2006年10月22日

◆ふるさと会での腹立ち


       渡部亮次郎

ふるさと会での腹立ちが未だに収まらない。2006年10月21日午後2時から東京・市谷のアルカディア市谷で「第20回ふるさと飯田川会」が開かれ、40人が集まった。

この会は秋田県南秋田郡飯田川町から出てきて首都圏に暮している男女が年に1度、地元の酒「太平山」を酌み交わして無事を確かめ合おうと言うもので、20年前、私が言い出して始まった。

町当局から若干の補助はあるが、基本的には会費1人、1万円で運営している。だから無断欠席されると幹事たちの懐が痛むことになる。会館には3日前に確実な参加者を確認され、欠席者があったとしても減額されないことになっているからだ。

発足以来、1度も来たこともない女性が初めて出席通知があったというので期待していたが、乾杯の発声に立った男性が冒頭、おかしなことをいいだしたので首をかしげた。

「私の義姉が急に仕事が出来て、欠席となりました」。其処ままでは良かった。「つきましては会費を私から出させていただきますので、悪しからずお許しくださるよう、お願いいたします」と言うのかと思ったら、飛んでもないことで言葉を次いだ。

「つきましては、義姉が主宰しているミュージカルのパンフレットをお手許に配らせていただきました。当日受付で義姉の名前を出していただければ、割引いたしますので・・・乾杯」。私は乾杯を拒否した。

これは乾杯の発声ではない。また、機会を借りての謝罪でもない。来賓という地位を利用した宣伝でしかない。ふるさと会を馬鹿にし、軽蔑している。小さいことながら、私はこういう無神経を許すことは絶対できない。「」おかしいじゃないか」と、つい叫んでしまった。


町の後輩にこんな馬鹿が居るのか。みんなにお菓子のひとつでも配った上でならともかく、失態を謝罪せず、宣伝だけしてゆく、何という恥ずかしい行為だろうか。

聞けば私が小学校6年の時、私を教壇前に引きずり出し、ビンタを食らわそうとして、私に避けられた女性教師の息子さんだと言う。あの時は、朝礼なのに、先生は教室に残り、だるまストーブの上でスルメを焼いた。児童たちが戻ってみたら、臭くてたまらなかった。

そのことを全校児童会の席で暴露したのだから、ついカットなって殴ろうとしたのだろう。しかし、私も私だが、恥ずべきは先生であろう。いかに悪阻(つわり)のせいにしろ、朝礼を欠席し、教室で独りスルメを焼いてはいけない。

考えてみれば件の男性はあの悪阻のときの子供だ。母親としての先生は子供たる男性に散々私の悪口を聞かせて死んでいったらしいが、
家庭を持って、悪阻の時の女性のとんでもない行動を知るにつけて悪いことをしたもんだなぁと悔やんではいる。

男性は長じて秋田高校を経て東京の私立大学を卒業。タクシー会社に婿入りして社長。このほど合併してできた市の商工会の副会長だ。
合併に先立って町の時代、町長に立候補したこともあるが見事に落選した。

経歴は立派なのに、どうしてだったのかと考えていたが、今回、解答を発見した思いだった。人生、他人を学ぶ以外に薬はないなぁ。
2006・10・21
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック