2008年07月05日

◆ガソリン値上げと憲法論議

川原俊明(弁護士)

どのように結びつくのか、わからないほどの難問です。

道路財源法案が、先般衆議院で再可決されました。現行憲法制定以来、50数年ぶりとか。衆議院で可決された法案が、参議院で否決された場合、衆議院で3分の2以上の再議決により可決されると、法律となります。これも、憲法上の合法的な手続きです。
 
ねじれ国会でこそ、みられる憲法上の権限行使かもしれません。

このねじれ国会で何を見たか。衆議院の欠席戦術と河野衆議院議長の議場阻止行動。昔の社会党の戦術と何ら代わりがありません。その社会党は、すでに姿も形もないことを理解すべきです。
 
小沢一郎さんには、昔ながらの政治屋の戦術が見え隠れしています。小沢さんは、民主党内で自分の基盤を死守しようとして、強硬路線に出ています。しかし、その姿勢の背後には、国民の姿がまったく見えません。
 
小沢さんの自らの権力欲以外、何者でもありません。国会議員は、国民の立場に立って、大局的に物事を理解し、事物を把握すべきです。今回の「国会議員」たちの行動には、あきれ果てました。
 
未だに政治三流の国家・日本。平和であることはすばらしいことですが、すべての国会議員が、国民のあるべき姿を見ながら、活動すべきでしょう。
 
憲法上の手続きを履行しながら、それを妨害する輩が、私たちの代表であるというのは、きわめて恥ずかしいことです。
 
とはいえ、私は、無条件で与党の対応に賛成しているわけでもありません。世界は、ますます大きく変化を遂げています。日本の政治家は、もっと真剣に世間並びに社会の動きを把握したうえ、世界の動きを見て、健全な社会の構築に全力を挙げて欲しいものです。(完)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック