2012年07月01日

◆造反に「厳正対処」と野田首相

渡部 亮次郎


輿石が民主党の分裂に恐れおののいているのは、分裂すれば民主党は参議院で第1勢力から脱落する結果、己の「参議院議長」の夢が絶たれるからであることが暴露された。

その夢を絶たれないよう、小沢と2日も会談する予定らしいが、すでに小沢自身、知恵の無いことを暴露しているから会談を何度やっても問題は先に進まない。

それを見てとったかのように野田首相は30日、小沢ら造反者の処分に敢えて触れ2日には厳正処分の方針を明らかにすると表明した。これで輿石も道を断たれ、小沢は離党せざるを得なくなった。

<野田佳彦首相は30日昼、都内で開かれた読売国際経済懇話会で講演し、消費増税関連法案の衆院採決で造反した民主党議員の処分に関し、「党のルールにのっとって厳正に対処するのが基本的な方針だ。来週早々にも役員会を開き、私も出席するつもりだ。そこで方向性を出す」と述べ、7月2日の役員会で処分案を示す考えを表明した。

民主、自民、公明3党による修正合意を見直す可能性について、首相は「あり得ない。できるはずもない」と明確に否定。

民主党の輿石東幹事長が小沢一郎元代表との会談で見直しに言及したとの一部報道に関しては「(3党合意を)修正するかのような話は(輿石氏からは)全くしていない。処分の軽い、重いの取り引きもしていない」と説明した。

首相は、消費増税に反対する小沢氏らを念頭に「先送りをすればするほど将来世代に負担を残す」と強調。「(小沢グループの)『増税の前にやるべきことがある』との言葉は響きのいい言葉だが、そう言い続けて今まで来たのではないか」とも語った>。【時事通信】 2012/06/30-13:58〔情報収録 − 坂元 誠〕

しかし、離党、新党結成でも小沢に展望は無い。「連合」の支持を失った後を「無党派層」の支持に期待をかけているようだが、各種世論調査では小沢支持は10%台にすぎない。その政治力に国民は一致して疑問を持ち出している。それなのにそれに気づこうともしないその無神経さにあきれているのだ。

「消費税を上げる前になすべきことがある」と言うのが野田首相への反対理由だが、自身、鳩山政権の幹事長時代「政府の無駄を絞れば16・8兆円ぐらいすぐ出てくる」といいながら出せなかったではないか。
                        (文中敬称略)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック