2008年11月13日

◆兵庫県知事発言の真意(差し替え)

                    毛馬一三

<本稿は、全国版メルマガ「頂門の一針」14日号に掲載されました。同メルマガをお読みになりたい方は、下段ご案内から手続き下さい>


井戸敏三兵庫県知事の「関東大震災が起きればチャンスになる」とした発言を、マスコミが不適切発言だと騒いでいる。しかも河村官房長官が記者会見で、井戸知事発言に敢えて自戒を求めたり、石原東京都知事が強い反発の構えを見せたことから、事態はヒートアップしている

事の起こりは、11日に和歌山市で開かれた近畿ブロック知事会議で、井戸知事が「関西経済をめぐる議論」の中で、切り出した発言だった。

同知事の発言は概略以下の通りである。

「東京一極集中をどうやって打破するかという旗を掲げないといけない。物理的には、関東大震災なんかが起きれば、相当なダメージを受ける。これはチャンスですね。

チャンスを生かす、そのための準備をしておかないといけない。機能的には金融なんです。金融とマスコミが東京一極集中になっている。東京に行った企業をもう一度関西に戻せというカムバック作戦を展開していく必要がある。

(中略)そういう意味では、防災首都機能を関西が引き受けられるような準備をしておかないといけない」。(朝日新聞)

これを見る限り、やや言葉足らずはあるものの、首都圏の震災時に果たす関西の役割を主張したものと受け取るのが普通で、大震災県である知事がその立場を逸脱した不謹慎な言及と決め付けるのには、些か行き過ぎを感じる。

ところがこの発言にマスコミが一斉に批判の矛先を向けた。知事発言の中の「関東大震災とチャンス」の言葉だけを連動させて、「阪神淡路大震災を経験した兵庫県知事が、関東大震災をチャンスだと述べるのは、不謹慎だ」と厳しく決め付けたのだ。

オモシロ可笑しく煽ることが、読者(視聴者)の気を惹く好材料との思いから動き出したことは紛れも無い事実。この瞬間に井戸知事の真意は、雲散霧消した。

会議参加の知事らも、マスコミの意向に応じる形で、「表現は不適切であり、訂正すべきではないか」と指摘する意見を次々に明らかにした。

その上で河村官房長官が、「兵庫県は阪神・淡路大震災で大変苦労し、痛みを十分知っているはずだ。また、大震災の時は全国も心配して協力した。その県の知事の発言だから残念だ」と述べ、石原知事も「不謹慎極まりなく、話にならない」と切り捨てた。

マスコミの報道で、明らかに井戸知事の発言意図とは食い違った批判ムードが一人歩きし、知事自身の見識や人格問題にまで踏み込むような予期しない事態に発展して仕舞ったのには、首を傾げたくなる。

果たして、井戸知事はその日の記者会見で、「東京一局集中へのリスクへの高まりとリスクへの備えを引き受けるのが関西の引き受けるチャンスとなるという意味を言いたかった」と発言の意図を説明した。

しかし騒ぎが収まらないのに配慮したのか、13日改めて記者会見し、「不用意に“チャンス”という言葉を使ったことは適切ではなく、深く反省しており、取り消せるものなら取り消したい」と述べている。

ただ、「発言の趣旨は東京への一極集中が進む中、首都直下型地震が危ぐされており、危機管理の面で関西が第2首都機能や防災機能を高めなければならないと指摘したかったものだ」と繰り返し強調し、肝心の発言の趣旨は事実上撤回していない。

ところで最近地方の知事が、地方分権と地域政策の質的向上を目指して、国などに向けて大胆な発言を行う事態が目立っている。

大阪、京都、滋賀、三重の4府県知事が11日、国土交通省が河川法に基づき、河川整備計画に盛り込まれた大戸川ダム(大津市)に反対する共同意見を出したのも直近の一例だ。国の計画案に知事が反対意見を出すこと自体初めてのことで、国側の計画見直しは必至だといわれている。

要は地方の意向が、知事の発言や共同合意で改革の旗印が翳される時代になりつつあるのだ。

だとすれば、多少知事の発言に突発性と意外性、加えて多少表現の拙さがあったとしても、マスコミはその発言の真意を洞察すべきで、ただ興味本位に事実を曲げて煽り立てる今の対応は、地方で芽生えつつある新しい政治手法の変化に気づいていないということになる。

地方の知事にとっては今税収の逼迫による財政上大きな危機に迫られている。そんな危機的状況の時だけに、知事は地域の活性化に向けての発言や行動には誰にも気兼ねすることなく、思い切り発言し、その反応を見ながら地方改革を大胆に進めるよう願うものだ。

となれば、揚げ足とりの煽り立て報道や人格見識まで踏み込み過ぎる各界の反論は控えるべきで、それこそ思い切った知事の真意に耳を貸す機運づくりを歓迎するのが、いま求められていている要件ではないだろうか(了)2008.11.13

■メイル・マガジン「頂門の一針」1380号 平成20年11月14日(金)
<同号目次>
・●●党への謝罪金2兆円:渡部亮次郎
・兵庫県知事発言の真意:毛馬一三
・日本の体質は戦前と不変:加瀬英明
・幹部に現場経験なし:前田正晶
・1000億ドルも拠金の日本を無視:宮崎正弘

・話 の 福 袋
・反     響
・身 辺 雑 記

・<購読(無料)申し込み御希望の方は
        下記のホームページで手続きして下さい>
  http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
  バックナムバーは http://www.melma.com/backnumber_108241/
  ブログアドレスは http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック