2011年06月03日

◆稀代のペテン師が首相の日本

渡部 亮次郎

一夜明けたら鳩山変身、菅弱気で2日、民主党内の情勢は、それこそドンデン返しとなった。

あのまま行けば、菅への不信任決議案は可決、内閣総辞職か衆院解散かだったが、まず鳩山が党分裂を危惧し、ビビった。菅の許へ駆けつけ、再度、辞任を迫った。一定の目途がついたらという条件付だが。

前後して連立の亀井党首も駆けつけて、震災・原発対策の「目途」を条件に辞職を進言。

さすがの「ズルシャモン」の菅も、党の分裂に危機感を持ち、代議士会での発言となった。発言は辞任の時期を明らかにしない「言い逃れ」と聞えたが、鳩山氏が代議士会の席上質問の形で、辞任のじきについて「復興基本法の成立と第2次補正予算の編成の目途がついた段階」ととどめをさした形になった。

鳩山氏は具体的な時期についてNHKのインタビューに答え「夏ではおそすぎる」と語ったが、ずるずると居座られる危険性を否定できる人は居ない。何しろ「目途」をどう解釈するかは自分だと言うのだから、鳩山は騙された。

こうなれば、小沢氏も不信任案賛成を進めても展望の開ける情勢ではなくなった。「こうなリャ、自主投票」と言い残して本会議を欠席。恰好をつけた。

いわば党議に反して賛成票を投じた2人や小沢氏をはじめ本会議欠席者に対する処分など、民主党の党運営は引き続き難航しそうだ。いずれにしろ小沢氏に関する限り、今回は「壊し屋」になれなかった。菅が居座れば居座るほど、小沢氏の力は薄れて行くだろう。

」自民党、公明党は二の手として多数を占める参院での問責決議案の可決に進むだろうが、そんなもの、菅に対する拘束力は無いから、無意味だ。菅の出席する席での参院審議には応じないという態度に出ても、世論の反発を恐れて長続きさせられまい。

死人運動家上がりの菅。流石に咄嗟の判断はすばやい。「後継者は若手」とか「四国八十八箇所の礼状めぐり再開」などの言葉を小道具にして、遂に不信任案を葬った。稀代のペテン師。不信任案可決を信じていた「産経」は書いた。「究極 死んだふり続投」

<【首相辞意】

鳩山氏「首相はペテン師」「不信任案賛成すれば良かった」

鳩山由紀夫前首相は3日午前、菅直人首相が早期退陣を否定していることについて「きちっと約束したことは守るのはあたり前だ。それができなかったらペテン師だ」と述べ、激しく非難した。都内の自宅前で記者団に語った。

鳩山氏は2日昼の民主党代議士会直前に首相と面会した内容に関し「復興基本法案の成立と平成23年度第2次補正予算案の編成のめどがたったら(首相の座から)お引き取りいただくということに、首相は『結構だ』と言った」と強調した。

その上で「不信任案(採決の)直前には辞めると言い、否決されたら辞めないと言う。こんなペテン師まがいのことを首相がやってはいけない」と指摘。「人間としての基本にもとる行為をしようとしているのなら、即刻党の規則の中で首相に辞めていただくように導いていかなければならない」と述べ、両院議員総会を開いて首相に早期退陣を求める考えを
示した。

不信任案に賛成した松木謙公前農水政務官ら2人への除籍(除名)処分については「冗談じゃない」と語り、処分は不要との見解を示した。

自身の対応についても「不信任案が否決されたら突然言葉をひっくり返して『そんなことを言った覚えはない』という人間だとすれば、不信任案に賛成すべきだった」と述べた。一方で「首相が詐欺師まがいのことをやるとは思わない。今でも信じている」とも語った。>
(産経ニュース 2011.6.3 10:46)


<民主分裂回避へ動いた創業者「鳩菅」

内閣不信任決議案の採決を巡り、民主党分裂の危機回避に動いたのは党の創業者である「鳩菅」だった。

鳩山前首相は2日昼、首相官邸に菅首相をたずね、約30分間会談した。鳩山氏は「身を捨てていただきたい。職を辞していただきたい」と首相に決断を促した。

鳩山氏は東京電力福島第一原子力発電所事故への対応などで、首相への不満を強め、5月31日夜の首相公邸での会談で自発的な退陣を迫っていた。だが、首相に拒否されたことで、1日には不信任案への賛成を表明するにいたった。

だが、不信任案への同調は党分裂につながる。結党以来、鳩山氏は首相と二人三脚で党勢拡大に努め、2009年には悲願の政権交代を実現させた。

不信任案への賛成を一度は決意した鳩山氏だったが、一夜明けて党の崩壊を恐れる気持ちが強まったようだ。

1年前のこの日、鳩山氏が党両院議員総会で、首相辞任を表明した。

「私と鳩山さんだと、民主党の古い話になってしまう。(2日の会談は)半分くらいは思い出話だった」

首相は、2日の代議士会のあいさつをこう締めくくり深く頭を下げた。

>読売新聞 6月2日(木)11時46分配信

辞意を表明したペテン師とオバマは日米首脳会談に応じるだろうか。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック