2008年08月08日

◆黒衣の功績日中友好条約

     渡部亮次郎(メルマガ「頂門の一針」主宰)

今年2008年の「八月八日は吉祥にて北京五輪」の開会式だが、30年前のこの日は外務大臣園田直(そのだ すなお)が吉祥と思って訪中したものの、後になって見ればトウ小平に騙された日だった。

いうまでも無く日中平和友好条約の締結こそは日中友好の「鉄の橋」(福田赳夫首相)と信じて羽田から日航特別機で出発したのだった。1978年。今年が2008年だから、ちょうど30年、今年は節目の年だ。

その6年前、NHK記者として同行した田中角栄総理大臣が、国内世論に押されたとは雖も、昭和47年7月の就任から僅か3ヶ月にも満たないうちに対中国との国交正常化を決断。9月末に共同声明を発表して目的を遂げた。

その共同声明の第8項目にこうある。

<日本国政府及び中華人民共和国政府は、両国間の平和友好関係を強固にし、発展させるため、平和友好条約の締結を目的として、交渉を行なうことに合意した。>

つまり日中平和友好条約は共同声明にそって日本からの経済・技術協力など支援策を具体化するための基本条約だから、中国側はすぐにでも手にしたい条約である。それなのに中国が反対して田中に続く三木内閣でも締結できなかった。6年が流れた。

ソ連(当時)が日中離間を策して条約締結に反対を表明。これが「覇権」条項となって交渉は乗り上げたからである。改革開放派のトウ小平は失脚、下放中。主導権を握る強硬派はいわば原理派であった。

三木に続く福田赳夫内閣。外務大臣は大蔵事務次官から参議院議員になって間が無い鳩山威一郎。目立つ実績を挙げられないまま1年で退任。その後を襲ったのが官房長官だった園田直(そのだすなお)。初外遊をソ連にして環境整備に成功した。

その前に内閣改造の朝に自宅へ電話を掛けてきて「ナベしゃん、ワシの秘書官になってよ」というから「いいですよ、何大臣ですか」「ま、留任だと思うがね、なんでもいいじゃない」

簡単に転身を了承してしまったが、電車で総理官邸に辿り着いてみたら「外務大臣園田直」になっていて私は足を踏み入れた事も無い外務省で大臣秘書官になっていた。

マスコミや世間は園田の外相への転出を誤解した。予て官房長官時代から、鳩山外相よりも日中条約締結に積極姿勢を見せていた園田氏を外相に据えたのだから福田首相は愈々条約締結を決断という誤解である。

確かに園田氏は締結に積極的な態度を示していた。国交の無い時代に政府の制止を振り切って中国入りした過去もあるし、非公式に来日した廖承志(対日関係責任者)と面談するなどの実績もあるから誤解も当然といえた。

しかし福田首相のハラは逆だった。日中平和条約の締結よりも「総裁(総理)の任期2年」という大平正芳幹事長との密約を反故(ほご)にする事に、密約の立会人たる園田に了承を求めるための外相起用だった。確かに改造で園田だけが残留、横滑りだった。

予て記者の則を越えて親しくしていた園田さんだったが、さすが秘書官(使用人)になってみると私邸に伺っても以後は玄関ではなく勝手口から入れとう言われるなど「矩」を強いられた。

その分、大臣との一体感を要求されてゆくわけだが私の場合は違って、もう1人の自分が自分を冷静に見るようになっていった。その目で見ると、園田の対中戦術の要点が見えてきた。官房長官時代から対中「黒衣(くろこ)」を密かに放って直に中国首脳の動きを掌握していたのである。

この人物は父親が石炭採掘の学者だった故を以て終戦後も中国残留を余儀なくされた人の息子で、園田氏とは趣味の剣道の弟子として結ばれていた。

この人物にカネを渡し、予て交流のあった廖承志(対日関係責任者)とその周辺の動きを探らせ、定期的に情報を得ていたのである。それが裏付けとして黒衣と会うのは記者たちが押しかける前の早朝、私邸の寝室に限られていた。

私は黒衣氏との直接の接触は極力避けたが、絶無ということは無かった。黒衣氏から報告を聴取した後の園田氏の表情から逆に報告の内容を推測できるようになっていった。

1978年の2月ごろから「とにかく園田外務大臣が訪中してくれさえすれば絶対恥はかかせない」という報告が入り始めた。外務省でアジア局長や中国課長からは全く入ってこない情報だった。彼の秘密訪中は計14回に及んだ。

後で考えれば前年(1977年)7月、生涯3度目の復活を果たしたトウ小平が毛沢東、周恩来亡き後の主導権を握り、念願とする経済の改革開放に向けてカジをきり始めた頃である。廖承志氏はトウに近いから園田大臣への黒衣情報はトウ情報だったのである。

この頃、外務省も北京大使館もトウ氏の動きは全くつかめていなかった。だから1978年8月8日に至って有田圭輔事務次官が日航特別機で飛び立って下さいと言ってきたとき、園田氏は黒衣氏の情報と外務省の情報の一致は無いものの北京での「成功」を最早疑っていなかった。

確かに北京では2回目の外相会談であれほど「覇権問題」に拘ってきたのにあっさり日本案を受け入れた。あっけなかった。「引退の花道にされる」として条約の締結に消極的だった福田首相は日中間に鉄の橋がかかった」と喜んだ。しかし、自らの任期延長作戦には失敗、大平に敗れた。

かくて中国のその後の発展を見るとき、地下の福田、園田両氏は如何なる感慨を持っているだろうか。秘書官に過ぎなかった私から見れば資金や技術のとてつもない援助。トウ小平にしてやられたという反省が消えない。

日中平和友好条約の締結と時を同じくするように東京ー大阪の新幹線のスピードに鞭を入れられたケ小平が経済だけの改革開放政策を実施。日本は今日の繁栄の貢献者なのだが感謝されたことはない。元秘書官風情としては何か起きる事を期待する。騙されたままで終わってはならない。2008・08・05

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック