2011年05月13日

◆矩(のり)を越える参院議長

渡部 亮次郎

西岡武夫参議院議長は、民主党出身ながら、菅改造内閣に対しては参議院議長として是々非々の立場を採る。内閣総理大臣菅直人の外交政策について「作戦、展望を持っていない」と痛烈に批判するなど、閣僚らに対し苦言を呈することも多い。

その西岡議長が超党派野「有志」を糾合、政界に「グループ」を作ってしまった。増税反対で一致」という。最終的な目的はなになのか。数々の「騒動」を起こして今日に至った西岡氏。政界はまだ反応していない。

<西岡武夫参院議長は11日夜、超党派の有志議員による「デフレ脱却国民会議」のメンバー約10人と参院議長公邸で会合を開き、東日本大震災の復興財源確保を理由とした増税に反対することで一致した。

同会議は近くこうした提言をまとめ、菅直人首相に提出する。

会合には民主党の石田勝之衆院財務金融委員長、自民党の中川秀直元幹事長、公明党の遠山清彦国際局長、社民党の阿部知子政審会長、国民新党の亀井亜紀子政調会長らが参加。

出席者によると、西岡氏は同会議の主張に賛意を示すとともに、首相が中部電力に浜岡原発停止を要請したことについて「(首相の)思いつきだ」と批判した。>時事通信 5月12日(木)0時42分配信

西岡氏は長崎から1968(昭和38)年」11月衆院議員に初当選以来一時は田中角栄内閣を批判、河野洋平、田川誠一氏らと脱党、新自由クラブを結成。数年にして復党したものの、数々の「騒動」を繰り返し、落選の憂き目を見た。

それで参院議員として復活したが、自民党からは離脱。小沢一郎氏と付かず離れずの綱渡り。遂に参院議長のポストを握った。

しかし。

<通例では全会一致で決まる議長選挙では西岡は過半数の139票を獲得したものの、白票88票、江口克彦(みんなの党)が11票、尾辻秀久(自由民主党、副議長に就任)が1票と異例の投票結果で、参議院議長に就任した。

参議院議長として史上初めて記者会見の定例化に踏み切り、「一票の格差」是正等を目指し全党派の代表が参加する会議を新設するなど、参議院の改革に取り組む。

2010年9月の民主党代表選挙に関し、候補者の出馬表明前の8月23日に「菅直人首相が続投を表明すれば、対抗する候補者は相当の覚悟が必要だ。党を去ることも選択肢に入る」と発言し小沢一郎の立候補を牽制す
る。

中立性の求められる議長の職にありながら党派的スタンスを表明した理由として「日本の政治には、もう『余白』が無くなっているからだ」と述べた。ただし自らの投票権は棄権することもあわせて表明した。

衆議院側で国土交通大臣馬渕澄夫や内閣官房長官仙谷由人らに対する不信任決議案が否決された際には、「責任は官房長官のほうが重い」と指摘している。

さらに、尖閣諸島中国漁船衝突事件をめぐる仙谷の答弁について「法廷闘争的な答弁はしているが、政治的には通らない」と批判した。

これを受け、仙谷は「参議院の議長が言っているのだから、重く受け止めたい。別に反論はない」とコメントした。>(「ウィキペディア」)

立法府の最高位に在るものが、行政に介入する行為は三権分立の法または矩(のり)を越えるものである。2011・5・12


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック