2014年11月07日

◆押し出される韓国サムスン

小雲 規生


iPhone6で勢いに乗るアップルの「形 勢逆転」

米アップルがスマートフォンの新機種「iPhone(アイフォーン)6」と「6プラス」の好発進を背景にして過去最高の決算をたたき出した。不振が続くタブレット型端末のテコ入れも打ち出し、収益拡大を加速させる考えだ。

一方、このアップルの快進撃にあおりを受けた韓国のサ ムスン電子は苦境に立たされている。サムスンはスマホ市場で最大のシェ アを握ってはいるが、アップルが今後もサムスンの牙城を切り崩すことに なれば、負のスパイラルに追い込まれる可能性もある。

「史上最高のスマホ」

「アイフォーン6シリーズはアップル史上最速の販売ペースを打ち立てている」

アップルの最高経営責任者(CEO)、ティム・クック氏(53)は今 月中旬、カリフォルニア州の本社での新製品発表会で約1カ月前に発売が始まった新製品の快進撃に満足げな表情を浮かべた。

9月中旬に発売されたアイフォーン6シリーズはわずか3日で1000万台以上の販売を記録。米メディアでは「史上最高のスマートフォン」と の評価も高まる。10月20日に発表された2014年7〜9月期決算は その追い風を受けた好決算だ。

売上高は前年同期比12.4%増の約 421億ドル(約4兆6000億円)、最終利益は12.7%増の約84 億ドル(約9100億円)で、いずれも7〜9月期としては過去最高の数 字だ。

部品事業拡大に活路

こうした苦境からの脱却策としてサムスンが打ち出すのが、もう一つの収益源である半導体などの部品事業の拡大だ。決算発表の前日には、ソウル近郊に15兆6000億ウォン(約1兆6000億円)を投じ、半導体の新工場を建設する計画も打ち上げた。

価格競争で利益率が小さくなっているスマートフォンに比べ、技術力や規模の大きさといった優位がある部品事業ではまだ利益率を維持できているという事情もある。

ただしサムスンの部品事業は販売先におけるサムスン自身のスマートフォン事業の比率も高く、スマートフォンでの不振が部品事業の業績にも波及する可能性がある。米紙ウォールストリート・ジャーナル紙は部品事業へのシフトについて「コモディティー(汎用品)化した製品を作るメーカーになる流れを加速することになる」と否定的だ。

アップルは製品やサービスでのブランド力だけでなく、基本ソフト(OS)やコンピューターとの連携、音楽やアプリなどの配信から収益を生み出すビジネスモデルで、サムスンとは一線を画している。米国内ではサムスンの李健煕(イゴンヒ)会長(72)の健康問題がサムスンの経営の推進力に影を落としているとの見方もある。

アップルとサムスンはスマートフォンの技術に関する特許権をめぐる訴訟合戦を世界中で繰り広げてきた因縁の間柄。勢いに勝るアップルが足下が揺らぐサムスンに深手を負わせる可能性もありそうだ。(ワシントン支局)産経ニュース【アメリカを読む】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック