2013年05月17日

◆人格を疑う橋下発言

川原 俊明(弁護士)


「戦時中の慰安婦容認。」「沖縄駐留米軍に風俗店活用を。」、これらの言葉が大阪市長たるものの口から出た発言かと耳を疑いました。まさしく日本の恥です。

いやしくも政治家たるもの、国民あるいは住民を代表する責任ある言動をとるべきです。政治家に愛想が尽きました。

21世紀になり文明もますます進化してきました。日本も男女共同参画社会を唱えるくらい成熟社会に入ってきました。

男性も女性も平等でなければなりません。男女が互いを尊重し合い補い合う社会を実現しなければなりません。これも教育によって、次の世代につなげていく必要があります。

ところが教育の重要性を説き、教育委員会すら切り捨てようとする橋下大阪市長が、女性の人格を無視した言動を平気で公言するのは、人格的にかなりの低レベルだと評価せざるを得ません。橋下発言は、国民や住民に対する背信行為です。

少なくとも次の選挙では、圧倒的多数の女性は橋下市長を支持しないでしょう。常識的な男性もまったく支持しません。

また橋下発言を擁護する石原前都知事、ならびに松井大阪府知事は人間失格です。彼らが率いる政党は、賞味期限切れどころか政治の世界から退場処分が必要です。一日も早く。

私は、大阪府民として、こんな首長しか選択できなかった大阪市民や大阪府民に改めて言いたい。選挙は人気投票ではないのだ、ということを。

橋下発言によって、またしても世界が日本を異様な国として評価されてしまいます。同盟国アメリカからも早速非難が来ています。非難を受けるのは当然です。

今回の橋下発言は、日本人そのものの評価を下げてしまいます。実にばかげた発言です。
結局、損失を被るのは日本国民なのです。

(弁護士法人 川原総合法律事務所   
ホームページ http://www.e-bengo.com )
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック