2013年11月05日

◆社告はエイプリルフールお詫びします

品川 阿生居士


拙稿を本欄にまで掲載していただいて光栄に存じます。しかし、問題の朝日新聞の社告をさらに調べておりましたら、以下のようなことが判明しました。これらのことからすると、社告はエイプリルフールに引っかけたガセと思われます。

愚生の不行き届きで大変なご迷惑をかけたことを深くお詫びいたします。ブログ読者には、よろしければこれをそのまま掲載していただいて、記事の取り消しと陳謝にしたいと思います。

結局、朝日新聞社は誤報を取りけさないまま日本の国に迷惑をかけ続けいることになります。品川 阿生居士。 

★「2007年4月1日の朝日新聞朝刊(東京早版)の社告」をいくら検索しても、朝日新聞社の発信のものがない。

★普通の組織の不祥事では関与責任がある一連の人たちが処分されるのに、このケースでは、社長と記事執筆者だけが処分されたことになっている。

★Wikipedia によると、朝日新聞の社長の秋山→木村の交代は、2012年6月26日になっている。
木村伊量  Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E4%BC%8A%E9%87%8F
2012年6月26日、朝日新聞社代表取締役社長就任

脚注

^朝日新聞デジタル:朝日新聞社長に木村取締役 秋山社長は会長に -2012年4月27日
秋山耿太郎 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E5%B1%B1%E8%80%BF%E5%A4%AA%E9%83%8E
2005年6月24日朝日新聞社代表取締役社長就任。2012年6月26日に代表権のない会長に就任
脚注

^朝日新聞デジタル:朝日新聞社長に木村取締役 秋山社長は会長に -2012年4月27日

★引用した池田信夫ブログ「慰安婦問題をめぐる本社の報道について」http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292728.html  の末尾に「追記:通りがかりの人が誤解するといけないので、念のため日付をよく見てください。」とある。申し訳ありませんでした。よって4日付けの記事を取り消します。

主宰者より:主宰者の拙速でもありました。謹んでお詫びいたします。

<「頂門の一針」から転載>
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック