2014年07月10日

◆徐才厚失脚がもたらした激震

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 


<平成26年(2014)7月10日(木曜日)通巻第4290号 >

 〜徐才厚失脚がもたらした中国軍高層部の激震
  連座で8人の大幹部も「延焼」失脚、つぎは郭伯雄(前軍事委副主任)か〜

徐才厚(前軍事委副主任。つまり中国軍のナンバー2)が失脚したのは6月30日だった。党籍剥奪だから、完全に失脚である。

それまで北京の病院に入院し、末期ガン。「死老虎」といわれ、これ以上の追求はないと言われてきたので小誌もそういう憶測を書いた。その「死にかけ老人」を逮捕し、獄舎に収監したのだ。

軍高層部に激震が走る。延焼が燃え広がった、次から次へ。

4大総部、7大軍区は一斉に習近平に忠誠を誓うとし、累が及ぶのを避けた。昨年来、軍は大好きな宴会も自粛し、マオタイ酒を飲まなくなり、酒造メーカーの株価は暴落、あまった酒は中国国内でも売れ残り、世界市場へ。いま世界の空港免税店には山とマオタイ酒が積まれてダンピングの最中だ。

徐失脚によって連座失脚はとりあえず8人。

第2砲兵(戦略ミサイル軍)副政治委員だった干大清少将。遼寧出身で徐と親密な関係にあり、08年少将、ことし中将に出世の予定だった。

加えて「解放軍報社」前社長の黄国柱が失脚した模様(多維新聞、7月8日)

四川省軍区前政治委員の叶万勇は西南方面に勤務時代、徐才厚に巨額の賄賂を贈ってポストを買った嫌疑。

済南軍区政治部主任だった張貢献は叶万勇が四川省軍区時代に昵懇となり、収賄などに手を染めた。張は徐の秘書を務めていた。

徐才厚失脚事件と直接関連はしないが、前の谷俊山・中将の汚職逮捕に連座して取り調べをうけたのは湖北省軍区副司令の羊伝杢少将。

ほかに方文平(前山西省軍区司令)、府林国(総後勤部副参謀)らの名前があがり、これらの退役少将以外にも多くの軍幹部が現在取り調べを受けている。

このため疑心暗鬼が軍内を支配し、次は我が身かと戦々恐々の空気が人民解放軍高層部を蔽っている。しかし軍隊の腐敗は八路軍時代から中国の伝統であり、驚くことは何もないが、目を見張るのは、そのごまかしたカネが天文学的だということである。

蛇足ながら、失脚した軍人らの勇ましい名前よ! 国柱、万勇、貢献、大清。勇ましき名前の少将らは、名前負けしたんでしょうかね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック