2015年09月24日

◆在日共産党の限界

MoMotarou


万国の老学生運動家よ団結せよ!安倍ちゃんって気持ち悪いよねぇ。。

「新在日共産党宣言」より

             ★

安全保障関連法案が参議院で可決、成立。9月19日午前2時18分。

■在日共産党は人間でも女でもない。

日本共産党が野党を裏で先導した反対活動もあの程度でお終(しま)いに0った。反日勢力の規模と形態がハッキリした闘争でした。民主党は終了。150億円の民主党政党助成金は反日勢力増殖の培養液になっておりま
した。

デモでは素人の女子供まで動員し、「人間の盾」として共産主義・在日・シナ留学生等の"弾除(たまよ)け"に使いました。共産主義の非人間的実体がよくわかりました。ピンク鉢巻きをした桃色軍団も登場。委員会では民主党津田弥太郎参院議員(63)が、大沼瑞穂(36)議員を羽交い締めのプロレス技で暴行。

しかし辻元もミズホちゃんもすっとぼけている。これがサヨク議員の実体でしょう。日本のフェミニスト議員の素性がよく分かる。明日は女性が9割を占める倫理団体で今回の騒ぎの実態を説明する予定であります。

■在日と共産党は日本人を支配しようとした。

国会前も秋の訪れとともに全共闘学生運動同窓会も終了します。1日3万円の日当と大型バスでの送り迎えは魅力的でした。就業規則により17時終了。後の残業は何も知らずに巻き込まれた素人若者や女子供がやる。共産党や在日、シナの留学生の「弾除け」に使われたのでした。

此の事実だけは忘れまいと心に誓い、今日も「日曜版 赤旗」を読むのでした。アッ!吉永小百合さんが出ている。きれいだなぁ」。

   
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック