2012年05月25日

◆古希の小沢がすがる「蜘蛛の糸」

杉浦 正章


「老い木は曲がらぬ」というが、24日に70歳の古希を迎えた民主党元代表・小沢一郎は近ごろますます強情になってきたようだ。チルドレンを前に首相・野田佳彦との会談について「議論は平行線になる」と、消費税反対の立場が変わらないことを強調した。「今後、お互い力を合わせて行動しなくてはならないことが起き得る」とも述べ、“決裂”の事態への結束を求めだ。

会談前から、得意の“脅し”に出ているのだ。これでは、野田もさじを投げて「小沢切り」となっても仕方がないところだが、なお「腹を割って、大局観に立って、理解をいただくような会談にしたい」と一縷(る)の望みを託している。しかし「年寄りの強情と昼過ぎの雨はたやすく止まらぬ」の例え通り、説得するのは容易ではあるまい。


古希という言葉は、唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)に「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」とあることに由来している。「酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもついてくる。だが、七十年生きる人は古くから稀である」というのだ。今は長寿化社会で70歳などざらだが、昔は稀だった。だから60歳は赤いちゃんちゃんこ、70歳は紫のちゃんちゃんこで祝ったものだ。

したがって古希を越えれば周りは若い者ばかりだから、自ずと考え方も、行動も老熟してくる。孔子は「吾十有五にして学に志し、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順(したが)い、七十にして心の欲する所に従いて矩(のり)を踰(こ)えず(従心)」と説いている。70歳になったらのりを越えてはならないという。
 

ところが小沢は、のりを越えないどころか越えっぱなしだ。加えて自らの「業(ごう)」に沈んでいるように見える。その「業」とは自分が繰り返してきた「力による政治」だ。多数を背景にして力で押し切ってきた政治家人生だった。

この政局でもその方式を踏襲しようとしているが、今度ばかりは難しい。というのも消費増税法案成立は、解散・総選挙に直結せざるを得ない側面があり、そうなれば小沢チルドレンが政界に再び顔を出す確率は10%だ。

小沢の「業」は、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」でカンダタが釈迦の垂らした蜘蛛の糸にすがろうとする“哀れさ”までも感じさせる。小沢は自ら推進してきた消費増税の信条を臆面もなく撤回して、既に誰の目にも破たんが明確になった「マニフェスト」という「蜘蛛の糸」にすがろうとしてるのだ。

チルドレンもこの細い糸に我がちにすがりつく。しかし重さに耐えきれず、糸が切れることを知らない。まさに小沢は孔子の言うのりを越えているのだ。

「寿(いのちなが)ければ則ち辱(はじ)多し」と述べているのは荘子だ。長生きすれば恥を受けることが多いというのだ。1審裁判では無罪となったが、この無罪判決自体が、小沢の「辱」を物語る。

事務所では「紙は裏白の紙を使え」と指示するほど細かい小沢が、4億円が動いた収支報告書を「見たこともない」と証言する。判決は「およそ信用出来ない」と断定しているのだ。各種世論調査でも小沢が説明責任を果たしていないとする反応は8割に達する。
 

「年寄りの居る家は落ち度がない」というが、民主党にしてみれば、“年寄り”が「落ち度」を一人でばらまいているようなものであろう。まるで「70の3つ子」のように駄々をこねまくっている。


小沢と誕生日が同じで、昨年は合同誕生会を開いた党最高顧問・渡部恒三は24日で80歳。同日急性十二指腸潰瘍で入院したが、かつて「小沢君は足るを知らない。少しは党の迷惑も考えるべきだ」と述べていた。

たしかに民主党にしてみれば「年寄りと仏壇は置き場所がない」というていたらくである。25日の朝日川柳に「一兵卒にお話ししたいと師団長」とあったが、古希の一兵卒・小沢は、55歳の誕生日を迎えた師団長・野田との会談を前に早くも“決裂”とばかりに勇み立っている。

「もう少し枯れよ」と小沢に言っても無駄か。それではもっと強く「年寄りと釘の頭は引っ込むがよし」となる。

<今朝のニュース解説から抜粋>  (政治評論家)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック