が幸せに
なれるシステム』の前書きから、該当の個所をそのまま引用する。

消費税がすべての元凶
2020年9月16日、日本に新しい首相が誕生した。菅義偉第26代自民党総裁
が第99代内閣総理大臣となった。自民党の総裁選中、菅氏は「将来的なこ
とを考えたら行政改革を徹底した上で、国民にお願いして消費税は引き上
げざるを得ない」と話していた。少子高齢化を踏まえ、社会保障の財源に
は必要だと訴えたという。

消費税率引き上げが必要だというのは、総裁選に出馬したほかの2候補も
同様で、日本の首相には誰がなっても、消費増税が既定路線だったことに
なる。実際、前任者の安倍晋三前首相は在任中に2度も消費税率を引き上
げた。

とはいえ、消費税を導入した翌年が税収のピークとなり、後述するが税率
を5%に引き上げた1997年度が経済規模のピークとなった。こうして経済
が低迷し、税収が減ったことが、社会保障制度がぐらついている主因だと
言える。最終章の「崩壊前夜の社会保障制度」を読んでいただければ分か
るが、ほとんどの国民を支えている日本の社会保障制度はこのままでは維
持できる見通しが立たないのだ。

消費税のどこが悪いか?


政府財政は国民の税金で運営されている。政府はインフラを整備し、安全
に事業がおこなえる環境を整えて、国民が生産によって作りだした富の分
け前を税金として徴収する。このとき、生産の成果に応じて徴収するのが
所得税や法人税だ。消費税とは、秋の実りを待たずに種や苗の段階で10%
を徴収するようなものなのだ。これでは、実りのもとを取りあげられたこ
とで生産が低迷し、かえって税収が減少する。

税制は国の土台だ。土台が腐っているのに、行政改革で雨漏りや風除けだ
けを修理しても無駄になるのだ。そこで多くの図表をつかって、グラフを
見るだけでも理解がすすむように心がけた。より多くの人々が消費税を理
解しないと、日本は良くならないからだ。

Next: 菅政権でも進展せず。安倍前首相が残した15個の課題
  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆スマホもIC開発競争もレアアース争奪

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)9月10日(金曜日)
通巻第7047号  

スマホもIC開発競争もレアアース争奪という側面がある
  ミネラルリッチは皮肉にもアフガニスタンなのだ

 アフガニスタンはミネラルリッチ、オピュームリッチの国である。スマ
ホ部品、IC基盤材料に欠かせないレアアース、現代工業の最高精度を高
めるためのレアメタル。これらを血眼になって求めているのが工業覇権国だ。

 タリバンが支配することになったアフガニスタンは、殆どが山岳地域ゆ
えに鉱物資源が豊富で、銅、レアメタルに恵まれており、クロマイト、石
炭、金、鉄鉱石、鉛なら基礎資源に加えて、天然ガス、石油もでる。貴
石、宝石が含まれ、エメラルド、ラピスラズリ、ガーネット、ルビーなど
は業者の垂涎の的となっている。

 とりわけ世界の産業が必要としているのはEVのための電池材料リチウ
ムである。アフガニスタンに豊富な埋蔵がある。最大の鉱山がメイ・アイ
ナク(「ささやかな銅の泉」という意味)鉱山だ。首都カブールの東南
30キロの岩石地帯、周囲は砂漠化した不毛の荒野に近いが、地下には凡
そ1140万トンの銅鉱石が眠っている。
 ハイテク産業は、これらの地下資源に注目をしている。

 はやくから手をつけていたのが中国で、2012年に開発を開始してい
た。開発権を落札したのは中国の二社(中国冶金科工集団と江西銅業)
で、開発権は30億ドル。このうち2400万ドルが手付け金で支払わ
れ、中国から鉱山開発関係のエンジニアなどが投入された。

 異常事態が発生した。
 第一は治安の悪さだ。2014年に中国人エンジニア8名が殺害され、
警備に問題があること。中国人技術者を守るのがアフガニスタン政府警察
で、その給与の半分は日本の援助資金から廻されたことも問題となった。

 第二はインフラ整備の難しさである。中国は道路建設と鉱石運搬のため
の鉄道建設を約束し、それらを支える発電所建設も入札条件に含まれた。
これらのインフラ整備はまったく手つかずのままである。

 第三が採掘現場の多くが、仏教遺跡の地下に位置し、欧米ならびに国際
機関は、これら仏教遺跡の発掘と保存が先行するべきだと主張した。仏教
遺跡は紀元前から四世紀の大規模な仏教都市とされ、実際に一部は発掘さ
れ、夥しい仏教の文物、彫刻などが出土した。
 バーミャンの石仏をミサイルで破壊するタリバンにとって、これらは破
壊の対象であり、ここで国際社会と意見が対立した。

 中国は2018年に開発を中断した。こうした経過から、再開発には慎
重な態度をとるのが、じつはタリバンと協力すると豪語している中国の姿
勢であり、タリバンは喉から手が出るほどに欲しい外貨のために、中国の
再開発を督促するという構図に成っている。

 タリバン政権は、事実上の「タリバンニスタン」であり、彼らはパシュ
トーン人主体だからウズベク、ハザラ、タジク系、カザフ系を排除してい
る。だから別名「パシュとニスタン」とも言えるだろう。
 
 ロシアの『プラウダ』が書いた。「一帯一路プロジェクトに巻き込んで
鉱山開発などを前進させると口だけのこと、治安の回復がない限り、投資
が無駄になることくらいは中国も認識している」(2021年9月9日)。
     


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆ジャパンハンドラーは対中強硬しか認めない
高島 康司

「新首相は河野太郎」バイデン政権から圧力?


自民党総裁選にバイデン政権から圧力がかかっているとの見方がある。今
のアメリカに「親中」を許す余裕はない。日本にも対中強硬路線を採るよ
うに圧力を強めてきていると見て間違いないだろう。ジャパンハンドラー
が推すのは河野太郎氏だ。(『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メル
マガ』高島康司)


※毎週土曜日or日曜日16:00からLIVE配信予定「私たちの未来がどうなるか
考える!メルマガ内容の深堀りと視聴者からの質問に答えるQ&A」世界中
から情報を収集、分析し、激変する私たちの未来を鋭く予測する『ヤスの
備忘録』でおなじみ、ヤスこと高島康司さんのライブ配信が大人気。世界
の未来を、政治経済の裏表だけでなく、歴史、予言、AI、陰謀、スピリ
チュアルなどあらゆる角度から見通します。視聴方法はこちらから。
総裁選は派閥結束なしの混戦模様
自民党総裁選における、バイデン政権の圧力について解説したい。

17日告示、29日投開票の自民党総裁選が過熱している。8日の記者会見で
高市早苗前総務相は出馬を正式に表明した。石破茂元幹事長は立候補を見
送る方向で検討しており、総裁選は、すでに出馬表明している岸田文雄前
政調会長、高市早苗氏、河野太郎行政・規制改革相の3氏が中心になる見
込みだ。

高市氏に対しては、政治信条が近い安倍前首相が支援する意向を示している。

また石破派は国会内で会合を開き、石破氏に対応を一任した。会合では、
石破の出馬を求める声が出た一方、河野氏を支持すべきだとの意見もあっ
た。石破氏は出馬せず、河野氏を支持する方向だ。

一方、河野氏は7日、出身派閥である麻生派の支持固めに動いており、週
内にも正式に出馬表明する方針だ(※編注:原稿執筆時点2021年9月9日。
河野氏は10日に記者会見を開き、自民党総裁選への立候補を正式に表明し
ました)。

また岸田氏は7日の岸田派の総会で、選挙戦を戦う決意を表明している。

野田聖子幹事長代行は、出馬に必要な推薦人20人確保のメドは立っていな
いものの、出馬には意欲的だ。

このように、今回の総裁選はすべての派閥が結束して支持できる統一候補
が存在しないので、混戦状態になっている。

いまのところ、河野氏と岸田氏が一歩先んじているようだが、事態はまた
流動的だ。

CIA系シンクタンクは総裁選をどう読んでいる?
そのようなとき、CIA系のシンクタンク「ストラトフォー」は、総裁選の
結果を予想する記事を出した。ちなみに「ストラトフォー」は、CIAの元
分析官のジョージ・フリードマンが1997年に設立したシンクタンクだ。
CIAほか、米政府機関やアメリカを代表する企業がクライアントになって
いる。歴代の米政権の外交政策立案に、一定程度の影響がある。

そうした「ストラトフォー」だが、9月3日に「菅総理大臣が辞任。次は誰
だ?」という記事を発表し、今後の動きを占った。

その見立てによると、すべての派閥が結束して支持できる統一候補がいる
とすれば、それは前首相の安倍晋三だけであり、彼が出馬表明しない限
り、日本は毎年首相が変わる回転ドア式首相の時代に逆戻りする可能性が
高いとした。

いま自民党には安倍首相が率いる細田派(96名)、麻生太郎副総理の麻生
派(53名)、二階俊博幹事長の二階派(47名)、そして岸田文雄の「宏池
会」(46名)の4大派閥があるが、これらどれかの派閥の支持がないと、
自民党総裁候補の勝ち目はほとんどない。

しかし誰が勝ったとしても、派閥を越えた支持がある安倍首相以外の自民
党総裁は、内閣や派閥の調整に苦労することになるだろう。調整に手こず
り、毎年首相が交替する可能性もある。

また、一部の自民党関係者が示唆するように、自民党が衆議院で絶対多数
を失った場合、与党は公明党に頼って保守連合の多数派を形成することに
なる。

公明党の反核・反武力紛争の考え方は、台湾や米国との戦略的協力や、中
国の海洋進出や台湾への物理的な安全保障上の脅威を回避するための日本
の軍事的改革に対する姿勢を軟化させる可能性がある。
at 05:41 | Comment(0) | 番外編

2021年09月16日

◆呆けのバイデン、腹黒ハリス

Andy Chang

AC 論説No.860 
惨憺たるアフガン総退却が終わったのが8月31日で、ニューヨークのツイ
ンタワーがテロの自爆攻撃で
崩落した911の20周年記念日の式典が昨日終わったところである。アメ
リカはアルカイーダ、タリバ
ン、ISISと20年も戦って「栄誉ある撤退」をするかと思ったらバイデンの
総退却で「国家でもないテロ」
と20年戦った相手に降参した。数千人のアメリカ国民と850億ドルの武器
弾薬を置き去りにして退却し
たバイデンの責任は重い。アメリカ国民を置き去りにしたのは「万死に値
する」罪だ。

ところがバイデンは得意げにアフガン撤退を「賢明な決断だった」と述
べ、あまつさえ「ノルマンディ上
陸にも勝る撤退作戦だった」と自慢したのである。明らかに頭の具合がお
かしい。しかも日増しに募る
アフガン退却の批判を逸らすため、「大統領命令で連邦政府職員全体にワ
クチン注射」を発表した。バ
イデンは「オレは大統領だ、オレのいうことを聞け」と威張っている。既
に各州でバイデンを憲法違反
で告訴する動きが出ている。国民の関心を逸らすつもりで新たな危機を
作ったのだ。

バイデンは就任以来、大統領命令で危機を作り出し、危機の責任を躱すた
め話題を転じて新しい危機を
作り出してきた。国境問題危機、未成年者収容危機、中国の派遣進出と米
国批判、ワクチン政策の失
敗、BLMとAntifaの暴動と犯罪の大幅な増加、失業率とインフレとホーム
レス、3.5兆ドル予算と税収
政策、Critical Race Theory(白人自虐論)、アフガン総退却、ワクチン
強制命令……。

バイデンは度重なる危機について一度も改善策を考えず、嘘を連発するけ
れど自責や詫び言葉を述べたこ
とは一度もない。これは一体どういうことなのか。バイデンが鉄面皮で恥
知らずとしても度が過ぎる。
彼はどうして恥を感じないのか?なぜ間違いを直さず責任を負わないの
か?、なぜ謝罪しないのか?。
側近や黒幕はどこまで彼を庇うことができるか?。

バイデンの傲慢さと鉄面皮な言動は一部はボケかアルツハイマーの兆候
で、一部は呆けバイデンを操って
いる側近と黒幕の見えすいた嘘(救助策)である。自分が犯した過失はす
ぐ忘れる。危機を迎えても翌
日には忘れてしまう。失敗が多すぎて日常茶飯事になると失敗しても謝ら
ないし側近も慣れて見逃してく
れる。側近は呆けのバイデンが失言しないようにテレプロンプターの原稿
を準備し、メモを彼のポケッ
トに入れておく。記者会見ではあらかじめ記者(サクラ)の質問を聞いて
答えをバイデンに教えておく。
質問記者の名前と順番をメモに書いておく。

これらはみんなが見聞していることである。要するにボケだからすぐに忘
れるし自責の念もない。これ
がアメリカの大統領なのだ。ところが呆けのバイデンは自分がまだ大丈夫
で「偉大なる大統領」を見せ
つけようとして出しゃばり、失敗を国民に見せつけるのである。

ところで本来なら大統領を補佐するのが副大統領の責務だと思うが、カマ
ラ・ハリス副大統領はこれま
で一度もバイデンの手助けをしたことがないばかりか、バイデンに関わり
を持ちたくないと言った態度
が明らかである。ハリスは就任以来いつも話題にならないように行動して
無能と罵られてきた。

ハリスはバイデン大統領を補佐しないしバイデンの指示も無視している。
バイデンが国境解放と違法入国
者歓迎政策で批判され、慌ててハリスを国境問題解決の主任に任命した
が、ハリスは 何もしなかった。
メディアに批判されて一度だけグアテマラを訪問したが結果はゼロだっ
た。ハリスは一度も国境を視察し
ていないと言われ、一度だけテキサスの国境を訪問したが移民収容所を視
察せず半日でワシントンに
戻った。つまり努めてバイデンを無視しているのである。

バイデンに任命されても何もしない。バイデン政権が発足してから犯罪事
件の増加やコロナ感染増加、
ワクチン政策危機、国境問題に関与せず発言もしない。アフガンの総退却
が起き、ISIS-Kのミサイル攻撃
で13名の兵士が死亡した時はシンガポールとベトナムを訪問して風波を避
けた。彼女はバイデンが何を
しても知らぬ存ぜぬで一切関与しない。彼女はバイデンの失敗を喜び、自
分の出番を待っているのだ。彼
女は無能ではなく腹黒いだけである。腹黒ハリスを副大統領に選んだのは
バイデンの自業自得だ。

彼女は無能ではなくバイデンの弾劾辞職を待っているのである。アフガン
の総退却でバイデンの人気は下
落して39%となり弾劾の動きが活発になった。だがハリスの人気は35%で
バイデンよりも低い。バイ
デンを罷免して腹黒ハリスが大統領になってもアメリカは良くならない。


バイデン弾劾は始まったばかりである。アフガンに取り残されたアメリカ
国民が人質になって身の代金
を要求される可能性、グアンタナモ監獄に入れられたタリバンの釈放要
求、タリバンに贈呈した850億
ドルの最新武器の追及、アメリカ国内で起きるタリバンテロ。国内問題も
山積している。バイデンは辞
職しないと頑張っているけれども弾劾は目前に迫っている。

=======  AC 通信  =====   AC通信   =====
AC通信は転載自由です。
マグマグAC通信の登録は http://www.mag2.com/m/0001690065.html



         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 


◆雀庵の「常在戦場/83中国は毛が創って習壊す」
“シーチン”修一 2.0

【Anne G. of Red Gables/367(2021/9/13/月】事実を元に面白おかしく解
釈する「アンサイクロペディア」によると、毛沢東の業績は・・・

<歴史に残る毛の偉業は、何と言っても「文化大革命」である。これによ
り、中華ソビエト共和国は古代文明の黄金時代どころか原始時代にまでタ
イムスリップし、お陰で地球環境破壊が大幅に食い止められたのである。
また、狡(こす)い知恵の働くインテリ共を皆殺しにしたことで、学力・
教育の格差を減らすことにも大いに貢献した他、プロレタリアート達の溜
飲だけを大いに下げたことも特筆に値する。スターリンと共に、毛は地球
環境破壊防止・人類粛清による地球浄化作戦に貢献した>

ハッハッハ、そういう解釈もあり得るなあと笑うのが筋だが、言論・表現
の自由のない中共では笑う門には不幸来たる、刑務所行きになる。自由民
主の国に生まれてホント、良かった。アナーキストの竹中労(ルポライ
ター、評論家)は毛沢東・中共を罵倒して止まないが、詩人としての毛は
好きだったようである。竹中によれば、

<1927年、蒋介石が(反共)クーデターを起こした際、毛沢東の故郷、韶
山(しょうざん)では親類縁者が後難を恐れて(毛の)学生時代のノート
を焼却した。だが、ある人がひそかに2冊を保存し、革命後に世に出るこ
とになったという>

それが史実かどうかは確認しようがないが多分、権力に擦り寄る連中が忖
度して「そういうことにしておこう」となったのだろう。そのノートに
あったとされる「毛沢東詩 沁園春(しんえんしゅん、沁はサンズイに
心)長沙1925年」にはこうある。


独立寒秋 湘江北去 橘子洲頭 看 万山紅遍 層林盡染 漫江碧透 百
舟争流

鷹撃長空 魚翔浅底 万類霜天競自由 悵寥廓 問 蒼茫大地 誰主沈浮 

携来百侶曾遊 憶往昔 争栄歳月稠

恰 同学少年 風華正茂 書生意気 揮斥方遒 指点江山 激揚文字 糞
土當年万戸侯

曽記否 到 中流撃水 浪遏飛舟

・・・・・・・

独り寒秋に立てば湘江は北へ去る 橘子洲頭 看よ万山の紅きこと遍く 
層林 盡く染まるを 漫江碧く透み 百舟流れに争ふ…(途中は略、後半
は竹中労の現代語訳)…

青春の日々、私は百侶(多くの友)と手を携へこの地に来て遊んだ。往き
し昔から今日までを思えばまことに困苦絶望、苦難の歳月であった。

恰(時も良し!)、同学の友達は皆、風華(器量才能)正に盛んだった。
我ら書生の意気は揮斥(ほしいまま)であり、何事もなし得るのだという
強い確信に燃えていた。

指点江山(天下をあげつらい)激揚文字(文章を論じ)、万戸侯(権力
者)どもを糞土(くそみそ)に罵ったことだった。友よ、覚えているか、
この河の中流に舟を止め、昔の志士に倣って櫂で水を撃ち、革命を誓った
ことを!

・・・・・・・・

ああ、青春は麗し、か。漢詩学者・碇(いかり)豊長氏の注釈によると
「1925年:農民運動や国民革命の動きで、社会が騒然となっていた時代。
毛沢東は辛棄疾の『昭君怨』(長記粛湘秋晩、歌舞橘洲人散…)の影響を
受けたか。長沙:湖南省の省都。毛沢東は青年時代をここの湖南第一師範
で過ごした。そこで勉学に勤しみ、社会への目を開いた」。

上記にある辛棄疾(1140―1207)は南宋の官僚文人、詞人。女真族の
「金」の占領下に育ち、成人して武装蜂起に参加し、渡江して南宋に仕えた。


<辛棄疾は江西の地方法務長官、湖北、湖南、江西、浙東などの軍政長官
を歴任、精強な軍隊(湖南飛虎軍)を創設するなど、積極的に活躍して名
声があった。一貫して対「金」強硬策を主張し、朱熹(朱子)、陸游など
と共鳴して親交を結んだが、政府中央で消極策が主流を占めたため、晩年
は鉛山(江西省)に隠居した。

歌辞文芸「詞」の作家としても有名であり、600余首という宋代でもっと
も多い作品を残している。慷慨憂憤の作が多く、北宋の蘇軾(東坡)と並
べて蘇辛豪放派などと呼ばれるが、叙情的な傑作も少なくない>(日本大
百科全書)

辛棄疾は文武の人、満洲基盤の女真族「金」王朝に反旗を翻した・・・つ
まり漢族の毛沢東など若者にとって辛棄疾は異民族支配と戦った大英雄、
大詩人、日本なら楠木正成、西郷隆盛、吉田松陰のように尊敬されていた
のだろう。

毛は1893年生まれだから、上記の詩を書いた1925年は32歳、西洋列強、特
に“蛮族”でありながら清と露の2大帝国に戦勝した日本に蚕食されるのは
耐え難く、1917年のロシア革命を見て「ブルジョワ民主主義革命ではなく
共産主義革命こそが漢族を救う」と信じたのも自然の流れだったか。

毛は1925年に党内の路線を巡る争いから革命に幻滅を感じて韶山の故郷に
戻っていた時期である。いわゆる「消耗」したのだが、「自宅にいる間の
1925年に上海と広州で発生した暴動を聞いたことで毛の関心は蘇った」
(WIKI)。ヨッシャーッ!という気分になって上記の詩を書いたようであ
る。この「ヨッシャーッ!」を真似た習近平が、まるでヒトラー・ナチス
の如く今、世界を危険にさらしている。

毛沢東の詩をもっと読みたいと思ってAmazonを検索したら「毛沢東詩選」
(北京外交出版社 1979/1/1)があり、レビューにはこうあった。

<そもそも毛沢東は湖南省の故郷で小学校教師をしていた。当時の若き毛
沢東にとって、歴史の研究が最も重要関心事であり、中国史に関しては右
に出る者はいない程に良く精通していた。

教師としてささやかな給金を得て、後は歴史の勉強を思いっきり出来れば
良かったと毛沢東は後に語っているようだ。また、優れた漢詩を模倣した
りみずから豪放磊落な筆致で実に素晴らしい詩文を書くことでも有名だった。

わたしは時として思うのだが、毛沢東は革命家になどなるべきではなく、
立派な文学者としても成功を収めたのではなかろうか? まことに才能豊
かな若者だった事は確かであろう。なぜ彼は革命家になったのか?

「多分、自分も君たちと同じような平均的な民主主義者だったと思う。自
分でも時々不思議に思うのだが、まさか自分が革命戦争に参加する事にな
るとは思っていなかった。人間の運命というものは、自分でもいかんとも
し難い側面があるのでしょうね」

アメリカ人ジャーナリスト、エドガー・スノウに、後に共産主義者になっ
た理由をそのように説明している。人間とは案外、そんなものかも知れない>

毛には「人たらしの才」があったのではないか。学問に通じていたし、愛
嬌もある、弁舌も上手い、「嫌な奴」なのだが憎めないし、末端のゴロツ
キ出身の兵士も毛の言うことには従う・・・カリスマ性とか天賦の才と言
うのだろうか。

中共紅軍の立役者、朱徳を描いた「偉大なる道」で知られるアグネス・ス
メドレー(1892年2月 - 1950年5月)は毛沢東と同世代、生粋の共産主義
者、ソ連の工作員である。「スメドレーは上海ではソ連のスパイ、リヒャ
ルト・ゾルゲと親密に親交し(ゾルゲの子分である)朝日新聞記者・尾崎
秀実はスメドレーの著作「女一人大地を行く」の日本語翻訳もしていた」
(WIKI)。


竹中労はスメドレーの「中国の歌ごえ」からこう引用している。

<ある時、毛沢東は私(スメドレー)に、今までに男の人を愛したことが
あるか? なぜ愛したのか? あなたにとって愛とは何だったのか?と尋
ねた。また、ある時、古代中国の詩を口ずさみ、彼自身の作詞も口ずさん
でいた。彼の詩とは、毛沢東の妻であるというだけで殺された一番最初の
夫人(楊開慧)の思い出をうたったものであった。

私が毛沢東という人間のうちに強く感じた暗い性質は、精神的な孤独だと
分かった。人々は毛沢東を愛したが、彼自身は己の中に閉じ籠り、孤立す
るのに慣れている様子だった。彼のユーモアは、魂の孤独の深い淵から噴
出してくるように冷笑的で、恐ろしい響きを持っていた。毛沢東の心の中
には一つの扉があって、それは誰に向かっても開くことがないのではない
か、という印象を私は受けた>

竹中によると、殺された一番最初の夫人、楊開慧(ようかいけい)につい
て、毛沢東は「誇り高く敵の拷問に屈しなかった」と詩にも書いていると
いう。楊開慧の喪失は毛沢東にとって人生観を変えるほどのショックだっ
たろう。「毛沢東の夫人履歴考」というサイトにはこうあった。

<毛は献身的な楊開慧と1921年に結婚、3人の男児を儲けている。長男・
毛岸英(毛遠仁)、次男・毛岸青(毛遠義)、三男・毛岸立(毛遠智)。

1927年の大革命(3月の南京事件=蒋介石の失脚をねらう共産党の組織的
な排外暴動)の失敗後、毛沢東一家は逃れて長沙に帰ったが、彼が秋収蜂
起(9月の湖南省や江西省での武装蜂起)の準備をしている間、妻は子供
を連れて長沙板倉の実家に戻った。これが二人の永別となった。

1930年8月、紅軍が長沙を撤退すると湖南省清郷(郷土粛清の意)司令、
何鍵は楊開慧逮捕に壱千元の懸賞金をつけたからである。彼女は1930年10
月に8歳の長男・毛岸英とともに逮捕され、毛沢東との絶縁声明を強要さ
れたが、きっぱり拒否して11月4日に銃殺された。享年29歳の若さであっ
た。毛沢東は誇り高き妻を失った。

毛沢東にとって彼女は、革命の同志であるとともに理想の妻であった。
1957年5月「我は誇り高き楊開慧を失い、君は柳直荀を失う」で始まる詞
「蝶恋花」をつくり、楊開慧の親友であった李淑一に与えた。

晩年には、生活秘書の張玉鳳や孟錦雲に楊開慧と同じ髪型をさせて楊開慧
を偲んでいたという>

毛は死ぬまで非業の死をとげた最愛の妻、楊開慧を悼んでいた! 毛は皇
帝になっても、心の隅にはぽっかりと穴が開いたままだったろう。革命に
のめり込まなければ学者として静かに暮らし、楊開慧を失うこともなかっ
たろうという慙愧の念があったのではないか。

一将功なりて万骨枯る、毛沢東は建国前の戦争と建国後の大躍進政策、文
化大革命の失政で1億人以上を犠牲にしたろう。楊開慧の処刑を聞いた毛
は「彼女の死は百身を持ったとしても贖えぬ」と嘆息したというが、毛に
とっては1億人より楊開慧一人の死の方が重かったわけだ。

「愛するものの命は地球より重い」・・・愛していない1億が自分の悪政
で死んでも頓着しない、「国民の半分が核戦争で死んでもまだ3億人がい
る、大体我が国は人口が多過ぎる」と言っていた毛沢東にとってそれは当
然のことか。狂気がなければ大事業はならないのだろう、やはり毛沢東は
凄い、類いまれな、不世出の政治家だったことは間違いない。1976年9月9
日、北京中南海の自宅にて没、享年82。

毛創り トウが伸ばして 習壊す 世界喜び 人民飢える・・・


   
            
━━━━━━━━━━━━━


◆武器密輸でタリバンの外貨稼ぎに

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)9月9日(木曜日)弐
通巻第7046号  

米国、9・3兆円もの武器をアフガンに注ぎ込んで。多くがタリバンの手に
 軍用車両、機関銃など武器密輸でタリバンの外貨稼ぎに


 ハンビー(高性能多機能用途装備車両)が2万2千両。MRAP(対地
雷、伏撃防護装甲車)155両。小型軍用車を4・2万台。そして自動小
銃が36万丁。重機関銃6万、ピストル13万丁など。
 対空砲、地雷、バズーカ、ゴーグル、通信設備、測定器財など付属する
備品や燃料など、計り知れない軍事関係装備品が、タリバンの手にわたっ
てしまった。

 アフガニスタン政府軍に注ぎ込んだ米国の武器供与は総額で850億ド
ル(邦貨換算で9兆3000億円)。そして育成したアフガニスタン政府
軍30万人は武器とともに「闘わずして」、姿を消してしまった。祖国の
ために死ぬ兵士はいなかった。そのうえ米軍が援助した武器の悉くが「蒸
発した」。

米軍は引き揚げるときに多くの武器、車両、軍用機、通信設備などを破壊
して去ったが、それは一部であり、すでにタリバンのカブール制圧前か
ら、アフガニスタン政府軍の腐敗は深刻で、武器の横流しから、ガソリン
の売却など、軍服や軍帽、軍靴などは、バザールで売られていた。

 タリバン軍事パレードに米国製武装兵(UH60)が登場し空を舞っ
た。米国軍事専門家は、軽攻撃機など軍用機が38機、ヘリが13機。ド
ローンが7機、すでにタリバンの手にわたったと分析している。

 嘗てソ連との闘いに明け暮れたムジャヒディンの時代、米国はスティン
ガーミサイルを250基、供与した。それでソ連の敗退が決定的となっ
た。ソ連の武装ヘリも輸送機もスティンガーミサイルの犠牲となったからだ。

 残留武器に目を付けているのは中国、露西亜、北朝鮮、そしてイランで
ある。
 イランは1972年から76年にかけて、米国の武器輸出国ナンバーワ
ン(現在はサウジアラビア)。イスラム革命後、最新鋭ジェット戦闘機な
どイランに置き去りにされたものが部品供与もなくさび付いた。

 タリバンは麻薬のほかにドルを稼げる輸出品目がない。のどから手が出
るほど欲しいドルのために、これら米国製武器を密輸するだろう。
 イランがすでにタリバンから入手したのはハンビーとMRAPと言われる。

 米議会下院ではジム・カマー(共和党、ケンタッキー)とグレー・グロ
スマン(共和、ワイオミング)が中心となって三十三名の議員が連署し
て、「すぐさま調査に乗り出し、残留兵器をいかに回収するべきかを検討
せよ」とする書簡をまとめ、オースティン国防長官に送った。

 タリバンと高性能武器の引き渡しを狙うのは中国、露西亜、北朝鮮など
で、早速中国はワクチン8100万ドル供与を取引条件に米国製武器入手
の交渉にはいったとみられる。日本は、ことここに到ってもなおインフラ
支援など人道援助のために、決められている200億円余にプラスして新
規71億円を、「無条件」でアフガニスタンに供与する方針である。
 日本外交は馬鹿がつくほどのお人好し?

    ☆▽□☆◎み☆◎□☆や□▽◎☆ざ▽◎□☆き
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆     
  ■どくしゃのこえ ●読者の声 ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)今月号の『正論』に書かれた宮崎先生の「福井から男系を
繋いだ継体天皇」を拝読しました。
バックグランドとなる歴史知識が少ないものですから、二回読みました
が、なるほど五代溯って天皇空位を埋めた継体天皇は、十九年間も奈良に
入らず(はいれず)、都を樟葉(枚方市)、筒城宮(京田辺市)、乙訓
(長岡京市)を転々としていた理由を従来の歴史学者が説明してきた「豪
族の合意を得られるに時間がかかった」からだとされるのではなく、大胆
にも「継体天皇は奈良に入る必要はなかった」とされています。
その理由は「琵琶湖から淀川ルートで難波にでる商業、貿易拠点」だった
ことを浮かび上がらせておられます。あまりに斬新な歴史観。目から鱗が
落ちるおもいでした。
このような論考は、貴誌前号の藤原仲麻呂のことや、その前の高市皇子の
話など、歴史の教訓という視座から現代日本を寓話的に説かれています。
まとめて単行本になるとうかがいましたが、いつ頃でしょうか?(DH生、
葛飾区)


(宮崎正弘のコメント)精密におよみ頂き有り難う御座います。秋に二冊
にわけて出ます。
まずは『現場を歩いて解けた「古事記」の謎』、もう一冊は『もう一つの
葬られた王朝『古志国』の謎』(いずれも仮題)です。
 具体的に決まりましたら小誌で告示します。

  ♪
(読者の声2)タリバンだけ、男だけのアフガニスタン暫定政権が発表さ
れましたが、言ってみれば「テロリスト一覧表」ですね。ウズベク、タジ
ク、ハザラの代表はひとりも加わっていないという意味は、内部分裂、軍
閥抗争が収まっていないという証拠では?
   (山根生)
at 06:19 | Comment(0) | Andy Chang

2021年09月15日

◆薬害エイズを怠慢の口実にする厚労省

櫻井よしこ

『週刊新潮』 2021年9月9日号
日本ルネッサンス 第965回

気になることを二度続けて聞いた。中国の武漢から始まったコロナウイル
スと変異株に国際社会全体が翻弄されている中、厚生労働省が日本製のワ
クチンや治療薬の承認に消極的なのは、薬害エイズで酷く非難された苦い
記憶ゆえだというのである。

一度目は有力政治家から、二度目は8月25日、BSフジの「プライム
ニュース」で、外交評論家の宮家邦彦氏から聞いた。このような情報流布
の背景に厚労省の「進講」があるのではないかと、私は感じたが、そう的
外れではないだろう。

コロナウイルスで国全体がこれ程の被害に遭っているいまは、平時ではな
く有事である。ウイルスという目に見えない敵と戦うには、ワクチンの開
発にしても薬の承認にしても通常のプロセスをうんと簡略化してスピード
感をもって当たらなければならない。にも拘わらず、日本製ワクチンやア
ビガンのような治療薬の治験も承認も遅々として進まない。後述するよう
に厚労省、とりわけ薬系技官が頑としてプロセスを早めることを拒否して
いるのが原因である。医薬品業界の既得権益と利害をかけた熾烈な争いも
その背景にあるに違いない。だがそうした汚い側面を隠すかのように、一
連の遅れの原因は薬害エイズで批判された深い傷の痛みだという的外れな
情報が流されているのである。

一体薬害エイズがどんな問題だったのかを、彼らは覚えているのだろう
か。薬害エイズで厚生省(当時)が何をしたか、しなかったかを記憶して
いるのだろうか。一言でいえば厚生省の担当者らは異常なほど情報に鈍感
だった。患者の命がかかっている切迫した問題に対応しなかった。その感
度の鈍さは、国民の健康を支えることこそ自らの責務だという自覚を欠い
ていたからではないのか。

血友病患者に奇病発生という情報は、1981年末の「ニューイングランド・
ジャーナル・オブ・メディスン」でまず、報告された。

82年7月、米国のCDC(疾病管理予防センター)が非加熱血液製剤を使
用していた血友病患者3名がカリニ肺炎で死亡、と発表した。

同年9月、CDCは非加熱血液製剤を介して発症する病気を後天性免疫不
全症候群(エイズ)と命名した。

恐怖の報告

83年1月にはロサンゼルスの内科医、キャスパー氏が「ヘモフィリア・ブ
ルティン」(血友病情報誌)で、血友病患者は治療薬の濃縮血液製剤を介
してHIVに感染すると報告した。

同年3月にはCDCが正式に血友病患者のエイズは非加熱製剤が原因だと
発表した。CDCは製薬企業に、患者への非加熱血液製剤投与をやめて、
ウイルスを死滅させた加熱血液製剤に転換するよう明確に促したのである。

では日本の厚生省はどうしただろうか。彼らの医療行政の下で、日本の血
友病患者はCDCの警告のあともずっと非加熱血液製剤しか与えられな
かったのだ。厚生省は長い時間を怠惰に過ごした後、85年7月になってよ
うやく加熱血液製剤を承認したのである。米国より2年4か月も遅かった。

さらに加熱製剤を承認した後も厚生省は業界の事情を優先した。業界大手
のミドリ十字などに配慮して、製薬企業が抱えている大量の非加熱製剤の
在庫を、加熱製剤に優先して患者に使用させるのを黙認した。

もっと信じ難かったのは、加熱製剤承認に必要とされた治験を、加熱製剤
の開発で一番遅れていたミドリ十字に合わせる形で調整するのを黙認し
た、つまり、承認を遅らせたのである。

この2年4か月の遅れの中で多くの血友病患者がHIVに感染し、少なから
ぬ人々が亡くなっていったのは周知のとおりだ。

患者はどれほどの危機感を抱いていたことか。たとえば82年11月23日、
「東京ヘモフィリア友の会」(東友会)総会が開かれ、日本の血友病の最
高権威とされていた帝京大学医学部長の安部英氏が患者を前に語っている。

「皆さんが使っている血液製剤のうち、約90%がアメリカからの輸入血漿
です」「肝炎とか何とかも離れて、次から次へと重大な病気があるらしい
ということが分かってきつつあるんです」「(輸入非加熱血液製剤には)
肝炎などよりもっと恐ろしい病気があるらしいことも分かってきています」

この恐怖の報告を聞かされた血友病患者たちはより正確な情報を求めた
が、安部氏らは応えていない。

このような状況下で、厚生省は83年6月になってようやくエイズ研究班を
立ち上げた。そこからさらに2年以上を費やして85年7月に加熱製剤を承認
したが、そのときでさえ、製薬企業による非加熱製剤の在庫一掃を見逃し
たことは前述した。

国民に治療薬を届けたい

これで患者や国民が怒らない方がおかしい。厚生省も医師も追及されない
理由はないだろう。にも拘わらず、厚労省は薬害エイズに関して批判され
た苦い体験を思い出すとき、果敢に薬事行政に取り組むことができなくな
ると泣き言を言うのか。

本来なら、今が厚労省の働きどきである。ワクチン開発に取り組む企業を
助け、一日も早く完成させることだ。それによってまず日本国民の命と健
康が守られる。経済も回復する。地球上の困っている国々や民族、人々に
手を差しのべて救っていくこともできる。

わが国は米国とも中国とも異なる。軍事力による影響力拡大は不可能だ。
日本なりのやり方で、日本と協調する国々をふやし、中国の脅威に抑止を
効かせなければならない。そのひとつの方法が医療最先進国となり、世界
を助けることだ。その観点に立って厚労省はいま、必死に働いて医療界を
主導し、日本のワクチン完成やコロナの治療薬完成を急がせるときなの
だ。ところが、全くそうはなっていない。

2020年5月15日、私は「言論テレビ」に安倍晋三首相(当時)を招いた。
安倍首相は5月中のアビガン承認を念頭にこう語った。

「アビガンは通常の治験であれば6月、7月でしたが、企業治験が終了しな
くても、観察研究と臨床研究の成果で有効性が確認されれば薬事承認がで
きればと思っています」

一日も早く、国民に治療薬を届けたいという思いが伝わってきた。臨機応
変に対応しようとする首相の姿勢にも大いに共鳴した。厚労大臣も事務次
官も局長も、首相の考えを了承した。ところが、その下の薬系技官らがど
うしても了承しないのだ。政権が菅義偉首相に移った今もアビガンは承認
されていない。自分たちのルールこそ全てだと考える薬系技官はしかし、
国民の命をどう考えているのか。薬害エイズのときは患者への加熱製剤の
供給(承認)を大幅に遅らせた。今もアビガンで同じことをするのか。厚
労官僚は今も国民の命を軽く考えているのではないか。



━━━━━━━━━━━━ 


◆次期首相の敵はインフレ

吉田 繁治

2022年、オイルショック級の物価上昇が日本と世界を襲う

コロナ禍で世界のサプライチェーンはズタズタに壊れました。コンテナ便
の運賃は異常な上昇をみせており、2022年にはすべての商品にインフレが
及ぶと思われます。私たちは1970年代に起きたオイル・ショック級のイン
フレを覚悟しないといけないでしょう。(『ビジネス知識源プレミアム』
吉田繁治)

国際サプライチェーンにコロナ直撃
21世紀の世界の産業は、部品と製品のサプライチェーンで深く結ばれてい
ます。「近代国家の枠を超えるサプライチェーン」が、21世紀の産業の構
造変化でした。

産業、つまり製造と小売・流通が、国際サプライチェーンに変わったので
す。人的なサービス業のみが国内産業となりました。

国際サプライチェーンでの部品・商品調達と、生産の障害になったのが、
今回のコロナ危機です。

日本の企業の多くは、東南アジアと中国で生産しています。SONYやパナソ
ニックのAV機器も、多くが中国製造です。米欧の企業も同じです。中国の
工業は世界の約40%の商品は生産しています。

中国版アマゾンとも言えるアリババのサイトを見ると、日本のマーケット
プレイス「楽天」をはるかに超える商品の多さがわかるでしょう。

当方も海外に個人輸出する「Ali-Express」で、オーディオ機器を買うよ
うに変わりました。価格は、およそ3分の1です。日本人の多くは、中国の
工業生産の大きさを知りません。品質がよくないという定評があります。
確かに、選別しないと「100均品質」も多い。50%くらいでしょうか

多くは、3分の1の価格だからといっても、品質は3分の1ではない。中国の
工業が、物価の上がらない21世紀を作ってきたのです。

先端のオーディオ機器は、素子がIC回路であり、品質の問題は、ほとんど
ありません。日本製を超えたものも多い。買って使ったことからの評価です。

ドイツのメーカーでも、中国生産が日本よりはるかに多い。われわれは、
量的緩和というアベノミクス幻想の中で、約10年も、アジアの変化(発
展)を見ていなかったのです。

<アジアの流通網を襲ったデルタ株>
東南アジアの部品や製品の生産が、デルタ株の蔓延で休業、または停止し
ています(※筆者注:中国では、1人でもコロナ患者が出ると全員PCR検査
を行い、港湾の出荷作業や工場は停止されます)。

2020年のアルファ株では、アジアでは感染が少なかった。インド発のデル
タ株が、日本、韓国を含むアジアでの感染を増やしました。

アジアの感染は、デルタ株により新たなステージに乗ったのです。

ロイターのサイトで、21年6月末からの、アジア諸国の新規コロナ感染数
の急増を見てください。

工場とコンテナ港の休業がわかる数値です。テレワークでは、コンピュー
タで金融と事務作業はできても、工場とコンテナは動きません。人が集ま
る「エッセンシャルワーカー」の世界だからです。

<サプライチェーンの分断>
2011年の東日本大震災(工場の震災)のときと同じ「部品と生産のサプラ
イチェーンの分断」が国際的に起こっています。

トヨタと自動車会社の減産がこれです(2021年9月40%減産:トヨタ)。
世界中のメーカーが、トヨタと同じようにアジアの工場の、休業の影響を
受けています。

ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン…食品、衣料、
部品、機械、家電、AV、木製品、化学製品。世界の工場に広がったジャス
トインタイムの仕組みは、サプライチェーンの障害に脆弱です。日本の家
電やAVの多くは、中国での製造であり、日本と世界に輸出されています
(三角貿易)。

コロナが兵器とすれば、それは、世界中がつながったサプライチェーン網
の物流を破壊する、高度なものだったのです(※筆者注:新型コロナ人工
説は、中国は否定していますが、その遺伝子配列から有力です。生物兵器
説の検証はできずに否定されています。武漢研究所、またはCCP=中国共
産党からの内部告発がない限りは不明のままです)。

<メディアの報道はない>
経済新聞は、日本メーカーの、アジアの生産委託工場の様子は報じませ
ん。海外ニュースとしては、外信の翻訳しかしていないからです。

特派員の常駐も、アジアには少ない。衣料のSPA(専門店製造直売)が進
出しているミャンマー(人口5,400万人)ではゼロ。中国の特派員ニュー
スには検閲があります。

減産の原因は、アジアのデルタ株です。

Next: コンテナ運賃は6.6倍に高騰。日本の物価上昇は始まっている?
     
            
━━━━━━━━━━━━━


◆ 珍しい論争は「共同富裕」

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)9月9日(木曜日)
通巻第7045号  

中国の独裁体制のなかで、珍しい論争は「共同富裕」
  金儲けの神さま=関羽像を解体する動きと矛盾しているが。。。

 湖北省刑州市の「関公義園」に巨大な関羽像がある。高さが57メート
ル。洪水の町として居られる刑州で、観光事業のシンボルだった。
 ところが中央政府の路線変更により、無駄な金遣いだったとして解体作
業が始まった。9月8日現在、頭の部分が解体された。建築ならびに解体
費用は合計で3億2700元(日本円で55億円)。

 ならば中国全土いたるところにある関羽像、関羽廟も解体される憂き目
になるのか。
 関羽は後漢時代の将軍だが、張飛とならんで劉備を補佐した飛車角。最
後まで蜀への忠誠を忘れず、戦死ののち、神格化された。
 なぜなら道鏡も儒教も、忠孝の義士として利用する価値が大いにあった
からで、関帝廟が作られ、孔子に対抗して武公とも呼ばれた。髭がたいそ
う立派だったので、美髭公のニックネームも付いた。

 中国全土ばかりか関羽廟は世界のチャイナタウンにあって、ベトナム、
マレーシアにもあるがひときわ立派な関羽廟は台湾にある。台北の都心部
にある「行天宮」が関羽廟である。日本でも各地チャイナタウンおよそ十
ケ所に関羽廟があって、線香の列が絶えないが、信仰の拠り所は、なぜか
金儲けの神さまなのである。

 本拠地の湖北省は関羽の生まれ故郷、しかも刑州は関羽の主戦場だった
ゆえに高層ビルのような関羽像を聳立させたのだ。習近平の「共同富裕」
キャンペーンは金儲けを慎めということでもあり、言論の自由のない中国
で、この共同富裕をめぐる論議だけはおおっぴらに展開されているのも不
思議な話だ。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■どくしゃのこえ ●読者の声 ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(読者の声1)貴誌前々号「橘奈良麻呂の乱」が藤原仲麻呂の自作自演と
見るのは、卓見です。
 乱の首班とされたのは、万葉集を著した大伴家持の従兄であり、大伴氏
の氏上の大伴古麻呂である。彼は遣唐副使として渡唐した時、朝賀の席次
が新羅の下だと抗議し、席を入れ換えさせた。さらに、鑑真和上を密かに
入船させて帰国した硬骨漢である。
そのように優れた男が、なぜ、東国を治める要の三関(さんげん)の一つ
のである美濃の不破関をふさごうとしたのか。平城京の藤原仲麻呂を暗殺
するに、なぜ、遙かに遠い東国を塞ぐ必要があったのか。この稚拙さは、
武門大伴氏がするような戦略ではないからだ。
今まで、不思議であった。それも、捕縛された後、弁明も許されずに笞打
刑で惨殺された。仲麻呂は、優れた政敵の古麻呂を除こうと、用意周到に
囮捜査を進めていたのか。まさに、孝徳天皇の遺児の有間皇子が、蘇我赤
兄の囮捜査に遭って刑死したようなものだったのだ。
乱は藤原仲麻呂の策謀だったと見れば、目からうろこが落ちた観です。あ
りがとうございました。(斎藤周吾)

  ♪
(読者の声2)貴誌前々号の「自民党総裁選と藤原の仲麻呂と弓削の道
鏡」の寓話ですが、なぜ自民党の総裁選挙の、いってみればコップの中の
嵐と、奈良朝におきた政治陰謀の事件の数々とが比較されるのか。よく分
からず、三回読んで、なんとか納得です。
 要するに保守本流は陰謀によって奸計によって潰されるが、最後には必
ず保守の政治家が静かに勝つという歴史的寓話なのですね。
 それにしても、さすがに宮崎先生、時局の流れる矛先を、歴史の教訓か
ら示唆するのは余人ができないことでした。(CC生、神戸)

  ♪
(読者の声3)IMFが韓国の「ひとりあたりのGDP」が、日本を超え
たとの比較評価があり、これは2018年に逆転、2020年に日本の
@GDPが40048ドルに対して、韓国のそれは42297ドルだった
そうです。
 日本のメディアが騒ぎませんが、韓国ごときに抜かれた事実は伏せてお
きたいのでしょうか。(JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)「ひとりあたりのGDP」は、まだドル換算で、
日本のほうが上の筈です。IMF統計はPPPの比較です。PPPは購買
力平価ですから、物価と給与との配分を指数化すれば、たしかに韓国が日
本より上になります。つまり韓国の方が物価が高く、暮らしにくいという
事実を著しているのです。

   ♪
(読者の声4)20年前の9月11日の米国攻撃、そして20年後の米国のアフ
ガンからの敗走、は「戦争の仕組み、戦争のやり方」について根本的な
「問い」を投げかけた、がそれをまともに「答える」国も政治家も軍事専
門家もいない。とにかく軍事費を増やす、新しい兵器を作る。軍産共同体
の利益、論理、惰性。
  20年前の極めて効果的な奇襲攻撃は、直ちに「真珠湾」の再来と政治
家・論者たちは叫ぶが、完璧に本質を無視し理解していない。
数人の男が普通の片道航空券を買って、世界の金融機関の中心地をタダで
瞬時に、主に地球の重力を使って破壊し、米国に壊滅的な打撃を与えた。
以後、懲らしめのために、20年間にわたって「既存の伝統的な軍事行動」
をつずけ、完璧に敗北した、と世界に証明した。
軍事的予算・資産では米国は群を抜いているが、現在、数名の個人が再
び、覇権国家のアキレス腱をちょん切る、ことは簡単にできる。
例えば、毎年1月には、大統領が「年頭教書」という演説をする。一つの
部屋に3権全ての指導者、政府、立法、司法を詰め込んで芝居掛かった演
技をする。かつては書面で行なっていたが、テレビが生まれて以来、政治
家は機会を逃さない。
そんな芝居の最中、小さな爆弾一つで、米国連邦政府が消える。その配達
方法は簡単にいくらでも考えられる。一番困ることは、誰が犯人か判らない。
つまり反撃の目標が決まらない。巨大な軍も敵が特定されないと、無力。
船頭を殺され、「卑怯なり!」と「戦争の規則・倫理」を破る「悪人・英
雄」を非難しても歴史は、負けた方が悪い、と判決する。
 この状態は米国に限らず、どこの国でも同じで、「東京に国の全てが集
中」している日本では、特にその危険が高い。
自然の敵、例えば直下地震では、その破壊力は同じ。「東京遷都」は、安
全保障、国防の要でもある、と真剣に幾度も指摘されているが、誰も考え
ない。
政府・官僚の支配・悪影響を弱める意味で、霞が関をどこか遠くの辺鄙な
場所に「村八部」にする。悪の根源、東大、文科省、NHKなども地方に分
散して、結託して日本を破壊しないようにする。高市早苗氏が総理になれ
ば、可能かも。
他のおじさん総理では、確実に日本は「静かに虐殺される」と思ふ。
(在米のKM生)

  ♪
(読者の声5)来る9月15日の未来ネット、「宮崎正弘の生インタ
ビュー」はゲストが韓国ウォチャー(元時事通信ソウル支局長)の室谷克
実さんです。
 以下のサイトから予約できます。
 9月15日午後四時〜五時 生放送
https://youtu.be/bYnvr_a8LL0
    (未来ネット(旧林原チャンネル))

2021年09月14日

◆論より実行!「菅政権12の功績」

【花田 紀凱 天下の暴論プラス】

とうとうこんなことになってしまった。残念極まりない。

 菅義偉総理、突然の総裁選不出馬宣言。引きずり降ろそうと、この1
年、あらゆることで叩き続けてきたメディアは勝ち誇ったように書き立て
ている。

 「菅首相1年で退陣へ 対コロナ国民の信失った末に」(朝日社説9月
4日)「首相が辞意表明 独善と楽観が招いた末路」(毎日社説9月4日)

 しかし、菅総理の新型コロナ対策、世界各国と比べて、それほどひどい
のか。

 未知の新型コロナウイルスとの闘いで、世界中が混迷を極めた。早くか
ら対策が功を奏したと言われるイスラエルやニュージーランド、台湾など
はいずれも人口が少ない。ニュージーランド486万人、イスラエル
900万人、台湾2360万人だ。比較するほうがおかしい。

 そんな中で菅政権は頑張ってきた。

 現在ワクチン接種者の数では中国、アメリカなどに次いで世界第5位。
致死率の低さでは世界1位。

 なのに、新聞やワイドショーが、悲観的、否定的なことばかり報じるか
ら、多くの人が「コロナ怖い病」にかかり、菅政権に八つ当たり。

 本来、非難されるべきは、いまだに「人流を止めろ」しか言わない分科
会と尾身茂会長、医療体制構築に協力しない日本医師会、政権を糾弾する
に急で、冷静かつデータに基づいた報道をしなかった新聞、ワイドショー
ではないか

この1年菅政権がやってきたことを時系列で並べてみる。

1 デジタル庁創設

2 携帯料金値下げ

 大方の人はその恩恵に預かっているはずだが、忘れている。

3 日本学術会議改革

4 福島原発処理水の海洋放出決定

 新聞はこれを批判し、風評被害、風評被害と書き立てるが、風評をつく
り、煽っているのは新聞ではないか。

5 「従軍慰安婦」という表現は不適切とする答弁書の閣議決定

6 小学校の35人学級

7 ワクチン接種1日100万回

とても無理と批判されたが、菅総理は140万回まで達成。

8 不妊治療の保険適用。来年4月には助成額大幅増。

 少子化対策もちゃんと目配りして手を打っているのだ。

9 重要土地調査法制定

 中国などの土地買い占めに、初めて歯止めをかける重要な法律。

10 改正国民投票法

11 最低賃金935円に

 商工会議所の反対などで、これも、度々見送られてきたが、ようやく実
現した。

12 東京オリンピック・パラリンピック開催

 始まるまで、人流が増え、感染者が増えるなどと批判ばかりしていた大
新聞やテレビが、始まったら連日大報道。節操も何もあったもんじゃない。 

 このコロナ禍の中でオリンピック、パラリンピックを開けるのは日本し
かなかったと、選手はもちろん世界中が絶賛している。

 返す返すも無観客にしたのは残念だった。

菅総理はわずか1年でこれだけのことをやってきたのだ。

 説明不足だ、口下手だと菅総理を非難するが、ペラペラしゃべって「カ
ンナ病」と言われた総理もいた。

 論より実行!

 菅総理、ほんとうにお疲れさまでした


(月刊『Hanada』編集長)

出典:夕刊フジ 2021年(令和3年)9月9日

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
松本市 久保田 康文 
夕刊フジ【zakzak】ニュース 採録


            
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆雀庵の「常在戦場/82 危機感がない国・民族は亡びる」

“シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red Gables/366(2021/9/11/土】菩提寺の次期住職から存否
の問い合わせがあったので、以下の手紙を出した。

・・・・・・・

Nさん、ご連絡有難うございます。まだ生きています。今年から世界の宗
教についてあれこれ勉強しています。

ユダヤ教は手付かずですが、キリスト教、イスラム教、神道は何となく腑
に落ちた。仏教は今、最初期の経典「スッタニパータ」のパーリ語あるい
はサンスクリット語の和訳本を勉強中です。お釈迦さま(ゴータマ・シッ
ダッタ)が生前に何を語ったのか、どのような行動をしたのかの原点を学
んでいます。

色々考えさせられることがあり、とても刺激的です。先日、ヒンドゥー教
を調べていたら、お釈迦さまがヒンドゥー教の神の一柱になっていると
知ってびっくりしました。発見があることは「学び」の醍醐味ですね。

ヒンドゥー教の寛容性とか、アバウト、大らかなところがインド人の生き
方の底流にあるのだなあ、多神教の日本の仏教も(多分、日蓮宗以外は)
大らかなようで、西暦752年の東大寺の大仏開眼供養にはインド仏教の高
僧が導師をつとめたとか。仏教とヒンドゥー教、日本人とインド人は兄弟
姉妹みたい・・・そんな発見を楽しんでいます。

支那経由の日本仏教は日本的に発展し、近代では明治の神仏分離や廃仏毀
釈運動の災難でひどい目に遭いましたが、(政治と距離を置くなど?)学
ぶべきことは学んで復活しました(詳細は知りませんが“神道原理主義”は
今では我が街界隈での影響力はまったくないようです)。

ただ、仏教は経営的には檀家制度への依存が高いようで、これから本格化
する少子高齢化と人口減の中で存在価値を維持あるいは高めるためには
「宗派を超えた何らかの改革を進めるべき」ではないか、と思うのです。
明治以来の日本の発展は経済成長と人口増が相互に大きく寄与してきまし
たが、これからは宗教界もそれに依存できません。

明治からの新興宗教の信者数は平成の30年間で2637万人から1591万人へと
4割減ったという説もあります(東洋経済)。散歩の途次に見る「新明国
上教会」は、最盛期には国鉄の駅まであり、信者からなる街まででき、
1984年には立派な本堂を新築し、特に週末は泊りがけで研修する信者で賑
わっていたのに、今はまったくヒト気がありません。恐ろしいほどの急激
な退潮です。

仏教13宗56派、大教団であろうとも余程の改革をしないと、人口減と価値
観の変化という「法難」は乗り越えられないでしょう。50年後、100年後
にはご先祖様も小生も草生す屍のようなことになるのかと懸念するので
す。人口減で過疎化が著しい地方では墓仕舞いや無住職の寺が急増してい
ると言われています。都市部でもやがては「寺破れて草木深し」の惨状に
なるのではないでしょうか。

仏教界の方々はずっと以前からその危機感を持っていたでしょうが、有効
な策を講じるまでには至っていないようです。小生の尊敬する仏教学者、
中村元先生のお弟子さん、桂 紹隆氏「日本仏教に未来はあるか」(宗学
院公開講座2012年度)から引用します。

<日本仏教、特に日本のお寺とそこに住むお坊さん達は、この(厳しい)
現状を打破しなければなりません。

そのためには、すでに数多くの先覚者たちがやって来たように、自分のお
寺に閉じこもらずに、そこから地元のコミュニティへ、さらにより大きな
社会、ついにはアジアへ、世界へと活動の場を広げていくこと、少なくと
もそのような視野に立って宗教活動をしていくことが必要なのではないで
しょうか。

それを可能にするのは、宗派の垣根を越えた寺院間のネットワークの構築
であるだろうと想像しております。

結論を申しますと、日本仏教には大きな未来が、あるいは大きな可能性と
言った方がいいかもしれませんが、あると思います。しかし、それを実現
するためには、日本の伝統仏教の僧侶達一人一人が、寺院仏教の現実を直
視し、人々の悩みや苦しみを共有し、彼らを援助する、社会に開かれた寺
院を目指して活動する必要があります

Nさんの進めている護摩法要と勉強会も、そうした仏教改革の一つだろう
と支持しています。小生にはお経はチンプンカンプンですが・・・耳が遠
いので法話は聞き取れないし、前回はコロナワクチンの副作用で体調不
良・・・老化の醍醐味を味わっています。

ひと頃、お経をサンスクリット語などの原典から現代語訳しようじゃない
かという動きがあったと記憶していますが、頓挫してしまったようです。
支那系仏教はそのまま伝統を継承しつつも、現在の危機感をバネに21世紀
の「新日本仏教」の構築が必要なのではないでしょうか。仏教界の有志が
宗派を越えて日本仏教の新たな方向性を示し、行動する時ではないかと思
うのです。


なお、小生は「心の道標(みちしるべ)教」の開祖、法名「雀庵」です。
愛犬が唯一の信者でしたが、今は50羽ほどの雀が信者で、唯一の教え「み
んな仲良くしなさい」に従って楽しそうに餌を食べています。(以上)

・・・・・・・・・・・・

雀はエサやりヂヂイの「みんな仲良くしなさい」をそこそこ守っている
が、餌を蓄えることをしない、胃袋が小さいのですぐに「足るを知り」、
餌場を離れて後進に譲る、それを繰り返す、縄張り意識がない。自分(と
子供)の胃袋を満たせば三々五々、他の餌場に行ったり、追いかけっこし
たりして遊んでいる。

小生の座右の銘は「欲少なく足るを知る、足るを知りて分に安んずる」だ
が、これは「スッタニパータ」やギリシャのストア派哲学にもある教え
だ。雀は自然にその生き方を学んで、それがルールになってきたのだろう
が、一方で現世の人間はそれとは逆に利己を優先し、徒党を組んで利権や
縄張りに拘泥するようになってしまった。

見渡せば日本もいつの間にか清貧の思想など消えてしまい、仏教とか宗教
とは真逆の私利私欲、利権集団ばかりが目立つようになってしまった。武
士道の日本も1985〜91年のバブル景気以降は世界の潮流を受けたのか、財
界人が「民の幸福より儲けてナンボ」の銭ゲバ亡者になっていったようで
ある。モラルなき利益至上主義・・・亡国を招きかねないのではないか。
「中国による対日工作、NPOや創価学会がパイプ役=米シンクタンク報
告」(大紀元2020/8/4)から。

<米国の有力シンクタンク・戦略国際研究所(CSIS)は7月21日、中国共
産党による対日工作についての報告「China's Influence in Japan」をま
とめた。関係者は「中共に対する融和姿勢を構築するため(日本の)NPO
法人や宗教法人がそのパイプ役を担っている」と指摘した。

報告作成者はデビン・スチュワート氏で、CSISの元非常勤顧問。同氏によ
る関係者への取材によると、中国は日中関係の融和的な関係構築のため
に、政治家や大手企業幹部、退役将校などを招いた日中フォーラムを利用
しており、具体的には「東京・北京フォーラム」の名前を挙げた。

このフォーラムは非政府組織・言論NPOと、中国国営の出版最大手・中国
国際出版集団が主催。フォーラムは東京と北京で交互に開催され、ビジネ
ス、政治、学術、メディアの各界から数百人の影響力のある参加者が参加
する

最近のフォーラムは2019年10月に北京で開催され、「アジアと世界の平
和、発展を維持するための日中責任」というテーマに焦点が当てられた。

2018年のフォーラムも同様なテーマで東京で開催され、政治、経済、安全
保障の分野から日中の数十名の要職者あるいは元役員が参加した。双方の
政府あいさつは日本側が西村康稔(当時・内閣官房副長官)、中国側は程
永華(当時・駐日本特命全権大使)だった。

登壇者のなかには福田康夫・元内閣総理大臣で「東京・北京フォーラム」
最高顧問。基調講演には、徐麟・中国共産党中央宣伝部副部長兼国務院新
聞弁公室主任を迎えている

言論NPOは2020年7月、第16回東京・北京フォーラムを、11月末をめどにテ
レビ会議で開催することで中国側主催者と合意したと発表。同月31日には
「中国の行動に不透明感が強まる局面だからこそ、 日中が率直に意見を
ぶつけ、真の関係改善へ前進する対話に」と日本側の実行委員長ら4人の
対談を掲載した。

CSISの報告は、自民党幹事長の二階俊博氏とその派閥議員の汚職事件につ
いて詳述している。二階派の秋元司・衆議院議員が、日本への統合型リ
ゾート(IR)進出を試みていた中国のカジノ企業関係者から、日本国内に
無申告で数百万円の現金を受領した事案だ。

自民党の強力な親中派・二階議員は「故郷の和歌山の動物園に、中国から
5頭のパンダを連れてくる」ほどで、2019年4月に安倍晋三首相の中国特使
として習近平中国主席と会談した。米国の反対意見にもかかわらず、広域
経済圏構想・一帯一路への日本の協力を伝えた。

2019年12月、秋元議員は中国企業でオンラインスポーツくじ提供企業
「500ドットコム」から総額370万円の賄賂を受け取った疑惑で逮捕され
た。500ドットコムの筆頭株主は、清華大学の完全子会社である清華紫光
集団だ。

報告書著者は「中国絡みの贈収賄スキャンダルは日本ではほとんど報道さ
れないが、今後も両国の相互関係が深まっていけば、汚職事件が繰り返さ
れる可能性が高まるだろう」と指摘している。

CSISの報告は、中国との結びつきや思想的背景から、日本の仏教団体であ
る創価学会とその関連政党・公明党が、彼らの提唱する平和主義的な思想
から中国に同調的であると指摘する。

日中関係の回復と改善に向けて、公明党の竹入善勝党首は1971年6月に訪
中した。公表された記録によれば、竹入氏は周恩来首相との会談で、中国
共産党側の意向を汲み取り、日中国交正常化の共同声明に反映させた。

公明党のウェブサイトによれば、1964年の党創立以来「日中関係の正常化
の推進」が優先事項だと主張している。CSISの関係者インタビューによる
と、中国共産党は、創価学会を日本の憲法9条維持のため、政権与党に影
響を与えるための「味方」とみているが、宗教団体であることから距離を
置いているという。

2018年9月、公明党の山口那津男現党首は周恩来の母校である天津の南開
大学を訪問した。同月、中国共産党が後援する中国人民対外友好協会は、
池田大作(創価学会トップ)の中日関係への貢献を評価して表彰した。
2016年8月、南シナを巡って日中関係が悪化した際には、中国国営テレビ
CCTVは周恩来と池田大作の友好関係についてのドキュメンタリーを放映し
た。

思想的に対中融和を促す人物としてCSISの報告は鳩山由紀夫氏を名指しす
る。贈収賄の記録はないにもかかわらず、鳩山氏は日米同盟に疑問を投げ
かけたり、中国主導のアジア国際開発銀行(AIIB)の国際諮問委員会に参
加するなどして「一帯一路」の日本参加を促している。


一方、CSIS研究員でジョージタウン大学のマイク・グリーン氏はインタ
ビューで、鳩山氏が2009年首相在任中に提案した「東アジア共同体」設立
は、中国の情報機関が鳩山氏を通じた対日影響工作だったが、日本の情報
機関がその試みを阻止したと語った>

自分たちの利権のためには中共に擦り寄る、つまり中共のアジア侵略や国
内での人権無視やり放題の圧政暴政を無視する(事実上の黙認や陰に陽に
支持するような)立憲民主、共産、社民や「市民連合」の人々・・・彼ら
の多くは基本的に「反日」「憎日」であり、多くはリベラルを装う共産主
義信奉者なのだろう。

自由民主人権法治の国は基本的に競争社会でもあり、「できる人」と「で
きない人」の収入格差、階層分化は大きくなる。子供は親を選べないから
貧しい家に生まれたら代々貧しい暮らしになり、暴動や反乱、内乱になる
というのが共産主義のキモだったが、先進国では「できない人」への「福
祉政策」(マルクスの想定外!)でそれを乗り越えることに(取りあえ
ず)成功している。

共産主義が辛うじて残っているのは中共ぐらいであり、今、習近平が目指
しているのは毛沢東流の共産主義国家への回帰だ。ほとんど自傷、自殺行
為であり、世界の中共離れはどんどん進んでいる。

日本が遣唐使を止めた(894年)背景には、政権末期で財政難、さらに仏
教弾圧や内乱頻発の「唐」へ航海のリスクを冒してまで行っても最早得る
ところはない、という判断があったようだ。お陰で日本文化が発展した。

今、中華や支那から学ぶべきは一つしかない、「共産主義は党員以外は不
幸になる、駆除すべし」である。中共は今、イスラム原理主義に擦り寄っ
ているが、「共通の敵は日米欧だ! 仲良くしよう」ということ。タリバ
ンは東トルキスタン(新疆ウイグルのイスラム教徒)を支援するか、それ
とも中共のカネに拝跪して遺棄するか・・・

イスラム教も世界の諸々の宗教も、いずれも“グローバリズム≒銭ゲバ拝金
教”に押され気味で重大な岐路にあるが、もしかしたらグローバリズムか
ら、モンロー主義、あるいは価値観を共有する広範囲なリージョナリズム
/ローカリズムに世界は移行しつつあるのかもしれない。

「求められれば協力すれど介入せず」の外交・・・お互いに干渉しない、
原則不干渉主義。その是非は分からないが、先進国の「自由民主人権法
治」の押し付けは最早できない時代になってきたのは確かだろう。アフガ
ンはそれをまざまざと見せつけた。

核シェルターの普及率(合同会社NNS調べ)はスイス100%、イスラエル
100%、ノルウェー98%、アメリカ82%、ロシア78%、イギリス
67%・・・日本0.02%。

古人曰く「天は自ら助くる者を助く」、危機を察知し、大災難に備える
国、民族は生き残る。自助努力をしないと亡びる。世の理(ことわり)だ。
・・・・・・・・・・・・


        
━━━━━━━━━━━━━━


◆タリバン暫定政権の閣僚を発表

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)9月8日(水曜日)弐
通巻第7044号  

タリバン暫定政権の閣僚を発表。昔の名前ばかりです
 「アフガニスタン・イスラム首長国」が正式な国名とか

 タリバンのカブール入城から一ヶ月近く経って、各派の合意がなんとか
形成された様子である。軍閥の寄り合い世帯ゆえに、凄まじい内部対立が
あった証拠で、閣僚名簿がすんなりとはまとまらなかったようだ。

 ともかく外国の承認はないものの、「アフガニスタン・イスラム首長
国」が正式な国名となって、発表された暫定政権の閣僚を眺めると、なん
と昔の名前ばかりである。

暫定首相に就くのはムハンマド・ハサン・アクハンド。
わすれかけていた名前。宗教指導者である。かれは1996年のタリバン
政権で、オマル師側近として、若手のイスラム教育に当たってきた。60
代後半とみられる。

この宗教指導者のアクハンドを事実上補佐するのが、国際的に有名人と
なったバグダールで、かれは2010年に拘束され、2018年まで獄中
にあった。以後、ドーハで行われた米国との交渉のチーフとして国際的に
貌を売った。

内務大臣は謎の人物ハカニである。
ハカニは外国での自爆テロを組織して、米国が1000万ドルの懸賞金を
掛けているお尋ね者。テロリストの元凶である。写真すら公表されておら
ず、2018年に父親の死のあと、ハカニ集団を率いる。

外務大臣はムタキで、主として教育、文化、情報畑をあるいたが、政治力
は未知数。
国防大臣はヤクーブ。オマル師の息子で、まだ30代。一部の観測筋は、
かれは象徴的な飾りであるという。

陸軍を率いるのはバダクシャニ、財務大臣はムラー・ヒダヤツラ。いずれ
も経歴が不明、そして情報副大臣が、タリバンのスポークスマンを長らく
務めてきたザビフラ・ムチャヒドで、かれが情報戦のチーフとして、偽情
報、陽動作戦、威嚇宣伝など、タリバンの巧妙な情報戦の中軸にあった。


 ▼バグラム空軍基地跡地を中国が狙っているという噂

 米軍が放棄したバグラム空軍基地は最大規模の近代設備を誇る。
この再開発と使用を、タリバンは中国と交渉しているとニッキー・ヘイ
リー元国連大使が語っている。
もし、バグラム基地跡に中国軍は駐屯すれば、タリバンは脆弱な空軍を補
うこととなり、周辺国は安心して眠らなくなるだろう。タリバンには空軍
がない。

「大同団結し、国家再建を最優先する」とタリバンは内外に姿勢を鮮明に
している。
とくに外国投資を歓迎し、ビジネスマンの活動はそのままとすると発表し
ているタリバンは治安の回復と秩序再建を当面急ぐ方針だ。

この外国投資に関してもっとも大きな期待を掛けているのが中国である。
中国は一帯一路プロジェクトにアフガニスタンを巻き込む戦略があると言
われるのも、アフガニスタンからいち早く中国人をすべて退避させたが、
カブールの中国大使館は、そのまま居残って大使館業務を続けている

    ☆▽□☆◎み☆◎□☆や□▽◎☆ざ▽◎□☆き
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム 
@@@@@@@@

【知道中国 2273回】         
 ─英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港155)

   △
 じつは台湾に移って後の蒋介石政権下では、異土である台湾に暮らす外
省人が大陸に残してきた母親や肉親への思いを表だって語ることは禁句
だった。
いわば台湾海峡の向こうに広がる故郷に残してきた親族に対する「里心」
を、たとえ心の片隅にでも持ち続けている限り、蒋介石が頑ななまでに叫
び続けた「大陸反抗」の矛先が鈍ってしまう、というわけだろう。
そこで教育部は正式に「四郎探母」の公演を禁止した。

 ところが1975年に「大陸反抗」の象徴であった蒋介石が亡くなり、代
わって息子の蒋経国が台湾のトップに立つや状況は一変する。非現実的な
「大陸反攻」の旗を早々と降ろし、「台湾こそ我が故郷」の政治路線へと
大胆に舵を切り、「中華民国の台湾化」への道を踏み出す。
まさに大陸との「腐れ縁」を断ち切り心機一転しての出直し、ということか。

 1978年5月、顧正秋、章遏雲、姚玉蘭、哈元章、周正栄など当時の台湾
における京劇界の大看板による「四郎探母」の合同公演が試みられた。こ
れによって「四郎探母」の公演が正式に許可されたことになる。
それでも、その後も舞台には「屈辱に耐えての救国」といった雰囲気が
漂っていたようだ。いずれにせよ「四郎探母」の上演解禁への動きは、蒋
経国政権の両岸関係に対する政治姿勢の変化を微妙に反映させたと考えら
れる。

 一方の中国大陸では毛沢東が亡くなり、四人組が逮捕された1976年、内
部資料用として、「四郎探母」の一部が上海で映画撮影されている。当
時、文革は正式に終結していたわけではなく、もちろん、この映画が一般
公開されることもなかった。
 改革開放から数年を経た1980年代初期に上演されているが、依然として
「壊戯(悪影響を与える芝居)」の判定が解かれてはいなかった。そこで
公演の広告宣伝は許されていない。 
おそらく極めて限られた範囲を対象にした公演だったに違いない。
 やがて中国の京劇界に「四郎探母」の本格解禁の機会が訪れる。1997年
7月、返還に沸いた香港であった。
 中国が「香港の中国回帰」と呼ぶ香港返還を祝うため、京劇の名優たち
が大挙して香港を訪れ数日間の連続公演を行ったが、その際の柱に「四郎
探母」が据えられた。香港を異邦に囚われた四郎に、長い年月を経た後に
果たせた親族との再会を「香港の中国回帰」に見立てたというわけだ。以
後、「四郎探母」は人気を博し、全国で公演されている。

 2005年には共産党の思想教育を統括する丁関根中央宣伝部長──?小平の
ポーカー仲間──の命令によって、脚本の整理・改編が行われた。その際、
15年前に生き別れになった漢族の夫人に関する部分が削られている。2018
年に撮影された映画版「四郎探母」は、2005年の脚本に基づいているとの
ことである。

 古典京劇の代表作とはいえ、たかが舞台の上に描き出される絵空事の世
界であり、加えて遥か1000年以上も昔の宋代の物語でしかない。
にもかかわらず大陸で、台湾で、あるいは香港で、楊四郎が敵国に身を
売った漢奸であることを理由に上演が禁止されたり、政府の政策変更に応
じて上演が禁じられたり許されたり、あるいは民族が嘗めた屈辱の歴史を
晴らした外交成果を称えるべく華々しく公演されたり──京劇が持つ「借古
諷今=古を借りて今を諷(と)く」という政治的役割を、「四郎探母」は
果たし続けてきたことになる。

 そんな背景を持つ「四郎探母」が、2018年に再び注目を集めたのだ。
 中国が置かれた内外環境を冷静に考えてみるに、いまさら漢奸批判もな
いはずだ。純然たる古典京劇の代表作を記録に留めておこうと、映画版が
制作されたとも考えられる。
四郎の数奇な運命が「中華民族の偉大なる復興」と重なり合うとも思えな
いのだが、ヒョッとして国を挙げて侵略者への敵愾心を燃やさせようとで
も考えたのだろうか。 
   ○△□◇ヒ◎○△□イ○△□◇ズ◎○△□ミ  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆     
  ■どくしゃのこえ ●読者の声 ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)中国でじわじわというか着々と進む文革化の政策。三国志
の英雄、関羽の巨大像も解体。
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210907-OYT1T50101/
https://hosyusokuhou.jp/archives/48910059.html

 保守速報に大きな写真が4枚掲載されている。崇拝されるのは習近平た
だ一人。三国志の英雄など不要ということなのでしょう。数年前にキリス
ト教会が取り壊されたのと同様、名目は違法建築によるもの。中国では数
年前から観音像や大仏像の取り壊しも行われている。50メートルの観音像
破壊の様子はタリバンとそっくり。
https://jp.bitterwinter.org/worlds-largest-cliff-carved-guanyin-statue-demolished-video/

 偶像崇拝禁止とされるイスラム教でもイランではホメイニ師の巨大な写
真がどこでも人々を監視しているようで気味が悪かった。宗教指導者の巨
大写真があるのだから人物画などなんの問題もなし。学校の壁にはお祈り
をする少女の絵まであった。イランに近いアフガン西部ヘラートは文化の
街と知られる。そこの学校で女生徒が学ぶ様子を見ると壁の絵までイラン
とよく似ている。
https://www.youtube.com/watch?v=gyIAGYqVkHk

 タリバンの仏像破壊も宗教と関係なく単なる権力の誇示なのだろう。大
仏の破壊がひどいことだとは認めた上で、日本の廃仏毀釈を振り返るとタ
リバンばかり責める気にもならない。
外国人排斥にしても幕末から明治初期の日本では外国人に対する襲撃・殺
害事件は数しれず。コーランなど読んだこともない連中(読んだところで
外国語なので意味もよくわからない)が暴れまわっているのが現状では。
タリバンの指導部に冷静な思考ができるのかどうか、結局はアフガン国民
が決めるしかないのでしょう。(PB生、千葉)
  ♪
(読者の声2)日本文化チャンネル桜から番組のお知らせです。10日
(金曜日)の「フロント・ジャパン」はホストSAYAさん、ゲスト宮崎
正弘さんです。テーマは未定。生放送は10日午前1100−1200です。
   (桜チャンネル)
  ♪
(読者の声3)米国エマーソン大学の世論調査で、2024年の大統領は
誰がふさわしいかと調査(8月から9月初旬)した結果、トランプがバイ
デン支持を覆した由です。
 民主党支持の60%がバイデン再選を望み、他方、共和党支持の67%
がトランプ復活を望むという結果でした。
 大学の若者たちが何を考えているかの一端ではないかと思います。
   (TY生、埼玉県)
at 05:50 | Comment(0) | 花田紀凱

2021年09月13日

◆不老不死の世界は未来の命を奪っている

轟 晃成(とどろき・あきなり)の人間社会考察


SF映画の中で、不老不死をテーマとしたものがあります。今年だけで2本
見ました。映画の中で不老不死を得た人は多くの場合、最終的には自ら死
を選ぶ結末になることが多いです。それは、必ずしも永遠の命は幸せとは
限らないことを示唆しています。

SFの本質的価値は、根源的な問いを立てることだと言われますが、生命科
学がどんどん発展している現代で、いつか不老不死に対して人類が向き合
う日が来ることを作家は予見しているのかもしれません。

また、SFだけの話ではなく、古代メソポタミア文明においても「人は死な
なければならない」ということが既に考えられていたそうです。

小林武彦氏の『生物はなぜ死ぬのか』という本では、生物は二つの理由で
死ななければならないと言っています。一つは、食料や生活空間の不足の
問題で、これはわかりやすいです。

もう一つは、多様性のためで、激しく変化する環境の中で、生物は変化と
選択により生き残ってきたからです。つまり、世代を超えて遺伝子を少し
ずつ変化させて環境に適応してくることで生物は進化してきたわけです。

とても納得感があります。不老不死の世界では、人類は遺伝子の変化は起
こらず、環境の変化には適応できなくなるでしょう。また、遺伝子的には
親よりも子の方が優れていると言いますが、世代交代を止めるということ
は人類の進歩が止まるということにもなるでしょう。

これらに加えて、僕が不老不死の世界に対して気持ち悪いと思う理由が二
つあります。

一つは、未来の命を奪っていることです。不老不死であっても、人類は無
限に増えることはあり得ないので、ずっと同じメンバーで社会が継続して
いくことが考えられます。そうすると、未来に生まれてくるはずだった命
が生まれてこないことになります。これは、不老不死技術が人の命を守っ
ているように見えて、その逆のことをしているとも感じます。

もう一つは、苦しみが続くことです。人体が時間の経過とともに怪我など
が治るのと同様に、社会にも時間とともに傷が癒える力があると思いま
す。ある人との人間関係に失敗しても、最悪、別の新しい人と人間関係を
作り直すことができます。そこに未来への希望があります。

学校の教室のクラス替えのように、今は嫌な人間関係があったとしても、
来年には希望があります。それが、不老不死社会では、ずっと同じメン
バーで固定されますので、そこにある苦しみからは逃れることができません。

他にも、想像すればするほど、不老不死社会が気持ち悪い理由は思いつき
ます。科学が追いつく前に、シミュレーションがもっと必要だと思いま
す。不老不死のSFが増えたのは気のせいではないかもしれません。

       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆常在戦場/81 内憂外患の中共 戦争を内乱へ転化せよ

“シーチン”修一 2.0

【Anne G. of Red Gables/365(2021/9/8/水】ここ3か月ほど就寝の際は中
村元先生の「原始仏典」を読んでいるが、お釈迦さま(ゴータマ・シッ
ダッタ)が紀元前400年の頃に実際に何をどう説いていたのかを学ぶため
に、同書に紹介されている最初期の仏典「スッタニパータ」を今はもっぱ
ら勉強している。

大体、宗教というのは始祖が亡くなると後進が「先生はこうした、ああし
た、こう言った」という話をまとめ、広めていくのだが、善意からなのだ
ろうが「先生ならこう言ったはずだ」という物語を付け加えていくから、
時には奇跡の連続みたいな経典になってしまうことが多い。大ぼら吹きが
過ぎると広宣流布どころか始祖の足を引っ張ることになるから自重しない
といけない、と小生は思うが、「噓も方便、衆生済度(しゅじょうさい
ど)のため」」と宗教界の人は言うのだろう。

原理原則の「原理主義」では時代から取り残されてしまう、“純真で濁り
のない”クチパクだけの信者が集まったところで斜陽になるばかり、だか
ら自らが変わっていく必要がある、というのは分からないでもない
が・・・化粧は良いとしても、美容整形手術を重ねるとやがて自壊するの
ではないか、顔面崩壊。

時代の流れ、風向きを捉えながら原理主義と世俗主義の按排、匙加減をし
ていく・・・神ならぬ身で難しいが、清濁併せ吞むようなデキル人材、
リーダーが育たなければ大教団でも斜陽になるというのは確かだろう。

週刊ダイヤモンド特集セレクション2018.10.9 「新宗教の信者数は30年間
で4割減、創価学会をも襲う構造不況」から。



<1989(平成元)年以降の日本の各教団の自己申告ベースの“公称”信者
数、そのうち主要新宗教教団の公称信者数を調べてみた。

「宗教年鑑」(文化庁)で毎年の公称信者数を捕捉できる新宗教教団の上
位37教団の信者数は、30年間で2637万人から1591万人へと4割減った。こ
の落ち込みは、伝統宗教を含めた宗教界全体のそれをはるかに上回る。

その理由は創価学会と共通する構造問題である。すなわち、少子高齢化
(少産多死による人口減少)や核家族化、そして世代間の価値観の断絶と
いった要因であり、それは日本社会全体の環境変化に起因する>

特に先祖伝来の檀家(お墓)を持たないか少ない明治維新後あるいは戦後
の新興宗教教団は、人口減社会、家制度の弱体化、個人主義、価値観の多
様化にあっては衰弱、後退を免れないだろう。それにしても30年間で4割
減・・・諸行無常、凄まじい衰退だ。

我が街の「新明国上教会」は大正元年(1912)に小生のご先祖様と同姓の
方が開祖だが、神仏混交らしい。最盛期には国鉄の駅まであり、信者から
なる街までできた。1984年には仏教寺院みたいな立派な本堂を新築し、特
に週末は泊りがけで研修する信者で賑わっていたが、栄枯盛衰、高齢化で
今はまったくヒト気がない。建物の維持費だけで年に1000万円はかかりそ
うで、川崎の歴史遺産として公有化するしかないようだ。

仏教の話に戻す。先日「仏教はヒンドゥー教から生まれたようなもの」と
書いたが、小生はヒンドゥー教について全く知識がないので調べてみたと
ころ、恐ろしく難しくてチンプンカンプン。諦めるしかないか、と思った
らお釈迦さまの計らいか、知恵蔵「ヒンドゥー教」の解説に出くわした。
これなら小生でもどうにか理解できる。以下引用。

<ヒンドゥー教は紀元前1500年頃に北インドに進入したアーリア人の宗教
が、先住民族の様々な宗教の要素を吸収しながら発展した。「ヒン
ドゥー」とはもともとインダス川やその流域を表すペルシャ語で、のちに
「インドの人々」を指すようになった。

ヒンドゥー教には、創始者も共通の明確な教義や儀礼も存在せず、地域や
階層によってその内容は異なる。原型は、アーリア人の司祭(バラモン)の
儀式と『ヴェーダ』(神々への賛歌)を中心とするバラモン教(ヴェーダの
宗教)と呼ばれるものである。

仏教やジャイナ教が都市部を中心に勢力を拡大し始めた紀元前4世紀こ
ろ、バラモン教の勢力巻き返し策の結果としてヒンドゥー教が成立する。

(その経緯は信者争奪戦のようであり)バラモンたちは、カースト制度の
基本となるバラモン(司祭階層)、クシャトリヤ(王侯・戦士階層)、バイ
シャ(農耕民・商人階層)、シュードラ(隷民階層)によって社会が構成され
ると考えていた。

しかし、クシャトリヤ(軍)やバイシャ(民)の信者を「仏教やジャイナ
教に奪われ始めた」ことをきっかけに、それまで社会の構成員とは認めて
いなかった様々な先住民族を次々と認め、彼らの宗教の要素をバラモン教
に取り入れる戦略を採った。そこにヒンドゥー教が成立することになる。

ヒンドゥー教では、森羅万象を崇拝の対象にしてきた。その中には日本に
伝わった神々もあり、七福神の大黒天、弁財天、毘沙門天などはその例で
ある。ヒンドゥー教の神々の中で、最も崇拝されているのはビシュヌ神と
シバ神で、それぞれを最高神とするビシュヌ派とシバ派に大きく分かれ
る。ビシュヌは10の化身をもつというが、仏教の開祖釈迦もその一つに数
えられている。(岩井洋 関西国際大学教授、2007年)>

どうやらヒンドゥー教と仏教はお互いにイイトコ取りというか、兄弟姉妹
みたいな感じで成長していったようだ。それにしてもお釈迦さまがヒン
ドゥー教の神の一柱になっているとは知らなかったなあ。

日本人とインド人が何となく親近感を抱くのは仏教などの縁だけではな
い。近代の白人帝国主義による圧政強奪支配で苦しんでいた植民地の人々
は、アジアの東端にある小さな島国の小さな有色人種民族が、世界最大の
白人ロシア帝国の大艦隊を撃滅するなどしてアジア支配を阻止したこと
(日露戦争)、英仏蘭米などを植民地をから叩き出したこと(大東亜戦
争)で、「日本人はやった、我らも白人支配を駆逐して独立しよう」とい
う気概を持つに至った。

これはほとんど歴史的な事実である。失敗も少なくなかったが、日本が立
ち上がらなければ世界の白人国家支配は今なお続いていたろう。アジアの
中でも特にインドは日本を高く評価し、その熱い絆が100年続いている。
お互いに敬意を表している。絆は大昔から続いている。WIKIから。

<日本とインドの文化的交流は6世紀に仏教が日本に伝わったことから始
まった。736年、インドの僧侶ボーディセーナ(菩提僊那)は仏教を広め
るために来日し、東大寺の大仏の開眼供養会の導師をつとめ、760年に亡
くなるまで日本にとどまった。仏教と仏教に密接に結び付いたインド文化
は日本文化に大きな影響を与え、それは今日でも感じられる

仏教の影響が普遍的にみられる両国の社会は、現在の世界の他の国におい
ては一神教が多いのとは対照的で、アニミズム(すべてのものの中に霊魂
/霊が宿っているという考え方)の宗教である神道と同様、ヒンドゥー教
にもアニミズムの要素がみられる。インドでは既に用いられていないにも
拘らず「梵字/サンスクリット文字)」は今でも日本で使用されている。

直接的な交流が始まったのは日本が近代化の過程に入った明治時代
(1868-1912年)から。

多くのインドの独立運動の活動家はイギリスの統治から逃れ、日本に滞在
していた。インド独立運動の指導者であるラース・ビハーリー・ボースは
イギリスによって過激派として指名手配され、1915年に日本に逃れてイン
ド独立運動を続け、日印関係の礎を築いた。後に首相となった犬養毅や汎
アジア主義者である頭山満、大川周明らはインド独立運動を支援した。

インドから留学していたA.M.ナイルは独立運動の活動家になった。ナイル
は戦中はスバス・チャンドラ・ボース(独立運動家、インド国民会議派議
長、自由インド仮政府国家主席兼インド国民軍最高司令官)から、戦後は
ラダ・ビノード・パール判事からの援助を受けていた。

パール判事は(勝者が敗戦国・日本を裁く)極東国際軍事裁判(東京裁
判)において連合国が派遣した判事の一人。判事全員一致の有罪判決を目
指す動きに反対し、「平和に対する罪と人道に対する罪は戦勝国により作
られた事後法であり、事後法をもって裁くことは国際法に反する」などの
理由で被告人全員の無罪を主張した。(このエピソードはインドと日本の
親密さの象徴であると主張されている)

日本政府はインドの独立闘争の間もインド国民軍とインド独立連盟に対す
る広範囲にわたる支援を拡大した。日本軍は多くの戦闘においてインド国
民軍とともに戦った。1943年、インドと日本は他のアジアの国々とともに
「大東亜会議」に参加し人種差別の撤廃に向けて努力していくことを宣
言した。イギリスの統治下にあったアンダマン諸島とニコバル諸島は日本
によってインドへ返還された。

1944年、スバス・チャンドラ・ボースは将来のパイロットとして訓練する
ため、インドの青年を日本の陸軍士官学校や陸軍航空士官学校へと送っ
た。1949年、インドは上野動物園に2頭の象を贈り敗戦で落ち込んだ日本
を励ました。

日本の主権回復後、日本とインドは講和条約に調印し1952年4月28日、国
交を樹立した。その中でインドは日本に対する賠償をすべて放棄した。イ
ンドと日本の間の外交、貿易、経済、そして技術的関係はすべて首尾よく
築かれた。インドの鉄鉱石は荒廃した大戦後の日本の復興に役立った。そ
の後、1957年に岸信介首相はインドを訪問し、1958年、日本政府は初とな
るインドに対する円借款を開始した

1980年代以降、二国間関係を強化する努力が払われた。インドの「ルッ
ク・イースト政策」は日本を重要なパートナーとして位置付けていた。
1986年以後、日本はインドの最大の援助供与国となり、今でもそうである。


2006年、第一次安倍政権時代にインドのマンモハン・シン首相が訪日。そ
の際、安倍首相との間で毎年交互に両国の首相が相手国を訪問することを
約束が行われた。これ以降、日本の首相の訪印、インド首相の来日が頻繁
に行われるようになった。

2013年11月30日、インド政府からの招請により、天皇皇后両陛下は53年ぶ
りの歴史的訪問を果たした。2014年1月26日、インドは安倍晋三首相を共
和国記念日に招待した。インド政府は例年、関係強化を目指す相手国の首
脳を共和国記念日に招待するのが通例となっている。


2015年3月30日にインドのパリカル国防相が安倍首相と会談した際に、
「日印関係の強化はインドでは政党を超えて強い支持を得ている」と述べ
た通り、日印は政権が交代しても友好関係を保つ間柄となっている>

2007年8月、インド国会において安倍総理はこう演説を始めた。「本日私
は、世界最大の民主主義国において、国権の最高機関で演説する栄誉に浴
しました。これから私は、アジアを代表するもう一つの民主主義国の国民
を代表し、日本とインドの未来について思うところを述べたいと思ってい
ます・・・」


世界最大の民主主義国家インドは今、日本とともに対中包囲戦を進めてい
る。産経2021/8/4から。

<中国の軍事的覇権拡大を牽制するため、日本と米国、オーストラリア、
インドによる戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」の連携強化が進められて
いる。インド政府は2日、日本の海上自衛隊や、米国、オーストラリアの
海軍との共同訓練「マラバール」を昨年に続き、今年も実施する方針を発
表した。今年は西太平洋で予定するという。

今年のクアッド共同訓練をどう見るか。軍事ジャーナリストの世良光弘氏
は「西太平洋での共同訓練は、中国が南シナ海からマラッカ海峡を経てイ
ンド洋、ペルシア湾に至る海洋覇権奪取を狙う『真珠の首飾り戦略』など
に対抗する目的とみられる。日本のシーレーンとしても重要な地域で、
QUADのほか、欧州各国の海軍が参加する可能性もある。昨年同様、空母や
大規模な艦船を参加させれば、中国にも強いメッセージになる」と語った>

英海軍の最新鋭空母クイーン・エリザベスを核とする空母打撃軍は日米印
韓との合同軍事演習後の9月4日、米海軍横須賀基地に寄港した。中共は9
月3日と6日の外務省定例記者会見で記者の「この動きはインド太平洋地域
における中国の影響力の拡大を封じ込めるためとも見られている。 中国
側からのコメントは?」にこう答えた。

「力を誇示することは建設的ではない。 我々は、関係国がアジア太平洋
地域の平和と安定のために建設的な役割を果たすことを望む」

いつもの木で鼻をくくったような答弁、その一方で9月6日の中共海軍のサ
イトは「霧の中、攻撃と防御を練習 海軍の駆逐艦部隊が実戦演習」「南
部戦区海軍のフリゲート艦部隊が海上実戦訓練」と報道。政府は羊を装
い、海軍は戦狼オオカミを誇示する・・・中共は軍を制御できているのか?

毛沢東曰く「人民解放軍は偉大な中国共産党の指導する軍隊であることを
全軍の将兵は常に銘記しなければならない。党の指示を守っていく限り
我々は必ず勝利する」。

この頃、世界ではクーデターが流行っているが、習近平一派が一番恐れて
いるのはクーデターではないか。清朝末期には軍閥が跋扈した。支那は
「水滸伝」の昔からゲリラ戦、群雄割拠の土壌がある。

毛沢東は108人の反逆者が梁山泊に結集するまでを描いた「水滸伝」(七
十回本)を座右の書として愛読したという(勇武が買われて朝廷に召され
て国軍になるという百二十回本もあるが、現在の中共でも七十回本が主流
のよう)。毛にとって共産党は「梁山泊」なのだろうが、建国後は「朝
廷=毛沢東王朝」になり、石平氏によると「水滸伝」は文革中は発禁だった。

しかし当時、毛は劉少奇・トウ小平派から実権を取り上げられていたか
ら、再び反逆者に戻り、造反有理で「水滸伝」を復活させたのだ。石平氏
曰く「あるとき突然に水滸伝が“解禁”となった。毛沢東が『人民は水滸伝
を読んで(実権派を)批判せよ」と号令を掛けたからですよ。そうなる
と、批判のために読まないといけないでしょ」。全国で一斉に水滸伝が再
び刊行された。

今の中共は「朝廷=習近平王朝」だ。暗愚で暴虐な独裁帝王が人民を苦し
め、隣国のみならず世界秩序を脅かしている。水滸伝の反逆者、英雄豪傑
が再び三度、習王朝に反旗を翻す秋、天命である。包囲網の中で思う存分
戦ってくれ。レーニン曰く「帝国主義戦争を内乱へ転化せよ!」。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆闘い止まず、日も暮れず、昨日の敵は今日の友

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)9月8日(水曜日)
通巻第7043号  

闘い止まず、日も暮れず、昨日の敵は今日の友
  自民党総裁選は岸田、河野、高市の三氏に絞られた。この政争は既視
感がある

 自民党の総裁選、候補者が出揃い、はやくも予想記事が花盛り、保守期
待の高市議員はメディアのよって「泡沫」扱いを受けている。この一連の
出来事を目撃しつつ筆者は、遠く奈良時代の政争を連想してしまった。

 「俺によく似ている男が居る」と異例の出世街道を驀進していた藤原仲
麻呂を遠くから観察している坊主がいた。
 風貌とか学識、出自のことではない。世の見方、考え方。その戦術的判
断力と方向性がまるでそっくりなのだ。燃えるような個人的野心が共通し
た。坊主の直感力は当たった。共通するふたりは突こつたる山頂を極め、
そして突如、墜落した。

 幼くして法相宗門に入り、義淵を師と仰ぎ、サンスクリット語を学び、
唯識の修業を重ねていた僧侶の名は弓削道鏡。

 法相宗は興福寺、薬師寺でその名を知られる。道鏡は仲麻呂より六つ上
だが、仏教界の序列は厳しく、世間に名を知られるようになるには学識を
知られ、医術を極めて医薬治療でも名を売り、著名な寺の住職に就くこと
が当面の目標だった。

道鏡には志貴皇子の御落胤という噂があった。道鏡はその皇族に連なる名
流という評価を世渡りに政治的活用した。寺での扱いもほかの修行増とは
異なり、それなりに禅師としての頭角を現し、興福寺別当に上り詰め、皇
居に侍るほどのなったのは六十近くなってからだ。
 弓削の氏は物部系の弓削部から来ており、物部守屋は大連(おおむら
じ)に出世した。

 ▼藤原仲麻呂と弓削道鏡

 藤原仲麻呂は隆盛を極めた藤原不比等の孫である。
 中大兄皇子と共謀して乙巳の変の成功で蘇我氏を滅ぼし、天智天皇政権
の最大の功労者となった中臣鎌足は今際に天智天皇から藤原の姓を頂戴し
た。藤原氏の栄華が始まった。その藤原鎌足の子が藤原不比等、その子が
仲麻呂の父・武智麻呂。かくして藤原家が宮廷に権勢を極めはじめた。

不比等は持統天皇の信任篤く、右大臣となって、天武天皇の時代からブ
レーンとして活躍し、諸制度の改革に辣腕をふるった。不比等の孫にあた
る藤原仲麻呂にとって、藤原家の秩序から言えば、宗家の兄たちが上に綺
羅星のように重なり合って中央政界への出番はなく、出世はやや遅れた

父の藤原武智麻呂は大納言で、折からの長屋王の乱を鎮圧した立役者であ
り、興福寺建立の推進者でもある。母は阿部氏。だが藤原仲麻呂は庶子
だったため嫡男の兄が何事にも優先した。
 ところが仲麻呂が三十一歳のとき、父親と宗家の四兄弟(広庭、房前、
宇合、麻呂)が疫病(天然痘)に罹患して相次いで世を去った。当時、人
口の三割が死んだという。
 仲麻呂の人生、突如サイコロの目が変わった。出世の道が兄たちの不幸
によって拓けたのだ。

 それまでの仲麻呂は算術が得意で、陰陽術、天文学を理解していたと言
われ、学者の淡海三船は「性識総敏」と評したという。御船も仲麻呂同様
にシナの文化に染まり、それまでの歴代天皇の諱を唐風に改めた。カムヤ
マトイワレビコは神武天皇となりハツクニシラスミマキイリエイリビコは
崇神天皇となった。
 
藤原仲麻呂は叔母でもある光明皇后に気に入られてからというもの、トン
トン拍子に出世街道を歩いた。というより走った。光明皇后が譲位され
て、孝謙天皇を即位させたのち、上皇となった。上皇と天皇の連絡通路、
そのまつりごとの中枢を握る地位を確保するや、天皇、上皇、そして皇子
を操り、政治を壟断した。仲麻呂の目標は唐の官位や律令、納税、戸籍な
ど諸制度を積極的に取り入れ、日本を唐風に染め上げることにあった。

官位や行政機関の部署の名称をすべて唐風に変えたため、国風を重んじる
守旧派、保守派からは目の仇にされた。大国、文化先進国というシナへの
誤解は日本の針路を大きく左右した。(いますよね。自民党の中にも、野
党にも、このタイプが。。。)

 ▼仲麻呂は保守主義者ではなかった

 太政大臣は「大師」、左右両大臣をそれぞれ「大博」「大保」、大納言
を「御史大夫」にという具合で、日本独自の文化、伝統への斟酌はなかっ
た。この点で藤原中麻呂は保守思想の考え方がなかった。

 藤原仲麻呂は光明皇后を強く支え、また絶大なる信頼を獲得した。聖武
天皇の皇后だった光明皇后は篤く仏教を信仰し、寺々の保護者でもあり、
奈良の大仏開眼にひたむきな情熱を傾ける。

大仏披露式典は当時の万博、752年の大イベントだった。仏教はすでに
奈良朝にあっては猛威をふるい、伝統的神道は影が薄くなった。物部氏の
中央舞台からの退場が大きく響いた。

 さて藤原仲麻呂の前に立ちはだかったのは保守主義の持ち主、橘諸兄と
その子、橘奈良麻呂である。橘諸兄は光明皇后の異母弟、妻は藤原不比等
の娘、葛城王と言われた。
 橘諸兄は元正天皇の信頼が篤く大仏造営には反対していた。つまり保守
思想の持ち主だった。讒言されて失脚した 

 息子の橘奈良麻呂は757年、仲麻呂の仕掛けた謀略に嵌められ、「橘
の乱」を引き起こし、それを予想していたかのように藤原仲麻呂の反撃と
鎮圧は迅速かつ過激だった。上皇がみまかると、クーデター計画があった
として橘奈良麻呂をはじめ、関与した443人を厳格に処刑し、ライバル
の芽をしっかりと摘んだ。
 
 「橘の乱」など、実際には反仲麻呂派が宴会などで不満を述べあい、軽
い気持で軍を動かすなどと言い合った。兵の動員計画はずさんを極め、詰
めが甘かった。その談合を密告され、関係者が拷問され、大がかりな反乱
計画がでっち上げられた。橘奈良麻呂の変はあっさりと鎮圧された。ここ
で奈良時代に保守の思想は敗れたのである。 

 そのうえ実力者の左大臣、仲麻呂の兄である藤原豊成が左遷される。替
わって仲麻呂が右大臣に出世し、翌年、てなづけてきた淳仁天皇が即位す
ると、まさに仲麻呂の天下となった。養老律令など諸制度をすっかり唐風
に改めるという暴挙、しかも太政大臣としてほぼ独裁政治に君臨し、淳仁
天皇から惠美押勝の名を賜った。この名前の意味は「ひろく惠を施す美
徳」、秩序紊乱者を「押しまくって勝った」ことに由来する。
 『続日本紀』はこう解説した。
 「帆く恵むの美、これより美なるはなし。今より以後、宜しく姓の仲に
惠美の二字を加ふべし。暴を禁じ強に勝ち、かを止め乱を静む。故に名づ
けて押勝と曰ふ」

 ▼しかし、その仲麻呂は国家防衛には積極的だった

 仲麻呂政治で特筆しておくことがある。
 それは新羅への大軍の出兵を三年がかりで準備し、実際に三万近い部隊
編成も決め、兵隊装備も揃えていた。四百艘近い船団は筑紫に待機してい
たのである。

 その一世紀前、白村江の敗戦を契機に大和朝廷がなしてきた防衛努力は
たいへんなものだった。しかし情報不足著しく敵方の事情を知らなかっ
た。唐では安禄山の大規模な反乱が全土に波及し、凄惨な内乱状態に陥
いった事情も把握していない(三年後にやっと安禄山の乱で全土が無政府
状態に近いという情報がもたらされた)。

 報復を懼れて日本が逆に攻めてくると思いこんでいたのが新羅だった。
日本への軍派遣どころではなかったのである。
 だから新羅は、這いつくばるように日本に使節団を何回も派遣し、多く
の貢ぎ物を献じて、日本のご機嫌うかがいにきたのである。

 この体質はいまも変わらない。かの半島の政治家たちは、シナが強いと
きは日本に居丈高となり、シナが弱いときは日本に揉み手して近付く。

 藤原仲麻呂の時代、唐はまったく逆に自分の置かれた劣勢を認識してお
り、百済の遺臣団を率いて日本が復讐戦で来襲することを懼れ、百済の亡
命希望者らを引き連れて日本に挨拶に来る。

 日本は日本で、これは唐の打った芝居、何かの悪巧みと疑い、筑紫や長
門に山城を造営し武器を貯蔵した。

 天智称制四年にも唐は劉徳高を団長に二百五十四名の正式使節を派遣し
てきた。
 その一方で唐は新羅に命じて百済朝の形式的な恢復をさせていた。さら
にややこしいのは新興の高句麗である。実際に唐も新羅も高句麗の躍進を
軍事的脅威と認識しており、この高句麗が日本と組んで、矛先を新羅と唐
に向けてきたらたいへんなことになるというのが当時の北東アジアの軍事
情勢だった。

 事実、高句麗は二度、日本に使節団を派遣してきた。日本は助力を約束
しなかった。直後に天智天皇は大津へ遷都した。称制を終えて天智天皇が
近江での即位の年に新羅の使節団が博多へ入港した。このとき、高句麗は
滅亡に危機に瀕していた。
 新羅も唐も高句麗も百済残党もお互いに相互不信、複雑な過程を経る
が、彼らに共通していたのは日本を敵にまわさず朝貢するなり友好を装っ
ての使節団を送り続けることだったのだ。

 ところが日本はそういう国際情勢の舞台裏をしっかりと把握していない
ため大量の土産を持たせて送り返したのである。この情報力、諜報ネット
ワークに脆弱さはこんにちにも引き継がれている。

 ▼白村江敗戦から百年も、日本は心理的衝撃から抜け出せなかった

 大東亜戦争の敗れてからの日本人の精神的荒廃は、76年続いている。
 白村江の敗戦で過剰な自信喪失に陥っていた日本は唐に対して金品をふ
んだんに進呈してひたすら和を乞う。今日の親中派の屈辱的外交とそっく
りな愚策が繰り返された。
 この屈辱的姿勢が百年続いたのである。

 そうこうするうちに新羅の使節団の態度が傲慢となり、あまつさえ使節
と云いながらも位の低い代表者を送り込んできたので、立腹し、日本と新
羅の蜜月時代は終わりを告げた。理由は簡単だった。西でチベットとウイ
グルが唐に楯突き、長安は陥落の危機にあって朝鮮半島のことなど唐は
構っておられなくなったのである。

 こうした状況の激変を伏せて、唐突に新羅は日本に居丈高となるのだ
が、また擦り寄ってくる。というのも沿海州に渤海(高句麗の後継)が興
隆しはじめ、唐は新羅との仲直りを急ぐ。国際情勢は複雑怪奇、しかも渤
海からも日本へ使者が訪れた。奈良の最高実力者は藤原仲麻呂の祖父、不
比等だった時代である。 
 
 天平七年(735)、新羅は日本に対し国名を変更したと宣言した(朝
貢していたのなら日本の許可が必要だったろう)、その非礼に怒った日本
は使節を追い返した。

 そうこうするうちに新興の渤海国の影響力が強まる一方、唐は戦いの連
続に疲労し、国力に疲弊の色を濃くする。そこでまた忘れた頃に、新羅は
ご機嫌取りに使節を派遣してきた。しかし使節の官位が低いので筑紫で追
い返す。騙し合いが続いていたが、安禄山の乱で唐に国力衰退を見て取っ
た日本は新羅への出兵を決意する。

 天平宝宇二年(758)、仲麻呂が右大臣の地位にあって、太宰府に
500艘の船の建造を命じ、また各地に鎧甲、弓箭などの生産を急がせ
る。本格的な戦争準備で、仲麻呂は大規模な新羅討伐軍を決断していた。
造船に三年、防備、武装、船団の用意はほぼ整備されつつあった。

 この新羅遠征は突然沙汰止みとなる。主因は疫病の大流行と農村の疲
弊、飢餓が各地に拡がり、災害が連続していた。  
 藤原仲麻呂の絶頂はそれ以後も三年ほど続いた。

 だが光明皇后がみまかり、仲麻呂を毛嫌いするようになった孝謙天皇が
即位して、淳仁天皇を煙たくなり、険悪な関係となった。仲麻呂の世は唐
突に終わりを告げる。
 763年、興福寺別当で仲麻呂派だった慈訓が解任され、後任は誰あろ
う、弓削道鏡だった。

 同年に鑑真が死去した。道鏡が閨で何を囁いたかは定かではないが藤原
仲麻呂の討伐が準備されていた。
まさに「天平の聖武朝前後は、藤原家と坊主の陰謀の歴史である」(亀井
勝一郎『美貌の皇后』)。
 
 ▼吉備真備、弓削道鏡、そして藤原仲麻呂の乱

 ここで仲麻呂の乱(惠美押勝の乱)の鎮圧に登場するのが吉備真備である。
 真備は学者にして遣唐使として派遣されること二回。長安にあっては阿
部仲麻呂とならぶほどの有名人だった。阿部仲麻呂は帰国船の難破によ
り、唐土で没することになるが、吉備真備は天文学、軍事学をマスター
し、多くの仏典、書籍を持ち帰って称賛される。この名声を妬んだ仲麻呂
は吉備真備を冷遇し、太宰府長官を命じたのだ。

 764年、その吉備真備が太宰府から帰任し要職に就いた
 藤原仲麻呂は劣勢に立たされたことを自覚する。すでにその二年前から
仲麻呂暗殺計画が練られており、藤原良継の変もあったが、首謀者らは筑
紫、肥前あたりに左遷されただけの謹慎処分だった。

仲麻呂の権勢が揺らいだのは、女婿の藤原御楯が死去し、軍事力が明確に
削がれたこと、後任の授刀衛督にライバル藤原北家から、正志(四等官)
には道鏡の弟が就任し、つまり王城護衛軍は仲麻呂の統制から離れた。

 孝謙天皇に絶大な信頼を寄せられ、「法王」の位に就いていたのは道鏡
だった。
 かつて仲麻呂が仕掛けたように謀をなし、仲麻呂の失脚を謀る計画は孝
謙天皇のもと、軍略は吉備真備が臨機応変に立案し、動員計画をすすめ即
応態勢を敷いた。
仲麻呂は危なきをしって近江から越前へ逃亡し越前国府に赴任している息
子のもとで態勢の立て直しを図ろうとした

 吉備真備は朝廷軍を先回りさせ、近江に入れさせず、湖西方面へと仲麻
呂軍を追いやり、要衝をすべて抑えた。これが藤原仲麻呂の乱、もしくは
惠美押勝の乱である。
 764年、仲麻呂は琵琶湖で捕縛され、一族郎党ことごとくは斬となっ
て仲麻呂の時代は非業の終焉を遂げる。
 
 ▼「我が世の春」は長くは続かないものです

 我が世の春が来たのは道鏡だった。
 弓削道鏡の絶頂は五年続いた。仲麻呂が心血注いだ新羅討伐軍の計画は
水泡に帰し、国家安全保障は政策の重要性を稀釈化させた。
 道鏡はなにしろ軍事には疎い唯識論の禅僧である。しかし「法王」とい
う高みに登って権力に酔い、客観情勢が判断できなくなると墜落は一気に
くる。

 道鏡の落日は、あろうことか天皇になろうと宇佐神宮のお告げがあった
ことにし、皇位簒奪を狙った。孝謙天皇が念のため宇佐神宮へ行って神意
を確かめよと派遣された和気清麻呂の勇気によって道鏡の野望は水泡に帰
した。怒った天皇と道鏡は和気清麻呂に穢麻呂(きたなまろ)と改名を強
要し大隅へ左遷した。

 孝謙天皇の薨去直後に道鏡は下野に左遷され、淋しく死んだ。72歳
だった。唯識における思想家として名を残すことはなかった。後世の史家
は道鏡を平将門、足利尊氏と並べて「三悪人」とした。

 和気清麻呂は桓武天皇の下に復帰して平安京への遷都でも奔走し、栄誉
に包まれた。
 吉備真備は長寿を全うし、享年81歳。右大臣から太政官と、後の菅原
道真と並ぶ学者出身の政治家となった。最大の功績は養老律令の改定であ
る。唐風を和風の法律に修正し、日本独自の法律へ塗り替えた。ようやく
にして保守の復権が成った。

 かくして藤原仲麻呂のハイカラ趣味と道鏡の仏僧とは思えない不敬とい
う二つの政治事件を踏まえて、日本の奈良朝は謀略と暗殺の坊主の暗躍と
いう暗い側面を越えて、多くの政治家は保守の立場を貫徹した。
    ☆▽□☆◎み☆◎□☆や□▽◎☆ざ▽◎□☆き
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆     
  ■どくしゃのこえ ●読者の声 ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)今回の東京五輪では、中共の武漢菌が全世界に振り撒かれ
た事によって、大変迷惑した。トランプ氏を困らせる、という意図があっ
て計画的に拡散したのかも知れない。あるいは、効率的に日本の五輪の邪
魔をする、という一石二鳥。あるいは、三鳥、四鳥、もあったかも知れない。
 57年前、アジアでは初の1964年の東京五輪には、通信技術が初めて世界
同時カラーテレビ中継を可能にし、新幹線も完成し、戦後わずか20年で
日本の奇跡的復興を、平和の日本を世界に示した。しかし、北朝鮮も支那
も参加を拒否したシナはどんな贈り物、祝いの品を届けてくれたのか

 夏の暑さを避け、10月の10−24日に行われたが、支那は16日に初めての
核実験を行い、翌日17−18日には日本全国的に雨が降り、放射能降雨、塵
は通常の100倍の値が測定された。
が、無脳な日本政府・外務省・政治家は「カエルの顔に小便」で下を向い
て無言。報道は中共の放射能は綺麗だ、という。
 という言語道断の野蛮な嫌がらせの歴史があるので、来年の北京五輪
は、西欧諸国と歩調を合わせて、御辞退申し上げる、無視するのが正し
い。鍛えてきた選手には申し訳ないので、札幌あたりで、気心の知れた国
だけで、内輪で、IOCには無断で、同時に綺麗な五輪をやったら、習近平
氏を困らせる事にもなる。(高市氏がそう言えば、初の女総理、間違いな
し、と思ふ。)
(在米のKM生)
   ♪
(読者の声2)菅首相は、二階幹事長を辞めさせ、総裁選挙の前に解散総
選挙をやろうとしたら、若手中心に反対の嵐が沸き起こった。菅首相に
は、若手を押さえる恫喝と自信がなかったのだ。派閥の長老達は、それま
で菅首相続投をさせようとしたが、党内の空気を無視できなくなった。そ
こで、一気にハシゴを外された。
 首相候補の河野太郎氏は、野党の協力を得ようと、女系天皇容認、長子
相続を打ち出したが、保守派からは攻撃されている。
高市氏は、女性だと甘く見られないように、対中強行論を唱えるが、大手
マスコミからは、無視されている。高市氏がトランプのように、マスコミ
から攻撃されないだけでも、日本は正常なのかも知れない。アメリカ現政
権が揺らぎ、副大統領が女性なので、高市氏が圧勝し、日本は一気に、普
通の国になる大チャンスである。
外交は安倍元首相、内政は菅首相が支えれば、魏志倭人伝のように、「倭
国は、夜は女王が治め、昼は男王が治める国」という、理想の国になるだ
ろう。
   (斎藤周吾)
 
at 05:58 | Comment(0) | 番外編

2021年09月12日

◆菅首相、ご苦労さまでした!

加瀬 英明

 菅義偉首相が9月3日に、唐突に自民党総裁選挙に立候補しないことを
発表した。

 昨年9月に安倍首相が辞任したあとを継いでから、1年あまりで首相官
邸を去る。短
命だ。

 菅首相は人柄がよく、前首相の官房長官として高い評価を受けていた。

 だが、私は菅氏が首相に就任すると口癖のように、「専門家の意見を聞
いたうえで調
整します」というので、首相、大統領であれ、専門家に意見を求めるのは
当り前のこと
だし、調整は下で支える補佐役が行うことだから、不安感にかられた。ま
た就任早々遊
び人風の長男が、許認可権を持つ官庁の不法接待を繰り返していたことが
露見して、息
子も治められなくて、どうして国を統治できるのか、国民に気を揉ませて
足を掬われ
た。

 もっとも、息子が自分と較べて不出来なほど溺愛しようから、親として
許されよう。

 菅首相の最大の敗因はコロナだった。悪天候のなかを、暗夜、海図がな
い危険な海域
を航行するようなものだったから、誰が舵を取っても、うまくゆくはずが
なかった。い
まや非常事態宣言が日常事態となっている。

 菅氏は東京2020オリンピック大会の首相として記憶されよう。在職
中、日本の舵
取りを、誠実、渾身の力を込めてつとめたことは、国民の手本となるもの
だった。金銀
銅メダルの入賞こそ逸したが、そこには全力を振り絞ったアスリートの美
しい姿があっ
た。

 菅氏は誠実さに妨げられたのか、自己表現が不得意だった。在職中いく
つか重要な決
定を行ったが、目立たなかった。

 もっと国家の根幹にかかわる事案について果断な決定を行っていれば、
国民が喝采し
たのではないか。

 東京オリンピック大会の開会式の演(だ)し物(もの)はつまらなかった
が、テレビの画
面に見入った一齣(ひとこま)があった。元禄歌舞伎の『暫』(しばらく)
の荒事(あら
ごと)の見得(みえ)(睨(にら)み)だった。

 平安後期の武将の清原武衡(きよはらのたけひら)(没寛治元
〈1087〉年)が皇位
を簒奪する悪事を企んだのを打ち砕いた物語である。誰が挿入したのか感
動したが、女
系天皇を擁立して日本を滅ぼそうと謀る、21世紀の武衡を誅する一幕
だった。解説が
はいればよかったと思った。

 菅首相が在職中に政府として男系の皇統継承しか認めないと決定すれ
ば、その指導力
によって国民が首相を信頼するようになったろう。

 日本は中国の脅威が否応(いやおう)なしに募っているというのに、防衛
力の整備に真
剣に取り組むことを怠っている。もし、菅首相がGNPの1%にとどまっ
てきた防衛費
を、日米同盟を強化し、ヨーロッパ、アジア諸国との提携を確かなものと
するために、
向う5年間で2%にすると訴えれば、多くの国民が目を醒まし首相の果断
な判断を支持
しただろう。

 今日の日本は、もはや戦後の惰性によって夢遊病者のように、現状維持
を続けてゆく
ことは許されない。

 自民党の総裁選挙が迫っている。

 私は高市早苗氏に声援を送りたい。

*****************
このメールアドレスは返信出来ません。なにかある場合は、info@kase-
hideaki.co.jp
へ ご連絡下さい。
機密情報に関する注意事項:このE-mailは、発信者が意図した受信者のみ
が利用するこ
とを意図したものです。万が一、貴殿がこの
E-mailの発信者が意図した受信者でない場合には、直ちに送信者 
info@kase-hideaki.co.jp へ連絡とこのE-mailを破棄願います。
*****************


━━━━━━━━━━━
◆「枝野内閣」を考える
【阿比留瑠比の極言御免】

 「政権が変われば政治は変わる。誰がやるかで政治は変わる。間違いな
く1日で変わる」

 立憲民主党の枝野幸男代表は7日の記者会見でこう強調し、次期衆院選
で政権交代を実現した場合に、「枝野内閣」の初閣議で直ちに決定する7
項目の政策を発表した。


初動7項目に驚愕

 インターネットで最初にこれを伝える記事を読んだ際には驚き、よくで
きたフェイクニュースだと思い直した。それが本当だと分かったときに
は、眩暈(めまい)を覚えるほど驚愕(きょうがく)させられた。

 新型コロナウイルス対策が入っているのは当然だとしても、何しろ7項
目のうち4つは@日本学術会議人事で任命拒否された6人の任命A入管施設
でのスリランカ人死亡の関係資料公開B財務省の文書改竄(かいざん)問題
をめぐる「赤木文書」関連文書開示C森友・加計・桜を見る会問題の真相
解明チームの設置―なのである。

 これが枝野内閣の初仕事だと胸を張られても、国民は当惑するしかある
まい。立民にとってはこれが優先順位だと示されると、「ああ、もう政権
を取る気はないから、現実的課題は外したのだな」とすら思える。

 こんな中身を8日朝刊の1面トップで大きく取り上げた新聞もあり、危
うく現実感覚を失いかけた。国民の期待や願いをどうとらえているのだろう。

 とはいえ、衆院選の結果次第で枝野内閣が誕生することだってないでは
ない。

 立民の前身である民主党は野党時代、「次の内閣」をつくって毎週水曜
日の午後に閣議を開いていた。政権交代前の「次の首相」は鳩山由紀夫元
首相で、3人いた「次の副総理」は菅直人元首相、小沢一郎元幹事長、輿
石東元参院副議長だった。

 当時、「次の外相」を務めた鉢呂吉雄元経済産業相をめぐっては、こん
なエピソードがる。政権交代があった平成21年の2月に、東京で欧州各国
に駐在する日本の大使が集まる会議が開かれた際、外務省高官とこんなや
りとりがあった。

 鉢路氏「会議で何か話すよう要請されたが、何を話せばいいのか」

 外務省高官「民主党の外交政策はどうですか」

 鉢路氏「そんなものは、ない」



「閣僚の顔ぶれは・・・

 ともあれ、立民は「次の内閣」を設けておらず、枝野内閣が実現した場
合の閣僚や党幹部が誰になるのかは分からない。そこで、主な顔ぶれを立
民の役員名簿をもとに独断と偏見に基づき考えてみたい。

 まず首相は枝野氏だとして、官房長官は枝野氏の腹心で、枝野氏が菅直
人内閣の官房長官だったときの官房副長官を務めた福山哲郎幹事長はどうか。

二重国籍状態を長年放置するなど国際色豊かで、行政刷新担当相として事
業仕分けを仕切った蓮舫代表代行は、副総理兼外相がいいだろう。辻本清
美副代表は、国家公安委員長としてさまざまな経験を生かす。

 小沢氏の陸山会事件をめぐり、司法を批判してきた森裕子副代表兼参院
幹事長はあえて法相に就いて司法改革を進める。

 防衛省が22年11月に「隊員の政治的中立性確保について」と題する事務
次官通達を出し、民主党政権批判を封じ込めようとした菅直人政権時に防
衛副大臣だった安住淳国対委員長は、政策完遂のため防衛相か。

 詩才のある原口一博副代表は文部科学相もいいが、文科省は前川喜平元
文科事務次官がすでに内定しているかもしれない・・・。

 立民は、自民総裁選の活況の中で埋没を避けるため、「次の内閣」を発
表して国民に問うてみてはいかがか。

(産経新聞論説委員兼政治部編集委員)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
松本市 久保田 康文 
【産経ニュース】 採録

           

━━━━━━━━━━━━━━


◆【変見自在】自国軍が欲しい
高山 正之 『週刊新潮』


 日本人はともかく、どの国も隣の国が安定、繁栄するのを好まない。

 米国も然りで19世紀、メキシコ大使にジョエル・ポインセットを任命した。

 任務は反政府勢力を育て、内乱を起こさせること。

 しかしあと一歩というところで陰謀がバレた。

 ポインセットに与(くみ)した者は処刑され、彼も這々の体で逃げ出し
た。お土産はクリスマスの頃に葉っぱが赤く染まる野辺の花だった。

 それは米国で大いに流行って、彼に因んでポインセチアと名付けられた。

 彼の後任大使も内乱誘発を心掛けた。彼から数代後のヘンリー・ウイル
ソン大使がとうとうウエルタ将軍を唆(そそのか)してクーデターをやら
せ、成功した。

 大統領のマデロは殺され、夫人と子供にも処刑部隊が差し向けられた。

 夫人は日本公使堀口九萬一(くまいち)を頼り、堀口は随員らも含めて保
護した。

 部隊が公使館を取り囲むと堀口は入り口の床に日の丸を広げて大音声した。

 「日本と戦争する覚悟で我を倒し、日の丸を踏んで乱入するがいい」

 部隊はその気迫に押されて退散した。

 堀口はウエルタに会って夫人らを亡命先に送り出すことも認めさせた。

 当時の日本は最強の露西亜陸軍を遁走させ、不沈とされた露の装甲戦艦
12隻をすべて沈めた驚異の強国として知られていた。

 戦争は他の手段で行う一形態だと言われる。外交はその最先端での政治
行為に外ならない。

 ウエルタは九萬一の気迫に加えて彼の後ろに透けて見える「強い日本」
に十分気圧(けお)された。

 「セニョール、何の文句がありましょうや」

 しかし外交官の後ろ盾になってきた大日本帝国陸海軍は戦後、マッカー
サー憲法によって廃棄された。

 外交官には気迫しか残されなかったが、GHQによって首相になった幣
原喜重郎は「外交は軟弱に限る」を新路線とした。

 この男はワシントン会議で米国に日英同盟を切れと言われると、国益よ
り国際協調とか言って応じた。

 「外交は白人様の言う通り。争わず、譲歩する」がモットーだ。

 かくて戦後外交は気迫も要らなくなった。

 それが見える形になったのが三島割腹事件の後に起きた日本赤軍とパレ
スチナゲリラPFLPのシンガポール襲撃事件だった。

 爆弾を投げ、現地人5人を人質に取った犯人側に魚本藤吉郎大使が人質
解放を交渉した。

 「ならアンタが身代わりなれば」と言われた。

 前によど号事件があった。日航機をハイジャックした日本赤軍に運輸政
務次官の山村新治郎が交渉して乗客の身代わりを買って出た。彼は北朝鮮
まで飛んで大任を果たし、男をあげた。

 その機会を与えてやると言う日本赤軍。しかし魚本は断った。「それは
軟弱外交に反するので」

膠着に嫌気したPFLPの別動隊が在クウェート日本大使館を襲った。

 石川良孝大使は女性職員の更衣室に隠れた。見つかると本省に涙声で
「助けて」と電話をかけてきた。

 イラク戦争ではまだ煙も立たない前に日本大使館は安全圏に引っ越し
た。川口順子外相が「余りに早い」と戻らせたこともあった。

 とっくに外交官は気概も気迫も捨てていた。

 先日の天声人語はカブールの日本大使館が早めに撤収したあと「英大使
は一人残ってアフガン人協力者の出国ビザにサインし続け」「最後の最後
に英軍機で帰国した」と書く。

 日本は自国軍がないけれど現地スタッフを置き去りにして逃げたのは
「割り切れない」と続ける。

 それをお前が言うか。

 戦争も軍靴の響きも嫌い。9条を守ればいいと70年間偉そうに言い続けた。

 軟弱外交もいい。支那朝鮮ごときにも友好で行こうと紙面に書き続けた。

 その通りやってきた外交官を今になって腐す方が割り切れなくないか。

 もうGHQの時代は終わった。はっきり自国軍が欲しい、外交官は気概
を持てと素直に言ったらどうだ。


高山正之氏の本紙連載が、文庫になりました。

『変見自在 習近平は日本語で脅す』(定価605円)絶賛発売中。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
松本市 久保田 康文 採録


━━━━━━━━━━━━━━━


◆アフリカのテロリストへも影響

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
令和三年(2021)9月7日(火曜日)
通巻第7042号  

 タリバン政権がアフリカのテロリストへも影響
  ボゴハラム、アルシャバブなど、タリバンへ接近か


 ナイジェリアのボゴハラムは過激なテロ活動と誘拐。一部は政府軍に投
降したが、かと言ってラゴス政権はナイジェリア全土を統治できてはいない。
 イスラムの過激思想に従わない者を敵と見なし、村全体を襲撃したり、
250名の女子学生を誘拐したり、もっとも過激なテロ行為を展開してきた。

最近、指導者の殺害によってボゴハラムは組織が分裂・弱体化し、直近で
も6000名が投降したという報道がある。

 ソマリアのアルシャバブは、このところ鳴りを潜めているが、世界各地
でテロを仕掛け、少年兵が多い特徴。そのうえ、超過激な外人活動家が多
数混入しており、彼らはアフガニスタンのアルカィーダ基地で軍事訓練を
受けたという。
 ソマリアはアフリカの角と呼ばれる地政学の要衝であり、エチオピアと
の軍事衝突も繰り返されている。

 このボゴホラムと、アルシャバブが、アフガニスタンにタリバン政権の
誕生を機に、タリバンへ接近し、なにがしかの連携を始めていると中国の
メディアが伝えた。

 中国はタリバンを一方で評価しながらも、ホンネはタリバンとそのなか
に潜在しているアルカイーダ、ISが最大の脅威として警戒を強めている。
とくにタリバンが周辺国に影響を与え、新しいテロリストの潜入ルートが
構築されるのではないか。なぜならタリバンが政権を樹立すれば、ゲバラ
のように「次は何処だ」ということになりかねないからだ。

 多くが指摘するようにアフガニスタンは内戦に陥るだろう。プーチン大
統領ですら「アフガンは破局であり、政治権力の法的な確保が急がれるだ
ろう」と演説している(9月4日、ウラジオストックの「東方経済フォー
ラム」。極東大学で)。

 パキスタン国内でもタリバンと連携するTTP(パキスタンタリバン)
の自爆テロが相次ぎ、クエッタとグアダールで自爆テロが起きた。過去十
年に、パキスタン国内のテロ事件は1800件に達しており、TTPは
6000名の構成員があるとカラチの有力視「ドーン」が伝えている。

 TTPがもっとも敵視するのは中国である。中国のCPECプロジェク
ト現場で、中国人を狙ったテロはまだまだ続きそうである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム  樋泉克夫のコラム    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【知道中国 2272回】              
──英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港154)
  
   △
 最初の禁演措置のキッカケは1937年7月の盧溝橋事件だった。舞台の上
の絵空事の世界であるはずが、日本に攻撃されているという現実に重ねら
れてしまったのである。

 祖国が生存を賭けて強欲な敵と必死に戦っているにもかかわらず、敵国
に敗れたうえに命惜しさに捕虜となってまで生き恥を晒す。あまつさえ敵
国の王女と円満な家庭を築く。そればかりではない。敵地でノホホンと暮
らしながら15年が過ぎてやっと母親を思うなどは不忠不孝の極み。女々し
すぎる。
四郎は敵である日本側に協力し民族を売った漢奸の象徴的存在として仇敵
視されてしまった。

 かくして「四郎探母」は「民族意識を欠いた芝居」とされ蒋介石政権に
よって禁演措置を食らったのである。たしかに四郎の振る舞いは、そう解
釈できないわけではないものの、しょせんは芝居に過ぎないだろうに。

 だが、彼らはそうは考えない。いや、そうは考えられない。
やはり芝居小屋の内側の話ではなく、飽くまでも政治の問題であり、であ
ればこそ断固として娯楽ではない。やはり芝居は思想宣伝の手段であり、
芝居小屋は民衆教化の教室なのだ。以上が国民党政権の対応である。

 一方、共産党政権だが、見方によっては国民党と紙一重。当然のように
思想宣伝の手段として捉えている。いや芝居を政治宣伝に使うのだは、こ
ちらが本家だった。

 延安時代の共産党は「内容に多く不健康部分がある」との理由で公演を
禁じ、1949年初めに北平(北京)を制圧した直後、正式に禁演措置を講じ
ている。
「不健康部分」が漢族の元妻と異民族の現妻──2人の妻、つまり重婚を指
すことは敢えて論ずるまでもない。つまり重婚は社会主義の倫理・道徳に
反することになるからだ。

 建国直後の1950年から52年にかけて、「社会主義道徳・科学思想に反す
る」という理由で伝統演目のうち霊魂・地獄・仇討ち・色恋沙汰・不倫な
どがテーマの26本を公演禁止にしている。「四郎探母」は26本から外れた
が、京劇界は共産党政権の意向に応える形で、「プロレタリア階級の視
点」からの改編を試みている。

 たとえば某劇団は「民族の団結」を前面に押し出し、別の劇団は敵であ
る異民族との間の和平交渉の末に相互不可侵条約を結ぶ形にまとめた。ま
た硬軟双方の政治手法を駆使して異民族を信服させる筋立てに改めたり、
15年ぶりにオメオメと戻ってきた息子を厳しく叱責し「叛徒」の罪に服さ
せるなど。

 だが、これら共産党政府の意向を組んで改編された「四郎探母」は元来
からの筋運びに敵うわけはなく、芝居としてツマラナイから観客から受け
なかった。

 1956年、「百花斉放・百家争鳴」をスローガンに自由化運動が起こった
際、26本の禁演演目を含め京劇上演に関する一切の制限が解かれた。そこ
で、56年9月には北京音楽堂で馬連良、譚富英、奚嘯伯、陳少霖、李和
曽、尚小雲、蕭長華、馬富禄、李多奎、張君秋、呉素秋など、当時を代表
する京劇役者を網羅して、オリジナルに近い形の「四郎探母」が上演され
ている。

 やがて反右派闘争、大躍進、文革と京劇界が「奈落の底」に向かって突
き進んでいったことを考えると、北京音楽堂での「四郎探母」こそ、中国
における古典京劇が最後の輝きを放った一瞬だった。あれほどの舞台は、
もはや望むべくもないだろう。

「百花斉放・百家争鳴」の結果、民主派知識人による強烈な共産党批判
が起こるや、毛沢東は反右派闘争を展開する。
 1957年3月8日、文芸界との対話の席に臨んだ毛沢東は「四郎探母」を取
り上げ「四郎は奸賊だろう」と語っているが、たった一言の「天に声」に
よって「四郎探母」の運命は定まった。
 もちろん問答無用の上演禁止である。
 
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■どくしゃのこえ ●読者の声 ★READERS‘ OPINIONS
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)欧米で北京五輪ボイコット運動が燃えさかっているという
のに、日本は何をしているかと言えば、あろうことか、天皇訪中を北京五
輪にあわせようとする水面下の陰謀が進んでいる由です(『テーミス』九
月号)。
 中国は気味悪いほど東京五輪を称賛し、五千名もの代表団を送り込んで
きた。ワクチン防疫のノウハウも学んで還ったともいう。
 『テーミス』の当該記事の要約をいかに掲げます。
 「米国議会では、ジェノサイドや人権に対する犯罪国家で五輪は行われ
るべきではない、というIOC批判が行われている。習近平は来秋の共産
党大会で三選を視野に、どんなことがあっても、北京五輪を成功裏に導き
たい。その上に外交的孤立を避けるために、もう一回、日本の天皇を利用
しようと躍起であるという。
 コロナによって、偶然だが日本は習近平来日阻止を実現できた。日本の
スパイどもはがっかりしたらしいが、またもや日中友好屋や親中議員、親
中メディアが束になった。
 前回は天安門事件で世界から制裁をうけてきた北京が、突破口に日本を
利用した。
 当時の日本の政権は宮沢、外務大臣は渡邉美智雄、そして外務次官は小
和田某。橋本怒大使、谷野作太郎が亜細亜局長。まったくの親中派が占め
ていた。
中国のカウンターパートは銭基深。のちに銭は回想録に書いた。『天皇訪
中ほどうまくいった外交はなかった』と。
 現在国家安全保障局長は秋葉前外務次官。別所元国連大使が侍従長。外
務省の親中派が日本外交とのトップにいるからには既に北京五輪への天皇
陛下訪中シナリオは、詰めの段階にあるとみて良いだろう」。
 日本はタカ派の宰相に是非登場して貰いたいものです。
     (FH生、川崎)
  ♪
(読者の声2)自民党総裁選挙が近付きましたが、高市早苗議員のほかは
失格です。女系天皇容認の河野太郎、石破茂、夫婦別姓推進の野田聖子、
財務省のひも付き岸田文雄太陽光肩入れ脱炭素の小泉進次郎とろくなのが
いませんからね。(FF生、さいたま市)

  ♪
(読者の声3)米国、ハーヴァード大学への入学は厳しく、アジア系の学
生は約20%だが、試験などの成績のみで判定すると、実に43%に達する。
米国の人口のうち5%がアジア系。アイビーリーグと呼ばれる7大学も同
様な「制限」をかけて、15 - 18%に抑えてある。
つまり、「逆の人種差別」が公然と行われるようになった。
黒人や南米系の学生には「下駄を履かせ」アジア系、白人、ユダヤ人の足
をちょんぎる。しかし、理工科大学のCAL TECHはそんな非科学的な理に敵
わない採用をしないので、アジア系が40%をしめる。科学の世界では皮
膚の色はどうでもいいし、忖度していては他の大学に負けてしまう。
 有色人種は建国以来、奴隷など、差別を受けていたので、過去の精算、
過ちを償う、という意味で、1970年代あたりから入学、雇用などの面で、
優遇処置を与えられてきたが、それによって被害を現代に受ける白人が生
まれる。
つまり本人たちの罪ではなく、何世代も前の祖先の罰を受けることにな
る。最近移民した白人には過去の罪はない。
 CRT(批判的人種理論)によると、法律的には確かに平等になったが、
社会の総合的な空気が依然としてあるので、全ての白人は自ずから自動的
に「白人至上主義者」として己を認識し、自己批判し、社会を改善せよ。
具体的には上記などの「優遇措置」。
 統計をみると、アジア系の学生は毎日2倍の勉強時間をかけており、親
もなけなしの金を教育に懸ける。親が離婚せずに二人いることも教育に有
利。家庭の倫理観も優れている、などの要因があって、単にアジア系に
「生まれた」だけで優秀になれた訳ではない。と、支那からの2世、著者
のKenny Xu氏は、「An Inconvenient Minority』(7/2021)で実話体験。
 米国では、こんな理不尽は当然訴訟になり、否が応でも世間が知る事に
なり、議論となる。
ところが、日本では「静かに虐殺」されている、らしい。支那、朝鮮人の
ための官民の企業、大学、組織での優遇措置には秘密にされている、だか
ら国民が知らないうちに多くの指導者が異邦人となり、国を盗まれる。
NHKや電通などのDNAを調べるとびっくりし、ああーなるほど、と謎がと
け、解決策が生まれる、かも。
国会議員が外国人、あるいは最近の移民、など日本は極めて寛容。
 この根本原因はGHQ占領中の言論統制にある。「支那人、朝鮮人を批判
してはならない」と命令され、今だに大切に忠実に世襲されている。
GHQの非日本化・弱体化計画は暴露、告白、反省、解除されず、占領が綿
綿と続いて、その最終段階、当時出来なかった皇室解体が今、実現されて
いる。
原爆でガラガラポン破壊された街は再建できるが、消滅した国体は「ゲッ
ト」できない、と思ふ(在米のKM生)

   ♪
(読者の声4)中村哲医師はアフガニスタンで井戸を掘るなど、たいへん
多くの功績を残した逸材でしたが、アフガンで殺されました。その肖像画
が、塗りつぶされました。
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210906-OYT1T50205/
 偶像崇拝を認めないイスラムゆえの行為か、それとも反日的なタリバン
の本質なのか、憂慮すべき事態です。
   (HH生、静岡市清水)
   ♪
(読者の声5)過日放送の「宮崎正弘の生インタビュー」(ゲスト楊海
英・静岡大学教授)。
https://www.youtube.com/watch?v=iHYYoc4DLw4
 稀に見る良い番組でした。しかも内容豊富で学ぶことが多かったデス。
有り難う御座います。(YU生、三島市)

(編集部から)おかげさまで好評を頂いております。これまでのゲストは
高山正之、乾正人(産経論説委員長)、渡邉惣樹(近現代史家)、近藤大
介(チャイナウォッチャー)、許世偕(前台湾大使)、加瀬英明、廣瀬陽
子(慶応大学教授)、中村彰彦(直木賞作家)、門田隆将、三浦小太郎、
楊逸(芥川賞作家)、楊海英の諸先生方でした。
 次回は9月15日に室谷克実氏。そして十月のゲストは島田洋一先生を
予定しております。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。