2011年04月11日

◆男の退き際

渡部亮次郎

神奈川県知事を引退した松沢成文氏が、石原都知事に恨み節を唱えているが、男の退き際として、絶対やってはいけないことである。

一見、正義は松沢氏にある。東京都知事選が近付いたある日、石原氏に呼ばれ、僕のあと(東京都知事)をやってくれと要請され、了承。次期神奈川県知事選には出馬しないと表明した。退路を断ったのだ。

ところが石原氏は、これを撤回、4選出馬を表明したので、既に退路を断っていた松沢氏は、ただの人になってしまった。

<松沢氏、東京都知事選の立候補を撤回

東京都知事選に立候補を表明している松沢成文・神奈川県知事(52)は3月14日、都庁で会見を開き、出馬を撤回すると発表した。

松沢氏は、引退の意向だった石原慎太郎都知事(78)の後継含みとされていたが、石原氏が4選出馬を決めたことで引いた形だ。

会見には、石原氏と上田清司・埼玉県知事(62)も同席。冒頭、上田氏は首都圏の知事同士の争いを避けるため、石原、松沢両氏の調整を進めたと説明。松沢氏は「苦渋の決断だが、受け入れることにした」と述べた。

その理由の一つに東日本大震災を挙げ、「地震がなければ戦っていた可能性が大。知事選があるからと言って県庁を抜け出すのは行政の長として許されない」と話した。

首都圏連合の強化や受動喫煙防止条例制定など、松沢氏の公約は石原氏が引き継ぐという。松沢氏は「石原知事から協力してほしいと言われた。一歩下がって全面的に協力する」と話した。神奈川県知事選に立候補することは「できないと思う」と否定した。

松沢氏は2月に石原氏に出馬を促されたといい、3月1日に正式表明した。石原氏は、いったんは不出馬の意向を決めたが、選挙の結果次第では、自身のこれまで進めた都政の路線が継承されない可能性があるなどとして4選出馬を決意。10日に松沢氏に伝えていた。

都知事選をめぐっては、前参院議員の小池晃氏(50)=共産党推薦=、外食チェーン大手ワタミ創業者の渡辺美樹氏(51)、発明家のドクター・中松氏(82)らが立候補を表明。前宮崎県知事の東国原英夫氏(53)も立候補の意向を固めている。>
(Asahi Com 2011年3月14日22時53分)

聞いているところによれば、石原氏は実際、引退するハラを固めていた。そこで予ねて気脈を通じていた松沢氏にあとを託そうと決意したらしい。

ところが調査会社による世論調査の結果、松沢氏は都民に知られていない上に人気がなく、選挙は前宮崎県知事の東国原英夫氏(53)が優勢の可能性が高いと出た。仕方なし、石原氏は「あえて4選出馬せざるを得ない」との結論に達し、10日にはこれを松沢氏に伝えていた。

<川崎市多摩区生田出身。中学から大学まで慶應義塾で学び、大学卒業後はすぐに松下政経塾に入塾。同期生に鈴木淳司・笹木竜三・前田正子らがいる。在籍中にアメリカ連邦議会の下院議員やメリーランド州の司法長官のスタッフとして活動。

1987年3月に松下政経塾を卒塾。直後、同年4月の神奈川県議会議員選挙に田川誠一が代表を務める進歩党推薦で立候補し、初当選。県政史上最年少議員として注目を集める。この選挙における学生ボランティアに手塚仁雄がいた。

1993年、衆議院議員総選挙に旧神奈川2区から立候補し、初当選。以後3期連続当選。新生党、新進党を経て民主党へ合流。議院運営委員会理事、外務委員会理事、災害対策特別委員会委員長、民主党選挙対策委員会事務局長、民主党次の内閣教育・科学技術ネクスト大臣等を歴任。

1999年、第1回民主党代表選挙に枝野幸男、上田清司、簗瀬進、前原誠司、田中甲、岩国哲人、奥田建ら当選回数が少ない国会議員の支援を得て、菅直人の対抗馬として立候補。得票数は菅の180票に対し51票に留まったものの、大方の予想を上回る票を獲得し善戦。

2003年4月、民主党を離党して無所属候補として神奈川県知事選挙に立候補し、盟友の中田宏横浜市長や石原慎太郎・東京都知事の応援を受け初当選。

2007年4月の神奈川県知事選挙では自民党県連推薦の杉野正候補や共産党推薦の鴨居洋子を破り再選。次点だった杉野の約3倍の得票を集める圧勝となった。

2010年12月、反日教育の疑いがあるとして留保していた朝鮮学校の無償化を解除して交付した。金額は6300万円。>ウィキペディア

ところが松沢氏は舞台裏をぶち負けて、石原氏への恨み節を展開した。メールだのブログだの便利なもので心情を吐露したようだ。
これでは、次の場面で松沢氏に借りを返そうと思っていた石原氏も臍を曲げ、援助しないだろう。

いきなり知事の座を失ってショックだったから、つい、愚痴が飛び出したのだろうが、こういう程度の寸法の人物では次の使い道も余り無いだろう。失敗したな、オイ。2011・4・10



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック