2015年09月29日

◆名所旧跡だより 小村神社

〜(高知県日高村)〜

石田 岳彦



「伝世古」という言葉があります。読んで字のごとく。人の世を伝わって今日に至った古物を指します。これに対し、土中の遺跡等から発掘された古物を「発掘古」あるいは「土中古」と呼ぶそうです。

古代から王朝が次々に交代し、また、数回にわたる大規模な仏教弾圧があった中国では、古物が人の世を無事に渡り切るのはなかなかに困難で、現存する古代の品のほとんどは土中古ということのようです。

他方、天皇家、藤原氏、伊勢神宮、出雲大社、法隆寺、東大寺といった古代からの勢力が現在まで少なからず生き残っている我が国では、古代からの伝世古も少なくありません。

今回はその伝世古の最たるものの話です。

古墳から掘り出されるものといえば、埴輪、馬具、装飾品、剣(日本刀が成立する以前の直刀)といったものがありますが、剣のうち柄頭に環状の飾りがついているものを環頭大刀(「かんとうたち」と読みます)と呼びます。

なお、「太刀」ではなく「大刀」です。日本刀の場合「太刀」ですが、直刀の場合「大刀」と書くのが慣例とのこと。どうでもよいトリビアですが。

環頭大刀は、近畿の古墳からもしばしば副葬品として発掘されるので、資料館、博物館で見たことのある方も多いかも知れません。
 

ただし、千年以上も土に埋もれていたわけですから、当然のことながら、刀身(鉄製)は錆びてぼろぼろ、それを包む拵え(青銅製)も溶けてぼろぼろ(銅の錆は表面を覆うのみで、内部にまで進行しませんが、水分の多い地中では、銅が水に溶け出してぼろぼろになります。)です。
 

もっとも、一部には古墳に副葬品として葬られることなく、神社のご神体として祀られた環頭太刀もありましたが、これらも歴史の荒波に呑まれて次々と姿を消し、現在、残るはただ一振り。高知県小村(おむら)神社に伝わる国宝の環頭大刀ただ一振りです。


ドライブインで昼食の鍋焼きラーメン(高知県須崎市のご当地B級グルメだそうです。ドライブイン自体は南国市にありましたが。)を食べ、目的地の小村神社へと向かいます。


読者の皆さんの大半は、おそらく「小村神社」の名前は初見かと思いますが、全国の古文化財ファンには国宝・環頭大刀のある神社として「小村神社」の名前はそれなりのネームバリューを持っています。
 

あくまでも私見ですが、国宝を1つ持っていると、それだけで、そのお寺や神社や美術館の知名度は、数十倍になるのではないでしょうか。
 

「小村神社」は旧・土佐国の二の宮、つまり、歴史的に見て、高知県内では2番目の格式を持った神社ということになっていますが、現代においては、どこの町や村にも1つくらいはありそうな中小規模の神社に過ぎず(逆をいえば、そのクラスの規模の神社でも、古墳時代から今日まで続いているのが日本という国ともいえます。)、この神社が、文化財ファンに限られるとはいえ全国的な知名度を有しているのは一重に国宝の環頭大刀一振りのおかげでしょうから。
 
駐車場に車を止め、杉並木の参道(結構長く、立派なものです)を急ぎ境内に向かうと、境内の隅の資料庫(?)に数名の観光客が集まっていました。
 

中に入ると早速、国宝の環頭大刀が目にとまります(というより、資料庫自体が狭いので、一目で全て視界に入りましたが)。拵えはさすがに全体的に緑青(銅製品の表面に出る青錆です。)が出ていますが、古墳から掘り出されたもののようにボロボロではなく、きちんとした形を保った状態です。
 

柄頭には環状(というよりは饅頭を縦に切った断面というような形です)の飾りが付き、解説によると「二匹の竜が向かい合い、一つの珠を銜えた形」が表されているそうですが、デザインが簡略化され過ぎていて、「珠」は兎も角、「竜」はとてもそうとは見えません(写真撮影禁止なので、今回、写真は無しです。)


村のホームページ等に写真があるので、検索してみてください。)。


中身の刀身が拵えと並べて展示されていますが、こちらは銀色の輝きを保っていて、錆もそれほど目立ちません。


先端部分のみ錆付いていたため、その部分を切り落とし、全体的に砥ぎ直したということのようですが、それを差し引いても古墳時代の大刀がこの輝きを保っているのは驚嘆させられます。


これまで博物館で見たことのある他の環頭大刀の刀身(の成れの果て)は、赤茶色の錆びの塊になっているわけですから。


以前、本で読んだところによると(多分にうろ覚えなので、誤りがあっても御容赦ください。)、この大刀は、第二次大戦後、神社の本殿の修理の際に、その中から発見されたもののようです。発見した人はさぞかし驚いたでしょうね。
 

伝世品なのに「発見」というのは奇妙な気もしますが、神社の本殿は神様の住まいで、余程のことがない限り、神職でさえ内部に立ち入らないので、本殿の立替或いは大修理の際に、数百年前の宝物が忽然と発見されるというケースがしばしばあります。
 

例えば、近いところでは、平成12年に春日大社の摂社・若宮神社の社殿の修理の際、内部から平安時代の毛抜き形太刀(柄が毛抜きのような形をしている太刀です。)等が見つかったという事件がありました。


テレビや新聞でも大きく報道されましたし、その後、春日大社の宝物館で実物の公開もされたので、ご記憶の方もあるかと(これらの発見品は、その後、国宝の「若宮御料古神宝類」の一部に追加指定されました。)。
 

こうしてみると、「伝世古」と「発掘古」の違いというのも案外相対的なものかもしれません。


お休みのとれる方は高知に行って、「小村神社」で日本最古の伝世の剣に会ってきてはいかがでしょうか。
 
(終)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック