2010年01月07日

◆巴里だより 「意外、オランダの牡蠣」

岩本宏紀(在仏)

ゴルフ友達おすすめのYerseke(なんと読むのでしょう?イェルセーケでしょうか。)に行ってきました。

アムステルダムからおよそ170Km。地図でみるとアントワープの北あたりの海辺です。
正月2日の土曜日ということもあり、閉まっているレストランが多かった。

生牡蠣は丸くて浅い殻のものが出てきました。
殻に似合わず身がふっくらと大きい。
旨かった。
巴里に負けません。

焼いた牡蠣は広島産のように細長くて深い。
チーズをかけて焼いてある。
これまた美味です。

15年くらい前、フランスのナントの中之島にある
「とりがい」という日本人シェフ鳥飼さんのフレンチレストランで食べた焼いた牡蠣を思い出しました。

ムール貝のワイン蒸しは塩味を抑えた味付け。
身が肥っているのに驚きです。

レストランの名前は de Schelde。
お薦めです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック