2014年11月13日

◆「ヴェルサイユ便り」B

寺田 輝介

(安保政策研究会常務理事・元メキシコ駐在大使  元韓国駐在大使)


−混迷するフランスの内政―

久方振りにフランスに来て驚かされたことは、会うフランス人が異口同音にオランド大統領の悪口を言うことであった。大統領の不人気の最大の理由はフランス経済の不振である。

具体的数字を見てみよう。2014年に入って、第1、第2四半期とも経済成長率はゼロ、失業率は10%を超え、失業者は12万人の増、民間投資はマイナス0.8%。まさに経済は八方塞がりである。フランス人に言わせると、大統領は口先ばかりで信用できない。

就任以来2年も経ったのに、具体的成果を何も出していないと言うことに尽きるようである。

今年の夏は冷夏であったが、政治的には予想外の「熱い夏」であった。

本年4月オランド大統領は、不人気を挽回すべく、前内閣で内務大臣として国民的人気があったマヌエル・バルスを首相に任命した。バルス首相は4月の施政方針演説で、法人税の減税に加え、来年以降3年間で500億ユーロ(約7兆円)の歳出削減を公約し、経済再建の方途を国民に示した。


しかし経済再建策をめぐって与党社会党の中でかねてより路線の対立があった。
然るにモントブール経済・生産力再建相は、8月24日の「ル・モンド」紙とのインタヴユーの中で、バルスの再建策はドイツ、EU委の意向を受けた財政緊縮策であるとして見直しを求め、公然と叛旗を翻した。

モントブールは社会党左派に属するが、彼の見方によればユーロ・ゾーンの財政赤字削減を柱とする「耐乏政策」では経済成長を確保できぬ、政策変更をしないと、有権者は右翼政党「国民戦線」に走ると言う。

モントブール発言はバカンス中の政界に強烈な衝撃を与えた。バルスの受けた衝撃が如何に大きなものであったかは、翌25日に大統領に内閣総辞職を申し出たことからも明らかである。

しかしホランド大統領はバルスに新たな組閣を命じ、財政再建路線を堅持する方針を示した。組閣は急ピッチで進み、第ニ次バルス内閣は早くも26日には誕生した。新内閣はオランド・バルス路線の支持者のみで固められた。

第二次バルス内閣の前途は多難である。社会党内の強力な左派がモントブールを先頭に、オランド・バルス路線に強く反対していることから、下院で総議席のうち過半数を1議席上回る290議席しか有しない社会党にとり、議会運営は一段と厳しくなる。

国民のバルス政権を見る目も次第に厳しくなりつつある。第一次内閣発足時41%あった世論の支持率も、9月上旬には31%にまで下った。オランド大統領の不人気は目を覆いたくなる程である。


2012年5月の大統領当選時58%を得た支持率が、本年9月上旬には13%にまで低落した。経済の不調に加え、大統領の前パートナーの女性の書いた私生活暴露本が支持率激落に追い打ちをかけたことは間違いない。

フランスの大統領制度の下では、大統領は任期を全うするまで職に留まることが出来る。しかし第二次バルス内閣が短期間で経済面での成果を出せない場合、オランド大統領の執れるオプションは限られている。

議会解散か内閣改造である。政局の混迷は必至である。フランスはこれから「厳寒の冬」を迎えることになる。

――9月に入るとヴェルサイユ市の表情もすっかり変ってきた。バカンス中の閑静な街が、子供達であふれ、活気を取り戻してきた。そろそろヴェルサイユ市に暇を告げる時が来たようである。――ヴェルサイユにて。<終>
(2014・9・8記。)



         
       −
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック