2010年12月10日

◆マスコミへの諦観

渡部亮次郎

私は、マスコミの世界にいたこととは関係なく、マスコミというものを信用しない。「あれはあれで仕方のないものだ」と言う一種、諦めの目で見ている。だから嘘を言われても怒らない。嘘をつかないと立場が無かったろうとの想像が容易だからだ。

事件、事象に客観的に立ち向かうとしても、それを記者として表現するのに客観的という事は殆ど不可能だ。どうしても、どこかに記者自身の感情が入る。

大阪放送局(NHK)でニュース・デスクをしていた時、若い警察担当記者が「枚方市の郊外で野犬数匹が登校途中の小学生たちに噛み付いて怪我をさせた」と言う原稿を送ってきた。一応、ローカルニュースの時間に放送した後、この原稿、私が書けば東京で全国放送するよ、と次のように書き換えて,東京へ送った。

「日本で最も古い大阪・枚方市の団地で、転勤族の捨てて行った犬たちが野犬の群れとなって登校中の小学生の集団を襲い、数人に怪我をさせるという出来事がありました」。果たして全国ニュースになった。

「日本最古の団地」「転勤族」「野犬の群」「小学生の集団」これに食いつかないのは記者じゃない。しかし通り一遍のベタ記事をここまで膨らませるのは「腕」と知恵というより「犬」に対する憎しみの「感情」が先立っている。しかも犬にニュースに対する抗議は不可能だ。

事ほど左様にニュースにはどうしても記者の感情を全く排除する事は不可能だ、と思っている。

世論調査にしたところで設問の仕方で結果は大違い。内閣の支持率調査でも、その内閣に対して好意的に質問は可能だし、その逆も可能。だとすれば設問の内容を検討しないで、出てきた数字だけで判断したら間違うことになる。

まして数字の解説記事も、よほど注意しないと間違う。だから私ははじめから世論調査そのものを眉唾ものと決め付けている。もともと新聞は産経しか読まないし、テレビは殆ど見ない。

産経新聞のテレビ欄を見ると歌舞伎役者の喧嘩沙汰に五月蝿いくらい多くの時間が費やされて顰蹙を買っているようだが、テレビ会社は、視聴率さえとれれば、あとは野となれ山となれなのだから、視聴者のレベルにあわせた番組編成をしているだけだ。

それを「公共の電波を浪費して、くだらない番組を放送するな」とパソコンで叫んでみたところで、テレビは馬耳東風。馬の耳に念仏。わしゃ聞えません。テレビは視聴率が高ければ高いほど儲かる方式になっているから、大衆を教育はしない。精々楽しくさせるだけである。

我々大衆とは賢いものではない。テレビと言っても何処のテレビの何時に誰が言っていたかでは無しに「テレビがそう言っていた」と言いふらす。番組のくだらない部分だけが一人歩きして「世論」となったりする。ましてテレビがわが一定の憶測を秘めて大衆を誘導したら、大衆はひとたまりもなく騙されてしまうはずだ。

だから民放テレビが盛んに開局を始めたころ、辛口の社会評論家大宅壮一が、今日を予想して言った「テレビで一億総白痴化する」と。

実はテレビのレベルを大衆が超えれば、テレビは誰にも見られなくなる。皆に見てもらうためにはテレビはそのレベルを大衆に合わせて居なければならない、逆にいえばテレビは大衆そのものである。

民放は只だというが、スポンサーはその分を商品の原価に被せているのだから、大衆は受け取る商品をつうじて視聴料を払わされているに過ぎない。視聴者はテレビを見ている心算が、スポンサーにテレビを見させられているに過ぎない。

そんなこんなを考えると私はテレビを見ると白痴になるような気がして、見ることをしない。なるほど大宅が言ったようにテレビを見ると思索がいらなくなるから、白痴は大げさとしても利口にはならない。

新聞にしたところで事情は余り変わりが無い。「新聞は社会の木鐸」は既に死語である。自民党が殆ど2世3世議員ばかり。やるべきことを何でも先送りするばかりでくだらないからと、日教組教育で赤く染まった連中が民主党への政権移譲を煽った。

煽っているうちは読者は主導権を失ったかに見えたが、新聞としては読者に逆らっては売れないのだから煽っているようで実は読者に諂っていたに過ぎない。それが証拠に政権交代したら部数が格段に増えたという話を聞いていない。

新聞に煽られた、けしからんと言う人がいるが、新聞もまた読者に合わせた紙面を作っているのであって、新聞は読者に煽られていただけである。2010・12・09
◆本稿は、12月10日(金)刊の「頂門の一針」2119号に
掲載されました。著名寄稿者の寄稿もご拝読下さい。

◆<2119号 目次>
・マスコミへの諦観:渡部亮次郎
・台湾の連戦元副主席に孔子平和賞:宮崎正弘
・北朝鮮暴走、世界制覇を目論む中国:櫻井よしこ
・米民主党の対中姿勢の宥和部分とは:古森義久
・プロも読めない為替と株:平井修一
・話 の 福 袋
・反     響
・身 辺 雑 記

◆「頂門の一針」を購読(無料)申し込み御希望の方は
下記のホームページで手続きして下さい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック