2010年07月22日

◆日本三大盆踊り未見

渡部 亮次郎

西馬音内(にしもない)盆踊り

毎年8月16日頃(お盆)に秋田県 雄勝郡 羽後町 西馬音内にて披露される盆踊り。日本三大盆踊りの1つに数えられ、国指定の重要無形民俗文化財となっている。

当然の事だが、古い歴史を持つ踊りであるが起源には諸説ある。踊りには幾つかの種類や、衣装の違いがあるようなのだが、共通しているのは「顔面が見えない衣装」を着る点である。

なぜか、顔を意図的に隠しているので、何か死者を連想させる意図でもあるのだろうか?盆踊りだからかもしれない。私はまだ見ていない。

阿波踊り

8月12日から15日の間に四国の徳島県徳島市にて行われる行事。日本三大盆踊り・四国三大祭の1つ。

約400年の歴史があり、徳島県(旧阿波国)内各地の市町村で開催される、いわば盆踊り。「偉い奴ちゃ、偉い奴ちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆に見る阿呆、同じアホなら踊らな損々・・・」は有名。未見。

群上(ぐじょう)踊り

毎年、7月から9月にかけて岐阜県郡上市八幡町にある群上八幡宮で開催される伝統的な盆踊りである。1996年に国の重要無形民俗文化財に指定されており、日本三大盆踊りの1つ。

特に8月13日〜16日は、明け方まで夜通し踊り続ける「盂蘭盆会(徹夜踊り)」がある。 期間中に来訪する観光客は30万人に達する。

郡上節を演奏する囃子の一団が乗る屋形を中心に、自由に輪を作り周回しながら踊る。踊りには曲ごとに定型がある。装束は男女とも浴衣に下駄履きが標準的だが強制ではない。一般からの飛び入り参加に規制はない。

ここも入ったことが無い。2010・7・17
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック