2009年08月21日

◆全中サッカー大会、友渕中2回戦へ

             毛馬一三

長崎県島原市で20日から開かれた全国中学校サッカー大会(全中サッカー大会)で、近畿代表の大阪市立友渕中学サッカー部が、初戦の相手校・栃木県の下野市立国分寺中学校をPK戦で破り、初戦を飾った。

試合の前半は0−0と互いに譲らず無得点、後半は友中が先制したものの、すぐに国分寺中に追いつかれ、1-1の同点のまま、延長戦にもつれ込んだ。

前半・後半にわたる延長戦でも決着がつかず、結局PK戦となり、友中が5-4で国分寺中を辛うじて突き放し、初戦を飾った。初戦に勝ち2回戦に挑むのは、友中としては初めて。

全中大会には、昨夜から自家用車などで駆けつけた父兄30余人が声を嗄らし懸命の応援を続け、PK戦で勝利した瞬間には、緊張と感激の余り泣き出す母親たちも多数いた。また友渕中の松本克彦校長も急遽、飛行機で会場に駆けつけ、勝利した選手・コーチ一人ひとりと握手を交わし勝利の喜びを分かち合った。

特にこの初戦勝利のニュースは、昨日友渕中校長宛に「檄電」を送った平松市長にも届けられ、これを聞いた平松市長も「明日からの試合に期待したい」と熱っぽく語ったという。

さて初戦を勝ち2回戦に挑む友渕中は21日、地元島原市立第一中学校と対戦する。言ってみれば、地元の大勢の応援団の声援をまともに受けるアウェーの試合と同様で、強烈なプレッシャーを受けることになる。

しかも対戦相手の島原市立第一中は、四国代表の強豪市立中学に4−0で完勝している。特に試合開始直後の6分に最初のゴールを決めているほか、終盤の50分と58分にも得点を重ねるなど、多様かつ執拗な攻撃性を特徴とするチームだけに終始油断は出来ない。

だが、友渕中は極めて意気軒昂。全中大会2回目の挑戦で、初めて初戦を突破し2回戦への舞台へ飛び出すことになった友渕中の全選手は、果敢な気力と闘志に満ち溢れ、アウェーの雰囲気などには絶対負けずに頑張り抜くと意気込んでいる。

とにかく悔いの無い試合を期待している。がんばれ!友渕中!

>☆大阪市立友渕中学校vs島原市立第一中学校 ←クリック(大会の詳細)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック