2015年08月12日

◆やがて悲しき中国人女性留学生

宮崎 正弘



<平成27年(2015)8月12日(水曜日)通算第4622号 <前日発行> >

〜抱腹絶倒、やがて悲しき中国人女性留学生
職業は売春婦、なのに大学へ留学し卒論を日本人に下請けさせるたくましさ〜

小生は毎週のように池袋のチャイナタウンへ通っている。なぜなら日本のメデイアが伝えない中国の隠れた情報を得られからである。

中華書店をめぐり、食材屋をからかい、そして店先に積まれた中国語新聞を集めていく。多い日には十数種の華字紙があるまる。ときにスナックに立ち寄り、無駄話に興じるが、中国人の若者の問題意識が奈辺にあるか、よく分かる。

『東方時報』(8月13日付け)に掲載された或る記事を読んで嗤ってしまった。

記事のタイトルは「野鶏大学和中国人的意識」となっている。日本語の「野鶏」は『掃き溜めの?』という意味だが、中国で野鶏は偽物という意味があるのかも知れない(「野鴨」なら日本語では「手ぬぐいで顔を覆い、ゴザを抱えた最安の売春婦」という意味があるが)。

さて記事の中味とは要約すると、こうである。

中国人の友人から頼まれた或る日本人企業家は、その人の娘さんが日本の某大学へ留学しているが、卒論が書けなくて卒業が出来ないから困っている、なんとか代筆をしてもらえないか、金は払うから、とせっつかれ、ともかくその娘と会うことにした。

面談の場所に20分も遅刻し、謝るわけでもなく、いきなり「コピペでも何でも良いから、資料はあるけど、流ちょうな日本語だとかえって先生から疑われるので、下手な日本語でいいから、ともかく卒論を早急につくって欲しい。謝礼は10万円くらい用意できるけど、安いか、高いか」といきなり喋りまくる。

卒論は皆がウィキペディアなどを引用するので担当教授は、もすこし、表現を変えてはどうかと「指導」しているそうな。

この大学は入学志願者が少なく、中国人留学生を片っ端からかき集め、代返を黙認し、卒論は「ともかく出しさえすれば卒業を認める」という悪名高い某大学(千葉県にある)。

あまりのことに断ったらしいが、女子留学生は悪びれもせず「わかったわ、別の人を捜す」。

と言いつつ、別れ際に「閑だったら会いに来て」とエステの名刺を置いていった。調べてみると、そのエステは看板だけで実態は売春宿だった。さすがに彼は中国の友人にそのことを伝えられなかった。
報復雑踏、やがて悲しき。。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック