2014年08月28日

◆中共殲滅、支那解放へ!

MoMotarou


「英霊の皆様、日本のため、世界のために戦ってくれて有難うございました。どうか中共殲滅、支那解放の聖戦に力をお貸しください」と祈った。いい一日だった。 
平井修一 平成26年8月16日 
http://blogs.yahoo.co.jp/ishiifam1951/46529781.html

                  ★

お盆を前に朝日新聞が「慰安婦問題」で方向転換。原因は不明。やはり安倍政権の断固とした姿勢が影響を与えたのは間違いないでしょう。また新聞記事にもならないネットを通じた「草莽波状攻撃」も効果を発揮。不買運動も起きつつあります。

■政治問題を経済問題に転換

米国の人種差別撤廃「公民権運動」が力を発揮し出したのは「バスボイコット運動」にてバス会社を倒産に追い込んでから。多くの政治家は「日和見」にならざるをえませんが、流れには乗ってくる。

国民意識(民族の暗黙智)は収束しつつあります。決して「一転突破全面展開」という言葉を使ってはならない。なぜなら菅元首相の多用フレーズだから。

■韓国のうろたえ

8月18日ローマ教皇韓国でミサ。韓国も「神頼み」なってきた。教皇も馬鹿ではない。独自の情報網を持っており、却って韓国朝鮮族の「歴史的悪行」を熟知する結果になっただろう。

韓国では大統領が空港に教皇をお迎えに行きますが、我国では天皇は出向かず教皇が皇居に挨拶に伺います。外交儀典では天皇の方が教皇より「上位」に置かれます。権威を利用する心算が我国には通用しません。

■マスゾエ都知事の印鑑

この4月訪中したマスゾエ知事は、中国の外交当局から印鑑を贈られたらしい。印鑑を貰うと言う事は、シナの考え方ではシナの子分になるという
こと。

今上陛下が「天安門虐殺事件」の後、訪中した時にも贈呈しようとしました。しかし、宮内庁職員の中に意図を見抜いた忠臣が阻止して事なきを得ました。都知事は有難く頂戴した模様。シナに笑われている事でしょう。

*危機一髪だったこと 
http://genevieve65.blog.fc2.com/blog-entry-724.html

■靖国効果

安倍首相も靖国神社に参拝した事で気持ちが整理できたのでしょう。

ちょっと前まで「ぶれない」が信念ある政治家の代名詞でありました。安倍さんがその人です。うまく機能しているような内閣を大幅改造せよとの意味がわかりません。大臣の「器」でもない人間を登用して、国益を損するような事になれば本末転倒であります。国民の厳しい目が必要です。



            
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック