2007年02月22日

◆納豆で総白痴化防止

 <当メルマガの不具合のため、「頂門の一針」716号(2月20日)に掲載された同主宰の渡部亮次郎氏と石岡荘十氏の原稿の転載が遅れました。お詫びします>

                     
                      渡部亮次郎

<発掘!あるある大事典(はっくつ!あるあるだいじてん、通称:あるあ
る)は、関西テレビ東京支社が制作し、FNS(フジテレビ系列)で1996年10月27日から2007年1月14日まで日曜日の21:00〜21:54(JST)に放送されていた生活情報バラエティ番組である。

2007年1月7日の納豆を取り上げた第140回『食べてヤセる!!!食材Xの新事実』において、実際には血液検査を行っていないにもかかわらず虚偽のデータを放映したと、2007年1月20日に制作の関西テレビが発表し、千草宗一郎社長らが謝罪した。

1月7日の放送直後に納豆の売り上げが急増し、小売店では納豆が品切れ
となる状況が続いていた。捏造報道を受けて、一部の納豆メーカーは、
逆に納豆の売り上げが低下するのではないかと悪影響を懸念した。

茨城県ではスーパーから大量に発注された納豆が突然キャンセルされ、
廃棄処分がでかねない状況となった。

また、捏造問題の広がりを受けて、過去の放送内容を書籍化したもの
(扶桑社から出版、全6巻)の出荷が取りやめられ、多くの書店で店頭からも撤去されている。>出典: フリー百科事典『ウィキペディア
(Wikipedia)』

この事実を知ると、1936年生まれの私は、「テレビは国民全部(1億)を
白痴にする」と喝破した評論家大宅壮一(故人)の予言が見事に的中したと納得せざるを得ない。

1億総白痴化(いちおくそうはくちか)とは、社会評論家の大宅壮一が
生み出した流行語である。「テレビというメディアは非常に低俗な物で
あり、テレビばかり見ていると、人間の想像力や思考力を低下させてし
まう」という意味合いが強い。

元々は、1957年2月2日号の「週刊東京」における、以下の詞が広まった
物である。

「テレビに至っては、紙芝居同様、否、紙芝居以下の白痴番組が毎日ず
らりと列んでいる。ラジオ、テレビという最も進歩したマスコミ機関に
よって、『一億総白痴化』運動が展開されていると言って好い。」

朝日放送の広報誌『放送朝日』は、1957年8月号で「テレビジョン・エイジの開幕に当たってテレビに望む」という特集を企画し、識者の談話を集めた。ここでも、作家の松本清張が、「かくて将来、日本人一億が総白痴となりかねない。」と述べているようである。

このように、当時の識者たちは、テレビを低俗な物だと批判しているが、その背景には、書物を中心とした教養主義的な世界観が厳然としてあったと考えられる。

書物を読む行為は、自ら能動的に活字を拾い上げてその内容を理解する
行為であり、その為には文字が読めなければならないし、内容を理解す
る為に自分の頭の中で、様々な想像や思考を凝らさねばならない。

これに対して、テレビは、単にぼんやりと受動的に映し出される映像を
眺めて、流れて来る音声を聞くだけである点から、人間の想像力や思考
力を低下させる、といった事を指摘しているようである。出典: フリー
百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本来の納豆の作り方は、蒸した大豆を藁で包み、40度程度に保温し約1日ほど置いておくというもの。藁に付着している納豆菌の作用によって醗酵が起こり、納豆ができあがる。

近年は良質の藁を確保することが困難なこともあり、発泡スチロール容
器や紙パックに個包装されて販売されるものが多数を占めている。この
場合、蒸した大豆に純粋培養した納豆菌を混ぜ合わせ、容器に分けた状
態で発送期間中に醗酵させるという方法が取られている。

納豆の糸の成分(粘り気)は納豆菌でできている。しかし、私の両親は
納豆作りが下手で、戦争(大東亜戦争)中は碌な納豆を食べた事は無かっ
た。当時はスーパーなどは無く、一般の小売店で納豆は売られてなかっ
た。

納豆は現在、ヒマラヤ、中国雲南省から日本までの照葉樹林地帯にみら
れる食品であるが、日本における伝来経路は不明である。

日本では関東地方以北と南九州で好まれている。特有の匂いのためか、
その他の地方(特に関西・四国地方)ではあまり消費されなかったが、
製法や菌の改良などで臭いを少なくしたり、含まれる成分の内「ナット
ウキナーゼ」の健康増進効果がテレビなどのメディアで伝えられるよう
になった。

その結果、1990年代後半にはほぼ日本中で消費されるようになった。ま
た、ビタミンKも豊富で、大豆由来のタンパク質も豊富であり、現在でも重要なタンパク質源となっている。総務省統計局の全国物価統計調査の調査品目に採用されているほどである。

また、外国人にとって、日本食の中の苦手とする代表的な食べ物の1つ
であり、納豆菌が炭疽菌の仲間であることから「不用意に食べると感染
症に掛かる」という大きな誤解をしていた外国人もいた。

私の友人のアメリカ人は刺身、うどん、蕎麦、塩辛も食べるが納豆だけ
は食べられない。「匂いがネ・・・」。

ただし、納豆の凄さを知れば、1億総白痴化番組がなんと言おうと世界
中に納豆は食べられるようになるかもしれない。それは「スシ」の世界
流行を上回るかも知れない。

1992年、全国納豆工業協同組合連合会が改めて「納豆の日」7月10日を制定した。しかし納豆はもともと冬のもので季語ともなっていた。「納豆時」は冬である。7月10日を納豆の日とする根拠はない。

ところで「週刊ポスト」2007年2月23日号によると米国アルバート・アインシュタイン医科大学の新谷弘実教授は「人間本来の寿命は120歳であり、男性なら75歳まで朝勃ちするはずだ」といい、そのための食品の1つに納豆を挙げている。だからと言って納豆を食べれば勃つとは限らない。

以下新谷教授の納豆推奨論を紹介する。

<納豆には、肉類より豊富なタンパク質や大豆イソフラボンが含まれて
イル。イソフラボンは対内で女性ホルモンに当る働きをし、乳癌、大腸
癌、前立腺癌の予防に役立つ。

またナットウキナーゼやサポニン、レシチンといった血液をさらさらに
する物質も含まれている。特にレシチンにはコレステロールを減らし、
中性脂肪の分解、肝機能の改善、ストレスや疲労の回復にも役立つ。

食物繊維も多量に含まれているので、便秘、宿便などを改善し、良い排
便によって、身体の老廃物を除くことができる。

生命の維持・活動に欠かすことのできないエンザイム(酵素)の量と活性度が健康状態に大きく影響する。つまりエンザイムを消耗すると若さは失われ、病気にもなる。

納豆はそのエンザイムを取り入れる発酵食品として、実にエライ>

但し心臓手術をしてワルファリンを服用している者は、納豆の摂取は避
けた方が良い。また尿酸を多く含むため、血中の尿酸値が高い人は痛風
予防のために避けた方が無難であると医者は言っている。納豆を食べて
はいけない人は日本の政界にもいるようだ。2007.02.18


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック