2015年05月29日

◆「米中戦争は不可避的になった」か

宮崎 正弘
 

<平成27年(2015v)5月28日(木曜日)弐 通算第4555号 >

 〜中国『環球時報』は「米中戦争は不可避的になった」と報じたが
  大きく深刻な反応をしたのは英紙『テレグラフ』だった〜


英紙『テレグラフ』(5月27日)は、中国の人民日報系の大衆紙(つまりイエロー・ペーパー)『環球時報』が「南シナ海に偵察機を飛ばして介入する米軍の行動を止めなければ、中国と戦争になることは避けられない」とおどろおどろしいセンセーショナルな記事を掲げたことを報じた。

この人民日報系の新聞は大衆の欲情を直截に煽るメディアとして悪名高く、日本で言えば『日刊ゲンダイ』のようなもの。

『中国の軍拡はいまでは攻撃能力に突出しており、その南シナ海での軍事エスカレートをみていると、近日中に軍事衝突がおこりうる状況といえる。

26日に発表された中国の防衛白書(「国防白書」)に従えば、「接近阻止」という中国の軍事戦略の下に、境界線を越えた『防御』が正当化されており、日本のようにグレーゾーンだとか、集団的自衛権だとか、へのこ等と悠長な議論をしているのとわけが違う。

中国海軍は「沿岸防衛」という従来の基本路線を大きく後退させ、公海での防衛を堂々と謳っているため、「台湾、フィリピンを防衛する建前にある米軍は、行動を取らざるを得なくなるだろう。中国は米軍との衝突が起こりうる」と想定している

米軍の偵察機はスプラトリー諸島の2ケ所に中国が燈台をあらたに建設したと写真を公開したほか、ミスチーフ礁に加えて、フィアリークロス礁にもヘリポートの完成が確認された。

軍事専門家は、このファイアリークロスウ島に中国は3000メートルの滑走路を2017年には完成させるだろうと踏んでいる。

中国国防部の陽宇軍スポークスマンは、「これは中国国内にハイウェイ、駅舎、飛行場をつくるのと同じことであり、問題はない」と言ってのけた。

「このような誤認が中国をして次の行動をおこさせるリスクが高い」と欧米の専門家は口を揃える。
     
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック