2014年10月06日

◆朝日と3人目の「吉田」

平井 修一


世界日報9/13が「朝日新聞と3人の吉田氏」で朝日記者が窃盗で得た報告書を元にスクープ記事を書き、何と記者は日本新聞協会賞を得ているのだとこう報じている。泥棒に追い銭だ。新聞協会もイカレている。

             ・・・

「慰安婦」問題と「福島第1原発事故」で大きな影響を与えた2人の名前は偶然、「吉田」だったが、朝日新聞が世界的スクープとしてこれまで誇示してきた「チェルノブイリ原発事故報告書」(ロシア語)のスクープ報道は、ウォーターゲート事件報道のような地道な取材によるものではなく、国際原子力機関(IAEA)の広報部長のテーブルにあった報告書を盗んだ結果だったことが後日、当時のIAEA広報部長自身が認めているのだ。

その広報部長とは、NHK国際局報道部次長から国連職員に転身した吉田康彦氏だった。

それにしても朝日新聞社は「吉田」という名前の人物と不思議と縁があるのだ。3人の「吉田」氏は本人の意向と関係なく、「天下の朝日」を崩壊へ導いているのだ。(以上)

            ・・・

世界日報は2009年にもこの件を報道している。

            ・・・

ウィーンに本部を置く国際原子力機関(IAEA)は創設されて早や50年以上が過ぎ、2005年にはその活動が評価されノーベル平和賞が与えられた。多くある国連専門機関の中でも花形だ。そのIAEAの外部への窓口が広報部。IAEAを取材するジャーナリストの最初の取材先でもある。

ところで、人間でも50年以上生きていると、良し悪しは別としてさまざまな体験を重ねるが、IAEA広報部も例外ではない。その中でもチェルノブイリ原発事故報告書の「横流し事件」は広報部の「汚点」として今も語り継がれている。

読者のために同事件を少し説明する。

チェルノブイリ原発事故発生(1986年)、IAEAから事故の詳細な報告書の提出を要請されたソ連政府(当時)はウィーンに報告書を送付したが、朝日新聞がIAEA広報部長(当時)から同事故報告書を入手し、その内容をいち早く報道したのだ。朝日新聞社は当時、「世界的スクープ」と豪語したものだ。

しかし、真相は公文書の窃盗事件だった。朝日新聞本社は事前にロシア語翻訳のためにロシア語専門の学者たちを本社に待機させ、ウィーンから報告書が届くと即訳し、報じたのだ。

報告書を朝日に横流しした広報部長は当時、「朝日だからあのような離れ業ができたのだ。他社だったら、送られてきたロシア語の報告書の訳に手間取ったはずだ」と告白していることから、この公文書窃盗事件は朝日と当時のIAEA広報部長による確信犯罪だったわけだ。

ハンス・ブリクス事務局長(当時)は報告書を横流しした広報部長を即解雇しようとしたことはいうまでもない。(以上)

               ・・・

しかし、国連機関初の「日本人広報部長」ということで注目されていた吉田氏の解雇はまずいと判断した日本外務省の要請を受け、IAEA側は吉田氏を後日、ジュネーブの国際機関に異動したという。

窃盗なのか横流しなのか。吉田が「俺はトイレに行ってくる」(その間に持っていけ)と離席し、阿吽の呼吸で朝日記者が持ち去ったのだろう、と小生は思う。

調べたらこの記者は朝日新聞東京本社企画報道室・原発問題取材班代表/科学部の西村幹夫氏のようで、1987年度新聞協会賞を受賞している。あるいは報告書を実際に入手したのは彼の部下なのかもしれない。

ネットにはこうあった。

<西村幹夫氏 元朝日新聞記者、ジャーナリスト

1940年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業。1964年朝日新聞社入社、西部本社社会部記者、東京本社科学部デスク、大阪本社科学部長、東京本社調査研究室主任研究員、編集委員などを経て、フリージャーナリスト。

編著訳書に『心のデザイン』(86年、朝日新聞)、『地球被爆 チェルノブイリ事故と日本』(87年、朝日新聞)、『スペースシャトルチャレンジャーはなぜ爆発したか』(92年、朝日新聞調査研究室社内報報告211)など。

現在、水俣病事件の詳細な年表を作成中>

西村は新聞協会賞受賞という「名誉」を自身の履歴に載せていないようだ。窃盗を恥じたのか。ウィキによれば吉田康彦もかなり怪しい人物だ。

<吉田康彦氏は大学院情報学環・学際情報学府修士課程中退。

日本放送協会(NHK)に23年間勤務し、ジュネーヴ支局長、国際局報道部次長を務めた後、1982年に国連職員となる。ニューヨーク、ジュネーヴ、ウィーンにて勤務し、国際原子力機関(IAEA)広報部長などを務め、1990年に帰国。

1993年より埼玉大学教養学部教授となり、国連、国際機構、NGO(非政府組織)、核・原子力問題、朝鮮半島問題についての解説・評論記事を数多く執筆。また、テレビ・新聞等のメディアで頻繁に登場し、発言している。

北朝鮮による日本人拉致問題について、1997年に「(拉致は)伝聞に基づくものであり、工作員の特定もされておらず、実態として韓国安企部の情報操作に躍らされている」と述べ、北朝鮮による犯行を否定していた。

これらの発言などから、拉致被害者家族の支援者や右派系メディア・論壇などから「拉致否定派」として批判を受けることがある。

批判に対して吉田は、北朝鮮による日本人拉致そのものを否定したことはないと弁明しているが、「拉致軽視」と取られかねない主張を自身のホームページや毎日新聞などへ寄稿しており、「私は拉致疑惑事件は韓国公安機関の安全企画部による謀略ないしデッチあげ、と信じる」とも述べていたこともあったが、北朝鮮が拉致を認め、謝罪してからは不明を恥じ、謝罪した>

謝罪で済む問題か。嘘つきだろう。朝日や岩波と同じく中朝の手先、代弁者としか思えない。

朝日とNHKは赤い糸で結ばれている。ともに慰安婦で大騒ぎをし、原発再稼働にブレーキをかけている。アカのネットワークには警戒しなくてはならない。(2014/9/13)

--

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック