2006年10月14日

◆“ラレーのエロ親爺”


                   岩本宏紀(在仏)

自らを“ラレーのエロ親爺”と呼ぶ69歳の男性がいる。川上耀一さんだ。巴里の北、60キロメートルの田園地帯にあるシャトーホテルとゴルフ場の経営を任され、10年前に支配人として単身赴任。酒が好き、はなしが好き、もちろんおんなも大好きだ。

シャトーの敷地にある石造りの建物に住み、週末はプレーを終えた友達を自分のサロン(応接間)によび、暖炉を囲んで酒を飲みながら談笑し、ときには深夜まで歌いまくるという生活を楽しんでいる。

横浜育ちのこの支配人は血の気が多い。初めてラレーに来た日本人グループ、二組が、18ホールを終え昼食を食べたあと、予約せずに再び1番ホールからスタートした。二組目がスタートするとき、予約していたフランス人がやって来て抗議を始めた。そこに支配人が通りかかった。事情を理解した彼は日本人グループに丁重にお願いした。

“こちらのグループは予約されています。おそれ入りますが先にスタートさせてあげていただけませんか。先にスタートされた仲間のかたも、一度ここに戻ってほしいのですが。” 

すると日本人グループ曰く、
“おまえが呼んで来い!”。 これには支配人も頭にきた。
“おまえとはなんだ!そもそもあんたたち、18ホール分の料金しか払ってねえだろう。それでいて予約している、しかもここの会員の前に割り込むとはどういうつもりだ!”。

おとなげないことをしたと、支配人は反省していたが、ゴルフ場の会員の前できちんと筋を通したという意味で、結果的にはよかったとぼくは思う。そんな支配人から、日本人の皆様に是非伝えて欲しいと頼まれたことがある。

それは、一般にフランスでは謝ったら負けだと言われているが、それは違うのではないか、本当に自分が悪かったら素直に“ごめんなさい”というべきで、そうすれば相手がフランス人でも気持ちは通ずるはずだ、ということ。

特に交通事故の場合、絶対に謝るな、見舞いにも行くな、さもないと責任を認めたことになり、あとで損害賠償を請求されると言われている。

実際、ぼくの娘がクルマにはねられたときにも、加害者は一度も見舞いに来なかったし、果物の詰め合わせも花束も送られて来なかった。社員が交通事故に遭って入院したときもそうだった。すべて保険会社同士が交渉するので、加害者を見るのは事故のときだけだ。

支配人はこんな体験話をした。
追い越してきたクルマが急に自分のほうに寄ったので、慌ててハンドルを切ったら、道路脇に停めてあったクルマのドアミラーにあたってしまった。引き返すと、なかに運転手がいた。

“申し訳ありません、ドアミラーを壊してしまって”と言うと、
“鏡が一枚割れただけです。安いものだから自分で直しますよ,保険の手続きも面倒だし。”と、快くゆるしてくれたそうだ。

フランス人社員は自分が悪いとわかっていても、まず謝らない。社内で“ごめんなさい”という言葉を聞くのは、一年に一度あるかないかだ。それはそれとして、ぼくはまだ日本人の習性をまだ失っていない。自分がへまをしたときには、それを認めている。(了)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック