2011年03月22日

◆政治家の資格なき菅首相

渡部 亮次郎

自民党総裁に入閣を電話で呼びかけ、峻拒された菅首相。本気だったか、或いは得意でない策略か。いずれにしろ常軌を逸している。

読者からこんな投書があった。

<大連立だと:

菅直人がやることなすこと気に入らないのは今に始まったことではないが、今回の自民党谷垣総裁への入閣要請にはもう呆れるのを通り越して、その図々しさに尊敬でもしたくなってしまうところだった。

恥も外聞もないのは解らないでもないが、おそらく「この国家の重大な危機に内閣に協力しない姿勢は・・・」とでも言って自民党を陥れようとしたなと、誰しもが思うだろう。それが彼の不徳だ。彼自身もそれくらいは読んで、自民党を迷わせようとでも思ったのだろう。

呆れ果てた根性の悪さで、この進むも退くもならない事態にあって、全力で無い知恵を絞って事に当たるのではなく、野党を罠にはめる悪だくみを企図しているのだ。枝野長官をあの任務から外しもせず、自衛隊を冒涜した悪者を取り立ててしまう出鱈目さである。

この事態に際して、その対処をあの一派に任せねばならない国民の悲しさと残念さを少しは考えて、余計な手出しはせずに足蹴にした官僚の中にはいるだろう専門知識があるものの助けを借りて、官邸の中に黙って座っていれば良い。その方が事態は好転するだろう。君の任務は余計な振る舞いをしないことだと知れ。(M・M)>

長い自民党政権時代にだって政権維持が危くなって新自由クラブ(河野洋平代表)に救いを求めた時があった。大平正芳首相だった。元は自民党にいた面々。気安くお声は掛けられたはずだが、礼儀を重んじて水面下で声をかけた。「仁義」という奴である。

この下交渉でOKがでれば初めて事は表沙汰になり、セレモニーが行なわれる。

ところが今度の場合、水面下の交渉も使者もなかった。菅首相がいきなり谷垣総裁に電話を掛けて、入閣を要請。当然谷垣氏は峻拒。すると菅首相。まるで予想通りと言わんばかりに「そうですか」でチョン。まるで子供の使い如く、締りの無い一幕で終わった。

これでは、菅首相、本気だったとは思えない。上記「M・M」さんの推測が真相を突いているような気がする。大災害を利用し、自民党を陥れれば、菅氏を初め民主党の人気が高まると読んだのか。

しかし、世論は、そうはいかない。M・Mさんの如く逆に受け取る。そこまで世論を計算できないあたり、常軌を逸したというより先、政治家の資格ゼロといったほうが早いかもしれない。2011・3・20


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック