2009年05月10日

◆日本分割を阻止した日本人

渡部亮次郎

アメリカ大統領ハリー・トルーマンは日本に進駐する連合国軍最高司令官(SCAP:Supreme Commander of the Allied Powers)にダグラス・マッカーサーを任命した。日本では「連合国軍最高司令官総司令部」をGHQ(General Headquarters)と呼称する。

日本に進駐した連合軍の大部分は米軍であったがイギリス連邦の諸国軍も進駐した。

戦争中、連合国軍はドイツと同様に日本の分割直接統治(東京23区は米中ソ英、近畿地方の大部分と福井県の一部は米中による共同統治)を計画していたが、天皇を通しての統治が簡易であるという重光葵の主張を受け入れ、最終案では日本政府を通じた間接統治の方針に変更した。

この動きは少年だった私の耳にも入り、東北地方はソ連に直接統治されると言われた。それが重光のお陰で救われたとは大人になるまで知らなかったが、ことはトラウマとなり、どういうわけか牛蒡畠
の裏からソ連兵が現れる夢を大人になっても見た。

戦後、重光葵が鳩山内閣で外務大臣を務めた際、政務次官になったのは熊本天草出身の代議士園田直(そのだ すなお)だった。更にその30年後、園田は福田赳夫内閣の中で図らずも外務大臣に横滑りし、要請で私がNHK国際局(当時)副部長から政務秘書官に発令された。

その関係で重光のことは裏話を含めて良く聞かされた。重光が死んだのは自宅ではなく妾宅だったが、自分が早くに駆けつけ、世間の目をくらましたことなど。

鳩山内閣当時、鳩山は「官僚政治家ではなく、党人政治家による政権運営を行いたい」と発言したため外交官出身の重光と鳩山の関係が悪化した。

また鳩山内閣は日ソ国交回復を最優先課題に掲げていたのに対し、重光は対ソ強硬論者であった。というのも、重光の脳裏には駐ソ大使当時、ソ連外務省と対立した事や日ソ中立条約を一方的に破棄し満洲を侵略してきた野蛮なソ連像が焼きついていたからである。

重光 葵(しげみつ まもる、明治20年(1887年)7月29日―昭和32年(1957年)1月26日)は、日本の外交官・政治家である。

昭和の動乱期に外務大臣を務め、東京裁判で有期禁錮の判決を受ける。仮釈放と赦免後、政界に再復帰し、再び外務大臣となって日本の国際連合加盟に尽力した。園田政務次官はこの時代。

大分県大野郡三重町(現・大分県豊後大野市)に士族で大野郡長を務める父・直愿と母・松子の次男として生まれたが、母の実家(重光家本家)に子供がなかったため葵が養子となり重光家26代目の当主となった。旧制杵築中学(現・大分県立杵築高等学校)、第五高等学校独法科を経て、東京帝国大学法学部を卒業する。

重光は敗戦直後、東久邇宮(ひがしくにのみや)内閣で外相に再任された。引き受けた大仕事は、敗戦国の全権として降伏文書に署名するという屈辱だった。

昭和20年(1945年)9月2日、東京湾上に停泊した米国の戦艦・ミズーリ甲板上で行われた連合国への降伏文書調印式において、参謀総長の梅津美治郎と共に日本政府全権として署名を行い、その時の心境を「願くは御國の末の栄え行き我が名さけすむ人の多きを」と詠んでいる。このとき随員として艦上にあったのが畏友にして評論家加瀬英明の父俊一(としかず=後に国連大使)である。

重光は駐華公使のとき第1次上海事変終結後の天長節式典で爆弾テロによって右脚を失い、以降公式の場においては重さ10kgの義足をつけるようになった。義足をつけた状態での歩行は大変な困難を伴うものだったのにもかかわらず、重光自身はその事を全く気にしていないように振舞った。

ミズーリ号甲板上に重光を吊り上げるために四苦八苦する米国水兵たちを尻目に、重光はまったく臆することなくただ悠然と構えていたという。

極東国際軍事裁判において重光の起訴を最も強硬に要求したのはソ連政府だった。アメリカは重光起訴に当初は抵抗したがソ連に乗り切られた。

なお、進駐軍が厚木飛行場に到着した際は、横浜市に対して「米軍を絶対に首都には入れないこと、直接軍政はさせないこと、軍票は使用させないこと」を厳命した実現したのは軍票問題だけだった。
(文中敬称略)3009・05・08
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック