2013年06月27日

◆問責可決の背後に「小沢・輿石」ライン

杉浦 正章



民主執行部は土壇場で大誤算
 

「小沢にやられた」自民党幹部がこう漏らしている。国会終幕の土壇場で首相問責決議の可決をめぐって「小沢・輿石」ラインが浮上したというのである。一見複雑に見える首相・安倍晋三に対する問責決議可決の裏はこれですべてが読み解ける。


安倍はまさに「無実の罪」で、参院から存在を否定されたことになるが、記者会見で「ねじれが原因」と訴えた。その訴えが参院選を控えた有権者にどう響くかと言えば、ほぼ確実に民主党にマイナスに作用する。失政を繰り返して野に降りた民主党は、国会でも大きな誤判断をして、その能力の無さを改めてさらけだした。
 

問責決議という重大案件を弱小政党の極みである、生活、みどりの風、社民の3党が25日提出したことをいぶかしく思っていたが、生活代表・小沢一郎の影があったとは驚いた。


同決議に対して民主党は当初代表・海江田万里が「重要法案優先」と主張、細野豪志も「法案優先は政府・与党への協力ではなく、国民への責任を果たすことだ」と発言して、採決をしない方向で固まっていた。重要法案優先の姿勢だった。


ところが一夜にしてこの方針は急転した。26日になって今まで目立たぬようにしていた参院議員会長・輿石東が突如としてその“本性”を現したのだ。輿石は細野に対して「法案などよりも問責が優先だ」と脅しにかかったのだ。


ひ弱なインテリ風の細野は日教組流の“脅迫”にはひとたまりもなかった。大ぶれにぶれて、問責優先に転じてしまった。


この結果どういうことが起きたかというと、「脱原発」の象徴であり、野党がもっとも尊重しなければならないはずの電気事業法改正案が廃案となってしまったのだ。同法案は発送電の分離など電力自由化を推進するとりでになる性格のものであった。


廃案はエネルギー新事業に前向きであった自治体や企業を足踏みさせる結果を招き、原発再稼働派を勢いづける形となった。また言動に一貫性のない民主党執行部の姿勢を露骨に示す結果となった。民主党は超重要法案を、何ら法的拘束力を持たない首相問責決議と引き替えに廃案にしてしまったのだ。


自民党は同法案に疑問を呈する党幹部もいて、内心ほっとしている様子が垣間見える。一方、小沢と輿石にとってみれば法案の重要性よりも参院選後に向けての「政局」の方が重要なのだ。


その小沢の戦略とは“腹心”輿石を足がかりに参院選後に民主党の分断を図って、同党右派を切り捨て、左派と生活を合流させて自らを復権させることにある。小沢は側近議員に「民主党は割れる可能性がある」と漏らしており、輿石を使っての問責決議可決は選挙後の連携の手始めとなるものである。


事実、最近になって民主、生活の両党は接近している。細野と生活の党幹事長・鈴木克昌両幹事長は19日の会談で、参院選福岡選挙区で、民主党の公認候補を生活が支援することで合意した。競合していない他の選挙区での協力も検討することになった。


小沢はこの方針についてインタビューで「参院選で部分的な選挙協力で合意した民主党と、選挙後に連携を拡充する方針でも一致した。将来の連携をお互いに考えていこうとの公党間の了解だ」と説明している。狙いはむしろ選挙後にある。


この発言から見えるものは、気脈の通ずる小沢・輿石ラインで参院選共闘をすすめ、選挙後にさらなる連携、場合によっては合流に持ち込むという構えである。小沢の読みには参院選での「民主大敗」が念頭にある。選挙後海江田・細野の責任問題が台頭して、混乱することが避けられないと踏んでいるのだ。


もともと民主党内には右派を中心に小沢アレルギーがあり、全体が合流することなど考えられない。しかし分断できれば小沢の出番があるというわけだ。小沢にしてみれば党内でごたごたが発生すればするほど好都合というわけだ。


こうして民主党執行部は小沢に手玉に取られた形で大誤算をしてしまったのだ。一般国民の間に参院の野党は、景気回復や外交で頑張って支持率も高い安倍をどうして問責しなければならないかという疑問が生じて当然だし、テレビの街の声もその傾向がある。ねじれの弊害を選挙直前になって際立たせてしまったのだ。


さっそく安倍は記者会見で問責可決を逆手にとり、「ねじれ」という言葉を何と11回も使ってその解消を訴えた。野党は、安倍の皮を切って骨を断たれる結果を招いてしまった。安倍の「これこそねじれの象徴だ。ころころ首相が代わり日本の国力が大きく失われた」と言う言葉が、極めて説得力があるのだ。


小沢・輿石の陰謀で、自公は絶好のキャンペーン材料を獲得した。

          <今朝のニュース解説から抜粋>  (政治評論家)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック