2009年09月03日

◆議会政治全治20年



              渡部亮次郎

今回の惨敗の結果、自民党は最早、政党としての体裁を保てず、政権奪還の力を次第に失っていくだろう。だが、民主党もこのまま上昇を続ける事は不可能。したがって政党再編成を繰り返しながら、日本の政党政治はおそらく向こう20年ぐらいは混乱を繰り返す。

1950年の結党以来、自民党は経済の高度成長と共に歩んできた。その結果、老人医療を無料に出来た時期すらあった。夢のような自民党政治は1960年代後半の「公害問題」でその存在を問われる。

これに対して自民党の取り組み方は消極的だったが、むしろ自民党の問題児とも言えた元特攻隊員の園田直(そのだ すなお)がたまたま厚生大臣だったことから、蛮勇とも言える彼の決断で自民党は
「公害病」を認定して乗り切った。

園田は、日米安保条約は再軍備を不可能にするものだと本会議で反対票を投じて党を除名。厚生大臣として初入閣した時は当選9回生だった、と言う変り種。

これは国民への謝罪である。あらゆる階層を組織化し、それをバックに国民に利害を配分する政治から、世論を取り入れて国民を懐柔する政治に舵を少し切り替えたのである。

国民の総反発を食らって退陣した岸信介総理の実弟佐藤栄作総理が長期政権を維持できた理由である。

田中内閣による日中国交正常化もマスコミと世論に従った政策だったが、何よりも日本列島改造論とロッキード事件による「利権政治」の顕在化は、国民を次第に自民党支持から離れさせた。公明党の進出がそれを裏付けた。

幸い日本社会党が消滅して、一時的に野党勢力が弱体化したために
自民党は根本的な党改革を怠った。怠る余裕が出来た。それが今回惨敗の原因となった。

自民党を追われるように去った小澤一郎はこの間、自民党と連立を組むなどして、自民党の怠慢を助長させた功労者。それが証拠に一時、細川政権の成立があったが、すぐに潰れたために自民党は益々党改革に怠慢になった。

国民は自民党に失望したが、10年前、公明党に膝を屈した実態を見てさらに失望。半数近くが無党派層という存在になった。特に森、小泉、安倍、福田と言う政権は、無党派層にとってはわけのわからない政権だった。この10年間でつくづく愛想が尽きたのである。

したがって総選挙の結果についてマスコミは大衆が民主党のマニフェストを支持したから民主党が大勝利したと結論付けたけれども、様々な調査は民主党のばら撒きマニフェストは、必ずしも支持者の賛成を得ていないことを証明している。

明らかなのは、自民党が信用を失い、飽きられた、呆れられた結果なのである。

この間総裁麻生はばら撒きを批判して回ったが、大衆は聞いてなかった。風は50対50に感じられたかも知れないが、結果は49対51だったらオセロ・ゲーム宜しく惨敗と大勝利となる。おそらく麻生は台風の目に立っていて風を感じられなくなっていたのだろう。漢字を読めないだけじゃなかった。

自民党は貧乏政党に陥った。党本部は維持できるか。派閥はばらばらになる。国会に行っても坐る椅子が無くなる。たまる部屋もとりあげられる。役人も来ない。マスコミも寄り付かない。国会議員を辞めたくなる孤独感にさいなまれる筈だ。

とりあえず、来年の参議院選挙対策に取り組まなければならないが、
秋の臨時国会で代表質問に立つ元気すら沸いてこないだろう。

しかし、民主党の「わが世の春」は長続きしない。かつての自民党
がそうだったようにすぐ起きるのが派閥抗争だ。嘗ての田中派みたいな大派閥になった小沢派。小沢は派閥政治こそが政治の原点と心得ている政治家だ。なりふり構わず、党内でゴリ押しを始める。

とりあえず党役員の構成、内閣の組閣でも陰湿なごり押しを展開して鳩山を困らせ、他の幹部の反発をかうだろうが、権力とは数であり地位であると言うのが師匠角栄、金丸直伝の手法なのだから遠慮はしない。権力の二重構造。しばしば立ち往生する鳩山に手を貸すのは誰になるだろう。

鳩山の故人献金、小澤の不動産買い込みに東京地検の動いている事を自民党は期待しているだろうが、検事も人の子、国家公務員でしかない。いきなり事件にする度胸はあるまい。

とにかく、素人集団の民社党。マスコミにとっては想像もつかないような珍事が展開する事、間違いない。

率直な見通しを言えば、自民党は新総裁や新三役を選んだ後も茫然自失のままで越年するだし、党再建のきっかけをつかめるのはいつか想像もできない。

まして次期総選挙で政権奪回に見通しなんか立たない。生き残ったのは殆どが古狸。反省はできないし新しい発想なぞ、あるわけがない。我利我利亡者の集団だから新人の発掘もおぼつかない。

民主党は連立する社民党に足を引っ張られ、アメリカに脅されながら、その日暮らしの政局運営を続けるしかない。その中で小澤の暴力にどう内閣や執行部が耐えてゆくか。

かくして、わが国の政局は、向こう20年ぐらいは安定しないだろう。小選挙区制再建討論も出てくるだろう。しかし、私はその頃、この世にいない。大きな声では言えないが、私欲のため、民主党圧勝を仕掛けたマスコミの親分も亦。(文中敬称略)2009・09・02



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック