2011年01月13日

◆改造は14日 仙谷焦点

渡部 亮次郎

<こうした中、菅首相は12日朝、岡田幹事長に対して内閣改造を14日に行うことを伝えた。最大の焦点は仙谷官房長官の処遇だが、首相側近の一人は「菅首相は代えたくないだろうが、代えざるをえないと思っているようだ」と話している。しかし、首相周辺には「続投させるべきだ」との意見も残っており、後任の調整も絡んで、まだ紆余(うよ)曲折も予想される。>
日本テレビ系(NNN) 1月12日(水)17時3分配信


内閣改造を控えた菅首相は注目の人物仙谷由人官房長官の留任もしくは副総理への横滑りを含む閣内残留を策して秘策を練ってきたが、産経系列の「夕刊フジ」は2011.01.12の紙面で、

<菅ついに「仙谷外し」決断へ 西岡が引導“居座り工作”頓挫>と報じ「悲観論」を伝えた。

<菅直人首相(64)が探っていた「影の宰相」こと仙谷由人官房長官(64)の留任が、ついに頓挫しそうだ。菅首相から留任を直訴された西岡武夫参院議長(74)が、「仙谷長官のままでは参院本会議開会を認めないこともある」と強く反発したためだ。

無任所の副総理として閣内に残すウルトラCも検討されているが「仙谷外し」の外堀は埋められつつある。

西岡議長は11日の会見で、「参議院の総意として、閣僚に対して辞任要求を伴った問責決議案が可決した以上は、閣僚は辞任すべきであると確信している」と述べ、仙谷氏の辞任を強硬に迫った。

これには伏線がある。西岡氏は10日夜、参院議長公邸で菅首相と会談。関係者によると、菅首相は遠回しな表現で仙谷氏が留任した場合の対応などを聞いたためだ。

菅首相はニヤニヤしながら議長公邸を後にしたが、「西岡氏から『参院は通常国会冒頭から全面ストップの可能性が高い』などと具体的な事態を聞き、かなりショックを受けていた」(首相周辺)という。「仙谷続投」に、事実上赤信号がともった瞬間だった。

菅首相と仙谷氏は、「仙谷氏が細かな政策を交通整理し、菅首相が重要政策を判断する。2人の役割分担はうまく機能していた」(政府関係者)という、切っても切れないほどの仲。それだけに、菅首相は何とか仙谷氏を官邸内に留めるよう模索してきた。

前原誠司外相(48)や蓮舫行政刷新担当相(43)、枝野幸男党幹事長代理(46)らが「問責に法的根拠は乏しい」などと、仙谷氏続投を求めていたことも追い風にしていた。

しかし、参院で多数を握る野党は「仙谷氏は『国務大臣』として問責決議を受けた。閣内に残るなら、参院での審議拒否は変わらない」(参院自民党幹部)と一歩も退かない構え。

菅首相が通常国会で協力を渇望する公明党も「明確な誠意ある対応がなければ、われわれは審議には応じられない」(山口那津男代表)とハードルを上げつつある。

それだけに、枝野氏らが進言する「残留のまま通常国会を正面突破」する案は、本会議開会の権限を持つ西岡氏が野党側と同一歩調を取る以上、難しくなったと判断したとみられる。

ただ、西岡氏は「首相はまだ決断していないと感じた」と話しており、仙谷氏をめぐる菅首相の迷走はまだまだ続きそうだ。>(夕刊フジ 2011.01.12)

一方党内でも。
<岡田克也幹事長は10日、訪問先の那覇空港で記者会見し、参院で問責決議された仙谷由人官房長官の処遇に関し、「参院の意思が示されたのは真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べ、17日に予定される内閣改造で仙谷氏の交代は避けられないとの見通しを示した。>(11日産経新聞)

「退任やむを得ず」 仙谷氏処遇で藤井氏民主党の藤井裕久元財務相は7日、TBSのテレビ番組収録で、内閣改造の焦点となっている仙谷由人官房長官の処遇に関し、通常国会での平成23年度予算案と関連法案の審議で野党の協力を得るため退任はやむを得ないとの認識を示した。

理由について「国民生活に直結した予算を放っておくわけにはいかない」と指摘。同時に「問責決議を受けたから辞めるというのは、本当はおかしい。民主党が野党のときにやったことは反省すべきだ」とも述べた。藤井氏は6日に仙谷氏と会談している。 (産経ニュース 2011.1.7 22:47)。2011・1・12 

◆本稿は、1月13日(木)刊「頂門の一針」2153号に
掲載されました。
◆<2153号 目次>
・改造は14日 仙谷焦点 :渡部亮次郎
・何!馬鹿も休み休み言え:西村眞悟
・離島防衛を主眼とした海兵隊の創設が必要:古澤 襄
・手分けして機密漏洩を釈明の旅:宮崎正弘
・やれるぞ!日本:MoMotarou
・地元志向は若者の苦渋の選択?:平井修一

・話 の 福 袋
・反     響
・身 辺 雑 記

◆購読(無料)申し込み御希望の方は
下記のホームページで手続きして下さい。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/azur/ryojiro/chomon.htm
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック