2012年02月01日

◆国会審議のシナリオ

渡部 亮次郎


国会論議を律しているのは憲法、国会法、衆参両院の規則だと思っている人が多い。六法全書に載っている。だが、実際に律しているのは、これらに基づく衆参両院の「先例集」なのである。これは市販されていないから、野田総理の答弁は質問をあらかじめカンニングしたようで緊迫感が薄い、などという頓珍漢な批判がでてきたりする。

予算初め各委員会はいざ知らず、本会議において、総理大臣の施政方針演説に対する各党の代表質問の内容は、予め各党から通告するというのが「先例」になっている。

これは総理演説が多岐に亘っている以上、各党の代表質問も当然多岐に亘る。だが正確な答弁を期するためには「準備」するのが政府の責任でもあるわけだ。

そのため政府側は質問に立つ議員もとに通って「質問要旨」を獲得し、各省担当者に質問要旨を送り、徹夜で「答弁」を用意、公邸の首相に届けさせる。

余談だが、折角役所にはいったのに、やらされる仕事は、野党議員のところに通う「質問とり」じゃないか、馬鹿ばかしいと辞職、奮起して弁護士になった人がいる。

役人が徹夜で作った答弁メモを総理が棒読みするから緊張感がまるでなくなり、質疑通告を予めするのは止めろ、といった批判がでることになる。しかし、国会はTVの視聴者を楽しませるためにやっているのではないから腑抜けの答弁はつづく。

まして質疑通告をやめる、先例をやめるのは殆ど不可能である。そんなことをしたら国会は大混乱におちいるであろう。

そこへ行くと各委員会(常任、特別ともに)委員会は事前の質疑通告は不要ということになっているから、傍聴者としては委員会審議のほうが、緊張感があって面白い。

特に国政全般に亘って行なう予算委員会の質疑こそは緊張感があって面白い。何を聞かれるか全く予想の付かない立場の担当閣僚とすれば、当に震える思いをさせられるのである。

思い出せば吉田内閣のころの「バカ野郎解散」も予算に員会で吉田総理が答弁して自席にすわりながら「バカヤロ」と呟いたのをマイクがひろったからおきた「事件」だった。

本会議に於ける各党代表質問は一方通行。再質問はよほどのことでない限りおこなわれない。だから代表質問は見ていて実に退屈なものなのだ。予算いいんかいがお奨めですね。                2012・1・31

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック