2015年01月11日

◆新スリランカ大統領は反中、親日派

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 


<平成27年(2015)1月10日(土曜日)通巻第4437号  <臨時増刊号>>

 
〜中国に[NO]を突きつけたスリランカ大統領選挙
   親中派のラジャパクサ大統領を破ったシリセナは反中、親日、親インド派〜


2015年1月8日に投・開票が行われたスリランカの大統領選挙、番狂わせが起きた。

現職ラジャパクサ大統領の親中路線に反対してきた新人シリセナ候補が野党連合の統一キャンペーンに成功し、51%vs47%で当選したのだ。

これは親中路線をつきすすんできたスリランカの外交方針を根底から揺るがす国際政治上の大事件。つまり中国に対して[NO]を突きつけたのが、スリランカ大統領選挙の結果なのである。

シリセナ新大統領は国際的に無名とはいえスリランカ政治ではベテラン、青年時代から農業改革に挑んで、89年に早くも国会議員。農業水利相もつとめて、タミル族過激派の暗殺部隊には2回襲撃され、窮地に立った経験もある。シリセナはシンハラ人で仏教徒である。

シリセナ新大統領は、政治的手腕は清廉潔白であるがゆえ、未知数とはいえ前政権で保険大臣をつとめ、清潔な政治家として知られた。

そのイメージが、汚職の蔓延にあきあきした国民の期待を担った。投票日、スリランカは厳戒態勢に入り、全土に66、000名の警官と軍人を配備したが、暴力沙汰も投票妨害も発生せず、民主主義の成熟ぶりをうかがわせた。

シリセナ新大統領はすぐさま大統領宣誓就任にのぞみ「社会と政治、経済を変革させる。それも100日以内に方針を出し、世界のあらゆる国と密接な関連を結び、外交を強化したい」と述べた。

 
 ▼選挙結果に慌てたのは中国である

勝因はラジャパクサ大統領とその一族の利権掌握、とりわけ外国支援をうけてのインフラ整備事業、港湾整備などで利権が一族の懐を肥やし、スリランカは孫の代になっても借金を払えない状態に陥没したことへの不満の爆発である。

つまり中国がインド洋から南シナ海にかけて展開している「真珠の首飾り」戦略の一環としてスリランカのパパンドタ港が中国軍の基地化しており、なかんづく、9月の習近平訪問の際に中国海軍の潜水艦がスリランカに寄港するなど、そのラジャパクサ一族のあまりの中国寄り外交とただれた利権関係を批判したことだった。

また若者とインテリが同氏を支持したことも特筆しておくべきで、インドは外交戦略上、シリセナ候補を間接的に支持するのは当然としても旧宗主国の英国がメディアを動員して、ラジャパクサ一族の腐敗を暴き、シリセナ候補を間接的に支援したことがおおきい。

『ファイナンシャル・タイムズ』紙も、『ザ・エコノミスト』誌も、シリセナ大統領に好感をもって事前予測を報じていたからだ。

選挙中もシリセナは「浅はかな外交でスリランカのイメージを破損した結果、スリランカは国際社会で孤立した」などと訴え、大統領宣誓でも「今後はインド、日本、そしてパキスタン、中国との友好関係を強化し、新興国との関係も区別しないで促進する」と述べた。

シリセナ新大統領はラジャパクサ政権での閣僚であり、与党だったSLFP(スリランカ自由党)の幹事長までつとめていた。

選挙直前に「新民主戦線」(NDF)を組織し、野党のUNP(統一国民津尾)との統一候補としての立候補に成功した。

したがって新政権の首相にはウィクラマシンハ(元首相)が就く。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック