2011年07月18日

◆北国に復興の息吹なし

渡部 亮次郎

機会を得て、7月16日、岩手県の陸前高田市と大船渡市の被災地を視察した。言葉を失い、茫然自失が真相だった。特に陸前高田は、巨人一撫でされたように街がすべて消滅したいた。

歌手千昌夫のホテルのように鉄筋コンクリートの建物は、外側は残っていても中がすべて荒れて、もはや使い物にならない。

大船渡も大同小異。街の海岸沿いは死の街。道路は開通しているが、街の在った道の両側は瓦礫と壊れた車の山である。復旧は全く不可能、復興を口に出しては見るが、完成したイメージが全く涌いてこない。

両市に共通なのは復興への動きが全く見えてこないことである。行政の詳しい事は知らないが、菅首相がいくら口で色々言っても、「政府が何か手をくだした」という証拠は何処にも発見できなかった。

仮設住宅を建てようにも、陸前高田市には小高い丘は存在しない。次の津波がやってきても両市は復興してないかもしれない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック