2010年11月17日

◆カンニング首脳会談

渡部亮次郎

16日付の産経新聞によると「13日夕、僅か約22分間の菅首相と胡錦濤国家主席による日中首脳会談。首相は胡主席ではなく、手元のメモを見つめていた」。首脳会談にカンニングペーパーよろしくメモを持って臨んだ首相は、日本政治始まって以来の椿事であった。

要は中国側に伝えるべき科白が定まっていなかったか、暗記できなかったであり、前代未聞の展開に胡氏も仰天。菅氏が読んだメモの内容など記憶できなかったに違いない。

だとすれば、この首脳会談は無駄だった。有害だった。日本の評価を著しく下げるのに貢献しただけ。それでも菅氏は(日中関係を改善し「首相就任時の6月に戻すことができた」と胸を張ったというのだから「一昨日おいでだ」。

流石に民主党幹部からは「そろそろ首相を代えたほうがいい。メモを見ながら首脳会談をやっているようじゃ駄目だ」と言う声が漏れたと言う。

しかも首相は胡氏に対して、尖閣諸島が日本固有の領土だ」と主張したか否かについて関係者は明らかにしていない。主張しなかったから明らかにできなかったのだ。

菅氏は何ゆえ、首相の座にしがみついているのか。国民に目を向けているのか。

総理官邸の事務方までが言い放っているそうだ「早く退場した方がいい。鳩山さんの方がまだ良かった」。

「ルーピー(愚か者)と呼ばれた鳩山いかだとの評判が霞ヶ関(役人たち)で出ているそうだ。

朝日新聞社が13、14の両日実施した全国世論調査(電話)によると、菅直人内閣の支持率は27%で、前回調査(10月5、6日)の45%から急落した。

不支持率は52%(前回36%)。外交への取り組みや北方領土問題への対応を「評価しない」とする人がいずれも7割を超え、主に外交面での低い評価が支持率低下につながったようだ。

世論調査―質問と回答〈11月13、14日実施〉
菅内閣の支持率が3割を切るのは、6月の内閣発足後初めて。不支持率もこれまでで最も高くなったが、衆院の解散総選挙については「できるだけ早く実施すべきだ」31%を「急ぐ必要はない」60%が大きく上回っている。

内閣を支持しない人にその理由を四つの選択肢から選んでもらうと、64%が「実行力の面」を挙げた。菅首相は9月の内閣改造時に「『有言実行内閣』を目指す」と語ったが、そうは受け止められていない現状がうかがえる。

外交への取り組みについては「評価する」11%、「評価しない」77%で、北方領土問題への対応も「評価する」10%を「評価しない」73%が大きく上回った。

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり、衝突の場面を撮影したビデオを政府が一般公開していない判断を聞くと、「適切だ」が12%、「適切ではない」が79%。こうした外交面では、内閣支持層でも「評価しない」などとする見方が多数を占めた。

一方、事業仕分けによる行政のムダの削減について期待するか尋ねたところ、「期待する」が52%、「期待しない」が39%だった。

首相の仕事ぶりへの評価と、首相に今後どの程度期待するかについても聞いた。仕事ぶりでは「大いに」と「ある程度」を合わせた「評価する」が29%、「あまり」と「全く」を合わせた「評価しない」が69%。今後の期待では「大いに」と「ある程度」を合わせた「期待する」が41%、「あまり」と「全く」を合わせた「期待しない」が58%だった。

これについて元共同通信社常務理事の古澤襄氏は自らのブログ杜父魚文庫ブログの中で次のように見ている。

「朝日調査によって不評の菅内閣はとどめを刺されたといえる。

一度、国民の信を失った政権が国民の支持を劇的に回復するのは難しい。政権にしがみつけば、するほど国民の支持離れが加速される」。
2010・11・16

◆本稿は、11月17日(水)刊全国マガジン「頂門の一針」2098号に
掲載されました。他寄稿者の卓見もご高覧下さい。

<2098号 目次>
・カンニング首脳会談:渡部亮次郎
・「過ち」は1年前にあり:皿木喜久
・ロシア大統領国後訪問に無策の日本:櫻井よしこ
・ロシアは歯舞群島と色丹島の返還も凍結か:古澤 襄
・米国留学、日本は下位に転落:宮崎正弘
・話 の 福 袋
・反     響
・身 辺 雑 記

◆購読(無料)申し込み御希望の方は
下記のホームページで手続きして下さい。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。