2014年08月17日

◆「核」が日中開戦を抑止する(67)

平井 修一


元自衛官で作家の数多久遠(あまたくおん)氏のブログに「米海軍が注目した自衛隊無人潜水艦の正体」があった。以下紹介(一部)。

・・・

防衛省が開発中の無人潜水艦ですが、米海軍が目を付けて、一枚噛ませろと言ってきたようです。

<「無人潜水艦、日米で研究へ…30日間自律航行」(読売新聞14/8/8)

防衛省と米軍は、1か月間連続して海中で警戒監視を行うことができる「無人潜水艦」の開発に向けた共同研究を進める方針を固めた。(中略)

防衛省によると、当初は日本単独で開発を行うことを予定していたが、米海軍が高い関心を示したことから、共同研究に向けた協議を始めたという>

日本主導の研究に、アメリカ側から参加させて欲しいと言ってくるなんて、非常に珍しいケースでしょう。

日本の研究開発は、とかくオリジナリティが少なく(あれば良いってもんでもないですが)、あっても国産化の言い訳のための妙な仕様のモノが多いので、アメリカが興味を持つようなものは少ないのですが、コレはレアケースです。

この研究自体は、今年から予算が付けられており、防衛省としての研究がスタートしています。

26年度防衛省予算資料では、「長期間」としか記載が無かったのですが、読売の記事によると、「30日間」にも及ぶ連続哨戒が可能な能力を目指しているようです。

「無人潜水艦は、全長10メートル程度で、航行する場所をあらかじめ決めておき、約30日間自律して行動した後、帰還することが想定されている。海中では水中音波探知機(ソナー)による警戒監視や情報収集を乗組員なで行う。魚雷などによる攻撃能力は持たせない予定だ」(読売)

この性能が実現できれば、確かに米軍が高い関心を示すだけの価値があります。

1ヶ月の連続哨戒は、普通の潜水艦でも可能ですが、何せコストが違います。艦の取得費用ももちろんですが、人が乗り込む艦と無人艦では、運用コストが桁違いだからです。

そして、コストが安いということは、大量に投入できる可能性につながります。

潜水艦が行うべき情報収集は多岐に渡りますが、やはり最も重要なのは、パッシブソナーによる水中音響の収集でしょう。

音響測定艦による遠方からの情報収集でも、相当の情報が収集できるようですが、電波と同様に遠方まで到達しやすい音は、回折(注1)などもし易く、音源の位置や移動については把握が困難です。

ですが、多数の無人潜水艦が、複数の位置で同時にデータ収集を行えば、目標とする音源の情報は、位置や移動能力についても詳細に把握できます。

潜水艦の有用性は、何よりもその隠密性によって成り立っています。

もちろん、現代の潜水艦は、魚雷だけでなく、ミサイルも搭載したり、特殊部隊の投入も行なうなど、多彩で強力な攻撃力を持つに至っていますが、「どこに居るか分からない。いつ攻撃を受けるか分からない」という恐怖を敵に与え、対潜戦を行わない限り、戦力の展開を行う事さえ困難にする所にこそ、最大の価値があります。


フォークランド紛争中、アルゼンチンの巡洋艦「ヘネラル・ベルグラーノ」は、イギリスの原潜「コンカラー」に魚雷で撃沈されました(注2)。

その後のアルゼンチン海軍主力は、原潜の活動が困難な浅海域に留まったため、大きな被害を受けることはありませんでしたが、原潜の存在を恐れ、活動自体ができなくなったため、その存在自体が無力化されてしまいました。

このように、潜水艦は、ある意味で地雷のようなモノですが、動き回ることが可能なため、より厄介な存在です。

しかし、潜水艦は、それぞれの固有音響を収集され、行動データの蓄積から機動能力等を把握されてしまえば、隠密性を発揮することはできなくなり、水上艦に比べれば機動能力も攻撃力も劣る潜水艦は、ただの的でしかなくなってしまいます。

現状でも、日中間の戦力に、大きな差があるのがこの点ですが、この無人潜水艦が多数配備されれば、中国の潜水艦は、ほとんど無力と化すかもしれません。

特に、騒音の激しい原潜と比べ、対処に困難が予想される一部のキロ級などの通常型潜水艦の動向把握に効果を発揮するでしょうから、その価値は非常に大きなものになると思われます。(以上)

・・・

数多久遠氏によると、上記の他にも自衛隊は各種無人潜水艦を開発しているという。共産主義系習近平一家への包囲殲滅戦へ、小生も文字による一日一弾で踏ん張っていこう。無人機、無人潜水艦・・・近未来の戦争はロボット戦争みたいだ。

・・・

注1)回折:媒質中を伝わる波(または波動)に対し障害物が存在する時、波がその障害物の背後など、つまり一見すると幾何学的には到達できない領域に回り込んで伝わっていく現象。

注2)防衛省防衛研究所「フォークランド戦争史」から。

1982年3月30日の午後、イギリス国防省は防衛作戦執行委員会を招集した。この委員会は参謀長が軍事作戦の主要方針を決めるためのもので・・・キャリントン外相から3隻目の原子力潜水艦の派出の要請を受け、派出される原子力潜水艦は「コンカラー」とまで決まっていた。


しかしノット国防相は原子力潜水艦の3隻目の派出は他の作戦に重大な影響を及ぼすとの懸念から出港の命令を出していなかった。

当時、イギリス海軍が実践配備していた原子力潜水艦は7隻しかなく、その任務は戦略抑止任務中のイギリスのポラリス型原子力潜水艦の護衛および旧ソ連艦隊に関する情報収集であった。3隻目の派出により対ソ対潜戦に関する重大な情報取集任務が危険にさらされるのではないかと考えていた。

イギリス海軍はフォークランド戦争で最終的に6隻の潜水艦を投入した。原子力潜水艦5隻および通常動力(ディーゼル推進)潜水艦1である。「コンカラー」は、海兵隊の特殊舟艇部隊(SBS)隊員を乗船させて4月4日に英ファスレーンを出港した。

政府が原子力潜水艦の派出を選択した理由の第1は、アルゼンチンを挑発しないで行動できることであったため、政府は原子力潜水艦の行動を公表しなかった。

「コンカラー」はサウス・ジョージア島に向かい、4月19日には同島北部に海兵隊SBSの偵察中隊を上陸させた。4月28日まで、同島で作戦を遂行した後、「コンカラー」は4月30日にフォークランド諸島周辺海域の新たな指定された担当海域に入った。

5月1日の午後、「コンカラー」はアルゼンチンの巡洋艦「ヘネラル・ベルグラーノ」および2隻のエクゾセ・ミサイル搭載駆逐艦を確認した。

イギリスによる制海権の確立は、5月3日に「コンカラー」がアルゼンチンの巡洋艦「ヘネラル・ベルグラーノ」を魚雷で撃沈することで確立されたとされる。イギリス海軍は、アルゼンチン海軍と水上戦闘を行わないで、制海権を確立したことになる。

イギリスのノット国防相はイギリス国防省のフォークランド戦争の報告書のなかで、イギリス原子力潜水艦の役割を次のように積極的に評価している。

「我々の原子力潜水艦は、極めて重要な役割を果たした。ヘネラル・ベルグラーノを撃沈した後、アルゼンチンの水上艦艇は効果的に戦闘に加わることは全くなかった」(以上)

・・・

平井思うに、昔、というか敗戦後は米国庇護下にあったから、日本国民は軍事に疎くても大過なかった。今は「世界の警察官」がいなくなったのだ。自分で身を守るしかない。勉強していこう。(2014/8/17)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック