2014年02月18日

◆北京も上海も人の住むところではない

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
 

平成26(2014)年2月18日(火曜日):通巻第4149号 <前日発行>

 〜「北京も上海も人間の住むところではありません」
     この上海社会科学院のレポートはネットから削除された〜

ソチ五輪開会式に飛んでいった習近平・中国国家主席と仲良く握手して見せたプーチン(ロシア大統領)だが、中露が仲良く提携できるのはジェスチャーでしかなくロシアの中国警戒心は根深い。プーチンは安倍首相とは他の首脳をさしおいても、特別にランチを取ったほどだった。

とくに2012年に中国が砕氷船を北極探査に派遣したこと、また13年には、北極海航路へのアジア側の通過海域であるオホーツク海に中国艦艇が進出したこと、これらを異常に警戒するロシアは周辺海域で海軍の軍事演習を実施している。

中露関係が仲良しと表面的にとるべきではない。

とくにシベリアへもぐりこむ中国の不法移民にロシアは業を煮やしており、ハバロフスク地方では2012年一年だけで「ロシア連邦保安局」(FSB)は千人以上の中国人不法移民を国境で阻止し追い返した。同年にはモスクワの非合法屋台を一斉に手入れし、数百の中国人行商人を追放した。

(空気の綺麗なシベリアへ移住したい中国人の気持ちは分かるなぁ)。

2012年2月12日に上海社会科学院が報告した「中国の都市は人間の住むところではない」というオフィシャル・レポートは一度ネットに掲載されたが、ただちに「何者かによって」削除されていたことが分かった(2月13日、アジアタイムズ)。

世界の大都市のなかでも東京、ロンドン、パリ、ニューヨーク、そしてシンガポールの5大都市は住みやすいという評がされる一方で、北京、上海などは「人間が住むところではない」と公的機関が報告したのだ。

この上海社会科学院の公式レポートが、削除される前に報じられた内容は「6億の中国人はなんらかの公害被害を受けており、ちかく北京では新規則によって公害安全規則を満たさない数百の工場が閉鎖されるというが、すでに富裕層は海外逃亡している」など衝撃の内容が含まれていた。

世界保険機構(WHO)の調査によれば、世界のガン発症、中国が世界ワースト一位だったことが分かった。

あの大気汚染、水質汚濁で肺ガンばかりか肝臓ガン、食道ガンの発生が中国で際立ち、2012年の新規患者のうち死亡した人の、じつに36%が中国人。肝臓と食道ガンの死亡率は50%(世界人口に占める中国人は19%)。 
だから中国人にアンケートをとっても「来世は中国人に生まれたくない」と答える人の方が多いことになる。
         
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック