2007年02月16日

◆諸国日本食事情

                   渡部亮次郎

昔は、アメリカのニューヨークへ行くにもヨーロッパ各国へ飛ぶにもア
ラスカのアンカレッジで給油した。客はロビーで足をようやく伸ばして、
うどんをすすったり、カレーライスをかっ込んだりした。特に帰りのア
ンカレッジでは、なぜか私はカレーを食べずにはいられなかった。

アメリカでカレーを食することは、今でも殆ど不可能だからである。ニ
ューヨークでカレーを作ったらアパートの理事会の査問にかけられ、追
い出されたという友人の実例があるくらい、アメリカの人たちはカレー
の匂いが嫌いだ。

それがヨーロッパに渡り、ベルギーの首都ブリュッセルで昼になると、
街中にカレーの匂いが立ち込める。あ、カレーライスが食べたいな、と
なるのだが、既にお気づきのようにあれはコーヒーの香りなのである。
ブリュッセルのコーヒーだけがなぜカレーの匂いに似るのかは尋ねる人
も機会もないままだ。

イギリスの食事はあまり美味くない、と言ったら、イギリス生活の長か
った人も同感だと言って、あそこじゃ朝食を3度食べたらいいのにと冗
談みたいに教えられた。

なるほど、空港近くのホテルで食べた午前6時ごろの朝食には魚の塩漬
けが付いて来て、一瞬、コメのメシが欲しいなと思ったものだ。

しかし、今はともかく昔のロンドンでご飯を所望しても、どこにもなか
った。1980年ごろのことである。当時、ロンドン市内では、かの大屋政
子さん(故人)の経営になる寿司店が1軒だけあったが、試してみた穴
子は硬すぎて、シャリがどうだったかの記憶が無い。多分、まずかった
のだろう。

余談だが、政子さんは時折、拙宅を訪問してくれるのはいいのだが、い
つも午前2時ごろで、それも予告なしなので、驚かされた。帝人の経営
者の夫人。亡くなった父上は九州・天草出身の政治家だったとか。とに
かくケタはずれの怪女だったが、ロンドンの鮨はいただけなかった。

食い物の恨みは怖いというが、実感したことがある。


サウジアラビアでは、外交団は首都ジッダには駐在できず、リヤドに公
館を構えている。ある年の1月にリヤドを訪れたところ、日本の大使閣
下から昼食を賜ったのはいいが、参事官以上は鮨を、それ以下はそばを
食べろとの指示。

こちらは何もどちらを食べなきゃ死ぬわけでもないから、どっちも食わ
なかった。食事で人を差別するとは、この大使、馬鹿じゃなかろうかと
思ったら、後で大臣曰く「ああいうのを、理路整然たる非常識というん
だぜ」。その場に招いたもの全員が少しずつ同じものを食べるようにし
たらいいものを。

ところが2,3年してブラジルを訪れたら、大使はサウジアラビアから
転じてきたあの閣下だった。「明日は、ぜひブラジル産のうな丼を提供
します」という。

日本を出て2週間も過ぎていたので、やや期待した。聞けば、愛知県の
建設会社がブラジルで鰻の養殖を手がけたところ、日本移民の多い国柄
もあって、成功した。明日はその鰻でぜひ、うな丼をというわけだ。

だが、がっかりだった。鰻は泥くさいし、なんともメシが生煮えだから、
食えたもんじゃなかったのだ。期待した分だけ、大いに失望したが、大
使閣下は知ってか知らずか、美味そうに食っていた。よくよく、この大
使閣下とはメシの縁が無いのだな、と思った。

「ブラジリアはきみ、人工の都市で歴史も浅いから売春婦もまだ住み着
いてないよ。まだ半人前の都市だよ」というから散歩に出たが、ホテル
を出た途端にお姐さんから声がかかった。

大使は普段、車でばかり移動するから街の実態を知らないのだ。これじゃ
日本人社会のことも知らないのは当然、と納得したのだった。

一概に全世界で日本食が普及したとはいうが、メシの炊き方までは徹底
していないように思う。例えば、ニューヨークの元大学教授は大の日本
食ファンである。自分で魚市場で材料を仕入れ、スシ・パーティーを開
くという。

よせばいいのに在住の友人まで誘って駆けつけたが、シャリが生煮えだっ
た。それでも教授はご満悦だった。「メシの煮えたをご存知ない」。

ちなみに最近ロンドン寿司事情を検索してみたら以下が出ていた。

<ゆりかりダイアリー 食べ物の話

ロンドンのすし屋☆ ? 食べ物の話 / 2006-12-07 18:07:57.
. http://blog.goo.ne.jp/juri-cari/c/c7bfd72e351ecedb9d96ba...

ロンドンっ子 はどんな名前 のお寿司屋 さんに通うのかとっても気にな
りますねぇ。


で、さっそくロンドンのお寿司屋を検索するわけです。すると出てくる
のが、

Samurai Sushi
Kintaro Sushi
IchiRiki SushiHouse

まぁ、わかりやすい ですね
サムライに金太郎、「一力」はオーナーさんの名前かな

さらに見てると
Sumosan Sushi
kulukulu Sushi

クルクル は間違いなく回転寿司。回転寿司も世界進出 しているとは、
本当に驚き です

さらにSatori Sushi。 どうですか? 寿司屋「悟り」
日本にあったら、私は絶対入りませんね。

しかし、個人的にはロンドンの寿司屋 さんのベスト は

YO!SUSHI なんだかHIP HOP なネーミングが気になりこ
このメニューを見てみましたが、これがとても、スゴイ

カリフォルニアロール だけでなく「ニギリ 」や「グンカン 」、「フト
マキ 」さらには「チラシ 」。他にも「ヤキトリ 」、「ラーメン 」、
「テリヤキ 」そして極めつけは「アゲダシ ドーフ 」。スゴイ とし
か言いようがありません 。

まぁ「イナリ」が、油揚げを上に乗っけて握る寿司 になってたのは、
ご愛嬌 ですが。ロンドンでここまで日本料理 が出されているなんてまっ
たく知りませんでした。 いやいや・・・感服 でございますね 。

ちなみに件のスシバー ITSU さんは、テイクアウト に加えて最近
デリバリー も始めたりイギリス全土でチェーン展開 をバリバリやって
いるお店だそうな。> 2007.02.12



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック